Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:グルメ・吉祥寺( 58 )

この日は「プルミエ レタージュ」さんでランチ。
昨年2月2日にオープンした此方もちょうど1周年を迎えた
そんな訳でお祝いも兼ねて訪問(ん?)。


今回もシュワシュワからのスタート。
昨年、開店時に提供していた思い出のシュワシュワとのこと。
「Michel Arnold Champagne Grand Cru Verzenay
Brut Tradition 2018」
d0352022_17544424.jpg
ピノ・ノワール100%のシュワシュワ。
アニバーサリーにふさわしいエレガントな美味しさ!!


○アミューズ:ずわい蟹のクロケット
d0352022_17545093.jpg
ホコホコのクロケットにかかるクリームソースがまた美味しい!


この日も徳山さんオススメのワインでゴー!!
「Baron de Montfaucon Cotes du Rhone Blanc 2015」
d0352022_17545556.jpg
ミネラル感たっぷりの柑橘系の風味を豊かに感じるフレッシュ系。
2015年が初リリースだそう。。。


○前菜 その1:北海道産 鮟鱇のテリーヌ
d0352022_17545931.jpg
フルフルの鮟鱇のテリーヌの食べ比べ。お肉のゼラチン(たしか)で包んだ鮟鱇と
そのままの美味しさを味わう鮟鱇。。。ゼラチン鮟鱇はちと不思議な食感。。。
鮟鱇をいただくとどうしても日本酒が恋しくなってしまう(笑)。


○「Style Bread」のパン
d0352022_17550434.jpg
d0352022_17550970.jpg
○前菜 その2:プティ・サレ〜アンディーヴとロックフォールのサラダ〜
d0352022_17551482.jpg
「生ハムとゆずのドレッシング」を使用とのこと。ロックフォールとゆずに
お肉の脂分が合わさって独特の美味しさ♪
程よい塩加減もあってワインが進んでしまう(汗)。


○魚料理:天然金目鯛のポワレ 〜ソース・ヴァンブラン〜
d0352022_17552167.jpg
濃厚なソースがホワッとした金目鯛の焼き加減とベストマッチング!!
ハマグリのお出汁を使われているとのことで、芽キャベツ共々、「春の風味」を
感じられる一皿。いやはやとても美味しかった♪


ここで、いつものように、赤をグラスでいただく。
「 Chateau L’Ormeau Vieux」
d0352022_17553217.jpg
ボルドー サンテミリオンのフルボディ。フルーティーな果実味が特徴。。。


○メイン:フランス産 仔羊ロースのロティ 〜そのジュと季節野菜のソテー〜
d0352022_17553746.jpg
この仔羊ちゃんのジュがとても濃厚で美味しい!お肉は言わずもがなフルフル!!

そしてまだ飲む!!
「Chateau Petit Faurie de Soutard Saint-Emilion
Grand Cru Classe 1999」
d0352022_17554867.jpg
うーむ、威風堂々という感じのしなやかで洗練された味わい。。。
好みもあるが、先ほどの赤よりも好みのタイプ。ワインバスケットが似合うワインだ。


○いつもの定番:ラルド産のフォアグラ
d0352022_17555820.jpg
すでに満腹のはずなのに、好物のフォアグラは別腹!!

しかもまだ飲んでるし(呆)!!
「Chateau Petit Vedrines Sauternes 2006」
d0352022_17560312.jpg
蜜のように甘くてトロトロの味わい!フォアグラとの相性もバッチリ!!


○デザート:サントノーレ 〜プティシューのバリエ〜
d0352022_17560717.jpg
うっわー!!これで二人分ではなくて、一人分!!
めちゃテンション上がる一皿(嬉)!!
4つの味を散りばめたシュー生地のサントノーレがコロコロっと4つも!!
d0352022_17561218.jpg
このブルーチーズっぽい風味のクリームがかなり好みのタイプ。
お代わりお願いしたらもう一つぐらいもらえたかも(笑)。
一番奥の「紅ほっぺ」のソースをあしらったシューも含めて
すべてが美味しい!!


最後はクリーム多めのコーヒーで〆
d0352022_17561725.jpg

今回もアミューズからデザートまで大満足!!
ガンガンとワインを嗜みながら、1周年を迎えた此方のお料理を心ゆくまで
楽しんだのだった。



こんなに飲む、もとい、嗜まなければ、ランチタイムにもいただける
ディナーコースのお値段は4,200円(税別)。
カジュアルな雰囲気の中で気負うことなく、美味しいお料理が楽しめるお店だ。


サービスの徳山さんは此方がお休みの時は兄弟店の方に顔を出しているのだそうだ。
いつ休まれるのだろう(謎)。。。
2年目に突入して、ますますあぶらがのってきた此方、
今年もまた足繁く通ってしまいそうだ(笑)。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は



※その前の訪問記事は





●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン





にほんブログ村 グルメブログへ

プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2019-03-10 22:21 | グルメ・吉祥寺 | Trackback(24) | Comments(0)
3月3日の「桃の節句」
「三友居 東急吉祥寺店」さんの「ひなまつり弁当」にトライしてみることに。。。


1日30組限定ということなので早めに予約。。
ピックアップに行かないとならないが、美味しいお弁当のためなら
苦にならない(笑)。


帰宅後は、「桃の節句」の宴スタート!!

かわいらしいピンクの風呂敷紙に包まれている。
d0352022_18350201.jpg
包みオープン!!
d0352022_18351018.jpg
さらにオープン!!
d0352022_18351707.jpg
蓋オープン!!
d0352022_18352015.jpg
1段目はタラの芽、鰆の焼きもの、筍、そら豆、玉子焼き、梅の花をかたどった
人参や蒲鉾、海老フライ、白和え、里芋など、「春の香り」満載!!
お花見の席で食べたくなるようなかわいらしいお品が詰まっている。


二段目。
一段目のお重を外すと、二段目が顔を出す。
d0352022_18352596.jpg
金糸玉子、海老、椎茸、穴子、梅の形の麩、でんぶ(おぼろ)をあしらったちらし寿司だ。
若干、でんぷ(おぼろ)の色が濃い(笑)のが気になったが、このぐらいだったら
許容範囲内だろう。
たっぷりの金糸玉子の下のちらし寿司は酢の加減もちょうど良くて美味しい!!


全体はこのような感じとなる。
d0352022_18353069.jpg
「春の香り」を堪能しながら、この夜もお酒が進んでしまった(汗)。
実際、お酒のアテにもちょうど良い感じのお品が並んでいる(笑)。


女性陣にはちょうど良い感じのボリュームだったが、男性には少々物足りないかな。
まぁ、「桃の節句」は女の子の健やかな成長をお祝いする日なので
こればっかりは致し方ない。我慢してもらおう(笑)。


お値段は2,700円(税込み)。
お弁当にしては若干お高いかもしれないが、年に一度のことなので
たまにはよろしいだろう。



ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は




※前々回訪問時の記事は




●三友居 東急吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 B1F
0422-22-8884
10:00~20;00






にほんブログ村 グルメブログへ

三友居 東急吉祥寺店弁当 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2019-03-08 19:01 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
金沢では日本酒しか飲んでいなかったので「ワインが恋しい!!」。。。
朝からそんな気分だったこの日は、頭をフル回転させて
「夕方早い時間からワインが飲める店」を探す(打ち合わせ中なのに・呆)。


灯台もと暗し(笑)。吉祥寺にあるではないかっ!!
吉祥寺東急3階の「武蔵野マルシェ」フロアにあるのが、
「明治屋 プロヴィジョンズ&ワインズ」さんだ。


昨年4月26日にオープンした此方は、約50坪の広い店内に
自社商品を中心に約1,000品目を揃え、購入した商品は19席ある
イートインスペースでいただくことができる。


昨年のオープン時には1,000円以上お買い上げ(たしか)の客に
コーヒーを無料サービスしていた(たしか一杯150円程度?)。
一杯ずつその場で煎れてくれる美味しいコーヒーだった記憶が!!


コーヒーだけでなく、「ワイン」(お店で販売するお品中心)も
いただくことができる。
オープン時は週替わりで2本ずつ揃える・・・というようなことだったが。。。


そんな訳で仕事帰りに駆け込む(呆)。
いつもは車なので飲むことはできないが、この日は電車移動なのでノーブロブレム。
ワインは一杯220円(100ml)から楽しむことができる。
ちょっと悩んで「マコン・ヴィラージュ・シャルドネ」(たしか)をいただく。
100mlで399円。
d0352022_15184136.jpg
サービスのオリーブが嬉しい!!
d0352022_15184614.jpg
久しぶりの美味しいワインが五感に染みいってくる。
「ささやかな幸せの時間」だ(笑)。
d0352022_15185074.jpg
399円で100mlというのは、健全なボリュームだと思う。

オリーブも美味しかったし!!
d0352022_15185512.jpg
地元・小金井にかつて存在した「明治屋」がなくなって久しいが、
吉祥寺まで行けば比較的に大きな店舗はあるし、
何よりも「昼間からちょい飲み」できるのが嬉しい。


もちろんコーヒーの類もおいしいのでオススメ。



ごちそうさまでした☆




●明治屋 プロヴィジョンズ&ワインズ
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 3F
0422-27-5530
10:00~20:00
19席
定休日:東急百貨店吉祥寺店の休みに準ずる
http://www.meidi-ya-store.com/store_guide/kichijoji_provisions.html
2018年4月26日オープン



にほんブログ村 グルメブログへ

明治屋 プロヴィジョンズ&ワインズカフェ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


by forestkoro1015 | 2019-03-06 16:04 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
高すぎたり、お味がイマイチだったり、
色々と選べる居酒屋系に比べると
吉祥寺周辺の寿司店はどうも使い勝手があまりよろしくない。
そんな吉祥寺の駅近くに昨年11月、新たにオープンしたのが、
「寿司割烹 渡邊 吉祥寺店」さんだ。


お店は吉祥寺サンロードから元町通に入り、ラーメン店「青葉」の手前を
右折した先の右側ビルの中に位置している。駅から徒歩数分の場所だ。


この日は仕事仲間と訪問。
ゆったりとした造りの店内には広いカウンター席と個室が!!
予約しておいたので個室に通された。


お料理は「松」(12,800円)・「竹」(9,800円)・「梅」(6,800円)
(すべて税抜き)の3コースの中から、真ん中の「竹」をお願いしておいた。


此方は連れの「七田」
d0352022_18052684.jpg
私は車なので「ノンアルビール」をいただく(涙)。
d0352022_18053187.jpg
○セッティング
d0352022_18051909.jpg
○先付け
「先付け」と呼ぶには美しすぎるお料理が銘々盆にのせられて登場する。
見た目もお味もかなり手が込んでいる。

d0352022_18053753.jpg
○タコの煮物
d0352022_18054230.jpg
柔らかく炊かれたタコの横(センター)はマグロ。山椒がピリッとした辛味を
演出してとても美味しい。

その上は茄子の揚げ物
イクラの下にはトロロが敷かれている。
d0352022_18054787.jpg
ホタルイカの酢味噌和え
d0352022_18055265.jpg
季節はすでにホタルイカの最盛期だ。酢味噌にキウイソースを合わせて
少しユニークな酸味が味わえる。

手前のカリカリに揚がった蓮根の後ろには「胡桃の白和え」が!!
この蓮根と白和えもそれぞれに丁寧な仕事が成されている。


この「先付け」だけでお酒が何合でもいただけそうだ(笑)。
実際、連れの「七田」がとても美味しそうで恨めしかった(無念!!)


せめて気分だけでも!ということで「チェイサー」(笑)。
丸い球型の氷が入ったお水だ。ロックの気分でチビチビ味わう。。。
d0352022_18055765.jpg

○向付:お造り盛り合わせ
水だこ、マグロ、かんぱちが美しく並んでいる。
d0352022_18060132.jpg
ミズダコは添えられたカボスを絞って竹炭の塩でいただく。
プリプリとした歯ごたえ感があって美味!
d0352022_18060526.jpg
たっぷりと脂ののったカンパチもトロっとした甘みがあって美味しいが、
やはり王道のマグロにはかなわない。

このマグロ、見かけ以上の美味しさ!!さすがに寿司店のお造りは違う!!
そして一切れのサイズも大きい!!


○お椀
お椀の蓋に霧のような水が吹き付けられているのは懐石料理の心得。
d0352022_18061471.jpg

お椀の中は「蟹真丈」
d0352022_18061996.jpg
薄口系の上品なお味のお出汁に美しい円柱型のフワフワな舌触りの蟹真丈が二つ。
菜の花や柚子が添えられ、「春満開」という感じの洒落たお椀だ。


○焼き物
d0352022_18062516.jpg
焼きものは分厚い「鰆」
d0352022_18062933.jpg
皮の部分はカリッと、身の部分はほわほわに焼き上げられた鰆は絶妙な塩加減。
添えられた酢の物までもが優しい食感で嬉しくなる。
此方も日本酒でいただきたかった一品(涙)。


○強肴(しいざかな)
タコの柔らか煮。

「強肴」は、懐石では、本来、食事の前に出される「お酒」をすすめるために出される
お料理という意味を持つらしい。
だからという訳でもないだろうが、他のお料理に比べると、此方は少々、お味が
濃いように感じた。タコも大根も味が染みて柔らかく炊かれているのだけれど。。。


○お食事
寿司割烹ということで、〆の食事は握り寿司となる。
d0352022_18063804.jpg
右上から、いか・竹炭の塩、にしん、玉、赤身づけ、平目の昆布締め、
中トロ、カンピョウ巻き
d0352022_18064290.jpg
いささか小ぶりで上品な感じだが、いずれも丁寧な仕事が施されていてお味も良い。
あと2貫ぐらいあっても良いかなーと思ったけれど、食べ終えるとすっかり満腹だった。


○留椀
シジミの赤出汁。
d0352022_18064865.jpg
熱々で提供される赤出汁に心までジンワリと温まる。



○甘味
自家製羊羹。
d0352022_18065333.jpg
金沢で散々見飽きてきた「金箔」が載っていた(笑)。

d0352022_18065831.jpg

これだけいただいてお会計は1,2万ほど。。。
手の込んだお料理を色々いただいて最後はお寿司で〆というのも「寿司割烹」
ならではのコース構成の醍醐味といえるかもしれない。

個室も人数に応じて色々選べるようなので、ちょっとした会合や接待などにも
利用できそうな感じだ。何よりも本格的な寿司割烹のお店にしては、
目の玉が飛び出るほどお高くなることもなく、そこそこに使い勝手のよろしいお店だ。
少しわかりにくい場所にある隠れ家的な雰囲気もまた面白い。


吉祥寺でちょっとよそゆきのお店に行きたい!!という時に、
覚えておくと便利なお店の一つだと思う。



次回は電車で出かけて色々と日本酒やワイン(!)をいただいてみたい。


ごちそうさまでした☆



●寿司割烹 渡邊 吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-9 壽楽ビル 3F
050-5596-5565
16:00-24:00
不定休
45席
個室有(2人可、4人可、6人可、8人可)
2018年11月1日オープン
電話番号:042-227-1035



にほんブログ村 グルメブログへ




寿司割烹 渡邊 吉祥寺居酒屋 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2019-03-01 23:56 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(2)
吉祥寺の居酒屋はほとんど制覇したつもりでいたけれど、
知らない間に新しいお店もドンドン増えている。
その一つが、吉祥寺のほとんど駅前(というか駅上?)にある
「地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店」さんだ。


16時からオープンということで、この日は高校時代の友人たちと早い夕食。。。
駅横のファミリーマートがあるビルの7階にお店は位置している。


エレベーターを降りると個室が並ぶ店内は奥に長い。
真下を行き交う中央線の線路を眼下に臨む夕陽がキレイなお部屋に通された。
「こんな場所から眺める吉祥寺ははじめて!!」と友人たちと盛り上がる。

d0352022_17091852.jpg
少し横に頭を振ると、右側に吉祥寺パルコも見える。
d0352022_17094619.jpg
この日いただいたのは、地鶏の王様「名古屋コーチン」をふんだんに使用した
すき焼き鍋、つくねの朴葉焼きなど、全9品から構成されるコース。
あまりというか、ほとんど飲まない友人たちなので、飲み放題はパス(えっ?)。


「レモンサワー」で乾杯!!
d0352022_17093206.jpg
アルコール類は豊富にラインナップしている。飲み放題メニューも多彩(涙)。
日本酒はこのような感じ。
d0352022_17094200.jpg
獺祭も豊富だ。
d0352022_17093721.jpg


さてお料理をいただこう。

○【お通し】 季節のお通し
d0352022_17092878.jpg
彩り鮮やかな可愛らしい盛り付けに思わず歓声が上がる。
トマトの内側は揚げたお魚とお肉、玉ねぎをはじめとしたお野菜のマリネ。

友人のカルピスソーダ(たしか)と。
d0352022_17092386.jpg
友人たちがトマトをかじっているので、私も負けじと参戦。。。(笑)。


○【前 菜】 本日の逸品
d0352022_17095565.jpg
サーモンと鯛のカルパッチョに玉ねぎ、赤と黄色のパプリカ、紅芯大根、
すだちなどがたっぷりと添えられた一品。
絵心がある美しい盛り付けに食べてしまうのがためらわれてしまう。
もちろんお味も○。ドレッシングが全体を引き締めている。


○【冷 菜】鶏せせりのおろしポン酢
d0352022_17095186.jpg
写真ではわかりにくいのだけれど、先ほどのトマト同様、揚げた加茂茄子をくりぬいた
中に、やはりたっぷりのお野菜とおろしポン酢味の鶏せせりが盛られている。
加茂茄子の脂分とおろしポン酢の酸味が合わさって、食欲が進む一品。
もちろん器の加茂茄子はしっかりといただく(笑)。しんなりして美味しい!


○氷結カルピスレモンサワー
d0352022_17100046.jpg
凍ったレモンがカルピスサワーとよく合う!!


○【逸 品】 熟成鶏の黒胡椒焼き
d0352022_17100568.jpg
黒胡椒を効かせて焼き上げた名古屋コーチンの熟成鶏。此方、この日の今日一!!
しっとりと柔らかくてまろやかな味わいはとろけるようなおいしさ♪
トッピングのお野菜共々、熱々のうちに頬張りたい一品!!
d0352022_17101095.jpg
○【揚げ物】 特製チキン南蛮
d0352022_17101449.jpg
たっぷりとかけられた自家製タルタルソースがお肉の旨みをさらに引き立てる一品。
何もつけないでいただく唐揚げもまた美味♪
此方もてんこ盛りお野菜でヘルシー感たっぷり!!


○【 鍋 】 名古屋コーチンのすき焼き鍋
d0352022_17101954.jpg
ガスコンロと鍋が用意され、本日の主役たちが登場する。
なす、舞茸、ねぎ、パプリカ、にら、人参、豆腐、白滝、えのき、白菜の横に
たっぷりの名古屋コーチンのお肉とすり身が!!
その横には名古屋コーチンのお出汁が入ったポットが!!

まずは名古屋コーチンのお肉をじゅうじゅうと焼きはじめる。
d0352022_17102334.jpg
そのまま食べたい衝動にかられる(笑)。

お野菜を入れて少し焼いたところでお出汁投入!
d0352022_17102748.jpg
できあがり!!
d0352022_17103270.jpg
おそらく卵も名古屋コーチン(?)。鮮やかな黄色だ!
d0352022_17103715.jpg
卵をといてフーフーいいながらいただく。
d0352022_18135929.jpg
お野菜の甘みと名古屋コーチンのコクのある旨みが合わさって上品な味わい。
鶏すきなのだけれど、ワンランク上のテイストという感じで、割と弾力に富んだ
しっかり系のお肉というイメージだろうか。。。


○【お食事】 名古屋コーチン出汁の旨味うどんすき
〆のおうどん登場!!
d0352022_17104678.jpg
皆、よく食べる方だけれど、この日はお料理のボリュームがありすぎたようだ。
食べきれなくて少し残してしまった(汗)。


○【創作】 つくねの朴葉焼き
d0352022_17104255.jpg
此方もドーンと登場した。芳ばしい朴葉焼きをいただくとつい日本酒が欲しくなるが
グッと我慢(笑)。多いかなーと思ったが、美味しいので食べきってしまった。。。


○【デザート】 季節の甘味
d0352022_17105031.jpg
すでにお腹はパンパンなのだけれど、甘い物は別腹(笑)。
レモンシャーベットとチョコケーキ、わらび餅の3点セットをペロリ!!


コースのボリュームはたっぷりしているが、名古屋コーチンをはじめとした
鶏肉メインのお料理なのでカロリー的には全く問題ないだろう。
お野菜がたっぷりしているので、女性にとっては非常に嬉しいコースだ。


しかも完全個室なので日頃の愚痴や悩みを吐き出す場所としても最高(笑)。
皆、美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、思い思いに日頃のストレスを
発散して晴れ晴れとした顔で帰っていった。


唯一、難点を上げるとすれば、すき焼きのお出汁が煮詰まってしまうので
薄めるためのお湯(またはお水)のポットがあると嬉しいかな。
まぁ、お願いすれば持ってきてくれるのだろうけれども。。。


まるでアートのように美しい盛り付けも必見!!
吉祥寺の駅チカにはなかなか使える個室居酒屋がある。


飲み放題付きコースも人気のようで、帰る頃にはリーマンの方々で混み合いはじめていた。
次回は私も飲み放題付きでエントリーしたいかな。
たまには名古屋コーチンまみれになりながら密談を楽しむのも悪くない。


ごちそうさまでした☆



●地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-16 サンク吉祥寺7F
050-5594-4965
16:00~24:00(L.O.23:30)
不定休 ビルの休館日に準じます
140席
個室有(2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可、20~30人可、30人以上可)
全面喫煙可
2017年10月1日オープン
電話番号:042-227-6667



地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店居酒屋 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2019-02-08 23:29 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
12月に2回もリピートした「プルミエ レタージュ」さん@吉祥寺の後編。
この日はお友だちと「Xmasランチ」
と言っても、クリスマスのスペシャルメニューではなく、12月のディナー用
フルコース(4,200円)をいただく。


クリスマスが近いせいか、相変わらずランチタイムは大盛況。
ランチ訪問の場合は早めの予約が鉄則かもしれない。


この日もシュワシュワからのスタート(呆)。
いただくのは「DELAMOTTE BRUT」
d0352022_17263554.jpg
しっかりとした骨格を持つエレガントなシュワシュワ。まいう!


○アミューズ:堀川牛蒡と紅東のクロケット
d0352022_17264489.jpg
堀川牛蒡とチーズ、さつまいも(紅東)を小さなボール状にして竹炭をあしらった
クロケットは、クリスマス気分を盛り上げる一品。
見た目のインパクトとは裏腹に両者共にほんのりと甘くて(特に紅東)優しいお味。
この時期は仕込みがとても忙しいため、「クロケットは僕が作りました!!」
胸を張っていた徳山さん。。。美味しかったです♪


この日は愉快に飲んだくれるだけなので、ボトルでゴー!!
オススメの中から選んだのは「Moillard-Grivot, Ladoix Blanc 2015」
d0352022_17265048.jpg
シャルドネ100%のフレッシュで豊かな果実味がバランスの良さを醸し出す1本。
これも好きな感じの白。


○前菜 その1:氷見産 寒鰤のマリネ 旬の根菜とゆずの香り
d0352022_17265665.jpg
脂ののった氷見の寒鰤に合わせるのは、金柑、柚子、そして蕪などの冬の根菜。
ピューレは蕪とのこと。やや甘めの金柑が鰤と合わさって独特のフレッシュな
味わいをもたらす。。。もう少し酸味が強い方が個人的には好みかな。。。


○「Style Bread」のパン
d0352022_17270160.jpg
○前菜 その2:北海道産真鱈白子のムニエル&ブブ・ブルギニョン
d0352022_17270621.jpg
この日は遅いスタートだったこともあり、「白子」が一人分(!)しか残って
いなかったそう(汗)。「シェアします!」という私たちに、
徳山さんがシェフと相談して用意してくれたのはクリスマススペシャルメニューからの
お裾分けの「ブブ・ブルギニョン」!!ご存じ「牛肉の赤ワイン煮」だ(嬉)。
ホワホワっとした白子のムニエルも、旨みが凝縮された牛肉もとろけそうなお味!!
「残り物には福」がたしかにあった(笑)。


○魚料理:天然真鯛のポワレ 〜ソース・ブールブーラン〜
d0352022_17271118.jpg
鹿児島産の天然真鯛をサフランとチーズをあしらって仕上げた一品。
たっぷりのバターの香りがチーズと合わさって濃厚なお味を醸し出す。


○お肉に合わせていただくのは「Chateau Cantemerle 2013」
d0352022_17271659.jpg
リッチでしなやかな香り高い味わい。飲み応え感たっぷり!!

○メイン:和牛イチボのロティ 〜マルシャン・ド・ヴァン・ブール〜
d0352022_17272108.jpg
ランチのお肉はこれぐらいのボリュームでちょうど良いかも!!
上は堀川牛蒡のピューレ、赤いのがエシャロットと赤ワイン、バターで作られる
「マルシャン・ド・ヴァン・ブール」。イチボにはやはり此方の方が合うかも!!

あっぷ!
d0352022_17272837.jpg

○いつもの定番:ラルド産のフォアグラ
d0352022_17273348.jpg
好物ということもあり、幸せ気分に浸れる一皿(笑)。


そしてまだ飲む(呆)!!
「Chateau de Mont Perat 2014 Despagne AOC 1er Cotes de Bordeaux」と
「Chateau de Malle 2001 Grand cru Classe du Sauternes 」
d0352022_17273986.jpg
クリスマスということもあってすごいワインが登場!!
「神の雫」で「まだ知られていないスゴイワイン」として有名になった「Mont Perat 」、
そして最高峰の甘口貴腐ワインの一つとして知られる「Malle 2001」などなど。。。
いいのか、いいのか、もう酔いしれる程の美味しさ♪
フォアグラとの相性もバッチリ!!素敵なクリスマスプレゼントとなった。


感動はまだ終わらない(笑)。
○デザート:栃乙女のショートケーキ
d0352022_17274548.jpg
マスカルポーネと栃乙女いちごをふんだんにあしらったショートケーキは
聖夜(まだ早いけど・笑)にふさわしい素晴らしい美味しさ♪


コーヒーをいただいて〆。
d0352022_17275053.jpg
この日も最初から最後まで小技を効かせた美味しいお料理美で楽しませて
いただいたのだった。
クリスマスだし、ちょっと良いワインをいただいた分、普段に比べると少し
お高くなってしまったが、満足度は極めて高いランチだったように思う。


d0352022_17275621.jpg
来月の2日に「1周年」を迎えるという此方、吉祥寺の街にあっては、これからの展開が
とても楽しみなお店の一つでもある。
何よりもカジュアルな感覚で気軽に利用できるのが嬉しい。カウンター席もあるので
たぶんお一人様でも問題ないだろう。


ランチタイムでも楽しめるフルコース(4,200円)の他、ランチコース(2,400円:
選べる前菜とメイン、ニース風サラダ、天然酵母パンコーヒー)、
ワンプレートランチ(モンサンミッシェル風フワフワスフレオムレツ・950円〜)、
これに天然酵母パンまたはライスとコーヒー付きのランチセット(300円)がラインナップ。


今年もまた頻繁に通ってしまいそうだ。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン





プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★★ 4.3


by forestkoro1015 | 2019-01-02 21:40 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
母のお供で吉祥寺まで。。。
出庫の時間まで少し間があったので、「神田まつや 吉祥寺店」さんで
お昼を食べて帰ることに・・・。


ちょうどお昼時ということもあって、此方のデパ食街で一番混んでいるのが
このお店だ。少し待たされたが、店内は広いのですぐに入店できる。


母は「盛り合わせ天もり」(1,296円)。
d0352022_13264463.jpg
写真が天地逆な上に、葱が蕎麦猪口に・・・(汗)。
此方は吉祥寺店だけの限定メニューであり、しかも一番人気のお品なのだそう。
打ち立てのエッジが効いたお蕎麦の横には熱々の天ぷらが!!

天ぷらは茄子、かぼちゃ、ししとう、きす、海老の5種類。
d0352022_13265278.jpg
此方も天地逆で失礼(汗)。
が、この内容でこのお値段は素晴らしいCPだと思う。
物欲しそうな顔をしていたら、ししとうがまわってきた(笑)。


いつもは私もこの一番人気メニューを選ぶのだけれど、連日、飲み疲れ中なので
天ぷらはちょっとパス(笑)。
好物の「鴨南せいろう」や「鴨南ばん」(両者共に11〜3月の限定メニュー)も
ちょっと重いしなー!ということで、この日、選んだのは
胃に優しくて消化も良さそうな「にしんそば」(1,080円)。
d0352022_13265700.jpg
器からはみだしそうに大きなにしんが食欲をそそる(笑)。
d0352022_13270263.jpg
薬味もたっぷり!!

にしんあっぷ!
d0352022_13270663.jpg
此方で「にしんそば」は初めていただいたのだけれど、思っていた以上に
お出汁が薄口の優しい味わい。一方のにしんは甘口ダレでしっとりと柔らかく
炊き上げられていて、ほぐしながら食べ進むと、薄口のお出汁と合わさって
美味しい。
キリッとした味わいの温かいお蕎麦もまた趣きがある。


毎年大みそかに食べる年越し蕎麦は、「天ぷら」を入れてつくることが多いのだけれど、
今年は「にしん」にしようかとお悩み中だ。



ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は




※前々回訪問時の記事は




※その前の訪問記事は





●神田まつや 吉祥寺店 (かんだまつや)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 9F
0422-22-1722
10:30~21:00(L.O.20:30)
不定休(東急に準じる)



神田まつや 吉祥寺店そば(蕎麦) / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2018-12-28 13:57 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
ビアンカーラさんで嗜んだ後は、ほんの少し先(数軒先)にある
「阿部」さんへ。。。今回の食い倒れツアーの着地店だ。
同じワインバーなのに、ビアンカーラさんとは異なる独特の空気感に
満ちたお店でもある。


土曜日は13時〜、平日は17時からオープン。
ビアンカーラさん同様、駅からとても近いお店なのだけれど、
井の頭公園駅は、渋谷から急行に乗って通過してしまう駅なので、
ふと気づくといつも通り過ぎてしまっている(汗)。
今回も久しぶりの訪問となってしまった(汗)。



楽しいポップ発見(笑)!
d0352022_12221704.jpg
d0352022_12222322.jpg
この日はグラスばかりだけれど、これで10杯目のカウント(汗)。
いただいたのは「阿部の苦味ハイボール Mk-Ⅱ」。
d0352022_12224490.jpg
「カンパリのような味わい」とのことでお願いしたのは、Contratto Bitter」
いうリキュールを使用したハーブ系のハイボール。鮮やかな赤はビーツの色とのこと。
カンパリ同様にやや苦味が感じられる大人味の爽やかな味わい。。。が、度数は
此方の方がやや高いようなイメージ。。レモンスライスがたっぷり入っているのも◎。


此方はお友だちの「阿部の極乙アマレットジンジャーエール」
d0352022_12224964.jpg
此方もアルコールがたっぷり効いた大人味のジンジャーエールだ。

お腹はいっぱいなので、フリーのスナックをいただく。
d0352022_12225461.jpg

二杯目は「Colline Novaresi il Mimo 2017」
d0352022_12230099.jpg
ピエモンテ発のネッピオーロ100%のロゼだ。
ほんのりとした甘さとやわらかな苦味が特徴的。上品で落ち着いた印象も併せ持つ。
香りはそんなに強くないが好きなタイプのロゼ。



お友だちの二杯目のおまけ:チョコレート。
d0352022_12230660.jpg
麦チョコが在庫切れということで、此方のチョコだったが、個人的には大歓迎!


この日のラインナップ。
d0352022_12222907.jpg
この日のメニュー。
d0352022_12223746.jpg
ここにも「阿部ロゴ」が!!(お会計トレイ・笑)。
d0352022_12231187.jpg
小さな部分にも「小技」と「シャレ」が効いていて楽しいお店だ。
そして、その日の体調(飲み・食べ具合・何軒目かなど)も踏まえてコーディネイト
してくれるワインもハイボールも、そしてお料理も本格的!!
ワイン好きが集う「サロン」みたいな雰囲気もあるお店なので
ゲスト同士が仲良くなれてしまうのもまた魅力。。。

この夜もまた愉しく盛り上がっていた。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は



●阿部
東京都三鷹市井の頭3-31-1 井の頭レジデンス 1F
0422-29-9106
月~金 16:00~23:30(L.O.23:00)
土 12:00~23:30(L.O.23:00)
日曜・第2月曜休



阿部ワインバー / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9


by forestkoro1015 | 2018-12-25 21:44 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
プルミエ レタージュさんを出て、井の頭公園前の「ビアンカーラ」さんへ。
私たちの「定番のハシゴコース」では、いつもトリのお店なのだけれど、
この日は敢えて「逆回り」で(3軒目は「阿部」さん・笑)。


プルミエさんで抑えた分、此方では飲む気満々(呆)。
一杯目はタケダ・ワイナリー@山形の「サン・スフル・ブラン 2018」
完熟デラウェアを用いた、ホンノリ甘酸っぱいフルーティーなシュワシュワ。
ラベルもかわいいし、どこまでも美味しくて優しい味わい。。。


この日のラインナップ。
d0352022_18485482.jpg
○いちごのモッツァレラ
d0352022_18490033.jpg
「まだ食べるのかー」と言われそうだけど、この組み合わせは鉄壁!!
「サン・スフル」との相性もバッチリ!!


○フレッシュトマトのオリーブオイル(「丸ごとトマト」だったかな・
記憶は曖昧・汗)。
d0352022_18490562.jpg
ミハエラさんオススメの一品。湯むきされたトマトにオリーブオイルとペッパーなど
を合わせて。。。限りなく甘くて爽やかなお味。

○「Domaine de Triennes Mediterranee Les Aureliens Blanc」
d0352022_18491174.jpg
d0352022_18491661.jpg

2杯目はプロヴァンスの白。フルーティかつまろやかでフレッシュなテイスト。
説明書きによると、「ロマネコンティの人が手がけているそう!!」。
さすがに美味しい♪

○白子のフリット
d0352022_18492199.jpg
この季節のごちそうの一つ。カリッと芳ばしく揚がった白子は最強のアテ!!
パンチのある塩気も効いていて美味しい!


○「Chahut et Prodiges Les Gros Locaux 2014」
d0352022_18492664.jpg
白子に合わせていただくのは、濃ゆいぶどうジュースのような味わいの柔らかな
ナチュラル系。3人の太ったおじさん方のラベルのように、一口飲むほどに
楽しくなるような印象。。。サラリと飲める美味しさ♪


お腹も膨れてきたところでお会計。。。
この後はハシゴコースの3軒目へ。。。とは言ってもすぐ近くなのだけれど(笑)。


いつも2軒目か3軒目なのだけれど、お料理もワインも美味しいので
此方からのスタートもオススメ。
但し、この界隈では人気店の一つなので、来店の際には必ず予約を。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は



※その前の訪問記事は



※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は




ビアンカーラ (BIANCARA)
東京都三鷹市井の頭3-31-1
0422-49-3032
月~土 17:00~24:00
日・祝 15:00~21:00
木曜日休

ビアンカーラビストロ / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-12-23 23:53 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
お気に入りのお店はリピする方だけれど、吉祥寺の「プルミエ レタージュ」さんは
特に気に入って12月は2回も出かけてしまった。。。
最初の訪問は12月初旬。お友だちが遠路はるばる吉祥寺にやってくる!
ということで早々に予約。。。


いつものように泡からのスタート。
いただくのは、「Selection Brut NV PANNIER」
d0352022_00150202.jpg
エレガントでふくよかな黄金色に繊細な気泡が煌めいて美しい。
もちろんお味もどこまでも上品系。。。


アラカルトメニューも揃っているようだが、この日も4,200円のコースでお願いする。
この時のメニューは11月のものとのこと。
d0352022_00150927.jpg
○北寄貝のコンフィ 
d0352022_00163103.jpg
ミニグラスのポタージュは一口飲んだ後、北寄貝にかけていただく。
濃厚な風味が北寄貝と合わさって美味しい。貝殻に残ったスープは北寄貝の
お出汁と共に飲み干す。
d0352022_00163802.jpg
○本ししゃものカダイフフリット ソース・タップナード
d0352022_00164328.jpg
名前の通り、本ししゃもにカダイフをまとわせてフリットにしたお料理。
黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイルを合わせたタップナードソースが
芳ばしいししゃもとよく合う。ししゃもの下にはミニクロケットが!!


この日は、後の予定もあるので徳山さんに相談して軽めのペアリングでゴー!!
1杯目は「Miraval Rose Cote de Provence 2016」
d0352022_00164809.jpg
ブラッド・ピットがプロヴァンスに所有するワイナリーからのミネラル感たっぷりの
辛口ロゼ。

○「Style Bread」のパン
d0352022_00165418.jpg

○「Bourgogne Pinot Noir Domaine Joel Remy 2014」
d0352022_00165982.jpg
鮮やかな色合いと芳醇な果実実あふれるエレガントな味わい。。。


○鰻の赤ワイン煮込み
d0352022_00170452.jpg
浜名湖の鰻を赤ワインと合わせて。。。ホワホワッと柔らかくてとろけるような
味わい。。。下には赤ワインソースが染みこむようなピューレが。


○「Valdesil Godello Sobre Lias」
d0352022_00171014.jpg
スッキリ系のグイグイ飲めるスペインワイン。


○縞鰺のブイヤーベース
d0352022_00171526.jpg
ホコホコの縞鰺に添えられているのは、的矢産のムール貝。
的矢産の牡蠣は有名だけれど、ムール貝もあるのねー!などと感心しながらいただく。


○パン 二つ目
d0352022_00172149.jpg


○「Château Ame de Musset 2010」
d0352022_00172609.jpg
しなやかで優雅な味わいのフルボディ。好きなタイプの赤☆


○ペリゴール産マグレ鴨 胸肉のロティ ソース・バルサミコ
d0352022_00173255.jpg
「マグレ」とはフォアグラを取った後の胸肉のことで、フォアグラの香りとコクを
残すこの部位は特に美味しいと評判なのだそう。。。
ちなみにペリゴール地方はフォアグラ発祥の地として知られている。
徳山氏の流れるような解説を聞いてからいただくと、たしかに普通の鴨よりも
コクも風味もあって美味しく感じる(笑)。
が、内心、この鴨を「鴨せいろ」か「鴨南ばん」で入いただいたら
どのようなお味になるのだろう・・・と思ってみたり(笑)。


○フォアグラブレート
d0352022_00173919.jpg
箸休め的な一皿。鴨とフォアグラはやはりセットでいただくと美味しい♪


○「Chateau de Rayne Vigneau 2005 AOC Sauternes」
d0352022_00174590.jpg
フォアグラに合わせていただくのは、甘口の貴腐ワイン。シトラス系の華やかで
フレッシュな香りの中にハチミツのようなとろみが!!
こんな貴腐ワインだったらいくらでもいただけそう!!


○紅玉のプディング ソース・キャラメル
d0352022_00175142.jpg
食べてしまうのがもったいないような繊細なフォルムのデセール。
りんごのように見える薄いスライスは、さつまいもの「紅きらら」。
実は先日、天ぷらにして食べたばかりだけれど、お菓子のように甘くて美味しい
さつまいもだ。天ぷらよりもデザートでいただいた方がダンゼン美味しい。
ほのかな紅玉の酸味がキャラメルソースと相まってアクセントを添える。


デセールを食べ終えるとちょうどよい時間だ。
この後は井の頭公園を突っ切って二軒目へと向かったのだった。


d0352022_00144900.jpg
d0352022_00145646.jpg

おまけ:吉祥寺駅前のイルミネーション。。。
d0352022_00175766.jpg



この日はペアリングにしておいて正解だった。この後は2軒もまわったし(呆)。
明るいランチタイムと比べると、ディナータイムはしっとりと落ち着いた雰囲気の
お店に変身する。ただ、そんなに飲まなかった分、前回ほどの感動を味わうまでには
至らなかったような(汗)。。。


と、この時は思ったのだけれど、後日、再訪。12月のコースメニューをいただいて
またまた感動してしまったのだった(笑)。
この時の再訪記はまた改めてご紹介しよう。



ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン


プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-12-22 12:34 | グルメ・吉祥寺 | Trackback(26) | Comments(0)