Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

久しぶりに「傳」@外苑前へ。。。
この日はいつものメンバーに加え、遠方からのゲストがはるばる来訪ということで
さらに賑やかな夜となった。


写真は撮らなかったのだけれど、乾杯は「Franciacorta Brut NV」

一品目は此方の定番の一つ、お馴染み「傳最中」だ。
d0352022_18110769.jpg
ん???何かおかしい。。。と思ったら、「傳最中」「切腹最中」バージョン
なっていた(笑)。
やるなぁ!!長谷川さんっ(爆)!!

もちろん中身はいつもの「傳最中」だ。
中は今の季節に美味しい安納芋といぶりがっこ、そしてお馴染みのフォアグラが詰まっている。
あーーー、切腹も中なので「あんこ」が入っているかとドキドキしてしまった(汗)。


続いては「ししゃも」の揚げ物。
d0352022_18111640.jpg
お皿に凜として佇むシシャモは今回はより味の良い「おす」とのこと。

ここでお酒は「あべ」(新潟・阿部酒造)をいただく。


続いては「かぶと蟹のあんかけ」
d0352022_18112322.jpg
菊の花を美しくあしらった此方はホッコリとした美味しさ。

続いてのお酒は「鳩正宗」 (青森)をお燗でいただく。


傳タッキー登場!!
d0352022_18113143.jpg
d0352022_18113901.jpg
d0352022_18114940.jpg
今回の傳タッキーの中身はなんと!「松茸!!」。傳タッキーの松茸バージョンははじめてかも!
味わったことのない美味しさに感激!!


続いては静岡産の金目鯛
d0352022_18115547.jpg
長谷川さんのお友だちが釣り上げた金目鯛だそうで、釣ってから7日目、熟成6日目とのこと。
ネットリ感と甘みが増して、まるでお肉のような味わいに!!


此方も静岡産の牛肉だそう。
d0352022_18120244.jpg
添えられているのはマコモだけとクレソン。。。
ポン酢風味(?)だからか、サッパリとした口当たりが特徴的。。。


お肉に合わせていただくのは「Martina Brunello di Montalcino 2010」
d0352022_18121777.jpg
Brunello、しかも2010年とはなんという贅沢な組み合わせっ(嬉)!!

しかも長谷川料理長自らサーブしてくださるとはっ(いささか緊張気味の表情に注目っ!!)。。。
d0352022_18121049.jpg
やはり定番の「傳サラダ」
d0352022_18122553.jpg
今回は千葉と静岡のお野菜が中心とのこと。。。


そして「鴨汁きのこバージョン」
d0352022_18123144.jpg
今回は富士山のキノコと鴨さんを合わせたとのこと。
ならたけ、やまぐしたけ、なめこ、あみたけ、ぬめりたけなどが入っているそう。。。
秋の味覚満載の鴨汁に舌鼓!!


〆は「いくらご飯」!!
d0352022_18124074.jpg
思わず顔を突っ込みたくなるほどの贅沢な美しさ!!そして美味しい!!


盛り付けはこんな感じ。いくらもお友だちが送ってくれるのだそう。。。うらやましい!!
d0352022_18124802.jpg
さらに飲む(呆)。。。
いただくのは「Costa Olmo La Madrina Barbera d'Asti 2013」
d0352022_18125578.jpg
かわいいラベルが印象的なピエモンテのワイン。
「BARBERA」の割にはいささかライトな印象。。。というか、先ほどの「Brunello」の
インパクトが強すぎたのかも(汗)。


デザートは「ざくろ」をあしらった爽やかテイストのお品。
d0352022_18130202.jpg
隣にいたスペインの方から「手取川の古酒」の差し入れまで(嬉)!!
これがまたとても美味っ♪
d0352022_18130822.jpg
20年以上の時をかけ、ゆっくり熟成されたアルコール13%の低アル古酒だそう。。。
スペインと日本を行き来して、日欧の架け橋的な役割を果たされているのだそう。。。


この日は10月生まれが大集合ということで、お花をいただいてお祝いしていただきました。
それぞれにテーマカラーがあって、私はこのように高貴で可憐な感じ(爆×∞)!!
d0352022_18133014.jpg
Puchiは、お客さんの腕の中でリラックス!!
d0352022_18132361.jpg
久しぶりだったけれど、やはり此方はこの寛ぎ感、そしてまったり感、
さらには客と店との距離の近さが最大限のウリなのだと
今さらながら再認識させられてしまった。。。


遠くからのゲストも大満足した模様。。。とても楽しい夜を過ごさせていただいたのだった。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回の訪問記事は



※その前の訪問記事は


※神保町時代の「うら傳」の訪問記事は



※その前の「おもて傳」の訪問記事は




●傳
東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館 B1F
03−6455−5433
(ご予約受付 12:00−17:00)
定休日:日曜日


by forestkoro1015 | 2017-10-31 22:01 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)
最近、江戸川区方面に出没することが多い(お仕事)。
この日も新小岩からバスでアクセス。知らない街を散策するのは楽しい。
お昼は某ログで探しておいた「キッチンこば」さんをめざしてみることにした。


首都高速の小松川ランプが近いらしいこのあたりには、「松江通り商店街」という
かなりレトロな雰囲気の商店街がある。
まるで映画の中のショーワな雰囲気を残す街に紛れ込んでしまったような感じだ。
そしてその商店街からさらに路地の奥へ。。。。
目的のお店発見!!「キッチンこば」さんだ。
d0352022_12035255.jpg
しばらくぶりの晴天だったこの日は洗濯日より。看板上のお布団が渋いお店だ。


店内の雰囲気も限りなくレトロ。飾り気がないというか、朴訥とした感じのお店だ。
お値段も良心的なものが揃っている。
d0352022_12033326.jpg
定食(700円)はクリームコロッケやフライの小さなもの、目玉焼きなどが細々とのった
お品とのこと。ここで食べるべきは「オムライス」(700円)でしょう!ということで注文。
d0352022_12034519.jpg
やがて登場したオムライスは相当に大きい。そして「これぞオムライス!」という感じで
チキンライスの中にはピーマンと玉ねぎ、そしてカットしたウインナ。。。
それがたぶん玉子3個分の中に熱々&ミッシリと詰まっている。。。
このオムライスがかなり美味しいのだ。まいうー!!
たて一文字にかかっているトマトケチャップも潔い(笑)。
何よりも700円というお値段がすごい!!さすがに江戸川価格だ!!


全体はこんな感じでお味噌汁がつく。このお味噌汁が熱々でまた美味しいのだ。
d0352022_12033998.jpg
一人分ずつお盆にのってサーブされるので、少々、社食チックなところもまた良い。


店内はテーブルが4つ。お昼のテレビ番組が延々と流れている。
近くの工員さんがいたり、OLさんがいたりと客層もさまざま。
メニューも豊富で界隈の方々にはなかなか使い勝手が良さそうなお店だ。


街の活性化も兼ねて、「孤独のグルメ」の五郎さんに、是非、訪ねてもらいたいお店だ。
レトロなのにどこか懐かしい美味しさがある、こんな雰囲気のお店、好きそうだし。
五郎さんだったら、定食とオムライス、カレーライスの3つはいけるだろう(笑)。


ごちそうさまでした☆



大きなオムライスを食したあとは腹ごなしも兼ねて街中を散策。。。
ご近所にいたシェルティ。。。
d0352022_12032752.jpg
船堀街道脇に続く遊歩道。
d0352022_12035958.jpg
都営新宿線「船堀」駅前にあるタワーホール船堀。
d0352022_12042641.jpg

高さ115mのタワー展望室からの眺め。晴れていれば富士山や筑波山などをはじめ、
都内全域が360度の大パノラマで楽しめるのだそう。。。
d0352022_12042011.jpg
d0352022_12041511.jpg
ディズニーランド方面。
d0352022_12041196.jpg
d0352022_12040441.jpg
展望台は無料!!わずかな時間だったけど、結構、楽しかった。




●キッチンこば
東京都江戸川区松江4-12-13
03-3654-1986
11:00~14:00
17:00~20:00
日曜・祝日休
全面喫煙可



by forestkoro1015 | 2017-10-26 13:01 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
入院している家族のリクエストでケーニッヒ@小金井「レバーヴルスト」
買いに出かけた。
久しぶりの訪問なので気づかなかったのだけれど、週末限定!ということで
「ローストポーク」が焼き上がっている(驚)。


その横には美味しそうな「スペアリブ」なども見かけた。
クリスマスチキンだけだと思っていたら、こんなに美味しそうなお品も取り扱っていたのね!!
という訳で、ローストポークを購入。。。

d0352022_23132988.jpg
これで大体100グラム相当だろうか。。。200グラムで1,200円ぐらいだったので
100グラムで600円弱という感じだろうか。。。

いささか脂身が多いようにも感じるが、肝心のローストポークのお味は脂分も
ジンワリと感じられて美味。。。焼き豚とはやはりちょっと違った食感がある。
脂肪がたっぷりしているせいか、3分の2ぐらいを食べたところでお腹は一杯に
なってしまった。


思ったのは、このローストポークをペリカンのパンと合わせたら美味しいだろうなー!
ということ。。。実はしばらく経ってから思いついたのだけれど(汗)。


今度はスペアリブにもトライしてみなければなるまい。。。
でも美味しかったらやみつきになりそうな気も(汗)。


まだ10月というのに、すでにクリスマスチキンの予約がスタートしていた。
ご予約はお早めに。。。レバーヴルストも美味しいので是非一緒の購入をオススメしたい。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回の訪問記事は


※その前の訪問記事は




●ケーニッヒ 本店
東京都小金井市緑町5-3-18
042-381-4186
10:00〜19:00



by forestkoro1015 | 2017-10-22 23:31 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
誕生日は毎年のようにやってくる。
家族の入院やら、自分の足の病気やら、仕事のドタバタやらで
危うく忘れるところだった(んなこたぁない・笑)が、今年のケーキは久しぶりに
ムサコのイトーヨーカドー内にある「Quatre-Quarts 武蔵小金井駅前店」で購入。。。
小金井にはいくつかケーキ店があるが、変にお気取り系でもなく、
焼き菓子も含めてバリエーションも多彩で、そこそこに華やかで、なかなか美味しいお店だ。


以前は新小金井街道沿いにある「Quatre-Quarts 武蔵小金井店」まで
車を飛ばして買いにいっていたのだけれど、本店は小平の鈴木町
移転されたらしい。
よく新鮮たまごを買いにいく「えぐ〜〜」近くに立派なケーキ店ができたが、
そこが此方の本店となっていたのだった(驚)。
閉店したお店は外国にあるパティスリーのようで好きだったんだけどなぁ。。。


さて今回購入したのは下記の4点。
d0352022_19050664.jpg
○シャインマスカットのタルト(490円)
d0352022_19051386.jpg
シャインマスカットの爽やかな酸味がバニラビーンズ入りのカスタードクリームと
程よくマッチ。すみれ色のクリームとマスカットの鮮やかな彩りも楽しい。
が、タルト生地がちょっとパサパサしていたかな。。。
もう少しだけ全体のバランスが取れているともっと高評価だったと思う。


○ナポレオンパイ(500円)
d0352022_19053278.jpg
某店のナポレオンパイを彷彿とさせるフォルムに一目惚れして即買いを決めた一品。
お値段もなかなか強気だが、たっぷりのいちごとサンドされたカスタード、そしてサクサクの
パイ生地、トッピングのアーモンドが組み合わさって、感動的なお味を楽しませてくれる。
唯一の難点は崩れてきて食べにくいこと。。。ナイフとフォークで押し頂くことに(笑)。


○キャラメル・オランジェ(380円)
d0352022_19051990.jpg
キャラメルとオレンジのムースの中に、ゲランドの塩をきかせたババロアを合わせたという
お洒落な一品。。。味見し損ねたのだけれど、食べた本人によると、爽やかな風味で
とても美味しかったとのこと。。。うーむ、一口、味見してみたかった(汗)。


○焼きチーズケーキ(340円)
d0352022_19052627.jpg
基本に忠実なチーズケーキという感じで、ほんのりとレモンの風味も効いてかなり美味しいお品。
ホールで一気食いしたい感じのあっさりした食感も好印象。。。


この日はすでに売り切れで買えなかったのだけれど、以前は「シュー・ア・ラ・クレーム」
一つ100円(税別)で売られていた。最近はどうなのだろう。。。


久しぶりにケーキを抱えてニコニコしながら帰ってくると、宅急便で「ねんりん家」
「バームクーヘン」が届いていた(嬉)。
d0352022_19045286.jpg
カードには「花より団子!!ギフトの方が嬉しいでしょう!!」という楽しい添え書きも(爆)。
d0352022_19045944.jpg
そんな訳で、せっかく少し痩せていたのに、またまた「甘いもの三昧!!」の日々を過ごしている。


ごちそうさまでした☆



※以前、新小金井街道沿いにお店があった時の記事は




●Quatre-Quarts 武蔵小金井駅前店 (キャトルキャール )
東京都小金井市本町6-14-9 イトーヨーカドー武蔵小金井店 1F
042-401-1884
10:00~22:00
不定休(イトーヨーカドー武蔵小金井店に準ずる)
http://www.quatre-quarts.net/
※テイクアウト専門

by forestkoro1015 | 2017-10-22 19:49 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
東京には「どら焼き御三家」と呼ばれるお店があるのだそうだ。
上野の「うさぎや」、浅草の「亀十」、東十条の「草月」
この3つのどら焼きがその御三家に当たるらしい。
「うさぎや」のどら焼きは食べたことがあるけれど、他の二つは未食だ。
という訳で、先日、浅草へ出かけたついでに御三家の一つ、「亀十」さんに
立ち寄ってみることに。。。


お店は観光客でごった返す「雷門」のトイメに位置している。
d0352022_22564349.jpg
どら焼き目的の客は道路に沿って一列に並び、数人ずつ店内へ案内される。
この日の待ち客は数名。。。これなら楽勝だ(笑)。
店内に入ってからが少し長く感じたが、無事にどら焼きゲット!!
一つ360円(!)と少々お高めだが、結構、大きくてズッシリと重たい。
黒あんと白あんを選ぶことができるので黒あんをセレクト。
d0352022_22565484.jpg
ついでに二番人気という「松風」も購入。此方は一つ290円。試供品が置いてあって
「おしてみてください!」と書かれている。おすとフンワリと弾力があって柔らかい。
d0352022_22570979.jpg
美味しそうに見えた「かりんとう」も購入。平たいおせんべいのようなかりんとうだ。
d0352022_22570285.jpg

この後、どら焼きたちは浅草寺にお詣りし、パンのペリカン、ペリカンカフェなどに立ち寄って
帰宅。早速にお茶を煎れていただいてみる。

d0352022_22571731.jpg
とにかく一つが大きくてあんこがミッシリと詰まっている。
そして皮の部分がフカフカ(フワフワというのかな?)の柔らかいパンケーキのような
芳ばしくて美味しい皮で、中のあんことの相性がこれまたたまらない独特の風味を醸し出す。

いささか焦げ感がある焼き方の無骨さもたまらない!!
d0352022_22572420.jpg
ご飯前なので「半分だけ食べよう!」と思っていたのに、美味しいのでペロリと一つを
平らげてしまった(汗)。
360円するけれど、ちっこいケーキ一つよりも相当に満足度は高いと思う。
なるほど!「東京御三家」と呼ぶにふさわしい美味しいどら焼きだ。
うさぎやよりも此方の方が「江戸っぽい味」=「下町テイスト」っていうのかな?
がして好きかもしれない。

これは、東十条の「草月」のどら焼きもいつの日か食べてみて、御三家の味を
食べ比べてみなければなるまい!!


此方は「松風」
d0352022_22573071.jpg
黒糖の柔らかなスポンジ生地が少量のあんこを包んだ御菓子だ。
フンワリと柔らかくて上品な御菓子なのだけれど、「御三家のどら焼き」を食べてしまうと
いささかインパクトに欠けるかなぁ。。。
まぁ、好みもあると思うが、此方は比較的にあっさりといただくことができる。
サイズも小さめだし。。。


雷門のお店では15分ぐらい並んだのだけれど、購入した後、新宿に寄って帰宅したところ、
小田急デパートの地下で全く同じ「亀十のどら焼き」が「並ばないで」売られていた(爆)。
ちょうど催事の開催中だったらしい。悔しいけれど、浅草観光も楽しめたので
良いことにしよう。。。


雷門界隈に出かけたら、忘れずにチェックしたい美味しい東京土産だ。
ごちそうさまでした☆




●亀十 (かめじゅう)
東京都台東区雷門2-18-11
03-3841-2210
10:00~20:30
不定休
http://osietesite.com/gourmet/tokyo/sweet/kamejyu




by forestkoro1015 | 2017-10-21 23:32 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)

「パンのペリカン」から数分の場所にあるのが、8月末に開店した「ペリカンカフェ」だ。
d0352022_12204074.jpg
すでにパンはゲットしたので、そのまま通過しても良かったのだけれど、
「フルーツサンド」という看板の文字に吸い寄せられてしまった(汗)。
待つべきか待たざるべきか、、、悩んだのだけれどミーハーな心も疼く(爆)。
店内にあるウェイティングシートに名前を記入し、ひたすら順番を待つ。。。


「浅草散策」の記事内でも書いたけれど、この順番がなかなかまわってこない。
店頭に待ち人が少なくても油断は禁物!!
名前を記入してどこかで時間を潰していたグループが
「そろそろ・・・」という頃に戻ってきて先に名前を呼ばれていくのだ。
三人、四人のグループ連れも多く、待っている方にとってはたまったものではない。

せめて「ただいまの待ち時間は90分!」などと店頭に表示してくれれば有難いのだけれど。。。
某ログをチェックすると「順番が近づくと電話で知らせてくれる」という記載もあるが、
この日のウェイティングシートには電話番号を記入する欄はなかった(個人情報だし)。。。


延々と待つこと80分(!!)。。。
ようやく順番がまわってきた。店前には小さなベンチが置かれているが、とても足りない。
これはベンチ横のサイン(座って撮影!)。ペリカンマークがかわいい!!
d0352022_12204833.jpg

「大変お待たせして申し訳ございません!」とスタッフの方々は爽やかな対応。
d0352022_12205658.jpg

厨房の様子。。。このカウンターの向こう側でパンが炭焼きトーストされるらしい。。。
d0352022_12210554.jpg
念願の「フルーツサンド」(880円)。
d0352022_12211380.jpg
あっぷ。
d0352022_12212061.jpg
常時、8種類のフルーツが季節に応じて変化していくそうで、この時はメロン、グレープフルーツ、
巨峰、オレンジ、キウイ、桃、バナナ、パイナップル(?)などが、たっぷりの生クリームと
共にミッシリと詰まっている。生クリームからはほんのりとフロマージュの香りが。。。


「クリームがはみ出しそう!」と心配しながらもかぶりつく。。。
「ふんわりとして、それでいて中身が詰まった」ペリカンのパンと、生クリーム、そして
新鮮なフルーツたちとのコンビネーションが素晴らしい美味しさを醸し出すサンドイッチだ。

食べるところ(フルーツ)によって、微妙に味が変化していくのもまた楽しい。
80分も「究極のおあずけ状態!」を我慢しただけのことはあるお味だ!!


10月にしては暑い日だったので「アイスコーヒー」(単品で480円、セットで430円)を注文。
d0352022_12212936.jpg

周囲を見回すと、「炭焼きトースト」(セットで540円、単品で320円)を注文している
人が多いようだ。この値段で「ペリカンのパン」が美味しく食べられるのであれば
こんなに混雑するのも当然かもしれない。


隣のテーブルの方から「パンの耳揚げ」のお裾分けをいただいた(嬉)。
d0352022_12213616.jpg
これは食パンの耳を揚げたお品。「美味しいんですよ!」とおっしゃる通り、
ほんのりとカレー風味がしてビールのアテに合いそうな感じだ(320円)。


メニューいろいろ。。。
d0352022_12214542.jpg
d0352022_12215205.jpg
ドリンクメニュー
d0352022_12220028.jpg

憧れのペリカンのパンを用いた「フルーツサンド」を食べることができて満足したのだけれど
とにかく待たされるのには参った(笑)。
めったに訪問することのないエリアで美味しい物をいただくのもゆるくない(汗)。
ちなみに午後は14:30〜だが、午前中に訪れて午後の分の名前を記載していく人もいるので
14:30に訪れてもすぐに入店できるとは限らない。。。


この後、立ち寄った某アパレル系のお店で、「ペリカンのパンならすぐ近くの『コフィノワ』
という珈琲専門店で食べられますよ!」と教えてもらった。

フルーツサンドは無理でも、トーストはかなり美味しいとのこと。。。
うーむ、先にこのアパレルのお店で情報を仕入れてから、食べにいけばよかった。。。


まぁ、フルーツサンドは感動した美味しさだったので良いことにしよう。


帰宅後は1枚だけトーストして、あとはサンドイッチづくりにチャレンジ!!
フィリングはいつもとたいして変わらないのに、サンドイッチはやはり普段以上に
美味しくできたと思う。さすがに74年の歴史を持つパンの威力を感じた一日だった。
でも、再び延々と並んで食べたいかと聞かれると、答えは微妙だ(笑)。


ごちそうさまでした☆





●ペリカンカフェ
東京都台東区寿3-9-11 1F
03-6231-7636
8:00~18:00
日・祝休
午後は14:30~
2017年8月28日オープン



by forestkoro1015 | 2017-10-21 13:24 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
名前は知っていてもなかなか食べるチャンスに恵まれないお品がある。
此方の「ペリカンのパン」もその一つ。。。
今回「74歳のペリカンはパンを売る。」という映画作品のプロモーションを見かけ、
「どうしても食べてみたい!」と思い、仕事ついでに予約した上での訪問購入を果たした。
d0352022_22231922.jpg

お店があるのは浅草のはずれの方。。。アクセスするには蔵前の方が近いかもしれない。
d0352022_22231108.jpg
浅草橋での仕事ついでに訪問したので、予約の時間は11時30分。
ノコノコとアクセスすると、店内は大混雑だ。棚には予約したお客さんのパンたちが所狭しと
並んでいる。その様子はさながらロジスティックスの拠点の棚のようだ(驚)。
店頭で名前を告げると、予約したパンが「あっ!」という間に出てくる。


今回は普通のパンの1.5斤(570円)と
d0352022_22233112.jpg
山型半(480円)を購入。
d0352022_22232679.jpg

いずれもミッシリと身(っていうのかな?)が詰まっていて、ズッシリと重たい(驚)。


購入後、近くにある「ペリカンカフェ」にも寄ったのだけれど(この時の話はまた後日)、
サンドイッチの美味しさには驚かされた。


さて帰宅後、せっかくなので新しいうちに色々な食べ方にトライしてみる。

d0352022_22233848.jpg
d0352022_22240355.jpg
上手にカットできなくて申し訳ない(汗)。
が、此方のパンはカットして形が崩れてもすぐに元の形に戻る形状記憶合金型(爆)のパンだ。
というか、それだけ身の部分(?)がズッシリとしている。


まずはトースト。
d0352022_22241283.jpg
少し焦がしてしまった(汗)のだけれど、たしかにカリカリっと芳ばしく焼き上がっていて美味しい。
マーガリンではなく、本バターで試食。ほんのりと甘く、そして何ともいえない優しい美味しさが
口の中に広がっていく。
「これが74年の歴史なのねーー!!」とつくづくと美味しさを噛みしめる幸せのひととき。。。
今まで色々とお高い系のパンも食べてきたけれど、それらとはたしかに一線を画する美味しさ
というか主張する何かがある(ような気がした)。
果たしてそれは何かはうまく表現できないのだけれど。。。さすがに予約で完売するだけのことはある
パンだ。この日も訪問した時には、すでにその日の分のパンは完売だった。


1枚トーストした後はサンドイッチに。。。
この日、カフェで「フルーツサンド」をいただいたのだけれど、あまりの美味しさに感服した
のだった、そんな訳で帰宅したら「サンドイッチを作る!」と心に決めていた。
玉子サンド、ツナサンド、そしてカツサンドにチャレンジ。。。


写真は撮らなかったのだけれど、いずれもメチャクチャに美味しい。
今までのサンドイッチの概念が覆されるぐらいだ。
具材に関してはいつもと同じ作り方なので、やはりパン自体の美味しさが秀でていると
いうことの証しなのだろう。


そして「身が詰まっている」からだと思うが、2枚のサンドイッチを一つ食べただけで
相当にズッシリと食べ応え感がある。他メーカーのパンだったらありえないような話だ。
それでも玉子サンドとカツサンドのハーフにトライ。。。
この日はかつてない幸せな美味しさを味わったことは言うまでもない。
いやー、恐るべし、74年の歴史。。。もっと早く出会いたい美味しさだった。。。
そしてこの美味しさに再度出会うためには、はるばると浅草方面まででかけなければ
ならないのがツラい。


ごちそうさまでした☆




●パンのペリカン (Pelican)
東京都台東区寿4-7-4
03-3841-4686
8:00~17:00 
日曜日・祭日・特別休業日(夏季・年始)休  ※他、HPに営業日カレンダーあり
http://www.bakerpelican.com/
1942年オープン


by forestkoro1015 | 2017-10-17 22:56 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
吉祥寺へ出かけたついでに東急地下をウロウロ。。。

「お弁当」か「お鮨」でも買って帰ろうかなーとブラブラしているときに目に入ったのが
お鮨の「銀座 福つち」さんだ。
以前から何度も見かけているので催事コーナーというよりは、テナントのお店らしい。


前回は「ちらし」を食べてまあまあ美味しかったので、今回は「握り」を購入。
d0352022_17023253.jpg
たしか10食だか20食限定で1,296円のお買い得品だ。


お魚売り場のお鮨コーナーと此方の売り場を何度か行き来して品定めしたのだけれど、どう見ても
此方の方が美味しそうに見える。お値段はあちらよりも少しお高いが、初志貫徹(笑)。


家に帰っていただいたが、いずれも想像以上の美味しさ。いや、正直、上のフロアでいただく某店の
お鮨よりも美味しいと思う。特に中トロとイカが良かったかな。


パッケージに「銀座」と書いてあるので、少しぐぐってみたところ、かつて新橋演舞場の近くにあった
「福つち」というお店の流れを汲むお店のようだ。
とはいっても、お店はすでにない(某ログでは掲載保留になっている)ので、細かいことは
わからないのだけれど、この値段で元・銀座のお鮨が食べられるのは有難いかな。


東急吉祥寺店の地下もリニューアルされて松崎煎餅や老舗お弁当コーナーがなくなってしまったのは
寂しいが、新しいお店もいくつか誕生したようだ。
そんな中で此方のようなテナントも頑張ってくれているのは頼もしい限りだ。


ごちそうさまでした☆




●銀座福つち 東急吉祥寺店 
武蔵野市吉祥寺本町2-3-1
東急百貨店吉祥寺店BF
0422-21-5111
10:00〜20:00

by forestkoro1015 | 2017-10-17 17:27 | グルメ・吉祥寺 | Comments(0)
久しぶりに「つくしのこ」@池尻大橋へ再訪を果たした。
d0352022_14251372.jpg
知る人ぞ知る「日本酒の聖地」として名高いお店の一つだ。
完全紹介制ということで、常連さんにおねだりして連れていってもらうしか
入店の方法はないという極めてハードルの高いお店でもある。
そんな訳で「年に一度のお楽しみ会」(!)となっている超レアなお店でもある。


四方の壁には全国津々浦々のお酒が!!
d0352022_00100811.jpg


当日は季節柄、「ひやおろし」を中心にとおるさんのセレクトしたお酒をいただく。


■いただいたお酒

1.Otter Fest Sake (オッター フェスト サケ)獺祭(山口・旭酒造)

2.村祐 秋あがり 純米生(新潟・村祐酒造)
3.亀齢 ひやおろし ひとごこち 純米(信州・長野・上田・岡崎酒造・♀)
4..手取川 秋 純米・辛口(石川・吉田酒造)

5.和田龍登水 ひとごこち(長野・上田・和田龍酒造)
6.八反錦宝剣 秋あがり 純米(広島・宝剣酒造)
7.七田 ひやおろし 愛山七割五分純米(佐賀・天山酒造)

8.天宝 秋あがり冷詰め 八反錦純米吟醸 5割5分(広島・天宝一)

9.喜久水 特別純米6割(静岡・青島酒造) 


■いただいたお料理

・枝豆
・小松菜とじゃこの煮浸し
・イカと胡瓜の酢味噌和え
・お刺身盛り合わせ(ヒラマサ、ヒラメ、鯛、するめいかなど)
・秋刀魚の塩焼き
・まんまるコロッケ
・冬瓜のひき肉餡かけ
・豆腐の椀モノ



前回訪問時は結構、嗜んだ記憶があるので、今回は事前にウコンなどを飲んで参戦(笑)。
今回はどちらかというと、それぞれのお酒をじっくりと味わうという趣向。。。


個人的には女性杜氏による「亀齢」とはじめていただいた「和田龍登水」
好きな感じかも(たまたまこの日の体調に合っていたという感じ)。


お料理の中では弾けるように身のしまったお刺身と大きな秋刀魚の塩焼き、
握り拳のように大きくてホクホクのまんまるコロッケと自家製ソース、
そして冬瓜の餡かけが特に美味しかった。


あまりに美味しかったコロッケを記念に。。。
d0352022_14252172.jpg
以前は2階にもお席があったのだけれど、お母さんも80歳をこえ、1階部分だけのお店になったそう。。。
なんでも予約のお席の倍率はさらに高くなったらしい(常連さん情報)。
そのハードルをくぐり抜けるのは、並大抵のことではないらしいのだけれど、
超ラッキーなことに、常連さんのお陰で今年も訪問できたことが嬉しい。


来年は伺うことができるのかなぁ。。。
頑張って「お酒の神様」にゴロニャンしなければ(笑)。



ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は





●つくしのこ
東京都目黒区
TEL:非公開
土曜・日曜・祝日休

つくしのこ居酒屋 / 池尻大橋)
夜総合点★★★★ 4.4





by forestkoro1015 | 2017-10-17 00:25 | グルメ・都内・居酒屋 | Comments(0)
朝一から浅草橋方面で打ち合わせ。。。
「浅草橋」という地名を聞いた時から、帰りは「パンのペリカン」に寄る!と決めていた。


先週から上映が始まった「74歳のペリカンはパンを売る。」という映画作品に興味を持ったから
ということでもないのだけれど。。。
d0352022_02182110.jpg


朝早い打ち合わせは久しぶりなので、ヴェローチェで時間調整。。。
d0352022_01135193.jpg

仕事を終えた後は予定通りに都営浅草線で浅草へ。。。
まずはお約束の雷門前の「亀十」さんへ。。。
d0352022_01140222.jpg
行列は道路に沿って7名ぐらい。。。久しぶりにどら焼きが食べたくて並ぶことに。。。
d0352022_01152339.jpg
どら焼きと松風、かりんとうをゲットした後は、観光客でごった返す「浅草寺」へ。
d0352022_01140975.jpg
10月というのに鬼のように暑いし(29度もあったそう!)、観光客でメチャクチャに混んでいるし、
小学生だかの修学旅行は多いしで、足の踏み場もないぐらいだ(笑)。
d0352022_01141581.jpg
会社勤めしていた頃、雷門の某老舗店担当だった私は、この参道を何十回も通ったものだ(遠い目)。
18時を過ぎると、参道沿いのお店もシャッターがおりて暗くなり、一人で歩くのはこわいぐらいだった。
最近はどうなのだろう。。。
d0352022_01142175.jpg
人ごみをかき分けて宝蔵門へ。。。
d0352022_01142820.jpg
此方は五重の塔
d0352022_01143559.jpg
スカイツリーも近い!
d0352022_01144223.jpg
そして本堂へお詣り。
d0352022_01144851.jpg
宝蔵門の裏側には大きな草鞋が!
d0352022_01145584.jpg

暑い中、テクテク歩いて「パンのペリカン」さんへ。
d0352022_01151022.jpg
予約しておいて正解。すでにこの日のパンはすべて売り切れていた。
しかし混んでいること!!


さらに歩いて8月末にオープンしたという「ペリカンカフェ」の前を通過!!
d0352022_01150261.jpg
「ペリカン」のパンはゲットしたのでそのまま通過しても良かったのだけれど、
「フルーツサンド」という文字がどうしても気になる(呆)。

この時点で店前には何人もの人だかりができているのに。。。店頭に置かれた紙に名前を書き
順番を待つシステムだ。とにかく人気なのか、話題なのか、待つ、待つ、待つ(滝汗)。
相席にするとか、カウンター席を増やすとか、店側も対策を講じるべきとは思うのだけれど。。。
名前を呼ばれて、その場にいない人たちが、どこかで時間をつぶして帰ってくると、
すぐ次の順番に組み込んでいくから、自分より「後にきた人」(先に来て名前は書いているらしい)
がどんどん先に入店していくという古めかしいシステムだ。。。
いみじくも隣で待っていたマダムがポツリと漏らしていた。
「名前を呼ばれた時にいなかったら、順番も無効にすればよいのに・・・」(爆)。
まぁ、この時のレポは近々アップする予定なのでお楽しみに(笑)。



満腹になった後は都営大江戸線の蔵前駅をめざす。
途中の帽子屋さんでは洒落た帽子に混じって色とりどりのニット帽が500円(税込み!)で
売られている。思わず衝動買い(爆)。
d0352022_01153858.jpg
両手にいっぱいの荷物を抱えて新宿に寄り道して帰ってきたのだった(汗)。
仕事に出かけたのか、遊びにいったのか、買い物に行ったのかよくわからない一日だった。
足はまだ痛いのによく歩いたし(呆)。


そうそう、ペリカンのパンはトーストとサンドイッチに。。。
d0352022_01154557.jpg
d0352022_01153020.jpg
まだ食パンしか食べていないけれど、ミッシリと詰まっている感じのパンでズッシリと食べ応え感がある。
実際、持ってくるときにも割と重かったし!!
このペリカンパンレポも近日中にもう少し詳細にご紹介しようと思う。




by forestkoro1015 | 2017-10-13 02:13 | お散歩 | Comments(0)