Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

恋しい「イカ鍋」。──「ときわ」@千住大橋

0次会の「徳多和良」さんを出るとちょうど良い時間です。
暖機運転を経て、この日の第一目的のお店である「ときわ」さんをめざします。
千住大橋のR4(日光街道)沿いに佇む此方は、見かけはショーワな風情が漂う居酒屋さんです。
が、実は、冬季限定の「イカ鍋」を看板メニューに掲げる、知る人ぞ知るお店(!)です。

d0352022_19000407.jpg
私が此方の存在を知ったのは、今から数年前。。。
食べ歩きフレンド(飲み仲間とも言う・笑)の一人が「とろけそうに美味しいイカ鍋の名店がある!」
と事細かに解説してくれたのでした。
以来「一度、食べてみたいものだ!」と思い続けて幾年月。。。
と、ある日、「イカ鍋を食べに行きませんか?」というラッキーなメールが舞い込んできたのでした。
「イカ鍋」=「ときわ」と即座に変換されるこの記憶力の良さっ(笑)!!
やはり「日頃の行い」という言葉はあるものだなーとしみじみと思ったのでした(笑)。


今回は此方の「イカ鍋に恋をした」(!)という超常連の方の仕切りです。
失礼がないように一番最初にお店に到着(笑)。。。「昭和枯れススキ」といった感じの渋い店内では
地元の常連さんらしい方が一人で一杯やりながらテレビを眺めています。スタッフさんはあちらの方。。。
「お店は本当にここで良いのかなー?」とちょっとドキドキ(笑)。


やがてメンバーが揃ったところで、ビールで乾杯して「イカ鍋」会のスタートです。

d0352022_19001386.jpg
カウンター上に並んだ手書きのメニューも下町ならではのお安さ。。。すぐ近くに「足立市場」
あることも関係しているのか、中でもお魚メニューが色々と揃っているようです。
此方は「氷頭なます」。鮭の鼻先の軟骨の部分です。コリコリッとした不思議な食感が味わえます。

d0352022_19002129.jpg
「へそ焼き」と呼ばれるメニュー。豚肉と葱がテレコで串に刺さっています。何故、「へそ」と
呼ぶのかは不明(笑)。ちと塩気が強いですが、お酒のアテとしては良いかもしれないですね。

d0352022_19003057.jpg
お造りは「中トロ、カンパチ、シマ鰺、たこ」でした。
0次会ではお造り系を敢えて頼まないで正解でした。此方のお造りも予想していた以上に美味しい!
やはり足立市場が近いという利点を活かした品揃えです。

d0352022_19003744.jpg
「つくね」。お団子みたいでかわいいですね。一人一本食べたくなる美味しさ♪

ビールの後は、超常連さんオススメの「瀬戸内 橙酒」というお酒をいただきました。
ロックでいただく方が美味しいらしいのですが、転ぶと怖い(笑)ので、私は水割りで嗜みます(汗)。

d0352022_19004612.jpg
「ハムカツ」。ハムカツ部員ではないのですが、下町のハムカツは美味しい♪

d0352022_19005356.jpg
「スミイカ」。「イカスミ」だったかな。。。
スルメにちょっとイカスミの味がついています。なんだか不思議なお味。。。
見た感じは牛蒡のようなのですが。。。

d0352022_19010501.jpg
じゃーん!!ついに当日の主役「イカ鍋」が登場しました。
これで4人前なのだそうです。いかの他には豆腐、シメジ、白菜、えのき等がてんこ盛りで盛られています。
「弱火でじっくりしあげていきますよ!」という超常連さんの声。。。
なるほど、そういうものなのね!と一同、妙に納得!(笑)。


d0352022_19011324.jpg
ここらへんから(実はその前から)日本酒に移行(呆)。もう、すっかり良い気分です(笑)。

d0352022_19012072.jpg
「イカ鍋」ができるまでのつなぎで「煮こごり」。。。
お味はいささか濃いめですが、トロっとして良い感じの仕上がりです。

d0352022_19013173.jpg
だんだんと出来上がってきたようです。。。


d0352022_19013913.jpg
これもつなぎの「しめ鯖」。。。

d0352022_19014519.jpg
そろそろ「完成!」とのことでいただきます。
神々しいまでの良い感じにお出汁が染みたイカはほっこりと柔らかくて極上の美味しさを醸し出します。
最近、イカは不漁でなかなか獲れないらしいのですが、ここではそんなことは関係ないらしく。。。
お出汁がまた不思議なテイストです。イカワタ(肝)がスープに溶かし込まれていて、そこにお醤油、
お酒、みりん、お砂糖(ちょっと多め?)をお使いなのでしょうか。。。
最初は「ん?」と思うほどの甘みを感じますが、その甘さがなんだか懐かしいような「独特の魔性の味」
(!)を醸し出すのでした。甘めのすきやきみたいな感じとでも言うのでしょうか。。。
七味を多めにふると、甘めのお出汁と辛さがマッチして結構、好みの感じです。

「おっ、これが、超常連さんをはじめ、私の食べ友等々、皆が恋する味なのね!
と思ってみたり。。。

イカやお野菜などを食べ尽くしてしまった後は、お出汁の中に「キシメン」を投入しての
「イカ鍋キシメン」です。
d0352022_19015562.jpg
キシメンに甘いイカのお出汁が絡んで、これまた得も言われぬ美味しさを醸し出します。
「あっ!」という間に平らげて、思わずお代わりっ(笑)。
最初から最後まで美味しくいただける「イカ鍋」なのでした。


こんなに色々といただいてお会計は一人4,000円(!)というのですから、そのCPたるや
たいしたものだと思います。もちろん千住という下町ならではの場所柄もあると思うのですが。。。


ようやく恋しい「イカ鍋」に出合うことができて超ラッキーな夜となりました。
白子鍋や牡蠣鍋などのメニューもあるそうですが、やはり超常連さんの一押しは「イカ鍋」なのだそうです。
でも、この「イカ鍋」に本気で恋しちゃう気持ちがよくわかるなぁ。。。
そんな私もやっぱり此方の「イカ鍋」に恋しちゃったのかもしれません(笑)。
恋しい恋しいイカ鍋さま、次にお会いできるのはいつでしょう(笑)。
あなたに会いにいくのはちょっと遠すぎるのが難なのですが、ゼシ、またシーズン中にお会いしたい!!
などと思ってしまったのでした。。。
ごちそうさまでした☆





●ときわ
東京都足立区千住河原町1-7
03-3888-3522
17:00-23:00
日祝休


by forestkoro1015 | 2017-01-26 23:11 | グルメ・都内・居酒屋 | Comments(0)