Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:グルメ・小金井( 48 )

山梨発の菓子メーカーというと、「信玄餅」で有名な笛吹市の「桔梗屋」を連想してしまうが、
甲府発の菓子メーカーが、首都圏を中心に500店舗以上をFC展開する「シャトレーゼ」だ。
その取扱品は、各種洋菓子、和菓子、アイスクリームなどの菓子類だけでなく、
ワイン(自社ワイナリーを有しているそう)、冷凍ピザなどの食品類、
さらにはゴルフ場経営やホテル経営にもおよぶのだそうだ。


あちこちで見かける「シャトレーゼ」がそんなに大きな企業とはしらなかった(汗)。
地元に「シャトレーゼ 梶野町店」がオープンしたのは今から10年ほど前だったろうか。。。
東小金井と武蔵境のちょうど中間地点にあるお店は店舗としては小さめ。
品物は豊富に揃っているが、こんな場所でやっていけるのだろうか。。。
という余計な心配とは裏腹に、駐車場にはいつも車が駐まっている密かな人気店だ。


オープン仕立ての頃、アイスクリームやらお菓子やらを色々購入して
「お安いけれど、全部同じ味!」(笑)であることに閉口して以来、
足が遠のいていたのだけれど、どうしてもケーキが食べたくて、
先日、久しぶりに寄り道。。。


おそるおそるいくつのケーキと草餅、お饅頭を購入してみた。
まず、そのお値段にビックリ!!1,300円でお釣りが来た(驚)。
d0352022_13154823.jpg
d0352022_13155334.jpg


○特選よもぎ香る草餅(3個入りで324円)
d0352022_13161208.jpg
「特選」という通り、ヨモギの香りが芳ばしい草餅。あんこがもう少し美味しいと嬉しい
のだけれど、このお値段なら致し方ない。結構、ヨモギ感は楽しめたので良いことにしよう。


○しっとりスフレチーズケーキ(216円)
d0352022_13155823.jpg
ケーキ類の中で一番売れていたのが此方。「売れ筋なら間違いないだろう!」ということで
チョイス。そんなに期待していなかったのだけれど、このチーズケーキが結構いける。
ふわっと柔らかくて、それでいてチーズの風味たっぷりで家族にも好評だった。
これならリピートはありかも!!何よりも216円というお値段が嬉しい!!


○濃厚ベイクドチーズケーキ(298円)

d0352022_13160242.jpg
しっとりスフレチーズケーキよりもさらにチーズ感がたっぷり!!多少、カロリーは感じるが
甘さ控えめの美味しいチーズケーキだ。コーヒーといただくと美味しさが増す(ような気がする)。
チーズ感が強い分、いささかお高くなるが、このお値段なら許容範囲内。。。


○スペシャル苺ショート(324円)
d0352022_13160843.jpg
生クリームがまったりとして少し重たく感じる(やや甘みが強い)が、ショートケーキと
しては悪くないお味。いわゆるお子様に喜ばれそうなテイストが特徴だろうか。
が、個人的にはチーズケーキ系の方が好み。。。



ケーキ類の購入は此方では初めてだったが、シャトレーゼのケーキたちも時代と共に
進化を遂げているらしい。いやー、知らなかった(汗)。
もちろん、もっとお金を払えば、美味しいケーキは多々あるけれど、この価格帯のケーキ
としては頑張っている方かもしれない。
他のケーキにもトライしてみなければ。。。


○こし餡饅頭
d0352022_13154266.jpg
d0352022_13153652.jpg
その一方で、和菓子系というかお饅頭系はやはりあんこのお味が今いち。
いや、お値段的にはお安いのだけれど、もう少し頑張って欲しいかな。



色々とお菓子類は揃っているのだけれど、やはりケーキ類が美味しいように思う。


また、お客さんの数に比べてスタッフの数が少なめ。利用する時間帯にもよるのだろうが、
この日は結構、時間がかかった。時間がある時のご利用をお勧めしたい。



ごちそうさまでした*



●シャトレーゼ 梶野町店
東京都小金井市梶野町1-10-12
0422-54-6966
10:00〜21:00
無休





シャトレーゼ 梶野町店ケーキ / 東小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


by forestkoro1015 | 2019-04-19 14:45 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
地元勤務の友人と小金井ランチ。。。
車で向かったのは農工大の南側をさらに南下した場所にある
「にしまきごはん」さんだ。

d0352022_00574624.jpg
不思議なネーミングだなーと思っていたら、「西 真紀さん」という方が作った
ベジタリアン対応の野菜を使ったご飯がいただけるお店というのが、
「にしまきごはん」という名前の由来なのだそうだ。


ショーワな佇まいの小さな家をリニューアルした可愛らしい感じのお店だ。
駅から徒歩でアクセスするには、東小金井の方が近い。
隣はコインパーキング。時々、自転車でこの道は通るが、このようなお店が
できていたとは知らなかった(汗)。



入口はこのような感じ。
靴を脱いで中に入ると、6畳の畳席には座卓席が3つと窓際にテーブル席が2卓。
押し入れにはぬいぐるみやおもちゃなども並んでいて、子供連れでも
居心地が良さそうだ。

この日のメニューは「凍り豆腐の唐揚げ、くき立ち菜のおひたし、
キクラゲ・玉ねぎ酢醤油炒め、さつま芋ベジマヨサラダ」とのこと。
d0352022_00575240.jpg
ご飯は玄米、または玄米と五穀米のミックスが選べる。
定食は980円だが、ご飯、おかず共に大盛りも可能(+料金の設定あり)。
ベジカレーをつけるとさらに+300円だったかな。。。


やがて登場した本日の「にしまきごはん」はこのような感じ。
d0352022_00580898.jpg
「ベジごはん」という感じでお野菜たっぷり!!
「凍り豆腐の唐揚げ」は初めていただいたけれど、和風の味付けがきいた
竜田揚げのようでとても美味しい。

d0352022_00581215.jpg
くき立ち菜とはかき菜の一種のことらしい。ほんのりと甘くて優しいお味。
キクラゲと玉ねぎに酢醤油をあわせるというのもヘルシー感たっぷり。
お野菜で一番気に入ったのは、さつま芋のベジマヨサラダ!!
独特の味わいでいくらでも食べられそうな感じのテイスト!!
が、しかし、個人的にこの日一番感動したのは「凍り豆腐」だった。
4×4×4ぐらいのサイズが3個。揚げ物をいただいているのに、
葱ダレの美味しさのせいもあるのだろう。
まるで別の何かをいただいているような感じで何個でも食べられそうな
ところがまたすごい。
友人の大盛りはこの凍り豆腐が5つのっていたが、ペロリと平らげていた。


ご飯は玄米と五穀米のミックス。
d0352022_00581832.jpg
普段は玄米も五穀米も食べない(あまり好きじゃない・汗)のだけれど
此方のご飯はフックラと優しく炊き上がっていて、いくらでもお代わり
できそうな感じ。玄米と五穀米の美味しさを改めて見直した(遅)。


手前が私の普通盛りで、奥が友人の大盛り。
d0352022_00582332.jpg
大盛りあっぷ。
d0352022_00582782.jpg
おみそ汁も優しい味わい。
d0352022_00583280.jpg
私はベジタリアンでもないし、ビーガン料理に特に興味がある訳でもないけれど、
ビーガンの料理人として研鑽を積んできた西さんが手がける此方の優しくて
美味しいご飯にノックアウトされてしまった。


動物性の素材を使うことなく、身体に優しい野菜や自然食材を使ってここまで
色々とアレンジできるのだ。
お野菜を使ったお料理はただでさえ手間ひまがかかるのに、その労力も見上げたものだ。


此方のご飯をいただいて「からだが浄化」されたような気がした。
ビーガンならずとも、ぜひ心と身体のリセットに訪れてみてほしい。
d0352022_00583601.jpg

なお、この日、私たちはタイミングよく入店できたが、その後は満席となって
混み合っていた。↑に書いたように、野菜料理は時間がかかるし、
一つひとつを手作りされていることもあると思う。
此方を利用する際には時間に余裕をもって訪れたい。


またテイクアウトにも対応してくれるらしい。
身も心もほっこりできるベジご飯、おうちでも味わえるとは頼もしい限りだ。




ごちそうさまでした☆



●にしまきごはん
東京都小金井市中町2-13-10
070-3331-0407
11:00〜18:00

日・月休







にほんブログ村 グルメブログへ

にしまきごはんカフェ / 武蔵小金井駅東小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2019-04-14 13:16 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
先週末から今週にかけては何故か辛い物に縁がある。
お彼岸も過ぎたというのに9度しかなかった先週末はカレー
久しぶりに地元に遊びにくる友人がカレーが食べたいということで
めざしたのが、ヒガコ南口にある「サイのツノ」さんだ。


某店が移転してしまった後も、ヒガコのカレー界を牽引する頼もしいお店でもある。
と言いつつ、すんごい久しぶりの訪問となってしまった(汗)。


目についたのは「薬膳スープカレー」(700円)。
鶏ガラのダシと野菜の甘味、そこにたっぷりのスパイスのクセになる味(!)とのこと。
「大辛」という文字は見逃していて、オーダーの時に「大丈夫ですか?」と確認された。
が、チャレンジャーな私はそのままでゴー!!
d0352022_19080368.jpg
プラス120円で「自家製手羽元煮」を追加することもできるらしい。

こんな感じで登場。スプーンにのせたライスにスープカレーをかけていただく。
d0352022_19080946.jpg
結構、辛味はあるけれど、そんなに大騒ぎするほどではないかなぁ。
かぼちゃやパプリカ、人参、エリンギなどのお野菜のコクのある甘味が辛さを和らげてくれる。
シャバシャバ感のあるスープも好みの味わい。。。意外にまろやか系で上品にまとまっている。
これだったら、かつて新宿御苑にあったベトナム料理店「ミュン」のチキンカレーの方が
辛いかもしれない。。。
 

プラス250円(Aセット)でドリンクとサラダ(5種類の野菜盛り)がつけられる。
さらにアイスクリームがつけられるBセット(プラス350円)もある。
ドリンクとアイスはそれぞれ単体でプラス100円、サラダの単体はプラス150円。
前回訪問時からしばらく経過しているのに、ほとんど値上がりしていないのは
企業努力の賜物だろう。

d0352022_19074722.jpg
2種類の自家製ドレッシングから胡麻ドレをチョイス。
d0352022_19074063.jpg
d0352022_19075241.jpg
シャキッとしたお野菜類が美味しかった♪

此方は自家製ピクルス(お代わり自由!!)
d0352022_19081944.jpg
お友だちAの「欧風まろやかカレー」(豚肉)(580円)
d0352022_19075861.jpg
ちと味見させてもらったが、甘口のマイルド系でやはり美味しい!!

此方はお友だちBの「カレー・トライアングル」(820円)。
ボリュームは通常カレーの1.6倍ということだが、プチサイズ(740円)も選べる。
d0352022_19081572.jpg
「まろやか欧風カレー」「インド風レッドカレー(鶏肉)」「ひき肉とほうれんそうのグリーンカレー」
の3種類を同時に楽しむことのできるお得感満載の一皿。
いずれも個性的で風味豊かで、それぞれに甲乙つけがたい味わい。。。



最後にコーヒー
d0352022_19082593.jpg

久々の訪問だったが、やはり美味しいカレー専門店だと思う。
カレーパンは大好物だけれど、あまりカレーが好きでない私がカレー専門店を積極的に訪れることは珍しい。


しかし、その一方で、此方のカレーに嵌まって通い続ける強者たちもいるらしい(驚)。
ちなみに紹介されていた連続来店記録は92日(!)、年間で289日(年間営業日301日)
通い続けたすごい人もいるらしい。
6日で14日来店という記録も見かけたが、お店に住んでいたのだろうか(謎)。。。

d0352022_19073458.jpg
d0352022_19072793.jpg
d0352022_19472314.jpg

寒い日だったが、美味しいカレーのおかげですっかり温まることができたのだった。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は




●サイのツノ
東京都小金井市東町4-37-19
042-387-7488
[月~金]
11:30~14:00
17:00~22:001
[土・祝]
11:30~22:00
日曜休
19席(カウンター7席、テーブル3卓12席)
http://sainotuno.sakura.ne.jp
公式アカウント
https://twitter.com/saitunomasu/
2003年10月4日オープン


にほんブログ村 グルメブログへ


サイのツノカレーライス / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2019-03-28 22:11 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
地元・ヒガコ(東小金井南口)に新店舗発見!!
d0352022_18382373.jpg
真っ赤なファザードが青空に映えるお洒落な店舗、
それが、「TRATTORIA BRIOSO」さんだ。
何度かお邪魔している「酒美飯囲ひろし」さんの2階に位置している。
(以前は「リストランテ・イタリアーノ」さんだった場所だ。)


店名に冠した「BRIOSO」とはイタリア語で「陽気に、快活に」の意味。
そのような思いからのネーミングだろうか。。。


お店前(店内にも)にはお祝いのお花がズラリ!!
都内ではよく見かける光景だが、ここヒガコでは珍しい。
d0352022_18382005.jpg
早速、地元勤務の友人を誘い出して「ランチ」に訪問。。。
ピーコックストア方面から歩いていくと、建物の屋根の上に目立つ看板が!!
d0352022_18382867.jpg
建物の階段はいささか急だが、手前のドアを開くと、なかなかシックな雰囲気のお店だ。
席数は20席ぐらいだろうか。


まだオープンされたばかりだからだろう。本日のランチは1種類。
d0352022_18374567.jpg
「前菜3種とサラダの盛り合わせ」と「自家製サルシッチャとキャベツのスパゲッティ」
のセットで1,380円。
デザートセット(3種のケーキからの選択とドリンク)は600円、
コーヒー、紅茶は400円。
スパークリングワイン(400円)とランチワイン(350円)もあるようだが、
車だったのでパス(涙)。

○前菜三種とサラダの盛り合わせ
d0352022_18375187.jpg
写真ではわからないが、パン皿ぐらいの大きさのお皿にお野菜がてんこ盛り!!
サラミっぽいハム、オリーブとツナ(?)のポテトサラダ、向こう側には
小さなモッツァレラとプチトマトが!!
d0352022_18375660.jpg
ポテトサラダとサラミの塩加減が好みの感じで思わずスパークリングが欲しくなるが
じっと我慢(笑)。



○自家製サルシッチャとキャベツのスパゲッティ
d0352022_18380045.jpg
アルデンテの麺にたっぷりのサルシッチャと柔らかなキャベツ、人参が合わさり、
そこにパルミジャーノをたっぷりとまぶしたお品。
サルシッチャの柔らかさもちょうどよく、お皿の上で程よくばらけて他の食材と
よく馴染み、そしてお味のバランスも素晴らしい。
正直、飲食店にはあまり恵まれていないヒガコ(居酒屋さんとカレー、ラーメン店は
色々あるが)で、このようなお味のパスタに出合えるとは想像もしていなかった。


○クリームチーズのティラミス(単体で注文すると500円)
d0352022_18381186.jpg
他の2種は「とろけるガトーショコラ」(単体で注文すると500円)「ビスタチオの
ジェラート」(同じく400円)。


友人が注文したティラミスはやはり大盛り(笑)。
スタッフの方がカプチーノパウダーをたっぷりと振りかけてくれる。
取り皿も2枚用意してくれて半分ずつシェア。
d0352022_18381598.jpg
ティラミスというと濃厚すぎてあまり・・・なのだけれど、此方のティラミスは
チーズの美味しさが前面に出た爽やかテイスト。パスタもだけれど、この
ティラミスの奥行きのある美味しさにも驚かされた。


○コーヒー
d0352022_18380689.jpg


期待の新店舗、非常に美味しくいただいたのだけれど、ヒガコのランチ価格で考えると、
1,380円は少しお高めかなぁという印象も。。。
お料理は本格的だし、いずれのお皿もボリューム大ではあるのだけれど、
ヒガコ住民は意外にお財布の紐がかたい。
もう少し一皿のボリュームを減らして、ドリンクを入れて1,200円ぐらいで
提供していただけると、これだけお料理が美味しいのだから人気が出そうな気がする。


お会計の際、シェフと少しだけお話しさせていただき、名刺をいただいた。
いままでに「代官山」のお店などで勤務されていた方とのこと。。。
そのお名前を検索してみたところ、代官山でも有名な某イタリアンレストランの
名前が出てきた(驚)。
たしかに前菜からドルチェまで、どのお料理にも「都会の洗練」を感じたのは事実。。。
うーむ、恐るべし、ヒガコの新店舗!!
次回訪問時はちゃんとワインにもリベンジして、↑の方なのかどうか伺ってみよう。


ごちそうさまでした☆



●TRATTORIA BRIOSO
東京都小金井市東町4-41-2 202号室
050-3184-0209
【水〜月】
12:00〜15:00(L.O.14:00)
17:30〜22:00(L.O.20:30)
毎週火曜休
完全禁煙
http://trattoriabrioso.favy.jp
2019年2月15日オープン
食べログ グルメブログランキング

TRATTORIA BRIOSOイタリアン / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2019-02-16 22:24 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
最寄り駅にある「ザ・ガーデン自由が丘 東小金井店」
2月24日(日)の20時をもって閉店するという(涙)。
2014年1月27日にデビューしておよそ5年。。。
ワインやチーズ、ちょっと小洒落たお菓子など、地元には似つかわしくないお品が
色々と売られていてそれなりに重宝していたのだけれど。。。


この駅は店舗(特に飲食店系)の入れ替わりが多い。
中央線の高架化と共にオープンしたnonowa東小金井お店は
ほとんど入れ替わってしまった。
その中で此方はそれなりに頑張っていたお店だと思う。
此方の後には一体、どのようなお店が入るのだろう。。。


その「ザ・ガーデン自由が丘」の向かい側に2016年11月にオープンしたのが
「リトルマーメイド東小金井店」だ。


「ザ・ガーデン自由が丘」と同時期に新規オープンした「ルパン コティディアン」
およそ東小金井には似つかわしくないお洒落でハイスペックなブーランジェリーだった。
予想通り、「あっ!」という間に撤退。。。その後にオープンしたのが
某ス○バと此方のお店だ。
この界隈にベーカリーはほとんどないので、やはり此方の存在は有難い。
特にバゲットのテイクアウトは重宝している。
勘違いの前店のバゲット(ロング)が小さいくせに420円(!)もしたので、
此方の300円はとても良心的に思える。
お味的にはそんなに変わるとは思えないし。バリッと焼き上げられていて美味!!
d0352022_00133208.jpg

○十勝のあんドーナツ(172円)
d0352022_00134211.jpg
可もなく不可もなくのあんドーナツ。あんこがみっしりと詰まっていて結構好きかも。


○シャキシャキりんごチーズパン(237円)
d0352022_00134875.jpg
とても美味しそうに見えたのだけれど、見かけほどではなかったような(汗)。
パンの部分がしんなりしてしまっていた。。。


○窯出しフロマージュ(194円)
d0352022_00133742.jpg
濃厚なチーズクリームを包んだ柔らかなパンの上に、チーズケーキ生地をトッピング。
説明だけ聞くととても美味しそうなのだけれど、残念ながら此方もイマイチ。。。


そんな訳で、此方では大体「バゲット」オンリーの購入のことが多い。
が、どういうわけが、ある日、「サービスチケット」をいただいてしまった(嬉)。
d0352022_00135311.jpg
たしか特定の日に700円(600円だったかな?)以上の買い物をすると此方の
無料ドリンク券がいただけるというもの。。。


隣のス○バ同様、イートインできる16席ほどのお席は割と混んでいて気になっていた。
ということで、リミット一日前にチャレンジ!!
コーヒーまたは紅茶が選べるということでコーヒーをお願いする。
d0352022_00140798.jpg
無料のコーヒーだけ飲む訳にもいかないので、デニッシュバー(チョコ・140円)
をお願いする。
d0352022_00140242.jpg
ココアパウダーを練り込んだ生地で、ホワイトチョコクリームを包んで焼き上げた
というお品らしい。申し訳ないけれど、あまり・・・。
どうしてこんなにパサついてしまっているのだろう(謎)。。。


全体はこんな感じ。

ドリンクのテイクアウトも可能なのでこれだったらそうした方が良かったかも。
ちなみにこの日もバゲットを購入。。。


というか、改札との仕切り壁はあるが、通路との仕切りは一切ないオープンスペースの
お店なので(隣のス○バもそうだけれど)、風通しはすこぶる良い。
インフルエンザが大流行しているこの時期に利用するにはちょっと・・・かな(汗)。
まぁ、「ドリンク無料」に誘われてノコノコと寄り道した自分が悪いのだけれど。。。


やはり此方ではバゲットを主体にテイクアウトのみにしておいた方が
無難かもしれない。


ところで此方はこの地でいつまで持ちこたえるのだろう。。。
どうかいつまでも頑張ってもらいたい。



ごちそうさまでした*




●リトルマーメイド 東小金井店
東京都小金井市梶野町5-1-1 nonowa東小金井 1F
050-3797-7600
7:00~21:00
16席
http://www.littlemermaid.jp/
2016年11月18日オープン




※ご参考:「ルパン・コティディアン」の訪問記事は





リトルマーメイド 東小金井店パン / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.9


by forestkoro1015 | 2019-02-10 01:10 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
この日はチャリでムサコまでお出かけ。。。
普段通らない道を通るとたまに思いがけないお店との出会いがある。
「あれっ!!」という場所に偶然見つけたのが、「うっしぃ珈琲」さんだ。


アパートの1階にある此方は、以前は「ライトハウス」というお店があった場所だ。
いつのまにカフェになっていたのかしらん???


どうしても気になって買い物帰りに再び寄り道(笑)。
面白いことに、隣の建物との間を通り抜け、庭に面したテラスから
靴を脱いでスリッパに履き替えて入店する。


ごく普通のアパートの一室(6畳ほど)を改装した店内は
可愛らしい小物をあれこれとあしらったカフェチックな造り。
d0352022_15275480.jpg
そんなに広くはないが、スローテンポのBGMが流れ、「私のお部屋にようこそ!」
的な居心地の良い空間となっている。


店主のうっしぃさん(ウシザコさん)は元々はライトハウスが移転を決めた時の
常連の一人で、「この空間が普通のアパートに戻ってしまうのは寂しい!」と、
ライトハウスの後を引き継いで自分のお店をオープンさせたという。
そろそろ開店して2年近く経つらしい。全然知らなかった(汗)。


「うっしぃ珈琲」という店名の通り、こだわりの焙煎豆を一杯一杯挽いて
ハンドドリップで煎れてくれる珈琲の他、素材にこだわった身体に良さそうな
ヘルシーなおやつ、新鮮な採れたて野菜たっぷりのカフェご飯など
身体が喜びそうなメニューが並んでいるのが特徴だろうか。。。
壁には「鍋はじめました!」という文字も見かけた!!
d0352022_15274947.jpg

それでいて焼酎や日本酒、ビールなどもあれこれと揃っている模様。。。
この日はチャリだし、さて、何をいただこう。。。

d0352022_15275961.jpg
この時の気分は「豆乳仕立てのクロックムッシュ」(スープ・サラダ付きで700円)。
チャリを漕いできて暑いので「桃のジュース」(450円)もお願いする。


「桃のジュース」
d0352022_15281070.jpg
程よい甘みがあってサッパリといただける。
横にある小さいお品は「手づくり黒糖かりん糖」。
この「黒糖かりん糖」が柔らかで優しい味わい。甘さもちょうどよくて美味しい。
d0352022_15280402.jpg
もっとたくさん入って200円(テイクアウトもできる)。


「豆乳仕立てのクロックムッシュ」
d0352022_15284039.jpg
自家製パンに自家製豆乳ホワイトソース、モモハム、チーズを挟み、芳ばしく
焼き上げたボリュームのある一品。
小皿に載っているのはヤーコンのきんぴら!!サラダの胡麻味ドレッシングも
素朴で優しい味わい。


見た感じはかなりボリューミーなのだけれど、しっとりと柔らかく焼き上げられた
パンがソフトな感触のこともあるのか、意外にスンナリといただけてしまう。
ハムとチーズがサンドされているはずなのに、全然重たさを感じないのは、
自家製豆乳ホワイトソースと自家製パンの成せるワザなのだろうか。。。


スープはお味噌汁風。。。
此方も白菜、お豆腐など、お野菜たっぷりの優しい味わい。。。

d0352022_15283106.jpg
d0352022_15282784.jpg
まさに「身体に優しい」カフェご飯というか、身体が浄化されていく感じの
「正しいおやつ」(えっ?)だった。


店内はそんなに広くないが、台所で調理する人の気配がしっかりと伝わってくる
カフェだ。「包丁で野菜を刻む音」さえ心地よさのBGMになることを
此方は教えてくれる。
d0352022_15282178.jpg
d0352022_15281573.jpg

月曜・火曜は15時まで、水曜・木曜は18時頃まで
金曜と土曜は22時ぐらいまでオープンされているとのこと。
此方のスペースを使って貸切イベントなども色々と開催されているらしい。
詳細はFacebookの「うっしー珈琲」ページを参照されると良いだろう。



次回は「鍋」とアルコールをいただきに伺ってみたい。



ごちそうさまでした☆




●うっしぃ珈琲
東京都小金井市本町3-4-41
090-4925-0762
11:00~22:00
※Facebookで営業時間は要確認!
不定休
https://www.facebook.com/うっしぃ珈琲-109253419825682/




うっしぃ珈琲カフェ / 武蔵小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2019-02-03 11:10 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
中央線沿いにある「尾久自動車学校」の向かい側に、昨年12月3日にオープンしたのが
「イル カッフェ アミコ (Il Caffe Amico)」さんだ。
以前は、吉祥寺に本店がある「多奈加亭 東小金井店」があった場所だ。


駅(ヒガコ南口)からは徒歩7分と少し距離はあるが、明るいレモンカラーの
外観はとても目立つ。
d0352022_12174419.jpg

店内もお洒落!
d0352022_12171020.jpg
d0352022_12172852.jpg
d0352022_12172360.jpg
d0352022_12171590.jpg
店名に冠した「Amicoとはイタリア語で「友達」の意。
店を訪れる人たちにとって「憩いの場」となるような想いを込めたのだという。

店内にはオーナーの方が撮影したイタリアの風景写真が飾られ、BGMにも時々
カンツォーネが混じる!徹底的にイタリアにこだわったお店のようだ。
そして厨房にはイタリアン・バールの伝統を継承する「LA CIMBALI」
エスプレッソマシンが!!


メニューのカバーにはフィンランドのかわいい絵柄があしらわれている。
d0352022_12160762.jpg
この日は15時までのランチセットをいただく。
「ベーコンとほかほか肉団子のトマトソースパニーノ」(900円)または
「厚切りベーコンと根野菜あつあつクリームドリア」(1,000円)の二択。
いずれもドリンク、サラダ、スープ付きのお財布に優しい「ヒガコ価格」だ。


イタリアにこだわっているようなので、お手並み拝見ということで
「ベーコンとほかほか肉団子のトマトソースパニーノ」をいただく。


サラダとスープ。スープは大根としめじのコンソメスープだ。
d0352022_12163829.jpg
熱々で登場するのがうれしい。チャリを漕いできた身体がホカホカに温まる。
玉子がたっぷり入ってかき玉スープのようだけれど、ほんのりと大根の甘みが


そしてパニーノ
d0352022_12170050.jpg
イタリア風サンドウイッチの此方は、パンに具材を挟んで両面をこんがりと
焼き上げたお品。半分にカットされて一つずつバーガー袋に収まっている。
d0352022_12165387.jpg
中にはベーコンとほかほかの肉団子、そしてトマトソースがトローリ!
d0352022_12170540.jpg
なるほど!先ほど厨房でジュージューと音を立てていたのは、このベーコンと
肉団子(というかハンバーグ?)だったらしい。
外はカリッと内側はフワッと焼き上がったパニーノにサンドされた肉団子は
みっしりと大きくてはみ出しそうだ。カリカリのベーコンとの相性も悪くないし
見た目以上にボリューミーでお腹はいっぱいになるのだけれど
ほんの少しお野菜が入っているとなおうれしかったような。。。
あっ、サラダは別添えで用意されているのだけれど。。。


パニーノを食べ終えた頃合いを見計らって、ご自慢のエスプレッソマシンで
煎れてくれる「カプチーノ」
d0352022_12173482.jpg
初訪問なのでお決まりの「くまさん」はさすがに言い出せなかった(笑)。
次回はお願いしてみようかな(笑)。
d0352022_12173971.jpg
単体でお願いすると490円(エスプレッソは300円だそう!)のカプチーノを
はじめとしたコーヒー豆は、イタリアのコーヒー豆アルベルトヴェラーニ」
(店内で販売もされている)とのこと。
さすがに本場のコーヒー豆だけあって美味しい!買ってくればよかった!!
またドリンク類をはじめ、こだわりのケーキ類などのテイクアウトも
行っているのだそうだ。


駅の反対側だし、少し歩く場所にあるが、美味しそうなケーキ類やお総菜の類も
あれこれと揃っている模様。。。
d0352022_12161357.jpg
d0352022_12161797.jpg
d0352022_12162298.jpg
d0352022_12162763.jpg
d0352022_12163348.jpg
モーニングは朝11時までとのこと。
日によっては、「ロゼッタ」(ローマが発祥とされるバラの形(ロゼッタ)をしたパン)
も販売されることもあるそうなので、ローマ暮らしが長かった母のためにも是非買いに
出かけてみたい。



ごちそうさまでした☆




●イル カッフェ アミコ (Il Caffe Amico)
東京都小金井市東町3-7-23
0422-26-4151
9:00~21:00
月曜休
https://www.facebook.com/Il-Caffe-Amico-カッフェアミコ-1044279342411521/
https://twitter.com/il_amico
2018年12月3日オープン
※テイクアウトあり

イル カッフェ アミコカフェ / 東小金井駅新小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2019-01-18 14:32 | グルメ・小金井 | Trackback(19) | Comments(0)
中央線が高架になって駅も新しくなり、新しいお店もどんどん参入したが、
テナント料の設定が高すぎるのか、特にヒガコ(東小金井駅)は
飲食店の撤退が早い。


「ヒガコには絶対ありえないだろう!」と思っていたブーランジェリーを筆頭に、
とんかつ店、焼き鳥店、お総菜店、ピザ店、そして二つあったケーキ店まで
見事にいなくなってしまった(汗)。
が、その後には某○タ○やア○○ルセ○なども新たに参入し、
街で人気のラーメン店もすぐご近所から引っ越してきた。


そして一昨年の11月にオープンしたのが、ジャンボシュークリームで有名な
「銀座コージーコーナー」だ。
イートインの設定がない販売のみのお店だが、シュークリームをはじめとした
大きなケーキ類を中心に、洋菓子の類が購入できる、ヒガコ住民にとっては
実に有難いお店の一つだ。
というのも、此方のオープンは夜9時まで。。。
少し遅くなった時でも「今日は疲れたから甘いモノ食べたいなぁ!」という
切ない誘惑をかなえてくれる誠に頼もしい存在でもあるのだ。


そんな訳で、結構、帰りがけに立ち寄ってしまうことが多いような(汗)。
直近の利用は先月(12月)。
夕方6時すぎぐらいだったので、ショーケースの中には
ケーキ類がよりどりみどり。。。

ショートケーキ(421円)、濃厚ティラミスタルト(486円)、アップルパイ(421円)
を購入。

d0352022_01121174.jpg
それぞれが結構大きい。

○ショートケーキ
d0352022_01122073.jpg
クリームとスポンジのバランスが絶妙。ちょっと甘さが強いような気もするが
老若男女を問わず万人に愛される基本形。疲れたハートを癒してくれる。


○濃厚ティラミスタルト
d0352022_01122564.jpg
濃い感じのチーズムースがココアパウダーと合わさった大人味の渋いケーキ。
ほんのりと洋酒の香りも。。。


○アップルパイ
d0352022_01123152.jpg
程よい酸味を持つ素朴な味わいのリンゴがサクサクッとした食感を楽しませて
くれるアップルパイ。パイ生地の部分もオーソドックスで安定した美味しさ。


新宿の駅構内をはじめ、あちこちにあるお店ではあるけれど、やはり地元にあるのは
有難いかな。少なくとも、我が家においては、以前、ヒガコにあった某F店よりも
確実にリピート率が高まっている。


願わくば、どうかこのまま撤退しないで、この場所で頑張り続けてもらいたいお店だ。
ごちそうさまでした☆



●銀座コージーコーナー nonowa東小金井店
東京都小金井市梶野町5-1-1 nonowa東小金井
042-316-1152
10:00~21:00
2017年11月17日オープン

銀座コージーコーナー nonowa東小金井店ケーキ / 東小金井駅新小金井駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2019-01-10 12:17 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
二日ほど前に川越に暮らす母の友人から和菓子が届いた。
本川越にある「亀屋本店」は創業230年余りの歴史がある和菓子店なのだそうだ。


亀屋つながりで思い出すのが、武蔵小金井南口にある「亀屋本店」@小金井だ。
此方の創業は1949年と、本川越のお店と比べると歴史は短いが、
もとは浅草橋にある総本家の暖簾分けから始まったお店なのだそうだ。
今はムサコ南口ロータリーに面した「アクウェルモール1F」にお店を構えているが
今の場所に落ち着くまでは南口商店街で何度か移転していたように記憶している。


私が覚えている一番古いお店は、北口と南口をつなぐ踏切(開かずの踏切として
有名だった踏切の一つ)のすぐ脇に位置していた。
当時、小金井には「蛇の目ミシン」の工場があって、工場までを結ぶ商店街は
今もその名残で「ジャノメ通り」と呼ばれているのだけれど、
そのちょうど入口のところにお店はあった。
その当時の有名なお菓子こそが「フリアン」という小洒落た名前のお菓子で、
此方は現在の店舗でもまだ売られている。


今でこそ巷には美味しくて小洒落たお菓子が色々とあふれているが、
当時の小金井の子供たちにとっては、フワフワっとした甘さが詰まった
夢のようなお菓子の一つでもあったのだ(笑)。。。


小金井市内に暖簾分けのお店もいくつか存在したが、
今はその数も少なくなってきてしまって寂しい限りだ。




「アクウェルモール」の店舗には美味しいお菓子やお煎餅の類が
あれこれとラインナップしているが、私の個人的なオススメの一つが
その隣の小さな店舗でおじさん方が一本一本焼き上げているお団子だ。
d0352022_14533092.jpg
上新粉(うるち米を製粉したもの)だけを使って、その日の朝、臼と杵でよくつき、
工場で形を整えたお団子を、店頭で職人が焼き上げる。
シコシコした歯ごたえと、しっかりとした食べ応え感が残るお団子は1本100円
私は甘辛たれをからめた「みたらし団子」が一番好きだけれど、北海道産の小豆だけを
使って昔ながらの製法で炊き上げる餡を用いた「餡団子」、だし醤油をつけて2度焼きする
「正油団子」、正油団子に海苔を巻いた「のり団子」、「ごま団子」などがラインナップ。


朴訥とした懐かしい味ながらも美味しいので、たまに食べたくなる味のお団子だ。
海外から帰国した時などは特に。。。


実際、職人さんたちのこだわりが詰まったお品でもあるのだ。
ムサコを訪れる機会があったら、此方のお団子、そして「フリアン」を
是非、食べてみてほしい。
現在はどんどんと開発が進み、変貌を遂げる「ムサコの歴史」がきっと感じられるはずだ。




ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は



●亀屋本店
小金井市本町6-14-28 アクウェルモール 1F
042-385-8181
9:00~20:00
無休(元日のみ休業)
http://koganenosato.org/detail/shp/shp0115.html
1949年オープン

亀屋本店和菓子 / 武蔵小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


by forestkoro1015 | 2018-12-28 15:49 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)
地元勤務の友人とクリスマスランチ。
「たまには新規開拓!」ということで伺ったのが、創作そば料理のお店の
「スナフキッチン」さんだ。
d0352022_19020786.jpg
d0352022_19021289.jpg
中央線沿いにある「むさし小金井自動車教習所」の北側・地蔵通りに面した
此方のオープンは今から数年前のこと。
以前は「ライトハウス」というお店だったかと記憶。。。


蕎麦店ができていたのは知っていたが、自宅から近いと「いつでも行ける!」と
なかなか訪れるチャンスに恵まれない(笑)。
そんな訳で今回は満を持して訪問。。。


店内はカウンター席とテーブル席を備えた落ち着いた空間。
なんと!!小金井村で「ガレットが食べられる!!」ということを予習していたので
ガレットを食べる気満々!!
が、お品書きには他店では見かけないような珍しいオススメメニューが並ぶ(驚)。
d0352022_19000682.jpg
もちろん普通のお蕎麦もあるのだけれど、「ポークのオニオンスープグラタンそば」
「魚介のマリネ サラダ仕立てそば」さらには「上州高原鶏 チキンカレースープそば」
等々、想像をかきたてられるような品々ばかりだ。


「オススメはチキンカレーそば!!」と胸を張る店主の方に勧められるままに
「上州高原鶏 チキンカレーそば」をいただいてみることにした。
単品は950円だそうだが、せっかくなので「ランチセット」(1,200円)にして、
「お総菜3点盛り」「ミニひじきごはん」もつける。


このようなセットメニューもある。
d0352022_19001309.jpg
○温かい蕎麦茶
d0352022_19001960.jpg
○お総菜三点盛り
d0352022_19002405.jpg
左から蕪と茄子のラタトゥイユ、小松菜と人参のお浸し、蕪と牛蒡のサラダ。
いずれも小金井野菜にこだわった地産地消のお品なのだそう。。。
地元で獲れる野菜はいずれも甘くて親しみがある味だが、その繊細さを活かして
味付けも優しい。思わずアルコールが欲しくなる品揃え(飲まなかったけど・笑)。


おしゃべりに興じていると、「上州高原鶏 チキンカレーそば」が登場した。

スープカレーをつけ汁にしてお蕎麦をいただく。なんと斬新な発想のだろう。。。
二人で「へーーっ!!」と驚いていると、「まずはお蕎麦を何もつけずに食べて
みてください!!」と店主の方。。。
d0352022_19004103.jpg
この日のお蕎麦は秋田産の十割。なんでも今年で最後のお蕎麦(台風の影響を受けた
せいもあるらしい)なのだそうだ。この蕎麦が風味豊かで、キュッとしまった涼感、
さらにしなやかなのど越しがあって実に美味しい。
秋田のそば粉をこね鉢でこね、パスタマシーンで麺状に仕上げるという
「こねたて」のお蕎麦なのだそうだ。二人でまたまた「へーーっ!!!」。。。


そして噂のスープカレー。。。
d0352022_19003681.jpg
上州高原鶏の他、油揚げ、お豆腐、たまご、ブロッコリーなど、具だくさんのカレーは
そのまま食べても美味しいスパイシーさが魅力。たぶんご飯といただいても美味しいと
思うけど、油揚げと豆腐はご飯にはどうなのだろう。。。
つけ汁としていただいても美味しいのだけれど、カレーの美味しさが少し前に出て
せっかくのお蕎麦の美味しさがいささか負けてしまうような気も(汗)。
好みにもよるのだけれど、お蕎麦を食べ、スープカレーを食べ、またお蕎麦を
いただく・・・というようにテレコでいただくとちょうど良いかも(笑)。
せこい食べ方で申し訳ないっ(汗)。


ひじきごはんも美味しい♪
d0352022_19004694.jpg


カウンターには小金井ラブの地元酒(!)がラインナップ。
飲みたかったよう(笑)。
d0352022_19012978.jpg
そしてガレット
此方ではそば粉100%のガレットその場で焼き上げてくれる。
d0352022_19013594.jpg
d0352022_19014361.jpg
素晴らしいじゃないかっ!!
d0352022_19041402.jpg
都内でいただくガレットと比べると、かなりリーズナブルそしてモッチリ系。
d0352022_19013594.jpg
d0352022_19014361.jpg
その場で焼き上げてくれるからだと思うけれど、かなりモッチリ系。
そして蕎麦の味が詰まったガレットだ。
いわゆるまじりっけがない正真正銘のピュアなガレット!!
フランス北部ではこのようなガレットが当たり前に登場するのだそうだ。
純度100%という感じだろうか。。。。添えられているのはレモンの葉っぱ。
d0352022_19041402.jpg
此方も小金井のハチミツをかけていただく。
d0352022_19015514.jpg

すでにお腹ははちきれそうなのだけれど、実に素朴な感じのガレットだった。


d0352022_19005203.jpg
d0352022_19005668.jpg
d0352022_19010805.jpg
d0352022_19011354.jpg
d0352022_19010210.jpg
d0352022_19011772.jpg
d0352022_19012328.jpg
思いがけずに楽しいお店に出会って舞い上がってしまったXmasだった。
ヒガコの駅からは少し離れているが、わざわざ訪れるに値するお店だろう。
何よりも蕎麦に対する想いもだけれど、それ以上に蕎麦を美味しく食べるという
ことに、チャレンジングな想いが炸裂しているお店だ。
ヒガコにこんなユニークなお店があったことに、今さらながら驚いてしまう次第。
近々、また寄らせてもらいたいと思う。



ちなみにこの近くにあるお地蔵さまには、狸の親子がよく訪れているそう(笑)。
ローカルな場所にある実に楽しいお店だ。


ごちそうさまでした☆





●スナフキッチン
東京都小金井市緑町1-5-3 エミールハイツ 1F
090-5198-2216
[火~土】
11:30-14:30 (L.O.14:00)
18:00-22:30 (L.O.22:00)
[日・祝]
11:30-17:00 (L.O.16:30)
月曜休
14席

スナフキッチンそば(蕎麦) / 東小金井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-12-26 22:19 | グルメ・小金井 | Trackback | Comments(0)