Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬のソウル・爆買いの旅 vol.6。──東大門市場

東大門デザインプラザの上半分をグルッと囲むように建ち並んでいるのが、
小売り専門ビルや卸専門ビルなどが林立する東大門市場です。
d0352022_11194285.jpg
東大門デザインプラザの前に佇むオブジェも点灯
d0352022_01455673.jpg
下には「光の海」が広がっています。
d0352022_01453420.jpg
小売OKの「ドウータ」「ミリオレ東大門」などは、値段が明記されていて、カードも使えるし、
免税もできるので(地下で現金で戻してくれます)やはり安心です。
最終日にバッグ(セールでした!)を購入してしまったのでした(爆買いが伝染しました・笑)。


が、東大門市場でのエキサイティングなショッピングを楽しみたいのなら、
「卸専門ビル」がオススメ!!
今回、めでたく私たちもデビューを果たしてきました(笑)。
d0352022_01454490.jpg
特に面白かったのは、「チーム204」「aPMラックス」
共に「東大門デザインプラザ」をグルッと回り込んだところに位置しています。


「現金しか使えない」「前日に注文しておいて翌日に受け取りにいく」
(バッグ、靴などの場合)という情報はゲットしていたものの、お店(ビル)のオープンが20時で、
その後、朝6時(お店によっては5時)までの営業(!)。
つまり、卸専門のお店なので、プロのバイヤーさんたちがお店や会社が終わってから
買いに来るための営業時間なのだそうです(驚)。
道理で昼間に出かけたらクローズしていたはずです。。。


さて、「チーム204」に出かけたのは夜10時前。
周辺も含めて結構な勢いで賑わっています。
1階・2階は主に靴の卸専門店街。。。どの店の店頭にも靴があれこれと並んでいます。そして安い!!
めぼしい靴やスニーカーはその場でサイズを注文してお金を払い、翌日、受け取りにいきます。
友人に頼まれていたかわいいスニーカーを購入。大体、2,000〜3,000円で購入できます。


2階にはローラ・アシュレイ風のフラワープリントやリバティプリント柄をビニールで
コーティングしたポーチやバッグが揃った「ナルゲ」というお店や、
バッグ、アクセサリーショップが並んでいます。


「追加料金で裏地もつけられる上質な皮のバッグ屋さんが2階か3階にある!」
という熱烈な韓国ファンの友人の情報をもとに探し回ったのですが、どうしても見つからなくて挫折(爆)。
帰国して調べてみたところ、「ラックスビル」というお店で「4階」にあったようです(涙)。
3階と4階は子供用品だと思ってチェックしなかったのですが。。。
せっかく出かけたのにダメですねぇ。。。
2階にはあまり良い皮を使ったバッグ屋さんはなかったような(汗)。
「ナルゲ」は翌日引き取りでしたが、他のお店はその場で購入可能なようでした。


また、2階で売られているアクセサリー類がとても安いです(特に角にあるショップのピアス)。。。
ワンセットが10,000ウォン(1,000円)でした。
全く同じピアスが、すぐ脇にあるビル1階で売られていました(こちらもメチャ混みの人気店のよう)
が、なんと20,000ウォン(2,000円)もしました。二つ買えるじゃん!と思ったのは内緒(笑)。
よくわからないですが、路面店よりも2階以上や地下にあるお店の方がお安いようですね。


それでもふと見かけた色とりどりの皮の長財布が一つ30,000ウォン(3,000円)とか。。。
日本のお店で買ったら軽く1万越えはしそうなお品です。
ノーブランドですが、今年の流行色らしいピンクをゲット!!
二つ以上でないと売らないということなので、友達が小さなポーチショルダーを5,000円で購入!
と、どこかのバイヤーのおばさんが私の手から、そのピンクの財布を奪い取り、
他の色と並べてスマホで撮影をはじめました(驚)。
水色、ペパーミントグリーン、オレンジ、赤、黒、ベージュ等々、
バチバチと写真を撮って、ニッと笑って放って返してきました(驚)。


アクセサリーもそうなのですが、バイヤーの人たちは気に入った商品をスマホでパチパチと撮影し、
会社(店)に送り、あれを何個、これを何個と相談しながら購入しているようでした。
いやー、普段はあまり見たことがないようなエキサイティングな体験でした。
ピンクだけでなくて、水色やオレンジなど、もっと色々と買ってくればよかったかなぁ。。。
ちなみにバイヤーのおばさんは、このお財布を「爆買い!」しておりましたです(爆)。

d0352022_11255582.jpg
買ってきたお財布。。。
とても3,000円には見えないですよね。(と、自己満足・笑)。


なお、洋服などはプロのバイヤーしか相手にしないお店が多いようです。
アクセサリーショップなどでも小さなかごを手にした人たちが、それぞれ山盛り状態で商品を
選んでいます。お会計にも時間のかかることといったら!!
でも、お安いのでついついお財布の紐が緩んでしまうのでした(笑)。。。




























































by forestkoro1015 | 2017-02-16 01:38 | 1702・冬のソウル | Comments(0)