Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

所用ついでに目白・椿山荘に出かけてきたのは柔らかな秋の陽射しが心地よい10月下旬のこと。。。
美しい庭園が自慢のこのホテルは「フォーシーズンズホテル」と業務提携していたことでも有名ですよね。
友人の結婚披露宴に何度か招かれたような。。。庭園での記念撮影大会がすごかった記憶があります。
d0352022_00242961.jpg
d0352022_00242191.jpg
ロビーからの景色も都心の真ん中とは思えないほどグリーンが多くて圧倒されます。
この日はメインダイニングの「イル・テアトロ」さんでランチを楽しもうということで訪れました。
d0352022_00252470.jpg
ふかふかの絨毯が敷き詰められたロビーからは↑のような美しい景色が楽しめます。
d0352022_00254448.jpg
予約名を告げてお席へ。。。
d0352022_00251007.jpg
d0352022_00255385.jpg
お庭の景色が眺められる特等席=窓際席でした(嬉)。
d0352022_00243623.jpg
セッティングもおしゃれですね。。。
d0352022_00244285.jpg
この日は「秋のスペシャル:CONCERTO〜コンチェルト〜」をお願いしておきました。
「スパークリングワイン付」(6,850円)のコースです。この日は車だったのですが、嬉しいことに「ノンアルコールのスパークリング」が用意されています。
このようなサービスは嬉しいですね。

d0352022_00244652.jpg
アミューズは軽く温められたキッシュ。「もう少し食べたい!」と思えるほどの小さなサイズですが、バターの風味がたっぷりで濃厚。
食欲中枢を刺激します。

d0352022_00245249.jpg
すべて自家製のパン。オリーブオイルでいただくのですが、グリッシーニをはじめとしていずれも味わい深くて美味しい!

d0352022_00245649.jpg
前菜2種盛り合わせは、湯葉で巻いたアボカドとサーモンのカネロニ、カラブリア風牛肉と豚肉のソプレッサータと秋を感じる付け合わせ、ジロールマリネ、
トリュフクリーム、トンナートソース
当日、一番感動した一皿。サーモンもお肉も、そして香り高いソースもすべてが完成度が高い美味しさ。思わず白ワインがいただきたくなりました(笑)。

d0352022_00245983.jpg
この日のパスタは、自家製キターラとフレッシュポルチーニ茸 素材を活かしたシンプルなガーリックとオリーブオイルのアーリオ・オリオソースで。
旬の素材の「フレッシュ・ポルチーニ茸」をふんだんにあしらい、上品に仕上げたひと皿。この季節ならではの美味しさを満喫しました。

d0352022_00250464.jpg
メインは牛サーロインのグリリアータ 朴葉味噌のアクセント 秋が旬の彩り野菜添え
朴葉味噌で「和テイスト」を演出したかったのでしょうか。変わったアレンジで面白いのですが、ちょっとお醤油風味(?)が強いかなぁ。
そしてオージービーフはちと噛み応えがありましたです(汗)。ボリューム的にはちょぅど良かったですが、この日の「?」でした。

d0352022_00251730.jpg
そして此方のウリの一つでもある「イル・テアトロ特製 デザートワゴン」です。
ワゴンの上には30〜40種類ぐらいのドルチェが色々と揃っていて目移りしてしまうほど(笑)。ついつい欲張ってお願いしすぎてしまいます(汗)。
5つ頼んだはずなのですが、一つ忘れられてしまったらしく(ショックーーーっ!!)。
しかしすべてショコラ系で統一されている(気づいたらこのようになっていました・汗)のがすごいかも(汗)。
ティラミスが濃厚ビターでかなり好みの感じでした。左上の四角いミニケーキも美味しかったです!!

d0352022_00251463.jpg
此方は連れのチョイス。「マロンのアイスクリーム」が絶品だったそうです(一口食べてみたかったです・汗)。
味見させてもらった「いちじくのゼリー」は甘さ控えめの爽やかテイスト。これだったら何個でも食べられそうです(笑)。

d0352022_00252014.jpg
最後にカプチーノをいただいて〆。熱い上にホワホワで美味しかったです♪

このお値段(スパークリングなしのプランだと5,500円、サービス料10%別途)でこの内容であれば、かなり満足度は高いのではないでしょうか?
何よりも「椿山荘」という歴史のある重厚な空間と、窓からの美しい景色、そして上質でこなれたサービスは、非日常の居心地の良さを演出してくれます。

このプラン以外にも色々と選べるプランが各種設定されているらしいので、女子会やマダム会にオススメかしらん。。。
季節ごとに是非また再訪してみたいお店です。ごちそうさまでした☆



●イル・テアトロ (IL TEATRO)
東京都文京区関口2-10-8 ホテル椿山荘東京 3F
050-5589-7179 (予約専用番号)
03-3943-6936 (お問い合わせ専用番号)
6:30~11:00(L.O)
12:00~14:30(L.O)
17:30~21:00(L.O)
無休
http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/ilteatro/



by forestkoro1015 | 2015-10-25 00:22 | グルメ・都内・イタリアン | Trackback | Comments(0)

済州グランドホテルのほど近くにある済州ユッケジャンの店
ハングル語(韓国語)は読めないし、意味もよくわからないが、
店名の「ヘジャンクッ」とは「酔い覚ましのスープ」という意味を持つらしい。


日記欄(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/diarydtl/132744/)でもご紹介した通り、
このシルバーウィークは成田から2時間20分の韓国・済州島(チェジュ島)へ。。。
ほとんどキムチと唐辛子漬け(爆)の日々の中で、此方は二日目にチャーターした
タクシーの運転手さん(日本語が話せる)のオススメ店の一つだ。
この界隈にはすぐ近くに有名な「家品ユッケジャン」もあり、双方オススメとのこと。
両方とも24時間営業で、すきなだけ卵(無料)を入れられるのも一緒だけれど
今回は地元の方々(?)で賑わっていた此方へ。。。


メニューはあまり多くないが、日本語のメニューが用意されている。
「牛肉入りユッケジャン」(6,500w:約600円)と「 スンドゥブチゲ」(5,500w:約520円)、
ライスをお願いし、この夜は「とりビー」と「マッコリ」で攻めてみることにした。
d0352022_00323267.jpeg

d0352022_00322727.jpeg
どこのお店も共通なのだけれど、前菜として自家製(たぶん)の「キムチ」「カクテキ」
薬味としてメチャクチャに辛い「青唐辛子」「すりおろしにんにく」などがセットされる。
マッコリを飲むのは、あちら式に金属製の容器。このマッコリはコンビニ等でも売られているが
ちょっと甘みが強い感じだ。キムチとカクテキはそれまで食べ歩いた中で一番味が良かった。


そしてグツグツ状態で「牛肉入りユッケジャン」「スンドゥブチゲ」が運ばれてくる。
だいぶ慣れてきたけれど、写真を見るとあの夜の「独特の辛さ」が甦ってくる(爆)。
d0352022_00322149.jpeg
普段からあまり韓国料理を食べない私は機先を制して「スンドゥブチゲ」を選んだのだけれど、
「ユッケジャン」を選んだ連れはなんだか神妙な顔をしてスープを啜っている。
そして「肉もたべてみれば?」と大きな塊を器に入れてくれる。
「◯★△×□◎◆・・・」。。。何とも言えない不思議な味が口の中に広がっていく。。。
お肉というよりも柔らかいソーセージのようなものを食べている食感。。。
生臭さはないが、ほろ苦いようなビターさが辛味の中にわずかに感じられる。
内臓系というよりももっと柔らかい感じだ。
d0352022_00321300.jpeg
これこそが「ソンジ」と呼ばれる、新鮮な牛の血(!)に塩と水を混ぜ合わせ、
味噌を加えて臭味を消したお品なのだそうだ(爆)。一見、レバーかと思ったのだけれど、
まさか牛の血のかまぼこだったなんてーーっ(滝汗)。。。
チェジュ(韓国)の人たちは二日酔いの朝にはこの「ソンジ」入りのヘジャンクッを食べて
元気を取り戻すのだそうだ(爆)。さすが24時間営業の店舗だけのことはある。
が、チェジュ(韓国)に生まれなくて良かった(笑)。


この「ソンジ」以外は(いや、ソンジもそれなりに地元の美味なのだけれど・笑)、
お野菜やお肉(たぶん牛のスネ肉)もたっぷりと入り、滋養強壮に良さそうなお味
卓上に置かれた無料卵をお好みに応じて何個か割り入れていただくと、辛かった
ユッケジャンのお味は少しずつまろやかになって食べやすくなっていく。。。
一方の「スンドゥブチゲ」は辛味の中にまろやかさがあって、日本人には食べやすいお味。
が、「ソンジ」を一度味わってしまうと、なんだか物足りなさを覚えるから不思議だ(笑)。

d0352022_00323537.jpeg
卓上には卵があり、入れ放題です。入れるとお味がまろやかになります♪
d0352022_00323900.jpeg
チェジュ(韓国)の人たちは、皆、エネルギッシュだ。とんでもなく辛い青唐辛子を
ガンガン千切って鍋に落とし、お代わり自由のキムチやカクテキをモリモリ食べている。
タクシーの運転手さんも妙にエネルギッシュだったけれど、お肉の内臓系を「生」で
モリモリ食べる(この場合、コチュジャンは必須アイテムだそう!)のが「元気の秘訣」
なのだそうだ(驚)。お肉というからチェジュ名物の「黒豚」かと思って聞いていたら
「黒豚」は値段が高いから、「馬」を食べるとのこと(驚)。なんでも次の休暇には
友人家族18人で「馬パーティー」(馬一頭を〆て骨まで味わう!)を開催するのだと
鼻を膨らませていた(滝汗)。まぁ、日本でもサクラ肉は食べるのだけれど(汗)。
チェジュの美しい田園風景の中で静かに草を食む馬たちを眺めて、なんだかちょっと
気の毒になってしまった。。。


チェジュ島でB級グルメを楽しんでみたい方にはオススメ!!
あまり韓国料理を食べ慣れていない方は「スンドゥブチゲ」の方が正解かなぁ。。。
ごちそうさまでした☆



※2015年9月下旬訪問。





●モイセヘジャンクッ本店
韓国済州特別自治道 済州市 老衡洞 934
※済州グランドホテルから徒歩8分(家品ユッケジャンの近く)。
24時間営業時
定休日:旧正月・秋夕(チュソク)の連休


by forestkoro1015 | 2015-10-09 20:30 | 1509・チェジュ島 | Trackback | Comments(0)

※食べログからの転載分です。



【初秋の信州ドライブツアー vol.2】


黒部ダム(長野側)への登山の拠点となる信濃大町にある蕎麦店が此方の「野の花」だ。
すぐ近く(でもないかな?)に黒部ダム登山(長野側)への最後のコンビニがある。
d0352022_14250546.jpeg


「無言館」@上田でゆっくりしすぎてしまい、雨がそぼ降る暗い国道を信濃大町へ。
売り切れじまいや夕方閉店の蕎麦店が多い中で、17時から夜の営業をしているのが此方。
皆さまの評価を参考に訪問してみることに。。。

d0352022_14245626.jpeg

d0352022_14245363.jpeg
d0352022_14250399.jpeg
大きな窓の外には信濃大町の田園風景が広がるなかなか小洒落たお店だ。
小上がり席もあるけれどテーブル席へ。
d0352022_14244926.jpeg
冷たい蕎麦茶とお通しの胡瓜のお漬物が嬉しい。
「たけのこ汁」「わらびのおひたし」等、酒飲みのハートを刺激するお品が色々。。。
悔しいので「わらびのおひたし」「うとぶきのおひたし」(各300円)、
さらに「天ぷら盛り合わせ」(たしか850円程度)をお願いする(お茶で・笑)。

d0352022_14243694.jpeg

「うとぶき」(写真左側)とは「うど」「ふき」のちょうど中間のような山菜で、
「ヨブスマソウ」という名前でも呼ばれているのだそう。
はじめていただいたのだけれど、ちょっとほろ苦いような不思議な「山の恵みの味」がした。
d0352022_14242449.jpeg
「天ぷら盛り合わせ」
の前に、「鴨ざる」(1,200円)が運ばれてくる。
d0352022_14242906.jpeg
エッジが立った二八のお蕎麦は「大盛り?」と思うぐらいにたっぷりとしている。
鴨がたっぷりと入った鴨汁も熱々で美味。が、瑞々しいフレッシュなお蕎麦の前には
美味しい鴨汁も凡庸に思えてしまうほどだ。

d0352022_14243262.jpeg
「天ぷら盛り合わせ」は、大きな海老の他、キス、かぼちゃ、なす、舞茸、ししとうなど。
此方も熱々に揚がっていて美味しい。

d0352022_14243975.jpeg
山菜そば(850円)。
温かいお蕎麦も味見してみたけれど、冷たいお蕎麦の方が、蕎麦本来の旨みを感じられる分、
より美味しさが味わえるような気がした。

d0352022_14244378.jpeg
天ざる・大盛り。


途中から店主の方(たぶん)が厨房から店の方に出てきて、水らしきものを飲みながら
常連客と話しをしている。
「そろそろシルバーウイークだろう。混んで大変だねぇ!」という常連客に対して
「最近の日本人は休みすぎだよなぁ。。。」と楽しい返答をしていたご主人。。。
どうもあのコップの水は「お米の水」ではなかったかと、うらやましい邪推を少々(笑)。


この界隈はお蕎麦の美味しいお店が多いらしいのだけれど、黒部ダム(長野側から)に
アクセスする際には此方も覚えておいて損はないお店だと思う。
美味しいお蕎麦を食べて大満足!!
この後は対向車もほとんどいない真っ暗な道を通って今宵の宿へと向かったのだった。。。
ごちそうさまでした☆



※15年9月中旬訪問。



●野の花
長野県大町市平8000-501
0261-23-3684
11:00~15:00
17:00~20:00
水曜休
駐車場有


by forestkoro1015 | 2015-10-02 21:10 | グルメ・長野 | Trackback | Comments(0)