Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー

<   2018年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

暑くなったり、寒かったり、9月は天候が安定しない。
久しぶりの吉祥寺で見つけたのは、この3月にオープンしたばかりの新潟発のビアバー
「スワンレイクバルエド 吉祥寺店」さんだ。


嬉しいことに12:00〜14:00は「ランチタイム」とのこと。
これは「昼からビール!」が楽しめるということに他ならない。
まぁ、12時から23時までは通し営業らしいのだけれど・・・。


早速に入店!!
なんと!!「昼飲み」は12:00〜19:00という「太っ腹なお店」だ。
一番のウリの「スワンレイクビール定番」の250mlが500円、500mlが800円
グラスワイン、カクテル各種が500円、ハイボールが300円で楽しめるのだそうだ。
d0352022_11352767.jpg

ランチメニューは4種類!!
サラダ、スープ、ソフトドリンクがついて、さらに「今月末まで!」という特典は
「ご飯・パスタ大盛り」に「神田酪農さんのジェラート」までついて
「800円!」なのだそうだ。
クラフトビール目的で伺ったのだけれど、これはランチもいただいてみなければなるまい。
と言うわけでオーダーは「ロコモコ丼」!!


その前に「昼ビー」(笑)。
お願いしたのは「越乃米 こしひかり仕込み」(500ml)。
d0352022_11353204.jpg
比較的にスッキリ系!!爽やかな飲み心地のまろやかな味わい。
新潟産コシヒカリということで、ちょっと日本酒っぽい雰囲気もあるかな(笑)。
d0352022_11354220.jpg


すべてのランチに付くサラダとスープ登場!
d0352022_11353780.jpg
玉子とお野菜が入ったスープは熱々!サラダは少しだけ酸味が強いかな。でもたっぷりとしていて
ビールのアテにピッタリ!!


ロコモコ丼。
d0352022_11355717.jpg
デミグラスソースがかかったハンバーグと目玉焼き、お野菜類をご飯とマゼマゼしていただく。
ハワイ発のロコモコ丼はあの、暑さの下で食べるから美味しいと個人的には思っている。
なので、普段はあまり好んでいただかないのだけれど、消去法で残ったのが此方だった。
時間をかけて煮込んでいるのかな。デミグラスソースが美味しい!


神田酪農さんのメロンジェラート。
d0352022_11360268.jpg
神田酪農とは、やはり新潟・阿賀野にある酪農ファームらしい。
このジェラートがそんなに甘くなくて果実の爽やかさが際立った美味しさ!!
一口、二口と大事に味わってしまった。。。今月中だけでなくてずっと続けてほしいサービスだ。


コーヒー。
d0352022_11360724.jpg
かわいい容器に入ってサーブされる。


コースター
d0352022_11355205.jpg
ビアメニュー
d0352022_11354771.jpg
新潟発のスワンレイクビールを中心に、スタッフ厳選の全国のクラフトビールがあれこれと
楽しめるビアバブでもあるらしい。
クラフトビールはあまりよくわからないのだけれど、スタッフの方に色々とレクチャーを受けながら
嗜むビールも美味しそうだ。
また夜には「新潟厳選牛」が楽しめる「肉バル」としての楽しみ方も待っている。


吉祥寺南町にこじんまりと佇んだお店だけれど、目印としては「大勝軒」が近いかな。


クラフトビールをノンビリと楽しみたい方にお勧め。
ごちそうさまでした☆




●スワンレイクバルエド 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15 シマダビル 1F
050-5595-1342
火~金 12:00~23:00(L.O.22:30)
土   12:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝 12:00~22:30(L.O.22:00)
月曜 第2・第4火曜休
18:00以降 お一人様 チャージ300円24席
(カウンター4席、テーブル20席)
「吉祥寺駅」東改札出口より徒歩3分
http://www.swanlake.co.jp/main/Default.asp
2018年3月6日オープン
※ハッピーアワー
平日 12:00~19:00 スワンレイクビール定番5種
土日祝 オープン~ラスト スワンレイクビールその日の1種
250ml \500 500ml \800




スワンレイクバルエド 吉祥寺店ビアバー / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-09-26 19:14 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
所用帰りに無性に「天ぷら」が食べたくなった。
中央線沿線(新宿より西方面)はなにげに美味しい天ぷら店があまり多くない。
そういえば「荻窪ルミネ」の5階「新宿つな八」が入っていたね・・・
ということで立ち寄ってみることにした。



「今月の限定ランチ」もあるようだが、せっかくなので「上昼膳」(2,376円)を選択。
その内容は、海老2尾、いか、魚介2品、野菜2品、椎茸海老詰め、かき揚げ、お揃いとのこと。
「和御膳」(2,484円)は、本日の小鉢、刺身盛り合わせ、海老2尾、白身魚、
野菜2品、かき揚げ、お揃いとのこと。


どうせだったらたっぷり天ぷらが食べられる方がうれしい(笑)。


○最初の一皿目。
d0352022_18250139.jpg
海老2尾とキス。胡麻油でからりと揚がっていてさすがの美味しさ。「衣」の部分まで
しっかりと美味しい。


此方が「お揃い」と呼ばれる(らしい)ご飯、赤出汁、香の物のセット。
d0352022_18245627.jpg
最初に大根おろしがサーブされ、天つゆはテーブルにセットされている。テーブル上には塩、山葵塩なども。


○二皿目。
d0352022_18251148.jpg
穴子とはす、椎茸海老詰め。レモンは自分でしぼるスタイル。
はすは少々歯ごたえ感があったが、今年のはすはどこで買っても歯ごたえがあってあまり美味しい
ものに当たらないので仕方ないのかな。
穴子は細身だったが、揚げ方はさすがで美味しい。「熱い視線」(笑)を感じたのだけれど、
美味しいので一人で食べてしまった(笑)。

椎茸海老詰めは肉厚に太って見えたが、椎茸だけの方が好みかなぁ。。。


○三皿目。
d0352022_18251604.jpg
ご飯が結構たっぷりしていることもあって、この頃にはすでにお腹もいっぱい(汗)。
が、かき揚げは自宅で揚げる時の学習も兼ねてしっかり味わう。
サックリと上品に揚がっていて、ライトな仕上がり。。。このまま天茶にしていただいても
美味しそうだ。

が、舞茸は満腹でどうしても食べられない。かき揚げのひとかけらを添えて、連れに進呈することに
なってしまった(涙)。「舞茸よりも穴子が良かった!!」とクレームもついたが(笑)。


○刺身盛り合わせ(連れの)
d0352022_18245130.jpg
鮪とカンパチ。一切れもらったけど、美味しかった!


○赤出汁(ピンボケで失礼!)
d0352022_18250677.jpg
○セッティング
d0352022_18244520.jpg

○ランチメニュー
d0352022_18243932.jpg

今回、久しぶりにレストラン街へ上がったが、色々なお店が揃っていて使いやすそうだった。
吉祥寺アトレの飲食店街の中途半端な品揃えよりも格段に使い勝手はよろしいかな。


但し、タウンセブンと併用のパーキングは狭くて駐めづらいことこの上ない。
パーキングまでの階段も急だし(業務用エレベーターはあるが)。
やはり此方は電車で利用した方が便利かもしれない。


が、天ぷらは美味しかったので、気軽に利用できるお店としてリピートはありかな。
今度はもう少し軽めのメニューを選ぶようにしよう。



ごちそうさまでした☆





●天ぷら新宿つな八 荻窪店
東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪店 5F
03-5397-7394
[平日・土曜]
11:00~22:00(L.O.21:30) 
[日曜・祝日]
11:00~21:30(L.O.21:00)
[ランチ]
11:00~15:00 (L.O.15:00)
不定休(ルミネに準ずる)
47席
(堀こたつ席8・テーブル席28・カウンター席11)
http://www.tunahachi.co.jp/


天ぷら新宿つな八 荻窪店天ぷら / 荻窪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2018-09-19 18:56 | グルメ・都内・日本料理 | Trackback | Comments(0)
最近、この界隈も新しい家が増えてきた。
少なくないのが、ご近所にお住まいの方が亡くなり、その跡が取り壊されて
更地として売りに出されるケース。
昔は畑だった場所が代替わりした途端に、アパートや戸建てになる機会も少なくない。


以前は割と活発だった町会活動もメッキリと加入している人が減ってしまって
班長が巡ってくる頻度も高くなった。
「何かあった時のために・・・」と加入していた我が家も、あまりにも面倒なので
昨年度の班長を最後に脱退することに。。。


募金活動や回覧板、避難訓練(これがすごい大規模で恐れ入る・汗)などから
解放された一方で、「敬老の日」に町会からいただいていた記念品もなくなった。
たしか、泉屋のクッキーと鰹節のバック(一番小さいサイズ)だったかな。。。



とりあえず「敬老の日」なので、プレゼントを用意して「美味しい物を食べにいこう!」
と誘ったら、東急のチラシを見て本人が「食べたい!」とリクエストしてきたのが
「三友居」の「敬老の日弁当」だった。


限定100セット!とのことなので、せっつかれるようにして予約(笑)。
「敬老の日」に早速、受け取りにいってきた。
d0352022_18072434.jpg
d0352022_18073341.jpg
d0352022_18074939.jpg
d0352022_18075584.jpg
栗としめじご飯にお総菜がたっぷり!!
ローストビーフや南蛮漬け、白和え、ワカサギ、海老フライ、鰆の焼きもの、玉子焼きなど
見た目も美しく、栄養バランスも考えられたお弁当だ。
笹巻きの中は「麩饅頭」と思ったら、おにぎりだったらしい。
ハスの揚げ物は少しかたかったらしいが、横に添えられた初銀杏は「秋の味だねぇ!」と
しっかりと味わい、「栗」に至っては「プロの味だねぇ!」と満足そうに食べていた。


年に一度の「敬老の日」だからこんなお弁当も良いかな。

過去に吉兆のお弁当などにトライしたことがあるけれど、此方は比較的にリーズナブルなのが良い。
この内容で2,700円(税込み)。
吉祥寺価格という感じだろうか。。。
母が喜んでいたのが何よりの親孝行となった。



※以前の訪問記事は





●三友居 東急吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 B1F
0422-22-8884
10:00~20;00











by forestkoro1015 | 2018-09-18 21:55 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
この日は「赤坂璃宮 銀座店」さんへ。。。
赤坂のお店は親戚の法事などで何度か伺ったことがあるけれど
交詢ビル5階にある此方ははじめての訪問。

d0352022_15514039.jpg
重厚な雰囲気のエントランス。

d0352022_15495733.jpg
店内の雰囲気。
d0352022_15500157.jpg
セッティング。
d0352022_15495255.jpg
いただいたのは「茉莉(じゃすみん)コース」


連れたちは「紹興酒」
d0352022_15501049.jpg
添えられているのは「辛味」のソース。提供されるお料理にお好みでかけて
いただくらしい。


私は車なのでお茶(涙)。
d0352022_15500518.jpg
茶器が洒落ている。


○璃宮特製焼きもの盛り合わせ

d0352022_15501575.jpg
d0352022_15502850.jpg
鴨の梅肉ソース、蒸し鶏の葱ソース、叉焼だったかな?
表面がカリカリに焼き上がっていて「さすが!」のお味!!
この少し後にANA便でいただいた「リージェント台北」の総料理長が監修したという
「三種の広東バーベキュー」よりも圧倒的に美味しくいただいた(当たり前!)。
添えられているのは、野菜のピクルス、湯葉巻き、器の中は辛いくらげだったかと。。。



連れたちはワインまで飲んでるし(呆)。
d0352022_15503334.jpg
○天然海老と2色アスパラのあっさり炒め
d0352022_15504085.jpg
「あっさり!」と書かれている通り、ほんわりと柔らかくて繊細な味わい。
季節のアスパラがシャキシャキっとした歯触りで海老に華を添えている。


○蟹肉入りふかひれスープ 翡翠仕立て
d0352022_15504604.jpg
お味はもちろんだけれど、その華やかな彩りに思わず心の中で「小さな歓声」があがった一品。
ふかひれと蟹肉がグリーンのスープ(グリーンアスパラが主体?)の中で泳いでいるイメージ。
インスタ映えしそう(笑)。



○五目豆腐のスパイス揚げ
d0352022_15505161.jpg
当日、いただいた中で一番不思議だったお料理が此方。
「豆腐」といわれれば、「たしかに!」と納得できるのだけれど、カリカリに揚げられた
「麩のような食感の食材」(大変に失礼!!)をいただいているようなイメージ(笑)。
周囲のスパイスは「さすか璃宮の伝統のお味!」という独特の美味しさがあるのだけれど
この「五目豆腐」に関してはちょっとだけ「?マーク」が点滅してしまった(笑)。


○本日鮮魚のブラックビーンズ蒸し
d0352022_15505656.jpg
本日の鮮魚は火入れが素晴らしい「たいら貝」。たっぷりの豆豉を用いた辛味のバランスが
素晴らしいソースと合わさって「さすがのお味!!」。先ほどの「五目豆腐」はカットしても
良いので、この「たいら貝」はもう一つ食べたい!!とと思える美味しさだった。



○鮮魚と高菜漬け・からし菜の辣味煮込み
d0352022_15510192.jpg
d0352022_15510781.jpg
程よい辛さがくせになりそうな優しい味付け。お野菜とお魚のお出汁がトロトロに
かみ合っていて美味!



○璃宮特製アサリ入りチャーハン
d0352022_15511241.jpg
魚介類がたっぷり入った具だくさんの芳ばしい炒飯。「特製」というだけあって、
パラパラの米粒の中にまでもみがある味わい。


○本日のデザート
デザートは6種類から選べる。


●カメゼリー
d0352022_15512036.jpg
見かけはイマイチなのだけれど、カメの腹甲などから作られるれっきとした薬膳デザート。
美肌・美顔・デトックス効果などがあるらしい。一口トライしたけれど、それぐらいじゃ
効果は期待できない(笑)。


●マンゴープリン
d0352022_15512559.jpg
さすがの美味しさの「マンゴープリン」。チャンスがあれば、これだけでも食べに
いきたいぐらいの完璧なデザートだった。



●杏仁豆腐
d0352022_15513002.jpg
此方もプルプルで甘さ加減もちょうど良くて美味。これもリピートしたいかな!!



○小菓子
d0352022_15513542.jpg
d0352022_15514925.jpg
何故かお土産つき(笑)!
d0352022_15514405.jpg
辛味が入っていた小さい中華鍋だけれど、入れるものがなくてアクセサリー入れに!
ミニお玉はシュガーポットで活躍中だ(笑)。



たまには銀座の真ん中でこのような正統派の中華料理も良いかな。
周囲は社用の接待が多かったようだが、ちょいとよそゆき感覚で雰囲気のある
美味しいお料理が楽しめるお店だ。
銀座のど真ん中にありながら、変に気取りすぎてないところも使いやすいかな。


但し、交詢ビルの機械式精算のパーキングは冷たい。
わずか2分のオーバーなのに300円取られる羽目になって
駐車場のおじさんがとても気の毒がってくれた(笑)。


ごちそうさまでした☆




※ご参考:「リージェント台北」の総料理長が監修したという
「三種の広東バーベキュー」関連の記事は




●赤坂璃宮 銀座店 (アカサカリキュウ)
東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル 5F
050-5869-0624
月~土 11:30~15:00(L.O.)/17:30~22:00(L.O.)
日・祝 11:30~16:00(L.O.)/16:00~20:30(L.O.)
年中無休
http://www.rikyu.jp/ginza.html
2004年10月1日オープン
電話番号:03-3569-2882




by forestkoro1015 | 2018-09-17 13:54 | グルメ・都内・中華 | Trackback | Comments(0)
モノの値段が上がっている。
特にその傾向が顕著なお品の一つが、ケーキ類ではないだろうか。。。


この日、チェックした中で一番高いケーキは一つ1,260円だった。
その次が950円だったかな(驚)。
たしかにドッシリと大きくて高さもあってたっぷりしていたけれど
廉価版で一つ760円などと書かれているとドン引きしてしまう(汗)。
第一、大きくて甘いケーキを食べたらカロリーの心配もしなければならない。
「今さら・・・」という声も聞こえてきそうだけれど、重要な話だ。


「どうしてもケーキが食べたい!!」。。。
この日はそんな気分だった。が、渋谷のデパ地下街も概して大きくてお高い。
吉祥寺まで戻ってきて、此方の存在を思い出した。
「オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店」さんだ。


サイズは小ぶりながら、400円程度のまあまあのお値段で美味しいケーキが
色々と選べるお店だ。しかも、このぐらいのサイズのケーキなら、
そんなに罪悪感を抱かずに食べられるのも嬉しい。
ガラスケースの中には、「秋の新作」が色々と揃っていて、なかなか決められない(汗)。


最終的に選んだのは此方。
d0352022_16254137.jpg

○キャラメル・ポワール(410円)
d0352022_16255771.jpg
どうしても食べてみたかった此方は「この秋の新作」とのこと。
洋梨のクリームとかすかにビター感のあるキャラメルクリームのコンビネーションが
「大人味の奥ゆかしさ」を彷彿とさせる一品。
一口、二口と食べ進むほどに笑顔が広がる美味しさ♪
トッピングされたトロトロの歯触りの洋梨がアクセントになっている。
「もう少し食べたい!」と思った時には、もうなくなっていた(笑)。
このお値段だから仕方ないのだけれど(汗)。


○オペラ(420円)
d0352022_16254745.jpg
見かけると買ってしまう定番ケーキの一つ。
程よいビター感のあるチョコレートの甘が特徴的。サクッとしたパイ生地との
組み合わせもバッチリ!!紅茶よりもコーヒーと共に味わいたいかな。


○紅茶のケーキ(名前失念・汗)(390円)
d0352022_16255237.jpg
トッピングの生クリームの上のレモンソース(?)がとても美味しそうにみえて
購入。チーズ層とチョコクリーム層、さらには一番上の紅茶の部分が合わさって
結構楽しめたそう。。。


が、皆の意見は「美味しいけど、ちょっと小ぶりだね!」とのこと(笑)。。。
一つ700円〜800円のケーキにはなかなか手が出ないのだけれど、
此方のケーキであれば「2個ずつ」買っても、それぞれが美味しいから惜しくないかな。


小さいけれど、美味しいケーキが食べたい時にはオススメ!!
本格的なお味が楽しめるお店だ。


ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は



●オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店 (hotel de suzuki)
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館 1F
0422-22-1943
10:00~21:00
日曜営業
不定休(アトレ吉祥寺に準ずる)

オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店ケーキ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-09-15 17:05 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
9月の始まりと共に訪れたのは赤坂の「うずまき」さんだ。。。
柳沼さんのお料理をいただくのは久しぶりのような気がする。


いつものようにシュワシュワからのスタート
d0352022_12041835.jpg
オーナーさんが「最近、少しワインを入れ替えましてね!」と用意してくれたのは
「Pinot Grigio Rose Vsq Spumante Brut La Jara」ともう1本。
ビオワインの「ロゼスプマンテ」も面白いかも!!と此方をいただくことに。。。


京都の「大鵬」さんでもビオのロゼをいただいてきたばかりだけれど、
ビオワインと中華の組み合わせは最近の潮流なのだろうか。。。
エレガントでしなやかな味わいのスプマンテだ。


○前菜三種盛り
d0352022_12042315.jpg
「鶏ささみと鮎、まくわうり」の組み合わせ
やはり「大鵬」さんのように、柔らかな鮎はお腹に子供がいっぱい!
フルフル加減がたまらないささみと筍(?)のようなお野菜は優しい味わい。
まくわうりのトッピングは、かぼちゃのたねとカシューナッツベストを纏った
むかごだそうだ。「組み合わせの妙」というか、食べたことのないお味で美味しい!


○白いとうもろこしのあん
d0352022_12042895.jpg
トロっとして甘くて、昔、お母さんが作ってくれたおやつのような優しい味わいの
此方は白いとうもろこし。煮詰めて煮詰めて甘くなるのだそう。。。
2品目なのに、デザートと思うほどの美味しさ♪


○グァバ、バナナ、じゃがいも、インゲン炒め
d0352022_12043753.jpg
ピンク色のいささす酸味があるのががグァバ、甘みが少しあるむらさきじゃがいも、
そしてトロトロっとした甘みが楽しめるバナナを柳沼マジックが引き締める。
此方も「組み合わせの妙」が楽しめる不思議なお料理だ。お野菜と果物、それぞれに
別の表情を持つのに、バランスの良い爽やかな美味しさをたりしむことができる。


「Costieres de Nimes Blanc Cuvee Tradition 2016
 Mas des Bressades 」
d0352022_12043250.jpg
2本目は此方。フレッシュでキリッとした口当たりの白。好きなタイプ☆


○クエの蒸し物
d0352022_12044235.jpg
クエだけでも充分に美味しいと思うのに、そこにカボチャ、しかもバターナッツかぼちゃ
組み合わせるとは、さすがに柳沼さんだ。
色鮮やかで濃厚な旨みを持つバターナッツかぼちゃの甘みが、不思議とクエとよく合う。
若干、かぼちゃの存在感の方が大きかったかな(笑)。
甘みを纏ったクエがちょっと気取ってフレンチのような味わいに!!


良い仕事をしていたバターナッツかぼちゃ。
d0352022_12044704.jpg

○きのことビーツの炒め
d0352022_12045217.jpg
今日のビーツは「レンブ」。その美しい姿から「ローズアップル」とも呼ばれる
沖縄の果物のことだそう。サクサクッとしていて瑞々しい食感。
ほうき茸とのコンビネーションもバッチリ!!秋の味覚満載!!


○紹興酒
d0352022_12045832.jpg
あっという間に2本目も空になって紹興酒に突入。。。ロックでゴー!


○里芋、おくら、かぐら南蛮、ズッキーニ炒め
d0352022_12050358.jpg
久々の「あたり!!」
神楽南蛮、ピリ辛でちと涙目に!!が、他のお野菜が甘いので、少し和らいだかも!!
彩りが美しくてお味も良い一品。野菜の旨みが満喫できるお料理!



○鹿のタンと黄ニラの炒め煮
d0352022_12050850.jpg
はじめていただく「鹿のタン」。「牛タン」よりもアッサリとして淡泊な味わい。
尤もこのテイストも柳沼マジックによるものだと思うのだけれど、「鹿です!」と
言われなければたぶんわからないかなぁ。。。
柔らかな黄ニラと少し酸味のあるソースと相まって、此方も「フレンチ」としても
通用しそうな感じの一皿。
オーナーさんによると「柳沼さん、普通のお肉に飽きてきちゃった!!」のだそう。。。
料理人としての飽くことなきチャレンジ精神の賜物だと思う。



○大和芋のおやき 落花生と
d0352022_12051390.jpg
ピザのようなお好み焼きのような、どことなく懐かしい味わいのおやき。
落花生が入っているので、これも三時のおやつのような感覚でいただくことができる。
デザートとして食べても美味しいと思う。これも初めての味!!


○猪スネ肉の煮込み
d0352022_12052233.jpg
二品目のメインは「猪」。冬瓜をあしらって限りなく優しくフルフル状態で仕上がっている。
当たり前のことながら、猪とお野菜のバランスも完璧!!お肉が多すぎても重たくなるし、
お野菜が多すぎても物足りない。まさにちょうどよい着地点で両者の融合を楽しむことが
できる。いやはや。。。今回も完璧な美味しさ♪



○焼きそば
d0352022_12053022.jpg
山形の「だだちゃ豆」ソースをかたく焼きあげた麺にからめたお品。少々和テイストな
雰囲気もあるが、そのアッサリとしたお味は深淵で奥が深い。見た目も食後感もヘルシー感に
満ちあふれた焼きそばだ。




○デザート
d0352022_12053446.jpg

○お茶
d0352022_12054014.jpg


今回久しぶりに訪問して感じたのは、やはり柳沼さんが作り出すお料理の世界は
「素材の組み合わせが絶妙」で「1+1=2」ではなく、「1+1=3」「=4」のように
多彩に変化していくということ。そして一見、チャレンジングなようでいて、しっかりと
美味しさも考えて新しい世界を創造されているということだろうか。

「白いとうもろこしのあん」「鹿のタン」「大和芋のおやき」など、初めていただいたのに
なんだか懐かしいようなテイストを感じたのは、柳沼さんならではのその繊細で優しい味付けも
関係しているのだろう。


d0352022_12041109.jpg


お料理が美味しいので此方では(も)ついつい飲みすぎてしまう。それが悩みの種だ(笑)。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は


※それ以前の訪問記事は




●中華うずまき
東京都港区赤坂5-5-11 赤坂通り50番ビルB1
電話:03-3584-2116
営業:17:00〜23:00(日曜・祝日休)

中華 うずまき中華料理 / 赤坂駅溜池山王駅六本木一丁目駅
夜総合点★★★★ 4.4


by forestkoro1015 | 2018-09-14 15:38 | グルメ・都内・中華 | Trackback | Comments(0)
この日は青山方面までお出かけ(お仕事)。
なんだか急に涼しくなってしまって街のそこかしこに「秋の気配」を感じる。
ダークな色調のお洋服もチラホラと目立つようになってきた。。。


銀座線で渋谷に出て両手にショッピングバッグを持ち、井の頭線方面をめざして
マークシティーの方に歩いていくと、思いがけずに吸い寄せられてしまった(笑)のは、
「キャピタルコーヒー東急東横店」だ。


最近、いつも満席で寂しい思いをしていたのだけれど、
この日は入口に近いお席が一つだけ空いていた(嬉)。
久々なので、ちょいと寄り道(笑)。


お願いしたのは「コーヒーゼリーのソフトクリームのせ」だ。
北海道バニラ、コーヒー味、ミックスと上にのせるクリームを選ぶことができる。
選んだのはミックス(604円)。


d0352022_16380934.jpg
忘れていた訳ではないのだけれど、此方のソフトクリーム系は結構ボリューミーだ。
以前の記事でも「コーヒーパフェ!」とご紹介した通り、大人味のマイルドなパフェとして
楽しむこともできる。
ミルクたっぷりで濃厚で美味しい(ミックスだから2種類分楽しめるし!)のだけれど
少し涼しかったこの日はちょっと寒かったかな(汗)。
食べ終えた頃にはすっかり涼しくなってしまっていた。というか、「夏も終わりだなーー!!」
とつくづく実感したのだった。


まぁ、寒い時期に食べるソフトクリームやパフェも美味しいのだけれど。。。

いささかビターなコーヒーゼリーと濃厚なソフトクリームの組み合わせはちょっとクセに
なるお味。。。別々に食べても美味しいのだけれど、グラスに残った双方を合わせて
食べる時が結構好きかもしれない。



ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は




●キャピタルコーヒー 東急東横店
東京都渋谷区道玄坂1-12-3 渋谷マークシティ B1F
03-3477-4738
10:00~21:00(フードL.O.20:00 ドリンクL.O.20:30)
無休(渋谷マークシティに準ずる)
http://www.capital-coffee.co.jp/index.html


キャピタルコーヒー 東急東横店コーヒー専門店 / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2018-09-13 17:02 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Trackback | Comments(0)
歳のせいもあるのだろう。病院へ連れて行こうとしたら母が保険証がないと騒いでいる。
仕方がないので病院は「すみません、忘れました!」で受診。
この9月から新しい保険証になったとかで、自費診療になるところ(1万ちょい)を
1,000円のデポジットを払うことで「今度の受診の時に忘れずにもって来てください!」と
いうことで事なきを得た。


帰宅後、保険証は無事に出てきたらしい。
で、家族が近くの調剤薬局に出向き、保険証と共に処方箋を出した。
この薬局、薬をもらうまでが長い(時間がかかる)ので
後で取りにいくようにしている。


すると薬局から電話がかかってきたらしい。
なんでも処方箋に「自費」と書かれているので、
自費扱い(!)で「40,100円!!」になるという(驚)。
ちゃんと保険証出しているのにどうして???


翌朝、処方箋を出してくれた病院に確認すると、
「保険証を出せば、通常は「自費」と書かれていても、
「保険適用」で処方してくれるはずですよ!」とのこと。


問題の調剤薬局へ。。。
「処方箋には自費」と書かれているので、たとえ保険証があったとしても、
「40,100円!」を払わなければならない!と言い張って譲らない(驚)。


つまり、病院に「自費分の診療代」を収めていない
(貧乏な)患者はこの薬局では
「本物の保険証」を持っていても「不正使用」
という扱いになるらしい。


病院にちゃんと保険証を提出した上で保険適応範囲内の「診療代」をきちんと支払い、
その証明書(保険が使えるという処方箋でも可)を薬局にもってきたら、
その時点で多く取り過ぎていた分(自費で支払った分−保険適応分の差額)を返還するとのこと(驚)。


別にお金に困っている訳ではないけれど、
病気で身体が弱っている人や高齢者を相手にする街の薬局
高利貸しのように意地悪な真似
をして何の得があるというのだろう???


しかも法律でそのように決まっているなら仕方もないが、病院の人も
「保険証があれば大丈夫」
と言っていたのに・・・・。


押し問答しても埒があかないので(本当は怒髪天を衝いていたけれど・笑)、
「じゃあ、処方箋返していただけますか?他の薬局にお願いしますので・・・」という私に
「昨日の今日なのでお薬ご用意しちゃったんですけど・・・」と担当者(呆・呆・呆)。。。


こんな感じ悪い薬局に一銭だって払うのは私のプライドが許さない!!


「返してください!!持ち合わせもないし!!」」と言ったら
「カード使えますよ!」だそう(爆)。。。もう、もう、もう(怒×∞)。。。
ひったくるようにして処方箋を引き取って、そのまま近くにある別の薬局へ!!


最初から此方に出した方がすべてがスムーズでうまくいっていた。。。
「「自費」と書いてありますが大丈夫ですか?」と尋ねると、
「保険証があれば
問題ありません!」とのこと。


調剤薬局もほんと、色々だと思う。
この意地悪な調剤薬局はいつも大混雑している。何故かというと問診が異常に長いからだ。
下手すると医者が出した薬にまで「量が多すぎますね!」とか「飲み合わせがよくない!」
と文句をつけてくる医者よりも偉い薬局だ(笑)。
しかも薬はいつも不足していて、行くと必ず二度手間になる。
薬剤師の入れ替わりも妙に激しいし。
やはり意地悪な環境は患者だけでなく、中で働く人たちにも影響しているのだろう。



たとえ健常者が相手でも、まるで役所のような今回の杓子定規的な対応はいかがなものかと思う。
しかも勝手に決めた「当社の決まり」なのだそうだ(爆)。
たぶん病院へ行くときに保険証を忘れたすべての人に同じような対応をしているのだろう。
一人暮らしのお年寄りも少なくないエリアなので心が傷む。
もう少しだけでも優しい対応ができないものだろうか?
なんかギスギスしすぎていてとても感じが悪い一日だった。
こんな薬局、二度と利用したくないし、
金輪際、利用することはないだろう。



d0352022_00374952.jpg
写真は近くの宅地造成地。いよいよ上物の工事が始まりつつある。
緑のネット(東南角地)は住友林業の取り分(爆)。ダイワハウスが結構、広く獲得した
ようだが、さすがにすべてをおさえるには無理があったよう。。。
残りはどこのハウスメーカーが名乗りをあげるのだろう。。。





by forestkoro1015 | 2018-09-12 01:53 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
この日は人生初の「戸越銀座」に出没(お仕事)。
アーケードの長さでいうと「武蔵小山商店街」が日本一だそうだが、
「戸越銀座商店街」といえば、直線距離にすると日本一長い商店街なのだそうだ。
たしかにアーケードがどこまでも続いている(ような気がした)。


そして平日の昼間というのにとても賑やかな商店街でもある。
そして美味しいお店も色々とありそうだ。
本当はソフトクリームが美味しいという「シロクマヤ」さんに伺ってみたかったのだけれど
このところの忙しさのせいでどうも胃の調子がよろしくない。。。


そんなに時間もなかったし・・・という訳で、お手軽カフェを探していると
「カフェ・ベローチェ」を発見した。
軽くお腹に何か入れよう!ということで、「玉子サンド」と「アイスミルクティ」を
お願いする。
d0352022_18325389.jpg
商店街の真ん中、しかも周辺は住宅街とあって、圧倒的に客層が都内のオフィス街にある
ベローチェとは異なる。年齢層は割と高め。。。
オープンテラスのお席ではプードルがお水を飲んでいた。


玉子サンドを食べてお茶を飲み、お水は胃薬用(汗)。
暑い日だったので、少しは元気を回復!!この後は無事に打ち合わせを終わらせ、
その後は渋谷の図書館で仕事をして(図書館は静かなので仕事が結構はかどる!)
夜の飲み会へと向かったのだった(胃が痛いのに、胃薬飲みながら、飲んでるし・呆)。


それにしても「戸越銀座商店街」、はじめての訪問だったけれど楽しかった。
今度はゆっくりとグルメ散策で出かけてみたい街だ。


ごちそうさまでした☆




●カフェ・ベローチェ 戸越銀座店 (CAFFE VELOCE)
東京都品川区戸越1-15-14 パルピア戸越銀座1F
03-5750-6969
7:00~23:00
無休
オープンテラスあり
http://www.chatnoir-jp.com/veloce/






by forestkoro1015 | 2018-09-11 18:48 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Trackback | Comments(0)
仕事帰りにヒガコ高架下にある「珈琲や 東小金井工房」さんへ。。。


ライト系、マイルド系、ボディー系、ビター系等々、
店頭に並んでいる数十種類の珈琲の生豆を注文後に焙煎してくれるのが、此方のお店だ。
もちろん好みの煎り加減にも対応してくれる。

焙煎には若干時間(20分程度)がかかることもあり、待っている間に楽しめるのが
サービスコーヒーだ。
好みの豆をテイスティングできる、なかなか嬉しいサービスでもある(無料)。


この日はマイルド系の豆の中から「チャンチャマイヨ」というペルーの豆をセレクト。
名前がかわいい!とスタッフの方オススメの豆でもある。

「チャンチャマイヨ」とはペルーにある渓谷の名前なのだそう。。。
なんだか思わず飛び跳ねたくなるネーミングだ(笑)。
d0352022_17494618.jpg
d0352022_17495256.jpg
d0352022_17495712.jpg
やがて登場した「チャンチャマイヨ」は名前とは裏腹にかなりのスッキリ系。
柔らかなコクがフワッと全体を包み込んでいるような軽やかな印象のテイストだ。

d0352022_17500288.jpg
ミルクを入れない方が繊細なお味が楽しめると思って、ブラックでいただく。


ちょっと小腹が空いていたので「アップルパイのアイスクリーム添え」
(520円)もいただく
d0352022_17500636.jpg
冷たいアイスクリームがほんのりと温かなアップルパイと合わさって美味しい♪

d0352022_17501143.jpg
静かな極上の時間が流れていく・・・・はずだった。。。
が、実際、静寂の時間は周囲の騒々しいママさん軍団の話し声にかき消された(汗)。
静かに話しているグループもいるのに、何故そんなに大きな声で大騒ぎするの?
という人たちも(呆)。


まぁ、たまたま運が悪い時間帯に遭遇してしまったということなのだけれど
そんなに大騒ぎしたければ近所のファミレスにいってほしい・・・。


良いお店なのに、実にもったいない話だ。
ちなみに「もう少しお静かに願います!」というスタッフからの注意もなかった。


店は客を選べないから仕方ないのだけれど。。。



あっ、クラフトビールのお取り扱いも始まったらしい。。。
もう少し遅い時間帯だったらうるさい軍団もいなくて、静かにビールが飲めるのかなぁ。。。
d0352022_17501606.jpg


ごちそうさまでした★



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は



●珈琲や 東小金井工房
東京都小金井市梶野町5-10-58
ののみちヒガコ東 E04/JR高架下 コミュニティステーション
042-316-1346
9:00~19:00
水曜休
http://coffeeya.co.jp
2014年12月20日オープン

珈琲や 東小金井工房コーヒー専門店 / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2018-09-10 18:23 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)