Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:グルメ・吉祥寺( 54 )

吉祥寺の居酒屋はほとんど制覇したつもりでいたけれど、
知らない間に新しいお店もドンドン増えている。
その一つが、吉祥寺のほとんど駅前(というか駅上?)にある
「地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店」さんだ。


16時からオープンということで、この日は高校時代の友人たちと早い夕食。。。
駅横のファミリーマートがあるビルの7階にお店は位置している。


エレベーターを降りると個室が並ぶ店内は奥に長い。
真下を行き交う中央線の線路を眼下に臨む夕陽がキレイなお部屋に通された。
「こんな場所から眺める吉祥寺ははじめて!!」と友人たちと盛り上がる。

d0352022_17091852.jpg
少し横に頭を振ると、右側に吉祥寺パルコも見える。
d0352022_17094619.jpg
この日いただいたのは、地鶏の王様「名古屋コーチン」をふんだんに使用した
すき焼き鍋、つくねの朴葉焼きなど、全9品から構成されるコース。
あまりというか、ほとんど飲まない友人たちなので、飲み放題はパス(えっ?)。


「レモンサワー」で乾杯!!
d0352022_17093206.jpg
アルコール類は豊富にラインナップしている。飲み放題メニューも多彩(涙)。
日本酒はこのような感じ。
d0352022_17094200.jpg
獺祭も豊富だ。
d0352022_17093721.jpg


さてお料理をいただこう。

○【お通し】 季節のお通し
d0352022_17092878.jpg
彩り鮮やかな可愛らしい盛り付けに思わず歓声が上がる。
トマトの内側は揚げたお魚とお肉、玉ねぎをはじめとしたお野菜のマリネ。

友人のカルピスソーダ(たしか)と。
d0352022_17092386.jpg
友人たちがトマトをかじっているので、私も負けじと参戦。。。(笑)。


○【前 菜】 本日の逸品
d0352022_17095565.jpg
サーモンと鯛のカルパッチョに玉ねぎ、赤と黄色のパプリカ、紅芯大根、
すだちなどがたっぷりと添えられた一品。
絵心がある美しい盛り付けに食べてしまうのがためらわれてしまう。
もちろんお味も○。ドレッシングが全体を引き締めている。


○【冷 菜】鶏せせりのおろしポン酢
d0352022_17095186.jpg
写真ではわかりにくいのだけれど、先ほどのトマト同様、揚げた加茂茄子をくりぬいた
中に、やはりたっぷりのお野菜とおろしポン酢味の鶏せせりが盛られている。
加茂茄子の脂分とおろしポン酢の酸味が合わさって、食欲が進む一品。
もちろん器の加茂茄子はしっかりといただく(笑)。しんなりして美味しい!


○氷結カルピスレモンサワー
d0352022_17100046.jpg
凍ったレモンがカルピスサワーとよく合う!!


○【逸 品】 熟成鶏の黒胡椒焼き
d0352022_17100568.jpg
黒胡椒を効かせて焼き上げた名古屋コーチンの熟成鶏。此方、この日の今日一!!
しっとりと柔らかくてまろやかな味わいはとろけるようなおいしさ♪
トッピングのお野菜共々、熱々のうちに頬張りたい一品!!
d0352022_17101095.jpg
○【揚げ物】 特製チキン南蛮
d0352022_17101449.jpg
たっぷりとかけられた自家製タルタルソースがお肉の旨みをさらに引き立てる一品。
何もつけないでいただく唐揚げもまた美味♪
此方もてんこ盛りお野菜でヘルシー感たっぷり!!


○【 鍋 】 名古屋コーチンのすき焼き鍋
d0352022_17101954.jpg
ガスコンロと鍋が用意され、本日の主役たちが登場する。
なす、舞茸、ねぎ、パプリカ、にら、人参、豆腐、白滝、えのき、白菜の横に
たっぷりの名古屋コーチンのお肉とすり身が!!
その横には名古屋コーチンのお出汁が入ったポットが!!

まずは名古屋コーチンのお肉をじゅうじゅうと焼きはじめる。
d0352022_17102334.jpg
そのまま食べたい衝動にかられる(笑)。

お野菜を入れて少し焼いたところでお出汁投入!
d0352022_17102748.jpg
できあがり!!
d0352022_17103270.jpg
おそらく卵も名古屋コーチン(?)。鮮やかな黄色だ!
d0352022_17103715.jpg
卵をといてフーフーいいながらいただく。
d0352022_18135929.jpg
お野菜の甘みと名古屋コーチンのコクのある旨みが合わさって上品な味わい。
鶏すきなのだけれど、ワンランク上のテイストという感じで、割と弾力に富んだ
しっかり系のお肉というイメージだろうか。。。


○【お食事】 名古屋コーチン出汁の旨味うどんすき
〆のおうどん登場!!
d0352022_17104678.jpg
皆、よく食べる方だけれど、この日はお料理のボリュームがありすぎたようだ。
食べきれなくて少し残してしまった(汗)。


○【創作】 つくねの朴葉焼き
d0352022_17104255.jpg
此方もドーンと登場した。芳ばしい朴葉焼きをいただくとつい日本酒が欲しくなるが
グッと我慢(笑)。多いかなーと思ったが、美味しいので食べきってしまった。。。


○【デザート】 季節の甘味
d0352022_17105031.jpg
すでにお腹はパンパンなのだけれど、甘い物は別腹(笑)。
レモンシャーベットとチョコケーキ、わらび餅の3点セットをペロリ!!


コースのボリュームはたっぷりしているが、名古屋コーチンをはじめとした
鶏肉メインのお料理なのでカロリー的には全く問題ないだろう。
お野菜がたっぷりしているので、女性にとっては非常に嬉しいコースだ。


しかも完全個室なので日頃の愚痴や悩みを吐き出す場所としても最高(笑)。
皆、美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、思い思いに日頃のストレスを
発散して晴れ晴れとした顔で帰っていった。


唯一、難点を上げるとすれば、すき焼きのお出汁が煮詰まってしまうので
薄めるためのお湯(またはお水)のポットがあると嬉しいかな。
まぁ、お願いすれば持ってきてくれるのだろうけれども。。。


まるでアートのように美しい盛り付けも必見!!
吉祥寺の駅チカにはなかなか使える個室居酒屋がある。


飲み放題付きコースも人気のようで、帰る頃にはリーマンの方々で混み合いはじめていた。
次回は私も飲み放題付きでエントリーしたいかな。
たまには名古屋コーチンまみれになりながら密談を楽しむのも悪くない。


ごちそうさまでした☆



●地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-16 サンク吉祥寺7F
050-5594-4965
16:00~24:00(L.O.23:30)
不定休 ビルの休館日に準じます
140席
個室有(2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可、20~30人可、30人以上可)
全面喫煙可
2017年10月1日オープン
電話番号:042-227-6667



地鶏個室居酒屋 多喜屋 吉祥寺店居酒屋 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2019-02-08 23:29 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
12月に2回もリピートした「プルミエ レタージュ」さん@吉祥寺の後編。
この日はお友だちと「Xmasランチ」
と言っても、クリスマスのスペシャルメニューではなく、12月のディナー用
フルコース(4,200円)をいただく。


クリスマスが近いせいか、相変わらずランチタイムは大盛況。
ランチ訪問の場合は早めの予約が鉄則かもしれない。


この日もシュワシュワからのスタート(呆)。
いただくのは「DELAMOTTE BRUT」
d0352022_17263554.jpg
しっかりとした骨格を持つエレガントなシュワシュワ。まいう!


○アミューズ:堀川牛蒡と紅東のクロケット
d0352022_17264489.jpg
堀川牛蒡とチーズ、さつまいも(紅東)を小さなボール状にして竹炭をあしらった
クロケットは、クリスマス気分を盛り上げる一品。
見た目のインパクトとは裏腹に両者共にほんのりと甘くて(特に紅東)優しいお味。
この時期は仕込みがとても忙しいため、「クロケットは僕が作りました!!」
胸を張っていた徳山さん。。。美味しかったです♪


この日は愉快に飲んだくれるだけなので、ボトルでゴー!!
オススメの中から選んだのは「Moillard-Grivot, Ladoix Blanc 2015」
d0352022_17265048.jpg
シャルドネ100%のフレッシュで豊かな果実味がバランスの良さを醸し出す1本。
これも好きな感じの白。


○前菜 その1:氷見産 寒鰤のマリネ 旬の根菜とゆずの香り
d0352022_17265665.jpg
脂ののった氷見の寒鰤に合わせるのは、金柑、柚子、そして蕪などの冬の根菜。
ピューレは蕪とのこと。やや甘めの金柑が鰤と合わさって独特のフレッシュな
味わいをもたらす。。。もう少し酸味が強い方が個人的には好みかな。。。


○「Style Bread」のパン
d0352022_17270160.jpg
○前菜 その2:北海道産真鱈白子のムニエル&ブブ・ブルギニョン
d0352022_17270621.jpg
この日は遅いスタートだったこともあり、「白子」が一人分(!)しか残って
いなかったそう(汗)。「シェアします!」という私たちに、
徳山さんがシェフと相談して用意してくれたのはクリスマススペシャルメニューからの
お裾分けの「ブブ・ブルギニョン」!!ご存じ「牛肉の赤ワイン煮」だ(嬉)。
ホワホワっとした白子のムニエルも、旨みが凝縮された牛肉もとろけそうなお味!!
「残り物には福」がたしかにあった(笑)。


○魚料理:天然真鯛のポワレ 〜ソース・ブールブーラン〜
d0352022_17271118.jpg
鹿児島産の天然真鯛をサフランとチーズをあしらって仕上げた一品。
たっぷりのバターの香りがチーズと合わさって濃厚なお味を醸し出す。


○お肉に合わせていただくのは「Chateau Cantemerle 2013」
d0352022_17271659.jpg
リッチでしなやかな香り高い味わい。飲み応え感たっぷり!!

○メイン:和牛イチボのロティ 〜マルシャン・ド・ヴァン・ブール〜
d0352022_17272108.jpg
ランチのお肉はこれぐらいのボリュームでちょうど良いかも!!
上は堀川牛蒡のピューレ、赤いのがエシャロットと赤ワイン、バターで作られる
「マルシャン・ド・ヴァン・ブール」。イチボにはやはり此方の方が合うかも!!

あっぷ!
d0352022_17272837.jpg

○いつもの定番:ラルド産のフォアグラ
d0352022_17273348.jpg
好物ということもあり、幸せ気分に浸れる一皿(笑)。


そしてまだ飲む(呆)!!
「Chateau de Mont Perat 2014 Despagne AOC 1er Cotes de Bordeaux」と
「Chateau de Malle 2001 Grand cru Classe du Sauternes 」
d0352022_17273986.jpg
クリスマスということもあってすごいワインが登場!!
「神の雫」で「まだ知られていないスゴイワイン」として有名になった「Mont Perat 」、
そして最高峰の甘口貴腐ワインの一つとして知られる「Malle 2001」などなど。。。
いいのか、いいのか、もう酔いしれる程の美味しさ♪
フォアグラとの相性もバッチリ!!素敵なクリスマスプレゼントとなった。


感動はまだ終わらない(笑)。
○デザート:栃乙女のショートケーキ
d0352022_17274548.jpg
マスカルポーネと栃乙女いちごをふんだんにあしらったショートケーキは
聖夜(まだ早いけど・笑)にふさわしい素晴らしい美味しさ♪


コーヒーをいただいて〆。
d0352022_17275053.jpg
この日も最初から最後まで小技を効かせた美味しいお料理美で楽しませて
いただいたのだった。
クリスマスだし、ちょっと良いワインをいただいた分、普段に比べると少し
お高くなってしまったが、満足度は極めて高いランチだったように思う。


d0352022_17275621.jpg
来月の2日に「1周年」を迎えるという此方、吉祥寺の街にあっては、これからの展開が
とても楽しみなお店の一つでもある。
何よりもカジュアルな感覚で気軽に利用できるのが嬉しい。カウンター席もあるので
たぶんお一人様でも問題ないだろう。


ランチタイムでも楽しめるフルコース(4,200円)の他、ランチコース(2,400円:
選べる前菜とメイン、ニース風サラダ、天然酵母パンコーヒー)、
ワンプレートランチ(モンサンミッシェル風フワフワスフレオムレツ・950円〜)、
これに天然酵母パンまたはライスとコーヒー付きのランチセット(300円)がラインナップ。


今年もまた頻繁に通ってしまいそうだ。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン





プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★★ 4.3


by forestkoro1015 | 2019-01-02 21:40 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
母のお供で吉祥寺まで。。。
出庫の時間まで少し間があったので、「神田まつや 吉祥寺店」さんで
お昼を食べて帰ることに・・・。


ちょうどお昼時ということもあって、此方のデパ食街で一番混んでいるのが
このお店だ。少し待たされたが、店内は広いのですぐに入店できる。


母は「盛り合わせ天もり」(1,296円)。
d0352022_13264463.jpg
写真が天地逆な上に、葱が蕎麦猪口に・・・(汗)。
此方は吉祥寺店だけの限定メニューであり、しかも一番人気のお品なのだそう。
打ち立てのエッジが効いたお蕎麦の横には熱々の天ぷらが!!

天ぷらは茄子、かぼちゃ、ししとう、きす、海老の5種類。
d0352022_13265278.jpg
此方も天地逆で失礼(汗)。
が、この内容でこのお値段は素晴らしいCPだと思う。
物欲しそうな顔をしていたら、ししとうがまわってきた(笑)。


いつもは私もこの一番人気メニューを選ぶのだけれど、連日、飲み疲れ中なので
天ぷらはちょっとパス(笑)。
好物の「鴨南せいろう」や「鴨南ばん」(両者共に11〜3月の限定メニュー)も
ちょっと重いしなー!ということで、この日、選んだのは
胃に優しくて消化も良さそうな「にしんそば」(1,080円)。
d0352022_13265700.jpg
器からはみだしそうに大きなにしんが食欲をそそる(笑)。
d0352022_13270263.jpg
薬味もたっぷり!!

にしんあっぷ!
d0352022_13270663.jpg
此方で「にしんそば」は初めていただいたのだけれど、思っていた以上に
お出汁が薄口の優しい味わい。一方のにしんは甘口ダレでしっとりと柔らかく
炊き上げられていて、ほぐしながら食べ進むと、薄口のお出汁と合わさって
美味しい。
キリッとした味わいの温かいお蕎麦もまた趣きがある。


毎年大みそかに食べる年越し蕎麦は、「天ぷら」を入れてつくることが多いのだけれど、
今年は「にしん」にしようかとお悩み中だ。



ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は




※前々回訪問時の記事は




※その前の訪問記事は





●神田まつや 吉祥寺店 (かんだまつや)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 9F
0422-22-1722
10:30~21:00(L.O.20:30)
不定休(東急に準じる)



神田まつや 吉祥寺店そば(蕎麦) / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2018-12-28 13:57 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
ビアンカーラさんで嗜んだ後は、ほんの少し先(数軒先)にある
「阿部」さんへ。。。今回の食い倒れツアーの着地店だ。
同じワインバーなのに、ビアンカーラさんとは異なる独特の空気感に
満ちたお店でもある。


土曜日は13時〜、平日は17時からオープン。
ビアンカーラさん同様、駅からとても近いお店なのだけれど、
井の頭公園駅は、渋谷から急行に乗って通過してしまう駅なので、
ふと気づくといつも通り過ぎてしまっている(汗)。
今回も久しぶりの訪問となってしまった(汗)。



楽しいポップ発見(笑)!
d0352022_12221704.jpg
d0352022_12222322.jpg
この日はグラスばかりだけれど、これで10杯目のカウント(汗)。
いただいたのは「阿部の苦味ハイボール Mk-Ⅱ」。
d0352022_12224490.jpg
「カンパリのような味わい」とのことでお願いしたのは、Contratto Bitter」
いうリキュールを使用したハーブ系のハイボール。鮮やかな赤はビーツの色とのこと。
カンパリ同様にやや苦味が感じられる大人味の爽やかな味わい。。。が、度数は
此方の方がやや高いようなイメージ。。レモンスライスがたっぷり入っているのも◎。


此方はお友だちの「阿部の極乙アマレットジンジャーエール」
d0352022_12224964.jpg
此方もアルコールがたっぷり効いた大人味のジンジャーエールだ。

お腹はいっぱいなので、フリーのスナックをいただく。
d0352022_12225461.jpg

二杯目は「Colline Novaresi il Mimo 2017」
d0352022_12230099.jpg
ピエモンテ発のネッピオーロ100%のロゼだ。
ほんのりとした甘さとやわらかな苦味が特徴的。上品で落ち着いた印象も併せ持つ。
香りはそんなに強くないが好きなタイプのロゼ。



お友だちの二杯目のおまけ:チョコレート。
d0352022_12230660.jpg
麦チョコが在庫切れということで、此方のチョコだったが、個人的には大歓迎!


この日のラインナップ。
d0352022_12222907.jpg
この日のメニュー。
d0352022_12223746.jpg
ここにも「阿部ロゴ」が!!(お会計トレイ・笑)。
d0352022_12231187.jpg
小さな部分にも「小技」と「シャレ」が効いていて楽しいお店だ。
そして、その日の体調(飲み・食べ具合・何軒目かなど)も踏まえてコーディネイト
してくれるワインもハイボールも、そしてお料理も本格的!!
ワイン好きが集う「サロン」みたいな雰囲気もあるお店なので
ゲスト同士が仲良くなれてしまうのもまた魅力。。。

この夜もまた愉しく盛り上がっていた。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は



●阿部
東京都三鷹市井の頭3-31-1 井の頭レジデンス 1F
0422-29-9106
月~金 16:00~23:30(L.O.23:00)
土 12:00~23:30(L.O.23:00)
日曜・第2月曜休



阿部ワインバー / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9


by forestkoro1015 | 2018-12-25 21:44 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
プルミエ レタージュさんを出て、井の頭公園前の「ビアンカーラ」さんへ。
私たちの「定番のハシゴコース」では、いつもトリのお店なのだけれど、
この日は敢えて「逆回り」で(3軒目は「阿部」さん・笑)。


プルミエさんで抑えた分、此方では飲む気満々(呆)。
一杯目はタケダ・ワイナリー@山形の「サン・スフル・ブラン 2018」
完熟デラウェアを用いた、ホンノリ甘酸っぱいフルーティーなシュワシュワ。
ラベルもかわいいし、どこまでも美味しくて優しい味わい。。。


この日のラインナップ。
d0352022_18485482.jpg
○いちごのモッツァレラ
d0352022_18490033.jpg
「まだ食べるのかー」と言われそうだけど、この組み合わせは鉄壁!!
「サン・スフル」との相性もバッチリ!!


○フレッシュトマトのオリーブオイル(「丸ごとトマト」だったかな・
記憶は曖昧・汗)。
d0352022_18490562.jpg
ミハエラさんオススメの一品。湯むきされたトマトにオリーブオイルとペッパーなど
を合わせて。。。限りなく甘くて爽やかなお味。

○「Domaine de Triennes Mediterranee Les Aureliens Blanc」
d0352022_18491174.jpg
d0352022_18491661.jpg

2杯目はプロヴァンスの白。フルーティかつまろやかでフレッシュなテイスト。
説明書きによると、「ロマネコンティの人が手がけているそう!!」。
さすがに美味しい♪

○白子のフリット
d0352022_18492199.jpg
この季節のごちそうの一つ。カリッと芳ばしく揚がった白子は最強のアテ!!
パンチのある塩気も効いていて美味しい!


○「Chahut et Prodiges Les Gros Locaux 2014」
d0352022_18492664.jpg
白子に合わせていただくのは、濃ゆいぶどうジュースのような味わいの柔らかな
ナチュラル系。3人の太ったおじさん方のラベルのように、一口飲むほどに
楽しくなるような印象。。。サラリと飲める美味しさ♪


お腹も膨れてきたところでお会計。。。
この後はハシゴコースの3軒目へ。。。とは言ってもすぐ近くなのだけれど(笑)。


いつも2軒目か3軒目なのだけれど、お料理もワインも美味しいので
此方からのスタートもオススメ。
但し、この界隈では人気店の一つなので、来店の際には必ず予約を。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は



※その前の訪問記事は



※さらにその前の訪問記事は



※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は




ビアンカーラ (BIANCARA)
東京都三鷹市井の頭3-31-1
0422-49-3032
月~土 17:00~24:00
日・祝 15:00~21:00
木曜日休

ビアンカーラビストロ / 井の頭公園駅吉祥寺駅三鷹台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-12-23 23:53 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
お気に入りのお店はリピする方だけれど、吉祥寺の「プルミエ レタージュ」さんは
特に気に入って12月は2回も出かけてしまった。。。
最初の訪問は12月初旬。お友だちが遠路はるばる吉祥寺にやってくる!
ということで早々に予約。。。


いつものように泡からのスタート。
いただくのは、「Selection Brut NV PANNIER」
d0352022_00150202.jpg
エレガントでふくよかな黄金色に繊細な気泡が煌めいて美しい。
もちろんお味もどこまでも上品系。。。


アラカルトメニューも揃っているようだが、この日も4,200円のコースでお願いする。
この時のメニューは11月のものとのこと。
d0352022_00150927.jpg
○北寄貝のコンフィ 
d0352022_00163103.jpg
ミニグラスのポタージュは一口飲んだ後、北寄貝にかけていただく。
濃厚な風味が北寄貝と合わさって美味しい。貝殻に残ったスープは北寄貝の
お出汁と共に飲み干す。
d0352022_00163802.jpg
○本ししゃものカダイフフリット ソース・タップナード
d0352022_00164328.jpg
名前の通り、本ししゃもにカダイフをまとわせてフリットにしたお料理。
黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイルを合わせたタップナードソースが
芳ばしいししゃもとよく合う。ししゃもの下にはミニクロケットが!!


この日は、後の予定もあるので徳山さんに相談して軽めのペアリングでゴー!!
1杯目は「Miraval Rose Cote de Provence 2016」
d0352022_00164809.jpg
ブラッド・ピットがプロヴァンスに所有するワイナリーからのミネラル感たっぷりの
辛口ロゼ。

○「Style Bread」のパン
d0352022_00165418.jpg

○「Bourgogne Pinot Noir Domaine Joel Remy 2014」
d0352022_00165982.jpg
鮮やかな色合いと芳醇な果実実あふれるエレガントな味わい。。。


○鰻の赤ワイン煮込み
d0352022_00170452.jpg
浜名湖の鰻を赤ワインと合わせて。。。ホワホワッと柔らかくてとろけるような
味わい。。。下には赤ワインソースが染みこむようなピューレが。


○「Valdesil Godello Sobre Lias」
d0352022_00171014.jpg
スッキリ系のグイグイ飲めるスペインワイン。


○縞鰺のブイヤーベース
d0352022_00171526.jpg
ホコホコの縞鰺に添えられているのは、的矢産のムール貝。
的矢産の牡蠣は有名だけれど、ムール貝もあるのねー!などと感心しながらいただく。


○パン 二つ目
d0352022_00172149.jpg


○「Château Ame de Musset 2010」
d0352022_00172609.jpg
しなやかで優雅な味わいのフルボディ。好きなタイプの赤☆


○ペリゴール産マグレ鴨 胸肉のロティ ソース・バルサミコ
d0352022_00173255.jpg
「マグレ」とはフォアグラを取った後の胸肉のことで、フォアグラの香りとコクを
残すこの部位は特に美味しいと評判なのだそう。。。
ちなみにペリゴール地方はフォアグラ発祥の地として知られている。
徳山氏の流れるような解説を聞いてからいただくと、たしかに普通の鴨よりも
コクも風味もあって美味しく感じる(笑)。
が、内心、この鴨を「鴨せいろ」か「鴨南ばん」で入いただいたら
どのようなお味になるのだろう・・・と思ってみたり(笑)。


○フォアグラブレート
d0352022_00173919.jpg
箸休め的な一皿。鴨とフォアグラはやはりセットでいただくと美味しい♪


○「Chateau de Rayne Vigneau 2005 AOC Sauternes」
d0352022_00174590.jpg
フォアグラに合わせていただくのは、甘口の貴腐ワイン。シトラス系の華やかで
フレッシュな香りの中にハチミツのようなとろみが!!
こんな貴腐ワインだったらいくらでもいただけそう!!


○紅玉のプディング ソース・キャラメル
d0352022_00175142.jpg
食べてしまうのがもったいないような繊細なフォルムのデセール。
りんごのように見える薄いスライスは、さつまいもの「紅きらら」。
実は先日、天ぷらにして食べたばかりだけれど、お菓子のように甘くて美味しい
さつまいもだ。天ぷらよりもデザートでいただいた方がダンゼン美味しい。
ほのかな紅玉の酸味がキャラメルソースと相まってアクセントを添える。


デセールを食べ終えるとちょうどよい時間だ。
この後は井の頭公園を突っ切って二軒目へと向かったのだった。


d0352022_00144900.jpg
d0352022_00145646.jpg

おまけ:吉祥寺駅前のイルミネーション。。。
d0352022_00175766.jpg



この日はペアリングにしておいて正解だった。この後は2軒もまわったし(呆)。
明るいランチタイムと比べると、ディナータイムはしっとりと落ち着いた雰囲気の
お店に変身する。ただ、そんなに飲まなかった分、前回ほどの感動を味わうまでには
至らなかったような(汗)。。。


と、この時は思ったのだけれど、後日、再訪。12月のコースメニューをいただいて
またまた感動してしまったのだった(笑)。
この時の再訪記はまた改めてご紹介しよう。



ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン


プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-12-22 12:34 | グルメ・吉祥寺 | Trackback(26) | Comments(0)
「1坪の奇跡」という本が登場したのは10年ほど前のことだったろうか。。。
たった1坪の店舗で、最中と羊羹の2品を取扱い、年商3億円を叩き出す。。。
そう、この本で紹介されているのが、吉祥寺・ダイヤ街にある小さな和菓子店
「小ざさ」だ。
d0352022_16284893.jpg

1日限定150本の羊羹(現在は760円だそう)を求めて朝早くから行列ができる
ことでも有名で、とっくの昔に羊羹はあきらめたが、最中は比較的に買いやすい。
それでも、ずっと昔(○○年前の高校時代・いかん、年がバレル・汗)は
学校に行く前(8時前後)に並んで、運が良いと2巡目も回ってきて10本ゲット!!
というラッキーデーもあった(懐)。


そのように昔から馴染みがある店だが、「1坪で年商3億!」とは知らなかった(汗)。
その場で衝撃を受けて立ち読み(!)したことを覚えている(笑)。


この日も最中を求めて吉祥寺まで。。。
店前に行列ができている。隣のメンチかつ屋の行列かと思ったら、
この日の行列は此方の「最中客専用!」とのこと(驚)。


番号札を渡されて列のお尻にくっつく。。。
d0352022_16283115.jpg
裏はこのような感じ。。。
バラ入りは1つ67円だが、箱入りは少しお高くなる。
d0352022_16283876.jpg
黒あん(小豆)と白あんがあるが、箱入りは半分ずつ入っている。
黒あんの方が美味しい(個人的な好みだけれど)、黒あんだけとか、数を多くしたい
場合は前日までに要予約。久しぶりなので忘れていた(汗)。
ご進物用にいくつかの箱詰めをゲット!!
ちなみに11時前なのに、10個詰めの箱入りはすでに売り切れだった。


もちろん自宅用にもバラの10個入りを購入(670円)。
バラは「黒あん」と「白あん」の指定が可能だ。
d0352022_16285323.jpg
帰宅後は早速に味見タイム!!
d0352022_16285929.jpg
d0352022_16290474.jpg
d0352022_16290907.jpg
さらりとした上品系の餡がしっとりした皮に包まれた美味しい最中だ。
皮全体にミッシリと餡が詰まっているのがさらに嬉しい❤️
最中のお味はいついただいても変わらない定番の美味しさがある。
きっと150本限定の羊羹も昔と変わらない美味しさなのだろうなぁ。。。
最近は運が良いと7時台の到着でも購入できる日もあるらしい話を耳にしたので
(並んでいる時に・笑)、並んでみても良いかなーという気になっている。
でも寒いのはイヤだな。。。


それにしても年商3億、月商2,500万、、、1日限定150本の羊羹に対して、
最中の貢献度はすこぶる高いと思う。すごい最中だ。。。


ごちそうさまでした☆



●小ざさ (おざさ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
0422-22-7230
予約可否
10:00~19:30
日曜営業
火曜休
http://www.ozasa.co.jp/
※最中は、ネット購入可能。
※羊羹は店頭販売のみ。整理券が必要。





小ざさ和菓子 / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


by forestkoro1015 | 2018-11-27 17:28 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
吉祥寺東急裏手にあるレンガ造りの洋館をご存じだろうか?
この洋館こそが「炭焼きステーキハウス 葡萄屋」「しゃぶしゃぶと創作料理 ぶどうや」、
「焼肉 BUDO-YA」「西洋骨董と珈琲 ぶどわーる」「バーラウンジ WAGONS LITS」を
擁する、今年で35周年を迎える「飲食の館@吉祥寺」だ。


私は地下にあるバーラウンジと、ずっと前に「ハンバーグ」を食べに行ったことしかないのだけれど
今回は本家本元のステーキをいただこうと、2階にある「炭焼きステーキハウス 葡萄屋」さんへ
伺うこととなった。。。


「ステーキハウス」というだけあって、カウンター席はないが、店内中央に大きな鉄板が置かれ、
シェフが一番目立つ場所でジュージューとお肉を焼き上げている。


今回は「35周年スペシャルランチコース」(5,400円)をセレクト。
此方は、メインに「和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
または「和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)、さらに、
アミューズ、前菜、スープがセットになり、パンまたはライス、
デザート、コーヒーまたは紅茶がついている。

少し量が多いかなーと思ったのだけれど(汗)。。。



○アミューズ:牛タンのゼリー寄せ トウモロコシの冷製スープ
d0352022_18393088.jpg
ライトな感じのアミューズ。冷製スープはこっくりとしていて、牛タンも美味しい。


○前菜:大帆立とフォアグラのポワレ トリュフのソース
d0352022_18393412.jpg
前菜としてはかなりしっかり系。フォアグラも大きくてたっぷりしている。
フォアグラの下からは「大帆立」がこんにちは!!
この大帆立も大きくてかなり美味しい。しかもその下にはお大根。。。さらに
このソースがかなり濃厚な感じ。前菜はもっと軽い方が好きかなぁ。。。



○スープ:マッシュルームのポタージュ
d0352022_18395168.jpg
熱々かつトロトロに濃ゆい感じで美味しい。



○サラダ:季節のサラダ
自分でかけるドレッシングは和風とブルーチーズの2種類。
d0352022_18400255.jpg
ボリュームたっぷり系!!両方のドレッシングを合わせていただいたが、ハーフサイズでも
良かった感じ(笑)。


○メイン
「黒毛和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
d0352022_18402594.jpg
フィレかサーロインを選択できるので「フィレ」で。焼き方はミディアム。
結構、厚みがあるお肉だ。外はしっかり焼かれているが、中はレア加減が若干強い感じ。
火入れは難しそうではあるのだけれど・・・。
ブロッコリーはかたかったが、人参とおじゃがはホクホクだった。
が、お肉120グラムというのは結構きついものがある。
特に、スープやフォアグラと大帆立を食べた後には(汗)。大根もお腹にたまるし(笑)。
レア加減が強いのでちょっと生々しい感じもあり、やっとの思いで完食したのだった。
まぁ、すべてはこのスペシャルコースを注文した自己責任ではあるのだけれど。。。



「黒毛和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)
d0352022_18401922.jpg
此方は連れのサーロイン。フィレよりもだいぶ脂っぽい感じでカロリーも高そう(笑)。
しかも160グラムもあるし。。。が、奴さんはペロッと平らげていた(呆)。



○ステーキソースとニンニクスライス
d0352022_18400839.jpg
お好みで・・・と言われるのでかけてみたけれど、最初はかけないで食べて、
途中でかけた方がよろしいかもしれない。
此方のステーキソースは、「2種類のしょう油と香味野菜、和牛のスジ・スネを使用」
したソースとのこと。隠し味は「八丁みそ」とのことで、開店以来かわらない味が
自慢なのだそう。。。が、若干、塩気が強いかなぁ(たぶん八丁みそのせいかと)。。


○パン
d0352022_18394121.jpg
大きくてゴロンとしたパン。もちろん温められている。
形は無粋だが、これがとても美味!!ステーキよりもパンの方が印象に残った(失礼!)。



○デザート
d0352022_18403119.jpg
デザートは6種類ぐらいから選べる(テーブル上にメニューが置かれていた)のかと
思ったら、コースのデザートは1本のみ。ココナツムースとヨーグルトに葡萄が
載っていた。できれば選べると嬉しかったな。。。



○紅茶
d0352022_18403634.jpg
コーヒーと紅茶は両者ともに美味しくいただけた。



○ノンアルビール
d0352022_18394687.jpg
この日も車だったのでノンアルビールを所望。。。35周年記念でビールは1本500円で
いただける模様(小瓶だけれど)。


○セッティング
d0352022_18391174.jpg

○店内のそこかしこに「ぶどう」があしらわれている。
d0352022_18395775.jpg

○お食事をいただいたお部屋
d0352022_18401305.jpg
○窓辺の風景
d0352022_18391915.jpg
○祝・35周年!
d0352022_18392444.jpg

120グラムのお肉をいただいたことに加え、全体的にお味が濃いこともあるのか、
相当に満腹感がある。正直、その日の夜は何も食べられず、
翌日のお昼から夜にかけても全然満腹のままだった。
恐るべし、牛肉パワー。。。たしかに普段、ステーキをいただく時は、フォアグラや
大帆立は一緒に食べないかも(笑)。

d0352022_18404466.jpg
ディナータイムならともかく、ランチにコースはヘビーすぎたかも。
ちなみに、此方のランチメニューには、「葡萄屋特製ビーフシチュー」(2,200円)、
「葡萄屋特製デミグラスハンバーグ」(1,800円)、「ローストビーフ」(2,300円)、
「プチカットステーキ」(120g)(2,900円)、「和牛炭火焼フィレステーキ」(120g)
「和牛炭火焼サーロインステーキ」(160g)(共に3,500円)などの
アラカルトメニューが色々とラインナップ。
すべてのメニューにサラダ、パン又はライス、デザート、コーヒー又は紅茶が付いている。


うーむ、最初からステーキだけ、またはビーフシチューだけをお願いすれば良かった。
次回は欲張らないで、アラカルトメニューでお願いすることにしよう。。。


が、向こうの方のテーブルでは老紳士が一人で此方のコースを黙々と召し上がっていた。
あの、健啖ぶりが実にうらやましい(笑)。


ごちそうさまでした*





※ご参考:以前利用したことのある地下のバーラウンジに関する訪問記事は






●炭焼ステーキハウス 葡萄屋 (ブドウヤ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-1 2F
0422-22-0555
[月~金]
11:30~15:00(L.O.14:00)
[土・日・祝]
11:30~16:00(L.O.15:00)
17:30~22:30(L.O.21:00)
日曜営業
定休日:3月・12月を除く第3月曜日
サービス料10%
65席
http://www.budo-ya.jp




炭焼ステーキハウス 葡萄屋ステーキ / 吉祥寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-10-31 17:26 | グルメ・吉祥寺 | Trackback | Comments(0)
自分も含めて友人たちも10月生まれが多いので、毎年この時期は忙しい(笑)。
この日は新規開拓ということで、吉祥寺・井の頭通り沿いに2月にオープンした
「プルミエ レタージュ」さんを初訪問!!


このブログにも何度か登場している「ビストロハッチ」「トラットリアチッチョ」
「3号店がオープンしたらしい・・・」という噂は耳にしていたが、
どうせ訪問するなら「昼飲みしよう!」と、今回、満を持しての訪問となった。


というのも、「ハッチ」も「チッチョ」も夜のみの営業。お料理もワインも美味しいのに、
ランチに利用することができなくて寂しい思いをしていた。
しかも両店共に予約のハードルはますます高くなってきているし(汗)。


まずはお手並み拝見ということで、お誕生会だし、ランチタイムではあるけれど
夜のコースをお願いしてのデビューとなった。


此方の系列のお店はCPが素晴らしいことで知られているが、
此方では「フレンチのフルコースが4,200円!!」でいただくことができる。
吉祥寺でこのお値段でやっていけるのかなーと心配にもなるのだけれど。。。


吉祥寺駅から徒歩数分のところにあるガラス張りのお洒落な店舗だ。

セッティング。
d0352022_23353754.jpg
カジュアルな雰囲気ながらも、テーブルレイアウトはゆったりめ。明るい店内は居心地が良い。


お料理と合わせたペアリングコース(5種:80ml 3,800円、60ml 3,200円)もあるようだが、
呑み助の私たちはボトルをオーダー。
ソムリエの徳山氏オススメの「CHAMPAGNE DANGIN FAYS」をいただく。
d0352022_23354465.jpg
少し贅沢な気もしたけれど、お誕生日なので(笑)。
アニバーサリーにふさわしいエレガントな泡立ち、そして味わい。。。


○アミューズ:鱈場蟹のヴァプール
d0352022_23354929.jpg
シェフの方は「チッチョ」で腕を奮っていた方とのことだが、一皿目から飛ばしてくる。
鱈場蟹のお出汁が程よい味わいを醸し出す。「美味しい!」と友人と顔を見合わせたほどだ。


○お店から、初めてのゲストにサーヴィスとのこと(嬉)。。。
d0352022_23355422.jpg
なんと!「Arnaud de Cheurlin Cuvee Prestige NV」!!
よろしいのかしらん(嬉)!ゴチになりますっ!!
まろやかで重厚な味わい。。。まいうーーっ!!


○前菜一皿目:秋刀魚の炙り〜玉ねぎのコンフィと生姜のムース〜
d0352022_23360032.jpg
レアに炙った秋刀魚を濃厚に炒めた玉ねぎ、生姜味、クリームチーズなどの3種のソースで
いただく。そのままいただいても美味しいし、3つの味で食べ比べてもまた美味しい。
やはり玉ねぎが一番オススメのように感じたけれど、意外な発見だったのはクリームチーズ。
右端の生姜のムースはそのまま食べても美味しかった。。


○パン
d0352022_23360526.jpg
木製の器に「Style Bread」と刻まれている通り、今では都内の高級レストランやビジネス
クラスの機内食にも利用されているという群馬発の焼きたて冷凍パンなのだそうだ。


○前菜二皿目:岩中豚のテリーヌ〜ソース・グリビッシュ〜
d0352022_23361567.jpg
岩中豚さんそのものの旨みをゼラチン質の中に封じ込めた一品。
マヨネーズ状の卵のソースは単体でいただいても美味しい(実はパンにも合う・笑)。
フルフルコラーゲンのゼラチン質をいただいて、翌日はお肌もプルンプルン(笑)!!


○お魚料理:秋鮭のムニエル〜茸のクリームソース〜
d0352022_23362021.jpg
トップもサイドも完璧なまでに火入れされた秋鮭は秋の味覚満載!!
カリカリの外側からナイフで切り込んでいくと、ジュワッと柔らかな肉質が顔を出す。
茸のソースとのコンビネーションも好みのタイプ。そしてお皿の向こう側に
鎮座しているのはノルウェーサーモンだそう(笑)。まさに「鮭食べ比べの一皿」だ。


○メイン:フランス産ノワール・ド・ビゴールのロティ
d0352022_23363615.jpg
フランス・ピレネー山脈の麓のごく限られた地域でのみ飼育されるフランス最古の
黒豚=「ノワール・ド・ビゴール」と言われる「ビゴール豚」さんだ。
まさか吉祥寺でそのような貴重な豚さんがいただけるとはっ(驚)!!
脂肪の割合が多いお肉でもあるらしいが、此方のお肉はそんなに脂肪分も気にならず
どこまでも甘くて、そしてトロトロに柔らかくて美味しくいただける。
「一人80グラム」と聞いていたので、少食の私(えっ?)は食べきれるか不安(えーっ!)
だったのだけれど、美味しくてトロトロなのできれいに食べきってしまった。
ビゴール豚さん、美味なりっ!!


そうそう、お肉に合わせて赤も少々。。。徳山氏のオススメをいただく。
d0352022_23363009.jpg

私は「Bourgogne Pinot Noir Amiot Guy Et Fils 2014」
しっかりとしたテクスチャーの中にも優しい味わい。

お友だちは「Crozes-Hermitage, Les Pierrelles Domaine Belle 2015」

共に1,000円ほどでいただけるらしい。


○お店からのサーヴィス(嬉)!!
なんと!フォアグラプレートが登場!!
d0352022_23364190.jpg
お誕生会ということで、特別に用意していただいた模様(申し訳ないっ・汗)。。。
が、此方のフォアグラ、赤ワインともよく合って実に美味♪
やはり変にいじりすぎないフォアグラの方が好きかもしれない。。。


○デセール:ガトーフロマージュ〜洋梨のコンポート〜
d0352022_23364667.jpg
チーズと洋梨、さらにチョコレートが合わさって絶妙のお味。。。最後まで美味しい♪


○コーヒー
d0352022_23365178.jpg
煙モクモクのボックスが登場!!
d0352022_23365643.jpg
周囲のゲストからも注目を集める中、フーッと息を吹きかけると、
d0352022_23370264.jpg
かわいらしいお人形付きお祝いプレートが現れた(嬉)。


最後まで心憎い演出についつい笑顔に(笑)。。。


お誕生日なのでいい感じに嗜んでしまった私たちのお会計は少しお高くなってしまったが、
ペアリングもあるので、多少嗜んだとしても吉祥寺価格で楽しめるのではないだろうか。。。

帰り際にはマフィンのお土産をいただいて、下り(専用)のエレベータに乗った。


チッチョもハッチも好きなお店だけれど、お料理も美味しいし(CPも素晴らしいし)、
ここまで色々と至れり尽くせりのサーヴィスをあれこれと繰り出されて
すっかり此方のトリコ(!)となってしまった(笑)。
再訪は必至だ。次回はもっと軽めのコースもいただいてみないと!!
d0352022_23370733.jpg

コースは月替わりでチェンジしていくそうなので、これからが楽しみなお店でもある。
吉祥寺の街に久々に再訪したいと思える実力派フレンチのお店ができたことを
素直に喜びたい。


ごちそうさまでした☆




●プルミエ レタージュ (1er etage)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10 モミジ第三ビル 2F
0422-27-2028
11:30~15:00(L.O14:00)
17:00~23:30(L.O22:30)
水曜休
消費税8% サービス料なし
※アラカルトのお客様にはパン代として300円頂いております
26席
2018年2月2日オープン



※ビストロハッチの訪問記事は




※「トラットリアチッチョ」の訪問記事は



プルミエ レタージュフレンチ / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-10-24 01:36 | グルメ・吉祥寺 | Trackback(25) | Comments(0)
暑くなったり、寒かったり、9月は天候が安定しない。
久しぶりの吉祥寺で見つけたのは、この3月にオープンしたばかりの新潟発のビアバー
「スワンレイクバルエド 吉祥寺店」さんだ。


嬉しいことに12:00〜14:00は「ランチタイム」とのこと。
これは「昼からビール!」が楽しめるということに他ならない。
まぁ、12時から23時までは通し営業らしいのだけれど・・・。


早速に入店!!
なんと!!「昼飲み」は12:00〜19:00という「太っ腹なお店」だ。
一番のウリの「スワンレイクビール定番」の250mlが500円、500mlが800円
グラスワイン、カクテル各種が500円、ハイボールが300円で楽しめるのだそうだ。
d0352022_11352767.jpg

ランチメニューは4種類!!
サラダ、スープ、ソフトドリンクがついて、さらに「今月末まで!」という特典は
「ご飯・パスタ大盛り」に「神田酪農さんのジェラート」までついて
「800円!」なのだそうだ。
クラフトビール目的で伺ったのだけれど、これはランチもいただいてみなければなるまい。
と言うわけでオーダーは「ロコモコ丼」!!


その前に「昼ビー」(笑)。
お願いしたのは「越乃米 こしひかり仕込み」(500ml)。
d0352022_11353204.jpg
比較的にスッキリ系!!爽やかな飲み心地のまろやかな味わい。
新潟産コシヒカリということで、ちょっと日本酒っぽい雰囲気もあるかな(笑)。
d0352022_11354220.jpg


すべてのランチに付くサラダとスープ登場!
d0352022_11353780.jpg
玉子とお野菜が入ったスープは熱々!サラダは少しだけ酸味が強いかな。でもたっぷりとしていて
ビールのアテにピッタリ!!


ロコモコ丼。
d0352022_11355717.jpg
デミグラスソースがかかったハンバーグと目玉焼き、お野菜類をご飯とマゼマゼしていただく。
ハワイ発のロコモコ丼はあの、暑さの下で食べるから美味しいと個人的には思っている。
なので、普段はあまり好んでいただかないのだけれど、消去法で残ったのが此方だった。
時間をかけて煮込んでいるのかな。デミグラスソースが美味しい!


神田酪農さんのメロンジェラート。
d0352022_11360268.jpg
神田酪農とは、やはり新潟・阿賀野にある酪農ファームらしい。
このジェラートがそんなに甘くなくて果実の爽やかさが際立った美味しさ!!
一口、二口と大事に味わってしまった。。。今月中だけでなくてずっと続けてほしいサービスだ。


コーヒー。
d0352022_11360724.jpg
かわいい容器に入ってサーブされる。


コースター
d0352022_11355205.jpg
ビアメニュー
d0352022_11354771.jpg
新潟発のスワンレイクビールを中心に、スタッフ厳選の全国のクラフトビールがあれこれと
楽しめるビアバブでもあるらしい。
クラフトビールはあまりよくわからないのだけれど、スタッフの方に色々とレクチャーを受けながら
嗜むビールも美味しそうだ。
また夜には「新潟厳選牛」が楽しめる「肉バル」としての楽しみ方も待っている。


吉祥寺南町にこじんまりと佇んだお店だけれど、目印としては「大勝軒」が近いかな。


クラフトビールをノンビリと楽しみたい方にお勧め。
ごちそうさまでした☆




●スワンレイクバルエド 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-10-15 シマダビル 1F
050-5595-1342
火~金 12:00~23:00(L.O.22:30)
土   12:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝 12:00~22:30(L.O.22:00)
月曜 第2・第4火曜休
18:00以降 お一人様 チャージ300円24席
(カウンター4席、テーブル20席)
「吉祥寺駅」東改札出口より徒歩3分
http://www.swanlake.co.jp/main/Default.asp
2018年3月6日オープン
※ハッピーアワー
平日 12:00~19:00 スワンレイクビール定番5種
土日祝 オープン~ラスト スワンレイクビールその日の1種
250ml \500 500ml \800




スワンレイクバルエド 吉祥寺店ビアバー / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-09-26 19:14 | グルメ・吉祥寺 | Trackback(2) | Comments(0)