Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー

麗しの台北紀行 vol.5。──「朝・昼・夜@タイパンラウンジ」

足つぼマッサージや小籠包のお店がすぐ近くにあり、勝手がわかっているホテルはやはり安心できる。
しかも19階にあるクラブラウンジ「タイパンラウンジ」が利用できる!というプランを見つけたためだった。


クラブラウンジを備えたホテルはいくつもあるが、此方の場合は24時間いつでも利用できる
ラウンジなのだそうだ(尤も真夜中に利用する人はいないだろうけれど・・・)。

本来、エグゼクティブフロアの宿泊客が利用する場合は特別料金が必要らしいが、
今回は好きな時に何度でも利用できるというインクルーシブ・プランだ。
宿泊フロアの5階から19階までエレベーターで乗り降りするのもちょっとドキドキして楽しい(笑)。


此方は「タイパンルーム」がズラッと並ぶ19階。
エレベーターホールもお洒落!!奥に見えるのが「タイパンラウンジ」だ。
d0352022_18101296.jpg
レセプションでルームナンバーを告げると奥に通される。


窓際席からの台北の街並み。。。
d0352022_18100757.jpg
ソファ席はこのような感じ(写真は借り物にて失礼!)。
d0352022_18094077.jpg
d0352022_18092589.jpg
奥には会議室やPCが使えるお部屋があるようだ。


ちなみにインクルーシブ以外の利用料金は此方。
d0352022_18124017.jpg
すでにハッピーアワーに突入しているのでスパークリングをいただく(一杯目はオーダー制)。
d0352022_18094692.jpg
足つぼマッサージ前に少しつまんだだけなのでお腹が空いた(笑)。
d0352022_18095020.jpg
d0352022_18095700.jpg
カクテル系に合わせたプチサイズのお料理と点心系、ケーキ類があれこれとラインナップしている。
すごく美味しいという訳ではないけれど、小腹を満たすには十分だろう。

ワインもお代わり。残念ながらあまり美味しくない。羽田ラウンジの赤よりは美味しかったけど(笑)。
d0352022_18100271.jpg
アイスクリームが食べたかった母のためにハーゲンダッツのカップが登場した。
少し時間を要したのは1階のプラッスリーからわざわざ持ってきてくれたのだろうか。。。
私はプチサイズのケーキまでガッツリいただいておやすみなさい!!



二日目の朝食も此方でいただく。
今回の宿泊プランには1階のブラッスリー利用券が含まれていたが、正直に申し上げてお料理の種類は
豊富だが、あまり美味しくはない。また、やたらに広すぎてお席まで戻るのにくたびれるのも事実。


ラウンジのお料理はブラッスリーに比べると種類的にはいささか見劣り感も否めないが、
その分、セグメンテーションされているのかなーという印象。。。
ブラッスリーほど選ぶことはできないが、その分、美味しい物が揃っている印象。。。
何よりも温かい物は温かいままで提供されるのがうれしい。


前の晩、遅くにいただいたのでこの日の朝食は軽めに。。。
d0352022_18101882.jpg
大好物のスイカはやはり外せない(笑)。
d0352022_18102340.jpg

どこかで見たような容れ物は、自家製オーガニックオレンジヨーグルト。
d0352022_18102846.jpg
ブルーベリーやプレーンもラインナップしていたが、オレンジが一番美味しい!

お腹も一杯になった後は台北市内散策へと繰り出す。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方に戻ってくると、母はまだ足つぼマッサージに出かけているらしいので一人でお茶タイム!!
本当は「とりビー」がいただきたかったのに、まだ「アフタヌーンティータイム」ということで
「スイカのジュース」をいただく。
d0352022_18103361.jpg
フレッシュ感たっぷりでとても美味しい!!もちろん種など一粒も入っていない!!


夕方の時間はビジネス客の利用が多いようだ。周囲には英語と北京語が飛び交っている。
前の晩、食べ切れなかったケーキやフルーツ類をチェック(呆)。
d0352022_18103895.jpg
d0352022_18104351.jpg
d0352022_18104830.jpg
結局、こんな感じでお茶タイム!!
d0352022_18105377.jpg
いずれのケーキも繊細で優しい味わい。そしてどれも外さない美味しさ。小さいから何個でも食べられる。

d0352022_18105882.jpg
ソファ席は写真が撮れなかったので、テーブル席を激写!!
d0352022_18110319.jpg
朝食をいただく場合は、ソファ席よりもテーブル席の方がオススメ!!

この日はまたまた小籠包を食べに行き、満腹になってしまったのでおとなしく部屋に帰った。



3日目の朝食も此方でいただく。
玉子料理専門のスタッフがいて、お好みの玉子料理を調理してくれるのは1階のブラッスリーと共通。
キャリアの豊富なお母さんだったのでちょっと期待したら、結構、アバウトな仕上がりだった(笑)。
が,熱々の出来たてオムレツが食べられるのはうれしい。
d0352022_18111346.jpg
d0352022_18110832.jpg
d0352022_18112210.jpg
コーヒーは「with milk」を強調しないと、ブラックで飲むことになる(汗)。
ここらへん1階のブラッスリーとは明らかに違う。エグゼクティブはブラックが好きなのか(謎)。。。


この日もオーガニックヨーグルトはオレンジで!!
d0352022_18112873.jpg
リージェントマークが眩しい(笑)。


満腹になった後は台北市内散策へとお出かけ。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


市場でゲットしてきたフルーツをいただき、足つぼマッサージを終えると、例の小籠包のお店
「金品茶楼」はすでに店じまいの準備をしている。
「せっかくなので台北最後の夜はタイパンラウンジで過ごそう!」と19階まで上がってきた。
これだけ通うと、もう顔パス(爆)で利用できる(笑)。


台北最後の夜は「マティーニ」で〆(笑)。。。
d0352022_18114410.jpg
そぼふる小雨にゆらめく台北の夜景が少し滲んで見えたように感じたのは気のせい???
d0352022_18120369.jpg
d0352022_18114816.jpg
この時間帯はあまりゲストが多くないのも嬉しい。
という訳でちょっとずつあれこれと味見してみる(笑)。
d0352022_18113375.jpg
d0352022_18113916.jpg
左上のタラモサラダ(?)がなかなかいける。が、春巻きは皮がかたくて閉口した(笑)。


さらにワインなど。。。
d0352022_18115315.jpg

今度はいつ来られるのだろう。。。そんなことを思いながら窓の外を眺める。。。
d0352022_18121050.jpg
さらに最後を締めくくるべく、ショコラデザートをいただく。
d0352022_18121530.jpg
ケーキの中では此方が一番美味しかったかも!!
d0352022_18122096.jpg
真夜中に禁断のチョコレートケーキを食べてしまったのだった(反省!!)。


最終日の朝食も此方でいただく。
この日の玉子担当も前日と同じお母さんだった。
この日はサニーサイドエッグをお願いしたところ、両面焼きされてしまった(汗)。

d0352022_18123036.jpg
d0352022_18123553.jpg


インクルーシブ以外の場合も、一人880元(3,300円程度)で利用できるので、1階ブラッスリーの
ガチャガチャ感が気になる方には此方を利用してみるのもよろしいかもしれない。

d0352022_18122519.jpg
5階フロアには「バルコニー・プレミアルーム」が並んでいるせいか、「バルコニーラウンジ」があって
お茶やスナック類をつまむことができるようだが、「タイパンラウンジ」と比べると少し、
いや、だいぶ物足りなさを感じてしまうかもしれない(ちゃんと見学してるし・呆)。



何よりも未だかつて「バー」に行ったことがないという母(元・おひいさまなので・笑)が
生まれてはじめてカクテル(ジン・トニックだけれど)なるものにトライできたことが
微笑ましかった(ラウンジだったけれど・笑)。多少は親孝行できたと思う(笑)。




※前回、朝食に1階ブラッスリーを利用した時の記事は






●Regent Taipei 台北晶華酒店
TAI PAN LOUNGE
・朝食ブッフェスタイル  6:30〜10:30
・アフタヌーンティー   14:30〜17:30
・ハッピーアワー     17:30〜22:00
・コーヒー、紅茶、スナック類の終日サービス
・終日備え付けコンピュータのご利用

台北市中山北路二段41号
電話番号(02)2523-8000
ファックス(02)2523-2828





Regent Taipeiその他 / 中山駅周辺)
夜総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2018-05-01 00:48 | 1804・晩春の台北 | Comments(0)