Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:雑感( 22 )

プレ13日の金曜日。

西日本には大雨が降って多くの方々が被災され、東日本は毎日うだるような暑さが続く。
そして明日はジェイソンが来る。。。
もとい「13日の金曜日」だ。


キリスト教の信者という訳でもないが、過去にケガをしたり、ものをなくしたり
したことがあるので、この日は自分にとって厄日と決めている。
毎回、自宅で心穏やかに過ごすのだけれど。。。


明後日は「13日の金曜日だなー!」と思いながら買い物から帰ってきたのは昨日の夕方。
車から荷物をおろし、両手にトイレットペーパーをもって玄関に向かおうとしたその時、
悲劇は起こった。。。


カーポートから玄関へは8センチほどの段差がある。
何万回と通ってき何の変哲もない段差なのに、昨日はサンダルを履いていたからか、
つまずいてしまったらしい。


身体が宙に浮き、地面が顔に迫ってくる!!
と思った瞬間、トイレットペーパーを両手に握りしめたまま、玄関のコンクリに
叩きつけられていた(涙)。


顔の右側と右肘に擦り傷と打撲、そしてジーパンを履いていたのだけれど
両膝がメチャクチャに痛い。
特に左足の膝が変な腫れ方をして痛いので、足を引きづりつつ整形外科へ。。。
運が良いことに骨折はしていなかったらしいが、相当に強く打ったらしい。
打撲の重傷ということで、両膝にはベッタリと湿布薬が!!
とにかく動かすと痛いので、また引きこもり状態になっている(汗)。
にっくきトイレットペーパーめっ!!


そして本日の仕事も夜のピザ店もドタキャンすることに。。。(汗)。。。
最近、体調のせいでドタキャンが多いような気が(汗)。
ご迷惑をおかけした方には心からお詫びしたい。


「13日の金曜日」は当日だけでなく、近づいてきたら心して注意して生活しなければ
いけないようだ。今回も注意していたはずなのだけれど。。。


明日は皆様もくれぐれも気をつけてお過ごしください。


写真はご近所のいつも定位置にいるねこ。
d0352022_14531850.jpg
暑さのせいか、しょっぱい顔をしているので普通の顔も。。。
d0352022_14532623.jpg


※私の忌まわしい13日の金曜日のエピソードは



by forestkoro1015 | 2018-07-12 15:11 | 雑感 | Comments(0)

お岩さん。。。

昨日のワールドカップ、日本代表のポーランド戦はなんだか味気ない試合だった。
自分たちで得点して引き分けか勝利すれば、堂々と胸を張って
「日本すごい!」「やるじゃないか!」と決勝リーグに進むことができるのに
他チームの勝敗(というかルール?)に頼って、姑息な試合運びをするのは
どう考えてもワールドカップに出場している国としていかがなものかと思う。
「それも戦術のうち」、「結果がすべて」とは言うけれど、
そもそも初戦からして一人退場して10人の相手チームに11人で勝利して
あとは引き分けと負け。
どう考えても「棚ぼた」でここまで来ているような感は否めない。
日本代表を応援している人たちには悪いのだけれど、
決勝トーナメントで相手チームにボコボコにされて
「世界に恥をさらす」ことのないように祈りたい。


さて、そんな私は実は昨日から「お岩さん状態」で左目が腫れている(汗)。
前の晩はちょっと左目がゴロゴロするなかなーと思って寝たのだけれど
朝、起きたら、かなり酷く腫れ上がっている。
それもいわゆる「ものもらい」とは違う感じで腫れが相当に酷い。


昨日は橫浜の某イタリアンで5周年記念を兼ねたスペシャルディナーの予定
だったのだけれど、こんな顔ではとても参加できそうもない(汗)。
友人とお店に連絡してピンチヒッターを探してもらうも、
今日の今日というのは難しいもの。。。
やっと見つかったという連絡をもらったのは3時近い時間だった。
オフィスで働いている時間の友人にも、お店の方にも多大なご迷惑を
おかけしてしまったことを心からお詫びしたい(滝汗)。
でも、空席が出ないで本当に良かった!!
友人のSNS情報によれば、お料理とワインは実に素晴らしい夜だったらしい(号泣)。


そんな私の昨日のお昼は冷やし中華。
スペシャルディナーに行けなかった分、ほんの少し具だくさんに(笑)。
d0352022_11274206.jpg

抗生物質と塗り薬のお陰で、目の腫れはだいぶ引いてきたのだけれど、
ドクターも「どうしたのでしょう?」と首をひねっていた。
明日になっても腫れがあまり引かない場合は、近くの大病院へ紹介予定とのこと。。。


少しでも腫れが引くように、仕事もドタキャンして自宅に引きこもっている。
早く良くなりますように!!



by forestkoro1015 | 2018-06-29 11:50 | 雑感 | Comments(0)

#MeToo(私も)

「#MeToo」というハッシュタグが時代を映すキーワードとして世界中を駆け巡っている。
セクシュアルハラスメントや性的暴行・被害体験を告白・被害を告発し、被害の撲滅を
訴える役割も込められたハッシュタグという位置づけらしい。
d0352022_13212301.jpg
多くの女性が「#MeToo」のハッシュタグを使ってその被害撲滅に立ち向かっているのは
喜ばしいことだ。
今まではセクハラや痴漢などの性的被害に遭ったとしても、女性たちは黙って耐えるしかできなかった。
いや、そういう時代、風潮の世の中だったのだ。

高校に通う電車では、毎朝、知らない人に制服の上からお尻を撫で繰り回されて当たり前。
自分も含めて、友人たちは自己防衛策として、皆、安全ピンを手に通学していた。

大学生になると、「3人の男の人に逃げられないように取り囲まれて身体中をなで回された!」
「某ターミナル駅のホームで電車を待っていると、いくら(でやらせてくれる)?」
指を3本立てて「これぐらいでどう?」と追いかけ回されたなどと
友人たちの話はさらにすごい展開を見せる。
が、誰に相談できるでもなく、皆、悔しい思いを胸にしまい込むしかなかった。


下品でいやらしいヤツは電車内だけでなく、どこにでも転がっている。
例えば小学6年の時の担任(♂)。
今、考えるとただの変態だったと思うのだけど、身体検査の時には「女子も上半身裸!」を
必要以上に強調。女子も男子同様に教室でパンツ一丁になり、まるでソドムの市の奴隷のように
一列になって身体検査室まで校内を歩かされるのだった。。。
今、思うと、いや、当時でもありえない話だ。小学6年といえば胸も大きくなりかけている。

たしか身体検査の前の晩だっただろうか。母に「明日はとてもイヤな日だ!」と
話したところ、本人よりも母の方が大激怒!!
クラスメートの母親に電話をかけまくり、結果「上半身も下着をつけたままで」
身体検査が受けられることとなった。
「下着つけて計測しても500グラムも変わるわけではない!!」と主張した
母の勇気に当時は感服したものだが、あの時の担任のつまらなそうな顔は今でも忘れられない。


学校の先生に対しては反抗できないし、性的被害について日本の女子たちはなかなか
声を大にして言い出せないものだ。

かくいう私もはじめて痴漢に遭遇したのは小学2年生の時のことだった。
家族とどこかへ出かけた帰り道、電車の中でその痴漢は私の下半身をなで回し、
挙げ句に下着の中に手を入れてきたのだ。
「この人は一体、何をするつもりなのだろう?」・・・
父も母もすぐ近く(ほとんど隣)にいるのに「助けて!」と声を出すこともできず、
恐怖に震えていた。いや、最大限の抵抗策として爪を立てて相手の手を払いのけたのだけど。

最寄り駅で降りて「パンツの中に手を突っ込まれた!!」と報告したところ
「なんですぐに大声を出して騒がないの?」とメチャクチャに怒られたものの
とても大声を出せる状況ではなかった。


そのような小さい頃の恐怖体験もあるのだろう。
日本の女性たちはセクハラや性的暴行・被害に対して口をつぐみがちだ。
声を大にして騒ぐことはよろしくないという独自の風潮が根づいていたためだろうか。
クライアントのおじさんに挨拶代わりに抱きしめられ、頬ずりされても我慢をするし(ここは日本だ!)
「いいお尻してるね!」とお尻をなで回されても笑って済ませた。

別のクライアント主催のヌード撮影会(もちろん裏方スタッフとして)に
かり出されたこともある。「担当だから」「仕事だから」と上司は主張したが、
そういう問題ではないと思う。

数え上げればキリがないほどの様々なセクハラのシーンに遭遇してきたが、
「誰も守ってくれない」「自分のことは自分で守るしかない」。。。そんなことも含めて
セクハラの場面ではどんなときも笑って済ませる術を身につけていった。
いや、日本という国においては、時代がそのような風潮だったと思う。


「セクハラ罪という犯罪はない!」などとどこかの国の頭の悪い副大臣が言い放ったが、
それは男性側の意見であって、女性にとってみれば時代錯誤も甚だしい話だ。
しかも、そんなことを堂々と閣議決定する日本は、世界から見ればまだまだ後進国と
言わざるを得ないだろう。


伊藤詩織さんの性的暴行事件はあまりにも痛ましすぎるが、あの事件を機に、
今、少しずつでも声を上げる人が増えてきたことは、女性にとっては喜ばしいことだ。
詩織さんのような被害女性をなくすためにも、一人ひとりの女性が立ち上がり、
イヤなこと、不快なこと、やめてほしいことには声を大にして「NO」を突きつける。
それが少しずつでも性的暴行や被害の撲滅につながっていくのならば
とても大切なことだと思う。


電車の中で痴漢被害に遭う子や被害に遭ったとしても声をだすことができない
女の子たちが一人でも減るように、そんな風潮の世の中を創り出していきたいものだ。



※写真は我が家の庭に1本だけ咲いたバラ。

by forestkoro1015 | 2018-05-19 13:22 | 雑感 | Comments(0)

変わりゆく街。

鉄筋2階建てアパートが何棟か建っていた近所の宅地造成が急ピッチで進んでいる。
以前は某企業の社宅だった物件が民間に払い下げられ、幾年月。。。
すっかり古びてきたなーと思いつつ、敷地内には桜の木やキンモクセイなどが何本も立ち並び、
季節ごとに通行人の心を和ませてくれるノンビリとした場所だった。。。
「キンモクセイ通り」などと勝手な名前をつけて楽しんでいたのだけれど。。。


最初に建物が、次に木々が、今度は周囲の塀やブロックがブルドーザーで一気に押しつぶされ、
今は荒涼とした土がむき出しになっている。


こんなに広くて伸びやかな土地だったんだ。。。
と、通りかかる人たちが歩をとめて写真を撮ったり、感慨深げに眺めたりしている。

d0352022_01590072.jpg
建坪率の制限があるとかで、3階建て以上の建物は建てられないらしく、「51戸」の戸建てが
建つのだそうだ。
どうせ戸建てにするなら、桜とキンモクセイの何本かは残してほしかったと思う。
まぁ、きっとギリギリに区画を区切って売り出すのだろう。。。
1戸あたり4,000万として約20億円。。。建て売りになるのか、土地のみ販売の自由設計になるのかは
知らないが、車の通行量は今以上に増え、子供の飛び出しは確実に多くなるだろう。


何よりも怖いのは、前後にお子様を乗せた三人乗りの電動アシスト自転車の暴走。。。
急いでいるのはわかるのだけれど、曲がり角でも減速しないで突っ込んでくるし、
実際、ご近所で何度も怖い目に遭遇している(此方が歩いている場合でも)。
冗談ではなく、自転車保険(自分や家族がケガした場合も含む)に加入したぐらいだ(笑)。


ヨーロッパなどの街並みは何年たってもそんなに変わらないのに、スクラップ&ビルドが
当然のように繰り返される日本の街の表情はどんどん変わっていく。。。
伐採された木々はもうもとには戻らない。。。



by forestkoro1015 | 2018-01-18 02:27 | 雑感 | Comments(0)
昨晩(日本時間)、ノルウェーのオスロで開かれた今年の「ノーベル平和賞」の授賞式
ネットで視聴。その活動が認められ、賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」
(ICAN)のフィン事務局長と被爆者代表のサーロー節子さんのスピーチは
実に素晴らしいものだった。


フィン事務局長のスピーチは


サーロー節子さんのスピーチは



世界で唯一の被爆国でありながら、核の傘下に入り、今年7月に国連で世界122カ国が賛成して採択された
「核兵器禁止条約」に無関心を装い、今回の授賞式に国としての代表を送ることさえしなかった日本。。。
テレビのチャンネルを回しても今回の平和賞の様子は中継されず、かろうじてネット中継で
観ることができた次第。。。その時間帯、テレビではバラエティ番組が流れていた。。。
この、日本という国は、一体、どこに向かおうとしているのだろう。。。



ところでノーベル平和賞の授賞式が開催されたのは、海に近い場所にある「オスロ市庁舎」だ。
d0352022_16304861.jpg
d0352022_16302468.jpg
市庁舎なので入場無料。普段は誰でも自由に見学可能だ。

中継でもアップで映像が流れていた会場にある絵画(3面それぞれに絵が描かれている)。
d0352022_16311386.jpg
d0352022_16312136.jpg
d0352022_16312901.jpg
普段の椅子の配置はこのような感じ。
d0352022_16303117.jpg
今回の授賞式では世界中から集まった人々で埋め尽くされてた(感無量)。。。
2階にも会議室や展示コーナーがあって見学可能だ。
石の手すりのところは広い回廊になっている。
実はこの市庁舎を訪れた際にあやまって眼鏡ケース(安いビニール製)を手すりの向こう側に落としてしまい
頑張って拾おうとしたのだけれどどうしても手が届かない(滝汗)。
巡回している警備員のおじさんにはジロジロ見られるし(実際、怪しい行動に見えたと思う)
届かないし、時間はないしで拾うのをあきらめることに。。。

半年前の出来事なので、もしもまだ拾われていなかったら、あの眼鏡ケースは私の代理(!)として
今回の歴史的な瞬間に立ち会ったことになるのだろうか(笑)。
決してワザと落としたわけではないのだけれど、それはそれでなんだかとても羨ましい話だ(笑)。



この授賞式の日に自分に授与しようと思って冷蔵庫にとっておいた「金メダル」。
d0352022_16303751.jpg
オスロ市庁舎近くの「ノーベル平和センター」(のお土産コーナー)で売られている。
d0352022_16310557.jpg
この「ノーベル平和センター」の2階にある展示コーナには、過去の受賞者がデジタルサイネージで
一人ずつ展示されている。中には佐藤栄作元首相なども混じっていて「ん?」とも思うのだけれど(笑)
平和について色々と考えさせてくれる。
色々と意見もあるだろうけれど、今回、ここに「ICAN」が新たに加わることは、非常に意義深いことであり
世界の人々が核に対してもう一度考え直す機会になることを心から願わずにはいられない。



※ノルウェーを訪問した際のオスロ旅行記(オスロ市庁舎編)は



by forestkoro1015 | 2017-12-11 17:26 | 雑感 | Comments(0)

足の痛み・その後。

「深部静脈血栓症」=「エコノミークラス症候群」
診断されてから約1週間が経過。本日も朝から武蔵野日赤へ。。。
採血スタートということで、8時過ぎに採血ルームに行くと、足の踏み場もないほどの混雑ぶり!!
「血液をサラサラにする薬」(これが結構お高い!)の効果は出ているようで、
先週よりは血液データは改善されているとのこと。。。


歩く(立ち上がっても)と激痛が走るので、あまり歩かない(家の中でもキャスター付きの椅子で
移動していた・笑)で、どうしても出かけなければいけない時は「杖」を使って(年寄りのように・笑)
いたのだけれど、できるだけ「歩く」&「動かす」した方が、血液が流れやすくなって
治りは早いとのこと。。。わかってはいるのだけれど、マジで痛いのは苦手だ(汗)。
だいぶ細くなってきたけれど、まだ左足のふくらはぎの方が、右足よりも2.5センチは太い。
それでも先生は「もっと歩いてください!」とのこと。


わかりましたよ、歩きますよ!!



その後、母の入院している病院へ寄ったら、何故か「私が重傷のため足を手術する!」という話に
なっていた(笑)。「あんた、大丈夫なの?何日入院するの?」と真顔で尋ねてくるし(呆)。


そこまで重傷じゃないし、手術もしませんっ!!


日赤よりも相当に空いていて、広くてゆったりした此方は
この界隈ではまだ新しい総合病院だ。。。



d0352022_18172940.jpg
写真は先日、車のフロントウインドウに張り付いていたバッタ。。。
一緒にだいぶ走ってしまったw



それにしても検査だ、薬代だと、万札に羽根が生えて飛んでいく日々が続いている。。。憂鬱。。。






by forestkoro1015 | 2017-10-04 18:35 | 雑感 | Comments(0)

足の痛みにご用心!!

遊び過ぎた8月のツケがまわって、怒涛の9月となってしまったのだけれど
左足が痛いと感じたのは中旬のこと。
最初、階段を降りるときだけ膝にきしむような痛みがあり、運動不足?
と思いながらも放っておいたら、今度はふくらはぎが何度もつるように。。。
その後、ふくらはぎが腫れてきて痛みと熱感が増すように。。。
寝ているときは楽なのだけれど、立って歩いたり、家事をするだけで
ジンジンと痺れてきて、痛くて、だるくて泣きたくなるほどに。。。


仕事の締め切りも重なっていたし、家族の入院騒動などもあって、
地元の病院を受診したのが火曜日。。。
足のレントゲンを撮り、骨に異常はないようなので、もしかしたら
「深部静脈血栓症」の可能性もあるとのこと。
そして昨日、紹介状をもって武蔵野日赤を受診したところ、
地元の病院の先生の見立て通り、「深部静脈血栓症」と診断され
血液をサラサラにする薬を処方されました。


わかりやすくいうと「エコノミークラス症候群」のこと。
長い時間、同じ姿勢をとり続けることによって起こる極めて危険な病気だそうで
足の静脈に血栓ができて、それが剥がれて肺や脳に運ばれると
肺が壊死したり、脳梗塞が起こり、一瞬で死に至る病気とのこと。。。


中には飛行機のフライトを終えて歩き出した途端にポックリいっちゃう人も
いるのだそうです。また、エコノミークラスに限ったことではなく、
ビジネスクラスの座席、新幹線、長距離バスなど、身近なところにも
要因はいっぱい。。。私などは自宅のデスクワークだけで病気になって
しまった訳ですし。


予防するにはできるだけ同じ姿勢をとり続けないこと、適度に休憩すること、
そして水分をたっぷり補充することが大原則だそう。


私の場合は足が痛重いなどの症状がありましたが、中には無症状の人もいるそう。
突然死のリスクを防ぐためにも、デスクワークが多い方はご用心ください。


いまは血液をサラサラにする薬、頑張って飲んでいます。。。
もちろん禁酒です(笑)。
早く良くなりますように。。。


d0352022_14445587.jpg







by forestkoro1015 | 2017-09-28 15:24 | 雑感 | Comments(2)
ユナイテッド航空の「乗客強制引きずり下ろし事件」のニュースが世界を駆けずり回っています。
自社のスタッフを乗せるために、すでに機内に座っている人たちを
無理矢理に降ろす(中でも一人は断っているのに、ケガさせてまで引きずり降ろす)と
いうのは、ありえない話です。
しかも強引に降ろした乗客がアットランダムに選んだ「アジア人」というのですから
さらにありえない話です。アットランダムというのはおそらくない話でしょう。


というのも、だいぶ前の話ですが、私もユナイテッドの飛行機で
「差別」(っていうのでしょうね)にあったことのある一人です。



それはロスからハワイ・ホノルルに飛ぶユナイテッドの国内線での話です。
仕事でロスに出かけていた私は、社員旅行でハワイに来る職場の仲間たちと合流し、
ホノルル経由で日本に戻ることになっていました。
ロスまでの往きはANAでしたが、ロスからホノルルまでのANA便はないため
やむなく「ユナイテッド」を利用することに。。。


ホノルルまでの国内線はCクラスの設定がない小さめの飛行機でした。
出張で出かけていた私のチケットは、ホノルルまでは「ファーストクラス」に!!
「おおっ!!人生初のファーストクラスだ!!」と嬉しかったのはこの時だけ!!


チケットの番号に従って自分の席に行こうとすると、
ユナイテッドのCAは傲慢な態度で私の進路を遮るように立ちはだかり
「お前の席はあっちだ!!こっちはファーストクラスだ!!」と言い張ります。
もう仕事は終わってプライベートタイムなので、ジーンズのラフな格好をして
いましたが、チケットの番号はこっち(ファースト!)なのだから仕方ありません。
ポケットをゴソゴソしてチケットを見せると、肩をすくめてのオーバーリアクション!!
ったく、失礼なやつだ!!


覚えているのは、白い革張りの広い席だったこと。。。
隣には白人の中年女性(普通の体型)が座るようです。と、先ほどの生意気なCAが来て
彼女と立ち話。。。。その後、隣の彼女はどこかへ行ってしまいました。


その後、彼女の代わりに私の隣に来たのは、おそらく250キロは越えていると思われる
巨大な白人男性でした。まるでシロクマのような彼の大きな身体は大人2人分以上はあり、
当然、席からはみだすような威圧感があります。なんだかなーー!!


おそらく彼の隣に座るはずだった「白人」が「きつい!」とか「邪魔だ!」とかクレームを出したのでしょう。
その時、その便で、ファーストにいたアジア人(というか白人じゃない客)は私だけ。。。
おそらくアジア人だったら、隣が巨大なデブだろうが、何だろうが構わない!
=当然なこと!!と思われての席替えだったのでしょう。


デブおじさんに押しつぶされそうになりながらホノルルまで我慢して飛びましたが、
初めてのファーストクラスの思い出としては惨めなものです(汗)。
あんなイヤな思いをするのなら、私はエコノミーで十分だし、実際、おじさんのせいで窮屈だったしw


考えてみれば(みなくても)、これも明らかな人種差別ですよね。
アメリカに限らず、ヨーロッパの国々でも、「もしかして差別されてる?」と思うことは多々ありますが
ここまであからさまな事件ははじめてでした。


あれ以来、ユナイテッドは大嫌いな飛行機になって、二度と利用しないと思っていたのですが
今月末に久しぶりに利用することになりそうです。
なんだかなー。。。



全然関係ないのですが、写真は昨日のおやつの「一六タルト」。
ゆずの香りが効いた爽やか風味の美味しいお菓子です。
d0352022_11203202.jpg



by forestkoro1015 | 2017-04-12 12:15 | 雑感 | Comments(0)

ある接客。

都下にある某ケーキ店(なかなかの人気店です)での話。
春の新製品なのでしょう。
とても変わった形のかわいいケーキが店頭に並んでいます。
「ボンボンピスター」(ばらしているし・笑)という名前のようです。
値段は540円(税込み)。


お客さんは私たち以外にいません。
で、あまりに不思議な形だったので
素朴な疑問そのままに「何が入っているの?」と尋ねた訳です。


と、店員さん(中ではリーダー格の人です!)の対応に思わずのけぞりました。

「そこに書いてありますっ!!」。。。


その後、フォローの説明が入るわけでもなく、ただその一言だけでした(驚)。


なんだかなーー!!という前に「唖然」です!!



彼が何に対してイライラしていたのか、怒っていたのか、知るよしもないですが、
これから商品を買おうとしている客に対して、販売する側がとる態度ではないし、
発する言葉ではないですよね。
昨日入ったばかりの新人やバイトとかいうのなら、まだわかるのですが
若い人たちの見本になるべき人がそのような態度をとるのはいかがなものかと。。。
別に此方も買う前から偉そうな態度をとっていた訳でもないし、機嫌を損ねたつもりもないのですが。


あっ、ちっこい紙にちっこい文字でチラチラと何か書いてあったようですが
眼鏡をかけてなかったから「見えなかった」訳で(爆)


長年、お店で買い物していますが、このような不遜な態度をとる店員さんは実ははじめて。
無言のまま睨み付けるぐらいにして、買わないで帰ってくれば良かったです。
ケーキの誘惑に勝てなかった自分が悲しい(汗)。



ケーキというのは食べる人に夢を与える食べ物の一つです。
その販売に携わる人が、客に不快な思いをさせるのはどうなのかしらん。。。


彼に声を大にして言いたい!!
「今年の新人と一緒に、
接客マナーの基礎研修からやり直してきなさいっ!!」



※写真はお店とは関係ありませんです。
d0352022_01422518.jpg

by forestkoro1015 | 2017-04-07 23:41 | 雑感 | Comments(0)

解せない話。

スピード違反や追い越し禁止違反、飲酒運転なら、違反した自分が悪いのはわかるのですが
「なんだかなー?」という取り締まりでつかまった経験はありませんか?


例えば、一時停止で「停まった・停まらない」での取り締まり。。。
此方は停まっているのに、物陰に隠れていたおまわりさんは「停まっていない!」
「私はずっと見ていました!」という主張。。。
だったら、一時停止の違反をさせないように、「存在を主張して」その場にいれば良いと思うのですが。
おまわりさんがいれば、誰でもキッチリと「法令」を十分すぎるほどに守って
その場所では違反検挙者はキッチリと減ることでしょう。
物陰に隠れて見ているなんて「卑怯」ですよね。
あんたのことだよ!!○蔵野警察っ!!


今回の青切符も「違反」と言われればそうなのですが、なんだかしっくりこない話でした。
あまり通ったことがない道で、某スーパーの駐車場に「右折」で入ろうとしたところ、
そのスーパーの駐車場は「右折進入禁止」だったそうです。

何故、気づかなかったかというと、
目の前に10トンの大型トラックがいて前を塞いでいた!
からなのでした(標識も何も前は全く見えませんでした)
当時、雨が降っていて視界はあまり良いとは言えない状況です。
で、右折したら駐車場におまわりさんがいて、青切符を切られたという次第です。


「トラックがいて前が見えなかった」と話したところ、
「車間距離を十分にとっていれば、前は見えたはず。
車間距離を取らなかったあなたが悪い!」と向こうは聞く耳を持ちません。
というか、車間距離をとるも何も、ずーーーっと渋滞していた訳ですから
その言い分は無理があると思うのですが。。。


若い方のおまわりさんは気の毒がってくれましたが、もう一人の中年のおまわりさんは
人のことをにらみつけて、とても感じが悪かったです。
まさに虎の威を借る狐という感じ(爆)。


結果、6,000円の罰金ということでしたが、どうしても腑に落ちません。
ネットで検索してみると、交通違反の罰金の支払いは義務ではないという話も見かけたので
しばらく放置(!)してみることにしました。
が、今回、2回目の督促状が来てしまいました(汗)。
d0352022_15044076.jpg
結構、過激な内容ですよね。
ネットでは「ひたすらガン無視する!」と書いてありましたが、
これを過ぎると今度は「検察庁」から呼び出しがかかるのだそうです。
呼び出された場合の傾向と対策も書かれていました(別に前科がつくわけでもないらしいです)。
そして大半の場合が「おとがめなし」「反則金も払わなくて済む!」
のだとか。。。結構、そのような人たちは少なくないのかもしれないですね。。。


が、まぁ、3月まで粘った自分を「良し!」とすることにして、誠に不本意ながら先日、払ってきました。
なんか権力の「言いがかり」に負けたようでとても悔しいのですが。。。


交通課がメインなのでしょうが、税金で働くおまわりさん方もこんなチマチマした一般庶民イジメではなく、
もっと大きな不正や犯罪をキッチリと取り締まっていただきたいと思います。



もう退出したのですが、うちの貸家に入っていた店子(某警察署の交通課のご一家でしたw)は
家賃の滞納が4ヶ月以上(その後、毎月取り立てても必ず遅れる!あるいは分割払!ひどい時は
家賃の1割しか入ってない時も!!)というトンデモない人たちでした。


今回の違反とはあまり関係ない話ですが、たかだか6,000円の支払いの督促に国民の尊い税金を
湯水のように使うのであれば、お家賃もキッチリと毎月支払っていただきたかったです(怒)!!


あっ、ちなみに6,000円に882円分(督促状の郵便料金らしいです)が上乗せされての支払いとなりました。




by forestkoro1015 | 2017-03-30 15:42 | 雑感 | Comments(0)