Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:おうち( 23 )

おうちでトロワグロ!

おうちで気軽にミシュラン気分が味わえるのが、「トロワグロ」のデリコーナーだ。
都内では新宿小田急地下フロアにお取り扱いがある。


昨年末だったか、お歳暮シーズンに自宅用に購入しておいたのが
此方の「牛ほほ肉の赤ワイン煮」だ。
「赤ワインと香味野菜使用した自家製ソースで牛肉を柔らかく煮込んだ・・・」
というフレーズに誘われるままに購入。。。
食べるのを楽しみに大事にとっておいたお品だ。
d0352022_18162550.jpg
たしか一つ1,700円ぐらいだったと記憶。。。
d0352022_18163049.jpg
うなぎのように湯煎でゆっくりと温めていただく。

が、せっかくの「牛ほほ肉」をいただくので彩りを考えて人参のグラッセやブロッコリで
きれいに彩ってみる(笑)。
d0352022_18163544.jpg
さすがミシュラン二ツ星レストランが手がける「ほほ肉」はどこまでもトロトロで
柔らかくて美味しい。が、期待していたほどではなかったかな(笑)。

ワインまでトロワグロで揃えたのに(汗)。。。
d0352022_18164011.jpg

家族にまた食べたいかと尋ねたところ、どうせ食べるなら先日の
「手の子牛のローストビーフ」の方が嬉しいとのこと。。。
まぁ、値段が違うし!!


そうそう、先日、小田急のお歳暮プレゼントキャンペーンに当選した!!
ということで、商品券をゲットしたのだった。
d0352022_18193643.jpg
「牛ほほ肉」をまた購入してしまいそうな自分がコワい(笑)。

ごちそうさまでした☆





※「手の子牛のローストビーフ」の記事は





※「キュイジーヌ・ミシェル・トロワグロ」を訪問した時の記事は



※少し廉価版の「カフェ・トロワグロ」を訪問した時の記事は





by forestkoro1015 | 2019-01-31 18:37 | おうち | Trackback | Comments(0)

早春のレアもの。

季節も関係しているのだろう。このところ、限定品に出合うことが多い。
まずは家人のお土産の「苺ひよこ」。
d0352022_10494967.jpg
知らなかったけれど「冬限定」(11月22日〜2月中旬販売)の商品なのだそうだ。
福岡産あまおう苺が香るあんをミルク生地で包んだ「ひよこ」らしい。

パッケージがかわいい!
d0352022_10495548.jpg
d0352022_10495964.jpg
ノーマルひよこよりもやや色黒な感じ(笑)。
d0352022_10500463.jpg
中にはやや酸味のある柔らかなあんが詰まっている。
d0352022_10500970.jpg
ミルク生地とあまおう苺の組み合わせは悪くないのだけれど、やや酸味のあるあん
というのは、普段いただかないからか、あまり・・・という感じ。
買ってきた当人も「普通のひよこの方が美味しいかなぁ」とのこと(笑)。
まぁ、この時期だけの限定品だし。。。


もう一つはスーパーで見かけた「コカコーラ・ピーチ」。
d0352022_10512755.jpg
美味しくないと困るので3本だけ購入。
「白桃果汁」が入っているとのことで、パッケージも春らしくてかわいい。
d0352022_10501415.jpg
爽やかな風味で悪くないのだけれど、ややグラニュー糖(?)の香りが
口の中に残る感じもある。
総じていえば、美味しいのか、美味しくないのか、よくわからないお味。

いつぞやに食べた「ネクターの桃アイス」は美味しかったけれど、
レアな限定品、特に食べ物や飲み物に関しては「当たり」と「ハズレ」の差が
大きいようだ。
この「コカコーラ・ピーチ」あと2本あるので、チビチビと味わうことにしよう。


by forestkoro1015 | 2019-01-24 11:05 | おうち | Trackback | Comments(0)
冷蔵庫に入っていたのは、山形産「手の子牛のローストビーフ」
年末に購入した「極味宝箱」に入っていたお品だ。

西洋わさびと専用ソースつきの立派なお品だ。
あまり日持ちしないようなので、いただくことに。。。

d0352022_16495761.jpg
見事な「キュイソン」(火入れ加減)で実に美味しい!!
もっと薄くカットしたいのだけれど、うまく切れないし(先日、包丁を研ぎに
だしたばかりなのに・汗)。。。
d0352022_17512981.jpg


「手の子牛」とは初めて耳にしたのだけれど、
山形県西置賜郡(旧米沢藩手ノ子地方)で生産される牛さんらしい。
山形の米沢牛は昔から有名だが、このあたりは江戸時代から黒毛和牛の名産地として
有名なのだそうだ。
なんでも、夏はとても暑く、冬は豪雪の降る盆地特有の気候が、上質な肉質の
手ノ子牛(てのこぎゅう)に適しているのだという。

昭和47年に、この地で優れた飼育技術を持つ生産農家が東北地方で最初の生産者団体
「手ノ子牛研究会」を結成し、手ノ子牛の生産をスタートしたのだとか。。。


ちなみにこのローストビーフを手がけているのは株式会社セントラルフーズで
同社はその年に手ノ子牛の商標を取得しているそう。。。


当然、此方のローストビーフもネットから購入できる(9,040円)ようだ。


http://www.centralfoods.co.jp/brand/tenoko-gyu/




まだ半分近く残っているので、残りは「ローストビーフ丼」にする予定。。。
「ローストビーフサンド」も良いかな。



ごちそうさまでした☆





※「極味宝箱」の紹介記事は



by forestkoro1015 | 2019-01-11 17:07 | おうち | Trackback | Comments(0)
お正月の二日は例の「極味宝箱」からの「すき焼き」!!
しかも、あの「松阪牛」(ロースと肩の詰め合わせ)だ。
毎日、夢のようなご馳走が続くが、冷凍すると「味が落ちる!」ということなので
致し方ない。。。

d0352022_18071150.jpg
一枚がデローンと大きい!!
松阪牛のお肉には個体番号(ロットナンバー)がつけられている。
以前、訪れた「和田金」(三重・松阪)のお店でも「本日の牛の個体番号」が
エントランスに掲げられていて、驚いたことがある。
そういえば、近江の牛を取り扱う「セジール」さんで購入したすき焼き用のお肉にも
ロットナンバーがついていた。。。

d0352022_18071777.jpg
霜降りのサシが素晴らしい感じで入っている。。。


以前、何かの本で読んだのだけれど、松阪牛たちは特別の飼料で育てられる他、
ビールを飲まされたり、焼酎をすり込んでマッサージしてもらえるらしい。
その結果が、このようなサシとなって現れるのだろうか。。。。


迷ったのだけれど、タレも某インターナショナルマーケットと某老舗すきやき店、
二店からのエントリー(笑)。

松阪牛のためにお正月二日から、玉子と焼き豆腐などを買いに走り、
準備万端で夜の宴を迎えた(笑)。


焼き方に徹していたため、食べている時のすき焼きの写真はないが、ほっぺたが
落ちるような感覚とは、このような特上のお肉をいただく時の感覚なのだろう。
たしかにとろけていくような独特の味わいがある。。。


d0352022_18070653.jpg
d0352022_18070026.jpg
このような贅沢をしてしまうと、舌が驕ってしまいそうでこわい(笑)。
まぁ、年に一度あるかないかのことではあるのだけれど。。。


今夜は少しだけ余った肩肉でしゃぶしゃぶの予定。。。
一箱で2回美味しい松阪牛だった。。。



ごちそうさまです☆



■「極味宝箱」の記事は




■以前、「和田金」を訪れた時の訪問記は



■滋賀・近江の「セジール」さんを訪れた時の記事は



by forestkoro1015 | 2019-01-03 18:30 | おうち | Trackback | Comments(0)

「極味宝箱」。

今年は「おせち」ではなくて「極味宝箱」(きわみたからばこ)
某デパートにお願いすることに(お得意様向け)。。。
ネーミングもすごいけど、内容もすごい。逸品詰め合わせセットなのだそう。。。
紹介パンフのインパクト大の写真に食いしん坊の母がK.O.されてしまったらしい(笑)。
d0352022_00365364.jpg
説明書きもすごい。
d0352022_00363983.jpg
d0352022_00364695.jpg
「鰻割烹伊豆栄」の「鰻蒲焼」、山形県産「手ノ子牛ローストビーフ」、
「日本橋古樹軒」の「青鮫ふかひれ姿煮[尾びれ]」、「つきじ鈴富」の
「特選刺身盛り[大間産本まぐろ入]」、徳島県産「天然黒あわび姿煮」、
アラスカ産「たらばがに」、三重県産「松阪牛すき焼き用肉」、
奥尻産「蒸しうに」・北海道産「いくら醤油漬け」という豪勢な内容だそう。。。


そして30日の朝、「極味宝箱」はやってきた。
玄関の敷物を占領するぐらいの大きな包みだ。聞くと見るとでは大違い!
d0352022_00345472.jpg
箱オープン!
d0352022_00350035.jpg
お品書き!
d0352022_00350640.jpg
冷凍のたらば蟹。大きすぎて冷凍庫に入らない(汗)。1.3キロの巨大サイズ!
d0352022_00351143.jpg
お刺身も冷凍!
d0352022_00351780.jpg
冷蔵庫で18時間かけて自然解凍するそう。
d0352022_00352228.jpg
松阪牛は冷蔵のお重入り。肩ロース・肩肉各400グラムずつ。こんなに食えるのか!!
ローストビーフも冷蔵。これはワインに合いそう!
d0352022_00352687.jpg
鰻蒲焼きは4人前!結構大きい!
d0352022_00353000.jpg
ふかひれのみ常温。。。しかし大きなふかひれだ。
d0352022_00353462.jpg

蒸しうには冷凍。
d0352022_00354082.jpg
いくらも冷凍。
d0352022_00354411.jpg

アワビも冷凍。一つ160グラムもあるそう(でかっ!)。
d0352022_00355556.jpg
まだすべていただいた訳ではないけれど、一番苦労したのが「たらば蟹」だろうか。
冷蔵庫でゆっくり解凍して大晦日にフライング味見!!
d0352022_00355002.jpg
久しぶりに出刃が大活躍(笑)。
d0352022_00361696.jpg
我が家では蟹というと大体毛ガニ(母が札幌出身なので)なのだけれど、今回の
タラバは大きくて太いから身離れも非常に良く、今まで食べてきた蟹の中で
一番美味しいと誰もが大絶賛した美味しさだった。

そして元旦の朝にいただいたのが、お刺身と蒸しうに、そしてだ。
d0352022_00362688.jpg
その内容は、大間産本まぐろの大トロ、中トロ、赤身、伊勢海老、帆立、ヒラメ、
きんめだい、真鯛。
天然鮪専門の仲卸「鈴富」が全国各地から選りすぐった素材ということで、
どこをどう食べても美味しい。ステーキのような大トロも美味しかったけど、
やはり中トロが絶品!!そして帆立の甘さと金目鯛、伊勢海老の美味しさに
感動したのだった。

d0352022_00360187.jpg
もちろん雲丹もどこまでも甘い。。。


お刺身とかにと雲丹は無事にクリアしたけれど、明日はすき焼きの予定。。。
今年もお正月から順調に飲んだくれの日々を過ごしている(笑)。


それにしても我が家の「極味宝箱」まつりは、一体、いつまで続くのだろう。。。

by forestkoro1015 | 2019-01-02 01:27 | おうち | Trackback | Comments(0)

夏の情景。

山形・尾花沢から大好物のすいかが届いた。
d0352022_11460921.jpg
大きくてずっしりしている。

苦労して半分にカット。
d0352022_11461380.jpg
大きいので冷蔵庫に入れるのにとても苦労した(笑)。
が、食べ応えはありそう!!
この夏の楽しみが増えた。。。


此方はりんどう。。。
夏を感じさせてくれる好きなお花の一つだ。
d0352022_11460405.jpg

by forestkoro1015 | 2018-08-02 13:45 | おうち | Trackback | Comments(0)

野菜の季節。

今年も野菜の美味しい季節が巡ってきた。
朝に獲れたばかりの新鮮野菜がご近所の無人販売所に並びはじめる。
年間を通してほうれん草や大根などもゲットできるのだけれど
胡瓜、茄子、トマト、枝豆、隠元などは
この時期だけのもの。。。

我が家の隣にある玉蜀黍もそろそろ並び始める頃なのだけれど、
まだ収穫されていないようだ。
この玉蜀黍畑には今年から新兵器が!!
その正体は「電気柵」なるものだそうだ。
玉蜀黍を食べにくるのは、犬・猫・狸(この近辺にいるらしい)だけでは
ないと思うのだけれど(汗)。
弱小電流が流れているようで、「触ったら危険!」という大きな注意書きが
ぶら下がっているのだけれど、犬・猫は読めない訳で。。。


さて、朝7時から販売されている無人販売所で買ってきたのは
胡瓜、茄子、枝豆・隠元。。。
新鮮な胡瓜と茄子はぬか漬けに入れても味が全然違う。


そして枝豆はこれで400円。
d0352022_11470960.jpg
朝、獲れた枝豆が、そのまま茹でられ、数時間後には美味しくいただける幸せ。
とにかくほんわりと甘くて感動できるお味だ。

最近は住宅が建て込んできて争奪戦が年々激しくなっているのだけれど、
この季節は美味しい野菜が食べたくて、ついつい頑張ってしまう。。。




by forestkoro1015 | 2018-06-28 16:28 | おうち | Trackback | Comments(0)

三月ひなのつき。

毎年、「ひなまつり」が近づいてくると、思い出すのが「三月ひなのつき」という絵本童話だ。
石井桃子作・朝倉 摂絵のこの作品は1963年に初版発行という昭和を代表する絵本の一つなので
読まれたことがある方も多いことだろう。
ひな人形をまだもっていないよし子と、子供の頃から大切にしていたひな人形を空襲で焼かれ、
その人形に並ぶひな人形にまだ出会えず、規格品を買い与える気になれないおかあさん。。。
ひなまつりは父の命日でもあり、母一人、子一人で慎ましく暮らす中で
自分のひな人形が欲しいと願いつつ、どうしても言い出せずにいるよし子。。。
ひなまつりを通して、ものを大切にする気持ちを養いながら、母と子の心の交流を
やさしく、あたたかく描いた名作でもある。

ものに溢れた時代だからこそ、ものの大切さ、親子の絆の大切さを考えるには
児童書としてもおすすめの一冊。

久しぶりに読み返そうと思って探したのだけれど、見当たらない(汗)。
たしかどこかにしまってあるはずなのだけれど、どこにいってしまったのだろう。。。


閑話休題。
今年の「ひなまつり」銀座あけぼのの「桜餅」と「草餅」を購入。
我が家のおひな様にもお供えした後、おいしくいただかせていただいた。
d0352022_14125128.jpg
d0352022_14130143.jpg
草餅にはお好みでふりかけるきなこがつているのが特徴。
d0352022_14130602.jpg
どちらもお味は良いのだけれど、お高くなったようだ(笑)。


国分寺まで買いに出かけたのだけれど、事件は駅ビルの駐車場で起こった。
買い物を終えて車を出そうとしている私の右側スペースにレンタカー(ミニサイズ)が駐車しよう
としている。エンジンをかけて待っていたら、「うっそー!!」と思うほど運転が下手な車だ。
それでも斜めに駐まったので、此方が出ようとしたら「ドーン!」という衝撃が!!
ななめ(リアドアが私の車から20センチほどしか離れていない!)に停車したため、
後ろから出てきた女の子が私の車にドアをぶつけたらしい。
「こつん」という軽い音ではなく、「ドーン!」というかなりヘビーな音がしたため、
外に出てみると、ドアにはべっとりとレンタカーがつけた白いキズがついていた(呆)。


運転していたのは若い母親で、ドアをぶつけて出てきたのは5歳ぐらいのハーフの女の子。
助手席からおねえちゃんだろう。8歳ぐらいのやはりハーフの女の子が出てきて、
心配そうに私の顔を見ている(汗)。


「彼女たちには年に一度の楽しいひな祭りなんだから許してあげなよ!!」
もう一人の優しい私が、怒り顔の私につぶやく。。。


まぁ、ボディが凹んだ訳ではないし、許してあげようかなと思ったその時、
若い母親はおねえちゃんにでっかい声で叫んだ。
「○○○、なに、モタモタしてるの!!早く来ないと置いていくよ!!」。。。
おねえちゃんはぴょこんとお辞儀をして走り去っていった。。。


それにしても許せないのはこの母親の対応。。。
運転が超下手なくせにレンタカーなんて乗るんじゃないよっ(怒)!!
狭い駐車場に斜めに駐めるなんて言語道断!!
しかも「ドーン!」という大きな音がしたからぶつけているのは気づいているはずなのに、
「すみません!」の一言もないばかりか、その逃げ足の早いことといったら!!
もちろん「ひなまつり」じゃなければ、レンタカー屋(ニコニコレンタカー)に
ナンバーと証拠写真を撮って、連絡していたと思う。


そんな悪魔のような母親に対して、そのおねえちゃんは「天使」のように見えた(笑)。
きっとおねえちゃんは「パパ似」の心の優しい子なのだろう。
ものを大切にする心、そして悪いことをしたら(たとえ妹がでも)ちゃんと謝ることを知っている。


そんなこともあって、冒頭の「三月ひなのつき」という童話を思い出してしまった。
まぁ、少々、凹んだ今年のひなまつりだったけれど、美味しい和菓子にあたったからよいことにしよう。


此方は夕飯の「ちらしずし」
d0352022_14125890.jpg
ちらしの上に穴子、いくら、海老などをあしらって少し豪華版に。。。
すべて完璧だったはずなのに、冷蔵庫にしまっておいたはずのでんぶがなかった(汗)。
ちょっと彩りが寂しくなってしまった(反省)。。。






by forestkoro1015 | 2018-03-05 15:23 | おうち | Trackback | Comments(0)

「恵方巻き対決」@2018。

昨日は節分。「恵方巻き」を食べた人も少なくなかったのではないだうか。
関西では古くから知られていた「恵方巻き」がある大手コンビニチェーンの販促の一環として
関東に紹介されて幾歳月。。。すっかりメジャーとなったようだが、その一方で
今年は店頭に並ぶことなく廃棄された材料も大量だったとも伝え聞く。
コマーシャリズムに踊らされているようで実に癪なのだけれど、
我が家もマンマと戦略にのせられてしまった(汗)。


まずは昨年、大阪のハルカスでいただいてその美味しさに感動した「すし萬」から
「招福巻」。春を感じさせるチョコレートのようなパッケージが可愛い!!
d0352022_15545621.jpg
「すし萬」伝統の恵方巻きは1本1,080円。
中はこんな感じ。
d0352022_15550481.jpg
七福神に合わせて7種類の具を使っているのが特徴なのだそう。
d0352022_15550936.jpg
ちょっとお米がパサパサな感じ。朝8時に調理したと書いてあったが、こんなにパサパサになるものだろうか。
今回、購入した中では「お味もあまり・・・」と最も家族に不評な一品になってしまった。


此方は昨年も購入して感動した「銀座久兵衛」の恵方巻き
d0352022_15551600.jpg
ハーフサイズで1,500円(税別)という少しプレミアム感のあるお値段なのだけれど、
さすがに美味しい!!

包み紙の中からしっとり感のある美味しい海苔に包まれた恵方巻きが!!
この海苔は「深川成田山不動明王様ご祈祷のり使用」という非常に有難い海苔なのだそう。
d0352022_15552116.jpg
フワフワでなめらかな玉子焼きは芝海老のすり身を合わせたもの。車海老、穴子などの5種類の具材を巻いた
此方はどこをどう食べても納得の美味しさ!!海苔からして全然異なる!!


ちょっと足りないかなーということで、KINOKUNIYAオリジナルというハーフの恵方巻きもゲット!!
d0352022_15552510.jpg
ハーフ二本で1,100円(1本分)というお値段。

ハーフというから半分にカットされているのかと思ったら、長さは共通で、太さがハーフだった(笑)。
d0352022_15552991.jpg
半分にカットしてみたところ。。。
d0352022_15553779.jpg
銀座久兵衛ほどではないけれど、海苔もご飯も具材もなかなか美味しい。
何よりも細くて食べやすいのが◎。「これならまた買っても良いねぇ!」と家族にも好評だった。

尤も南南東を向いて太巻き1本を無言で頬張る!などという芸当はできっこない訳で(笑)。


それにしても「すし萬」、決してお安くないのだから、もう少し頑張ってほしい。
大阪で食べた時にはあんなに美味しかったのに、ちょっと残念!!
来年の購入はたぶんないだろうなぁ。。。


ごちそうさまでした☆



※昨年の「銀座久兵衛」を含む恵方巻きシリーズは


※昨年、大阪・あべのハルカスの「すし萬」を訪問した時の記事は



by forestkoro1015 | 2018-02-04 16:30 | おうち | Trackback | Comments(0)

早春賦。

お野菜の高騰が続いている。
スーパーの店頭では、白菜が600円とか、大根が350円とか、レタスなどは高くて手が出ない。
多摩地区の我が家周辺には有難いことに野菜の直売所がいくつか存在する。
ほうれん草や小松菜、葱、人参などは、大体200円も出せば手に入る。
この季節はいちごを見かけることも。。。
と思ったら、少し前に地元の農家の直売自販機で朝採りのレタスが「200円」で売られていた(嬉)!!
今年初のレタスだ(笑)。
d0352022_18581683.jpg
早く食べればよいのに、もったいなくて冷蔵庫に大事にしまっておいた(悲しい習性・汗)。

で、この時期になると毎年食べたくなるのが、春を告げる山菜類だ。
まだ寒いのだけれど、なんとなく気分も弾んでくる。
これも少し前のスーパーでの戦利品(笑)。
d0352022_18560579.jpg
ふきのとうなどはまだまだ小さいのだけれど、ホロッとした苦味があって「春の香り」満載だ。
さらにタラの芽、こごみなどもゲット!!まだお高いのだけれど、白菜ほどではない。
そんなわけでこの日は「山菜天ぷらパーティー」と洒落込んだのだった。


そして昨日は「しゃぶしゃぶ用の鱧」が手に入ったので「鱧鍋」にトライ。
d0352022_18562042.jpg
関西ではよく食べるそうだが、関東ではあまり見かけないような気がする。
いや、日本料理のお店ではいただくことができると思うのだけど、自宅ではあまり・・・。
食べ方について調べてみると、「鱧」と相性が良いのは「薄切りの玉ねぎ」なのだそうだ。
そんな訳でトライ!!
d0352022_18561525.jpg
豆腐と椎茸の下には玉ねぎが「これでもかー!」とばかりに入っている。
肝心の「鱧」は限りなく上品テイストですこぶる美味!!関西の人たちはこんなに美味しいものを
食べているのだろうか。。。かなりうらやましい!!
ついついお酒も進んでしまう(笑)。残ったお出汁は雑炊にして残らず食べ尽くしたことは言うまでもない。
ごちそうさまでした☆

by forestkoro1015 | 2018-02-02 19:11 | おうち | Trackback | Comments(0)