Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2018年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

草津ステイ4日目のお昼は前日、目星をつけておいたベーグル専門店の
「ラッキーベーグル」さんへ。
d0352022_18444888.jpg
草津バスターミナルからほど近い場所にある此方は、毎朝、国産小麦粉、
きび糖などの身体に優しいもののみを使って焼き上げるというお店だ。
テイクアウトだけでなく、イートインもできるのが嬉しい。

ゆったりとした店内は店主の方の思いが詰まったこだわりの空間。
d0352022_18454466.jpg
d0352022_18462023.jpg
d0352022_18462994.jpg
店内には海外の旅行ガイドなども含めて様々な本がおかれている。
草津にあるのがもったいないようなオシャレなお店だ。

注文は前日から目をつけておいた「アボカドサーモンクリームチーズ」
15時までのランチセットでお願いする。
野菜スープとポテトチップがついて800円。ちなみに単品だと650円となる。

ベーグルはプレーンかエンドウ豆のベーグルが選べるので前者をセレクト。
かわいいベーグルセットが登場した。
d0352022_18450987.jpg
d0352022_18451971.jpg
断面はこんな感じ。
d0352022_18583322.jpg
アボカド、クリームチーズ、レタス、トマト、キュウリ、サーモンと
具だくさんの素材がモチモチとした食感のベーグルにサンドされている。
楊枝が刺さっているので、崩れにくいはずなのだけれど、具だくさん
すぎるからだろう。トマトとキュウリがちょっとずれるのだけれど
やはり美味しい!!

ここのところ、ずっと和食ばかりでお洒落感のあるベーグルなどには
無縁の生活を送っていたので、なおさら美味しさが身にしみる。
しかも草津価格というか、東京で食べるベーグルに比べるとお安い。
こんな良心的なお値段で作れるのね!!という印象。。。

「ベーグル=お高いもの」というイメージが少し崩れた(笑)。


メニューはこのような感じ。。。
d0352022_18455120.jpg
ドリンク類は400円前後だったろうか。。。
売り切れ仕舞いとなるらしいが、バスターミナルで時間があるときには
此方まで足を伸ばしてみるのもまた楽しい時間だろう。
ごちそうさまでした☆


●ラッキー ベーグル (Lucky Bagel)
群馬県吾妻郡草津町草津19-15
0279-82-1004
8:00~17:00
※ベーグル無くなり次第営業終了。
木曜休
※草津温泉バスターミナルより徒歩3分

ラッキー ベーグルレストラン(その他) / 草津町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-05-31 19:21 | グルメ・群馬 | Trackback | Comments(0)
湯治@草津温泉 4日目。
朝食はししゃも。なめこ汁が美味しい。
d0352022_06550726.jpg
此方は前日の夕食。
d0352022_06545003.jpg
鰹のカルパッチョが美味しかった。


この日も宿にこもって仕事。まぁ、温泉には入るのだけれど。。。

お十時にはシュークリームとコーヒー。
d0352022_06552455.jpg
此方はスーパーもくべえのすぐ近くにある酒屋兼パン屋さんの
「きんか堂」で購入したもの。150円でカスタードがみっしりと詰まっている。


お昼にはふと思い立って、湯畑のすぐ横にある公衆浴場「白旗の湯」
出かけてみることにした。
雨の中、傘を差して歩いて行くと、この日の湯畑周辺はとても空いている。
ウィークデー&雨ということもあるのだろう。

さて「白旗の湯」へ。
d0352022_06554465.jpg
d0352022_06503931.jpg
d0352022_06553536.jpg
宿の女将さんによると、アトピーにとても効く温泉なのだそうだ。
そして草津温泉で最もお湯の温度が高いことで有名な温泉でもある。
草津のお湯はただでさえ熱く、「湯もみ」という独自の文化が生まれた
訳だが、その源泉の一つともいわれる此方のお湯は実に熱い。

公衆浴場ということもあり、入り口を入ると脱衣場があって、そのままドアも
なく、湯船に直結している。
湯船は二つ。手前の方が熱いということで、少しはぬるいと教わった奥の湯船へ。
カランもなく、湯船のお湯でかけ湯をすると、それだけで飛び上がりそうになる。
さて湯船へ。。。足を入れただけで引っ込める(笑)。
地元のおばさん方に教わりながら少しずつ出たり、入ったりを繰り返す訳だが
どんなに頑張っても20秒が限度!!
水をかぶりたいと思ってもカランはない。
おばさんたちは皆、ペットボトルの水を飲み、休みながら入っていた。


20〜30回ぐらいかけ湯をして、身体を慣れさせ、頭にタオルをのせてそこからも
湯をかぶり、そして入るのがポイントだそう。。。まぁ、女性の場合はそれは
難しいのだけれど。。。

手のひらをお湯から出して入ると少しは耐えられるとか、できるだけ動かないで
じっとしているなどとネットには紹介されているが、全然効き目はなかった(笑)。
ちなみに温度計が入っているのだけれど、熱い方が50度弱、
ぬるい方でも47度もあったのだそう。。。
普段43度でのんびりとお風呂に入っている私にとっては、まるで「罰ゲーム」
のような「熱湯チャレンジ」だった(笑)。

此方はブクブクと沸いている白旗温泉の源泉。
d0352022_06543970.jpg
落ちたら熱そう(汗)。。。
d0352022_06542659.jpg
本来であれば3分浴が理想らしいのだけれど、とても無理。まぁ、出たり入ったりで
3分はクリアできたと思う。忙しかった。
この後、だいぶ足がピリピリしていた。

が、涼しい顔で浸かっている人もいる。なんでもここのお湯に入ると
アトピーがとても良くなるのだとか。。。彼女はトータルで1時間ぐらい入って
いたのだそう(驚)。私はまだまだ修行が足りない(汗)。。。
が、この日は夜まで足がピリピリしていた。
少しMだけれど、草津滞在中に何度かチャレンジしてみようと思う。。


by forestkoro1015 | 2018-05-31 07:39 | 旅行・群馬 | Trackback | Comments(0)
草津温泉二日目のお昼。
道の駅→草津熱帯園と歩き回ったのでノドも乾いたし、お腹も空いた。
という訳でお昼はお蕎麦。

湯畑から西の河原公園方面に向かう土産店通りに控えめに佇む
「蕎麦かない」をめざしてみることにした。
温泉饅頭の少々強引な試食販売をしているお店の隣の二階にあるお店だ。
鮮やかなグリーンの暖簾が目印となるだろう。
d0352022_16545694.jpg
アプローチ奥の右側に2階に上がる階段がある。
d0352022_16544930.jpg
落ち着いた雰囲気の店内には黒いテーブル席が並んでいる。

暑くてノドがカラカラなのでお昼なのに「とりビー」(650円)。
d0352022_16535086.jpg
サービスで自家製お漬物がつく。
d0352022_16535808.jpg
生姜が特に美味しい♪

「くるみだれ蕎麦」などというユニークなメニューもあったが、
オーダーは「きのこおろし天せいろ」(1,200円)。
d0352022_16541134.jpg

お蕎麦はのどごしの良い細うち。
d0352022_16544021.jpg
もっと田舎風のごっつい感じのお蕎麦を想像していたのだけれど、
見た通り、上品かつ爽やかで清冽な感じのお蕎麦だ。
ボリュームもたっぷり!!
 
そのままツユで、きのこおろしにツユをかけてと、様々な食べ方で
食べられるのが楽しい。
d0352022_16541940.jpg
天ぷらはにんじん、たけのこ、舞茸、そしてこの葉っぱはタラの芽かな?
いずれもさっくりとライトに揚がっている。
d0352022_16543078.jpg
そばつゆとは別に天つゆが用意されるのが嬉しい。


てんこ盛りのお蕎麦を天ぷらときのこおろしでガッツリといただいて
ごちそうさま。お昼からビールをいただいてすっかり良い気分になってしまった。
この界隈には蕎麦店がたくさんあるが、細打ちのお蕎麦がお好きな方には
此方もオススメしたい。
ごちそうさまでした☆



●蕎麦かない
群馬県吾妻郡草津町草津497-1 2F
0279-88-3301
11:00~17:00(そば終了まで)
火曜休
※草津湯畑から西の河原公園方面へ歩いて5分程度
https://twitter.com/ssobaya
2015年10月オープン

蕎麦かないそば(蕎麦) / 草津町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-05-30 17:43 | グルメ・群馬 | Trackback | Comments(0)
湯治@草津温泉 3日目。
朝食は鰺。
d0352022_09194728.jpg
ちなみにこちらは前日の夕食。
とんかつだった。
d0352022_09193115.jpg
此方のお宿ではすべて部屋食となる。
湯治宿ということで身体の不自由な方も宿泊されていることもあるのだろう。
お茶とポットの他、お醤油とソースはお部屋にセットされている。
ソースたっぷり!
d0352022_09193990.jpg
仕事に関するメールと電話が入ってきて、急遽、仕事中心の日となる。
そんな訳で散歩がてらお昼の買い出しに。。。

お宿から徒歩7分ぐらいの場所にある「スーパーもくべえ」。
d0352022_09195317.jpg
日用品も数多く取り扱っている。

ワンブロック先にある「スーパー大津」。
d0352022_09200135.jpg
うしろにそびえるのはバブル時代のマンション・アルカディア。
この界隈にはマンションが数多くあって、皆、バブル時代の名残のものだが
中古が250〜400万ぐらいで売られている。中には60万という格安物件も!
一軒家よりもマンションの方がいたみにくいと聞くが、どうなのだろう?

スーパー大津の近くにオシャレなベーグル屋さん発見!!
d0352022_09200929.jpg
イートインもできるらしいので、近日中に食べにこよう。

そのまま歩いて草津バスターミナルへ。。。
d0352022_09202480.jpg
此方はその前にある花豆の専門店。
d0352022_09201654.jpg
この界隈は花豆の名産地で、その甘納豆や最中があれこれ売られている。
煮ると美味しい花インゲン豆は好物の一つだ。

バスターミナルの中を少し見学。
d0352022_09203188.jpg
新宿まで直行で3時間半強のJR高速バスは荷物がそんなにない時には便利だ。
たしか片道3,200円ぐらいだったかな。
渋谷まで直行便が出ていたのとはしらなかった。

反対側からみたところ。
d0352022_09204721.jpg
手前は草津市内循環バス。一回100円でいろいろなコースがあるが
よく調べて乗らないと結構待たされる。

バスターミナル前にあるローソン。なぜか茶色い。
d0352022_09203962.jpg
そういえば、湯畑前にあるセブンイレブンも茶色かった。
d0352022_09190680.jpg
街による景観条例でもあるのだろうか。。。

さて宿へ戻って仕事。。。
ちなみにこの日のお昼はこんな感じ(笑)。
d0352022_09205757.jpg
マグロのお刺身が結構当たり!!このお値段が信じられないぐらいだ。
ちょっとだけお酒を飲んでしまった(お昼なのに・笑)。


宿には共用コーナーにレンジとオーブントースターは常備されているが、
ガスが使えないので少し不便かな。
割り箸、コーヒー、紅茶、からしなどはスーパーで調達。
マグカップを持ってくれば良かったかな。
用意は完璧だと思っていたけれど、結構、ヌケがある。

あと、この界隈はフルーツが採れないのか、あまり売っていない。
スーパーに行けばあるけれど。。。
オレンジとトマトジュースを持ってきて正解だった。


そろそろワインが恋しくなってきた(笑)。。。




by forestkoro1015 | 2018-05-30 10:10 | 旅行・群馬 | Trackback | Comments(0)
湯治@草津温泉 2日目。
なんでこんなによく眠れるのだろう。
仕事をしていると眠たくなってそのままお昼寝。
ご飯を食べると眠くなってそのままうたた寝。
温泉の効能なのだろうか。。。

さて二日目。
草津の街をあちこちと探検してみる。
まずは少し離れた場所にある「道の駅」へ。
草津温泉を発見したドイツの医者ベルツの記念館があるぐらいで
道の駅としては少々地味目。
群生しているつつじがとてもキレイだった。
d0352022_08464164.jpg
近くにあったベンチ。よく見るとスキー板の廃品利用。。。
d0352022_08464997.jpg

そのまま歩いて「草津熱帯園」へ。
d0352022_08485652.jpg
草津の温泉の熱を利用した大ドームの中には熱帯に住む動物たちが
数多く暮らしている。
入場料1,000円は少し高いかなと思ったけれど、展示方法に様々な工夫もあって
結構楽しい。

かめのもぐもぐタイム。
d0352022_08465569.jpg
餌をもった飼育員のお姉さんの後をものすごいスピードで追いかけてくる。
d0352022_08471114.jpg
爬虫類もこうやって見ると結構かわいい。
d0352022_08470623.jpg
d0352022_08470085.jpg
それぞれにアルバートなどと洋風な名前がついている。

金色のへび。。。御利益ありそう!
d0352022_08472858.jpg
カピバラさんは少し前に赤ちゃんが5頭も生まれたのだそうだ。
そのうちの一頭と思ったら、かわいそうに4頭がなくなり、
お母さんが育児放棄してしまったため、
残った最後の一頭はおばあちゃんが面倒をみているのだそう。。。
d0352022_08471790.jpg
これは知らなかった!
d0352022_08473210.jpg
あっぷ。触ってみた!!
d0352022_08474661.jpg
お尻は無理だったけれど、結構、ゴワゴワしていた。

この姿がやはりよく似合う。
「湯」の暖簾がかかっていた。さすが草津!!
d0352022_08483248.jpg
一つ100円で餌があげられる。
d0352022_08484144.jpg
これは親だけど、小さいかぴちゃんもキャベツをバクバク食べていた。

これは朝、けんかしていたとかで隔離されていたかぴちやん。
親子げんかと書かれていたので、もしかしてママかも。。。
餌がもらえなくて顔が必死(笑)。
d0352022_08475247.jpg
ミニブタの女の子。
d0352022_08472238.jpg
この子も餌がほしくて網にすり寄ってくる(笑)。

無事にもらえたよう。。。
d0352022_08485138.jpg
せつなげな表情のピグミーモンキー。
d0352022_08484753.jpg
ドームの中は迷路のようになっていて、同じカピバラや亀などでも上から見たり、
正面から眺められるのがよい。童心にかえって楽しんでしまった。
ドクターフィッシュや猿山、うさぎとふれあえるコーナーもある。
混み合う湯畑周辺よりもおすすめかも。。。


この後は植物園のマイクロバスに送ってもらって湯畑へ。。。
さすがにウィークデーだけあって、人は前日よりだいぶ少ない。
前日、下から眺めた「草津山 光泉寺」
d0352022_08462743.jpg
d0352022_08490191.jpg
階段は急だが、湯畑が一望できる絶景ポイントだ。
d0352022_08490681.jpg
さてお昼は何を食べよう?



●草津熱帯園
群馬県吾妻郡草津町草津 MAP
0279-88-3271
公開:8:30~17:30
休業:年中無休


by forestkoro1015 | 2018-05-29 09:54 | 旅行・群馬 | Trackback | Comments(0)
昨日から草津温泉に滞在している。
このところアトピーが急激に悪化していて、とにかくかゆい。
検索をかけてみると草津に湯治宿があるとのこと。。。
そんな訳で車に一升瓶と食料品を積んでやってきた次第(呆)。

草津の湯は「恋の病」以外何にでも効くそうだが、
高温で湯質が強いため、あまり入りすぎると湯あたりやのぼせ、
アトピーにいたっては悪化することもあるのだそう。。。
かけ湯をしつこくして三分ぐらい湯につかり、汗をかくのがよいのだそうだ。
3回浴といわれ、朝・昼・晩と3回入るのがよいのだという。


東京から二時間ちょい。。。
荷物をおいて早速草津観光に出かける。
実は草津ははじめて。昨秋、デビューするはずだったのが
母が突然入院してドタキャンになってしまった。
あの時はアトピーはそんなにひどくなかったのだけれど。。。

まずは湯畑。。。
d0352022_09415326.jpg
d0352022_09420279.jpg
d0352022_09421129.jpg
d0352022_09421908.jpg
d0352022_09422990.jpg
逆側から。
d0352022_09501864.jpg
日曜ということもあって結構、人は多い。
「湯もみ踊り」などは入場するために人が並んでいる。
一日6回公演で一人600円とのこと。


町中に公衆浴場も多い。
無料のところと有料のところがある。
d0352022_09414481.jpg
d0352022_09424364.jpg
温泉まんじゅう屋さんもいろいろあるけれど、ここが一番の老舗かな。
松むら饅頭。
d0352022_09430549.jpg
レトロな郵便ポストがかわいい!
d0352022_09431644.jpg
お土産屋さんの店頭に黒白のペア猫が!
d0352022_09475768.jpg
少し歩いて「西の河原露天風呂」方面へ。
d0352022_09481622.jpg
d0352022_09482866.jpg
d0352022_09491228.jpg
d0352022_09494085.jpg
d0352022_09495005.jpg
一番奥の方に露天風呂がある。
d0352022_09484842.jpg
この日は入らないでまた湯畑方面へ。

そしておやつに温泉卵とビールセット(650円)。
d0352022_09495770.jpg
そういえば前日もホワイトアスパラガスをビスマルク風にして食べるのに
電子レンジで温泉卵を作ったのだった。

d0352022_09500683.jpg
納豆のようなタレをつけて食べる。

さらに湯畑横にあるお店で「たこ棒」なぞ。
d0352022_09503163.jpg
380円で熱くて結構おいしい。
d0352022_09511221.jpg
さて宿に帰って温泉に入ろう!!




by forestkoro1015 | 2018-05-28 10:48 | 旅行・群馬 | Trackback | Comments(0)

東京たわぁ。


この日は仕事で東京タワーを真ん前に臨む某オフィスで打ち合わせ。
東京プリンスの某バーで夜景の東京タワーを眺めながら
カクテルをいただくと結構お高いのだけれど、
あのオフィスだったら毎晩、ただで東京タワーを拝めるなー
などとせこい私は考えてしまったのだった(笑)。
あっ、テナント代はお高そうですが。。。


by forestkoro1015 | 2018-05-21 16:38 | お散歩 | Trackback | Comments(0)
お友だちと久しぶりの「コンヴィーヴィオ」さんで午餐会(訪問は3月下旬)。
d0352022_22421929.jpg
アパレル系のお洒落なお店が多いこの界隈は「ダガヤサンドウ」などと呼ばれ、
ここ最近、話題のニューショップが次々に登場している人気のエリアなのだそうだ。
そういえば、此方の「コンヴィーヴィオ」をはじめ、「傳」「フロリレージュ」
「sincere」など、巷で話題の美味しいお店が集中しているのもこのエリアだ。


3月にしては暖かかったこの日は千駄ヶ谷からアクセス。
途中、ビルの合間に桜の木が満開だったりして快適なお散歩日和だった。
(季節外れの話題にて失礼!)
d0352022_22502231.jpg
この日は(も)シュワシュワからのスタート(呆)。
d0352022_22401773.jpg
「Cesarini Sforza Brut」。トレンティーノのシャルドネを用いたドライでシャープな
スパークリングだ。


○アミューズ その1
d0352022_22402355.jpg
ラディッシュ(?)にルッコラのソースと桜のチップ。シャキシャキで美味!

○アミューズ その2
d0352022_22402877.jpg
玉ねぎとベーコンのカナッペと金柑。


とびきり笑顔の辻シェフ♪
d0352022_22403474.jpg
自らサーブしてくれるのは、スッポンのスープ!!
d0352022_22403960.jpg
当然、お肌はトゥルトゥルに(笑)。。。


○アミューズ その4
d0352022_22404591.jpg
久々に「ダガヤサンドウのお花畑」が登場!!
ミツバチが飛んできそうなほどバラエティに富んでいる。


○サワラと春野菜のサラダ仕立て
d0352022_22405084.jpg
羅臼のサワラをハニーキャベツのソースでいただく。海老やお野菜がふんだんにあしらった
絵画のような盛り付けは、見た目・お味共に鰆の風味を引き立てる。


○San Vincenzo Anselmi
d0352022_22405638.jpg
フレッシュでミネラル感たっぷりのヴェネト発の白。。。スッキリとした美味しさ♪

○仔牛のカツレツ コンビバーガー
d0352022_22410116.jpg
d0352022_22410602.jpg
d0352022_22411115.jpg
小さいけど、フカフカのパンズの中にボロネーズソースの美味しさが詰まったバーガー。
ミラノ風カツレツはもう一つ食べたかった(笑)。

○Venturini Baldini Rubino del Cerro
d0352022_22411711.jpg
エミリア・ロマーナ州のシュワシュワ系といったらランブルスコ!!
口当たり軽やかで美味しい!

○全粒粉のパンとフォカッチャ
d0352022_22412208.jpg
○自家製パスタ 玉ねぎとアンチョビのソース
d0352022_22412818.jpg
くるみのペーストをあしらった此方はヴェネトの伝統料理なのだそう。。。

○Cantine Carpentiere Primaluce Bombino Nero
d0352022_22413268.jpg
プーリア州のロゼ。濃い色調が特徴の品の良い味わい。。。


○Altare Trebbiano d'Abruzzo Marramiero 2014
d0352022_22413808.jpg
アブルッツォ州発の樽発酵が特徴的な熟成感のある白。カーチョ・エ・ペペにバッチリ!


○特別にお願いしたカーチョ・エ・ペペ
d0352022_22414340.jpg
いついただいても、鉄壁の美味しさ♪

○Brandini Barolo 2011
d0352022_22415010.jpg
ピエモンテの最高峰・バローロ。ドッシリとしてまろやかで完成度の高い美味しさ♪

○岩中豚さんの煮込み
d0352022_22415663.jpg
菜の花と大麦のソースが柔らかく煮込まれた豚さんととてもよく合う。

○桜のセミフレッド
d0352022_22420435.jpg
見た目も愛らしい季節をお皿に盛り込んだ一皿。色だけでなく、桜の香りもほんのりと。
最後まで美味しい!

○コーヒー
d0352022_22421405.jpg
どれも飲むのが惜しいぐらいにかわいい!!だけど、くまさんが一番(笑)!!
前回、「3Dじゃない!!」と騒いだら、今回は見事に「3D」に復活していた(嬉)。


美味しいお料理とワインに会話もも弾み、またまた最後の客になってしまっていた(汗)。
「ダガヤサンドウ」のお店はいずれもレベルが高い!!
この日も新宿で寄り道ショッピングをして大満足気分で帰ってきたのだった。
ごちそうさまでした☆

d0352022_22400882.jpg
d0352022_22401358.jpg
d0352022_22420987.jpg
d0352022_22422469.jpg
d0352022_22422822.jpg
※前回の訪問記事は

※前々回の訪問記事は

※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は




●Convivio (コンヴィーヴィオ)
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-17-12 カミムラビル 1F
(新宿区新宿3-20-6から移転)
050-5570-4441 (予約専用番号)
03-6434-7907 (お問い合わせ専用番号)
12:00~15:00(L.O.13:00) 、18:00~23:00(L.O.20:00)
日曜日、第2月曜日 休




Convivioイタリアン / 北参道駅千駄ケ谷駅原宿駅
昼総合点★★★★ 4.4


by forestkoro1015 | 2018-05-21 00:34 | グルメ・都内・イタリアン | Trackback | Comments(0)
今年も「こどもの日」の柏餅は、地元にある和菓子店「御菓子司 三陽」さんへ。
相変わらずモッチリとして美味しい柏餅は「こし餡」「つぶ餡」「味噌餡」ともに
一つ180円だ。しかもなかなか大きくて食べ応え感があるのが嬉しい。

d0352022_13285970.jpg
d0352022_13283929.jpg
そして忘れてならないのが、此方の麩まんじゅう(一つ180円・漉し餡・つぶ餡)だ。
d0352022_13284968.jpg
d0352022_13285351.jpg
柏餅と同じぐらいに大きくてズッシリとしたこの「麩まんじゅう」は、少し前のことだが、
2013年7月に雑誌an・anの「夏のお取り寄せ大賞」という企画で、堂々、満場一致の
「グランプリ」を獲得したお品なのだ。

冷たくてプルプル。水を含んだ紙に包まれた上で箱に梱包されている「麩まんじゅう」
見た感じも涼やかな印象。。。そしていただくと、上品で雅かな風味が口の中に広がっていく。
たしかに清涼感にあふれていて、「夏のおもたせ」にちょうど良い感じのお菓子だ。
大きさも関西のお土産や催事で売られている「麩まんじゅう」に比べると、
かなり大きめでお得感がある(笑)。しかも美味しいし!!
半分だけにしようと思っていたのに、美味しいので全部食べてしまった(汗)。


此方は上生菓子のアヤメとバラ(一つ250円)。
d0352022_13284432.jpg

近くにお越しの際には此方まで足を伸ばしてみるのも一考だろう。
ごちそうさまでした☆


※前回訪問時の記事は



●三陽 (さんよう)
東京都小金井市本町2-9-10
042-383-7400
9:00~21:00
月曜休
http://koganenosato.org/detail/shp/shp0297.html


三陽和菓子 / 武蔵小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2018-05-19 13:44 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)

#MeToo(私も)

「#MeToo」というハッシュタグが時代を映すキーワードとして世界中を駆け巡っている。
セクシュアルハラスメントや性的暴行・被害体験を告白・被害を告発し、被害の撲滅を
訴える役割も込められたハッシュタグという位置づけらしい。
d0352022_13212301.jpg
多くの女性が「#MeToo」のハッシュタグを使ってその被害撲滅に立ち向かっているのは
喜ばしいことだ。
今まではセクハラや痴漢などの性的被害に遭ったとしても、女性たちは黙って耐えるしかできなかった。
いや、そういう時代、風潮の世の中だったのだ。

高校に通う電車では、毎朝、知らない人に制服の上からお尻を撫で繰り回されて当たり前。
自分も含めて、友人たちは自己防衛策として、皆、安全ピンを手に通学していた。

大学生になると、「3人の男の人に逃げられないように取り囲まれて身体中をなで回された!」
「某ターミナル駅のホームで電車を待っていると、いくら(でやらせてくれる)?」
指を3本立てて「これぐらいでどう?」と追いかけ回されたなどと
友人たちの話はさらにすごい展開を見せる。
が、誰に相談できるでもなく、皆、悔しい思いを胸にしまい込むしかなかった。


下品でいやらしいヤツは電車内だけでなく、どこにでも転がっている。
例えば小学6年の時の担任(♂)。
今、考えるとただの変態だったと思うのだけど、身体検査の時には「女子も上半身裸!」を
必要以上に強調。女子も男子同様に教室でパンツ一丁になり、まるでソドムの市の奴隷のように
一列になって身体検査室まで校内を歩かされるのだった。。。
今、思うと、いや、当時でもありえない話だ。小学6年といえば胸も大きくなりかけている。

たしか身体検査の前の晩だっただろうか。母に「明日はとてもイヤな日だ!」と
話したところ、本人よりも母の方が大激怒!!
クラスメートの母親に電話をかけまくり、結果「上半身も下着をつけたままで」
身体検査が受けられることとなった。
「下着つけて計測しても500グラムも変わるわけではない!!」と主張した
母の勇気に当時は感服したものだが、あの時の担任のつまらなそうな顔は今でも忘れられない。


学校の先生に対しては反抗できないし、性的被害について日本の女子たちはなかなか
声を大にして言い出せないものだ。

かくいう私もはじめて痴漢に遭遇したのは小学2年生の時のことだった。
家族とどこかへ出かけた帰り道、電車の中でその痴漢は私の下半身をなで回し、
挙げ句に下着の中に手を入れてきたのだ。
「この人は一体、何をするつもりなのだろう?」・・・
父も母もすぐ近く(ほとんど隣)にいるのに「助けて!」と声を出すこともできず、
恐怖に震えていた。いや、最大限の抵抗策として爪を立てて相手の手を払いのけたのだけど。

最寄り駅で降りて「パンツの中に手を突っ込まれた!!」と報告したところ
「なんですぐに大声を出して騒がないの?」とメチャクチャに怒られたものの
とても大声を出せる状況ではなかった。


そのような小さい頃の恐怖体験もあるのだろう。
日本の女性たちはセクハラや性的暴行・被害に対して口をつぐみがちだ。
声を大にして騒ぐことはよろしくないという独自の風潮が根づいていたためだろうか。
クライアントのおじさんに挨拶代わりに抱きしめられ、頬ずりされても我慢をするし(ここは日本だ!)
「いいお尻してるね!」とお尻をなで回されても笑って済ませた。

別のクライアント主催のヌード撮影会(もちろん裏方スタッフとして)に
かり出されたこともある。「担当だから」「仕事だから」と上司は主張したが、
そういう問題ではないと思う。

数え上げればキリがないほどの様々なセクハラのシーンに遭遇してきたが、
「誰も守ってくれない」「自分のことは自分で守るしかない」。。。そんなことも含めて
セクハラの場面ではどんなときも笑って済ませる術を身につけていった。
いや、日本という国においては、時代がそのような風潮だったと思う。


「セクハラ罪という犯罪はない!」などとどこかの国の頭の悪い副大臣が言い放ったが、
それは男性側の意見であって、女性にとってみれば時代錯誤も甚だしい話だ。
しかも、そんなことを堂々と閣議決定する日本は、世界から見ればまだまだ後進国と
言わざるを得ないだろう。


伊藤詩織さんの性的暴行事件はあまりにも痛ましすぎるが、あの事件を機に、
今、少しずつでも声を上げる人が増えてきたことは、女性にとっては喜ばしいことだ。
詩織さんのような被害女性をなくすためにも、一人ひとりの女性が立ち上がり、
イヤなこと、不快なこと、やめてほしいことには声を大にして「NO」を突きつける。
それが少しずつでも性的暴行や被害の撲滅につながっていくのならば
とても大切なことだと思う。


電車の中で痴漢被害に遭う子や被害に遭ったとしても声をだすことができない
女の子たちが一人でも減るように、そんな風潮の世の中を創り出していきたいものだ。



※写真は我が家の庭に1本だけ咲いたバラ。

by forestkoro1015 | 2018-05-19 13:22 | 雑感 | Trackback | Comments(0)