Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:グルメ・都下・中央線沿線( 29 )

たまには新規開拓ということでJR中央線・国立駅南口から徒歩5分の住宅街に佇む
「Le Ciel」(ル・シエル)さんを初訪問。
某食べログでも3.91(TOP1,000入り!)(18年4月現在)の高得点を叩き出している此方は
旬の素材を自由な発想と感性で表現する「ノーボーダーフレンチ」を標榜するお店だ。


6品から構成されるランチコース(4,800円・税抜き)をオーダー。

アミューズ。
d0352022_12281412.jpg
色とりどりの小石の上に置かれているのは、「ボン・デ・ゲージョとイカスミのマカロン」
ボン・デ・ケージョのチーズ感は控えめ。。。イカスミのマカロンの微妙な甘さが楽しい宴の予感!!

この日は(も)お昼から飲みのみモードでゴー(呆)!!
乾杯のシャンパーニュは「Carte Noire Brut Thierry Triolet」!!
d0352022_12280982.jpg
お昼の宴には少々ゴージャスすぎるような(汗)。が、メチャドライで美味しい♪

d0352022_12282485.jpg
d0352022_12281932.jpg

続いていただくのは「Coteaux du Loir Blanc L'Effraie Domaine de Bellivière」
d0352022_12282876.jpg
「フクロウ」の意味を持つロワールのビオデナミ。。。エレガントで清らかな味わい。。。高そう(汗)!


前菜の「フォアグラ・林檎」
d0352022_12283359.jpg
一見、「?」と思うのだけれど、その正体は3種類に調理されたフォアグラと林檎だそう(驚)。
冷たい粉末状にされた不思議な食感のフォアグラの下からは、りんご飴をイメージして周りをコーティング
されたフォアグラ、フォアグラのテリーヌ、さらにその下からは刻んだりんごが顔を出す。
文字通り、三種類のフォアグラが不思議な食感と共に楽しめる趣向となっている。
ユニークで美味しいし、面白いのだけれど、フォアグラ好きとしては物足りなさも少々(笑)。


「ワタリ蟹のビスク」。
d0352022_12283791.jpg
どこまでも濃厚で心に染みる深い味わいのビスク。お代わりしたいほどに美味しい♪

そして「パイ生地に包まれたズワイ蟹」
d0352022_12284224.jpg
此方もホッコリとした味わいで「ビスク」に負けじ劣らじの美味しさ!
ちなみにメニューには「カニ かに」と記されていた。


合わせるのは「 Tchotiashvili Rcheuli Qvevri Rkatsiteli」
d0352022_12284973.jpg
美しく不思議な味わいの此方はグルジアワインなのだそう。。。うーむ、此方も美味なのだけれど高そう!!

「カニ かに」とのマッチングを考えて登場するのは、日本酒「若波・純米 生酒」
d0352022_12285445.jpg
福岡・大川のお酒だそうで、瑞々しくてフレッシュな味わい!!
ワインも合うけど、日本酒も美味しい♪

d0352022_12285959.jpg

お魚は「ヒラメのポワレ」
d0352022_12290439.jpg
ふっくらと焼き上がった肉厚のヒラメにたっぷりの蕪のソースをあしらったお料理は
オリーブオイルと柚子の香りが立ち上る春の味わい。。。


合わせるのは「Chateau Guiraud Le G2016 De Chateau Guiraud」
d0352022_12290879.jpg
ボルドーの軽やかでフレッシュな味わいの白。。。好みのテイスト!


お肉料理に合わせて赤をセレクト。
選べなくて2種類を二人でシェア。
d0352022_12291382.jpg
入手困難と言われる「BOW!」を手がけるドメーヌ・オヤマダのフラッグシップ「洗馬」(せば)と、
「Domaine du Gros Noré Bandol Rouge 2013」
双方共に重厚かつドッシリとした味わいで美味しかったのだけれど、プロヴァンスの方が好きかなぁ。。。
いや、洗馬も風味豊かで美味しいし、選べない(笑)。


メインは「山形豚」さん。
d0352022_12292081.jpg
かぶり、ほほ肉、 かしらの3つの部位のお肉が、それぞれに合うソースと共にお皿の上に盛られている。
d0352022_12292560.jpg
アクセントにオリーブをあしらい、芽キャベツや玉ねぎ、ちぢみほうれん草、グリンピースなどの
お野菜はソムリエの方の奥さまのご実家の八王子のお野菜を利用とのこと。
牛のほほ肉はよく聞くけれど、豚のほほ肉やかぶりなどはあまり聞かないような。。。
が、どの部位もそれぞれに旨みが凝縮されていて美味しかった。
但し、ボリュームは多め(汗)。最後の方はお肉と格闘することになってしまった(笑)。


デセールは「スフレグラッセ」
d0352022_12293128.jpg
パウダー状にしたスポンジ生地の冷たいお菓子だ。バニラエッセンスが程よく効いている。


ここでソムリエの方からの嬉しい一杯!!
なんと!!あの、サローネグループを率いる藤巻さんが山形・南陽で手がけているワイン
登場した(嬉)。
d0352022_12293616.jpg
今年の3月1日にリリースされたばかりの「Grape Republic Pink Frizzante」だ。
微発泡の繊細で柔らかな口当たりでめちゃくちゃ美味しい❤️
ダイナミックに鶴をあしらったラベル・デザインもオシャレでかっこよい!
色調も淡いピンクでお洒落だし、二年目に入って確実に進化しているなー(上から目線で大変に失礼・汗!)と
いう印象!!但し、お料理との合わせ方は若干難しいというような感じも。。。
これはこれで美味しいのだけれど。。。


紅茶をいただき、
d0352022_12294148.jpg
プチフールをいただいて〆。
d0352022_12294521.jpg
この日、ランチタイムは貸切ということで個室を利用させていただいたのだった。
d0352022_12280374.jpg
セッティング。
d0352022_12275806.jpg
オーナー・ソムリエの平田氏は、アムールやレカンでサービスを担当されていたこともあるらしい。
お友だちは「お会いしたことある!」と盛り上がっていたが、私は全然覚えていなかった(滝汗)。


当日は個室だったのでわからなかったのだけれど、周囲に高い建物がないため、晴れているときには
遠くに美しい富士山の景色を眺めながら食事を楽しむことができる。
この景色もご馳走の一つだろう。

d0352022_12275243.jpg
クラシカルでオーソドックスなフレンチ・レストランは周辺にもいくつかあるようだが、
フレンチをベースに少し和のアレンジもプラスしたボーダレスでクリエイティブなお店
中央線沿線にはまだまだ少ないと思う。
そのような意味においても画期的でユニークなお店が登場したものだ。
わざわざ遠くに出かけなくても、多摩地区でアグレッシブなお料理とワインが楽しめるのは嬉しい。
但し、ワインは良い物を揃えている分、このエリアにしては少し割高感があるかもしれない。
ごちそうさまでした☆




●Le Ciel (ル シエル)
東京都国立市中1-10-32 cube kunitachi 3F
050-5592-5333
ランチ  11:30~13:00(L.O)
ディナー 18:00~20:00(L.O)
不定休
チャージ:ランチ・ディナー共に5%
10席
個室有
https://m.facebook.com/2016leciel/
2016年9月4日オープン


by forestkoro1015 | 2018-04-08 16:50 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
所用で立川までお出かけした後、「洋菓子補ウエスト 国立配送センター 直売店」へ。
d0352022_12324801.jpg
配送センターに併設された此方は、あの「銀座ウエスト」の焼き菓子とケーキ類が
オールⅠ割引で購入できるお店だ。
(日野工場と山梨の一宮御坂工場に併設された直売所も1割引だそう)
d0352022_12331722.jpg
この日は母がお友だちに快気祝いを贈りたいとのことで、焼き菓子の「ヴィクトリア」
ドーンとお買い上げ。
バラで眺めると壮観だ(笑)。
d0352022_12360160.jpg
平日ということもあるのか、生ケーキも色々と揃っている(週末は売り切れが早い)。
という訳で、期間限定の「ショートケーキ」(470円)をお買い上げ。
d0352022_12350054.jpg
d0352022_12350498.jpg
d0352022_12351013.jpg
生クリームといちごはたっぷりしている割に、甘さ控えめの上品なあっさり系。
このショートケーキだったら「ホール」でも食べられるかも(笑)。


ちなみに前回訪問時はケース内にわずかに残っていた中から、かろうじてゲット。
d0352022_12345055.jpg
「エクレア」(380円)は大きくてみっしりとクリームが詰まっていてお得感がある。
たまごの風味たっぷりの「プリン」(420円)と、この季節限定の「酒粕のチーズケーキ」
(420円)をお買い上げ。

d0352022_12345576.jpg
ババロア仕立てのクリームチーズケーキに酒粕の香りを効かせたというこのケーキはすこぶる
大人味テイスト。日本酒が好きな人にはよいと思うけれど、お酒を飲まない人には
クセが強すぎる感じも。。。まぁ、嗜む程度の私にはちょうど良い美味しさだった(笑)。


写真を発掘したので、その前の訪問時の写真も同時掲載。。。
この時はそこそこに選ぶことができたのだけれど(汗)、
d0352022_12332318.jpg
食べ応え感のある「シュークリーム」(380円)を選んでしまうのは悲しき習性(笑)。
d0352022_12342172.jpg
エクレアも大きいけど、シュークリームも大きい!!
d0352022_12342795.jpg
d0352022_12343742.jpg
柔らかなシュー生地の中には甘さ控えめのカスタードクリームがたっぷり!!
d0352022_12344281.jpg
満足度が高く、幸せ気分に浸れる「シュークリーム」であることはたしかだ(笑)。
348kcalもあるそうだが、この美味しさのためなら惜しくない(爆)。
ちなみに銀座や青山、橫浜にある喫茶室では、このシュークリームをお願いすると
「ナイフとフォーク」が登場する。。。
ナイフでカットしていただくやんごとなき「シュークリーム」ということなのだろう。。。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※一宮御坂工場訪問時の記事は


※銀座本店訪問時の記事は




●洋菓子舗ウエスト 国立配送センター直売店
東京都国立市谷保7121
0425-73-5611
[月~土]
9:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00
無休
http://www.ginza-west.co.jp/index.html

by forestkoro1015 | 2018-03-10 14:56 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
関西・徳山鮓ツアーにかこつけて食べたいものを食べ、好きなだけ飲んでいたら
すっかり重たくなってしまった(滝汗)。
体重計にのって「ゾーーっ!!」としたこともあり、しばらくは「粗食」に徹するつもり
だったのに、何故かお昼から中華料理を食べにお出かけ(呆)。。。
我が家の定番、三鷹にあるオークラ系列の「チャイニーズガーデン桃亭」だ。
定番と言いつつ、およそ半年ぶりの訪問となる(汗)。


今回は久しぶりなので、ランチ限定の「プリンセス・コース」(一人3,700円、2名様から)
をお願いしてみた。


●前菜の盛り合わせ
d0352022_14492854.jpg
オークラ系列だけあって、前菜類は上品テイスト。手前の白いのは白菜の酢漬けサラダ。
ゴロンとしたチャーシューが良い味を出している。
が、もう少し小さくカットされていると嬉しい。


●湯葉と干し貝柱入りふかひれスープ
d0352022_14493581.jpg
少々お味は濃いめだけれど、濃厚でジンワリと美味しいスープだ。ホコホコに温まることができる。


●菜の花と海老のあっさり強火炒め
d0352022_14494271.jpg
シンプルな塩味が素材の旨みを引き立てる一品。プリプリっとした海老が大きくて美味しい。
菜の花の柔らかさもちょうど良い感じだ。


●鮟鱇の赤ワイン黒酢炒め
d0352022_14494730.jpg
かみ応えがあって、「酢豚」のような鮟鱇はやはり少し大きめ。黒酢がからんで美味しいのだけれど
かみ切るのに少々苦労した(笑)。


●タラバ蟹と叉焼入り炒飯
d0352022_14495513.jpg
パラパラの炒飯はタラバガニとたまごがたっぷり。最後まで美味しくいただくことができた。



●本日のデザート
d0352022_14501480.jpg
苺がたっぷり入った杏仁豆腐でフィニッシュ!!


この「プリンセス・コース」の内容は月替わりで変化していくのだそうだ。
アラカルトでお願いするのも楽しいけれど、3,700円であれこれと楽しめる「プリンセス・コース」
もオススメ。お昼から「お姫さま気分」で美味しいものをいただくことができるのは嬉しい。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は


※さらにその前の訪問記事は




●「ホテルオークラレストラン三鷹 チャイニーズガーデン桃亭」
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ 2F
050-5868-6470 (予約専用番号)
0422-40-1233 (お問い合わせ専用番号)
JR中央線三鷹駅南口 徒歩5分
11:30~22:00
不定休
http://r.gnavi.co.jp/g172212/


by forestkoro1015 | 2018-03-01 00:00 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「東京富士美術館」で開催されている「東山魁夷展」を観に行く前に腹ごしらえ(笑)。
この界隈で美味しい蕎麦というと、わざわざ足を伸ばしても訪れたいのが、
西八王子の住宅街にヒッソリと位置する「蕎麦 坐忘」だ。


なんと!およそ2年半ぶりの訪問となってしまった(汗)。
d0352022_18571716.jpg
運良く1台分空いていた店前のパーキングに車を突っ込み、店内を覗くと小上がり席がちょうど
空いたところだった。
何故か此方に伺うと指定席のように、この小上がり席ばかりなのはどうしてなのだろう(謎)。


蕎麦茶。
d0352022_18561356.jpg
お酒めにう。。。飲みたかったよー(涙)。
d0352022_18562730.jpg
温かい天ぷら蕎麦(1,780円)。
d0352022_18563413.jpg
天地逆で失礼!!
天ぷらが別に添えられているのが此方スタイル。
味見させてもらったが、お出汁が美味しい!!


「天せいろ」(1,780円)。
d0352022_18564782.jpg

天ぷらは天ぷら蕎麦同様、海老のかき揚げと蕗の薹、椎茸、蓮根という内容。
d0352022_18565784.jpg
此方の「海老のかき揚げ」は芸術品!!プリプリの小海老がたっぷりと衣をまとって鎮座ましましている。


せいろ。
d0352022_18565268.jpg
d0352022_18564025.jpg
玄蕎麦の殻を完全に取り除いた「丸ヌキ」を電動石臼で挽き、六十番ふるいで落とした粉を
水だけで打ったという中細の蕎麦とのこと。
のど越しの良さと蕎麦の風味が特徴的なお蕎麦だ。天ぷらとの相性も良い。


蕎麦茶のゼリー。
d0352022_18570347.jpg
さらにお茶。
d0352022_18571213.jpg

「たらの芽の天ぷら」は先日、自宅でも食べたばかりだけど、ちょっと食べてみたかった(笑)。
d0352022_18561851.jpg

夜は予約客が優先とのこと。昼は予約を受け付けていないが、「昼の蕎麦旬香」(2,700円)
というコース料理もあるためか、じっくりと腰を落ち着けて飲む客も少なくない。
昼は15時までオープンしているが、売り切れ仕舞いのこともあるらしい。
「夜の蕎麦旬香」は4,100円。受付は19時半までとのこと。


季節ごとに天ぷらの中身が入れ替わるので、それもまた楽しみに訪問したいお店なのだけれど、
なかなかアクセスしづらい場所にあることはたしかだ。
今度はいつ行くことができるのだろう。。。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は



●蕎麦 坐忘 (そば ざぼう)
東京都八王子市千人町3-14-11
042-661-2945
11:30~15:00(売り切れしだい閉店)
平日 17:30~21:00(入店は20時まで)
土日祭日 18:00~21:00(入店は20時まで)
水曜休
火曜は昼のみ営業
20席
http://www.mmjp.or.jp/zabo/index.html
☆石臼挽き自家製粉の店


by forestkoro1015 | 2018-02-01 19:28 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
の検査で日赤へ。午後までかかるということなので武蔵境近辺でお昼ご飯
少し前に「じゅん散歩」で紹介されていた「からしうどん」を食べようと
「大むら」をめざすことに。。。

d0352022_18275368.jpg
天文台通りの中央線ほど近くに佇む此方は、中央線の高架化に先駆けて2008年に
店舗をリニューアル。少しセットバックしてお洒落な建物に生まれ変わった。
余談だがこの先にある踏切はこの界隈では有名な「開かずの踏切」のひとつ。
かくいう私も旧店舗の前で50分近く(!)待たされたことがある(汗)。
そんな踏切エピソードも今は昔。今は車の流れもスムーズとなり、便利な時代となった。


さて本題。
「からしうどん」(独歩せいろも)があることは知っていたが、旧店舗時代は
「牡蠣そば」しかいただいたことがない。
「じゅん散歩」「からしうどん」が紹介されているのを観て、
ミーハー心が疼いてしまった(笑)。


そんな訳で「からしうどん」(950円)を注文。
d0352022_18273925.jpg
巷のカレー屋さんのように6段階の中からお好みの辛さが選べる。
「小から」「中から」「大から」「激から」「超から」「暴から=ハバネロ」、
さらにはそれ以上の辛さも別料金にて注文できるようだ。


「辛いのが平気な方は中からを選ばれます!」というおかみさんのアドバイスに従って
「中から」をチョイス。
そして「からしうどん」が運ばれてきた。
d0352022_18270969.jpg
お盆には麦茶と「さわやか吐息」が載っている!
d0352022_18271630.jpg
トロリとした餡かけ風のおだしにお豆腐などがトッピングされたうどんは「麻婆豆腐」
チックなイメージ!!「中から」なので油断していたが、食べ進んでいくと後から辛さが
「ジワッ」と染みてくる(汗)。

此方のおだしは豆板醤をベースに様々なスパイスとガーリック等を配合した和風だしを
完成させた「秘伝の味」なのだそうだ。たしかにこの味は今まで食べたことのない味だ。
トッピングは豆腐、豚肉、ウズラの卵、海老、筍、白菜、人参、ネギ、コーン、
もやし等々、具だくさんなのも特徴的!!

フーフーと冷ましながらいただく訳だが、全身から汗が噴き出してくる。冷たい麦茶が
なければ完食はできなさそうな感じだ(笑)。ちなみに麦茶はセルフでお代わり自由。


そうそう、肝心のうどんはこしが強くて弾力があり、力強さを感じるタイプ。此方では
武蔵野市の新名物とし「武蔵野地粉うどん」を自家製麺しているのだそう。
たっぷりの具をかき分けて麺と対面したが、辛味のあるおだしとの相性はバッチリだった。


2階にもお席があるらしいが、今回は1階席を利用。
d0352022_18272315.jpg
からしうどんの解説。
d0352022_18274530.jpg
横で「激から」を食べている人がいたが、「辛さはそれほどでもなく、次回はワンランク上
をめざす」のだそう。。。同行者が味見して「これなら自分でも大丈夫!」とのこと。
よし、私も次回は「大から」「激から」にチャレンジしてみよう!!
但し、暑い時は勘弁かなぁ(笑)。

ちなみに「暴からのハバネロ」はかなり危険!!
いつだったか家族がどこかで買ってきたハバネロを素手で調理して、火傷を負ったことがある。
まぁ、たしかにあの辛さは尋常ではない。


武蔵境の駅からは少し離れているけれど、わざわざ食べに訪れてみたい「隠れた名物」
だと思う。蕎麦やうどんだけでなく、お酒も楽しむことができるらしい。
なお、車の際は近隣のタイムズパーキングがオススメ。
1,000円以上の利用で1時間のサービスとなる。


なお、「爽やか吐息」でケアしても「ガーリック」の匂いはついてくる(笑)。
この後、診察時にはマスクをして「風邪気味」を装ったことはいうまでもない(笑)。
ごちそうさまでした☆




●大むら (おおむら)
東京都武蔵野市境南町4-9-2
0422-31-5019
11:00~15:00 17:00~21:00
[日・祝]11:00~15:00 17:00~21:00
木曜休
http://karasiudon.at.webry.info/


by forestkoro1015 | 2017-12-04 19:33 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「神楽坂五十番」といったら、大きな肉まんとあんまんで知られる神楽坂にある有名な饅頭のお店だが、
その中華まんが「武蔵境」の駅ビルでゲットできることをご存じだろうか。。。


d0352022_12022351.jpg
一番人気の「大きな肉まん」は一つ393円。
ズッシリと重たそうであまりに大きいので、カロリーを考えて「ミニ肉まん」(216円)を3個購入(笑)。
一つ90グラムと、それでも巷の肉まんの一つ分はあるだろう。。。


せっかくなので蒸し器で湯気が上がってから15分。。。
電子レンジではやはり名店の味に対して失礼だろう。。。
d0352022_12022981.jpg
熱々でもてないぐらいだ(当たり前!)。
d0352022_12023624.jpg
中にはお肉とお野菜がミッシリ!!ラードが溶け出して、その脂分が皮に染みこんでまた美味しい!
そして皮がふっくらとしてとても美味しいのだ。
久しぶりにいただいたけれど、やはり名店の流れを汲む肉まんは美味しい!!


今度はカシューナッツや銀杏の入った肉まんやあんまんを買ってみよう。
武蔵境に出かける楽しみがまた一つ増えてしまった(笑)。
でも、駅ビルだからパーキングがないのが悩みの種だ。。。


ごちそうさまでした☆




●神楽坂五十番 エミオ武蔵境店
東京都武蔵野市境南町2-1-12 エミオ武蔵境 1F
0422-30-5688
10:00~21:00
不定休(エミオ武蔵境に準ずる)
https://www.50ban.jp/
2016年5月16日オープン


by forestkoro1015 | 2017-11-01 12:21 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
夏が終わる前に必ず食べておきたいのが美味しい「冷麺」
という訳で8月の下旬に出かけたのは、三鷹にあるオークラ系列の「チャイニーズガーデン桃亭」
出かける前から「五目冷麺」を食べる!と心に決めていた(笑)。


お醤油か胡麻の二種類のタレが選べるので、今回も「胡麻」をセレクト。
d0352022_14131353.jpg
此方の「五目冷麺」は1,860円(税込み)。
ちょっとお高い気ような気もするが、美味しいし、彩りも良いので許せてしまう。


具材は、海老、くらげ、胡瓜、金糸たまご、鶏肉、叉焼、しいたけ
d0352022_14131868.jpg
麺は少しかためのシコシコ系。胡麻がトッピングされている。
d0352022_14133174.jpg

胡麻だれ。
d0352022_14132506.jpg
自分でトッピングするのも楽しい時間。。。
d0352022_14133719.jpg
年に一度は食べたくなるちょっと上品でお洒落な感じの五目冷麺でもある。
昨年も同じ頃に同じものを食べにきていたようだ。来年も忘れないで食べに来ないと(笑)。


家人が追加でオーダーした「酢豚」(2,480円)。
d0352022_14130711.jpg
いつ食べてもこの酢豚に関しては、「あまり・・・」という感想を述べるのに学習しない(呆)。
お肉が少しかたいかな。そしてラッキョウが付け合わせで入っているのがユニーク。
そしてトマトの味付けが少々濃いめ。。。「家の酢豚」の方が好みに合う!と妙な感じで褒められた(笑)。


平日限定ランチセット(10食限定・1,500円)のサラダ。
d0352022_14125380.jpg
大根餅。
d0352022_14130050.jpg
他に三種点心、二種の揚げ物、中華粥、プチ杏仁豆腐がついてこのプライスはお得だし、お味も悪くない。
但し、酢豚は好みがあるのであまりオススメしないかな(笑)。


この日はせっかく印刷しておいたクーポンを忘れて出かけてしまった。
杏仁豆腐か紹興酒、ウーロン茶などのいずれかがサービスでつけられるので、できればプリントアウト
してから出かけたい。


ごちそうさまでした☆



※前回の訪問記事は


※前々回の訪問記事は


※その前の訪問記事は



●「ホテルオークラレストラン三鷹 チャイニーズガーデン桃亭」
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ 2F
050-5868-6470 (予約専用番号)
0422-40-1233 (お問い合わせ専用番号)
JR中央線三鷹駅南口 徒歩5分
11:30~22:00
不定休
http://r.gnavi.co.jp/g172212/






by forestkoro1015 | 2017-09-14 14:36 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(2)
JR立川駅南口から徒歩8分。「子ども未来センター」の北側にお洒落に佇んでいるのが
NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと
d0352022_01280494.jpg
此方は表参道の名店「パンとえスプレッソと」とコラボレーション
同店監修のパンを、毎日、店舗内の工房で焼き上げるというお店だ。


入口近くにテイクアウト用のパンを並べた小洒落た店内は奥に細長い造り。
レジは狭いが、妙に細長いカウンターキッチンの中ではスタッフの方が忙しそうに働いている。
店内は子連れママと子連れパパで賑わっているが、お洒落な感じの客が多いのが特徴。
さすがに表参道の名店とのコラボ店だけのことはある(笑)。


15時までのランチタイムは終了していたが、せっかくなので、人気の食パン
「ムー」を用いたフレンチサンドを注文。
フィリングは「ハムとチーズ」をセレクト(2種類からの選択、たしかもう一種はラタトゥイユ)。
人気のお品らしく、これがサラダ付きで820円もする。
スープはいかがしましょう?」とスタッフの方。。。せっかくなので追加(150円)。
セットでつけたアイスコーヒーは290円だった。合計で1,260円のお支払い。


イートインの場合は、注文の前にお席を確保することが求められる。
混んでいるので店内奥のパン焼き工房の前にお席をキープ後、またレジまで戻ってきて注文。
カウンター内にスタッフは二人しかいないため、一人が調理を担当し、一人がドリンクを用意して
レジも担当する。前の客がパンを大量に購入していると延々と待つことに。。。
逆に、パンをテイクアウトしたい客は、別の客のドリンクの注文が立て込むと延々と待つことに。。。


ようやくゲットしたアイスコーヒーとフレンチサンドの番号札を渡されてお席へ。
d0352022_01281955.jpg
アイスコーヒーは程よい濃さとビター感が効いていてさすがの美味しさ♪
番号札の小物使いも洒落ている。が、なかなかフレンチサンドの順番が回ってこない(汗)。


手持ち無沙汰なので店内の雰囲気を。。。
d0352022_01281354.jpg

さらに待つ。。。ジリジリジリ。。。
やたらに寒いエアコンの風が身に染みる。ホットコーヒーにすればよかった(笑)。


そしてようやく「16番」がコールされた。
すっ飛んで受け取りにいく(此方ではすべてがセルフスタイル)。


キューブ型の食パン「ムー」を用いたフレンチサンド
d0352022_01282539.jpg
バターの風味がたっぷりの分厚いフレンチトースト(厚さにして2センチはある!)に
ハムとチーズがサンドされ、芳醇な香りを漂わせている。これはたしかに焼き上がるまでに
時間がかかりそうなフレンチトーストだ。まずは一口。。。ほんのりとした甘みがバターの香りの
向こう側にとろけていくようでとても美味しい。そしてベシャメルソースを彷彿とさせるチーズが
とても濃厚で、フレンチサンド自体のズッシリとした存在感と合わさって、お腹にたまる感じだ。
結構、実力があるようで、夕飯にの時間になってもこの日は全然お腹が空かなかった。
d0352022_01284615.jpg

フレンチサンドの美味しさに比べると、サラダは凡庸。
d0352022_01283990.jpg
プラス150円でつけたスープはお肉の匂いがキツい感じで、脂っこい上に塩気がきつい。
d0352022_01283292.jpg
これは改善の余地が大ありだろう。たかが150円、されど150円(笑)。


予想以上にボリューミーなので苦戦したが、このフレンチサンドは美味しくいただけた。
また、隣のカップルがシェアして食べていたパニーニがとても美味しそうに見えた。


帰りがけにパンをテイクアウト。此方は枝豆とチーズのフォカッチャ(140円)。
d0352022_01285231.jpg
d0352022_01285869.jpg
「塩メロンパン」(170円)。
d0352022_01290505.jpg
d0352022_01291049.jpg
どちらもコンパクトサイズだが、チーズと枝豆の風味豊かなフォカッチャが特に美味しかった。


人気店とのコラボということで、お洒落感覚あふれる美味しいお店なのだけれど、
立川のお店にしてはCPがあまり良くないのが気になる(特にイートインの場合)。
また、↑でレポートしたように、オペレーションの悪さも気になった。
2〜3人の混み具合でもレジに行列ができてしまうのは、いかがなものか。。。
また、客が飲み物やトレイを抱えて店内をウロウロと移動しなければならない動線も気になる。

名店とのコラボによる焼きたてパンは美味しいのに、なんだかもったいないような気も(汗)。。。


イートインではなくて、「ムー」とその他のパンを買いにまた立ち寄っても良いかな。
ほんのりと甘みのあるあのパンは、おうちでトーストしたり、サンドイッチにして味わってみたい。
フレンチトーストも良いかな。。。
焼き上がりは10時頃なのだそう。。。但し専用駐車場はないのだそうだ(コインPはあり)。


ごちそうさまでした*





●NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと
東京都立川市錦町1-9-14
050-5590-6799
[月~金]
11:00-18:00
[土・日]
10:00-18:00
17:30 フードL.O 17:30 ドリンクL.O
毎週水曜休
http://neighbors-brunch.com/
2014年10月25日オープン


by forestkoro1015 | 2017-09-13 11:21 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
あの、「銀座ウエスト」の焼き菓子とケーキ類がオールⅠ割引で購入できる直売所が
国立にあります(日野工場と山梨の一宮御坂工場に併設された直売所も1割引です)。
此方は正確には、「配送センター」に併設された「直売所」となります。


この日は母がお遣い物用の焼き菓子を購入したいということで国立までお出かけ。。。
世の中は連休でしたが、此方は年中無休で営業している便利なお店です。


焼き菓子のみでなく、生菓子も色々と売られているのが嬉しいですね!!
グアムで太って帰ってきたので、しばらく甘い物は控えるはずだったのですが
ガラスケースの向こう側から美味しそうなケーキたちが微笑んできます(笑)。
「モンブラン食べたーーい!」と思ったのですが、大きな「シュークリーム」をセレクト。
「カスタード」の他に、「ゴルゴンゾーラ」や生クリームがたっぷりの
「クリームパフ」(すべて411円)があるのですが、この日はすでに「クリームパフ」は
売り切れのようでした。。。実は食べ比べも楽しいのです(笑)。


帰宅してから早速のティータイムと洒落込みました。
d0352022_14343985.jpg
大きなシュークリームはよそのお店のシュークリームの2倍は超える大きさです。
中には「これでもかー!」とカスタードクリームがビッシリと詰まっています(嬉)。
「晩ご飯はこれで十分!!」と思ったのですが。。。


銀座本店や青山のお店の喫茶室で「シュークリーム」をいただくと、「ナイフとフォーク」が用意
されますが、おうちで食べる時には豪快に食べられるので良いですね(笑)。
しかも此方の直売所で購入するとⅠ割引きだし!!



そうそう、当日は3,000円以上購入すると、「オリジナルのマスキングテープ」プレゼントという
キャンペーンをやっていました。
「ウエスト ウエスト ウエスト・・・」というロゴがたくさん入ったテープかも!!
と母と笑っていたのですが、実物は此方。
d0352022_14344676.jpg
銀座ウエストの焼き菓子があれこれと印刷されたマスキングテープでした!!
今、流行っているテープのように、一枚ずつはがすことはできませんが、眺めているだけで
お腹が空いてくる美味しそうなテープです(笑)。ちなみに香りはしませんでした(笑)。



配送もできるようなので、来月あたりから混み合いそうです。
駅からは離れているので少し不便ですが、お近くの方にはオススメの直売所です。
ごちそうさまでした☆



なお、普段は無休なのですが、来たる5月14〜15日は日野工場直売所と共に「臨時休業」だそうです。






※以前の訪問記事は

※一宮御坂工場の訪問記事は

※銀座本店の訪問記事は




●洋菓子舗ウエスト 国立配送センター直売店
東京都国立市谷保7121
0425-73-5611
[月~土]
9:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00
無休
http://www.ginza-west.co.jp/index.html


by forestkoro1015 | 2017-05-12 15:14 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
グアムから帰ってきた後のG.W.は自宅でノンビリと過ごしています。
どこに出かけても混んでいるし(汗)。


そんなある日、「餃子でも食べにいこうか!」ということで国分寺までお出かけです。
駅北側の「だんごの輪島」の隣にある「東京ラーメン 東八軒 国分寺店」さんをめざしてみることに。。。
ちょうどお昼時ということで結構、混んでいます。
この日はおじさんだけでなく、奥さんも厨房に入っていました。二人で調理を担当するようです。


焼き餃子(二人前)。
d0352022_12115807.jpg
「本日半額」の240円は毎日のようです(笑)。
しかし本日も少し焼きすぎですねぇ。焦げてるし(汗)。味は悪くないのですが、焦げてないのが
食べたいです!


餡かけ五目焼きそば。
d0352022_12121352.jpg
キャベツなどのお野菜が主体のヘルシーな焼きそばです。少し海鮮が入るとうれしいのですが
このお値段だったら仕方ないのかなぁ。。。


焼きそばにはスープがつきます。お味噌汁でした(笑)。
d0352022_12120766.jpg

「海老チリ」。
d0352022_12122085.jpg
海老はたっぷりオンしています。やはり下にはたっぷりのキャベツが敷かれ、ヘルシーな雰囲気!
そしてトマトケチャップが結構、大量に使われているようです。まぁ、このお値段だし。


「青椒肉絲」。
d0352022_12122624.jpg
此方はピーマンとたけのこ、もやしなどが大量に使われていて、やはりヘルシーな一品。
牛肉でなくて豚肉を使用しているのが此方スタイル。


「水餃子」。
d0352022_12123815.jpg
此方は半額になっていなくて540円だったかな。
プリプリッとして美味しい仕上がりですが、タレがちょっと濃すぎる感じでしょうか。。。

d0352022_12123284.jpg
メニュー色々。。。これ以外に、様々な種類のラーメンや炒飯、レアなところでカレーライスなどの
メニューも見かけました。


前回訪問時は空いていたし、お味も悪くないかなーという感じでしたが、今回はやたらに混んでいたし、
どのお料理も皆、似たような感じであまり「美味しい!」と思えるものには遭遇しなかったような。。。
お野菜主体なのでヘルシーな中華ではあるのですが、その割に脂っこいので好き嫌いがわかれる味
かもしれません。

d0352022_12403256.jpg
ガッツリ中華が好きな人にはオススメですが、グアムで美味しくないもの(!)ばかり食べて
すっかりくたびれた私の胃袋には少々、負担が大きかったようです(笑)。
だいぶリハビリしたつもりですが、まだまだかなぁ(笑)。
ごちそうさまでした★




おまけ。。。我が家のスズランが咲き始めました。
d0352022_12124688.jpg





※前回訪問時の記事は




●東京ラーメン 東八軒 国分寺店 (とうきょうらーめん とうはちけん)
東京都国分寺市本町4-1-11
042-324-7275
[木~火]11:30~25:00
水休
http://r.gnavi.co.jp/4vftn9tx0000/



by forestkoro1015 | 2017-05-05 12:34 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)