Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

湯治@草津温泉 9日目──「天空の湖」」


湯治@草津温泉 9日目。

この日で草津温泉ともおわかれ。東京へ帰る日の朝を迎えた。
窓からの眺めも今日で見納めと思うとちょっと寂しい。
d0352022_14023931.jpg
最終日の朝食。
最後までほのぼのとした「日本の朝ご飯」という感じの品揃えだった。
d0352022_14024639.jpg

此方は前日の夕食。
d0352022_14023227.jpg
「洋風メニューが食べたい!」という私の願いが通じたのか、ビーフシチューだった。
帰京したら食べたかったお品の一つなので美味しくいただいた。


部屋を片付けて荷物の整理をしていると、隣の部屋の方から初物のサクランボの差し入れ。
d0352022_14025188.jpg
本当は10粒ほどあったのに、途中まで食べてしまった(汗)。

9時にはお会計をすませて出発する。
お会計はなんと!!8泊泊まって朝と夜の2食がついて、一人部屋料金と入湯税を含めて44,000円だった。
なんだか安すぎて申し訳ないぐらいだ。

お宿の駐車場からの景色。
d0352022_14025603.jpg

今、出てきたばかりなのに、もう布団が干されていた。
d0352022_14030106.jpg


途中、「草津ふれあい市」で山菜やお野菜などを購入。
特に美味しいという「とうもろこし」
お取り寄せ可能とのこと。
d0352022_14030698.jpg

そしてやってきたのは「道の駅 六合(くに)」
d0352022_14031138.jpg

温泉施設や宿泊施設のある道の駅として有名らしい。
d0352022_14032272.jpg
かつての「六合=くに)村」という村は、
2010年に中之条町に統合されたのだそう。

ちなみにこの「六合」は、「日本で最も美しい村」連合加盟地区の一つで、
日本の原風景が楽しめる温泉エリアとしても知られている。
d0352022_14031796.jpg


R405をさらに北上して「野反湖」をめざす。
途中、採石場からの大きなトラックと向き合って、何十メートルもの山道バックを強いられたりしたが
無事に「野反湖・野反峠休憩舎」に到着。

富士見峠にある駐車場からは好天にも恵まれ、息を呑むような素晴らしい眺望が広がっていた。
まさに「天空の湖」といっても過言ではないだろう。
d0352022_14032844.jpg
d0352022_14034544.jpg

標高1,513m、群馬・長野・新潟三県の県境に位置する「野反湖」は、
周囲を標高2,000m級の山々に囲まれ、
水深25m、周囲10kmの高原ダム湖として知られている。
初夏から初秋にかけての湖岸は、様々な高山植物が咲き誇り、
絶景のハイキングコースなのだそうだ。
キャンプ場もある他、フィッシングなども楽しめるとのこと。
今の季節は「シラネアオイ」がかわいい花を咲かせていた。

運が良ければ富士山も拝めるのだそう。。。
d0352022_14033399.jpg
d0352022_14035096.jpg

せっかくなので、湖の反対側にある「野反湖展望台・案内所」まで足を伸ばしてみた。
d0352022_14040354.jpg

ここにもクマが出るらしい。
d0352022_14035659.jpg

案内所にかかっていた「冬の野反湖」の写真。
雪に覆われている。
冬季はクローズするのだそうだ。
d0352022_14040842.jpg

さらにその先のダムまで行ってみた。
ダムの上からの一枚。
d0352022_14041415.jpg
対岸に小さく、先ほど絶景を拝んだ「野反湖休憩舎」が見える。
「野反湖休憩舎」からの景色が一番感動したかなぁ。。。
人の手が加えられた観光地ではない分、不思議なほどに静かな湖だった。
たぶん紅葉の季節はもっと素晴らしい景色が楽しめそうだ。。。


そして車はR405をまた戻って、一路、東京をめざす。
途中、わざわざ通ったJR吾妻線「長野原草津口駅」
d0352022_14042037.jpg
草津温泉まではJここからRバスで約25分で到着できる。

途中、「道の駅あがつま峡」で休憩。
「吾妻峡温泉」の源泉掛け流し温泉施設「天狗の湯」を併設した道の駅だ。
d0352022_14050151.jpg
ドッグランなどもあってとても広い。

どこかのワンコに吠えられてせっかくのソフトクリームが
こんなになってしまった(汗)。
d0352022_14050785.jpg

足湯発見!!
d0352022_14051948.jpg

疲れたのでちょっと休憩!!
d0352022_14051292.jpg
d0352022_14052576.jpg
草津温泉のお湯よりも相当に柔らかいお湯だ。冬季は足湯はクローズとのこと。。。

こんな納豆を見かけたのでお土産にゲット!!
d0352022_14053522.jpg
花豆ほどとは言わないが、とても大きな粒の納豆だった。


あとは関越を突っ走るだけだ。
途中、「かみさとSA」で遅いお昼ご飯。。。お洒落なSAになっていて少々驚いた(笑)。
が、ガソリンの高いことよっ!!
セルフではなかったが、ハイオク173円は最近の新記録かも!!
ケチって10Lだけ給油(笑)!!

フードコートで選んだのはこの店の一番人気という「つけ汁地粉うどん」(750円)。
d0352022_14054323.jpg
d0352022_14054884.jpg
d0352022_14055324.jpg
そろそろ疲れてきたのか、写真がボケボケだ。。。


そして70分後に自宅に到着。
「買い物ツアーか!」と家人に散々笑われるほど、野菜やお酒、地元の名産品などを細々と運び込む。

そうそう、草津温泉のお土産といったら温泉饅頭は外せない。
d0352022_14055850.jpg
d0352022_14060384.jpg
松むら饅頭のお饅頭はお宿で予約すると、1割引になる。やたら大きなお饅頭だった(笑)。
d0352022_14060894.jpg

かくして全走行距離498km、8泊9日に及ぶ「湯治の旅@草津温泉」は無事に終了したのだった。

アトピーはだいぶ良くなったが、食べたい時に食べ、寝たいときに寝て、
上げ膳据え膳のストレスのない生活を送ったこともあり、
体重は約3キロも増えていた(滝汗)。


が、あの、ノンビリとした生活は実に魅力的だ。
今度は秋口にでも是非また再訪してみたい。。。



by forestkoro1015 | 2018-06-09 21:47 | 旅行・群馬 | Comments(0)