Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

この日は1年と数ヶ月ぶりに国領へお出かけ。
0次会ということで伺ったのが、「CRAFTBEER PUB 」の「トゥエルブ」さんだ。
国領駅から狛江通りを南下して徒歩8分ぐらいだろうか。
白いタイル地の建物1Fの入口に「12」と書かれた派手なサインが目印。
どこかでみたようなカラーリングと思ったら、FC東京のイメージカラーだ。

d0352022_14445262.jpg
店前にあるメニュー。
d0352022_14445974.jpg
ちとカラオケスナック(大変に失礼!!)チックな外観に少々、躊躇するが、
次の瞬間には友人が扉オープン!!。

8坪ほどのイビツな形をした店内には6つのカウンター席と4つのテーブル席が!!
テレビモニターもあって、そのままカラオケが楽しめそうな雰囲気もなきにしもあらずだが、
ファンが見たら大喜びしそうなてFC東京応援グッズが所狭しと並んでいる。
店主の方は根っからのFC東京サポーターらしい。


いただいたのは、伊勢角屋麦酒の「ゴールデン・ドラゴン」
d0352022_14450483.jpg
度数4%、シトラス系の爽やかな味わいの中にドライな美味しさが広がる
スッキリ系のクラフトビールだ。
0次会でクラフトビールを飲んだ後にワインを飲んで転んでケガした経験があるので
油断は禁物!!
私とクラフトビールとの相性はあまり良くないのだけれど、この「ゴールデン・ドラゴン」は
ライトな飲み応えで、この日もそんなに悪酔いしないで済んだようだ。
体調もあると思うのだけれど、クラフトビールのちゃんぽん(特に0次会での)は
あまりオススメしない。


おつまみでいただいたパンといちご。
d0352022_14451069.jpg
常時5種類(5タップ)の厳選生ビール(230ミリリットル=650円、400ミリリットル=1,100円)、
アメリカ産を中心に数十種類の瓶ビール、またオススメ日本酒などもラインナップ。
テレビモニターではFC東京を中心に、Jリーグ、日本代表戦などが放映されているのだそうだ。
ワールドカップが開催中のこの時期は盛り上がっていることだろう(24時閉店らしいが)。


FC東京ファンを自認してやまない店主の方のキャラがとても楽しい店。
サッカー好きでなくても、クラフトビール好きであるなら、
きっと此方のファンになってしまうに違いない。


ちなみに店名の「トゥエルブ」は居抜きの物件を探している時に、偶然出会った物件に
ついていた店名をそのまま採用したそう。
サッカーのサポーターナンバーである「12」という数字(のついた物件)に
運命的な出会いを感じたという。


後の予定があるので長くは滞在できなかったが、
私たちも運命的に面白い店に出会ってしまった。。。



ごちそうさまでした☆




●トゥエルブ (CRAFTBEER PUB TWELVE 12)
東京都調布市国領町4-51-5 1F
042-488-4774
[月・水~金] 17:00~24:00
[土・日・祝] 12:00~24:00
火曜休
チャージ料なし

トゥエルブビアホール・ビアレストラン / 国領駅柴崎駅布田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


by forestkoro1015 | 2018-06-29 15:36 | グルメ・都下・京王線沿線 | Comments(0)

お岩さん。。。

昨日のワールドカップ、日本代表のポーランド戦はなんだか味気ない試合だった。
自分たちで得点して引き分けか勝利すれば、堂々と胸を張って
「日本すごい!」「やるじゃないか!」と決勝リーグに進むことができるのに
他チームの勝敗(というかルール?)に頼って、姑息な試合運びをするのは
どう考えてもワールドカップに出場している国としていかがなものかと思う。
「それも戦術のうち」、「結果がすべて」とは言うけれど、
そもそも初戦からして一人退場して10人の相手チームに11人で勝利して
あとは引き分けと負け。
どう考えても「棚ぼた」でここまで来ているような感は否めない。
日本代表を応援している人たちには悪いのだけれど、
決勝トーナメントで相手チームにボコボコにされて
「世界に恥をさらす」ことのないように祈りたい。


さて、そんな私は実は昨日から「お岩さん状態」で左目が腫れている(汗)。
前の晩はちょっと左目がゴロゴロするなかなーと思って寝たのだけれど
朝、起きたら、かなり酷く腫れ上がっている。
それもいわゆる「ものもらい」とは違う感じで腫れが相当に酷い。


昨日は橫浜の某イタリアンで5周年記念を兼ねたスペシャルディナーの予定
だったのだけれど、こんな顔ではとても参加できそうもない(汗)。
友人とお店に連絡してピンチヒッターを探してもらうも、
今日の今日というのは難しいもの。。。
やっと見つかったという連絡をもらったのは3時近い時間だった。
オフィスで働いている時間の友人にも、お店の方にも多大なご迷惑を
おかけしてしまったことを心からお詫びしたい(滝汗)。
でも、空席が出ないで本当に良かった!!
友人のSNS情報によれば、お料理とワインは実に素晴らしい夜だったらしい(号泣)。


そんな私の昨日のお昼は冷やし中華。
スペシャルディナーに行けなかった分、ほんの少し具だくさんに(笑)。
d0352022_11274206.jpg

抗生物質と塗り薬のお陰で、目の腫れはだいぶ引いてきたのだけれど、
ドクターも「どうしたのでしょう?」と首をひねっていた。
明日になっても腫れがあまり引かない場合は、近くの大病院へ紹介予定とのこと。。。


少しでも腫れが引くように、仕事もドタキャンして自宅に引きこもっている。
早く良くなりますように!!



by forestkoro1015 | 2018-06-29 11:50 | 雑感 | Comments(0)

野菜の季節。

今年も野菜の美味しい季節が巡ってきた。
朝に獲れたばかりの新鮮野菜がご近所の無人販売所に並びはじめる。
年間を通してほうれん草や大根などもゲットできるのだけれど
胡瓜、茄子、トマト、枝豆、隠元などは
この時期だけのもの。。。

我が家の隣にある玉蜀黍もそろそろ並び始める頃なのだけれど、
まだ収穫されていないようだ。
この玉蜀黍畑には今年から新兵器が!!
その正体は「電気柵」なるものだそうだ。
玉蜀黍を食べにくるのは、犬・猫・狸(この近辺にいるらしい)だけでは
ないと思うのだけれど(汗)。
弱小電流が流れているようで、「触ったら危険!」という大きな注意書きが
ぶら下がっているのだけれど、犬・猫は読めない訳で。。。


さて、朝7時から販売されている無人販売所で買ってきたのは
胡瓜、茄子、枝豆・隠元。。。
新鮮な胡瓜と茄子はぬか漬けに入れても味が全然違う。


そして枝豆はこれで400円。
d0352022_11470960.jpg
朝、獲れた枝豆が、そのまま茹でられ、数時間後には美味しくいただける幸せ。
とにかくほんわりと甘くて感動できるお味だ。

最近は住宅が建て込んできて争奪戦が年々激しくなっているのだけれど、
この季節は美味しい野菜が食べたくて、ついつい頑張ってしまう。。。




by forestkoro1015 | 2018-06-28 16:28 | おうち | Comments(0)
土曜日は雨の中、中野サンプラザまでお出かけ。
「T-SQUARE CONCERT TOUR 2018 CITY COASTER」の最終日だった。

d0352022_01143192.jpg
建て替えか存続かを巡る中野区長選も終了し、取りあえず建て替え計画の見直しがされるらしい
中野サンプラザも今年で42周年を迎えるのだそうだ。
会場までのワイドな階段がその歴史を物語る(笑)。
d0352022_01142565.jpg
その42周年を迎えるコンサートホールで演奏する「T-SQUARE」も今年で40周年を迎える。
たかが40周年。されど40周年。
途中、メンバーの入れ替えもあったが、40年も解散しないで同じことを続けてこられる
というのは、ある意味、すごいことだと思う。
まぁ、サザンオールスターズも今年で結成40周年を迎えるそうだけれど。。。


今回はセットリストをメンバー全員で徹底的に絞り込んだというだけあって、
すごーく懐かしい曲も含めて最新アルバム「CITY COASTER」からの曲をメインに構成。


いつもと違って面白かったのは、紅一点のトロンボーンをフロントに加えたこと。
伊東さんをはじめ、全体のサウンドによくからみ、ちっこい身体でパワフルに吹く素敵な演奏だった。


相変わらず観客はおじおば率が高い(自分も含めて・笑)。
スタンディングの時も座っている人が結構いる。。。見えないじゃんっ(笑)。
まぁ、疲れる気持ちもわかるけど。。。


アンコール3曲まで含めて大いに盛り上がった夜となったのだった。


40周年記念ライブは8月5日に橫浜パシフィコとのこと。
大好きな和泉さんも参戦するらしいので、チケットを取ろうかどうか悩んでいるところだ。



今回のセットリストは此方。

1.CITY COASTER
(T-SQUARE with Tb)

2.Dans sa Chambre
(T-SQUARE with Tb)

3.3.Control
(T-SQUARE with Tb)

4.Better Than Yesterday
(T-SQUARE with Tb)

5.Sabana Hotel
(T-SQUARE with Tb)

6.From Now On

7.In My Dreams

8.Twillight In Upper West
(T-SQUARE with Tb)

9.Trade Wind

10.Trap It
(T-SQUARE with Tb)

11.幻想の世界
(T-SQUARE with Tb)

12.Trough The Thunderhead
(T-SQUARE with Tb)

13.Rondo
(T-SQUARE with Tb)

アンコール:
14.Everlasting Dream PartⅡ

15.Omens of Love
(T-SQUARE with Tb)

16.Truth
(T-SQUARE with Tb)




by forestkoro1015 | 2018-06-26 18:42 | 美術館・展覧会・LIVE | Comments(0)
レアものを取り揃えた日本酒の聖地として名高い「かんだ光壽」にはじめて
連れていってもらったのはどれくらい前のことだったろう。。。
いつか再訪してみたいと思っているうちに時は流れ、すっかりご無沙汰となってしまった(汗)。


その「光壽」が、新店舗「光壽おおやま」をオープンさせたという酒飲み情報をキャッチ!!
なんでも8,000円(税込み)で光壽ならではの素晴らしい日本酒とお料理がいただけるらしい。
「これはっ!!」ということで、早速、知り合いに頼んでデビューを果たすこととなった。


池袋から東武東上線にのって3つめの「大山」ははじめて下車する駅だ。
南口に降りて踏み切りを渡り、賑やかな商店街を歩いていくとお店発見!!
d0352022_13124966.jpg
階段を上がっていくとお店に辿り着く。
d0352022_13130222.jpg
d0352022_13125669.jpg
扉を開けると目の前は少し小高い畳敷きのお座敷席。
左手奥に厨房を取り囲むような形でL字型のカウンター席では、すでに友人たちがとりビーを嗜んでいた。

久しぶりにお会いするオーナーの大野さんにご挨拶をして私もとりビーでスタート!
d0352022_13131494.jpg
朱色が渋い!
d0352022_13130745.jpg

控えめなお酒めにう。もちろんこれ以外にも色々!
d0352022_13132016.jpg

●南瓜のワンスプーン
d0352022_13132658.jpg
かぼちゃしか使っていない此方は、まろやかでやさしい美味しさ。


●じゃがいものヴィシソワーズ
d0352022_13133179.jpg
「食べるポタージュスープ」をイメージされたという柔らかな風合いのスープ。上のトッピングはブロッコリー。
初夏らしい爽やかな味わいに。。。


此方でも他の光壽同様、「好みを伝えれば大野さんがオススメを選んでくれる」らしいのだけれど、
「嗜む程度!」にしかいただけない私の場合は、友人たちと共に大野さんのオススメをいただく。


○「若駒 純米生酒 ナツコマ」(若駒酒造・栃木県小山市)
d0352022_13133693.jpg
サングラスをかけたお馬さんがかわいい夏酒。スッキリ&スイスイ飲めるシャープな切れ味♪


お酒はこんな感じのワイングラスでサーブされる。
d0352022_13134752.jpg
●パクチー餃子
d0352022_13134187.jpg
朱色の盆台に用意されていたお酢をかけていだだく。ミッシリと詰まったパクチーで少し早い夏を満喫!
お野菜系のお料理担当の女将さんは以前、日本橋逢坂で修行されていた女性料理人とのこと。
ご自身が苦手なパクチーをこんなに美味しく調理できるなんて、やはり只者ではないと思う。


●山東菜、おかひじき、焼き茄子、おかわかめの炊き合わせ
d0352022_13135345.jpg
白菜の原型といわれる山東菜はシャキシャキ感が楽しめるお野菜。甘みを感じさせる茄子とおかひじき、
さらには若布よりもお野菜に近い感じのおかわかめとのユニークな組み合わせ!


○「町田酒造 純米吟醸 光壽 超限定 袋吊り 斗瓶囲い」(群馬県・前橋市)
d0352022_13135950.jpg
まるでワイン?と見間違えるようなスタイリッシュなオリジナルラベルが眩しい(笑)。
スペックは非公開(!)だが、飲み方は「冷やして」とだけある。
ほんの少しシュワッとした口当たり。。。


●トマトの漬け
d0352022_13141045.jpg
蕎麦のかえしに漬けただけという此方、生姜がピリリと利いてあまり食べたことのない味わい。
トマトであって、トマトでないような不思議な食感のお料理だった。


○「雨後の月 愛山 純米大吟醸 斗瓶取り 限定品」(相原酒造・広島県呉市)
d0352022_13141635.jpg
結構、良い感じに嗜んできたが、此方の「雨後の月」のフルーティ&エレガントな味わいに覚醒!!
「こんなに美味しいお酒の数々をしっかりと五感で味わなければ!!」と気合いを入れ直す。


●霞ヶ浦のしじみのお椀
d0352022_13142842.jpg
お出汁が何ともいえず優しい味わい。。。思わずホッコリ。。。


●金時人参の葉っぱのお浸し タルタルソース添え
d0352022_13143327.jpg
金時人参の葉っぱの柔らかくて甘いことっ!!タルタルソースも美味しくて絶品!!
思わずサンドイッチにして頬張りたくなる素晴らしいお味。。。


○「白露垂珠 純米吟醸 美山錦55」(竹の露合資株式会社・山形県鶴岡市)
d0352022_13143936.jpg
柔らかくて透明感にあふれた清廉な感じの美酒。


●はまぐりの酒蒸しジュレ
d0352022_13144588.jpg
●さわら 人参のソース
d0352022_13145048.jpg
先ほどの金時人参の本体部分を用いたソース。ほんのりと甘みがあって実に名残惜しい味わい。
お皿をなめたいぐらいだった(笑)。


○「醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦 EAU DU DESIR(希望の水)」
(萬乗醸造・愛知県名古屋市)
d0352022_13145777.jpg
まるでワイン(?)のように繊細で柔らかく、卓越したバランス感が楽しめるが素晴らしい味わい。。。
こんな日本酒がいただけるとはっ!!


●くず粉をまぶした焼きゴマ豆腐
d0352022_13150842.jpg
中は黒胡麻。。。とても美味しくて幸せ感に浸れる一品。胡麻豆腐を見直した!!


●鰹のポン酢和え
d0352022_13151464.jpg
柔らかな酸味が鰹の美味しさを引き立ててくれる。


○「磯自慢 吟醸 山田錦」(磯自慢酒造・静岡県焼津市)
d0352022_13152014.jpg
爽やかでフレッシュな酸味のスッキリとした味わい。


●まぐろ漬け・和辛子で
d0352022_13153121.jpg

●合鴨の味噌ロース
d0352022_13153643.jpg

○「黒松仙醸 純米吟醸 金紋錦 特別限定 袋吊り生原酒」(株式会社仙醸・長野県伊那市)
d0352022_13154256.jpg
またまた光壽さんオリジナルのお酒をいただく。
これもまた限りなくまろやかでエレガントな味わい。。。うーむ、我ながらボキャ貧が情けない(汗)。


●桃 チーズ 生ハム巻
d0352022_13155518.jpg
まるでワインバーのアテのような(笑)。実は大好物の一つ!!大事にいただく。


○「風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 笊籬採り(いかきどり)」(油長酒造・奈良県御所市)
d0352022_13160097.jpg
上品な甘さの中にほのかに弾けるシュワッと感が心地よさを醸し出す印象。。。


大野さんを記念に!
d0352022_13161112.jpg

●すき焼き❤️
d0352022_13161747.jpg
d0352022_13162341.jpg
d0352022_13162972.jpg
すき焼きの美味しさもさることながら、玉子の美味しさに悶絶!!
黄身をホイップしたメレンゲ仕立ての、まるでお菓子のような玉子が美味しくない訳がないだろう。

永遠にこの時間が続けば良いのに・・・などと思ってしまった(笑)。
d0352022_13163457.jpg

○「作 杜氏選抜斗瓶」(清水清三郎商店・三重県鈴鹿市)
d0352022_13163919.jpg
此方はやはりオリジナルだけあって、〆を飾るにふさわしい美味しさ。
力強く、それでいて優美さをも兼ね備えている。

せっかくなので大野さんと「作」の旗暖簾とボトルの三つどもえ撮影(笑)。
d0352022_13164401.jpg
背中で語る大野さんが渋い!!
オリジナルのお酒は数十種類を数えるのだそうだ。
これも全国の日本酒を慈しんでやまない大野さんの人徳以外の何物でもないだろう。



●〆は鯛茶漬け
d0352022_13165058.jpg
バルミューダで炊き上げたご飯。
d0352022_13165615.jpg
●鯛茶あっぷ
d0352022_13170211.jpg
●デザートは抹茶のアイスクリームまたは酒粕のアイスクリームが選べる。
友人が酒粕を選んだので、私は抹茶を所望。だって両方食べてみたいし(笑)。
d0352022_13170855.jpg
抹茶アイスなのに、グリーンではない不思議!散々嗜んだ胃袋にジワッと染みていく。


もちろんお友だちの「酒粕アイス」もしっかりと味見。
d0352022_13171402.jpg
爽やかな口当たりの名残惜しい感じの酒粕アイスだった。。。


「光壽オリジナル」ブランドをはじめ、「袋吊り」「斗瓶囲い」など、レア&素晴らしすぎる
お酒を9種類もいただいて、日本酒の奥深さを堪能した夜となったことはいうまでもない。
しかもそれらの日本酒と共にいただいたお料理は〆のアイスクリームまで合わせて計17種類。
そのいずれもが、日本酒に合うように緻密に計算されつくしたお料理でもあるのだ。
そして、それらこだわりのお酒とお料理をたったの8,000円(税込み)でいただけると
いうのだから誠にもって素晴らしいお店だ。
まさに「新たな聖地誕生」といっても過言ではないだろう。。。。


大山は我が家からはちと遠いのだけれど、再訪は必至のお店だ。
あのような素晴らしいお店が新たに誕生した大山近辺にお住まいの方々が実にうらやましい。

はじめての利用記念に、「大山駅」。
d0352022_13171994.jpg

ごちそうさまでした☆




※以前訪問した「かんだ光壽」の記事は






●光壽おおやま (コウジュオオヤマ)
東京都板橋区大山東町23-6 3F
03-6905-7299
17:30~21:00 
完全予約制
○料理はコースのみ
おまかせ料理コース (4,500円+税)
おもてなしコース おまかせ料理コース+お好みのお酒をご存分に (8,000円+税)円
21:00~24:00 バータイム ※要予約

東武東上線 大山駅より徒歩2分
都営三田線 板橋区役所前駅より徒歩8分
国際興業バス(池21) 大山東町バス停より徒歩5分
日曜・祝日休
13席(カウンター7席,小上がりカウンター6席)
オープンテラス席あり
2018年3月26日オープン


光壽おおやま割烹・小料理 / 大山駅板橋区役所前駅下板橋駅
夜総合点★★★★ 4.5


by forestkoro1015 | 2018-06-25 17:43 | グルメ・都内・居酒屋 | Comments(0)
今年もが美味しい季節が巡ってきた。
という訳で、一足早く、「タカノフルーツパーラー本店」で開催されている
「旬果先取り桃を楽しむコース」をいただきに。。。
d0352022_17013372.jpg

平日限定の此方は、桃をコースのあちこちに散りばめた実に魅惑的な構成で
人気も高い(昼・夜共に20名様限定)。
d0352022_16534569.jpg
コース内容は此方。
d0352022_16533458.jpg
飲み物メニュー。
d0352022_16534077.jpg
○アペリティフ
それぞれ2杯ずつ選べる。グラスワインもあるが、車だったのでジュースを所望。

・静岡県産マスクメロンジュース
d0352022_16535528.jpg
どこまでも甘くて香り高い味わい。中に浮かんでいる氷もジュースを凍らせたもの。

・旬果ジュース
コースに合わせて、今の時期は「桃」。此方もさらにスッキリとした甘さで美味しい!
d0352022_16540657.jpg
○アンティパスト
山梨県産日川白鳳を用いた一品。
ラスクの上にはスモークサーモンとモッツァレラ。ソースはバルサミコ酢だそう。。。
モッツァレラと桃の組み合わせ他店でもよく見かけるが、桃の甘さが何とも言えない美味しさを
醸し出す。サーモンよりもモッツァレラの方が桃には合うかな。
バルサミコはお好みで。。。
d0352022_16535020.jpg
○桃のスープ
d0352022_16540072.jpg
桃の冷製スープ。上品でまろやかな味わい。。。素晴らしい仕上がり!!


○桃とグリルポークの甘辛ソース添え
d0352022_16541196.jpg
和風テイストのソースを絡めたポークに、焼いた桃がトッピングされ、さらに周囲を
桃と桃ソースが取り囲むというユニークな一皿。トッピングはクレソン。
もっと甘いイメージがあったのだけれど、意外にサッパリといただける。
焼いた桃ってケーキ以外でははじめてかも!!


○桃のドレッシングのサラダ
d0352022_16541658.jpg
桃を散りばめた爽やかな食感のサラダ。トマトが少しかたかったが、色合いも美しい。

○パン
d0352022_17231012.jpg
お肉の甘辛ソースを浸していただくとさらに美味しさアップ(笑)。。。


○フルーツ盛り合わせ
d0352022_16542175.jpg
これぞ、タカノフルーツパーラー本店の真骨頂。さまざまなフルーツがたっぷりと
盛られている。ドラゴンフルーツ、グレープフルーツ・ルビー、キウイ、
静岡産マスクメロン、マンゴー、オレンジ、スイカ、レモン、パイナップル、佐藤錦、ブルーベリー、
ざくろ、そして山梨の桃は「ちよひめ」。いちごは群馬の「尾瀬なんとか」だったかな。
グレープフルーツといちごがちと酸味が強かったが、パイナップルや桃、メロンは甘くて
完璧な美味しさ。佐藤錦の粒の立派なことといったら!!さすが天下の「タカノ」だ。


○HOTデザート
d0352022_16543269.jpg
温かな桃のスープに浮かんでいるのは生クリームが添えられたスフレ。
ここにも桃が添えられている。
フルーツ盛り合わせを食べて少し冷えた身体をあたたかく癒してくれる。。。

○カフェオレ
d0352022_16542662.jpg
熱々でサーブされるのが嬉しい。


○旬果先取り桃を楽しむパレット
d0352022_16545040.jpg
このパレットも此方のコースの真骨頂だろう。
結構、満腹感はあるのだけれど、ちょっとずつ色々と甘いものが楽しめる一皿。

・桃のエスプーマ。
d0352022_16544066.jpg
フワフワっとした食感で優しい口溶け。。。女子受けしそうなデザートだ。

・桃のムース
d0352022_16544403.jpg
左側は桃と生クリームがスポンジケーキと合わさった「桃ショート」というイメージ。

右側はいささか甘めの桃ジャム(?)がムースの中にサンドされた「桃ムース」。
「桃ショート」の方が好みの感じ。。。母の分もいただいてしまった(笑)。


これでおしまいかと思ったら、実はもう一つあった(笑)。

○冷菓
d0352022_16545792.jpg
桃のシャーベット。ほとんど満腹だったが、甘い物は別腹。サッパリと美味しくいただいた。
実は「桃のソフトクリーム」(下の写真センターのパフェグラス)のいずれかが
選べるのだけれど、さすがにソフトクリームはギブアップ(笑)。
d0352022_16534569.jpg
シャーベットにしておいて正解だった。。。


この内容でお一人さま4,320円(税込み)というのだから、人気があるのも頷ける。

6月29日(金)までの開催なので、ご興味がおありの方は是非っ!!
が、結構、予約は埋まっているようだ。


「桃づくしコース」のおかげで、この日は夜になってもあまりお腹が空くことはなかった。
ごちそうさまでした☆


※前回、訪問した時の記事は




●タカノフルーツパーラー 本店
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 5F
03-5368-5147
11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:1月1日、2月・4月・5月 第三月曜日、9月 第二月曜日、10月 第四月曜日
http://takano.jp/


タカノフルーツパーラー 本店フルーツパーラー / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
昼総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2018-06-23 12:35 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
銀座の完全個室のお店で神戸牛にまみれた後は、満腹のお腹を抱えて
「サンボア銀座店」へ。。。


シュワッとしたハイボールで神戸牛で重たくなった身体を覚醒させようと考えた。。。
d0352022_18451589.jpg
今年2月に表敬訪問してきた総本山の「京都サンボア」@河原町のハイボールとは異なり、
氷が入っていない(のに冷たい)ハイボールが此方スタイル。。。


前回同様、割と濃い感じというか、ドッシリとした重厚な感じが前面に出ているような印象。
そしてシュワシュワ感も全体的に抑えめな感じ。。。まぁ、結構、嗜んだ後だったので、
なおさら、そのように感じてしまったのかもしれない(汗)。


何故か2杯目もいただいているし(呆)。
d0352022_18453163.jpg

「ん?2杯目には何故か氷がっ!!」と思ったら、連れがオーダーしたジンジャーエール
d0352022_18454297.jpg
濃ゆい炭酸系(!)という感じの此方もドッシリとした味わい(味見しているし・笑)。。。
それにしても大きな氷だ。

d0352022_18452605.jpg
アンチョビ入りポテトサラダ。
d0352022_18454956.jpg
満腹でとても余裕はなかったのだけれど、一つだけ味見。
ハイボールにピッタリのコッテリしたテイストだった。
クレソン、東京では割とお高い。草津ではあんなにお安いのに。。。

d0352022_18452188.jpg
まだ週初めなのに、店内はカウンターも含めてほぼ満席。。。
そして読書女子がここにも一人。。。喫茶店ならわかるのだけれど、照明を落としたバーに飲みに来て
読書しなくても良いような。。。目が悪くなりそうだ(汗)。


その点、総本山の「京都サンボア」は照明も明るくて読書もバッチリ!!
実際、マスターが渡してくれた京都新聞を読むことができた。


氷入りのハイボールと氷なしのハイボール、同系列のお店で作り方が異なるのも面白い。
どちらかが好きかと聞かれると難しいのだけれど、色々なハイボールが楽しめるのも
此方の魅力でもあるのだろう。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※「京都サンボア」訪問時の記事は





●サンボア 銀座店 (SAMBOA BAR)
東京都中央区銀座5-4-7
銀座サワモトビル B1F
03-5568-6155
月~土
15:00~翌0:00
日・祝
15:00~22:00
無休


サンボア 銀座店バー / 銀座駅有楽町駅日比谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-06-21 19:16 | バー | Comments(0)
仕事の打ち上げということで、お疲れ会を兼ねて連れていってもらったのが、
銀座シックス近隣のビル4階にある「おもき 離れ 銀座店」だ。
今年2月にオープンした「神戸牛の個室会席のお店」なのだそうだ。

エレベーターを降りると、目の前にドーンと白木造りの立派なエントランスが!!
d0352022_17545263.jpg
靴を脱いで通されたのは、8人はゆったり座れるであろう掘りごたつ式の立派なお部屋だった。

セッティング。
d0352022_17535931.jpg
いつものようにシュワシュワからのスタート。
d0352022_17553127.jpg
グラスシャンパンは「GUY DE SAINT-FLAVY」。爽やかなミネラル感が広がる
リッチな風味のシュワシュワだ。ボトルでは、此方の他、「Lanson Black Label Brut」、
「ドンペリ!!」も見かけた。

「獺祭 発泡にごり50」
d0352022_18142357.jpg
【前菜】季節の三種盛り合わせ
d0352022_17553652.jpg

○鱧白瓜梅味噌和え
気づけばもう鱧の季節だ(遅)。今年お初の鱧を「オホホ」と言いながらいただく。
爽やか食感の白瓜、上品な味わいの梅味噌と合わさった季節の味を満喫!!
d0352022_18575710.jpg
○白アスパラ豆腐
白アスパラの香りがほんのりと鼻腔をくすぐる洒落た一品。
d0352022_18580392.jpg
○賀茂茄子鳥そぼろ餡かけ
生姜を効かせてサッパリとした仕上がり。3種の中ではこれが一番好きかも♪
d0352022_18581285.jpg

日本酒は「獺祭」を中心に、「八海山」「麒麟山ブラック」「上喜元 出羽の里」「真野鶴」
の品揃え。いずれもガラスの酒器でサーブされる。
d0352022_17554258.jpg
【肉八寸】肉菜の四点盛り合わせ
d0352022_17542074.jpg
○神戸牛ローストビーフ寿司  
トロトロのお肉が口の中でとろけるようなローストビーフに舌鼓!
d0352022_17555338.jpg
○但馬牛赤身ウニ巻き
柔らかな赤身肉で雲丹を巻いてキャビアを添えたワンスプーン。
もちろん一つずつジックリと味わう。但馬牛と雲丹、キャビアという贅沢な三重奏!!
d0352022_17555896.jpg
○神戸牛時雨おろし
神戸牛の時雨煮に細い大根おろしを合わせた時雨おろし。ホッコリとした優しい味わい。
d0352022_17560419.jpg
○神戸牛松風
クリームチーズと神戸牛レバーを合わせて松風に仕上げたお品。お酒がついつい進んでしまう。

d0352022_17560857.jpg
【凌ぎ】三浦野菜のサラダ
ごま風味の甘口ドレッシングでいただく和風テイストのサラダ。
シャキシャキっとした歯触りの様々な三浦野菜が一服の清涼感をもたらしてくれる。
d0352022_17542427.jpg
【強肴】神戸牛赤身&霜降り相盛りステーキ
そしてメインのお肉の登場となる。
d0352022_17542950.jpg

手前が神戸牛の赤身ロース、奥が神戸牛の霜降りとのこと。
d0352022_17561938.jpg
レモンをしぼってタレをつけていただく。添えられているのはガーリックチップとガーリック
塩パウダー。お野菜類も美味しい。。。
赤身肉の方が若干弾力がある感じもするけれど、双方共にフルフルで柔らかなお肉だ。
が、相当にボリューム感はある(笑)。通常のステーキの1.5倍ぐらいあるような(汗)。
連れたちはそれぞれ平気な顔で食べていたので、少し進呈すれば良かったのだけれど
頑張ってすべてを平らげてしまった。
欲をいえば、もう少しソースの種類があっても良いかもしれない(上から目線で失礼!)。


神戸牛のステーキに合わせて赤をいただく。
「Zonin Regions Collection Cabernet」。ヴェネト州のミディアムボディ。
信じられないほどグラスにたっぷり注がれていた。
d0352022_17562306.jpg
グラスワインはもう一種、チリのワインがラインナップしていたけれど、此方の上質な
神戸牛のステーキにはせめて「Gevrey-Chambertin」(ボトルでは選べる)を合わせたいところ。
その部分がほんの少し残念だった。


【食事】季節のお食事、お新香、赤出汁
d0352022_17562823.jpg

○豌豆御飯(えんどうまめご飯)
実は前日、スナップえんどうの豆ご飯を作ったばかりだったので、プロの味との違いを
思い知らされた。えんどう豆の粒が青々として大きいことっ!!
d0352022_17543445.jpg

○お新香
d0352022_17543918.jpg

○赤出汁
d0352022_17544377.jpg

【甘味】季節のジェラート
この季節の甘味は「柚子シャーベット」。
神戸牛をたっぷりいただいた胃袋にジンワリと染み渡る優しい味。
最後まで美味しいコース構成だった。
d0352022_17544841.jpg

お茶
d0352022_17563304.jpg

最後にいただいた「獺祭 2割3分」ですっかりと良い気分になってしまった。。。

お酒メニュー色々。。。
d0352022_17550770.jpg
d0352022_17551473.jpg
d0352022_17551983.jpg

すっかりゴチになってしまったが、いただいたのは「ステーキ会席〜桜〜さくら」というお料理
だったようだ。
結構、良い感じで嗜んでしまったが(えっ?)、このようなお店にしては珍しく
「飲み放題」の設定もあるようだ(散々、嗜んでから気づいた・汗)。


完全個室の神戸牛のお店だし、銀座という場所柄、接待や会食、アニバーサリー仕様向けという
雰囲気もなきにしもあらずだが、ちょっとリッチな気分で美味しい神戸牛が食べたい
いう時にはオススメ。当日も若い人たちのグループ(社用かな?)を見かけた。
ごちそうさまでした☆




●おもき 離れ 銀座店
東京都中央区銀座5-8-9 4F-B
050-5595-0630
ランチ:11:00〜15:00※土・日のみの営業
(L.O.14:00)
ディナー:17:00~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日なし
90席
全面喫煙可
※ディナータイムは中学生から
http://www.omoki-hanare-ginza.com/
2018年2月15日オープン





おもき 離れ 銀座店しゃぶしゃぶ / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-06-20 01:18 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)
封切りとなった「万引き家族」を鑑賞した後は新宿3丁目にお出かけ。
この日の訪問先は新宿3丁目にある「オステリア・オリエーラ」さんだ。


こんなにかわいい「くまたこパン」が迎えてくれた(嬉)。耳がかわいい!!
d0352022_12041203.jpg
今回もシュワシュワからのスタート!!
d0352022_12042306.jpg
「Monte Rossa Franciacorta Brut Prima Cuvee (1 Cuvee)」


○ホワイトアスパラガスの冷製
d0352022_12170096.jpg
食べてしまうのが惜しいぐらいに美しくて涼やかなお品。もちろんお味も素晴らしい。


○ちょっとずつ色々楽しめる前菜
d0352022_12041857.jpg
今回は、生とりがい、はまぐり、鰈、銚子の鯖、浜田の鰺、鱈の混ぜ合わせなどなど。。。
少しずつ色々食べられて楽しい一皿!!特に混ぜ合わせた鱈が秀逸!お代わりしたかった!


「Vernaccia di San Gimignano La Lastra」
d0352022_12043469.jpg
トスカーナ州・サンジミニャーノの名前を冠したワイン。名前の通り、爽やかでミネラル感
たっぷりの豊穣な大地の味が楽しめる。。。

d0352022_12042984.jpg
○レアに仕上げたサワラのガスパチョ
d0352022_12043964.jpg
柔らかな酸味のガスパチョがホワホワに柔らかなさわらと合わさって絶妙の味わい!!
パンでソースをこそげとっていただく。。。


「Punta Crena Vigneto Isasco Rossese 2016」
d0352022_12044566.jpg
リグーリア州のワイン。フローラルな香りとは裏腹に比較的にライト系の味わいで
爽やかな余韻が残る印象。。。


○千倉産黒アワビのジュレ!!
d0352022_12055985.jpg
此方、この日の「今日一」(=一番)というほどに感動したお品。
肝ソースの下から顔を出すのは歯ごたえ感を残しながらも柔らかな黒アワビ。。。
トマト、枝豆、胡瓜などをあしらったジュレがまた感動的に美味しい。。。
古井さんのツィートによると、キロ当たり1.7万円の黒アワビとのこと(驚)。
そんな高級食材をこんなに景気よく提供してしまってよいのかしらん(汗)。
いや、美味しかったからウェルカムなのだけれど(笑)。


○くまタコパンのショータイム(笑)
d0352022_12060951.jpg
d0352022_12061420.jpg
くま耳を食べたら、いつものたこさんパンに。。。
d0352022_12062027.jpg
足を食べたらなんか切ない(笑)。
d0352022_12062828.jpg
「Torrette Superieur Valle d'Aoste Anselmet 2013」
d0352022_12063377.jpg
イタリアの北西部に位置するヴァッレ・ダオスタ州のワイン。この州はイタリアで最も小さい
州で、ヨーロッパで最も標高が高いワイン産地なのだそう。
また、長年フランス領だったこともあり、フランスワインの影響も多分に受けているらしい。
たしかに割とドッシリとした感じの味わい。。。

d0352022_12063965.jpg

○鳩のラグータヤリン
d0352022_12064584.jpg
タヤリン」とはピエモンテ州独特の言い回しで、イタリア語の「細切り」=「タリオリーニ」
変化したものだそう。。。
鳩のラグーとチーズ、細々としたお野菜類が合わさって、此方も繊細かつ素晴らしいお味!


「Denis Montanar Borc Dodon Rosé di Refosco」
d0352022_12065000.jpg
お馴染みのベネツィア・フリウリ・ジューリア州の自然派ロゼ。やや甘めでライトな味わい。


○佐島のメヌケ・リゾット
d0352022_12065627.jpg
ホワホワのメヌケがとても美味しい♪「目抜」と書く此方、メバル科の海水魚の中で
身体が赤く、大型になるものの総称だそう。


「Sa'etta Chianti Classico Riserva 2013 Monte Bernardi」
d0352022_12070116.jpg
トスカーナの高品質ブドウ自然派ワイン。ドッシリとした風格のある緻密な味わい。
美味しかった♪


○宮崎牛 新玉ねぎ アスパラガス
d0352022_12070759.jpg
お魚も美味しいが、お肉も負けずに美味い!


○ドルチェ3点盛り
d0352022_12071389.jpg
○お約束のまなちゃんカプチーノ。3Dになっている(嬉)。かわゆす。。。
d0352022_12071983.jpg
いつもワガママをいって申し訳ない(汗)。
d0352022_12072432.jpg
当日、お友だちにいただいたお花。美しい♪
d0352022_12072984.jpg
ほぼ10日間も草津温泉にお籠もりしていた後の久々の「都会派イタリアン」だったが、
やはり期待を裏切らないお料理とワインで楽しい時間を過ごさせていただいたのだった。
カジュアルで気取らない雰囲気のお店なのに、高級食材をさりげなく随所に散らして、
食べる楽しみを満喫させてくれるお店の一つだ。

久々に訪れた友人たちも大満足した模様で、次回の予約もその場で即決!!
次回の訪問が今からとても楽しみだ。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



●オステリア・オリエーラ (OSTERIA OLIERA)
東京都新宿区新宿3-7-5 一兆ビル 2F
03-5379-1609
【ディナー】
[月・火・木~土]
17:30~24:00(L.O.23:00)
[日・祝]
17:30~22:00(L.O.21:00)
【ランチ】
[日・祝]
12:00~14:00(L.O13:00)
水曜日、第2又は第3火曜日 休



オステリア・オリエーライタリアン / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
夜総合点★★★★ 4.4


by forestkoro1015 | 2018-06-17 18:09 | グルメ・都内・イタリアン | Comments(0)
今回は少し寂しいお知らせをしなければならない。
昨年5月のオープン以来、友人たちと応援し続けてきた「ファンクラブ」@神保町
さる5月31日をもってクローズすることとなってしまった(涙)。


外苑前・傳さんの2号店ということで、この一年、ほぼ女性だけで頑張ってきた姐さん(望月さん)たちは
外苑前のお店に戻り、長谷川さんたちと共に本店を盛り立てていくのだそうだ。
またいつか時期はわからないけれど、時期が来たら再開もあるかもしれないとのこと。
その時を楽しみに待つことにしよう。。。

という訳で、草津に出かける少し前に最後の訪問を果たしてきた(訪問は5月下旬)。。。


見慣れたこの景色も見納めとなる。
d0352022_18163290.jpg
最後の日のスタートは「とりビー」
d0352022_18163970.jpg
伊豆のクラフトビール「Rising Sun Pale Ale」。柑橘系の爽やかな香りが特徴的。

d0352022_18164522.jpg

●豆アジの南蛮漬け
d0352022_18165130.jpg
友人たちが揃ってシュワシュワで乾杯!!
d0352022_18165711.jpg
「Mastio della Loggia Gran Cuvée Brut Rosé」
ヴェネト州のフレッシュでライトな味わいのロゼ。割と辛口でグイグイいけてしまう。


●うるいのおひたし
d0352022_18170390.jpg

○「明鏡止水 特撰 純米吟醸」(長野・大澤酒造)
d0352022_18170944.jpg
爽やかで上品な口当たりのまさに淡麗な味わい。。。

●さわらのおつくり
d0352022_18171759.jpg
この海苔と茗荷とも今回でお別れ。。。本店で食べられるかなぁ。。。


○「一ノ蔵 特別純米 生 ふゆみずたんぼ」(宮城・一ノ蔵)
d0352022_18172355.jpg
「ふゆ・みず・たんぼ」とは、収穫後も耕さず次の田植え前まで水を張る水田のこと。
そうすることで堆肥が豊富になり、農薬などに頼らなくてもず害虫を駆除してくれる益虫が
増えるなど、より自然に近い状態で米を収穫できるのだそう。
この製法で栽培した有機米「ササニシキ」を55%精米して使用したという此方、
今までの「一ノ蔵」を越えた柔らかくてまろやかな味わい。。。美味しい♪

●箸休め
d0352022_18173056.jpg
ファンクラブ厨房でキビキビと働く姐さんを思い出に。。。
d0352022_18173545.jpg
●サーロイン しゃぶしゃぶと玉ねぎ
d0352022_18174163.jpg

○「Milcampos Viñas Viejas」
d0352022_18174738.jpg
前回もいただいた、ラベルがかわいいスペインの「Tempranillo」。


●海老真丈と行者ニンニクのお椀
d0352022_18175359.jpg
海老真丈は姐さんの特に好きな料理の一つ。。。ゆっくり味わっていただく。。。


○私たちには特に馴染みが深い「七本槍 純米 80% 精米 火入れ」(滋賀・冨田酒造)
d0352022_18175887.jpg
●〆は金目鯛ご飯!!
d0352022_18180672.jpg
d0352022_18181250.jpg
○最後に白ワインを!!
d0352022_18182093.jpg
「Summerhouse Sauvignon Blanc 2016」
この、ニュージーランドのワイン、爽やかでエレガントな味わいはメチャ好みのタイプ。。。
売っているのを見かけたら箱買いしてしまいそう(笑)。
最後を締めくくるのにふさわしいワインだった。。。

そして、私たちの本当の〆は「鯛茶漬け」!!
d0352022_18182729.jpg
デザート。
d0352022_18183223.jpg
このブログでも何度もご紹介してきた通り、この一年間、本当に良く通ったお店だった。
スタンプカードも一杯になって賞品もゲット予定なのに(まだもらってない・笑)!!
何でも満杯にしたのは、私たちが2番目だか3番目だったそう。。。

まるでお友だちの家にお邪魔するように、カジュアル感覚で気兼ねなく美味しい物が食べられて、
好きなように飲める楽しい雰囲気のお店だった。
そんな此方がクローズしてしまうのは実に寂しい。。。
きっとまたいつか再開してくれる日をじっとおとなしく待つことにしよう。


1年間本当におつかれさまでした & これからも本店で頑張ってください!!
そしてごちそうさまでした☆☆☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は


※それより前の訪問記事は

※さらにそれより前の訪問記事は



●ファンクラブ
東京都千代田区神田神保町2-2-32
電話非公開
完全予約制
18時~23時頃まで
不定休
2017年5月「傳」の跡地にオープン



ファンクラブ割烹・小料理 / 神保町駅九段下駅竹橋駅
夜総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-06-16 22:03 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)