Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ベルゲン1日目。
ホテルに荷物を置いて街中を散策します。街の中心はベルゲン港周辺。。。
生憎の雨ですが、ホテル側から世界遺産の「ブリッゲン」を眺めたところ。
d0352022_01093193.jpg
d0352022_01093721.jpg
港に面して木造家屋が並ぶ一帯が「ブリッゲン地区」です。
木造家屋のオリジナルは13〜16世紀に建てられ、ドイツのハンザ商人の家や事務所として
利用されていたそうです。建物はすべて木でできていて建物も密集しているため、何度も火事になりましたが、
その度に同じように復元されてるそうです。

「ブリッゲン」裏側の小道。。。
d0352022_01094361.jpg
ブリッゲン内には、アーティストの工房がいくつも点在しています。古い看板やサインが面白いです。
d0352022_01094973.jpg
d0352022_01095577.jpg
d0352022_01100247.jpg
長細い建物が連なっているイメージで、高さもあります。火事になったらちとこわい(汗)。
d0352022_01133850.jpg
このような建物も!
d0352022_01140812.jpg

ノルウェーの自然や伝統柄などをモチーフにしたクロス製品を扱う「Blonder&Stas」
d0352022_01141987.jpg
建物は古いですが、「ハーダンガー刺繍」発祥の地でもあるからか、すべて手作りのステキな一点物が
揃っています。お値段もそれなりにしますが(汗)。。。マダムも素敵!!
お土産のサシェを買ったら、こんな素敵なリボンを結んでくれました。
d0352022_02082730.jpg
魚市場のすぐ近くにある立派な建物は「スターバックス!」
d0352022_01142781.jpg
「魚市場」は「ツーリストインフォメーション」のある建物ビルと屋台テントにセパレートしています。
どこのお店も気軽に「試食」させてくれます(嬉)。。。
「ムール貝」が食べたかったのですが、一皿が50個ぐらいの山盛りになっています(汗)。
此方はテントのお店の一つで購入した「エビとサーモンのサラダ」(小)。
d0352022_01144767.jpg
これで155NRK(約2,050円)です。

ちなみに左側が普通サイズで値段もお高い!!ノルウェーの人たちも大食漢のようです(笑)。
d0352022_01143462.jpg
「量がありすぎて食べられない!」と言ったら、「あなたにピッタリのサイズがある!」
おねえさんが用意してくれたのがこのサイズでした(笑)。
頼んでいないのにビールが出てくるし(笑)。ビールは55NRK(715円)でした。
d0352022_01144285.jpg
エビもですが、サーモンがとんでもなく美味しい!!そして「小」でもたべきれないぐらい
たっぷりしています。


満腹になった後は北欧最大級の「コーデー」(「KODE」=ベルゲン美術館)へ。
d0352022_01145164.jpg
美術館は4つの建物に分かれ、それぞれ「KODE1〜4」と呼ばれています。

此方は反対側にある郵便局(たぶん)。
d0352022_01145545.jpg
KODE1の前にはオブジェが!
d0352022_01150679.jpg
人造湖の横は市民公園となっているようです。
d0352022_01151799.jpg
「KODE1」のロビーにそそり立つオブジェ。3階、いや、4階の天井に届くぐらいです。
d0352022_02293845.jpg
ため息が出そうなほどに美しい細工の銀製品。。。
d0352022_01200203.jpg
アジアンチックなものも。。。
d0352022_01203438.jpg
KODEのチケットは二日間共通で使えます。平日は16時でクローズです。
d0352022_01205127.jpg
d0352022_01205746.jpg
d0352022_01210218.jpg
街中を見学しながら魚市場に戻ります。
d0352022_01263074.jpg
d0352022_01210666.jpg
今度は建物の中にある「魚市場」に潜入します。
「Sushi」が人気です!!
d0352022_01211289.jpg
テントのお店同様に奥の席で食べられます。
d0352022_01245800.jpg
これは隣のお店の蟹!大きい!
d0352022_01250728.jpg
エビも!
d0352022_01251109.jpg
魚介類が色々で楽しくなります。
d0352022_02393898.jpg
キャビアも色々!
d0352022_01252609.jpg
そして売り場も活気があります。
d0352022_02425350.jpg
ふと目に留まったサンドイッチ!!
d0352022_01260195.jpg
「Take Away」(Take Outは通じません・汗)の方がかなりお安いようです。。。

という訳で、お夜食ゲット(笑)。
この魚市場には中国系のスタッフも時々、見かけるのですが、このお店には日本人のお兄さんが
働いていました。こういう異国の地で日本人に会うと(しかも久しぶりに!)嬉しいですよね。
なんだか久しぶりに日本語話したし(笑)。ビールに関する注意事項もこのお兄さんから教わりました!


ベルゲンのホテルでも部屋のみしてるし(呆)!!
d0352022_01261941.jpg
もちろんこうなる(笑)。
d0352022_01260924.jpg
スーパーでゲットしてきた「Frydenlund」は、ノルウェーのキリンみたいな存在のビール会社だそうです。
お味はかなりビター。。。アルコール度数は比較的に軽めです(度数の高いビールは専売公社のような
ところに行かないと買えないらしいです)。


ノルウェーはお酒の販売に対して非常に厳格です。
お酒の商業広告は一切禁止。飲酒をイメージさせる表現もNGなため、街中でお酒の写真を見ることはありません。
また、公園などの公共の場所でお酒を飲むのも禁止。飲食店の敷地のテラスなどでは飲めるそうです。
スーパーなどでも平日夜間に加えて、日曜日、祝祭日、お祭り、選挙の日などはお酒の販売は
禁止されているそうです。
レストランやバーでは飲むことができますが、お店ではお高くなるようです。
スーパーなどでお酒が買えなくなる時間帯は、平日は20時以降、土曜日は18時以降、日曜日や祝日は
1日中(地域によって異なる)だそうです。

道理でスーパーにはこのような貼り紙が!!
d0352022_01263536.jpg
d0352022_01264073.jpg

いつ、何時にも、好きなときに、ビールをはじめとするアルコール類が購入できる日本という国は
結構、便利な国なのかなーと思ったのでした(笑)。


お店では皆さん、ガブガブとビールを大きなジョッキで楽しんでいるのをよく見かけました。。。
なんだか面白い国ですよね、ノルウェーって!!


このようにしてノルウェー1日目の夜は更けていったのでした。でも、まだ明るいし(笑)。。。






# by forestkoro1015 | 2017-06-23 16:37 | 1705・北欧 | Comments(0)