Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)

輪島から穴水を抜けて「のとじま水族館」にやってきた
距離にするとおよそ47キロと、能登半島を横断してきたが、そんなに遠くない。
輪島を出てからお天気はずっと「くもり」をキープ。
海沿いの道(R249)を走って「ツインブリッジのと」を渡り、水族館に到着したが、駐車場はスカスカ。
中のお客さんも数えるほどしかいない(汗)。何かのショーが終わってからは
ほぼ貸切状態で色々なお魚を見学できる。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18284948.jpg
まずは「シンベエザメ」にご挨拶。
沖縄の「美ら海水族館」にいる「ジンベエザメ」は見たことがあるけれど、日本海側にいる「ジンベエザメ」は
初めて。水量1,600トンという日本海側最大級の巨大な水槽で悠々と泳ぐ2匹の「ジンベエザメ」
やはり迫力があって、長い間見ていても全然飽きない。意外にかわいい顔をしていた(笑)。


「ふれあい水槽」で童心にかえってウニやナマコ、イソギンチャクと戯れ、「クラゲの光アート」の空間へ。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18272652.jpg
様々に照明の色が変わり、フワフワと泳ぐイルカと相まって幻想的な世界の中にいるような錯覚にさせてくれる。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18273742.jpg
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18273104.jpg
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18274468.jpg
実はクラゲ好きで、はるばると山形・鶴岡の加茂水族館まで遠征したこともある。
今は立派になって来訪者も増えたそうだが、改装前の水族館はちょっと古びていた記憶が。。。


別棟にある「イルカたちの楽園」にやってきた。
すでにショーは終わってお疲れのはずなのに、サービス精神旺盛のイルカくんたちはわざわざ寄ってきてくれる。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18274952.jpg
誰も居ないのをよいことに、手をクルクルまわしてみるが、さすがに回転はしてくれない(笑)。
小さいジャンプは(勝手にして)見せてくれた。ご褒美のお魚はないのよ、ごめんね!!
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18275508.jpg

階段をおりていくと、「トンネル水槽」となる。
水量1,200トン、長さ22メートルと日本最大級のトンネル水槽だそう。


上の水槽とつながっているようで、愛想の良いイルカがずっとついてくる(笑)。
特に連れは相当に気に入られたよう(笑)。メスのイルカなのだろうか。。。
2ショットまで獲らせてくれた。。。しかも何回も!!
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18280057.jpg
対する私は避けられてしまって2ショットは失敗(汗)。

ここも貸切状態で何往復もして遊んでしまった。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18280416.jpg

「海の自然生態館」に進むと飼育員さんがカワウソカップルにご飯をあげているのが見えた。
子犬のようにグルグルまわって餌をおねだりする様子がかわいい。
カメラを構えたら飼育員さんがもう1回やってくれた(笑)。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18281014.jpg
此方ではカワウソカップルに直接餌をあげられる体験コーナーもあるらしいが、現在はコロナのため
人数が制限されているらしい。

チョコチョコと動いて可愛かったカワウソカップルのプロフィールは此方。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18281738.jpg
此方は「イワシのビッグウェーブ」。1万匹のイワシが群れをなして泳いでくる姿は圧巻!!
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18282452.jpg
此方は「アザラシ万華鏡」。円柱水槽と流氷をイメージした「アザラシテーブル」が置かれていて
アザラシの生態を観察できる。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18284034.jpg
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18282933.jpg
何故かさかさまに泳ぐのがお好みのよう。。。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18283584.jpg
何しているのかしらん?岩のようにジッとしていた(笑)。
寂しがりのイルカ。──「のとじま水族館」(冬の北陸ドライブ旅行 その10)_d0352022_18284484.jpg

閉館時間の16時30分までたっぷり遊ばせてもらって、ほぼ最後の客となってしまった(汗)。
沖縄の水族館などに比べると空いていてノンビリできるのが良い(コロナ禍のこともあるのだけれど)。
しかし、海沿いにあることもあって、めちゃくちゃ寒かった。
生き物たちは水の中だし、寒さなんて関係ないのだろうなぁ。。。
入園料は一人1,890円、「GO TO」の地域共通クーポンも利用することかできる。
どこかのなんちゃって洞窟(笑)に比べると、此方の方がだんぜんにオススメ。
様々な生き物たちをウォッチンクできてとても楽しかった!!



さて、この後は富山・氷見をめざすのだが、予想通り、富山方面は雪がちらついていた。





※山形にある「鶴岡市立加茂水族館」の紹介記事



トラックバックURL : https://korokoro10.exblog.jp/tb/28416181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by slow33jp at 2021-01-27 11:32
北陸の冬の水族館、想像するだに寒そう!
でも生き物は面白そうですね。
私だったらいるかとカワウソメインかな?

ちなみに我が家にはおかやどかり。
家族Bの家にはとかげやらカエルがいろいろいます。
かわいいですよ。
Commented by forestkoro1015 at 2021-01-27 17:38
コメント有難うございます。
イルカもかわうそもメチャかわいかったです。
コロナが落ち着いたら是非!!

おかやどかり、拝見させていただきました。
昔、我が家にいた(兄弟が獲ってきた)やどかりよりも立派な体格をしていますね。
トカゲと蛙はあまり・・・ですが、
啓蟄を過ぎると、我が家のちっこい池に誰も招いていないヒキガエルさんたちが
お出ましになります(笑)。唯一のペットの金魚たち(私にも)には迷惑らしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by forestkoro1015 | 2021-01-26 19:21 | 旅行・石川 | Trackback | Comments(2)