Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

満腹なのに(酔っ払いなのに・汗)、下北沢で何故か途中下車(呆)。
しばらく訪れない間に下北沢の街もだいぶ変わってしまった。。。

「コーヒーでも飲んであったまって帰ろう!」と言っていた連れが
「面白そうな店がある!」と近づいていったのが茶沢通りにある此方。
「二軒茶屋」というレトロな感じの居酒屋さんだ。


外見以上に店内もレトロ。
L字型のカウンター席の向こう側にはマダムが2名。


「ちょっち間違っちゃったかなー!」という感じで
私的にはあまり居心地がよくなかったのだけれど、
たぶん常連さんで盛り上がるお店なのだろう。。。
常連さん方がポチポチと増えてくると、氷のようだった店内の雰囲気も
少しずつほぐれてくる。


最初は「日本酒お願いできますか??」という私たちに
「うちは『高清水』だけなんです!!」とちょっと怖いような対応。。。
その割に酒器は色々とあって選ぶのも楽しい(好きな酒器を選ばせてくれる)。


お料理は日替わりで黒板メニューが変わっていくらしい。。。
お腹は一杯なのだけれど、気になったのは「パルモアのサラダ」
d0352022_18531072.jpg
「パレルモ」(イタリアンパプリカ)は聞いたことがあるけれど、
はて「パルモア」とは???どのようなお野菜なのだろう?
マダムに尋ねてみると、ニュージーランドだかオーストラリアだかの赤いお野菜
とのこと。。。
「パレルモ」は聞いたことがあるけれど、「パルモア」は知らないねぇなどと
話していると、目の前に取り出された「パルモア」はどう見てもイタリアの
お野菜に見える。。。が、反論は許されない雰囲気(爆)。。。


正体不明の「パルモアのサラダ」
d0352022_18525934.jpg
シャキッとした歯触りで美味しい。甘めのドレッシングとの相性もバッチリ。
そしてボリューム大。初めていただいた感じの食材だったので、やはりその出自は
「パルモア」だったのだろう、きっと。。。


この日は大好物の「芋」=ポテトフライが食べられていなかったので、
「ジャガイモのきんぴら」がどうしても気になる。
という訳でお願いする。
d0352022_18532094.jpg
その場でじゃがいもの皮をむき、きんぴらに仕上げてくれる。此方もボリューム大。
熱々でおいしいのだけれど、ちょっと油っこかったような。。。
もう少し油切れが良い方が好みかなぁ。。。が、やはり何も言えずに静かにいただく。


「高清水」からのお代わりは「芋」のお湯割り
私は「麦」の方が好きなのだけれど、これも言い出せない雰囲気(汗)。
此方も静かにいただく。。。
d0352022_18532552.jpg
いや、芋自体は美味しかったのだけれど。。。


二人でこれだけいただいてお会計は5千円。。。
下北のお店にしてはちょっとお高いかなー・・・と思いながら帰ってきたのだけれど
帰宅して検索をかけてみると、此方は酒場放浪記(女性編も含めて)
何度か登場しているお店でもあるらしい。。。


つまり飲んべえ@下北沢の心の拠り所的なお店でもあるようだ。
店名の「二軒茶屋」とは、京都にある地名からの命名とのこと。。。
マダムたちは京都出身の姉妹なのだそうだ。
道理で先日亡くなられた梅原猛氏の本などが置かれ、
マダムも氏について色々と語っておられた。


郷に入れば郷に従えという感じのお店ではあるけれど、
一見にはいささか敷居が高いような雰囲気もあるお店だ。
おそらく通い詰めれば少しずつ楽しさがわかってくるのかな。。。
お料理は美味しいのだけれど、常連の道はなかなか遠い。



ごちそうさまでした☆



●二軒茶屋
東京都世田谷区代沢2-29-3
03-3414-0638
18:00~22:00
日曜休
8席





二軒茶屋割烹・小料理 / 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2019-01-31 23:32 | グルメ・都内・居酒屋 | Trackback | Comments(0)

おうちでトロワグロ!

おうちで気軽にミシュラン気分が味わえるのが、「トロワグロ」のデリコーナーだ。
都内では新宿小田急地下フロアにお取り扱いがある。


昨年末だったか、お歳暮シーズンに自宅用に購入しておいたのが
此方の「牛ほほ肉の赤ワイン煮」だ。
「赤ワインと香味野菜使用した自家製ソースで牛肉を柔らかく煮込んだ・・・」
というフレーズに誘われるままに購入。。。
食べるのを楽しみに大事にとっておいたお品だ。
d0352022_18162550.jpg
たしか一つ1,700円ぐらいだったと記憶。。。
d0352022_18163049.jpg
うなぎのように湯煎でゆっくりと温めていただく。

が、せっかくの「牛ほほ肉」をいただくので彩りを考えて人参のグラッセやブロッコリで
きれいに彩ってみる(笑)。
d0352022_18163544.jpg
さすがミシュラン二ツ星レストランが手がける「ほほ肉」はどこまでもトロトロで
柔らかくて美味しい。が、期待していたほどではなかったかな(笑)。

ワインまでトロワグロで揃えたのに(汗)。。。
d0352022_18164011.jpg

家族にまた食べたいかと尋ねたところ、どうせ食べるなら先日の
「手の子牛のローストビーフ」の方が嬉しいとのこと。。。
まぁ、値段が違うし!!


そうそう、先日、小田急のお歳暮プレゼントキャンペーンに当選した!!
ということで、商品券をゲットしたのだった。
d0352022_18193643.jpg
「牛ほほ肉」をまた購入してしまいそうな自分がコワい(笑)。

ごちそうさまでした☆





※「手の子牛のローストビーフ」の記事は





※「キュイジーヌ・ミシェル・トロワグロ」を訪問した時の記事は



※少し廉価版の「カフェ・トロワグロ」を訪問した時の記事は





by forestkoro1015 | 2019-01-31 18:37 | おうち | Trackback | Comments(0)
この日は目黒に出没!!
目黒駅至近に日本全国47都道府県の銘酒(!)を揃えたお店があるという噂を
聞きつけ、はるばるとやってきた。。。
少し迷ったが(汗)、お店はビルの8階にある「度感 目黒店」さんだ。
訪問される場合はビル入口にある看板を目印にされると良いだろう。
d0352022_16002576.jpg
エントランス脇の壁にある日本地図上には全国の銘酒の小瓶が固定されている。
奥には炭火焼きコーナーを備えた広い厨房、そしてお席は個室スタイルだ


日本酒のラインナップはこのような感じ。
d0352022_16003512.jpg
特選プレミアム地酒も用意されている。
d0352022_16003079.jpg
寒い日だったので、まずは「鳳凰美田」(栃木・小林酒造)をぬる燗でいただく。
d0352022_16005742.jpg
真ん中の「写楽」を基準に左側のお酒は「お燗」もいけるとのこと。
「鳳凰美田」は少し酸味を感じるまろやかな味わい。。。


炭火焼きのお肉とお魚類を中心にお料理メニューも色々とラインナップしている。
最初に気になったのは此方。
d0352022_16004054.jpg
「度感名物 玉手箱」(1,680円)だ。
「酒のアテ・肴・珍味・7種類」「日替わり盛り合わせ」というのがしぶい。
何が入っているのか尋ねたところ、「玉手箱なので開けたときのお楽しみです!」
とスタッフの方。。。たしかに「玉手箱」は開けるときが楽しい!!



ドライアイスによる演出なのだろう。モクモクと白煙に包まれた「玉手箱」登場!!
d0352022_16010619.jpg
蓋オープン!!
d0352022_16011018.jpg
おせち料理のようにダイナミックな盛り付けに感動!!
47都道府県の銘酒に合う酒肴を日替わりでセットにしたオススメ珍味なのだそう。
角度を替えて。。。
d0352022_16011756.jpg
なまこポン酢、北海道産珍味の塩漬け甘海老、蟹味噌、北海道産生たらこの
5年古酒泡盛漬け、奈良漬けクリームチーズ、鴨肉のパストラミ、
梅水晶(サメの軟骨を梅肉と合わせたもの)、鶏ささみのおろし醤油の珍味類に、
サーモン、かんぱち、真鯛などのおつくりが添えられている。
トッピングされた胡麻と生姜(?)のタレがまた手が込んでいて美味しい。


いずれも美味しいが、甘海老と蟹味噌、生たらこ、そして「梅水晶」が
特に印象に残った。


このような「玉手箱」が登場したら、日本酒がどんどん進んでしまう(おいおい・笑)。
飲んだことのないお酒をいただいてみようということで
「太陽と大地のしずく」(滋賀・竹内酒造)をいただく。
滋賀のお米は美味しいのだけれど、その米の旨みを存分に活かしたさらりとした味わい。
d0352022_16075790.jpg
1合の酒器もたっぷりしている(嬉)。

此方は連れの「讃岐くらうでぃ」(香川・川鶴酒造)。
d0352022_16080242.jpg
女性杜氏の方が手がけるカルピスのような甘酸っぱさが特徴的。。。

いずれの地酒も豪快になみなみと注いでいれる。
d0352022_16071592.jpg
ご自慢の「炭火焼き料理」もいただいてみよう。
「炭火の逸品【野菜】」「炭火の逸品【魚】」「同【国産和牛】」「同【炭焼き豚】」
「同【鶏】」とメニューがわかれているので選びやすい。

○「鳥取産大山鶏もものゴロゴロ焼き」(680円)。
d0352022_16014371.jpg
しお・たれが選べるようだが、今回は「しお」で。。。
柚子胡椒でいただく此方は、程よく脂がのってジューシーな旨みが詰まっている。
塩胡椒が効いているのでそのまま食べてもプリッとして美味しい。


○宮崎名物 辛子れんこんの天ぷら(380円)
d0352022_16072254.jpg
久しぶりにいただいたけれど、辛すぎて涙目に。。。パンチが効いた味!!


○自家製しめ鯖(580円)
d0352022_16072877.jpg
お造りも美味しかったのだけれど、この「しめ鯖」も脂がのって美味!!
身もしまっていて程よい甘ささえ感じる。お酒進んじゃうし(笑)。


ラベルがかわいい「二兎」(愛知・丸石醸造)、名前がちとこわい「神雷」
(広島・三輪酒造)、「多賀治」(岡山十八盛酒造)等々、調子にのって
これ以外にも色々いただいたような(汗)。。。


○北海道日高産 神威豚の肩ロースステーキ
d0352022_16073303.jpg
ちょっとだけ豚さんも食べてみようということでお願いしたのが此方。
「日高四元 神威豚」=「カムイトン」と呼ばれる此方は4種の系統の豚さんを
交配させて飼育したお肉で、とろけるような味わいが特徴らしい。
たしかにジューシーで甘みもあって、あまり豚肉っぽくないテイスト。。。
横に添えられているポテサラが鉄板の上でとろけて豚肉とよく合う。


○度感海鮮サラダ(980円)
d0352022_16073810.jpg
お野菜も食べようということでオーダー。サーモン、カンパチ、真鯛のお造りが
添えられている。ドレッシングが洋風なので、先ほどの「玉手箱」とは少し異なる
感じで楽しめる。


○超目玉 国産サーロインステーキ
d0352022_16074529.jpg
鹿肉や鴨、ラムなど、季節のジビエ肉も選べるようだが、「牛肉」をいただく。
1グラム9円からで、150グラムよりオーダー可能ということで200グラムヲチョイス。

ピンクソルトとわさびでいただく。
d0352022_16075137.jpg
大山鶏や「神威豚」に比べると、ちょっと凡庸というか、物足りなさも感じなくも
ないが、ミディアムな焼き加減の柔らかなお肉だった。


○極太スモーキーソーセージ(880円)
d0352022_16080754.jpg
いささか焦げ感はあるが、肉々しさが詰まったボリューミーなソーセージだった。


○サーモンハラス
d0352022_16081203.jpg
脂がたっぷりと載った濃厚な味わい。。。思わず白いご飯がほしくなってしまった。
お醤油をもう少し足したかったところ。。。


北海道産のほっけやししゃも、蟹味噌の甲羅焼き、船凍いかのドデカ丸焼き、
宮城の金華サバや本日のかま焼きなど、酒好きにはたまらないお魚類も揃っている
のだけれど、今回はお肉中心で攻めてしまったことが悔やまれる。
次回はお魚料理を中心に攻めてみるのも面白そうだ。


そうそう、甘いものは別腹(呆)。
○アイスチーズケーキ(480円)
d0352022_16081883.jpg
○モチモチ食感のアイスモナカ(480円)
d0352022_16082338.jpg
飲んだ後に冷たいデザートは「禁断の果実」(笑)。
さっぱりテイストのアイスチーズケーキはクセになりそうな美味しさ♪



目黒駅至近(徒歩1分)という場所にありながら、そんなにお高くない料金で
本格的な炭火焼き料理と全国47都道府県の地酒が楽しめるのはポイントが高い。
また、美味しい酒肴が詰まった「玉手箱」のアイデアもユニークで楽しい
仲間たちとの飲み会やコンパなどには使い勝手が良さそうなお店だ。



ごちそうさまでした☆




●日本酒と炭火 度感 目黒店
東京都品川区上大崎2-12-7 目黒I-Nビル 8F
050-5592-7974
17:00~23:30(L.O.23:00)
年末年始休:12/31~1/3
80席
個室あり
2016年8月15日オープン
電話番号:03-6455-7559




日本酒と炭火 度感 目黒店居酒屋 / 目黒駅白金台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


by forestkoro1015 | 2019-01-28 19:02 | グルメ・都内・居酒屋 | Trackback | Comments(0)
外苑前の「傳」さんで友人たちと新年会開催。
相変わらず海外からのゲスト率が高いお店のようだ。

この日は(も)シュワシュワからのスタート。
d0352022_14272105.jpg
いただくのは「Maison Vernhes Laurent Vernhes Champagne
Brut Reserve」
お正月らしく華やかでエレガントなシャンパーニュからのスタートだ。


この日は「情熱大陸」の取材が入っていた。
何度かに分けて取材・撮影を行って素材を集め、30分に収まる番組に編集する。
この日はムービーとスチールの2カメ。長谷川料理長もいつになく真剣なまなざし!!
d0352022_14272716.jpg
実は情熱大陸の取材に遭遇したのは2度目。一度目は軽井沢の某フレンチのお店だった。
たしか後ろ姿がチラッと映っていたように記憶(笑)。
放映は3月頃を予定しているのだそう。。。今回も後ろ姿で出演できるかなぁw。。。



○ふぐの揚げ物
d0352022_14273375.jpg
真剣な表情で長谷川さんがサーブしてくれたのは熱々の「ふぐ」。
この季節の「ふぐ」は旨みが詰まっていてどの角度から食べても美味しい!!


○かぶと鮟鱇のお椀
d0352022_14273966.jpg
冬の味覚「鮟鱇」にコックリと炊かれた甘いかぶが添えられ、とろみをつけたお品。
しっとりと柔らかな鮟鱇にとろけそうになりながら、心も身体もホコホコに温まり、
幸せ気分にドップリと浸ることができる。


○バイ貝と春菊
d0352022_14275089.jpg
つぶ貝と似ているが、つぶ貝よりも貝殻の凹凸が少なく、丸くてなめらかなのだそう。
解説されても、その違いはあまりよくわからないのだけれど、コリコリッとした食感で
長谷川さんの好物でもあるそう。
春菊のお出汁と合わさって、独特の味わいを醸し出す。バイ貝、侮れないかも!!


○「Cantina del Castello Carniga Soave Classico」
d0352022_14275627.jpg
ヴェネトのなかなか力強い味わいの自然派ワイン。
この日は体調がイマイチだったので、これぐらいの軽いワインで十分な感じ。。。



○お造りは「ひらめ」
d0352022_14280263.jpg
今回は敢えて熟成をかけていないそう。。。もっちりと甘くて美味しい♪


○静岡のぶり 日本のトリュフ
d0352022_14280880.jpg

静岡のぶり。料理長自ら山の中で採ってきたという日本のトリュフを活かした
ミルク風味を感じさせるベシャメルソースががかかっている。
見た目も最初の一口目も「ん?」と思うのだけれど、これがメチャクチャ美味しい!!
まさに「新食感!」という感じで当日のメンバーが「今日一」(この日一番美味しい!)
と感激したお品。。。
いつも辛口のメンバーたちは「新年に入って心を入れ替えた?」などと上から目線の
ヒソヒソ話(大変に失礼!!)。でも、マジでとても美味しかったのですよ!!


○「Barbaresco Riserva Gaia Principe / Roberto Sarotto 2014」
d0352022_14281376.jpg
体調がイマイチと言いながらしっかりいただいているし(呆)。
フルーティーでしなやかな感じのピエモンテのフルボディ。美味いっす!!
ぶどう品種はネッピオーロ。たぶん今日一ワイン!!


○子持ち昆布、生からすみ、焼きからすみ、栗きんとん
d0352022_14281976.jpg
まだ「松の内」ということでお正月を多分に意識したお料理も登場。
此方のおせちはいただいたことがないのだけれど、おせちにも入っていそうな
特別料理がラインナップ。子持ち昆布や栗きんとんの美味しさもさることながら
感激したのは「からすみ」の「焼き」と「生」対決。。。
「焼き」は当然美味しいのだけれど、「生」の美味しさには驚かされた。。。


日本酒欲しいな!!と思うと、すかさず用意してくれるのが此方の素晴らしさ♪!!

「田酒 純米吟醸 秋田酒こまち100%」
d0352022_14282406.jpg
久々にいただく「田酒」の美味しさに舌鼓!!


○「Fletcher C17 Langhe Chardonnay」
d0352022_14282943.jpg
オーストラリア人醸造家によるピエモンテの爽やかな白。力強さの中に爽やかな色気を
感じる個性的な味わい。。。


○干し鱈と生鱈を用いたタラのスープ
d0352022_14283669.jpg
季節を意識したお雑煮風の此方は「鱈のスープ」。干し鱈と生の真鱈を用いて、
双方の美味しさを味わうことができるように工夫されたお品。
干し鱈のお出汁がほどよく馴染んで、生だらの美味しさを際立たせる。
なかなかユニークな趣向のお料理だった。


○鹿児島のタケノコご飯
d0352022_14284590.jpg
〆はハシリのタケノコをふんだんにあしらった炊き込みご飯。
ほんのりとしたバターの香りが鼻腔をくすぐる。。。

○香の物も春っぽい仕上がり
d0352022_14285031.jpg
全体はこんな感じ。
d0352022_14285583.jpg
ご飯あっぷ。この日はお代わりしなかった。。。
d0352022_14290282.jpg
○黒豆とクリームチーズのムース
d0352022_14290719.jpg
きなこをたっぷりあしらった此方はまったりとした柔らかな美味しさ!!


この日ははるばると南米コロンビアのレストランからシェフがいらっしゃっていた。
壁のサインもどんどん書くスペースが埋まっている模様。。。
d0352022_14284197.jpg
そろそろ引き上げようかという頃、此方には珍しくテーブルに2巡目のセッティングが
されている。
「これから?珍しいよね・・・」と囁いている私たちの前に颯爽と登場したのは
外国からのお客様。。。


鈍い私は全然気づかなかったのだけれど、フレンチ好きの友人が頬を紅潮させて
興奮しながら口をバクバクさせている。。。
「ほら、ほら、あの、世界的に有名な、あの人っ!!あの有名な彼よっ!!」。。。


なんと!!そのお方はかの有名な三ツ星シェフの「Pierre Gagnaire」氏だった。
ホンモノの「生ガニェール氏」、間近で見ちゃったしっ!!」ということで
私たちの(特に友人の)興奮は最高潮に!!
当然、長谷川料理長をはじめ、店内の緊張感もマックスに!!


後日、長谷川さんのインスタには満面の笑顔のガニェール氏が大きくアップされていた。
世界をリードするグルメ界の重鎮が普通に訪れて食事を楽しむ店、
そんなお店が日本の、東京にあることを客の一人として誇りに思う。
それにしてもガニェール氏」、見るからに温かくて優しそうなジェントルマンだった。
めったにない貴重な体験ができたことに心から感謝したい。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は



※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は



※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は



※さらにその前の訪問記事は




●傳
東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館 B1F
03−6455−5433
(ご予約受付 12:00−17:00)
定休日:日曜日


創作料理 / 外苑前駅国立競技場駅表参道駅
夜総合点★★★★ 4.5


by forestkoro1015 | 2019-01-24 22:26 | グルメ・都内・日本料理 | Trackback | Comments(0)

早春のレアもの。

季節も関係しているのだろう。このところ、限定品に出合うことが多い。
まずは家人のお土産の「苺ひよこ」。
d0352022_10494967.jpg
知らなかったけれど「冬限定」(11月22日〜2月中旬販売)の商品なのだそうだ。
福岡産あまおう苺が香るあんをミルク生地で包んだ「ひよこ」らしい。

パッケージがかわいい!
d0352022_10495548.jpg
d0352022_10495964.jpg
ノーマルひよこよりもやや色黒な感じ(笑)。
d0352022_10500463.jpg
中にはやや酸味のある柔らかなあんが詰まっている。
d0352022_10500970.jpg
ミルク生地とあまおう苺の組み合わせは悪くないのだけれど、やや酸味のあるあん
というのは、普段いただかないからか、あまり・・・という感じ。
買ってきた当人も「普通のひよこの方が美味しいかなぁ」とのこと(笑)。
まぁ、この時期だけの限定品だし。。。


もう一つはスーパーで見かけた「コカコーラ・ピーチ」。
d0352022_10512755.jpg
美味しくないと困るので3本だけ購入。
「白桃果汁」が入っているとのことで、パッケージも春らしくてかわいい。
d0352022_10501415.jpg
爽やかな風味で悪くないのだけれど、ややグラニュー糖(?)の香りが
口の中に残る感じもある。
総じていえば、美味しいのか、美味しくないのか、よくわからないお味。

いつぞやに食べた「ネクターの桃アイス」は美味しかったけれど、
レアな限定品、特に食べ物や飲み物に関しては「当たり」と「ハズレ」の差が
大きいようだ。
この「コカコーラ・ピーチ」あと2本あるので、チビチビと味わうことにしよう。


by forestkoro1015 | 2019-01-24 11:05 | おうち | Trackback | Comments(0)
「三鷹市役所」に近い交差点(三鷹市役所前)脇に数年前にオープンしたのが
「青葉珈琲店 三鷹店」だ。


三鷹駅から三鷹通りを南下して人見街道と交差するこの界隈は
○○年前の高校時代の通学路で、雨の日などは大渋滞することで有名だったが
今も残っているのは三鷹市役所とGSぐらいで、街並みはずいぶん変貌を遂げた。

界隈には「○メダ」や「倉○」など、競合店も少なくないが、
カラオケ店やピザ店と同じ敷地内にある此方は第一興商が展開するブランドの一つらしい。
パーキングも広くてゆったりしているのが特徴だろう。


この日は軽くお茶タイムということで訪問。
「森林のリゾートにたたずんでいるような、癒しの珈琲店」という
コンセプトの通り、外光をふんだんに採りいれ、天井が高い店内はグリーンを
随所にあしらった小洒落た空間だ。
d0352022_16363919.jpg

食べたかったのは、此方オリジナルの「メープルバターパンケーキ」(580円)
だったのだけれど、焼き上がりまでに約15分(!)を要するとのこと。
d0352022_16361910.jpg
次の予定に間に合わない!ということで、「モンブラン」(480円)と「ブレンド」
(セット価格で300円、共に税別)をお願いする。ケーキは色々と揃っているようだ。
d0352022_16361332.jpg
サンドイッチやトーストメニューも。。。
d0352022_16362691.jpg
モンブランセットはこのような感じ。
d0352022_16364272.jpg
ブレンドはたっぷり!!カップに店名ロゴ入り。
d0352022_16364752.jpg
某○メダの珈琲よりも若干、濃厚な味わい。。。
一方の「モンブラン」。
d0352022_16365264.jpg
いささか生地部分のパサパサ感が強かったかな。もう少しクリーミーでしっとりと
している方が好み。が、甘さ加減はしつこすぎずちょうどよかったかもしれない。

d0352022_16365711.jpg

奥のテーブルに「メープルバターケーキ」が運ばれていく。。。ちょっと無念(笑)。
次回は時間があるときに伺ってリベンジを果たさなければ!!


隣に座った方々が「ランチ」を注文されていた。
「この時間にランチ?」と思ったら、此方の「ランチタイム」は17時まで
なのだそう。
d0352022_16370613.jpg
結構、盛りだくさんのメニュー内容だ。「プチデリ」と「プチデザート」が
気になる(笑)。


帰りは此方のお会計プレートをもってレジへ。。。
d0352022_16370209.jpg

春先の三鷹通りは桜が一斉に開花して、車で走っていても気分が良い道だ。
まだ寒い今の時期は、此方に寄り道して「森林浴気分」を楽しむのもよいかもしれない。


ごちそうさまでした☆





●青葉珈琲店 三鷹店
東京都三鷹市野崎1-2-9
0422-72-8877
9:00~22:00
無休
60席
https://mitaka-coffee.com/
2016年12月15日オープン

青葉珈琲店 三鷹店カフェ / 三鷹駅武蔵境駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2019-01-23 17:43 | グルメ・都下・中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
「魚が美味しい居酒屋がある!」と仕事仲間に勧められたのが
「雪月花 新宿店」さんだ。
新宿東口から徒歩数分の靖国通り沿い(のビルの中)にあるはずなのだけれど
わからなくて少し迷ってしまった(恥)。
行かれる方はAUショップ(の7階)を目印にされると良いだろう。


新宿ではよく見かける個室居酒屋のお店ではあるけれど
窓際の個室からは靖国通りを眼下に見下ろすことができてなかなか楽しい。
向かい側にあるカラオケ屋さんではフリ付きで熱唱している人がいたり(笑)。


まずは「とりビー」(とりあえずビール)で乾杯!!
写真はないけれど、アサヒの生は550円。
その後は、日本酒に切り替える。

○獺祭 飲み比べ
d0352022_11371963.jpg
獺祭 純米大吟醸 50、純米大吟醸 磨き3割9分、純米大吟醸 2割3分が少しずつ
味わえるお得なセットだ。グラス(90ml)でいただくと、それぞれ990円、
1,490円、2,490円とのこと。。。


この日いただくのは新鮮なお魚料理を中心としたコースだ。
飲み放題をセットにしたプランもあるようだが、私たちはお料理単独コースで。。。


○お通し:がんもの煮付け
d0352022_11372512.jpg
彩り鮮やかなつぼみなと万願寺唐辛子を添えた此方はほんのりと温かい。
お出汁もさらりとした上品系。居酒屋さんにしてはなかなかやるなー!という印象。


○箸付:ささみの特製雲丹ソース和え
d0352022_11373137.jpg
山菜「うるい」が「春の訪れ」を感じさせる一皿。一方のささみはボリューム大!!
箸休め的に少しずついただいたので、最後までテーブル上にあったような。。。


○北海蟹サラダ
d0352022_11373745.jpg
ほぐした蟹とイクラが「これでもかー!」とばかりにたっぷりと盛られたサラダ。
いくらのツブツブが愛おしい(笑)。


○日本酒
d0352022_11374283.jpg
d0352022_11371395.jpg
サワー、バーボン、焼酎、ワイン等々、アルコール類は色々と揃っているけれど
日本酒に関しては「獺祭」以外は品数はいささか少なめ???
それでも「八海山」以外はすべて制覇したのだった(呆)。
この日の好みは「玉乃光」(京都)と「北乃風雪」(新潟)。
サラリとした口当たりで飲みやすいお酒だった。


○新鮮魚刺身の3点お造り
d0352022_11374833.jpg
左から「そい」「ひらまさ」「まぐろ」
九州・福岡地方を中心としたらしいお魚類はいずれも美味!!
「そい」と「ひらまさ」共に脂がのっていて甘みもある。
「新宿の居酒屋なのに魚が美味しい!」と知り合いが褒めていた理由がよくわかった。


○カンパチのかま焼き
d0352022_11375336.jpg
此方も脂がたっぷりとのって美味しいカンパチだ。
気持ち、もう少し焼き目というか、焦げ感がついていた方が好みなのだけれど
肉厚の身の部分にはしっかりと火が通っている。というか、フンワリと柔らかさを
残した焼き加減。。。今にもカンパチの脂が滴りおちてくるようなテイスト。。。


○海鮮ちゃんこ鍋
d0352022_11375976.jpg
此方のウリでもあるこの日の「海鮮ちゃんこ鍋」の主役は「あんこう」!!
お出汁にはトビウオを乾燥させた「あごだし」が使われているのだそうだ。
その他には蟹、海老、ハマグリ・・・ではなくて、どうやら「ホンビノス貝」という
ハマグリそっくりの貝らしい。先日、テレビで見かけたが、東京湾で獲れる貝なのだそう。
椎茸、根曲がり茸、人参、白菜、葱など、お野菜類もたっぷり!!

蟹や海老、あんこうのお出汁がたっぷり混ざり合って身体もホコホコに温まる。
やっぱりあんこうと海老が美味しいかな。冬の鍋にはピッタリの食材だ。


この時点でお腹は一杯!!最後に〆のうどんをお願いしようとしたら、
「もう一品あります!」とスタッフの方(笑)。


○大海老カツレツ
d0352022_11381224.jpg
登場したのは6×5×1センチぐらいの大きな海老カツが4枚!!
ちょっと多いかなーと思ったけれど、熱々の海老の風味に誘われてついつい
食べてしまった。タルタルも添えられているけれど、レモンだけでも十分!!


○〆のうどん
d0352022_11382373.jpg
柚子と胡麻がトッピングされている。
追加用のお出汁も予め用意されているのが嬉しい。
d0352022_11381812.jpg

○わらび餅
d0352022_11383296.jpg
デザートに「わらび餅」をいただいて〆。いささかしっかり系のわらび餅だったが
冷たい食感で食べ(飲み?)すぎた身体にはちょうど良い美味しさだった。



新宿界隈の個室居酒屋というと、カーテンで仕切っただけの空間だったり、
お料理もなんだかなーというお店が少なくないが、中には此方のように
そんなにお高くない料金で、それなりに美味しいお料理
(特に海鮮ちゃんこを中心としたお魚系はオススメ)があれこれと楽しめるお店も
存在するようだ。
願わくばもう少し日本酒のバリエーションが豊富だともっとうれしいかな。
また、和太鼓の音がBGMでずっと流れているのもちょっと不思議な感じだった(笑)。


できれば窓際席がオススメ!!
また、213席(!)とオオバコ仕様なので、新宿界隈でお店探しに困った時の
ためにも、覚えておくと便利なお店だろう。



ごちそうさまでした☆




●創作和食と個室居酒屋 雪月花 新宿店
東京都新宿区新宿3-20-5 ニュ-サンパ-クビル 7F-B
050-5571-7136
日~木・祝 16:00~24:00( L.O.23:30)
金土・祝前 16:00~01:00( L.O.24:30)
ご予約状況により営業時間が異なる場合がございます。
不定休 
213席(テーブル席100席、掘り炬燵席113席)
https://setsugetsuka-hp.jimdofree.com/
電話番号:03-5361-6195


創作和食と個室居酒屋 雪月花 新宿店居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿西口駅新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


by forestkoro1015 | 2019-01-21 19:27 | グルメ・都内・居酒屋 | Trackback | Comments(0)
この日は「ラ ソスタ」さん@白金台で少しゴージャスな忘年会。
前回(11月)はランチで訪問したのだけれど、今回はディナーコース
『Evoluzione』(エヴォルツィオーネ)をいただこうとやってきた。


今回は個室を用意していただいて(嬉)乾杯!!
d0352022_12364096.jpg
モダンでスタイリッシュな空間だ。天井のオブジェもお洒落!!
d0352022_12364675.jpg
テーブルには「かわいいくまサンタ」が並んでいる(嬉)。
皆、ポーズが少しずつ異なる。
d0352022_12365636.jpg

この日のシュワシュワも「Brut Metodo Classico Alta Langa Ettore Germano
d0352022_12370674.jpg
キレがあってエレガントな味わいのピエモンテのシュワシュワだ。

d0352022_12365118.jpg

○ストゥッツィキーニ:おつまみ
一品一品丁寧に作られた華やかで可愛らしい盛り付けに歓声が上がる!!
d0352022_12370169.jpg
いずれも一口サイズではあるのだけれど、シェフのこだわりが隅々にまで詰まった
完成度の高いお品だ。どれからいただいたらよいのか、迷ってしまう(笑)。

その内容は、カワハギのブルスケッタ、トマトの泡をあしらった香箱蟹、
オカヒジキとクロムツ、チーズとトマトのハンバーガー、かえるのもも肉と黒ニンニク、
モルタデッラとタンのパイ(たしか・汗)なのだそう。。。


一人分を取り分けたところ。
d0352022_12371235.jpg
どこをどう食べても思わず笑顔になってしまう美味しさ!!
一ついただくごとに「美味しい!!」とため息がこぼれてしまう。
中でも「香箱蟹」「モルタデッラ」「オカヒジキ」は素晴らしかった!!


○パン
d0352022_12371670.jpg
○イニツィオ:北海道産真鱈の白子とセルフィーユ
d0352022_12372258.jpg
シャキシャキっとした食感のセリフィーユの歯触りと繊細な香りが、まったり&モチッ
とした風味ふっぷりの白子と合わさって絶妙の味わいに。。。お洒落な一皿!!



○前菜:ブラインドで登場。。。
「何のお料理か当ててみてください!」と微笑むマナちゃん。。。
d0352022_12374575.jpg
「ツナ?」「辛い!」とそれぞれが推理する中、正解は「ツナに見立てたうさぎ」
赤は京にんじん、グリーンはズッキーニ、黄色は辛子で、彩り鮮やかに美しく
仕上げた此方はピエモンテの郷土料理の一つなのだそう。。。
うさぎのお肉は橫浜のピコローレさんでもいただいたことがあるけれど、白金台の
うさちゃんは見た目もエレガントでお洒落だ。。。


○温前菜:牡蠣とほうれん草
d0352022_12373371.jpg
酔っていた訳でもないのに、写真撮り忘れ(恥・友人からレンタル・汗)。
ほうれん草と牡蠣の相性は抜群なのだけれど、ほうれん草のソース(?)で包んだ中に
絶妙のレア加減に仕上がった牡蠣が入っているお品。感動するほど素晴らしいお味!!


○「Cecu Roero Arneis Monchiero Carbone 2012」
d0352022_12375056.jpg
ピエモンテ南部のロエロ地区で土着品種「アルネイス」のみを用いたという
華やかでエレガント、そして美味しいワイン♪



○「Langhe Nebbiolo Regret Monchiero Carbone 2012」

d0352022_12375679.jpg
ネッピオーロを用いたピエモンテのしなやかなフルボディ。
「REGRET」というネーミングがユニーク!!


○パスタ料理:仔羊のトマトベースのキタッラ
d0352022_12380199.jpg
断面が四角形でやや平打ちに見えるのが「キタッラ」。
アブルッツォ州の郷土料理に用いられることの多いこのパスタ、仔羊の煮込みソースで
いただくのがイタリアの伝統なのだそうだが、その伝統に則って提供される。
トマトとチーズとハーブがたっぷり使われ、極めてあっさりと上品な仕上がり感!!
実に美味しいパスタだった。。。


○メイン:ランプのお肉
d0352022_12381128.jpg
優しい味わいのソースとソテーされたラディッキオタルティーボをお肉の美味しさを
さらに際立たせる一品。


○「Barolo Riserva Vignolo Cavallotto Vitivinicola
Bricco Boschis 2012」
d0352022_12381647.jpg
ピエモンテの最高位、Barolo。しっかりとした力強い味わい。。。まいう♪



○デザート:いちごのミルフィーユ ホワイトチョコ アールグレイのソルベ
d0352022_12382236.jpg
ホワイトチョコのかわいい雪だるまが季節感を演出する一皿。
いちごのミルフィーユは限りなくサクサクッとして爽やかなお味。アールグレイの
ソルベとの相性もバッチリ!!


○「Cornarea Tarasco 2012」
d0352022_12382820.jpg
デザートと一緒に濃厚な食後酒までいただいてすっかり良い気分に!!


○いつものくまさんカプチーノ♪
d0352022_12383305.jpg
なんとっ!!立体の盛り上がった「くまさん」にバージョンアップ(嬉)!!
マナちゃん、腕あげてるしっ!!

お手々とお鼻の部分がかわいすぎて飲めないし(笑)!!
d0352022_12383841.jpg

○小菓子
d0352022_12385096.jpg
白いお品は「ゆずのマシュマロ!」。いずれも美味しい!!

ミニ観葉植物登場!!
d0352022_12384530.jpg
d0352022_12385558.jpg
その正体はチョコレート!!
d0352022_12390470.jpg
土の中から掘り起こしていただく(笑)という小洒落たアレンジ!!


此方はお友だちの「ねこさんカプチーノ」。
d0352022_12391078.jpg

前回は「少しお味が濃いかも!」と好き勝手な感想を並べた私たちのことを
今回は相当に配慮してくれたらしく、いずれのお皿も完璧なお味。。。
メインのランプ肉などは「足りなかったらご自由におかけください!」と
別添えでお塩が登場するほどの念のいれよう。。。
細やかでアーティスティックな「ストゥッツィキーニ=おつまみ」にはじまり、
最後のドルチェ、くまさんカプチーノ、そして小菓子に至るまで、
まさに「白金台のトキメキ」にふさわしい「芸術的で繊細なお料理」を
心ゆくまで楽しませていただいたのだった。
お支払いは一人15,000円。
白金台でこれだけのお料理(とワイン)をいただいて、このお値段は有難い。
なんといっても忘年会だし!!
寒い夜だったけれど、ホコホコにあたたかな気持ちになって帰宅したのだった。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



●ラ ソスタ (La Sosta【旧店名】イルーチ)
東京都港区白金台5-13-14 B1
050-5596-5152
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
日曜休・その他に月1回の休業有
サービス料10%
12席(個室あり・最大6名)
2011年7月4日オープン
03-3447-8934
※入退店に際し、螺旋階段での昇り降りがあります。





ラ ソスタイタリアン / 白金台駅目黒駅高輪台駅
夜総合点★★★★ 4.3


by forestkoro1015 | 2019-01-20 17:59 | グルメ・都内・イタリアン | Trackback | Comments(0)
中央線沿いにある「尾久自動車学校」の向かい側に、昨年12月3日にオープンしたのが
「イル カッフェ アミコ (Il Caffe Amico)」さんだ。
以前は、吉祥寺に本店がある「多奈加亭 東小金井店」があった場所だ。


駅(ヒガコ南口)からは徒歩7分と少し距離はあるが、明るいレモンカラーの
外観はとても目立つ。
d0352022_12174419.jpg

店内もお洒落!
d0352022_12171020.jpg
d0352022_12172852.jpg
d0352022_12172360.jpg
d0352022_12171590.jpg
店名に冠した「Amicoとはイタリア語で「友達」の意。
店を訪れる人たちにとって「憩いの場」となるような想いを込めたのだという。

店内にはオーナーの方が撮影したイタリアの風景写真が飾られ、BGMにも時々
カンツォーネが混じる!徹底的にイタリアにこだわったお店のようだ。
そして厨房にはイタリアン・バールの伝統を継承する「LA CIMBALI」
エスプレッソマシンが!!


メニューのカバーにはフィンランドのかわいい絵柄があしらわれている。
d0352022_12160762.jpg
この日は15時までのランチセットをいただく。
「ベーコンとほかほか肉団子のトマトソースパニーノ」(900円)または
「厚切りベーコンと根野菜あつあつクリームドリア」(1,000円)の二択。
いずれもドリンク、サラダ、スープ付きのお財布に優しい「ヒガコ価格」だ。


イタリアにこだわっているようなので、お手並み拝見ということで
「ベーコンとほかほか肉団子のトマトソースパニーノ」をいただく。


サラダとスープ。スープは大根としめじのコンソメスープだ。
d0352022_12163829.jpg
熱々で登場するのがうれしい。チャリを漕いできた身体がホカホカに温まる。
玉子がたっぷり入ってかき玉スープのようだけれど、ほんのりと大根の甘みが


そしてパニーノ
d0352022_12170050.jpg
イタリア風サンドウイッチの此方は、パンに具材を挟んで両面をこんがりと
焼き上げたお品。半分にカットされて一つずつバーガー袋に収まっている。
d0352022_12165387.jpg
中にはベーコンとほかほかの肉団子、そしてトマトソースがトローリ!
d0352022_12170540.jpg
なるほど!先ほど厨房でジュージューと音を立てていたのは、このベーコンと
肉団子(というかハンバーグ?)だったらしい。
外はカリッと内側はフワッと焼き上がったパニーノにサンドされた肉団子は
みっしりと大きくてはみ出しそうだ。カリカリのベーコンとの相性も悪くないし
見た目以上にボリューミーでお腹はいっぱいになるのだけれど
ほんの少しお野菜が入っているとなおうれしかったような。。。
あっ、サラダは別添えで用意されているのだけれど。。。


パニーノを食べ終えた頃合いを見計らって、ご自慢のエスプレッソマシンで
煎れてくれる「カプチーノ」
d0352022_12173482.jpg
初訪問なのでお決まりの「くまさん」はさすがに言い出せなかった(笑)。
次回はお願いしてみようかな(笑)。
d0352022_12173971.jpg
単体でお願いすると490円(エスプレッソは300円だそう!)のカプチーノを
はじめとしたコーヒー豆は、イタリアのコーヒー豆アルベルトヴェラーニ」
(店内で販売もされている)とのこと。
さすがに本場のコーヒー豆だけあって美味しい!買ってくればよかった!!
またドリンク類をはじめ、こだわりのケーキ類などのテイクアウトも
行っているのだそうだ。


駅の反対側だし、少し歩く場所にあるが、美味しそうなケーキ類やお総菜の類も
あれこれと揃っている模様。。。
d0352022_12161357.jpg
d0352022_12161797.jpg
d0352022_12162298.jpg
d0352022_12162763.jpg
d0352022_12163348.jpg
モーニングは朝11時までとのこと。
日によっては、「ロゼッタ」(ローマが発祥とされるバラの形(ロゼッタ)をしたパン)
も販売されることもあるそうなので、ローマ暮らしが長かった母のためにも是非買いに
出かけてみたい。



ごちそうさまでした☆




●イル カッフェ アミコ (Il Caffe Amico)
東京都小金井市東町3-7-23
0422-26-4151
9:00~21:00
月曜休
https://www.facebook.com/Il-Caffe-Amico-カッフェアミコ-1044279342411521/
https://twitter.com/il_amico
2018年12月3日オープン
※テイクアウトあり

イル カッフェ アミコカフェ / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2019-01-18 14:32 | グルメ・小金井 | Trackback(26) | Comments(0)

掘り出し物???

地元(家からは少し遠いのだけど)に古いすすけたような酒店がある。
いつもは車で通る道なのだけれど、昨日はたまたま歩いて通過。。。
と、店内に大きく「2本で1本分のお値段!!早いもの勝ち!!今日だけ!!」
書かれている大きな紙を見つけた(嬉)。
「焼酎とワイン」のみだそうだが、思わぬ掘り出し物に出合えるかもしれない。。。


次の瞬間には店の扉に手をかけていた(呆)。
このセールは前日も行われていたらしく、もう残りはそんなにない。
が、「Gigondas」という文字を見逃さなかった(笑)。
コート・デュ・ローヌの比較的にどっしりとした赤だ。
それも1997年といえば、たしか当たり年の一つだったかと記憶。。。

以前、ギガルの「Gigondas」を飲んで感動したことを何故か覚えていた。
という訳でお買い上げ。「Jean Marc Aujoux」のお品は1,944円。
1本分の値段でもう1本ついてくるのだから良いことにしよう。
d0352022_17490832.jpg

せっかくなので白も最後の1セット(2本)をゲット。
此方はチリのうまやすワインの最高峰といわれる「Cono Sur Chardonnay Bicicleta」だ。
2本で994円なので、1本500円相当!
お店のおじさんは「スクリューキャップだから飲みやすいですよ!」と
袋に入れてくれた。



早速、家に持って帰って味見したのは「Cono Sur Chardonnay Bicicleta」
チリのワインはほとんど飲まないのだけれど、思いのほかにフルーティーで
果実味あふれるワインだった。ただし、ちょっと舌に残るかな。


楽しみなのは「Gigondas」、、、いつ飲もうかな(笑)。
果たして「当たり」なのか、それとも「ハズレ」なのか、今からちょっとドキドキしている。。。









by forestkoro1015 | 2019-01-16 18:09 | お買い物 | Trackback(28) | Comments(0)