Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2018年 08月 17日 ( 4 )

みなとみらいで「ぴかちゅう」にまみれた後は、桜木町を抜けて野毛へと繰り出す。
いつもは専属ガイドさんがオススメ店を案内してくれるのだけれど、
この日はガイドなし(汗)。しかもお盆休み中でクローズしているお店もチラホラ。。。


暑い中、テクテクと歩いて、連れが何度か利用したことがあるらしい「居酒屋さざん」
さんに辿り着いた。
サザンファンのご主人がBGMにサザンの曲を流し続ける(!)というこだわりのお店らしい。
店内のあちこちににもサザングッズが色々。。。


だいぶ前のことだけど、仕事でいけなくなったサザンのチケットを某オークションに
出品したところ、とんでもなく釣り上がって、しかもライブ後に落札した人からとても丁寧な
お礼のメールをもらったことを思い出した。ファンの人にとっては、神様のような存在なのかも
しれない。


閑話休題。
まずはビール(600円)で乾杯。
d0352022_17285758.jpg
先週、滋賀づくりを浴びるほど飲んだばかりなのだけれど、橫浜づくりも美味しい♪

お通しはマカロニサラダ。
d0352022_17290433.jpg
○シーザーサラダ(480円)
d0352022_17291098.jpg
生卵を竹串2本でかき回してトッピングしていただくスタイル。
d0352022_17292263.jpg
卵をかけるとネットリとした印象に!


○清流秘伝 手羽先から揚げ(480円)
d0352022_17291747.jpg
オープン以来の看板メニューは手羽先から揚げ(5本セット)。
秘伝の甘辛タレが辛口・普通・甘口から選べるらしいが、特に指定しなかった私たちの
タレはたぶん普通だったのではないかと。。。
胡麻だれ風味のキャベツが添えられていて、テレコで食べると味が引き立つ。


サワーやカクテル、日本酒など、アルコール類もあれこれ揃っているが、何故か
富久娘(2合680円)をぬる燗でいただく。これが手羽先と実によく合う。


○お造り3点盛り(980円)
d0352022_17292720.jpg
誠に失礼ながら、意外なほどにちゃんとしていたお造り。お値段が480円とお安いので
そんなに期待していなかったのだけれど、さすが野毛のお店だ!!と妙に納得!!

○焼き鳥(98円×4本)
d0352022_17293222.jpg
1本98円の串はCP抜群!!しかもお味もなかなかいけている。お味噌をつけて食べると
ちょっとユニークな味わいに。。。


○コーンバター(380円)
d0352022_17293946.jpg
酔っ払いの行動はよくわからないのだけれど、最後にチマチマとお箸で一粒ずつ
口に運んでいた(笑)。


BGMに流れるサザンの曲は心地よかったけれど、隣のテーブルに風邪引きお姉さんが
座っていたので、風邪菌の被害を被る前に撤退(笑)。
案内人なしの無謀な野毛ツアーへと繰り出したのだった(汗)。



ごちそうさまでした☆




●居酒屋 さざん 日ノ出町駅前店 (清流秘伝手羽先唐揚 居酒屋 さざん )
神奈川県横浜市中区日ノ出町1-21 英和ベルコート 1F
045-341-4442
[月~金]
16:00~翌5:00
(L.O.4:20)
[土・日]
10:00~翌5:00
(L.O.4:20)
年中無休
席料300円
150席(宴会80名までOK)

居酒屋 さざん 日ノ出町駅前店居酒屋 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2018-08-17 17:57 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
「カップヌードルミュージアム橫浜」を見学した後は4階にある
「NOODLES BAZAARワールド麺ロード」へ。。。
アジアンチックな屋台が集合した此方は、世界8カ国の麺が体験できるフードコートだ。
イタリア・パスタ、ベトナム・フォー、韓国・冷麺、タイ・トムヤムクンヌードルまでは
まだイメージが湧くが、中国・蘭州牛肉面、マレーシア・ラクサ、インドネシア・ミーゴレン、
カザフスタン・ラグマンなどと言われると皆目見当がつかない。


そんな中で目を惹いたのは、「雪氷」「カップヌードルソフトクリーム」だった。
d0352022_14315938.jpg
d0352022_14315415.jpg
「雪氷」はパウダー状になったかき氷のことらしいが、ソフトクリームは来場者400万人
突破を記念して2015年8月に誕生したご当地ソフトなのだそうだ。


最初はかき氷目的で並んでいたのだけれど、「カップヌードルソフトクリーム」という
不思議な食べ物が、一体、どのようなお味がするのか、どうしてもトライしてみたくて
たまらなくなってしまった(笑)。


一応、保険として「宇治金時」の雪氷をオーダー。
d0352022_14320300.jpg
そしてチャレンジャーな私は「カップヌードルソフトクリーム」(ノーマル、
カレー味もある)をお願いする(共に300円・税込み)。

d0352022_14321307.jpg
小さめのカップ(カップヌードルミニサイズ)に盛られたカップヌードルソフトクリーム。
トッピングの具材が本物のカップヌードルそのままに再現されている(驚)。
d0352022_14320825.jpg
ソフトクリームはお醤油味が利いていて、冷たいカップヌードルのスープに限りなく
近づけている印象。最初は「?」というテイストが、食べ進むに従って徐々に
馴染んでいく(笑)。最後の方は「これはこれでありかもなー!」と納得もした。
トッピングはダイスミンチ、たまご、ねぎ、海老。
お湯にふやかしていない分、それぞれの具材はビミョーな印象(笑)。
海老が意外にサックリとしてソフトクリームとは合っていたかも。
が、もう少し何とかしてほしいと思ったのは「ねぎ」(笑)。
たまごはソフトとの相性が良いし、ダイスミンチもなんとかクリアできても、
このねぎだけはどうしても最後まで「?」マークが頭の中で点滅してしまった(笑)。
d0352022_14321881.jpg
連れの宇治金時をチェイサー代わりにしたこともあり、無事に完食することができた。
フワフワの氷が楽しめる「雪氷」の中ではマンゴーマンゴーが人気だったよう。。。

d0352022_14322406.jpg
でも、食べ終えた後の後口感はあまり爽やかという感じはしなかった。
まったりとした食感が口の中に残ってしまうというのかなぁ。。。
果たして「カレー味」はどのようなお味なのだろう。。。想像を巡らせてしまった(笑)。
まぁ、300円で滅多にできない貴重な体験ができたということでは良かったのかも(笑)。
ごちそうさまでした!


この後はバザール前にあるテラスから横浜港を眺めてリフレッシュ!!
d0352022_14322920.jpg
右手に見える大きな建物風が、大さん橋に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」だ。
d0352022_14323543.jpg



※「カップヌードルミュージアム橫浜」の訪問記事は





●NOODLES BAZAAR (ワールド麺ロード)
神奈川県横浜市中区新港2-3-4 カップヌードルミュージアム 4F
045-345-0918
[月~金]※休館日除く
11:00~18:00 (L.O.17:30).
[土日祝]
10:30~18:00 (L.O.17:30).
火曜休 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
200席
http://www.cupnoodles-museum.jp/attraction/09.html
2011年9月17日オープン
※「NOODLES BAZAAR」は、カップヌードルミュージアム内4階にあるフードアトラクションです。
ご利用には、カップヌードルミュージアムの入館が必要です。
入館料大人500円(高校生以下無料)

NOODLES BAZAARラーメン / 馬車道駅みなとみらい駅桜木町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1


by forestkoro1015 | 2018-08-17 16:33 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
橫浜で所用を済ませた後は「カップヌードルミュージアム橫浜」へ。
d0352022_14325619.jpg
世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、ミスターヌードルとして
地球上の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福氏の「クリエイティブ・シンキング」
をベースに、彼の功績を紹介する体験型ミュージアムだ。
この秋からスタートする朝の連続NHKドラマ「まんぷく」が放送されることが決定している。
尤も「まんぷく」の主人公は奥さまの「仁子」さんという設定らしいが。

d0352022_14325186.jpg
事業に失敗して無一文になった百福は、1年かけてたった一人で「お湯さえあれば
家庭ですぐに食べられるラーメン、チキンラーメン」を誕生させる。
これが第一の発明の「インスタントラーメン」(1958年)だ。

その後、売り込みを兼ねてアメリカへ出かけた時、スーパーの担当者たちは
「チキンラーメン」を小さく割ってカップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めた。
そこにヒントを得た万福は試行錯誤の末に「カップヌードル」を誕生させた(1972年)。


そして2005年、無重力状態で食べられる宇宙食ラーメン「スペース・ラム」を
完成させた時、彼は95歳となっていたのだそう。。。
まさに「インスタントラーメンの父」と呼ぶにふさわしい人物でもあったようだ。


「インスタントラーメンヒストリーキューブ」には万福が発明したインスタントラーメンが
世界的な商品に発展していくまでのプロセスがおよそ3,000点を超えるパッケージと
共に紹介されている。
d0352022_14291626.jpg
d0352022_14310990.jpg
d0352022_14310471.jpg
「万福シアター」のアニメーション映画で万福の人となりについて学んだ後は
「安藤百福ヒストリー」で彼のクリエイティブ・シンキングに満ちた発明と人生を
おさらいする。
d0352022_14311375.jpg
d0352022_14311847.jpg
d0352022_14312488.jpg
d0352022_14313002.jpg
d0352022_14313596.jpg
d0352022_14314126.jpg
最後はこんな万福おじさん像が!!
金色ではなくて銀色だった。
d0352022_14314671.jpg
世界でひとつだけのオリジナル「カップヌードル」を作ることができる「マイカップ
ヌードルファクトリー」(1食300円)や、チキンラーメンを手作りすることができる
「チキンラーメンファクトリー」、カップヌードルの製造工程を体感することができる
「カップヌードルパーク」など、インスタントラーメンとカップヌードルについて
詳しくなれるミュージアムだ。


ミュージアムショップも充実。
d0352022_14324000.jpg
この日は黄色に縁がある(笑)。
d0352022_14324565.jpg
はじめて訪れたのだけれど、大人でも十二分に楽しむことができた。
が、もう少し空いている時に訪れたかったかな(笑)。


長くなってしまったので、ここにしかない「カップヌードルソフトクリーム
については、別にご紹介しよう。



●カップヌードルミュージアム 横浜
神奈川県横浜市中区新港2-3-4
TEL: 045-345-0918 (受付時間 10:00 〜 18:00 休館日を除く)
【入館料】
大人 (大学生以上):500円 
高校生以下は無料
障がい者手帳をお持ちの方と、その介護の方お1人までは400円
年間パスポート
大人 (大学生以上):1,500円
10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)
休館日:火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始


by forestkoro1015 | 2018-08-17 15:11 | 旅行・神奈川 | Comments(0)
昨日は所用で橫浜へ。。。
みなとみらい駅で降りると、クィーンズスクエアの1階ロビーにカメラを持った人たちが
スタンバイしている。
d0352022_01170926.jpg
ピカチュウが宙に浮いているし、改札脇ではピカチュウのかぶり物を配っているし・・・。
「なにごと?」と思って歩きだそうとしたら突然、大きな歓声が上がった。
なんと!スケルトンエレベーターの中に大きなピカチュウが!!
d0352022_01171507.jpg
エレベーターの中で窮屈そうにしながら手を振ったり、向きを変えたりしている。
d0352022_01172430.jpg
d0352022_01172909.jpg
かぶり物の中には人間が入っているのだけれど、エレベーターが狭いせいか
少し動きがぎごちなかった(笑)。
なんでも「ピカチュウ大量発生チュウ」というポケモンイベントの最終日だったらしい。
道理で黄色い格好をしている人たちの多かったことっ!!
d0352022_01173508.jpg
このエレベーターの中のピカチュウは前触れにすぎなかった(笑)。


この日、横浜港の大さん橋には「ダイヤモンド・プリンセス号」が停泊していた。
d0352022_01174526.jpg
全長290m、全幅37.50m、総トン数115,875トン、総客室数1,337室というこの船は、
日本国内で建造された最大クラスの客船なのだそうだ。
実際、遠くで眺めると巨大な建物のようにも見える。
d0352022_01175623.jpg
主に夏季はアジア地域を航行しているのだそうだ。機会があったら一度、乗ってみたいものだ。
d0352022_01173959.jpg
そんなことを思いながらみなとみらい内港まで歩いてくると、またまた人だかりが!!
ここでは「ピカチュウタチの船上グリーティング」が開催されていた。
d0352022_01181085.jpg
水陸両用バス「スカイダック」をピカチュウ仕様に改装。この日は風が強かったので
大きな耳と尻尾の飾りはついていなかったけれど、大勢のピカチュウがあの
「ピカチュウカーニバル」のサウンドに合わせて湾内を行進している。
d0352022_01181961.jpg
結構かわいくて気に入ってしまった(笑)。
d0352022_01582687.jpg
白い船チームも!!
d0352022_01182334.jpg
此方のピカチュウたちの方がリズム感が良い感じ。。。
d0352022_01182901.jpg
白い船チームはステージサイドに上陸!!
d0352022_01183746.jpg
デッキを一匹ずつわたる姿もかわいい!!
d0352022_01184568.jpg
最後の一匹が渡り終わるのを皆が揃って見ている。その後は1列縦隊となって
ステージ上へと行進。。。
もちろん練習していると思うのだけれど、着ぐるみを着ながらの動きは
相当にキツいと思う。しかもこの日は風が強かったとはいえ、陽射しは相当にきつかった。
中の人たちは大丈夫だっただろうか。。。
かわいかったけれど、例年にない暑さとの闘いは何ともお気の毒だった。。。


ふと気づけば、桜木町の駅もピカチュウ仕様に!!
d0352022_01185147.jpg
今回のイベントでは延べ1,500匹以上のピカチュウが昼と夜のイベントに登場したのだそうだ。
今年はイーブイも行進したらしい。。。できればそちらも見てみたかったかも(笑)。
ポケモンはそんなにすきじゃないれど、丸っこいピカチュウは近くで見ると実に可愛い!!



by forestkoro1015 | 2018-08-17 02:10 | 旅行・神奈川 | Comments(0)