Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 09月 09日 ( 2 )

この日は葛西まで遠征(お仕事)。
朝、早かったし、「ちかはく」(地下鉄博物館)で遊んだのでお腹も空いた。
という訳で、めざしたのが、隣の西葛西にある「フォーシーズンズカフェ」さんだ。


此方はあの、私の大好きな「タカノフルーツパーラー」で長年店長を務めてきた方が
四季折々の果物の美味しさをもっと広く知ってもらいたいと、
手作りのパフェや出来たてワッフル、フルーツをあしらった色とりどりのケーキ
などを主体に、カフェや食事なども楽しめるお店としてオープンさせた
お店なのだそうだ。


以前から名前は聞いたことがあったが、やっと訪問にこぎつけることができた(嬉)。


平日というのに店内は満席!!少し待ってお席に案内された。
というのも、17時までの「ランチセット」(890円・税)と選べるデザート付きの
「チョイスセット」(1,140円・税)を楽しむ客が押しかけていたらしい。
スープ、焼きたてワッフル、選べるお食事(パスタなど)、ドリンク、さらに
デザートまでついてくるとあっては、お得感満載!!
混雑するのもわかる気がする。


さて私は、最初に目についた「瀬戸ジャイアンツのパフェ」(1,700円+税)を注文!!
d0352022_18293479.jpg
d0352022_18292412.jpg
右下の「瀬戸ジャイアンツ&ナガノパープルのジャンボショートケーキ」
(1,800円+税)と悩んだのだけれど、カロリーが少しでも少ない方を選んだ(笑)。
此方では月替わりでオススメパフェが色々とチェンジしていくらしい。
ここらへん「タカノフルーツパーラー」の伝統を感じる。。。


そんなに待つことなく「瀬戸ジャイアンツパフェ」が運ばれてきた。
d0352022_18293066.jpg
大粒の瀬戸ジャイアンツが今にもこぼれそうな感じでグラスに盛られている(驚)。
しばし感動。。。と言いつつ、思わず笑いがこみ上げてきた。
すごいテクニックだ(笑)。



反対側にはグレープアイスが!!
d0352022_18293944.jpg
その下には生クリームがたっぷり。。。さらにパフェグラスの底にはグレープゼリーが
敷き詰められている。


俯瞰で。。。
d0352022_18295021.jpg
瀬戸ジャイアンツの粒の大きさが実感できる。
d0352022_18295651.jpg
頂きにそびえるショップチップを外し、早速に実食開始!!
大事な瀬戸ジャイアンツが転がっていってしまわないように、フォークを使って
注意深く食べ始める。

プチっと弾けるような皮の中から、次の瞬間には、香り高くてとても甘い瀬戸ジャイアンツ
の果肉の美味しさを口の中いっぱいに噛みしめていた。
シャインマスカットほどの芳醇な香りはないけれど、爽やかな酸味も感じられて
美味しい葡萄の一つだと思う。
さらに一粒、そしてもう一粒を味わい、生クリームとグレープアイスクリームを
いただく。ほんのりとしたアイスの冷たさが心地良い。

さらに食べ進んでいくと、中の方からはカットされた瀬戸ジャイアンツがゴロゴロと
顔を出す。やや酸味のあるグレープゼリーと合わせていただくと、さらに美味しさアップ!
生クリームも甘すぎないのが嬉しい。


結果的に11.5〜11.8粒ほどの瀬戸ジャイアンツが盛られていたように思う。
食べ終えて駅に戻るまで、口の中には「瀬戸ジャイアンツ」の「爽やかな香り」
漂っていた。


このように「フルーツ滴るパフェ」が月替わりで楽しめるとは、実にうらやましいお店だ。
d0352022_18300035.jpg
できれば吉祥寺あたりに支店か暖簾分けのお店を出してくれないかなぁ。。。
そうしたら定期的に訪問するのに・・・。


「女子会プラン」(1,950円)や16時からの「オーダーバイキング」
(火・日曜は除く:2,900円、ケーキ食べ放題付きは+400円、アルコール飲み放題付きは
+1,200円、毎月限定のこだわりパフェワッフル付きは+700円)などの嬉しいプランも
用意されているらしい。機会があったら、是非、食べてみたい。。。


ごちそうさまでした☆


d0352022_18291940.jpg


●フォーシーズンズカフェ (FOUR SEASONS CAFE)
東京都江戸川区西葛西6-5-12
050-5869-5568
11:00~21:00(L.O.20:30)
[ランチ]
11:00~15:00
水曜休(祝日の場合翌日)
メトロ東西線 西葛西駅 南口から徒歩2分
http://www.fourseasons-cafe.com
電話番号
03-3689-1173
※火曜日&日曜日限定オーダーバイキング
女性2400円
男性3400円
ケーキ食べ放題付きは+400円
雨の日サービスのオーダーバイキングはケーキ食べ放題付きで男女どちらも2950円







フォーシーズンズカフェカフェ / 西葛西駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2018-09-09 19:20 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Trackback | Comments(0)
この日は葛西まで遠征(お仕事)。
葛西といえば、会社に勤めていた頃、編集スタジオに籠もっていて終了が26時を過ぎ(呆)、
タクシーで高速を使って多摩方面にある自宅まで帰宅したことがある。
当時で2万円でちょっとお釣り(爆)。
出張帰りに羽田で飲んでいて最終のモノレールを逃し、
やはりタクシーで帰宅した時が1万でちょいお釣りだったから
あの時の葛西タクシーが人生で最大のタクシー料金だったように記憶している。
両方とも仕事だったので当然会社に払ってもらったのだけれど。。。


閑話休題。
葛西は滅多に訪れることのないエリアなので、少々探検・・・。
駅のすぐ近く、東西線の高架下に「地下鉄博物館」(ちかはく)なるものを見つけた。
d0352022_23141963.jpg

別に「鉄オタ」ではないけれど、せっかくなので見学して帰ることにした。
入場料は210円だ。


○営団300系電車301号車
d0352022_23142523.jpg
d0352022_23142997.jpg
丸の内線は通勤にも利用していたのでなんだか懐かしい。

○日本初にして東洋発の地下鉄・銀座線1001号の車両。
d0352022_23144036.jpg
昭和2年(1927年)、浅草~上野間に開通したときに使用された第一号車の本物だそう。


○その車内。
d0352022_23144541.jpg
昔の銀座線は駅に到着する直前に車内の電気が一瞬消えて真っ暗になり、
子供心に「銀座線だけなんで暗くなるのだろう?」とずっと疑問に思っていた
ことがあるのだけれど(いかん!年がばれる・汗)、なんとなく当時を
懐かしく思いだしてしまった(笑)。


仕事柄、このようなシンボルマークも気になる。。。
d0352022_23143515.jpg
仙台と神戸の地下鉄にはまだ乗ったことがないなぁ。。。


○1938年(東京高速鉄道時代)に製造された「100形(129号)車両。
d0352022_23150968.jpg
○運転席
d0352022_23150569.jpg
○メトロパノラマ
d0352022_23145052.jpg
10いくつもの地下鉄路線が自在に走り回る巨大ジオラマ「メトロパノラマ」では
ちょうどオンタイムで解説付きの実演走行中!
d0352022_23170142.jpg
d0352022_23170682.jpg
スタッフの方が解説を加えながら走らせていたが、それ以外の時間帯は自由に
ボタンを押して各車両を走らせることができる。
この「メトロパノラマ」は照明もなかなか凝っていて結構楽しい。
童心にかえって楽しんでしまった(笑)。

d0352022_23150057.jpg
d0352022_23145555.jpg
この他、地下鉄の電車運転シュミレーターがあったり、本物の地下鉄車両を用いた
シュミレーター体験設備もあって大人でも楽しめる博物館だ。


お土産コーナーも充実しているし、休憩コーナーでは幼稚園児を連れたお母さん方が
お弁当を広げていた。


またスタンプラリーも開催されているので、子供と一緒に出かけても良いだろうし、
おデートで出かけてもそれなりに楽しめる場所だとも思う。


210円という値段もまたうれしいし(笑)。


なかなか有意義な葛西訪問だった。。。



●「地下鉄博物館」(ちかはく)
東京都江戸川区東葛西六丁目3番1号 東京メトロ東西線葛西駅高架下
03-3878-5011
東京メトロ東西線葛西駅下車
・開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
・休館日:毎週月曜日(8月前半は営業)、年末年始
http://chikahaku.jp/
東京メトロ東西線 葛西駅下車 葛西駅高架下


by forestkoro1015 | 2018-09-09 00:07 | 美術館・展覧会・LIVE | Trackback | Comments(0)