Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:グルメ・都内・喫茶店/カフェ( 36 )

なんやかんやと忙しくてアップをおサボりしている間に世の中はお盆休みに突入(汗)。
久しぶりなので書き方を忘れてしまった(汗)。。。


この日は渋谷を経由して末広町界隈に出没(お仕事)。
時間があったので食べログ検索をかけてヒットしたのが、
「フレッシュフルーツ&クロワッサン」の店として有名な「フルーフ・ドゥ・セゾン」さんだ。
d0352022_18313815.jpg

今ではビル群が建ち並ぶこの界隈は江戸・明治・大正時代を通して巨大な青果市場(神田青果市場)が
あったそうで、淡路町交差点の近くには今でも「神田青果市場発祥之地」の碑が建てられている。
当時の名残なのだろうか。外観に少しレトロな雰囲気を残す此方は、目利きオーナーが
厳選して仕入れた市場直送の全国のフレッシュフルーツが色々と楽しめるお店だ。
d0352022_18310315.jpg
フレッシュジュースも美味しそうだが、やはりそろそろ終わりつつある「桃」が食べたい。
d0352022_18311226.jpg
という訳で「桃パフェ」(1,500円)をお願いする。


此方では注文が入ってからフルーツをカットするのだそうだ。
やがて「桃パフェ」が登場する。
d0352022_18311741.jpg
d0352022_18312448.jpg
某店の「桃2個使いの桃パフェ」には及ばないが、此方も桃がタップリ。
美しくカットされた桃がアーティスティックにレイアウトされている。
大きくカットされた桃の下には、バニラアイス、桃のシャーベット、桃の果肉、ホイップクリーム
というシンプルな組み合わせ。トップには葡萄(ビオーネかな?)が添えられている。
そのシンプルさ故に、桃の旨みを心ゆくまで味わうことができる。
おそらく桃は丸ごと1個使われているのだろう。生クリームやシャーベットとの組み合わせも楽しい。

d0352022_18312999.jpg
パフェグラスの中は甘みの強い、小さくカットされた桃の果肉が!!
桃シャーベットが少しかためだったが、上品で落ち着いた味わいの桃パフェだった。


らせん階段を上がる2階にもお席があるようだが、この時は1階席のみの営業。
テレビ局のクルーが撮影準備をしていたようだが、近々、どこかの局で放送されるのだろうか。。。


そんなことを思いながらお会計を済ませて外に出ると「桃パフェ完売!」のお知らせが!!
d0352022_18313456.jpg
打ち合わせの後に訪問していたら、おそらく桃パフェには出会えなかっただろう。
これも「虫のしらせ」(!)というやつだろうか(笑)。



その後すっかりクールダウンして仕事先へと向かったのだった。
フルーツ好きの方には特にオススメ。季節の移り変わりに応じて旬のフルーツが楽しめる貴重なお店だ。
アキバ界隈で時間があるときには忘れずにチェックするようにしたい。
ごちそうさまでした☆




●フルーフ・デゥ・セゾン
東京都千代田区外神田4-11-2
03-5296-1485
月・火・金 10:00~19:00(LO 18:30)
土・日・祝 11:30~19:00(LO 18:30)
水曜、木曜休
東京メトロ銀座線「末広町駅」1番出口から徒歩2分。
60席(1階 20席 2階 40席)
http://fruits-de-saison.com/
1995年11月13日オープン
※土日祝は、90分制とさせて頂きます。



by forestkoro1015 | 2018-08-14 19:06 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
毎日うだるような暑さが続いている。
出かけたくないところだけれど、こんな時に限ってお呼びがかかる(お仕事)。


暑い中、ノコノコ出かけてきた後は、パフェを食べて帰ろう!!
という訳で、渋谷のスクランブル交差点脇にある「西村フルーツパーラー」さんへ。。。
ほぼ1年ぶりの訪問となる。


いつも「桃を丸ごと1個使った」という「特製桃パフェ」を食べてみようと思うのだけど、
2,700円というお値段を見ると、どうしてもその先への1歩が踏み出せない(笑)。
そんな訳で今回も普通の「桃パフェ」をお願いする。
此方は1,400円と、庶民にも手が届くお値段だ。


「今年の桃パフェ」。
d0352022_18333185.jpg
昨年いただいた「桃パフェ」とは異なり、今の「桃パフェ」は山梨産の桃(たぶん1種類)をお使い
とのこと。大きくカットされた桃が5切れと桃のシャーベット、生クリームとラズベリーのトッピング、
さらに、パフェグラスの中のバニラアイスと桃のジュレ、ソース、カットされた桃はすべて共通。
お値段も税込み1,400円と、桃の種類以外は何も変わっていなかった。
あっ、若干、盛り付けが違うような。。。今年の桃パフェの方が「こんもり」している。
d0352022_18332748.jpg

そして今年の桃は、口に入れた時にほんの少しシュワシュワ感(っていうのかな?)を感じた。

炭酸系はきらいじゃないし、清涼感を感じるから良いのだけど、あのシュワッと感は何だったのだろう?



隣の席では親子連れがふわふわ練乳クリーム入りの「ストロベリーフラッペ」を食べていた。
とても大きなフラッペだった。

d0352022_18332107.jpg
特製桃パフェ、いつか食べてみたい!
d0352022_18331199.jpg

このようにゴージャスな「エミールパフェ=薔薇と白桃のレアチーズパフェ」も登場していた。
d0352022_18331664.jpg
カロリーは少し高そうだけれど、インスタ映えしそうなパフェだ。
チャレンジされてみるのもよろしいだろう。



ごちうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は



●渋谷西村 フルーツパーラー (シブヤニシムラフルーツパーラー)
東京都渋谷区宇田川町22-2 西村ビル  2F
03-3476-2002
[月~土]
10:30~23:00(L.O.22:30)
[日・祝]
10:00~22:30(L.O.22:00)
無休
http://www.snfruits.com/index.html
1936年1月オープン





渋谷西村 フルーツパーラーフルーツパーラー / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-07-20 18:46 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
今年もが美味しい季節が巡ってきた。
という訳で、一足早く、「タカノフルーツパーラー本店」で開催されている
「旬果先取り桃を楽しむコース」をいただきに。。。
d0352022_17013372.jpg

平日限定の此方は、桃をコースのあちこちに散りばめた実に魅惑的な構成で
人気も高い(昼・夜共に20名様限定)。
d0352022_16534569.jpg
コース内容は此方。
d0352022_16533458.jpg
飲み物メニュー。
d0352022_16534077.jpg
○アペリティフ
それぞれ2杯ずつ選べる。グラスワインもあるが、車だったのでジュースを所望。

・静岡県産マスクメロンジュース
d0352022_16535528.jpg
どこまでも甘くて香り高い味わい。中に浮かんでいる氷もジュースを凍らせたもの。

・旬果ジュース
コースに合わせて、今の時期は「桃」。此方もさらにスッキリとした甘さで美味しい!
d0352022_16540657.jpg
○アンティパスト
山梨県産日川白鳳を用いた一品。
ラスクの上にはスモークサーモンとモッツァレラ。ソースはバルサミコ酢だそう。。。
モッツァレラと桃の組み合わせ他店でもよく見かけるが、桃の甘さが何とも言えない美味しさを
醸し出す。サーモンよりもモッツァレラの方が桃には合うかな。
バルサミコはお好みで。。。
d0352022_16535020.jpg
○桃のスープ
d0352022_16540072.jpg
桃の冷製スープ。上品でまろやかな味わい。。。素晴らしい仕上がり!!


○桃とグリルポークの甘辛ソース添え
d0352022_16541196.jpg
和風テイストのソースを絡めたポークに、焼いた桃がトッピングされ、さらに周囲を
桃と桃ソースが取り囲むというユニークな一皿。トッピングはクレソン。
もっと甘いイメージがあったのだけれど、意外にサッパリといただける。
焼いた桃ってケーキ以外でははじめてかも!!


○桃のドレッシングのサラダ
d0352022_16541658.jpg
桃を散りばめた爽やかな食感のサラダ。トマトが少しかたかったが、色合いも美しい。

○パン
d0352022_17231012.jpg
お肉の甘辛ソースを浸していただくとさらに美味しさアップ(笑)。。。


○フルーツ盛り合わせ
d0352022_16542175.jpg
これぞ、タカノフルーツパーラー本店の真骨頂。さまざまなフルーツがたっぷりと
盛られている。ドラゴンフルーツ、グレープフルーツ・ルビー、キウイ、
静岡産マスクメロン、マンゴー、オレンジ、スイカ、レモン、パイナップル、佐藤錦、ブルーベリー、
ざくろ、そして山梨の桃は「ちよひめ」。いちごは群馬の「尾瀬なんとか」だったかな。
グレープフルーツといちごがちと酸味が強かったが、パイナップルや桃、メロンは甘くて
完璧な美味しさ。佐藤錦の粒の立派なことといったら!!さすが天下の「タカノ」だ。


○HOTデザート
d0352022_16543269.jpg
温かな桃のスープに浮かんでいるのは生クリームが添えられたスフレ。
ここにも桃が添えられている。
フルーツ盛り合わせを食べて少し冷えた身体をあたたかく癒してくれる。。。

○カフェオレ
d0352022_16542662.jpg
熱々でサーブされるのが嬉しい。


○旬果先取り桃を楽しむパレット
d0352022_16545040.jpg
このパレットも此方のコースの真骨頂だろう。
結構、満腹感はあるのだけれど、ちょっとずつ色々と甘いものが楽しめる一皿。

・桃のエスプーマ。
d0352022_16544066.jpg
フワフワっとした食感で優しい口溶け。。。女子受けしそうなデザートだ。

・桃のムース
d0352022_16544403.jpg
左側は桃と生クリームがスポンジケーキと合わさった「桃ショート」というイメージ。

右側はいささか甘めの桃ジャム(?)がムースの中にサンドされた「桃ムース」。
「桃ショート」の方が好みの感じ。。。母の分もいただいてしまった(笑)。


これでおしまいかと思ったら、実はもう一つあった(笑)。

○冷菓
d0352022_16545792.jpg
桃のシャーベット。ほとんど満腹だったが、甘い物は別腹。サッパリと美味しくいただいた。
実は「桃のソフトクリーム」(下の写真センターのパフェグラス)のいずれかが
選べるのだけれど、さすがにソフトクリームはギブアップ(笑)。
d0352022_16534569.jpg
シャーベットにしておいて正解だった。。。


この内容でお一人さま4,320円(税込み)というのだから、人気があるのも頷ける。

6月29日(金)までの開催なので、ご興味がおありの方は是非っ!!
が、結構、予約は埋まっているようだ。


「桃づくしコース」のおかげで、この日は夜になってもあまりお腹が空くことはなかった。
ごちそうさまでした☆


※前回、訪問した時の記事は




●タカノフルーツパーラー 本店
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 5F
03-5368-5147
11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:1月1日、2月・4月・5月 第三月曜日、9月 第二月曜日、10月 第四月曜日
http://takano.jp/


タカノフルーツパーラー 本店フルーツパーラー / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
昼総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2018-06-23 12:35 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
草津温泉シリーズもやっとこ終了して、しばらく手つかずだった都内のお店をご紹介。。。


久しぶりの大森で打ち合わせを終えた後は、1971年創業という「珈琲亭 ルアン」さんへ。。。
d0352022_18512227.jpg
少し前の「有吉散歩」の大森特集でも紹介されていたお店の一つだ。
時代に取り残されたようなレトロな雰囲気の店内はドラマなどのロケにも使用されているらしい。

d0352022_18513396.jpg
d0352022_18512893.jpg
d0352022_18513822.jpg
13時までのモーニングはまだギリギリ間に合う。という訳で、憧れのモーニングにチャレンジ!!


此方では、飲み物にプラス100円でモーニングセットがいただける。ブレンドやアイスコーヒーに
限定されないのが嬉しい。
と言うわけで、「カフェ・トロピカラ」(520円+100円)をセレクト。
d0352022_18514483.jpg
メニューには「ラム酒の香りと炭酸の口当たりが爽やかなアイスコーヒーです!」と紹介されていた通り、
ラムとミントと炭酸、アイスコーヒーの香りがフワフワのホイップミルクから立ち上る不思議な味わい。
リキュールと珈琲の組み合わせは時々見かけるけれど、これはちょっと他ではお目にかかったことのない
はじめての味だった。どちらかというと、真夏の太陽の下で飲みたいような。。。


モーニングはプラス100円でトーストとマーガリン、ストロベリージャム、ゆで卵がつく。
d0352022_18514818.jpg
銀のお盆に載せられてサーブされるのが渋い!!
エッグスタンドもシルバーだし、バターナイフもシルバーだ。


「カフェ・トロピカラ」あっぷ!!
d0352022_18515466.jpg
トーストとゆで卵のあっぷ。
d0352022_18520984.jpg
わずか620円でこれだけのものがいただけてしまうとは、さすがに大森を代表するレトロな珈琲亭の一つだ。
どことは言わないけれど、美味しくない薄いコーヒーを平気な顔で出す某カフェ系チェーン店に
爪のアカを煎じて分けてあげてほしいくらいだ。

街中にはお手軽なチェーン店ばかり増えてしまって此方のような正統派の喫茶店は少なくなってきているが、
(あってもやたらにお高いお店が多いが)、此方のような良心的なお店にはいつまでも
頑張ってもらいたいものだ。


ちなみにこの5月1日から全席禁煙になったらしい。。。
喫茶店=タバコの吸える場所として長らく認められてきたが、やはり時代の波には逆らえないのだろう。


また近くを訪れる機会があったら是非立ち寄りたいお店だ。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は





●珈琲亭 ルアン
03-3761-6077
東京都大田区大森北1-36-2
平日
7:00~20:00
日・祝
7:30~18:00
木曜休


珈琲亭 ルアン喫茶店 / 大森駅大森海岸駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-06-10 22:59 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
この日は新宿方面に所用でお出かけ。
春休みということもあるのか、新宿界隈はものすごい人ごみだ。
「新宿=新宿タカノ=パフェ」と変換されるのでこの日も
新宿高野本店地下2階にある「パフェリオ」にちょっと寄り道。


鮮やかな橙色が眩しい「愛媛産せとかのパフェ」(1,280円)をいただく。
d0352022_16404942.jpg
柑橘系の中でも最高レベルの甘みとコクを誇る「せとか」は他のみかんと比べると
割と重たくてボリューム感があるのが特徴。。。
果肉の甘いことでもよく知られ、時々、お取り寄せをお願いする広島のお店でも
人気のお品だそうだ。。。


あの、独特の甘さを連想してトップの果実にかぶりついたのだけれど。。。
すっ、すっ、すっぱーーーーいっ(爆)。。。
想像していたお味とはちょっと違って、顔が酸っぱさでシワシワになってしまった(笑)。
まぁ、「せとか」にも色々な甘さがあるということで(笑)。
酸っぱかったが、シャーベットの部分は美味しかったし、果実自体のソフトクリームとの
相性は悪くなかった。
まさに「爽やかな春」を実感できたパフェだ。。。


此方は連れの「ストロベリーパフェ」(1,080円)。
d0352022_16404439.jpg
この日は色々ないちごパフェがラインナップしていたが、敢えてノーマルいちごをセレクト。
美味しいのだけれど、ウエハース(?)が入っていたのが今いちとのこと。
別のストロベリーパフェを選べばよかったと後悔していた。。。


此方は2月にいただいた「マンゴーパフェ」(たしか1,280円)。
d0352022_16402643.jpg
d0352022_16403945.jpg
すでにストロベリーパフェがあれこれと登場していたが、敢えてマンゴーを所望。
トロトロのマンゴーが甘くて美味しかった!!
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は





東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html


by forestkoro1015 | 2018-03-25 17:05 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
久しぶりに「ビア&カフェ BERG」さんへ。。。
新宿駅東口界隈でちょっと小腹を満たしたい時、コーヒーが飲みたい時、そしてビール、ワイン、
さらには日本酒が飲みたい時、フラッと立ち寄ることができる便利なお店だ。


この日は映画前の腹ごしらえということで「ジャーマンセット」を注文。
せっかくなのでワインもつける(トータルで714円)。
d0352022_18292382.jpg
なんかいつも同じメニューを注文しているような(汗)。。。
d0352022_18293018.jpg
白いカップ皿の中には、柔らてクリーミーなレバーパテとポークアスピックが!!
このパテをパンにぬりぬりしていただく。
2種類のハム・ソーセージとザワー・クラウトなどのお野菜が添えられ、ワインとの相性もバッチリ!!


たまたま運良く座ることができたが、隣のお兄さんが席を立つとこのような注意書きを見つけた。
d0352022_18293575.jpg

たった15坪ほどの小さなお店ということもあり、立ち飲みカウンターも用意されているが、テーブル席は
満杯のことが多い。
注意書きにあるような4人がけテーブル席に一人という強者にはまだお会いしたことはないが、
コーヒーやらビール一杯でスマホ画面を眺めながらいくらでも粘る客を時々見かける。
実際、当日もテーブル席が空くのを辛抱強くジッと待ち続けているおじさまがいた。
混んでいる時はお互いさま(譲り合って当然!)だと思うのだけれど(汗)。。。
ごちそうさまでした☆



さて、この日の映画は此方。
d0352022_18293832.jpg
他に観たい映画は多々あったのだけれど、満席ばかりで断念。。。
CGを駆使した映像は素晴らしいし、お金もたっぷりかかっているし(角川映画だし・笑)、
キャストもたしかに豪華(染谷くん熱演だし、白楽天かっこよいし!)なのだけれど、猫が少し、
いや、だいぶ目立ちすぎ(爆)!!
どうせなら吹き替え版ではなくて、オリジナル中国版(日本語字幕)で鑑賞してみたかった。。。



※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は



●BERG (BEER&CAFE BERG)
東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店 B1F
03-3226-1288
7:00~23:00(L.O.)
無休
http://berg.s1.bindsite.jp/sako3/cn23/berg-list.html


by forestkoro1015 | 2018-03-14 19:03 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
甘いもの好きの私が愛してやまないケーキがある。
それがロートンヌ「テロテロショコラ」(勝手に命名して失礼・汗)こと、
ショコラグリオティーヌというビターチョコレートをあしらった
丸い形のケーキだ。秋津本店ではじめてこのケーキを食した時の感動は忘れられない。
あれから幾年月。。。あれから何十個もケーキを食べてきたずなのだけれど
やはり私の中でトップの座は譲れない(笑)。。。


この日は中野方面にお出かけ(お仕事)。。。
家族イベントで「ケーキ」を買って帰ることにしていたので
少し遠回りして新江古田駅近くにある「ロートンヌ中野店」に足を伸ばしてみることにした。
秋津本店と立川店は何度も利用しているが、ここ中野店ははじめての訪問。


ケーキ店らしからぬお洒落な建物に圧倒された(笑)。
d0352022_18312113.jpg
サロン14席を備えた店内は天井が高くて開放感のある洒落た造り。
ケースも大きくて色とりどりの美しいケーキたちが目映いばかりの輝きを放ちながら並んでいる。
ゆったりとした気分で好きなケーキをあれこれと選ぶことができる。
その奥には現在進行形で美しい芸術作品を創り出しているケーキ工房が。。。



散々悩んで選び出したのが、「ショコラグリオティーヌ」「シャンテフレーズ」「ロッソルビーノ」
「eco田シュー」の4点。さらに来訪記念として「クロワッサン」もお願いする。

d0352022_18313337.jpg

早速に帰宅して実食!

まずは「ショコラグリオティーヌ」(454円)。
d0352022_18334227.jpg
久々にいただいたのだけれど、やはり安定の美味しさ♪。チョコレートムースとヌガーテイストが
ビターチョコと合わさった独特の風味がたまらない。中には胡桃とお酒の香りがするチェリーが!!
が、サイズが少し小ぶりになったような(汗)。まぁ、これも時代の流れということなのだろうか。。。
d0352022_18315797.jpg

続いては「シャンテフレーズ」(484円)。
d0352022_18313842.jpg
ジェノワーズ(スポンジケーキ)と生クリームの組み合わせがたまらないお品。
中のフルーツは季節に応じて変わっていくのだそう。。。


「ロッソルビーノ」(484円)。
d0352022_18314293.jpg
フランボワーズのコンフィチュールをまとった苺のショートケーキ。。。
普通のショートケーキよりも酸味があるのが特徴らしい。


「eco田シュー」(216円)。
d0352022_18314559.jpg
中からとろけ出るクリームが特徴のサックリとした食感のシュークリーム。
「eco田シュー」という名前の通り、再生紙の包み紙を利用してecoにも取り組んでいるのだそう。


「クロワッサン」(260円)は翌朝、トーストしていただいた。
d0352022_18320367.jpg
少し焦げてしまった(汗)のだけれど、温かいカフェオレと良く合う。
バターの風味たっぷりでサックリとした食感で美味しかった。おまけにサイズも大きいし。


食べ終えて昔のレビューを読み返したら、「ショコラグリオティーヌ」はテイクアウトしないで
その場で食べた方が美味しいと書いてあった(汗)。
もちろんテイクアウトしても美味しいのだけれど、たしか初めて食した時はお店でいただいたのだった。
少し小さくなってしまった分、感動の度合いは薄れてしまったような気も(汗)。
今度は秋津本店でいただいてみないと!!

ごちそうさまでした☆



※以前、秋津本店を訪問した時の記事は




●ロートンヌ 中野店
東京都中野区江原町2-30-1
03-6914-4466
10:00~20:00
水曜休
14席(店内:テーブル3卓6席、テラス:テーブル3卓8席)
駐車場:4台分
http://www.lautomne.jp/
2010年11月19日オープン


ロートンヌ 中野店ケーキ / 新江古田駅江古田駅桜台駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-03-06 23:18 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(2)

「勝手にふるえてろ」を観た後、足は自然に新宿高野にあるパフェリオに向かってしまう(汗)。
「あまおうのパフェ」や「メロンパフェ」「マンゴーパフェ」などもあったのだけれど、
この日、私が選んだのは「フルーツパフェ」(1,080円)。

d0352022_18090571.jpg
ここ「パフェリオ本店」は季節ごとに旬のフルーツをあしらったパフェが色々といただけるのだけれど、
年間を通して食べられる「4種類の定番パフェ」が存在する。
「静岡産マスクメロンパフェ」(1,620円)、「ベリーパフェ」「バナナショコラパフェ」
共に972円)、そして今回の「フルーツパフェ」だ。


「フルーツパフェ」という通り、パフェグラスにはメロン、パイナップル、ドラゴンフルーツ、キウイ、
オレンジ、ブドウ、洋梨、ベリー、ストロベリー、さらには大好物のスイカがあふれんばかりに
トッピングされていてこぼれそうだ(笑)。

d0352022_18091122.jpg
シャーベットは桃とのこと。

d0352022_18091550.jpg
フルーツが転がりそうなので慎重に食べ進む(笑)。
d0352022_18092032.jpg
アイスクリームの中にはいちごのコンフィチュールが!!
大好物のスイカは最後の最後にいただいたが、やはり「冬のスイカ」は格別に美味しく感じる(笑)。


すっかり冷えてしまったのだけれど、暖かな暖房の効いた店内でいただくパフェはやはり美味しい。

17時からは「とちおとめ苺とショコラのホットパフェ」(1,188円)なるメニューが楽しめるらしい。
これは今度是非、チャレンジしてみなければ!!


ここのところ、此方に通う頻度が確実にアップしている(笑)。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html

by forestkoro1015 | 2018-01-15 18:31 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
新宿高野つながりで思い出したのが、昨年末にパフェリオ本店でいただいた
「初恋の香りと紅ほっぺ苺のパフェ」だ。
折しも年内最後の打ち合わせが終わったのを祝って、「一人おつかれ会」を開催。


じゃーん!!「初恋の香りと紅ほっぺ苺のパフェ」(1,620円)。
d0352022_02343991.jpg
ひよこ顔で愛らしく微笑んでいるのが、「初恋の香り」という苺なのだそう。。。
なんでも熟しても赤くならない、それでいて香りが良くて甘みがあり、しかも酸味は穏やか。
果実が熟してくると果皮の白色が薄くピンク色に染まり、その可愛らしい姿が
「初恋」をイメージさせることからのネーミングという。

d0352022_02343438.jpg
d0352022_02344595.jpg
d0352022_02345057.jpg
気持ち、ひよこ顔の向こうにほんの少し「初恋の香り」もしたような。。。
肌寒い日だったけれど、ちょっぴり暖かな気持ちになって帰途についたのだった。


12月26〜31日までの限定パフェとメニューには書かれていたが、8日(月)まで楽しめるらしい。
「ひよこ顔の白い苺」に出会ってみたい方は是非っ!!
きっと「淡い初恋」の記憶がよみがえることだろう。。。



ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html



by forestkoro1015 | 2018-01-05 10:39 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
寒かったこの日は渋谷でちょっと休憩。
向かったのは久しぶりの「華泰茶荘 渋谷店」
3階にある静かな空間で美味しい中国茶(その他のお茶も)が楽しめるお店だ。
すでにランチの中国粥は終了している時間なので、お茶と御菓子セットを注文。


いくつか選べる中から、この日は「文山包種茶」をセレクト。
d0352022_18414796.jpg
最も緑茶に近い台湾発のウーロン茶で、その中でも最も香りが上品で、「清茶」(しんちゃ)とも呼ばれる
このお茶は愛好家も多いお茶なのだそうだ。
葉の形は少々ユニーク。味わいはまろやかで甘く、時としてキンモクセイのような華やかささえ感じさせる。
煎れ方がまた変わっていて、白い器にお湯を注ぎ、蓋をし少しずらし、急須のようにしてガラスの器に注ぐ。
右側の茶色い縦長の茶器は聞香用。たしかに上品系の香りが鼻腔をくすぐる。


この日のお茶菓子は茶葉を入れて焼き上げたケーキとクッキー。
そんなに甘くなくてお茶の味を邪魔しない上品系のテイストだ。
d0352022_18415529.jpg
普段なら静かな時間が流れる店内に客は少ないのだけれど、声だかに話す客が二組。。。
混雑している時間帯ならまだしも、午後のゆるりとした時間帯のこの店に大きな声は似合わない。
なんだかなーと思いながら茶器にお湯を注ぐ。。。
最近の若い(若い人に限らないのだけれど)人たちにTPOなどと言っても通じないのだろうなぁ(笑)。
お茶は美味しいし、雰囲気も悪くないのに、客層が・・・ちと惜しい(爆)。。。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は




●華泰茶荘 渋谷店 (ファタイチャソウ)
東京都渋谷区道玄坂1-18-6 秀峰ビル 1F・2F
03-5728-2551
1・2階 茶葉・茶器の販売 10:30~19:30
3階 茶芸館平日11:00~17:30(L.O. 17:00)土日祝11:00~18:30(L.O. 18:00)
4階 個室(要予約)
火曜休、年末年始
http://www.chinatea.co.jp/






by forestkoro1015 | 2017-12-17 19:10 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)