Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:グルメ・吉祥寺( 48 )

「1坪の奇跡」という本が登場したのは10年ほど前のことだったろうか。。。
たった1坪の店舗で、最中と羊羹の2品を取扱い、年商3億円を叩き出す。。。
そう、この本で紹介されているのが、吉祥寺・ダイヤ街にある小さな和菓子店
「小ざさ」だ。
d0352022_16284893.jpg

1日限定150本の羊羹(現在は760円だそう)を求めて朝早くから行列ができる
ことでも有名で、とっくの昔に羊羹はあきらめたが、最中は比較的に買いやすい。
それでも、ずっと昔(○○年前の高校時代・いかん、年がバレル・汗)は
学校に行く前(8時前後)に並んで、運が良いと2巡目も回ってきて10本ゲット!!
というラッキーデーもあった(懐)。


そのように昔から馴染みがある店だが、「1坪で年商3億!」とは知らなかった(汗)。
その場で衝撃を受けて立ち読み(!)したことを覚えている(笑)。


この日も最中を求めて吉祥寺まで。。。
店前に行列ができている。隣のメンチかつ屋の行列かと思ったら、
この日の行列は此方の「最中客専用!」とのこと(驚)。


番号札を渡されて列のお尻にくっつく。。。
d0352022_16283115.jpg
裏はこのような感じ。。。
バラ入りは1つ67円だが、箱入りは少しお高くなる。
d0352022_16283876.jpg
黒あん(小豆)と白あんがあるが、箱入りは半分ずつ入っている。
黒あんの方が美味しい(個人的な好みだけれど)、黒あんだけとか、数を多くしたい
場合は前日までに要予約。久しぶりなので忘れていた(汗)。
ご進物用にいくつかの箱詰めをゲット!!
ちなみに11時前なのに、10個詰めの箱入りはすでに売り切れだった。


もちろん自宅用にもバラの10個入りを購入(670円)。
バラは「黒あん」と「白あん」の指定が可能だ。
d0352022_16285323.jpg
帰宅後は早速に味見タイム!!
d0352022_16285929.jpg
d0352022_16290474.jpg
d0352022_16290907.jpg
さらりとした上品系の餡がしっとりした皮に包まれた美味しい最中だ。
皮全体にミッシリと餡が詰まっているのがさらに嬉しい❤️
最中のお味はいついただいても変わらない定番の美味しさがある。
きっと150本限定の羊羹も昔と変わらない美味しさなのだろうなぁ。。。
最近は運が良いと7時台の到着でも購入できる日もあるらしい話を耳にしたので
(並んでいる時に・笑)、並んでみても良いかなーという気になっている。
でも寒いのはイヤだな。。。


それにしても年商3億、月商2,500万、、、1日限定150本の羊羹に対して、
最中の貢献度はすこぶる高いと思う。すごい最中だ。。。


ごちそうさまでした☆



●小ざさ (おざさ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
0422-22-7230
予約可否
10:00~19:30
日曜営業
火曜休
http://www.ozasa.co.jp/
※最中は、ネット購入可能。
※羊羹は店頭販売のみ。整理券が必要。





小ざさ和菓子 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


by forestkoro1015 | 2018-11-27 17:28 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
吉祥寺東急裏手にあるレンガ造りの洋館をご存じだろうか?
この洋館こそが「炭焼きステーキハウス 葡萄屋」「しゃぶしゃぶと創作料理 ぶどうや」、
「焼肉 BUDO-YA」「西洋骨董と珈琲 ぶどわーる」「バーラウンジ WAGONS LITS」を
擁する、今年で35周年を迎える「飲食の館@吉祥寺」だ。


私は地下にあるバーラウンジと、ずっと前に「ハンバーグ」を食べに行ったことしかないのだけれど
今回は本家本元のステーキをいただこうと、2階にある「炭焼きステーキハウス 葡萄屋」さんへ
伺うこととなった。。。


「ステーキハウス」というだけあって、カウンター席はないが、店内中央に大きな鉄板が置かれ、
シェフが一番目立つ場所でジュージューとお肉を焼き上げている。


今回は「35周年スペシャルランチコース」(5,400円)をセレクト。
此方は、メインに「和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
または「和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)、さらに、
アミューズ、前菜、スープがセットになり、パンまたはライス、
デザート、コーヒーまたは紅茶がついている。

少し量が多いかなーと思ったのだけれど(汗)。。。



○アミューズ:牛タンのゼリー寄せ トウモロコシの冷製スープ
d0352022_18393088.jpg
ライトな感じのアミューズ。冷製スープはこっくりとしていて、牛タンも美味しい。


○前菜:大帆立とフォアグラのポワレ トリュフのソース
d0352022_18393412.jpg
前菜としてはかなりしっかり系。フォアグラも大きくてたっぷりしている。
フォアグラの下からは「大帆立」がこんにちは!!
この大帆立も大きくてかなり美味しい。しかもその下にはお大根。。。さらに
このソースがかなり濃厚な感じ。前菜はもっと軽い方が好きかなぁ。。。



○スープ:マッシュルームのポタージュ
d0352022_18395168.jpg
熱々かつトロトロに濃ゆい感じで美味しい。



○サラダ:季節のサラダ
自分でかけるドレッシングは和風とブルーチーズの2種類。
d0352022_18400255.jpg
ボリュームたっぷり系!!両方のドレッシングを合わせていただいたが、ハーフサイズでも
良かった感じ(笑)。


○メイン
「黒毛和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
d0352022_18402594.jpg
フィレかサーロインを選択できるので「フィレ」で。焼き方はミディアム。
結構、厚みがあるお肉だ。外はしっかり焼かれているが、中はレア加減が若干強い感じ。
火入れは難しそうではあるのだけれど・・・。
ブロッコリーはかたかったが、人参とおじゃがはホクホクだった。
が、お肉120グラムというのは結構きついものがある。
特に、スープやフォアグラと大帆立を食べた後には(汗)。大根もお腹にたまるし(笑)。
レア加減が強いのでちょっと生々しい感じもあり、やっとの思いで完食したのだった。
まぁ、すべてはこのスペシャルコースを注文した自己責任ではあるのだけれど。。。



「黒毛和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)
d0352022_18401922.jpg
此方は連れのサーロイン。フィレよりもだいぶ脂っぽい感じでカロリーも高そう(笑)。
しかも160グラムもあるし。。。が、奴さんはペロッと平らげていた(呆)。



○ステーキソースとニンニクスライス
d0352022_18400839.jpg
お好みで・・・と言われるのでかけてみたけれど、最初はかけないで食べて、
途中でかけた方がよろしいかもしれない。
此方のステーキソースは、「2種類のしょう油と香味野菜、和牛のスジ・スネを使用」
したソースとのこと。隠し味は「八丁みそ」とのことで、開店以来かわらない味が
自慢なのだそう。。。が、若干、塩気が強いかなぁ(たぶん八丁みそのせいかと)。。


○パン
d0352022_18394121.jpg
大きくてゴロンとしたパン。もちろん温められている。
形は無粋だが、これがとても美味!!ステーキよりもパンの方が印象に残った(失礼!)。



○デザート
d0352022_18403119.jpg
デザートは6種類ぐらいから選べる(テーブル上にメニューが置かれていた)のかと
思ったら、コースのデザートは1本のみ。ココナツムースとヨーグルトに葡萄が
載っていた。できれば選べると嬉しかったな。。。



○紅茶
d0352022_18403634.jpg
コーヒーと紅茶は両者ともに美味しくいただけた。



○ノンアルビール
d0352022_18394687.jpg
この日も車だったのでノンアルビールを所望。。。35周年記念でビールは1本500円で
いただける模様(小瓶だけれど)。


○セッティング
d0352022_18391174.jpg

○店内のそこかしこに「ぶどう」があしらわれている。
d0352022_18395775.jpg

○お食事をいただいたお部屋
d0352022_18401305.jpg
○窓辺の風景
d0352022_18391915.jpg
○祝・35周年!
d0352022_18392444.jpg

120グラムのお肉をいただいたことに加え、全体的にお味が濃いこともあるのか、
相当に満腹感がある。正直、その日の夜は何も食べられず、
翌日のお昼から夜にかけても全然満腹のままだった。
恐るべし、牛肉パワー。。。たしかに普段、ステーキをいただく時は、フォアグラや
大帆立は一緒に食べないかも(笑)。

d0352022_18404466.jpg
ディナータイムならともかく、ランチにコースはヘビーすぎたかも。
ちなみに、此方のランチメニューには、「葡萄屋特製ビーフシチュー」(2,200円)、
「葡萄屋特製デミグラスハンバーグ」(1,800円)、「ローストビーフ」(2,300円)、
「プチカットステーキ」(120g)(2,900円)、「和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
「和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)(共に3,500円)などの
アラカルトメニューが色々とラインナップ。
すべてのメニューにサラダ、パン又はライス、デザート、コーヒー又は紅茶が付いている。


うーむ、最初からステーキだけ、またはビーフシチューだけをお願いすれば良かった。
次回は欲張らないで、アラカルトメニューでお願いすることにしよう。。。


が、向こうの方のテーブルでは老紳士が一人で此方のコースを黙々と召し上がっていた。
あの、健啖ぶりが実にうらやましい(笑)。


ごちそうさまでした*





※ご参考:以前利用したことのある地下のバーラウンジに関する訪問記事は






●炭焼ステーキハウス 葡萄屋 (ブドウヤ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-1 2F
0422-22-0555
[月~金]
11:30~15:00(L.O.14:00)
[土・日・祝]
11:30~16:00(L.O.15:00)
17:30~22:30(L.O.21:00)
日曜営業
定休日:3月・12月を除く第3月曜日
サービス料10%
65席
http://www.budo-ya.jp




炭焼ステーキハウス 葡萄屋ステーキ / 吉祥寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-10-31 17:26 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
自分も含めて友人たちも10月生まれが多いので、毎年この時期は忙しい(笑)。
この日は新規開拓ということで、吉祥寺・井の頭通り沿いに2月にオープンした
「プルミエ レタージュ」さんを初訪問!!


このブログにも何度か登場している「ビストロハッチ」「トラットリアチッチョ」
「3号店がオープンしたらしい・・・」という噂は耳にしていたが、
どうせ訪問するなら「昼飲みしよう!」と、今回、満を持しての訪問となった。


というのも、「ハッチ」も「チッチョ」も夜のみの営業。お料理もワインも美味しいのに、
ランチに利用することができなくて寂しい思いをしていた。
しかも両店共に予約のハードルはますます高くなってきているし(汗)。


まずはお手並み拝見ということで、お誕生会だし、ランチタイムではあるけれど
夜のコースをお願いしてのデビューとなった。


此方の系列のお店はCPが素晴らしいことで知られているが、
此方では「フレンチのフルコースが4,200円!!」でいただくことができる。
吉祥寺でこのお値段でやっていけるのかなーと心配にもなるのだけれど。。。


吉祥寺駅から徒歩数分のところにあるガラス張りのお洒落な店舗だ。

セッティング。
d0352022_23353754.jpg
カジュアルな雰囲気ながらも、テーブルレイアウトはゆったりめ。明るい店内は居心地が良い。


お料理と合わせたペアリングコース(5種:80ml 3,800円、60ml 3,200円)もあるようだが、
呑み助の私たちはボトルをオーダー。
ソムリエの徳山氏オススメの「CHAMPAGNE DANGIN FAYS」をいただく。
d0352022_23354465.jpg
少し贅沢な気もしたけれど、お誕生日なので(笑)。
アニバーサリーにふさわしいエレガントな泡立ち、そして味わい。。。


○アミューズ:鱈場蟹のヴァプール
d0352022_23354929.jpg
シェフの方は「チッチョ」で腕を奮っていた方とのことだが、一皿目から飛ばしてくる。
鱈場蟹のお出汁が程よい味わいを醸し出す。「美味しい!」と友人と顔を見合わせたほどだ。


○お店から、初めてのゲストにサーヴィスとのこと(嬉)。。。
d0352022_23355422.jpg
なんと!「Arnaud de Cheurlin Cuvee Prestige NV」!!
よろしいのかしらん(嬉)!ゴチになりますっ!!
まろやかで重厚な味わい。。。まいうーーっ!!


○前菜一皿目:秋刀魚の炙り〜玉ねぎのコンフィと生姜のムース〜
d0352022_23360032.jpg
レアに炙った秋刀魚を濃厚に炒めた玉ねぎ、生姜味、クリームチーズなどの3種のソースで
いただく。そのままいただいても美味しいし、3つの味で食べ比べてもまた美味しい。
やはり玉ねぎが一番オススメのように感じたけれど、意外な発見だったのはクリームチーズ。
右端の生姜のムースはそのまま食べても美味しかった。。


○パン
d0352022_23360526.jpg
木製の器に「Style Bread」と刻まれている通り、今では都内の高級レストランやビジネス
クラスの機内食にも利用されているという群馬発の焼きたて冷凍パンなのだそうだ。


○前菜二皿目:岩中豚のテリーヌ〜ソース・グリビッシュ〜
d0352022_23361567.jpg
岩中豚さんそのものの旨みをゼラチン質の中に封じ込めた一品。
マヨネーズ状の卵のソースは単体でいただいても美味しい(実はパンにも合う・笑)。
フルフルコラーゲンのゼラチン質をいただいて、翌日はお肌もプルンプルン(笑)!!


○お魚料理:秋鮭のムニエル〜茸のクリームソース〜
d0352022_23362021.jpg
トップもサイドも完璧なまでに火入れされた秋鮭は秋の味覚満載!!
カリカリの外側からナイフで切り込んでいくと、ジュワッと柔らかな肉質が顔を出す。
茸のソースとのコンビネーションも好みのタイプ。そしてお皿の向こう側に
鎮座しているのはノルウェーサーモンだそう(笑)。まさに「鮭食べ比べの一皿」だ。


○メイン:フランス産ノワール・ド・ビゴールのロティ
d0352022_23363615.jpg
フランス・ピレネー山脈の麓のごく限られた地域でのみ飼育されるフランス最古の
黒豚=「ノワール・ド・ビゴール」と言われる「ビゴール豚」さんだ。
まさか吉祥寺でそのような貴重な豚さんがいただけるとはっ(驚)!!
脂肪の割合が多いお肉でもあるらしいが、此方のお肉はそんなに脂肪分も気にならず
どこまでも甘くて、そしてトロトロに柔らかくて美味しくいただける。
「一人80グラム」と聞いていたので、少食の私(えっ?)は食べきれるか不安(えーっ!)
だったのだけれど、美味しくてトロトロなのできれいに食べきってしまった。
ビゴール豚さん、美味なりっ!!


そうそう、お肉に合わせて赤も少々。。。徳山氏のオススメをいただく。
d0352022_23363009.jpg

私は「Bourgogne Pinot Noir Amiot Guy Et Fils 2014」
しっかりとしたテクスチャーの中にも優しい味わい。

お友だちは「Crozes-Hermitage, Les Pierrelles Domaine Belle 2015」

共に1,000円ほどでいただけるらしい。


○お店からのサーヴィス(嬉)!!
なんと!フォアグラプレートが登場!!
d0352022_23364190.jpg
お誕生会ということで、特別に用意していただいた模様(申し訳ないっ・汗)。。。
が、此方のフォアグラ、赤ワインともよく合って実に美味♪
やはり変にいじりすぎないフォアグラの方が好きかもしれない。。。


○デセール:ガトーフロマージュ〜洋梨のコンポート〜
d0352022_23364667.jpg
チーズと洋梨、さらにチョコレートが合わさって絶妙のお味。。。最後まで美味しい♪


○コーヒー
d0352022_23365178.jpg
煙モクモクのボックスが登場!!
d0352022_23365643.jpg
周囲のゲストからも注目を集める中、フーッと息を吹きかけると、
d0352022_23370264.jpg
かわいらしいお人形付きお祝いプレートが現れた(嬉)。


最後まで心憎い演出についつい笑顔に(笑)。。。


お誕生日なのでいい感じに嗜んでしまった私たちのお会計は少しお高くなってしまったが、
ペアリングもあるので、多少嗜んだとしても吉祥寺価格で楽しめるのではないだろうか。。。

帰り際にはマフィンのお土産をいただいて、下り(専用)のエレベータに乗った。


チッチョもハッチも好きなお店だけれど、お料理も美味しいし(CPも素晴らしいし)、
ここまで色々と至れり尽くせりのサーヴィスをあれこれと繰り出されて
すっかり此方のトリコ(!)となってしまった(笑)。
再訪は必至だ。次回はもっと軽めのコースもいただいてみないと!!
d0352022_23370733.jpg

コースは月替わりでチェンジしていくそうなので、これからが楽しみなお店でもある。
吉祥寺の街に久々に再訪したいと思える実力派フレンチのお店ができたことを
素直に喜びたい。


ごちそうさまでした☆




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン



※ビストロハッチの訪問記事は




※「トラットリアチッチョ」の訪問記事は



プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-10-24 01:36 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
暑くなったり、寒かったり、9月は天候が安定しない。
久しぶりの吉祥寺で見つけたのは、この3月にオープンしたばかりの新潟発のビアバー
「スワンレイクバルエド 吉祥寺店」さんだ。


嬉しいことに12:00〜14:00は「ランチタイム」とのこと。
これは「昼からビール!」が楽しめるということに他ならない。
まぁ、12時から23時までは通し営業らしいのだけれど・・・。


早速に入店!!
なんと!!「昼飲み」は12:00〜19:00という「太っ腹なお店」だ。
一番のウリの「スワンレイクビール定番」の250mlが500円、500mlが800円
グラスワイン、カクテル各種が500円、ハイボールが300円で楽しめるのだそうだ。
d0352022_11352767.jpg

ランチメニューは4種類!!
サラダ、スープ、ソフトドリンクがついて、さらに「今月末まで!」という特典は
「ご飯・パスタ大盛り」に「神田酪農さんのジェラート」までついて
「800円!」なのだそうだ。
クラフトビール目的で伺ったのだけれど、これはランチもいただいてみなければなるまい。
と言うわけでオーダーは「ロコモコ丼」!!


その前に「昼ビー」(笑)。
お願いしたのは「越乃米 こしひかり仕込み」(500ml)。
d0352022_11353204.jpg
比較的にスッキリ系!!爽やかな飲み心地のまろやかな味わい。
新潟産コシヒカリということで、ちょっと日本酒っぽい雰囲気もあるかな(笑)。
d0352022_11354220.jpg


すべてのランチに付くサラダとスープ登場!
d0352022_11353780.jpg
玉子とお野菜が入ったスープは熱々!サラダは少しだけ酸味が強いかな。でもたっぷりとしていて
ビールのアテにピッタリ!!


ロコモコ丼。
d0352022_11355717.jpg
デミグラスソースがかかったハンバーグと目玉焼き、お野菜類をご飯とマゼマゼしていただく。
ハワイ発のロコモコ丼はあの、暑さの下で食べるから美味しいと個人的には思っている。
なので、普段はあまり好んでいただかないのだけれど、消去法で残ったのが此方だった。
時間をかけて煮込んでいるのかな。デミグラスソースが美味しい!


神田酪農さんのメロンジェラート。
d0352022_11360268.jpg
神田酪農とは、やはり新潟・阿賀野にある酪農ファームらしい。
このジェラートがそんなに甘くなくて果実の爽やかさが際立った美味しさ!!
一口、二口と大事に味わってしまった。。。今月中だけでなくてずっと続けてほしいサービスだ。


コーヒー。
d0352022_11360724.jpg
かわいい容器に入ってサーブされる。


コースター
d0352022_11355205.jpg
ビアメニュー
d0352022_11354771.jpg
新潟発のスワンレイクビールを中心に、スタッフ厳選の全国のクラフトビールがあれこれと
楽しめるビアバブでもあるらしい。
クラフトビールはあまりよくわからないのだけれど、スタッフの方に色々とレクチャーを受けながら
嗜むビールも美味しそうだ。
また夜には「新潟厳選牛」が楽しめる「肉バル」としての楽しみ方も待っている。


吉祥寺南町にこじんまりと佇んだお店だけれど、目印としては「大勝軒」が近いかな。


クラフトビールをノンビリと楽しみたい方にお勧め。
ごちそうさまでした☆




●スワンレイクバルエド 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15 シマダビル 1F
050-5595-1342
火~金 12:00~23:00(L.O.22:30)
土   12:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝 12:00~22:30(L.O.22:00)
月曜 第2・第4火曜休
18:00以降 お一人様 チャージ300円24席
(カウンター4席、テーブル20席)
「吉祥寺駅」東改札出口より徒歩3分
http://www.swanlake.co.jp/main/Default.asp
2018年3月6日オープン
※ハッピーアワー
平日 12:00~19:00 スワンレイクビール定番5種
土日祝 オープン~ラスト スワンレイクビールその日の1種
250ml \500 500ml \800




スワンレイクバルエド 吉祥寺店ビアバー / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-09-26 19:14 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
最近、この界隈も新しい家が増えてきた。
少なくないのが、ご近所にお住まいの方が亡くなり、その跡が取り壊されて
更地として売りに出されるケース。
昔は畑だった場所が代替わりした途端に、アパートや戸建てになる機会も少なくない。


以前は割と活発だった町会活動もメッキリと加入している人が減ってしまって
班長が巡ってくる頻度も高くなった。
「何かあった時のために・・・」と加入していた我が家も、あまりにも面倒なので
昨年度の班長を最後に脱退することに。。。


募金活動や回覧板、避難訓練(これがすごい大規模で恐れ入る・汗)などから
解放された一方で、「敬老の日」に町会からいただいていた記念品もなくなった。
たしか、泉屋のクッキーと鰹節のバック(一番小さいサイズ)だったかな。。。



とりあえず「敬老の日」なので、プレゼントを用意して「美味しい物を食べにいこう!」
と誘ったら、東急のチラシを見て本人が「食べたい!」とリクエストしてきたのが
「三友居」の「敬老の日弁当」だった。


限定100セット!とのことなので、せっつかれるようにして予約(笑)。
「敬老の日」に早速、受け取りにいってきた。
d0352022_18072434.jpg
d0352022_18073341.jpg
d0352022_18074939.jpg
d0352022_18075584.jpg
栗としめじご飯にお総菜がたっぷり!!
ローストビーフや南蛮漬け、白和え、ワカサギ、海老フライ、鰆の焼きもの、玉子焼きなど
見た目も美しく、栄養バランスも考えられたお弁当だ。
笹巻きの中は「麩饅頭」と思ったら、おにぎりだったらしい。
ハスの揚げ物は少しかたかったらしいが、横に添えられた初銀杏は「秋の味だねぇ!」と
しっかりと味わい、「栗」に至っては「プロの味だねぇ!」と満足そうに食べていた。


年に一度の「敬老の日」だからこんなお弁当も良いかな。

過去に吉兆のお弁当などにトライしたことがあるけれど、此方は比較的にリーズナブルなのが良い。
この内容で2,700円(税込み)。
吉祥寺価格という感じだろうか。。。
母が喜んでいたのが何よりの親孝行となった。



※以前の訪問記事は





●三友居 東急吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 B1F
0422-22-8884
10:00~20;00











by forestkoro1015 | 2018-09-18 21:55 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
モノの値段が上がっている。
特にその傾向が顕著なお品の一つが、ケーキ類ではないだろうか。。。


この日、チェックした中で一番高いケーキは一つ1,260円だった。
その次が950円だったかな(驚)。
たしかにドッシリと大きくて高さもあってたっぷりしていたけれど
廉価版で一つ760円などと書かれているとドン引きしてしまう(汗)。
第一、大きくて甘いケーキを食べたらカロリーの心配もしなければならない。
「今さら・・・」という声も聞こえてきそうだけれど、重要な話だ。


「どうしてもケーキが食べたい!!」。。。
この日はそんな気分だった。が、渋谷のデパ地下街も概して大きくてお高い。
吉祥寺まで戻ってきて、此方の存在を思い出した。
「オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店」さんだ。


サイズは小ぶりながら、400円程度のまあまあのお値段で美味しいケーキが
色々と選べるお店だ。しかも、このぐらいのサイズのケーキなら、
そんなに罪悪感を抱かずに食べられるのも嬉しい。
ガラスケースの中には、「秋の新作」が色々と揃っていて、なかなか決められない(汗)。


最終的に選んだのは此方。
d0352022_16254137.jpg

○キャラメル・ポワール(410円)
d0352022_16255771.jpg
どうしても食べてみたかった此方は「この秋の新作」とのこと。
洋梨のクリームとかすかにビター感のあるキャラメルクリームのコンビネーションが
「大人味の奥ゆかしさ」を彷彿とさせる一品。
一口、二口と食べ進むほどに笑顔が広がる美味しさ♪
トッピングされたトロトロの歯触りの洋梨がアクセントになっている。
「もう少し食べたい!」と思った時には、もうなくなっていた(笑)。
このお値段だから仕方ないのだけれど(汗)。


○オペラ(420円)
d0352022_16254745.jpg
見かけると買ってしまう定番ケーキの一つ。
程よいビター感のあるチョコレートの甘が特徴的。サクッとしたパイ生地との
組み合わせもバッチリ!!紅茶よりもコーヒーと共に味わいたいかな。


○紅茶のケーキ(名前失念・汗)(390円)
d0352022_16255237.jpg
トッピングの生クリームの上のレモンソース(?)がとても美味しそうにみえて
購入。チーズ層とチョコクリーム層、さらには一番上の紅茶の部分が合わさって
結構楽しめたそう。。。


が、皆の意見は「美味しいけど、ちょっと小ぶりだね!」とのこと(笑)。。。
一つ700円〜800円のケーキにはなかなか手が出ないのだけれど、
此方のケーキであれば「2個ずつ」買っても、それぞれが美味しいから惜しくないかな。


小さいけれど、美味しいケーキが食べたい時にはオススメ!!
本格的なお味が楽しめるお店だ。


ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は



●オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店 (hotel de suzuki)
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館 1F
0422-22-1943
10:00~21:00
日曜営業
不定休(アトレ吉祥寺に準ずる)

オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店ケーキ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-09-15 17:05 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
「大暑」のこの日は武蔵野日赤で「足」検査ということでお出かけ。
暑さのせいか、予約の時間を1時間も間違えて出てきてしまった(呆)。
時間を潰しに外に出るには暑すぎる。。。
d0352022_16285819.jpg
この日は熊谷で観測史上最高温度の41.1度、多摩地区の青梅でも40.8度を記録したのだそうだ。
日赤のある武蔵野市も39度と、ありえない温度を示している(怖)。
診察を終えて車に戻ると、車内はサウナのような状態になっていた。


この後は吉祥寺へお買い物に。。。
東急に車を突っ込み、所用を済ませたあとは3階にある「果実園 リーベル 吉祥寺店」へ。


今年4月末に東急3階のリニューアルに伴って登場した此方は、全80席を有する、
目黒や新宿などに店舗を展開するフルーツサンドとフルーツ食べ放題でも有名なお店だ。
店頭ディスプレイには大きくてお高いケーキ類やフルーツが色とりどりにラインナップし、
女性客でいつも賑わっている人気のお店でもある。


フルーツサンドも美味しいのだけれど、暑かったこの日は「パフェ日より」!!
せっかくだったら「果実園のパフェ」をいただこうではないかっ!!


マンゴーと桃(だったかな?)という「今月のパフェ」(1,200円)もあったが、
果実園リーベルのこの季節ならではの噂の「桃パフェ」(1,994円)に吸い寄せられてしまった(笑)。
d0352022_16290578.jpg
これは是非、いただいてみなければなるまいっ!!
ようやく登場した「桃パフェ」を見て笑ってしまった。。。
d0352022_16291014.jpg
d0352022_16291562.jpg
d0352022_16292038.jpg
後ろ姿がとてもわいい!!
d0352022_16292597.jpg
d0352022_16293053.jpg
d0352022_16293590.jpg
朝一番で仕入れた新鮮&ジューシーな桃を丸々2個以上使用した果実園ならではの
「桃のパフェ」なのだそうだ。
余計なものは何も入っていなくて、食べても、食べても「桃」というのが、
この「桃パフェ」のセールスポイントらしい。


実際、「桃パフェ」というよりも「桃グラス」という感じで、グラスに入ったカット桃の間に
申し訳程度に生クリームとアイスが添えられている!!というようなイメージ(笑)。
唯一、惜しかったのは、桃自体があまり冷たくなかったこと!!
たっぷりだし(たっぷりすぎるし・笑)、甘くてジューシーでトロトロの桃ではあるのだけれど、
微妙に生ぬるいような。。。まぁ、この日の武蔵野市は39度もあったから仕方がないのだけれど。。。


途中まで食べ進むと、桃が丸ごと1個の絵柄になる(笑)。
テーブル上にあったナイフで半分に、さらに半分にとカットしていただく。
d0352022_16294066.jpg
少し前に某店で「丸ごと1個の桃を使った桃パフェ」にどうしても手が出なかったのだけれど、
此方の「桃パフェ」は丸ごと2個以上の桃を使った桃パフェだ。リベンジ成功っ(爆)!!


本当にどこまでも「食べても、食べても、桃!!」の世界を堪能したのだった。
(絵柄が汚くて失礼・汗)。
d0352022_16294561.jpg
実際、パフェグラスの底まで、桃はミッシリと詰まっていたのだった。


お値段的には少々お高くなるが、桃好きの方々には是非トライしてみていただきたい一品。。。
かなり満足度は高いと思う。
が、しばらく桃は食べなくてもよいかなぁ。。。それぐらいにインパクトがある「桃パフェ」だった。


ごちそうさまでした☆




●果実園 リーベル 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 3F
050-5595-7754
10:00~20:00(L.O.19:30)
無休
80席
https://www.instagram.com/kajitsuenkichi/
2018年4月26日オープン
0422-27-6118




日本全国ランキング

果実園 リーベル 吉祥寺店カフェ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2018-07-25 17:12 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
都内へ出かけたついでに、紀ノ国屋吉祥寺店に寄り道。。。
その入口にあるのが、お花屋さんと「キャラバンコーヒー」だ。
コーヒー豆の販売が主体なのだけれど、テイクアウトもOK。
アイスクリーム(メロン味のアイスが美味しい!)なども売られていて
この季節は特に重宝する。


今までは帰りに買って車の中で食べるか飲むしか選択肢がなかったのだけれど
いつのまにか店内に「イートインコーナー」ができていた。
白いソファ席は以前からあるのだけれど、イートインコーナーは最近だと思う。
椅子は3つ。。。ストア内で購入したお弁当やパン、お総菜類をいただく
ことができるらしい。

d0352022_12291278.jpg
ガラス越しのお席なので、駐車場のお客さんと目が合ってしまうのが少々恥ずかしいのだけれど。。。


この日はショッピング前に「カプチーノ」(287円)をいただく。
d0352022_12290731.jpg
ミルクホイップたっぷりで香り高いカプチーノだ。


「ちょっとひといき」というよりも「ホッとひといき」(笑)。
お砂糖の量や有無を確認してくれるのも嬉しいサービスだ。


d0352022_12290161.jpg
何よりも涼しい店内で座って飲むことができるのが有難いかな。


ちなみにコーヒー豆スタンプ(100グラムのコーヒー豆で一つ)は適応外らしい。

が、美味しいコーヒーかこのお値段でいただけるのは使い勝手がよろしいかも。
また立ち寄ることがあったら利用してしまいそうだ。


ごちそうさまでした☆



●キャラバンコーヒー 紀ノ国屋吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-7-3
0422-21-7779
9:30〜19:30
http://www.caravan-coffee.jp



by forestkoro1015 | 2018-07-15 12:47 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
阿部さんでまったりした時間を過ごした後の3軒目は、すぐ隣にある「ビアンカーラ」さんヘ。
私たちの中では定番の「ハシゴコース」になってしまっている二軒だ(笑)。

此方は最近「dancyu」のワイン特集でも紹介されていたのをご記憶の方も多いことだろう。

駆けつけの1杯目はフルーティーな感じのシュワシュワ。
d0352022_12375566.jpg
山形・タケダワイナリーの「デラウェア・サン・スフル」と長野・ドメーヌナカジマの
「ベティアン・ナチュール・ロゼ」(微発砲)。後者はなんと!巨峰のワインなのだそう!!


この季節ならではの「柿とモッツァレラのカプレーゼ」
d0352022_12380355.jpg
「しらすのオムレツ」
d0352022_12381042.jpg
前回訪問時(8月)は抗生物質を飲んでいたため、少し酔ってしまってあまり記憶がないのだけど(汗)
此方のお料理はやはり美味しい!

そんな訳で2杯目。アルザス マルク・テンペの「エピス」
d0352022_12382603.jpg
お友だちはラディコン(フリウリ)の「ピノ・グリージョ '13」
d0352022_12381728.jpg
独創的な色合いが特徴的!!


この日はおとなしく2杯ずつ嗜んで引き上げたのだった。。。


ちなみに前回訪問時(8月)の写真もアップ。

山梨・紅玉園さんの絶品白桃とモッツァレラのカプレーゼ。
d0352022_13051092.jpg
ビーツの冷製ヴィシソワーズ。
d0352022_13050361.jpg
スイカのガスパチョ。
d0352022_13052393.jpg

この日はスコットランドのクラフトビア「エルヴィス・ジュースIPA」をいただいたらしい。
d0352022_13044630.jpg
此方はお友だちのオーダー。
d0352022_13045308.jpg
d0352022_13051799.jpg
クラフトビールとワイン(と抗生物質)をちゃんぽんで飲んだのがこの日の敗因だろうか。。。
井の頭公園駅前にある此方は人気店なので訪れる際には必ず電話で空席を確認した上で
訪れることをオススメしたい。

ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の記事は



ビアンカーラ (BIANCARA)
東京都三鷹市井の頭3-31-1
0422-49-3032
月~土 17:00~24:00
日・祝 15:00~21:00
木曜日休

ビアンカーラビストロ / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2017-12-02 18:38 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
東急裏の「ビストロハッチ」で美味しいお料理を楽しんだ後はテクテクと歩いて
恒例の「阿部」さん@井の頭公園へ。


プロのソムリエである阿部さんが、その時の気分や酔い具合(笑)、客の好みに合わせて、
バッチリのイタリアワインを中心にセレクトしてくれる楽しいお店だ。


1杯目はシュワシュワでゴー!!
ヴェネト州のLa Jaraによる「Prosecco DOC Spumante Brut」
d0352022_19323119.jpg
テーブルに置かれているグリッシーニやスナックはフリー!
d0352022_19323710.jpg
「阿倍のおまもり・シングル」(1,000円)。
d0352022_19324469.jpg
小豆島だか淡路島の夏ミカンのピールとチーズ、干し柿(?)と生ハム、そして阿部母お手製
という栗入りの卵焼きが美味。ワインとの相性を考慮した阿部さんならではの構成。。。

気分良く2杯目の「Roccafiore Bianco Fiordaliso」
d0352022_19325124.jpg
此方でよくいただくこのワインはウンブリア洲のもの。「Fiore」という通り、フローラルで
瑞々しい味わい。。。オーガニック系なのに、あまりそれっぽくないのも魅力。


さらに赤も(呆)。「Cantina della Volta Fermo」
d0352022_19325964.jpg
口当たりの柔らかなエミリアロマーニャ州のワイン。。。


友人と3杯ずついただいてすっかりと良い気分に。。。
この日はたまたまそんなに混んでいなくて楽しい時間を過ごさせていただいたのだった。


11月もそろそろおしまいという時期だけあって、吉祥寺の街はクリスマス色に染まっていた。
お馴染み吉祥寺パルコのクリスマスツリー。
d0352022_20250651.jpg
駅前のクリスマスツリー。
d0352022_20251411.jpg
最近は少し気合いを入れている模様(笑)。



ちなみに前回訪問時(8月分)の写真もご紹介。
d0352022_20242706.jpg

d0352022_20243390.jpg
d0352022_20245911.jpg
d0352022_20245121.jpg

渋谷から普通電車に乗れば井の頭公園も近いのだけれど、どうしても急行の吉祥寺行きに
乗ってしまうため、近い割にはリピート頻度が高くないお店だ(汗)。
ごちそうさまでした☆



※前回の訪問記事は


※前々回の訪問記事は


※その前の訪問記事は


さらにその前の訪問記事は



●阿部
東京都三鷹市井の頭3-31-1 井の頭レジデンス 1F
0422-29-9106
月~金 16:00~23:30(L.O.23:00)
土 12:00~23:30(L.O.23:00)
日曜・第2月曜休





阿部ワインバー / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2017-12-01 23:13 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)