Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:グルメ・山梨( 7 )

アメリカ人のポール・ラッシュ博士によってキリスト教の青年指導者を育成する施設として
1938年(昭和13年)に創設されたのが、清里にある「清泉寮」だ。
戦後は荒れ果てた農地を復興するためのキープ協会が創設され、清泉寮はその拠点となった。


標高1,380mの場所にある此方は、現在はロッジ、コテージ、レストランなどを有する
宿泊・研修施設として利用されているが、忘れてならないのが、
「清泉寮ジャージーハット」「清泉寮ソフトクリーム」(400円)だ。


「七賢・山梨銘醸株式会社」を見学した後は、土砂降りの雨の中を清里まで移動してきた。


2018年7月14日にグランドオープンした「ジャージーハット」は、今までの3倍を誇る
広いスペースと300平方メートルを越える大展望テラスからの富士山や南アルプス
臨む雄大な景色が素晴らしい場所だ。
が、これは晴れていれば・・・の話で、当日は土砂降りの雨。しかもキリで周囲は煙っている。


しかもパーキングからの足場はとても悪く(まだ工事中か?)、ゴムマットが敷かれている
中を傘を差して新しい店舗に到着した。


店内はまあまあの混雑ぶり。お土産コーナーがとても広い。

寒かったけどそこは食い気が勝る(笑)。

d0352022_18440508.jpg
d0352022_18441686.jpg
お目当てのソフトクリームゲット!!●●年ぶりだ(笑)。
d0352022_18441142.jpg
さらりとした口当たりのソフトクリームの中に、ジャージー牛乳ならではのコクのある
美味しさとまろやかな甘みを感じることができる。

外が土砂降りなので、テラスに出られず、座るところがないのが辛い。
お席はあるのだけれど、奥にある店舗の「ミルクバー専用!」という札がかかっている。


せめて雨の時ぐらいは椅子席のみだけでも開放してくれる優しさがほしい。
お天気が悪い時にソフトクリームを食べにいった私たちが悪いのだけれど。。。


d0352022_18442178.jpg
お天気が良いときには行列になることもあるらしい。
が、せっかくだったらダイナミックな景色を楽しみながらテラス席で食べたいかなぁ。。。


ちなみにテラス席には「足湯コーナー」も設けられているらしい。
足湯に浸かりながら、ソフトクリームを食べて、美しい景色を眺めることができる。。。
お天気さえ良ければ、まさに「一石三鳥」のソフトクリームでもあるようだ。

台風さえ来なければ。。。。無念!!


ごちそうさまでした☆



●清泉寮ジャージーハット
山梨県北杜市高根町清里3545
0551-48-4441
なし(年中無休)
9:00~17:00(夏季は延長あり)
駐車場:無料・200台
バリアフリー:スロープ、多目的トイレ有
その他:足湯(無料)
https://www.seisenryo.jp/special-new-jh.html

清泉寮ジャージーハットソフトクリーム / 清里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1


by forestkoro1015 | 2018-10-08 19:10 | グルメ・山梨 | Comments(0)
「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」の朝食はフロント棟2階にある
大宴会場でいただく。
繁忙期以外であれば、「朝定食」の選択も可能らしいが、残念ながら、
利用した時は「朝食バイキング」のみの設定(汗)。。。


「四季亭」でいただいた「横岳会席」が「地産地消コース」という感じで
割と美味しかったので、自ずと朝食にも期待が高まってしまう。


広い宴会場のセンターテーブルにはバイキングの品々が豊富にラインナップしている。
スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコンなどの洋物から鮭、筑前煮、ポン酢しゃぶしゃぶ、
などの和物までよりどりみどり。
さすがにサラダコーナーの新鮮野菜のラインナップは見事だった。


変わったところでは、「DIY」でお好みに合わせて作る「ハンバーガーコーナー」があったり、
やはり「DIY」で組み合わせる「山梨名物」の「ほうとうコーナー」があったりと
ファミリー層を意識したメニュー設定もある。


また奥の方のテーブルには、北杜・明野名物の玉子を用いた「焼きたて目玉焼きコーナー」
ヘルシーな「豆乳豆腐コーナー」があるのが特徴だろうか。
ユニークなところでは、朝カレーに加えて、「朝茶漬け」「朝粥」コーナーもあった。


いささか出遅れた初日はこのような感じ。
d0352022_15544105.jpg
この日の目玉焼きは少々レアっぽかったかな。。。私はもう少し焼いてある方が好み。
d0352022_15544854.jpg
スープはコーンスープだった。


台風大接近予報が出た二日目は早々に朝食(笑)。
d0352022_15545427.jpg
人参のラペがとても美味しい!!
d0352022_15550073.jpg
スープは野菜たっぷりのミネストローネ風コンソメ。前日のコーンスープよりも
断然美味しい!
d0352022_15550632.jpg
この日の目玉焼きはちょうど良い仕上がり!
d0352022_15551266.jpg
フルーツはグレープフルーツとバナナ。


朝食会場で甲斐甲斐しく働いていたお兄さんがミョーになれなれしく語りかけてくると
思ったら、一日目の送迎車のドライバーさんだった(笑)。
ユニフォームが違うからわからないし(笑)。



バイキングも楽しいのだけれど、やはり朝はノンビリとした「朝定食」の方が
嬉しいかなぁ。。。繁忙期だし、客も多い(この日は600人が宿泊していたそう)から
仕方ないのだけれど、忙しい時期も朝定食に対応してくれたら嬉しい人は少なくないと思う。


この日、朝食を食べ終えた後は、早々にチェックアウト!!
台風が来る前に中央道をカットンデ帰京したのだった。
が、途中、覆面につかまっている車を発見。。。ソロソロと帰ってきたことは言うまでもない(笑)。



※ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原のコテージの紹介記事は




※夕食をいただいた「四季亭」の紹介記事は









by forestkoro1015 | 2018-10-07 16:28 | グルメ・山梨 | Comments(0)
「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」の夕食。
宿泊プランとセットになった夕食と朝食はフロント棟2階にあるレストラン「四季亭」でいただく。
ケータリングやバーベキューなどのプランも選べるようだが、今回は和食コースをセレクト。
私たちのコテージからレストランまでは徒歩でアクセスもできるが、
往きはよいよい、帰りは延々坂道登山(爆)となるため、送迎をお願いすることに。。。


いただくのは「横岳会席」
八ヶ岳連峰の一つ、「横岳」は標高2,829mで、八ヶ岳の最高峰「赤岳」に次ぐ高さを誇っている。
ちなみに「赤岳会席」「硫黄岳会席」など、八ヶ岳の名前を冠したコース料理の設定があるらしい。


○前菜
d0352022_15133455.jpg
・蟹味噌豆腐 くこの実 美味出し
・ちらし銀杏
・きのことトマト、枝豆の白和え
・秋刀魚山椒煮
・柿玉子


○吸椀:松茸の土瓶蒸し
d0352022_15133835.jpg
鳥丸、海老、酢橘、三つ葉。

今年初の松茸だーーつ(嬉)!!
香りは今ひとつだけれど、鼻腔いっぱいにその香りを楽しむ(笑)。
お出汁がおいしいのでお酒がついつい進んでしまう(汗)。
d0352022_15134666.jpg
d0352022_15135156.jpg
○造里:本日のお造り三種盛り
d0352022_15135969.jpg
あおり烏賊、まぐろ、サーモン。
サーモンがトロトロで美味しい♪


○焼物:八ヶ岳で育った岩魚塩焼き
d0352022_15140806.jpg
「鮎?」と思うほどにかわいいサイズの「岩魚」。小さな岩魚だったけれどお味はまあまあいける。。。


○台物:山梨県産富士山麓牛のしゃぶしゃぶ
d0352022_15141471.jpg
d0352022_15142044.jpg
牛さんのしゃぶしゃぶも楽しいが、新鮮獲れたてレタスのしゃぶしゃぶが美味!!
地元野菜ならではのほのかな甘みが特徴だろうか。。。


○御食事:グリンピースご飯
d0352022_15142592.jpg
このグリンピースも一粒一粒が甘くて美味しい。自家製香の物も野菜が良いからだろう。
良い味だった。


○水菓子:杏仁豆腐と小菓子
d0352022_15143104.jpg
○お酒メニュー
d0352022_15132832.jpg
地元のお酒を揃えているようだが、この日いただいた中では、「北の杜」が結構好きな
タイプかも。。。


初日のセッティング。
d0352022_15132276.jpg
満腹になった後はまたまた送迎車でコテージまで送ってもらって余裕の二次会(えっ?)。
標高1,100mにある八ヶ岳高原の夜はとっぷりと暮れていったのだった。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は朝から土砂降り。。。
大雨の中、「サントリー白州蒸留所」「七賢」の造り酒屋などを見学。。。
あまりに寒いので、少し早めに帰ってきて温泉でまったり!!
この日の夕食も前日と同じ「四季亭」へ。。。


前日とは異なる窓際のお席へ案内された。
ん?周囲のテーブルには洋風のセッティングが(謎)。。。
d0352022_15144288.jpg
どうやら「四季亭」が満席のため、隣の「Le plateau」に急遽お席を作ったらしい。
というか、隣り合ったお店なのだけれど、レシートの扱いが違うだけだ。


いただくのは前日と同じ「横岳会席」となる。


二日目のセッティング。
d0352022_15144774.jpg

この日は「生いき 生酒」(谷桜酒造)からゴー!!
d0352022_15145428.jpg
○前菜:本日の盛り合わせ
d0352022_15150028.jpg
ツブ貝、柿豆腐とくこの実、茄子と山芋の和え物。


○吸椀:なごり鱧
d0352022_15150680.jpg
お出汁が美味しい。ホッとできるような懐かしい味わい。。。


○造里:本日のお造り三種盛り
d0352022_15151294.jpg
ボタン海老、まぐろ、鰆だそう。。。


○焼き物:富士山麓牛の陶板焼き
d0352022_15151864.jpg
自分で焼き焼きするのも楽しい!
d0352022_15153288.jpg

野菜はちと寂しかったけど(笑)。
d0352022_15153765.jpg
○白州ウイスキーをロックで!!
d0352022_15154394.jpg
昼間に見学した際、バーでも一滴も飲めなかった(車なので)ので、「夜は絶対飲む!!」と
決めていた(笑)。お一人様1本のみ限定発売の「白州蒸留所限定ボトル」もゲットして
きたのだけれど、開けるのもったいないし(笑)。
ロックでいただいたのだけれど、いい感じに酔っ払ってしまった。。。


○台物:信玄鶏と魚介の海鮮鍋
d0352022_15154824.jpg

d0352022_15155941.jpg
d0352022_15161823.jpg
○御食事:栗ご飯
d0352022_15160598.jpg
d0352022_15161233.jpg
土鍋でおよそ40分かけて炊き上がる(途中で絶対蓋は開けないで!と念押しされる)
この「栗ご飯」がとても美味しい。
お茶碗に2.5杯分あったのだけれど、すべて完食(「食欲の秋」を満喫!!)。
あまりの美味しさに、この日、道の駅で購入した栗(324円で31粒入っていた!)は
帰京後、即刻、栗ご飯になってしまったのだった。皮むきは嫌いなのだけれど(汗)。


○水菓子:アイスクリームと柿・梨
d0352022_15162431.jpg
正直、リゾートコテージの夕食ということで、そんなに期待していなかったのだけれど、
予想以上の美味しさに驚かされた次第。。。
地元の食材を様々にアレンジしてゲストたちをもてなそうとする心意気は充分に
伝わってくる。特にお野菜の甘さと「栗ご飯」の美味しさには感動した。。。


夕食は美味しかったけれど、朝食が今ひとつ惜しいかな。
朝食(バイキング)の様子はまた改めてご紹介しよう。


ごちそうさまでした☆



※ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原のコテージの紹介記事は






●四季亭
山梨県北杜市大泉谷戸8741 ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 2F
0551-38-2336
17:30~21:00(L.O.20:00)
無休
http://yatsugatake.izumigo.co.jp/

四季亭レストラン(その他) / 甲斐小泉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-10-05 16:41 | グルメ・山梨 | Comments(0)
「プレミアム桔梗信玄餅ソフト」しか食べていないのでお腹が空いた。
という訳で、R20沿いにあるお蕎麦屋さんを発見!!
半端な時間にも拘わらず、暖簾が下がっていたので立ち寄ってみることにした。


「新清そば店」というなかなか渋い雰囲気のお蕎麦屋さんだ。
「カレーそば」というようなレアメニューも見かけたのだけれど、
無難に「みぞれそば」(750円)、連れは「とろろそば」(900円)を注文する。


「みぞれそば」がやってきた。
d0352022_15451129.jpg
大盛り?と思うような盛りの良いお蕎麦の上に、海苔と大根おろしがドーンと載り
まさに「みぞれ」というような風体のお蕎麦だ。
d0352022_15451751.jpg

山葵も葱もたっぷりしている。
d0352022_15452252.jpg
やけに色白の更級系のようなお蕎麦と思ったら、此方のお蕎麦はそば殻を用いていないのだそうだ。
麺はやや太めだが、のど越しもよく、サッパリとして美味しいお蕎麦だ。
都内で食べるお蕎麦の2.5倍はあるなーと思いつつ、ようやくの思いで完食。。。

此方は連れの「とろろそば」。(天地逆で失礼!)
d0352022_15450576.jpg
此方も「大盛り?」と思うほどトロロがたっぷりしている。
玉子を割り、トロロと混ぜ合わせ、ツユと合わせていただく。。。
盛りが良すぎるので、食べきれないという分を引き取って、とろろ蕎麦も味見!!
とろろが新鮮で美味しいのは言わずもがな。。。
が、田舎そばという訳でもないのに、やたらにお腹に溜まるお蕎麦だ。
もうしばらくお蕎麦は食べなくてもよいかな(笑)。


わずか750円でお腹いっぱいになるのだから、先ほどの某プレミアムソフトがいかにお高いか
おわかりいただけるだろう。。。


此方はサービスで登場したお漬物(撮影前に一つ食べられてしまった・汗)。。
d0352022_15452769.jpg
お茶。
d0352022_15444172.jpg
小上がり席には火鉢が置いてあった。使用する時もあるのだろうか。。。
d0352022_15453317.jpg
d0352022_15453829.jpg
やはりご当地メニューの「もつ煮」などもいただけるようだ。
d0352022_15445018.jpg


旅先(というほど遠い場所ではないけれど)で思いがけずに美味しいお店に巡り合うとうれしい。
CPの良い店なら尚更感激してしまう。
ごちそうさまでした☆



●生そば 新清 (しんせい)
山梨県笛吹市石和町四日市場1834
055-262-4620
11:30〜19:00
金曜休(不定休あり)
駐車場有


by forestkoro1015 | 2018-04-06 16:56 | グルメ・山梨 | Comments(0)
東京より遅い「桜」と満開の「桃の花」を追って山梨・笛吹市へ出かけたのは
一昨日の月曜日のこと。
平日の中央道・下りは空いていて、一宮御坂までは渋滞もなく快適なドライブだった。

ここまで来たのならと、久しぶりに立ち寄ったのが、信玄餅で有名な「桔梗屋本社」だ。
d0352022_16320665.jpg
そんなに混んでいないと思ったら、観光バスが次々と横付けされ、その度に団体客がドーンと
はきだされる。
道理でアウトレットの売場も野菜の売場もめぼしいものはほとんど売り切れだった。


という訳で「桔梗信玄餅ソフト」でも食べようかなーと売場へ。。。
緑色の抹茶ソフトを食べている人を見かけたので「?」だったのだけれど、どうやら「プレミアム」
登場していたらしい。
d0352022_16321308.jpg
「桔梗信玄ソフト」が500円なのに対して、「プレミアム桔梗信玄ソフト」は540円!!
わずか40円の差なら食べてみてもよいかなーと食いしん坊の血が騒ぐ。

そんな訳でお買い上げ。。。
d0352022_16321998.jpg
d0352022_16322485.jpg
濃い抹茶ソフトに、厳選した国産餅米を使い、お砂糖を半分にして甘みを抑えた「吟造り信玄餅」
トッピング。きな粉にも黒蜜にもこだわった「プレミアム」なソフトクリームなのだそうだ。
「吟造り信玄餅」は今まで食べたことのないテイストで美味しかったけれど、抹茶のソフトクリーム
がちと甘すぎるような印象。。。信玄餅の甘さが抑えめなのでバランスは良いのだろうけれど
値段を考えるとイマイチというような印象(笑)。


ノーマルの「桔梗信玄ソフト」(500円)はいただいていないのだけれど、
その「プレミアムな値段!」に驚かされた。
「桔梗信玄餅を1本プラス!」ということだけれど、16年7月に私がいただいた時の
お値段は「390円(税込み)」だった(驚)。
わずか1年と半年ぐらいで30%近くも値上がりするものなのだろうか(驚)。。。
「桔梗信玄餅」はプラスされたが、外見上はそんなに変化ないようにも思う。
まさに「インフレ・ソフト」(!)といっても過言ではないだろう(爆)。


ちなみに「桔梗信玄餅・吟造り」というプレミアム・バージョンももちろん販売されている。
8個入りで1,600円、12個入りで2,400円(共に税別)だそうだ。
d0352022_16322979.jpg
お日持ちが3日程度ということで買わないで帰ってきたが、最近、「おじゃマップ」などでも
紹介され、話題となったらしい。

なんでもプレミアムと銘打ってお高くすれば良いというものでもないように思う。
信玄餅はローカルで手軽なお土産だから価値があるのだ(と思う)。



そうそう、今回は念願の「一升瓶ワイン」をゲット!!
たくさんラインナップしている中から選び出したのは、「お一人様1本限定」の制限がかかった
「シャトー・ジュン」の一升瓶ワインだった。
味見していないし、まだ飲んでいないのだけれど、果たしてお味は????
d0352022_16323322.jpg
「シャトー・ジュン」はアパレルメーカーの「JUN」が手がけるワイナリーなのだそうだ。
笛吹・勝沼・甲州あたりには、大小さまざまなワイナリーが点在し、様々なワインが生産されている。
車だったので味見はできなかったが、いつか電車で訪れてワイナリー巡りを楽しんでみたい。
ちなみにこの界隈の人たちは「一升瓶ワインを湯飲み茶碗で楽しむ!」という話を
どこかで聞いたことがあるが、本当だろうか。。。
だとしたら、是非とも、真似をして味わってみたい。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



●桔梗屋 本社
山梨県笛吹市一宮町坪井1928
0553-47-3700
9:00~17:00
無休
http://www.kikyouya.co.jp/index.html

桔梗屋 本社和菓子 / 石和温泉駅春日居町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


by forestkoro1015 | 2018-04-04 17:23 | グルメ・山梨 | Comments(0)
「日本一の桃源郷」を謳う一宮御坂IC近くには、桃狩り(ブドウ狩りも)が楽しめる
観光農園が色々と揃っているのですが、インターからも近くて規模も大きい農園の一つが
30年の歴史を誇る「金桜園」さんです。

d0352022_18334460.jpg
果樹園で「桃狩り」(カブトムシやクワガタも取り放題だそう!)も楽しめますが、私たちは「桃の購入」
立ち寄りました。

d0352022_18323586.jpg
d0352022_18333943.jpg
広い駐車場の上はブドウ棚になっていて、涼しいです。カバーを被っていたり、いなかったりのブドウも
粒が大きくて美味しそうです。

d0352022_18330239.jpg
d0352022_18325798.jpg
果樹園の横の広い店舗スペースには、広い試食コーナーが設けられ、「此方にどうぞー!」とスタッフの方。

d0352022_18324165.jpg
ドーンと試食用の桃がお盆にのって登場します。
でかい!でかすぎる!!ちょっと完熟気味ですが、その大きさに圧倒されます。

d0352022_18324653.jpg
こんな感じで試食スタート!!
この季節の桃は山梨を代表する「白鳳」という種類のようです。
これがまた信じられないぐらいに甘くて(甘すぎるような感じさえします!)、瑞々しくて美味しいのです。
桃ジュースもたっぷり!!やや完熟気味ですが、それもあって甘さはさらに倍増!!


夢中で桃を頬張る私たちに、「これも食べてみて!」と黄色い桃が手渡されます(写真撮り忘れ・恥)。
「黄身娘」(きみこ)と呼ばれる品種だそうで、先ほどの桃よりもより上質で落ち着いた美味しさがあります(驚)。
「メチャクチャに美味しい!」「これは絶対に買って帰ろう!」と親子の意見は一致したのですが、残念ながら、
此方の「黄身娘」は予約販売のみで今年の出荷分はすべて完売とのこと(涙)。。。
「幸せを呼ぶ黄色い桃」としても人気のお品なのだそうです。。。
これは来年、予約受け付け開始と共にゲットしたい非常に美味しい桃でした。


d0352022_18325250.jpg
桃を試食していた方々は次々と果樹園に桃狩りに出かけます。
桃狩りの料金はこのようになっています。


私たちは店頭に並んだ桃をあれこれと品定めしつつショッピング!!
d0352022_18330867.jpg
d0352022_18331253.jpg
d0352022_18331702.jpg
お高い桃は「大玉」とある通り、サイズはかなり大きめです。
d0352022_18333357.jpg
中にはこのようなお値引き品も!!
おうちですぐにいただくなら、此方でよろしいかもしれないですね。

d0352022_18332894.jpg
予約販売のみの「黄身娘」も記念に!!
「せっかく来たのに買えないのは残念!」と話していたら、試食用の「黄身娘」を一つサービスして
もらいました(嬉)。

d0352022_18332483.jpg
完熟やらキズやらで商品にはならない「黄身娘」ですが、大事にもって帰って冷蔵庫で冷やし、
翌朝いただいたらやはり美味しかったです。
これは来年、マスト買いですね(笑)。

d0352022_18335527.jpg
d0352022_18335060.jpg
此方はいくつか購入してきた2個いりの桃。これで1,200円です。採れたてなのでお遣い物にも最適!!
自宅用に購入してきた桃も甘くて美味しかったです。


ちなみに此方のスタッフの方に教えてもらった「美味しい桃の見分け方」は、お尻(っていうのかな?)が
均等にパックリと割れているのが美、甘さが均等で味しい桃なのだそう。。。
是非、参考になさってみてくださいね!


お取り寄せも良いのですが、此方では自分で試食してから購入できるのが嬉しいですね。
特に今回は「黄身娘」にも出合えることができたし、ラッキーでした。


来年の夏も出動しなければなりません。あっ、その前に「秋のぶどう狩り」も良いかも!!
美味しくて楽しい観光農園でした。
ごちそうさまでした☆





●金桜園
山梨県笛吹市一宮町塩田大久保1506
0553-47-1745
11:00~14:00
[4月~10月]不定休[11月~3月]休業
http://kin-ou-en.iooo.jp/



金桜園バーベキュー / 笛吹市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2016-07-31 18:20 | グルメ・山梨 | Comments(0)
石和温泉郷を擁する「笛吹市」「桃の作付面積日本一」を誇る「日本一の桃源郷」として
有名です。
昨年、春先に「一面ピンク色」の桃源郷まで出かけたこともあり、
今年は是非、桃を買いに行こう!ということで、先週はじめに出かけてきました。


中央道・一宮御坂ICまでは我が家からちょうど1時間ぐらいで到着できます。
「桃」の前に是非、立ち寄りたいのが、「信玄餅」で有名な「桔梗屋本社」です。


あの、きなこがまぶされている求肥状のお餅に黒蜜をかけていただく桔梗信玄餅
1968年にデビューということなので、相当に昔からあるお菓子の一つです。

d0352022_16212721.jpg

この桔梗屋本社は、信玄餅の工場を擁する園内が広いテーマパークとなっていて、
工場見学をはじめ、桔梗信玄餅の包装体験信玄餅の詰め放題アウトレットでの関連菓子類の
お買い物などを様々に楽しむことができます。
d0352022_15560964.jpg
d0352022_15563054.jpg
中でも一番有名なのが、「桔梗信玄餅をはじめとしたお菓子の詰め放題」でしょう。
小さなビニール袋に信玄餅やお大福など、その日のお菓子を詰め込んで、規定の結び方で袋の口を結ぶと
いうのがルール。ちゃんと結ぶことができれば、なんと、220円で一袋がゲットできるという
面白そうなイベントです。

詰め放題&つかみ取りが大好きな私は一度トライしてみたいと常々思っているのですが、すでに夏休み中
ということもあるのか、この日はもう少しのところで整理券配布が終了(涙)。
とても悔しい想いをしました(笑)。

d0352022_15561532.jpg
d0352022_15562474.jpg
守衛さん情報によると、本社の開門は6時30分なのに、その前から訪れて、整理券配布のために並ぶ方々が
いるそうです。ちなみに配布枚数と配布開始時間はその日のお菓子の残っている状況によって変わるそうで、
この日は8:20〜から配布で、限定160枚だったそうです。
ちなみに詰め放題がスタートするのは9:30で、番号順に並んでいる姿を見かけました。
うーむ、夏休み中と週末はだいぶ競争率が高そうです。。。7時前後に到着すればゲットできそうですが(笑)。


が、この後、実際の詰め放題の現場をチラッと見たのですが、信玄餅の消費期限は「今日中」となって
いました。まぁ、冷凍庫に入れておけば数日は持ちそうですが、気持ち的にはちょっとやる気が失せました(笑)。
パンパンに詰めていけば、大体平均で16個は入れられるのだそうです(お店の人談)。


詰め放題の整理券がゲットできない場合でも、此方の工場には「社員特価販売 1/2」というアウトレットが
併設され、賞味期限の短いお菓子や型の崩れたアウトレット商品が販売されています。
「桔梗信玄餅」はお一人様一袋まで。16個は入っていませんが、おうちでいただくならこれもありでしょう。


一方、お土産やご贈答用のお品は敷地内にある「桔梗屋東治郎」でゲットしましょう。。
信玄餅だけでなく、信玄餅アイス、信玄桃、信玄餅プリン、さらに信玄餅キャラメルなどのアイデア満載の
様々なお土産が並んでいます。
d0352022_16052117.jpg
そしてお買い物を楽しんだあとは、その隣にある「テーマパークカフェ」で一休み!!
大人気の「桔梗信玄餅ソフト」(390円)の他、南アルプス・八ヶ岳の天然氷を使用した
「天然氷のかき氷」(500円/夏季限定)が食べられます。
「宇治金時」などもありますが、できれば「桔梗信玄のかき氷」がオススメ。。。

d0352022_16051887.jpg
此方は「桔梗信玄ソフト」。ソフトクリームに信玄餅がトッピングされ、黒蜜がかかっています。
いわば、信玄餅とソフトクリームがコラボした不思議なお味。。。もっちりとした求肥のきなこ信玄餅と
ソフトクリーム、そして黒蜜の組み合わせ、最初は「ひょえーーっ!」という印象でしたが、食べ進むに
従って慣れてくると「これはこれでありかも!」と思えてくるから不思議です(笑)。


なお、かき氷はてんこ盛りで登場します(宇治金時の写真、撮れませんでした・汗)。
スピードアップして食べないと、「表層雪崩」を起こすのでご注意ください。


たっぷり遊んで、たっぷり買い物を楽しんだあとは、向かい側の「ウエスト」工場内にある
アウトレットへ。。。国立にある工場併設のお店と同様に、あの、「ウエスト」のお菓子類が
オール1割引で購入できる有難いお店です。


申し訳ないのですが、「桔梗信玄餅」よりもだいぶ優雅な印象(笑)。試食も色々あって
楽しいです。但し、店舗内でいただかないといけないので、その点はご注意ください。

d0352022_16052597.jpg
ウエストのお菓子類は温めて食べるとさらに美味しく食べられるようです。

d0352022_17001832.jpg
工場の中庭にあるとても大きな桜の木。前回訪問した時には桜が満開でとてもキレイでした。。。


年中無休の桔梗屋本社と違って、此方のアウトレットは土日祭日は営業されていないので、できれば、
平日を狙って出かけるようにしましょう。


さて、それでは、そろそろを買いにいくことにしましょう(笑)。




●桔梗屋 本社
山梨県笛吹市一宮町坪井1928
0553-47-3700
9:00~17:00
無休
http://www.kikyouya.co.jp/index.html

桔梗屋 本社和菓子 / 石和温泉駅春日居町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2016-07-31 13:50 | グルメ・山梨 | Comments(0)