Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
この日は「ラ ソスタ」さん@白金台で少しゴージャスな忘年会。
前回(11月)はランチで訪問したのだけれど、今回はディナーコース
『Evoluzione』(エヴォルツィオーネ)をいただこうとやってきた。


今回は個室を用意していただいて(嬉)乾杯!!
d0352022_12364096.jpg
モダンでスタイリッシュな空間だ。天井のオブジェもお洒落!!
d0352022_12364675.jpg
テーブルには「かわいいくまサンタ」が並んでいる(嬉)。
皆、ポーズが少しずつ異なる。
d0352022_12365636.jpg

この日のシュワシュワも「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano
d0352022_12370674.jpg
キレがあってエレガントな味わいのピエモンテのシュワシュワだ。

d0352022_12365118.jpg

○ストゥッツィキーニ:おつまみ
一品一品丁寧に作られた華やかで可愛らしい盛り付けに歓声が上がる!!
d0352022_12370169.jpg
いずれも一口サイズではあるのだけれど、シェフのこだわりが隅々にまで詰まった
完成度の高いお品だ。どれからいただいたらよいのか、迷ってしまう(笑)。

その内容は、カワハギのブルスケッタ、トマトの泡をあしらった香箱蟹、
オカヒジキとクロムツ、チーズとトマトのハンバーガー、かえるのもも肉と黒ニンニク、
モルタデッラとタンのパイ(たしか・汗)なのだそう。。。


一人分を取り分けたところ。
d0352022_12371235.jpg
どこをどう食べても思わず笑顔になってしまう美味しさ!!
一ついただくごとに「美味しい!!」とため息がこぼれてしまう。
中でも「香箱蟹」「モルタデッラ」「オカヒジキ」は素晴らしかった!!


○パン
d0352022_12371670.jpg
○イニツィオ:北海道産真鱈の白子とセルフィーユ
d0352022_12372258.jpg
シャキシャキっとした食感のセリフィーユの歯触りと繊細な香りが、まったり&モチッ
とした風味ふっぷりの白子と合わさって絶妙の味わいに。。。お洒落な一皿!!



○前菜:ブラインドで登場。。。
「何のお料理か当ててみてください!」と微笑むマナちゃん。。。
d0352022_12374575.jpg
「ツナ?」「辛い!」とそれぞれが推理する中、正解は「ツナに見立てたうさぎ」
赤は京にんじん、グリーンはズッキーニ、黄色は辛子で、彩り鮮やかに美しく
仕上げた此方はピエモンテの郷土料理の一つなのだそう。。。
うさぎのお肉は橫浜のピコローレさんでもいただいたことがあるけれど、白金台の
うさちゃんは見た目もエレガントでお洒落だ。。。


○温前菜:牡蠣とほうれん草
d0352022_12373371.jpg
酔っていた訳でもないのに、写真撮り忘れ(恥・友人からレンタル・汗)。
ほうれん草と牡蠣の相性は抜群なのだけれど、ほうれん草のソース(?)で包んだ中に
絶妙のレア加減に仕上がった牡蠣が入っているお品。感動するほど素晴らしいお味!!


○「Cecu Roero Arneis Monchiero Carbone 2012」
d0352022_12375056.jpg
ピエモンテ南部のロエロ地区で土着品種「アルネイス」のみを用いたという
華やかでエレガント、そして美味しいワイン♪



○「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

d0352022_12375679.jpg
ネッピオーロを用いたピエモンテのしなやかなフルボディ。
「REGRET」というネーミングがユニーク!!


○パスタ料理:仔羊のトマトベースのキタッラ
d0352022_12380199.jpg
断面が四角形でやや平打ちに見えるのが「キタッラ」。
アブルッツォ州の郷土料理に用いられることの多いこのパスタ、仔羊の煮込みソースで
いただくのがイタリアの伝統なのだそうだが、その伝統に則って提供される。
トマトとチーズとハーブがたっぷり使われ、極めてあっさりと上品な仕上がり感!!
実に美味しいパスタだった。。。


○メイン:ランプのお肉
d0352022_12381128.jpg
優しい味わいのソースとソテーされたラディッキオタルティーボをお肉の美味しさを
さらに際立たせる一品。


○「Barolo Riserva Vignolo Cavallotto Vitivinicola
Bricco Boschis 2012」
d0352022_12381647.jpg
ピエモンテの最高位、Barolo。しっかりとした力強い味わい。。。まいう♪



○デザート:いちごのミルフィーユ ホワイトチョコ アールグレイのソルベ
d0352022_12382236.jpg
ホワイトチョコのかわいい雪だるまが季節感を演出する一皿。
いちごのミルフィーユは限りなくサクサクッとして爽やかなお味。アールグレイの
ソルベとの相性もバッチリ!!


○「Cornarea Tarasco 2012」
d0352022_12382820.jpg
デザートと一緒に濃厚な食後酒までいただいてすっかり良い気分に!!


○いつものくまさんカプチーノ♪
d0352022_12383305.jpg
なんとっ!!立体の盛り上がった「くまさん」にバージョンアップ(嬉)!!
マナちゃん、腕あげてるしっ!!

お手々とお鼻の部分がかわいすぎて飲めないし(笑)!!
d0352022_12383841.jpg

○小菓子
d0352022_12385096.jpg
白いお品は「ゆずのマシュマロ!」。いずれも美味しい!!

ミニ観葉植物登場!!
d0352022_12384530.jpg
d0352022_12385558.jpg
その正体はチョコレート!!
d0352022_12390470.jpg
土の中から掘り起こしていただく(笑)という小洒落たアレンジ!!


此方はお友だちの「ねこさんカプチーノ」。
d0352022_12391078.jpg

前回は「少しお味が濃いかも!」と好き勝手な感想を並べた私たちのことを
今回は相当に配慮してくれたらしく、いずれのお皿も完璧なお味。。。
メインのランプ肉などは「足りなかったらご自由におかけください!」と
別添えでお塩が登場するほどの念のいれよう。。。
細やかでアーティスティックな「ストゥッツィキーニ=おつまみ」にはじまり、
最後のドルチェ、くまさんカプチーノ、そして小菓子に至るまで、
まさに「白金台のトキメキ」にふさわしい「芸術的で繊細なお料理」を
心ゆくまで楽しませていただいたのだった。
お支払いは一人15,000円。
白金台でこれだけのお料理(とワイン)をいただいて、このお値段は有難い。
なんといっても忘年会だし!!
寒い夜だったけれど、ホコホコにあたたかな気持ちになって帰宅したのだった。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



●ラ ソスタ (La Sosta【旧店名】イルーチ)
東京都港区白金台5-13-14 B1
050-5596-5152
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
日曜休・その他に月1回の休業有
サービス料10%
12席(個室あり・最大6名)
2011年7月4日オープン
03-3447-8934
※入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります。





ラ ソスタイタリアン / 白金台駅目黒駅高輪台駅
夜総合点★★★★ 4.3


# by forestkoro1015 | 2019-01-20 17:59 | グルメ・都内・イタリアン | Trackback | Comments(0)