Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:グルメ・神奈川( 29 )

この日はグリーンラインに乗ってお仕事へ。
橫浜線からグリーンラインへの乗換駅が「中山」だ。
「中山」といえば、あの、リグーリア料理で有名な「トラットリア ダ・テレーサ」さんが
ある駅ではないかっ!!
前回は山のような「カッポンマーグロ」に圧倒されるままにボリューム負けした
お店なのだけれど(汗)、今回、久しぶりに再訪を思い立った。


イタリア北部にありながら、1年中温暖な気候で豊富な海の幸に恵まれ、南イタリアのような
雰囲気もあるリグーリア州は古くからオリーブやハーブの栽培が盛んで、
また、ジェノヴェーゼソースやブイヤベースなどが昔からの名物として知られている。


リグーリア州・ジェノバで修行された土井俊介シェフが率いる此方は、そのような魚介の美味しさを
たっぷり引き出した本場のリグーリア料理が楽しめるお店だ。


↑でいただいた「カッポンマーグロ」もリグーリアの伝統料理の一つでありながら、
最も作るのが大変な料理でもあり、クリスマスやお祝い事のあるときにしか作られない
という貴重なものでもあらしい。
たまたまクックパッドに土井シェフの「カッポンマーグロレシピ」が紹介されていたので
作って見たい方は是非チャレンジされてみてほしい。

https://cookpad.com/recipe/5192198


但し、ボリューム感はハンパないので、ご注意のほどを!!



閑話休題。
お店は中山駅から徒歩5分ほどの場所に佇んでいる。
d0352022_19580150.jpg
せっかくはるばると再訪したので(仕事のついでではあるけれど)
平日のみのBランチ (1,600円)をセレクト。
パスタ+自家製パン+前菜3種の盛合せ+デザート2種の盛合せ+ドリンク
Aランチ(1,300円)と品数は同じだが、サラダが前菜の盛合せに、デザートが2種類の盛合せにと、
少しグレードアップしている。

セッティング。
d0352022_19571197.jpg
あれ?
d0352022_19571753.jpg
この後は帰るだけなので、スパークリングをいただく(呆)。
d0352022_19572269.jpg
○前菜盛り合わせ
d0352022_19572749.jpg
紅ふじ鮭とトマトソース、インゲンとツナ、玉ねぎのサラダ、茄子とオリーブの炒め、
ゼッポリーノ、生ハム。
たまたま入荷したという紅富士がねっとりとしてとても美味しい。茄子とオリーブの炒めも美味。
盛り合わせにして正解だった。


○自家製パン
d0352022_19573307.jpg

○あさりとムール貝、プチトマトのスパゲティ(+300円)
d0352022_19573914.jpg
本日のパスタには「ゴルゴンゾーラのリゾット」「シラスと白菜のパスタ」「じゃがいもの冷たいスープ」
などが並んでいたが、最初に目に付いたのが此方。
リグーリアの伝統を受け継ぐ此方の魚介のパスタはどうしても食べてみなければなるまい。
結果としては大正解。アサリとムール貝、プチトマトがゴロゴロと入ったパスタは相当に美味!!
あまりお外であさりを使ったパスタに感動することはないが、此方のパスタは「素晴らしい!」と
感動に値するお味だった(脱帽!!)。さすがに+300円」の価値はあると実感したのだった。。。


○パンナコッタとメレンゲのお菓子
d0352022_19574472.jpg
パンナコッタは言うに及ばず、フルーツがちょこっとトッピングされたメレンゲのお菓子は
懐かしいような香りがするイタリアのマンマの味。
はるばると此方を訪れて良かったとつくづく実感したのだった。


○アイスコーヒー
d0352022_19575044.jpg
店内の雰囲気。
d0352022_19575601.jpg
前回はほぼ貸切で大きなテーブルで色々とリグーリア料理をいただいたことを思い出して
感慨に耽ったりもした。。。

d0352022_19580827.jpg
数年ぶりに此方を訪れて思ったのは、やはりはるばると遠くから訪れるに値する美味しいお店だと
いうこと。一品一品が丁寧に作られていて、ランチであっても十分に満足することができる。
前回はボリュームありすぎのカッポンマーグロ(しかも二つ!!)に加え、私のあまり得意でない
ジェノヴェーゼソースと松の実攻めに打ちひしがれて帰ってきたのだけれど、
某有名イタリアンの某シェフが「あのお店はすごい!」とレスペクトしてやまないのもわかる気がする。


この日は美味しいお料理に大満足して、楽しい気分で橫浜線に乗ったのだった。
機会があったら是非また再訪したいお店だ。


ごちそうさまでした☆



※ボリューム負けして悔しい思いをした前回訪問時の記事は





●トラットリア ダ・テレーサ (Trattoria da Teresa)
神奈川県横浜市緑区中山町110-7
045-938-5157
11:30 ~ 15:30 (14:30 L.O)
17:30 ~ 22:30 (21:30 L.O)
月曜休(祝日の場合は翌日火曜日)
JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン 「中山駅」南口より徒歩5分
33席
http://www.teresa-it.com/
2011年4月23日オープン




トラットリア ダ・テレーサイタリアン / 中山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


by forestkoro1015 | 2018-10-10 23:53 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
「ホッピー仙人」を出て、特に行くアテもなく桜木町方面に歩いてくると
渋い雰囲気の蕎麦店を見つけた。「千花庵 野毛店」というお店らしい。


「〆にお蕎麦でも食べて帰ろう!」ということで入店してみることにした。
店内は細長い鰻の寝床のようなつくり。。。
カウンター席のみかと思ったら奥の方にテーブル席もあるようだ。


目に付いたのはカウンター席の後ろにあるお酒メニュー(笑)。
d0352022_13244455.jpg
左から380円、480円、580円、680円という感じでラインナップしている。
そんな訳で1杯目は「あたごのまつ 特別本醸造」(宮城・新澤醸造店)
(まだ飲むかーっ・呆)。
d0352022_13242126.jpg
比較的にドッシリ感のある堂々とした飲み応え。それでいてスッキリとしていくらでも
飲めそうな感じの味わい(オイオイ・汗)。


此方は「千代むすび 純米吟醸」(鳥取・千代むすび酒造)
d0352022_13242693.jpg
若干、シュワシュワ感を感じる微発砲。甘口と書かれていたけれど、そんなに甘くは
ないような・・・。夏酒という感じの爽やかなテイスト。。。


○だし巻き玉子(680円)。
d0352022_13243821.jpg
丁寧に焼き上げられた熱々のだし巻き玉子。お酒のアテにピッタリ!!
週末は関西方面で散々飲んだくれてきたので、このようなあっさり系の味付けの
お料理が嬉しい。。。


お通し。
d0352022_13243205.jpg
あまりお腹が空いていなかった割には、結構、飲んだかなぁ(呆)。
これはスマホに残っていた写真。。。
d0352022_13245049.jpg
山梨の「笹一酒造」といえば、大月市にある300年以上の歴史を誇る酒造だ。
創業時から自家井戸から湧き出る富士山系の御前水を仕込み水といて使用している。

何故こんなに詳しいのかというと、昨秋の松茸ざんまいツアーの時のコースに
含まれていた酒造なのだった。
d0352022_13530154.jpg
d0352022_13525503.jpg
d0352022_13530604.jpg
厳しい寒さも影響して、美味しいお酒が造れるのだそうだ。


閑話休題。
お腹も一杯になったので、〆のせいろ(680円)をいただく。
d0352022_13245409.jpg
シンプルな出で立ちだが、想像していた以上にキレがあってのど越しも良く、
美味しいお蕎麦だった。野毛でこんなに美味しいお蕎麦が食べられるとはっ!!


と、帰宅後に某食べログ検索をかけてみると、本店は鎌倉・西御門にある知る人ぞ知る
蕎麦店なのだそうだ。なるほど!!道理でお蕎麦も蕎麦前のだし巻き玉子も、
レベルが高かったはずだ。


たまたまではあるけれど、最後に美味しい蕎麦店に巡り合うことができてラッキーだった。
行き当たりバッタリな一日だったけれど、ガイドさんなしの野毛ツアーも悪くないかも!!
そんな図々しい感想を抱いた帰りの東横では爆睡だった(笑)。


ごちそうさまでした☆




●千花庵 野毛店
神奈川県横浜市中区野毛町1-35
070-1250-7500
17:00~23:00(L.O.22:30)
日曜・月曜休
12席(カウンター8席、四人がけテーブル席1つ)
http://100087.com/
2014年4月17日オープン

千花庵 野毛店そば(蕎麦) / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2018-08-19 14:15 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
野毛に詳しいガイドさんなしの無謀な野毛ツアーの二軒目(汗)。
「居酒屋 さざん」を出た私たちがめざしたのが、ホッピーの聖地として名高い
「ホッピー仙人」だ。


此方なら何度か連れていってもらってお店の雰囲気も何となくわかるし(えっ?)、
野毛初心者であっても最も「野毛らしさ」を感じることができるお店の一つでもある。


川に沿って小さな飲み屋がRを描いて並ぶ都橋商店街の2階をめざす。
目印は私の下の名前だ(同名のバーがあるらしい・笑)。
お盆中の早い時間帯ということもあって、席が一つだけ空いていた(嬉)。
私だけ座らせてもらっていただくのは久しぶりの「白ホッピー」(サーバー)!!

d0352022_18225117.jpg
そして仙人を含む周囲の方々との「乾杯!」で此方での宴がスタートする。
「泡をよく見てから味わってくださいっ!」と力説する通り、仙人が作り出す
「ビロード」のように「こんもり」とした泡はキメ細かい淡雪のような美しさ!!
しかもグラスをちょっと動かしたぐらいでは微動だにしない完璧さを誇っている。。。
「ホッピーってこんなに美味しかったんだーー!!」と素直に感動できる美味しさがある。
d0352022_18224691.jpg
満員御礼でギッシリとスタンディングの客が並ぶ此方も楽しいけれど、やはり一人ひとりの
客と普通に会話できるぐらいの混雑具合が好きかなぁ(←上から目線で失礼!!)。
盛り上がっている隣の客たちはすでに野毛ツアーの3店目とのこと。。。
4軒目をめざしてハイタッチしながら上機嫌で帰っていった(笑)。


残った私たちは2杯目(呆)。
今度は「黒ホッピー」(サーバー)。
d0352022_18230569.jpg
此方の泡も完璧な美しさを保っている。
d0352022_18230086.jpg
「黒ホッピー」はいささかビター感が好きじゃなくて他店ではあまりいただかないのだけれど
此方のは別格!!まろやかな美味しさがあって好きな感じのホッピーだ。
この日は普段好んで飲む「白」よりも「黒」の方がより一層美味しいように感じたのは、
暑い中をたくさん歩きすぎた体調のせいと、ピカチュウパレード♪(爆)のせいも
あるかもしれない(笑)。


そうそう、この日のアテにいただいたのは「ビスコ 発酵バター」「韓国海苔」
d0352022_18225628.jpg
発酵バター味、初めて食べたけど、結構好きかも!!最近、発酵づいているかも(笑)。


仙人が作り出す美味しいホッピーをサクッと飲んで、先ほどの隣の人たちのように次のお店へ。
ハシゴ酒が気軽に楽しめるのも、この野毛という街の魅力かもしれない。
かくいう私たちも三軒目をめざすことになってしまった(呆)。


仙人、また寄らせてもらいます。ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



●ホッピー仙人 (ホッピーセンニン)
神奈川県横浜市中区宮川町1-1-214 都橋商店街 2F
045-242-1731
[月~土] 19:00~22:00
日曜休、仙人(店主)が告知した日
8席(座れなければ後ろで立ち飲みです)
http://www.geocities.jp/hoppysennin/





ホッピー仙人バー / 桜木町駅日ノ出町駅関内駅
夜総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2018-08-18 19:05 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
みなとみらいで「ぴかちゅう」にまみれた後は、桜木町を抜けて野毛へと繰り出す。
いつもは専属ガイドさんがオススメ店を案内してくれるのだけれど、
この日はガイドなし(汗)。しかもお盆休み中でクローズしているお店もチラホラ。。。


暑い中、テクテクと歩いて、連れが何度か利用したことがあるらしい「居酒屋さざん」
さんに辿り着いた。
サザンファンのご主人がBGMにサザンの曲を流し続ける(!)というこだわりのお店らしい。
店内のあちこちににもサザングッズが色々。。。


だいぶ前のことだけど、仕事でいけなくなったサザンのチケットを某オークションに
出品したところ、とんでもなく釣り上がって、しかもライブ後に落札した人からとても丁寧な
お礼のメールをもらったことを思い出した。ファンの人にとっては、神様のような存在なのかも
しれない。


閑話休題。
まずはビール(600円)で乾杯。
d0352022_17285758.jpg
先週、滋賀づくりを浴びるほど飲んだばかりなのだけれど、橫浜づくりも美味しい♪

お通しはマカロニサラダ。
d0352022_17290433.jpg
○シーザーサラダ(480円)
d0352022_17291098.jpg
生卵を竹串2本でかき回してトッピングしていただくスタイル。
d0352022_17292263.jpg
卵をかけるとネットリとした印象に!


○清流秘伝 手羽先から揚げ(480円)
d0352022_17291747.jpg
オープン以来の看板メニューは手羽先から揚げ(5本セット)。
秘伝の甘辛タレが辛口・普通・甘口から選べるらしいが、特に指定しなかった私たちの
タレはたぶん普通だったのではないかと。。。
胡麻だれ風味のキャベツが添えられていて、テレコで食べると味が引き立つ。


サワーやカクテル、日本酒など、アルコール類もあれこれ揃っているが、何故か
富久娘(2合680円)をぬる燗でいただく。これが手羽先と実によく合う。


○お造り3点盛り(980円)
d0352022_17292720.jpg
誠に失礼ながら、意外なほどにちゃんとしていたお造り。お値段が480円とお安いので
そんなに期待していなかったのだけれど、さすが野毛のお店だ!!と妙に納得!!

○焼き鳥(98円×4本)
d0352022_17293222.jpg
1本98円の串はCP抜群!!しかもお味もなかなかいけている。お味噌をつけて食べると
ちょっとユニークな味わいに。。。


○コーンバター(380円)
d0352022_17293946.jpg
酔っ払いの行動はよくわからないのだけれど、最後にチマチマとお箸で一粒ずつ
口に運んでいた(笑)。


BGMに流れるサザンの曲は心地よかったけれど、隣のテーブルに風邪引きお姉さんが
座っていたので、風邪菌の被害を被る前に撤退(笑)。
案内人なしの無謀な野毛ツアーへと繰り出したのだった(汗)。



ごちそうさまでした☆




●居酒屋 さざん 日ノ出町駅前店 (清流秘伝手羽先唐揚 居酒屋 さざん )
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-21 英和ベルコート 1F
045-341-4442
[月~金]
16:00~翌5:00
(L.O.4:20)
[土・日]
10:00~翌5:00
(L.O.4:20)
年中無休
席料300円
150席(宴会80名までOK)

居酒屋 さざん 日ノ出町駅前店居酒屋 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-08-17 17:57 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
「カップヌードルミュージアム橫浜」を見学した後は4階にある
「NOODLES BAZAARワールド麺ロード」へ。。。
アジアンチックな屋台が集合した此方は、世界8カ国の麺が体験できるフードコートだ。
イタリア・パスタ、ベトナム・フォー、韓国・冷麺、タイ・トムヤムクンヌードルまでは
まだイメージが湧くが、中国・蘭州牛肉面、マレーシア・ラクサ、インドネシア・ミーゴレン、
カザフスタン・ラグマンなどと言われると皆目見当がつかない。


そんな中で目を惹いたのは、「雪氷」「カップヌードルソフトクリーム」だった。
d0352022_14315938.jpg
d0352022_14315415.jpg
「雪氷」はパウダー状になったかき氷のことらしいが、ソフトクリームは来場者400万人
突破を記念して2015年8月に誕生したご当地ソフトなのだそうだ。


最初はかき氷目的で並んでいたのだけれど、「カップヌードルソフトクリーム」という
不思議な食べ物が、一体、どのようなお味がするのか、どうしてもトライしてみたくて
たまらなくなってしまった(笑)。


一応、保険として「宇治金時」の雪氷をオーダー。
d0352022_14320300.jpg
そしてチャレンジャーな私は「カップヌードルソフトクリーム」(ノーマル、
カレー味もある)をお願いする(共に300円・税込み)。

d0352022_14321307.jpg
小さめのカップ(カップヌードルミニサイズ)に盛られたカップヌードルソフトクリーム。
トッピングの具材が本物のカップヌードルそのままに再現されている(驚)。
d0352022_14320825.jpg
ソフトクリームはお醤油味が利いていて、冷たいカップヌードルのスープに限りなく
近づけている印象。最初は「?」というテイストが、食べ進むに従って徐々に
馴染んでいく(笑)。最後の方は「これはこれでありかもなー!」と納得もした。
トッピングはダイスミンチ、たまご、ねぎ、海老。
お湯にふやかしていない分、それぞれの具材はビミョーな印象(笑)。
海老が意外にサックリとしてソフトクリームとは合っていたかも。
が、もう少し何とかしてほしいと思ったのは「ねぎ」(笑)。
たまごはソフトとの相性が良いし、ダイスミンチもなんとかクリアできても、
このねぎだけはどうしても最後まで「?」マークが頭の中で点滅してしまった(笑)。
d0352022_14321881.jpg
連れの宇治金時をチェイサー代わりにしたこともあり、無事に完食することができた。
フワフワの氷が楽しめる「雪氷」の中ではマンゴーマンゴーが人気だったよう。。。

d0352022_14322406.jpg
でも、食べ終えた後の後口感はあまり爽やかという感じはしなかった。
まったりとした食感が口の中に残ってしまうというのかなぁ。。。
果たして「カレー味」はどのようなお味なのだろう。。。想像を巡らせてしまった(笑)。
まぁ、300円で滅多にできない貴重な体験ができたということでは良かったのかも(笑)。
ごちそうさまでした!


この後はバザール前にあるテラスから横浜港を眺めてリフレッシュ!!
d0352022_14322920.jpg
右手に見える大きな建物風が、大さん橋に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」だ。
d0352022_14323543.jpg



※「カップヌードルミュージアム橫浜」の訪問記事は





●NOODLES BAZAAR (ワールド麺ロード)
神奈川県横浜市中区新港2-3-4 カップヌードルミュージアム 4F
045-345-0918
[月~金]※休館日除く
11:00~18:00 (L.O.17:30).
[土日祝]
10:30~18:00 (L.O.17:30).
火曜休 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
200席
http://www.cupnoodles-museum.jp/attraction/09.html
2011年9月17日オープン
※「NOODLES BAZAAR」は、カップヌードルミュージアム内4階にあるフードアトラクションです。
ご利用には、カップヌードルミュージアムの入館が必要です。
入館料大人500円(高校生以下無料)

NOODLES BAZAARラーメン / 馬車道駅みなとみらい駅桜木町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1


by forestkoro1015 | 2018-08-17 16:33 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
ある日の家人のお土産は、「シウマイ弁当」@崎陽軒
駅弁としても有名だが、何でも仕事先で登場したらしい。。。
d0352022_14104346.jpg
崎陽軒といえば、「シウマイ」が有名だが、このお弁当は昭和29年に登場して以来、
多くの人々に愛され続けるお弁当として定着しているらしい。


ふたオープン!
d0352022_14103788.jpg
俵型ご飯の横には、あの崎陽軒の「シウマイ」が5つ!
鮪の照り焼き、鶏の唐揚げ、かまぼこ、玉子焼き、筍煮、あんず、切り昆布、紅生姜などが
あれこれと入って、現在のお値段は830円(税込み)だそう。。。


名だたる駅弁が揃う駅のお弁当コーナーでも長年の人気を誇るのは、その中身の充実ぶりと
830円という比較的にリーズナブルな価格設定によるものだろう。
上を見たらキリがないが、あまり美味しくない割に、お値段が高い駅弁が存在するのも事実。。。


この前、京都に出かけた時のサンドイッチは実際、あまり美味しくなかったし(800円もしたのに・怒!!)。
変に美味しくないお弁当を買うのであれば、基本に忠実(しっかりと美味しいという意味で)な
「シウマイ弁当」は個人的にオススメ。
願わくは、いつまでも値上がりしないでいてくれると嬉しい(笑)。
ごちそうさまでした☆





●崎陽軒 京王百貨店新宿店
東京都新宿区西新宿1-1-4 京王百貨店新宿店 BM1F
03-3342-2111
[月~土] 10:00~20:30
[日・祝] 10:00~20:00




by forestkoro1015 | 2018-03-16 14:27 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
江ノ島の「Loasi」を出た私たちは、江ノ電で鎌倉へ向かう。
土曜日の午後の江ノ電はノンビリと湘南の海沿いを走る。
車窓からの江ノ島の夕景が美しかった。。。
d0352022_17371359.jpg
めざすのは鎌倉駅のほど近くにある「粗餐」。。。
満月バーで有名な石井さんのお店だ。
d0352022_17371886.jpg
実は前回の鎌倉遠征の時にも、「たしかこの辺り・・・」と友人に連れてきてもらったのだけれど
(時間を変えて2〜3度トライした記憶が!)何故かクローズしていてどうしてもご縁がなかった。

今回はようやくデビューにこぎ着けた(ほっ!)。
鎌倉の古民家を利用したお店の1階は中国茶専門店とのこと。。。
「粗餐」は階段を上った2階にヒッソリと位置している。
d0352022_17372364.jpg
店内には長細いテーブルと壁ぎわにカウンター席。。。
d0352022_17372964.jpg
天井が高いお洒落な雰囲気のお店だ。
d0352022_17373363.jpg
おすすめワインだけでなく、日本酒もあれこれと揃っていて、ついキョロキョロしてしまう(笑)。
もちろんお料理もあれやこれやと揃っているようだ。


が、すでに二軒目なので軽くワインだけをいただく。
「結構飲んできた」私たちのグラスに石井さんが注いでくれたのは此方。
d0352022_17373855.jpg
「ある晴れた日に」(宮城・秋保ワイナリー)と、「ヨイチ・ロゼ・サンスフル 2017」
(北海道・余市・ドメーヌ・アツシ・スズキ)。

d0352022_17374998.jpg
爽やかな酸味が心地よい「ある晴れた日に」。。。

d0352022_17374361.jpg
酸味がライトでフルーティかつ華やかな「ヨイチ・ロゼ・サンスフル」。


チビチビと名残惜しい感じで一杯ずつ味わって、この日は引き上げることに。。。

よく飲んで、よく食べたこの日、帰りの湘南新宿ラインの中では「爆睡」だった(笑)。
乗り越さないでラッキー(笑)。


次回、伺った時には、石井さんのオススメワインの他に、日本酒とお料理も色々といただいてみたいものだ。
ごちそうさまでした☆





●祖餐 (そさん)
神奈川県鎌倉市御成町2-9
0467-39-6140
[火~金]
17:00~22:00(L.O)
[土]
14:00~22:00(L.O)
[日]
14:00~20:00(L.O)
月曜休
16席
https://www.facebook.com/tianlan.sosan?fref=nf
2015年5月オープン

祖餐日本酒バー / 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


by forestkoro1015 | 2018-03-12 18:01 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
「あのロアジが閉店してしまうらしい!」という話が舞い込んできたのは
大雪に見舞われた1月下旬のことだったろうか。。。
関西旅行の翌週末に急遽、江ノ島方面まで出かけることとなった。

この日の江ノ島は気持ちが良いほどの快晴。。。
d0352022_16181429.jpg
途中駅でMSEに抜かされるなどして(待望のGSEは今週末からのお目見えとなるらしい)
d0352022_16180846.jpg
お店に辿り着く。此方が「Laosi」だ。
d0352022_16182001.jpg
久しぶりの訪問だが、海に近いお店の雰囲気は以前のままだ。
ちなみに「oasi」とはイタリア語で「オアシス」のこと。


店内の黒板には本日のオススメメニューがラインナップしている。
d0352022_16182554.jpg
が、当日はお昼から「秋月シェフのおまかせ料理」をいただけるとのこと。
当然、お昼から「嗜む気満々モード」だ(笑)。


秋月シェフがお披露目してくれた大きな「鮟鱇」。。。
d0352022_16183068.jpg
「鮟鱇」というと、どうしても加藤楸邨の「鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる」という俳句を
思い出してしまう。グロテスクな見栄えとは裏腹に、余すところなくすべてが食べられる
美味しいお魚でもある。秋月シェフはこの鮟鱇をどのようなお料理に仕上げるのだろう?


いつものようにシュワシュワからのスタート!
d0352022_16183656.jpg
●藤沢いちご、トマト、カプレーゼ
d0352022_16184027.jpg
「藤沢で一番美味しいいちごとトマト」、そこにモッツァレラチーズを合わせたカプレーゼだそう。
トマトはどこまでも甘く、これまた芳ばしくて甘いいちごと合わさって、今、食べているのは
トマトなのかいちごなのか迷ってしまうほど。。。爽やかな春を感じさせる一皿。


●天然酵母の自家製ライ麦パン
d0352022_16184601.jpg
●「ROSATO LA SALITA RABASCO」
アブルッツォの自然派ワイン。。。きれいなロゼ。。。
d0352022_16185244.jpg
●ヒラメ、さくらます、タコのカルパッチョ
下に敷かれているのは新わかめ。。。
d0352022_16185776.jpg
柚子の香りが立ち上る弾けるように美味しいカルパッチョ。海の近くのレストランの素晴らしさを
感じるお料理。。。


●会津若松のホワイトアスパラ、イノシシのラルド、ポーチュドエッグ
d0352022_16190340.jpg
シャキッとした焼き加減のホワイトアスパラは初物(!)。上のたまごをこわして、
イノシシの背脂と共に「春の味覚」を堪能する幸せ。。。


●「Les Vins Pirouettes Le Riesling de Stephane」
たまご料理に合わせるには「リースリング」ということで秋月シェフのオススメは
アルザス地方の自然派ワイン。
d0352022_16190897.jpg
●ハマグリとかぶのスープ
お皿の底に吸い込まれそうなほどに優しい味わいのカブとハマグリが奏でる絶妙のハーモニー。。。
d0352022_16191466.jpg

●天城のしゃもを包んだパスタ
d0352022_16191940.jpg
優しいお味のスープに浮かぶラヴィオリ風のパスタの中には、旨みを封じ込めたしゃもミンチが
たっぷり!!スープのお出汁をたっぷりと吸って洋風小籠包というような味わいに!!


●あんこうとかきのフレゴーラ
d0352022_16192675.jpg
先ほどの鮟鱇が軽くフリットされ、ミルキーな牡蠣と共にリゾットスタイルで登場。。。
上に添えられているのは「フレーゴラ」というサルデーニャのパスタだそう。。。
とても不思議な食感。。。大・中・小とサイズがあってお料理によって使い分けるのだそう。。。


●「CROCI VALTOLLA VINO BIANCO」
エミリア・ロマーナ州の自然派ワイン。これで白!
d0352022_16193153.jpg
●長崎 平戸のイノシシ
d0352022_16193792.jpg
芳ばしくローストしたイノシシさん、ガッツリと堪能♪

●「COLLI PIACENTINI STOPPA 2002 LA STOPPA」
やはりエミリア・ロマーナ州の自然派ワイン。
イノシシさんに合わせていただいたが、メチャクチャ美味♪
エレガントで奥深い味わい。。。
d0352022_16194206.jpg

●ふぐと春菊と大麦
d0352022_16194740.jpg
フグのあっさりとした味わいの中に美味しさが引き立つ一品。
大麦の控えめさがまた良い感じ。。。


●「SASSAIA LA BIANCARA ANGIOLINO MAULE」
最後はヴェネト州の自然派ワイン、ビアンカーラのSASSAIAを合わせて。
d0352022_16195391.jpg
●いちごのセミフレッド
d0352022_16195901.jpg
ドルチェまでいちごづくしで。。。チョコと合わさって完璧な美味しさ♪


●カプチーノ
d0352022_16201089.jpg
最後にカプチーノをいただいて〆。


ふと気づけばすでに店内に客はわずか。。。「昼の宴」を心ゆくまで楽しませていただいたのだった。
何でも4月中旬には此方のお店をクローズし、新天地で「ずっとやりたかったお店」を開くのだという。
もちろんまた「大好きな海の近くの鄙びた場所」らしい。。。
腰越から江ノ島へ、さらに遠くへ。。。美味しいお店がどんどん遠くへ離れていってしまうのは
寂しいが、友人情報によれば「十分に日帰りできる場所」らしい(笑)。
という訳で、新店舗にもいつか訪問することができるのだろうか。。。


そんなことを思いながら、秋月シェフとお店に別れを告げ、江ノ電で鎌倉方面をめざしたのだった。
ごちそうさまでした☆

d0352022_16202154.jpg
駅前のロータリーには雀さんが!!
d0352022_16201574.jpg
この界隈の人たちの優しさに包まれていた。。。





※前回訪問時の記事は




●Loasi (ロアジ)
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-6
0466-90-3200
12:00~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
火曜休・ほか月2回不定休
18席(カウンター2席、テーブル16席)
2013年4月オープン

Loasiイタリアン / 江ノ島駅湘南江の島駅片瀬江ノ島駅
昼総合点★★★★ 4.1


by forestkoro1015 | 2018-03-11 18:11 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
少し時間が空いてしまったのだけれど、久しぶりに再訪したのは「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」
およそ4ヶ月ぶりの訪問となる。

d0352022_17174351.jpg
相変わらず「シュワシュワ」からのスタート(呆)。
d0352022_17163372.jpg
正解くんが誇らしげに持ってきたのは「Franciacorta Brut "Emozione" Millesimato 2011」
ロンバルディア州の力強いスパークリングだ。このボトルは某都内のお店でいただいたことがあるが
その時はお店の方のミステイクてお高いボトルをそこそこにお安くいただいたのだった。
あのようなミステイクなら大歓迎だ(笑)。


香り高い「ドライポルチーニのカプチーノとマドレーヌ」
d0352022_17162759.jpg

「北海道産ししゃもとパーニャカウダ」
d0352022_17163937.jpg
付け合わせはビタミン大根、紅心大根などで彩り豊かに。。。


「うさぎさんにビスタチオを合わせて」
d0352022_17164416.jpg
付け合わせは、リンゴ、セロリ、トレピスで爽やかに。。。


「北海道産しらこと春菊のトッピングのパスタ」。
d0352022_17164952.jpg
この時期ならではの「白子」の美味しさに悶絶!!まさに「冬のご馳走!!」。。。


2本目は「Langhe Bianco Pinner Cavallotto 」
d0352022_17165573.jpg
ピノ・ネロから造られるピエモンテ発のワイン。。。キリッとした飲み応え感はうさぎさんや白子にピッタリ!!


「Grignolino d'Asti DOC "Arlandino" 2015 - Tenuta Santa Caterina」
d0352022_17170127.jpg
清涼感のあるスッキリとしたグリニョリーノ100%の赤はピエモンテ発の自然派だそう。。。これ美味しい♪


「イタリアントリュフのラビオリ」
d0352022_17170627.jpg
このかかっているソースがメチャうまっ!!トリュフとよく合う!!


メインは「鹿」さんのブルーベリーソース添え
d0352022_17171198.jpg
鳴門金時、まこもだけ、いちじくなどがキレイに整列。様々な組み合わせが楽しめる!


ドルチェは「洋梨のコンポート」
d0352022_17173147.jpg
かわいらしい形の葉っぱがトッピングされている。


お友だちの食後酒はそのままチョコレートリキュール!!
d0352022_17172018.jpg
いつものくまさんカプチーノ♪
d0352022_17173766.jpg

この日いただいたワインたち。
d0352022_17172546.jpg

やはり佐藤シェフのお料理は何をいただいても美味しい!!だからはるばると通ってしまうのだけれど。。。
変に気取ることなく、カジュアル感覚で美味しいお料理とワインを楽しめるのが、
此方の最大のウリかもしれない。
この日もお友だちと昼飲みを満喫し、大満足で帰途についたのだった。
二軒目は寄らなかったし(笑)。。。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は





●トラットリア ビコローレ ヨコハマ
神奈川県横浜市西区平沼1-40-17 モンテベルデ横浜 101
045-312-0553
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.21:30)
月曜休(祝日にあたる場合は火曜日)
http://bicolore.jp/




トラットリアビコローレヨコハマイタリアン / 平沼橋駅高島町駅横浜駅
昼総合点★★★★ 4.5


by forestkoro1015 | 2018-01-08 18:58 | グルメ・神奈川 | Comments(0)

「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」の前回訪問時の記事をアップする前に、

次の予約が迫ってきてしまった(汗)。

夏休みの子供の宿題(夏休み最後の日に追い込みをかける・笑)ようだが、

前回のお料理とワインを簡単にご紹介しよう。

d0352022_18112697.jpg


訪問は7月下旬。この日は(も)シュワシュワの「Rotari Talento Brut」で乾杯!!

d0352022_18164535.jpg
トレンティーノのシャルドネ100%のスッキリ辛口系は午餐のスタートにピッタリ!!


前菜はズッキーニのスープ

d0352022_18105321.jpg

たしか鯖と紅唇大根とビーツ(?)の冷製前菜だったかと記憶(汗)
d0352022_18105983.jpg


自家製のフォカッチャとパン

d0352022_18104805.jpg


おなじみゴールデンとうもろこしと黒トリュフ、生ハムの前菜

d0352022_18110455.jpg
何度食べても飽きない味の美味しい前菜だ。



パスタ一品目は三重県のえびとレッドカリスマ(赤皮のジャガイモ)のニョッキ。

d0352022_18111089.jpg
モチモチっとした食感のニョッキが濃厚な海老のスープと絡んでとても美味しい!!


二品目のパスタはラグー

d0352022_18111570.jpg
此方も濃厚なお味!



メインは夏しかさん!!いちじくのソースと

d0352022_18112095.jpg

お野菜も甘くて美味しい!!

夏らしい彩りの爽やかなデザートをいただき
d0352022_18394863.jpg

いつものくまアートが登場!!
d0352022_18121297.jpg
かわいいし、完璧すぎてホレボレしてしまう(笑)。才能あるなぁ。。。


この日いただいたワインたち。。。
d0352022_18120520.jpg
この日も泡・白・赤と一人1本相当で嗜んでしまった(呆)。昼酒はどうしても進んでしまう(笑)。
とはいっても友人たちの飲みっぷりがすごいのだけれど(えーーーっ!!)。

食後酒まで飲んでいるし(呆)。
d0352022_18115873.jpg
グラスは4つあるし(呆)。。。ついつい一緒になって嗜んでしまった(爆)。
やはり昼酒は進む(笑)。


が、この後、テクテクと歩いて橫浜駅に着いた途端に友人の携帯が鳴り、日傘を店に忘れた私は
取りに戻ることに(汗)。。。
この日は炎天下のもと、店と駅までの間を2往復もする羽目になってしまった。
飲んだ後の忘れ物にはご用心のほどを!!


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は



●トラットリア ビコローレ ヨコハマ
神奈川県横浜市西区平沼1-40-17 モンテベルデ横浜 101
045-312-0553
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.21:30)
月曜休(祝日にあたる場合は火曜日)
http://bicolore.jp/





by forestkoro1015 | 2017-11-16 18:56 | グルメ・神奈川 | Comments(0)