Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


お友だちに誘われて、青山にあるフレンチレストラン「プレヴナンス」さんに伺ってきました。
2013年11月に「ユニマット青山ビル」の裏手に誕生した此方は、茨城出身の静井弘貴シェフが
率いるエレガントな雰囲気の居心地の良いお店です。
店名に冠した「プレヴナンス」とは、フランス語で「心づかい」の意。
やはり料理人の奥様をはじめとしたスタッフの方々と、素材の持ち味を活かした
あたたかみのある、それでいて独創的なお料理とサービスでもてなしてくれます。


お店の前にはグリーンが!!
d0352022_17332990.jpg
植木鉢にはプチトマトなどが実っています。青山のトマト、どのようなお味がするのでしょう?
入口は右手奥になります。
d0352022_17333650.jpg
d0352022_17334376.jpg
d0352022_17335270.jpg
セッティング。お洒落な雰囲気です!
d0352022_17335965.jpg

「野ウサギからの贈り物」がナプキンにもあしらわれています。かわいい!
d0352022_17341965.jpg
アミューズは、「鶏レバームースのエクレア」「アボカドとコリアンダーの
サモサパイ」
d0352022_17322364.jpg
濃厚なレバー風味がエクレアにトッピングされているソースと合わさってとても美味しい!
サクサクのパイ生地で包まれたアボカドのディップ(?)がトマトの酸味と合わさって
これまた絶妙の味わい。。。思わず唸ってしまうほどの衝撃でした(笑)。


シュワシュワ(泡)をいただいたはずなのに、北欧帰りでまだ時差ボケしているのか、
ボーとしていたようで写真がないし(呆・恥・呆)。。。イヤですねぇ(恥)。


続いては、「アオサのチップス」「稚鮎の春巻き」
d0352022_17322926.jpg
まるで「盆栽」(!)のような出で立ちで登場します。

お皿に載せたところ。
d0352022_17342775.jpg
「春巻き」というよりは、「稚鮎の真空パック@チップス」という雰囲気(笑)。
春巻き部分を食べ進んでいくと、中からしっかりと苦みのある稚鮎が顔を出すという趣向。。。
いやー凝っていますねぇ。。。


「蛤のジュレ」
d0352022_17323508.jpg
大きな蛤に冷たいフルフルのコンソメゼリーと海藻がたっぷりとトッピングされています。
ホコホコに柔らかい蛤はどこまでもジューシー!いやーん、幸せすぎる美味しさ♪


シェフの故郷、茨城の農園から届いた「ヤングコーン」
d0352022_17323998.jpg
ちと食べにくいのですが、ひげまで食べられる柔らかさ。そしてとても甘いのでした。


パンの一つ目は自家製ブリオッシュ
d0352022_17343588.jpg
ほんのりと甘くてバターがたっぷり!!


「渡り蟹のビスク 雲丹とキャビア 玉ねぎのフラン」
d0352022_17350299.jpg
当日、最も感動したお料理の一つ。秋田(?)の渡り蟹だったかな。この冷製スープの中に
一日浸かっていたいほどに濃厚で爽やかなお味です。雲丹とキャビアが美味しいのは
当たり前なのですが、そこに玉ねぎの柔らかな甘さが加わって、四味一体(?)の
美味しさを奏でてくれます。思わずウットリ。。。

お皿もステキです!
d0352022_17324440.jpg
「鴨フォアグラ ヤングコーンのソース 黒トリュフ」
d0352022_17324927.jpg
此方も美味しかったですねぇ。大好物のフォアグラちゃんが甘いトウモロコシ、たっぷりの
黒トリュフと合わさって何ともいえない味わい♪
このお料理もトリュフとフォアグラの間に挟まってお昼寝したいぐらいに気に入って
しまいました(笑)。


お魚料理は「金目鯛のポワレ」です。
d0352022_17325480.jpg
添えられているのは、根曲がりたけ、オオイタドリ、胡麻菜、二輪草、シャクなどの
長野発のお野菜類と、それらの野菜にも合うブールブランソースです。
厚みのある金目鯛は脂がのっていて、しっとりとした食感が映えます。
お野菜の使い方が独創的ですね。


ステーキナイフは「レコノム・ティエール」
d0352022_17353034.jpg
どこまでもスタイリッシュです。
d0352022_17353891.jpg
メインは茨城産のピジョン(鳩)さんです。
d0352022_17330094.jpg
周囲を彩るのは、シシトウ、蓮根、茗荷、タラの芽などの山菜類です。
美味しいのですが、ちょっと満腹加減が強かったかなぁ(笑)。
あと、鳩さんは食べるのがちょっと難しいかな(汗)。


シュワシュワは写真を撮り損ねたのですが、その他にいただいたワインは此方。
「Cotes du Rhone Rouge La Pialade 2012 / Chateau Rayas」
d0352022_17351098.jpg
シャトーヌフ・ドュ・パプのシャトー・ラヤスが手がけるワイン。。。
いやー、すんごい美味しい。お料理もですが、ワインも衝撃を受けたのでした。。。


此方もエレガントでしなやかな味わいです。
「BOURGOGNE 2014 Domaine Trapet Pere Et Fils」
d0352022_17352316.jpg
柔らかな酸味が上品な味わいを醸し出します。自然派なのだそう。。。美味しいです♪

d0352022_17330770.jpg
デセールは「豆乳と木の芽のゼリー なつみかん」
d0352022_17331282.jpg
涼やかな味わいの優しい食感のデセールでした。


このようなトロトロのデセールもいただきました。
d0352022_17331793.jpg

プチフール。
d0352022_17332377.jpg
カプチーノ。
d0352022_17354457.jpg


店内の装飾ディスプレイ。
d0352022_17340685.jpg
d0352022_17341279.jpg

初めての訪問でしたが、聞きしにまさるその実力の程に驚かされて帰ってきた次第です。
此方のシェフは人なつこい笑顔に少々茨城弁を感じさせるイントネーションで話されるので
ついつい朴訥な方かなーと油断してしまうのですが、その実態はすごいシャープで独創的な才能を
発揮される方のように感じました。実際、それぞれのお料理も美味しいし。
また野菜の使い方がとても洗練されている印象を受けました。
というのも、此方のコンセプトは、畑からそのまま届いたような自然の持つ力強い生命力を
そのままに伝える「土の香りのする料理」とのこと。。。

青山の一等地で、他にはない面白いコンセプトを掲げて勝負するお店です。


今回は6,500円の真ん中のコースをお願いしたはずなのですが、
だいぶ良いワインを嗜んだ(?)のでお支払いはちとお高くなってしまったのですが(汗)、
お任せのグラスワインのセットも揃っているようです。


普段遣いはもちろん、ちょっとした記念日などに、少しだけおめかしして訪れたい
お店かもしれません。
ごちそうさまでした☆





●プレヴナンス (Prévenance)
東京都港区南青山2-13-7 マトリス 1F
050-5590-5273
[火〜金]Lunch 12:00-15:30 close / Dinner 18:30-23:30 close
[土]Lunch 11:30-15:30 close / Dinner 18:30-23:30 close
[日]Lunch 11:30-17:00 close
月曜休 (祝祭日の場合は、翌日火曜日が定休日)
サービス料・チャージ Dinner:10%
http://www.prevenance.biz/


by forestkoro1015 | 2017-07-28 23:29 | グルメ・都内・フレンチ | Comments(0)
日本橋高島屋の千疋屋総本店「ピーチパフェ」を食べた後は、そのまま地下へ降ります。。。
なにか美味しそうなものはないかなーーーと眺めていると、
入口近くの催事コーナーでケーキが売られています。


なんと「タイムセール」ということで、4つで1,080円(!)なのだそうです。
「手創りパイ ラ・サール」というお店の出店で、オリジナルの特製折り込みパイ生地を
用いた手創りパイ、中でも「アップルパイ」がオススメとのこと。。。


そんな訳でアップルパイを最初に選びました。一つ290円だったかな。
d0352022_17191731.jpg
当日のお買い上げはこんな感じです(同じ種類は選べないそう・・・)。
d0352022_17190926.jpg
「アップルパイ」は、レーズン、ニッキ、ラム酒゛風味付けしたリンゴを、そのオリジナルの特製パイ生地で
包んて焼き上げてあります。全体的に素朴な味わい。。。が、大きくてボリュームはあります。
そしてパイ部分がサクサクッとして軽い食感です。バターの風味も良いですね。


個人的に感動したのが、此方の「ミルフィーユ」です。たしか330円だったかな。
d0352022_17194370.jpg
此方の方が「自家製折り込みパイ生地」の食感をよりダイレクトに味わえるようです。
パイ生地の間に挟まれているカスタードも美味しい!!トップのお粉もフンワリしています。
が、若干、食べにくいかなーー???

食べ終えてから気づいたのですが(笑)、箱の横に「ミルフィーユ」の食べ方が書かれていました。
横に倒して、ナイフとフォークでいただくのが「正統派の食べ方」なのだそうです。
早くいってよーーっ(汗)。
まぁ、美味しかったから良いことにしましょう。この「ミルフィーユ」をアレンジしたお品が
「コルネ」になるのでしょうか(今回は買わなかったですが)。。。


此方は「ショコラ」(300円ぐらいだったかと)。。。
d0352022_17192330.jpg
優しい甘さのチョコレート(ココアパウダー?)ケーキです。此方も朴訥とした美味しさ。。。
フワフワっとした食感でスルスルッと食べられてしまいます。カロリーも控えめ?


「マンゴーケーキ」は食べ損ねたのですが、爽やかな食感で美味しかったそうです。


4つで1,080円なんて、なんだか申し訳ないようお値段です。
まぁ、他のケーキが高すぎるから、尚更、そのように思ってしまう訳で。。。


此方のお店、「ラ・サール」は、大阪のカステラ専門店「銀装」
というお店の藤沢工場の直営店なのだそうです。
お店はほとんど関西にあるのですが、何故か此方に一軒だけ工場と直営店があるとのこと。。。


お店は湘南・辻堂なので少々遠いのですが(アウトレット商品が色々あるそうですよ!)
日本橋高島屋のウィークリー催事会場では、ケーキやパイが時々登場することもあるようです。
パイ好きな方々は是非、チェックしてみてください。
特に「ミルフィーユ」「アップルパイ」はオススメです。


ごちそうさまでした☆





●カステラの銀装 カフェ ラ・サール 湘南藤沢工場直営店
神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目2番12号
0466-34-4261
10:30~17:30
無休
駐車場:15台有り
http://www.ginso.co.jp/
※カレーパンは、平日開店30分くらいで売り切れてしまうことが多いそうです。



by forestkoro1015 | 2017-07-27 17:57 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
とても暑い中、日本橋界隈までお出かけです(お仕事)。
せっかく日本橋まで出かけてきたのなら、やはり「千疋屋」に寄りたい(笑)。
しかも目の前には高島屋があります。
という訳で、打ち合わせが終わった後は、高島屋4階のスミの方にある
「千疋屋総本店 フルーツパーラー」に直行します(呆)。


すでに夕方ということもあるのか、店内は結構、賑わっています。
メニューを持たされて店前に並んでいる椅子で少し待たされます。
色々なパフェがあって迷いますが、やはり目についたのは「ピーチパフェ」です。


かなり悩みましたが、初志貫徹(笑)。
じゃーん!「ピーチパフェ」が運ばれてきました。
d0352022_16224355.jpg
桃がモリッ!として、今にも転がりそうです(笑)。
が、惚れ惚れするような圧倒的なフォルムです。しばし感動!!
d0352022_16225240.jpg
d0352022_16224846.jpg

食べちゃうのが惜しいのですが。。。いただきます!!
d0352022_16225921.jpg

此方のピーチパフェは7月1日からスタートした「季節のパフェ」ということで、そのお値段はなんと!!
2,484円(税込み)もします(汗)。


「ちょっと贅沢かなー!」とも思ったのですが、暑い中、わざわざ出かけてきたのだし、仕事も終わったし、
たまにだからいっかー!!と、思い切ってしまいました(汗)。
これで美味しくなかったら、落ち込み感はハンパないと思うのですが、そこは「天下の千疋屋総本店」です。
どこまでも上品で、どこまでもまろやかで、どこまでも美味しい!!


生クリームの甘さ、濃厚なバニラアイス、清涼感にあふれるピーチシャーベットの完成度の高さといったら!!
パフェグラスの底には桃のソース(?)がたっぷり!!
そしてトップにはモリッとした上品な甘さの桃がゴロゴロとトッピングされています・・・。

d0352022_16222713.jpg
ジックリと一つひとつを愛おしむように味わいます。なんといっても2,484円ですから(笑)。
唯一、不思議に思ったのは、モリッと盛り付けられた桃の甘さやジューシーさ加減が
均一ではなかったこと。。。


桃がジュワッと美味しいパフェ、いささかかたさが残る桃のパフェ、あまり甘みが強くない桃のパフェと
偏ることがないように、それぞれの桃をバラけてトッピングされているようですね。
個人的には「これは当たり・これははずれ?」(笑)などと、ゲーム感覚で楽しめたから良いのですが。


今年はお天気が不順だったので、桃の生育にも影響しているのか、まだあまり美味しい桃には
当たっていないのですが、千疋屋さんの桃はさすがに美味しい(特にジュワッとした甘い桃は)!!


ちなみにマスクメロンパフェが一番お高いのかと思ったら
d0352022_16222289.jpg
此方の宮崎産完熟マンゴーパフェが一番お高いようでした。
d0352022_16221410.jpg
ほぼ3,000円です(汗)。いつかいただいてみたいものですが。。。


このようなパフェもあります。
d0352022_16545550.jpg

ちと贅沢ではあるのですが、たまには自分へのご褒美を楽しんでみるのもよろしいかと。。。
ごちそうさまでした☆





※前回訪問時の記事は






●千疋屋総本店 フルーツパーラー 日本橋高島屋店
東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ 4F
03-3272-6867
10:00~20:00
不定休(高島屋に準ずる)
http://www.sembikiya.co.jp/


by forestkoro1015 | 2017-07-26 17:02 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)

土用の丑の日。


本日(25日)は「土用の丑の日」です。
ただでさえ暑いのに、連日、テレビでは偉い人たちが「知らぬ・存ぜぬ・記憶にない!」を繰り返し、
例の加計問題や自衛隊問題などの追求についてシラを切り、国民を煙にまいて
すべてをうやむやにしようとしています(怒×∞)。
許せません!!


また東京オリンピックのニュースでもツイッターをはじめとしたSNSは盛り上がっているようです。
「選手村用の木材を供出しろ!」「メダル用の携帯電話を供出しろ!」
「案内と通訳はボランティアを集めろ!」等々、またまた無理難題の嵐(爆)。
現場は疲弊して「過労死」している人まで出ているというのに、
「一体、とうなっているんだい?」という感じです。
そもそも誰かさんが「アンダーコントロール!」などと全世界に嘘をついて
むりくり東京に引きずってきた「東京オリンピック」などには、私は最初から興味がないのですが
経済効果云々と騒いでいた国やオリンピック委員会の勢い、一体、どこにいってしまったのでしょう(呆)?



閑話休題。
「土用」といえば「う」のつくものを食べてスタミナを蓄えないとなりません(笑)。
そんな訳で今年の「鰻」は、KINOKUNIAのうなちゃんを予約注文してみることにしました。
取りに行かなくてはならないのですが、美味しいうなぎを食べるためなら苦になりません(笑)。


「蒲焼」もありましたが、「うな重・上」を予約したのは6月下旬のことでした。
そして本日の夕方、ピックアップです。

此方が本日いただいた「うな重」
定価は2,300円(税別)ですが、ご予約特別価格で1,980円(税別)となります。
d0352022_00421200.jpg

「特盛」(2,580円)(税別)もありましたが、大きすぎるかなーということで、「上」をセレクト。


パッケージはこんな感じです。ほどよく焼けています。
d0352022_00415841.jpg
フタを開けたところ。
d0352022_00420578.jpg
タレと山椒は横にセットされています。
タレを先にかけて電子レンジ(此方も前日に届いたばかりの新品です・笑)へ。


鹿児島産の鰻に甘辛いタレがほどよくマッチして美味しい!!タレの量もちょうどよく、ご飯も美味しく
いただきました。
こんな鰻弁当だったら、「丑の日」限定でなくても食べたいかも(笑)。。。


そうそう、鰻のお供は此方の「天狗舞」(石川県・車多酒造)。
d0352022_00422171.jpg
スッキリ系のおだやかなテイストです。


「土用の丑の日」がこの夏は2回あるのだそうで、この場合は本日(25日)が「一の丑」
二回目に当たる8月6日(日)を「二の丑」と呼ぶのだとか。。。


来たる「二の丑」の日の鰻はどこの鰻をたべようか、今から楽しみです。



ごちそうさまでした☆




※スーパーKINOKUNIYA
https://www.super-kinokuniya.jp/saiziki/jul.php

by forestkoro1015 | 2017-07-26 01:28 | おうち | Comments(0)
ほぼ2ヶ月ぶりに青山の「傳」さんに伺ってきました。
この日、料理長の長谷川さんが海外にお出かけ中とのことで久しぶりの「うら傳」です。
カウンター内には新しいスタッフさんも数名。。。
新旧の皆さんが力を合わせて頑張ってくれているので、長谷川さんも安心して
出かけることができるようです。


この日の一品目は「人参のスープ」
d0352022_15105657.jpg
人参しか使っていないそうで、とても身体に良さそうな味わい。。スーーっと五感に染みいる美味しさです。


暑い日だったのでノドが乾きました。という訳で一杯目は「とりビー」いただきました
(少し飲んでます・汗)。
d0352022_15121699.jpg
トウモロコシとバジルのかき揚げ。
d0352022_15110196.jpg
意外な組み合わせですが、軽やかでサックリとした仕上がり。両者の良いとこどりですね。
おうちでも真似して作ってみましたが、好評でした♪


お料理に合わせて日本酒をいただきます。
d0352022_15122336.jpg
「月山 美月 純米吟醸」(島根・吉田酒造)
アルコール抑えめのスッキリとした上品な味わい。。。お料理が際立ちます。


続いてはフジモン作の八寸
d0352022_15110669.jpg
傳さんで「八寸」とは珍しいのですが、食べ応え感もあって、お味も相当頑張っているようです。。。
オクラの煮こごりがもう少し安定感があったらパーフェクトだったのに、ちと惜しい(笑)!!


季節のごちそう、鮎さんの揚げ物です☆
d0352022_15122817.jpg
美味しいですねぇ。頭からガッツリといただきます!


鮎さんに合わせていただくのは「日高見 夏吟 氷温貯蔵 吟醸酒」(宮城・平孝酒造)
d0352022_15123531.jpg
夏酒らしいキリっとしたキレのある爽やかな味わい。。。


続いてはイワシ(たぶん・汗)のなめろう。。。
d0352022_15124493.jpg
たっぷりと添えられた茗荷が清涼感を運んできます。


お肉はロールチキン!!
d0352022_15111176.jpg
いくつでもお代わり自由!という太っ腹ぶりが嬉しい!!


d0352022_15112388.jpg
このような感じで熱々のお出汁をかけていただきます。お出汁が優しい感じでお肉と合います。


お肉に合わせて少しだけワインをいただきます(えっ?)。
d0352022_15111752.jpg
いただくのは「Roero Arneis Casa Vinicola Bruno Giacosa 2015」
イタリア・ピエモンテのフルボディ。。。上品な果実味が凝縮された実に美味しいワインです。
お代わりしたい美味しさ♪


お椀はなんと!春雨がたっぷり入った「酸辣湯」です(驚)。
d0352022_15112835.jpg
お野菜がたっぷりで酸味を抑えた柔らかいお味。。。日本料理店でいただく「酸辣湯」も良いですね。
冷房で冷えた身体にジンワリと染みていきます。。。


此方は箸休めの「南蛮味噌」。ふじもん作。。。
d0352022_15113334.jpg
ピリ辛ですが、お酒のアテにちょうど良いですね。自信作らしく、お土産に分けていただました。


合わせていただくのは「みむろ杉 夏純 やまだ錦 生詰」(奈良・今西酒造)
d0352022_15113821.jpg
瑞々しい感じのフレッシュでライトな味わいのお酒です。初めていただきました。


お肉料理二品目は「角煮」です。
d0352022_15114336.jpg
トマトのお出汁と少しから目のトマトソースがお肉とよく合いますね。
お腹いっぱい!と言いながら、お友だち共々完食(笑)。美味しかったです。


この日のご飯はお大根が炊き込んであります。
d0352022_15125295.jpg
d0352022_15115522.jpg
d0352022_15114872.jpg
海苔が夏らしい食感を楽しませてくれます。


中国から勉強に来ている目の大きな彼女がデザートの解説を加えてくれます。
d0352022_15125852.jpg
桃ウーロン茶なんてあるのね!!」と感心していたら、某ルピシアでも販売されているのだとか(遅)。。。
上質の台湾ウーロン茶に白桃のみずみずしい香りをアレンジしたものなのだそうで、人気のお品だそう。。
また「桃膠」とは桃の木の樹脂なのだそうです。かたそうですが。。。

そして彼女が作ったデザートが此方。
d0352022_15130333.jpg
彼女の地元で作られているデザートなのだそう。。。ヨーグルト風味の繊細な食感。。。
そっかー、中国の人たちはこのようなデザートを食べているのですねぇ。。。うらやましい!!


飲み足らなさそうな顔をしていた訳ではないのですが(汗)、
「コロさん、実はとっておきのお酒があるんです!」
と、少しだけグラスに注いでくれたデザートワインが此方。
d0352022_15120033.jpg
「Stanton & Killeen Grand Rutherglen Muscat」
とても濃厚で美味!!デザートともビッタリコンの美味しいワインでした。
「オーストラリアで出会って、あまのり美味しさに購入してきました!」という通り、日本ではなかなか
出会えない感じのテイストです。まさに酒飲みマインドを刺激する一杯(笑)。


d0352022_15120670.jpg
長谷川さんはお留守でしたが、スタッフ一人ひとりが腕によりをかけてとっておきのお料理やサービスで
競い合う場として、「うら傳」はますます賑やかに進化中のようです。


北欧から戻ってきたばかりで美味しい日本料理に飢えていたのですが、おかげさまでホッコリと
癒されることができました。たまにはこのような「うら」も良いですね。

でも次回は長谷川さんがいらっしゃる「おもて」が良いかな(笑)。
ワールドワイドに勢いづく傳、これからがますます楽しみです♪


ごちそうさまでした☆





※前回訪問時の記事は



※前々回訪問時の記事は



●傳
東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館 B1F
03−6455−5433
(ご予約受付 12:00−17:00)
定休日:日曜日


by forestkoro1015 | 2017-07-24 23:31 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)
この日は母と新宿へ。
中高年のお買い物といえば、やはり「京王でしょう!」ということで車を入れます。
以前は40代以上の女性客にダントツに人気があったらしい京王ですが、
最近はそうでもないのだとか。。。ひところほどのブームは去ったらしいです。。。


母は気に入ったものがなかったらしいのですが、何故か私が帽子を衝動買い(笑)。
まぁ、日傘はそんなに好きじゃないので良いことにしましょう。


そのまま帰れば良かったのに、「冷たいものでも食べようか?」とレストラン街へ。。。
そんなに選択肢(冷たいものの)はないのですが、「コロンバン 新宿京王サロン」があります。


そんな訳で、私は「フルーツパフェ」(864円)。
d0352022_02365843.jpg
母は「モンブランのアイス」とコーヒーのセットをセレクト(お値段は失念)。
d0352022_02364650.jpg

フルーツパフェは5種類のフルーツがトッピングされています。
d0352022_02365387.jpg
トップのいちご(あまおうか?)が美味しかったです。あと、アイスが濃厚ですね。食べ応え感があります。
シロップが少々、甘かったですが。。。
これで864円だったらまあまあ美味しいフルーツパフェではないでしょうか。
そりゃー、●カノや千●屋のフルーツてんこ盛りのパフェには負けますが。。。


そしてモンブランのアイスクリーム。
d0352022_02364150.jpg
此方、コロンバンのモンブランは好きでく食べるのですが、このアイスクリームはちょっと・・・・。
お砂糖の配合を間違えたのではないかしらん?と思うほどに甘甘なのでした。
脳天に突き刺さりそうな甘さです(笑)。横に添えられた生クリームで甘さを調整しながらいただくと
いう感じ。。。母が「もういらない!」というので、引き取って7割ほどを食べたのですが、
正直、脳天がちぎれそうになりました(爆)。甘過ぎますっ(呆)!!
「いらない!」と言っていた割には、栗を2個とも食べてるし(怒)!!


コーヒーの苦みがなかったら「胸焼けモード」になっていたことてしょう。
モンブランは甘いものですが、甘すぎるのは考え物ですね。
という訳で、此方のモンブランアイスはあまりオススメしないかも。。。
フルーツパフェを食べた方が全然美味しいです。


甘すぎるモンブランアイスを目を白黒させながらいただいた後は、ちょっとだけ地下で買い物をして
駐車場へ。。。


なんと!!駐車時間が12分超過だかで「320円」を支払うことに(涙)。。。
たかが12分、されど12分。。。おいしくないモンブランアイスを食べた後なので、
尚更くやしいことといったら!!


あんなおいしくないアイスは食べないで帰ればよかったです。
甘い物をたくさん食べて重たくなってしまったし(汗)。

後悔はいつも後からやってきます。


ごちそうさまでした★





●コロンバン 京王新宿サロン (colombin)
東京都新宿区西新宿1-1-4 京王百貨店新宿店 8F
03-5321-5239
不定休(京王百貨店に準ずる)
http://www.colombin.co.jp/


by forestkoro1015 | 2017-07-21 03:02 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
連休中日の新宿界隈は新宿通りが歩行者天国となっていてものすごい混みようです。
しかも鬼のように暑いし(汗)。。。


こんな時はどこのお店に行っても混んでいて大変ですよね。
そんな時に思い出したいのが此方の「香家 新宿本店」です。
大塚家具近くの「SHOWAKAN-BLD」の地下にある此方は、新宿では割と穴場で
早い時間帯は特にすぐに入店できて、そんなにうるさくないお店の一つです。

とはいっても、「個室居酒屋」ではあるのですが。。。。


が、此方のお店は「個室居酒屋」にしてはいささかアッパークラスというか
割とキレイめで落ち着いた雰囲気。。。
たまたまかもしれませんか、今まで利用した限りにおいては、新宿の他のお店のように
大騒ぎする客にはあまり遭遇したことはないようです。
ノミホ利用が多いお店でもあるようなので、決してこの限りとは断定できないのですが。



ビールやサワー、焼酎やワインもありますが、此方では日本酒でしょう。
全国の日本酒があれこれと揃っています。個室居酒屋にしては健闘している方かと。。。
但し、夏は冷酒一辺倒。すべてコンモリとしたワイングラスで120cc(ボトルもありますが)で
提供されます。○印は580円で、◎印は770円(いずれも税別)。



この日は「腰古井・辛口」(千葉・吉野酒造)をいただきました(580円)。


お料理は「里芋と手羽先の照り煮」(580円)。
d0352022_01065964.jpg
割とうすめの味付け。もう少し里芋にお味が染みている方が好きかも。鶏肉は軟らかいです。


○お通し
d0352022_01064151.jpg
固いお豆腐と思ったら、「高野豆腐」でした(笑)。お出汁がかかっています。


○海鮮の南蛮漬け。
d0352022_01065461.jpg
海鮮は「鰺」でした。まぁ、たしかに海鮮ですが。。。
パプリカや玉ねぎなどのお野菜はたっぷりなのですが、もう少しお砂糖をお願いします。
酸っぱくて閉口しました(笑)。鰺はからっと揚がっていましたが。。。


○自家製さつま揚げ
d0352022_01064808.jpg
つなぎを使っていないのか、少々、パサパサ感のあるさつま揚げでした。


○「半熟味玉子」。
d0352022_01063464.jpg
19時頃からだんだん混んできたようですが、この日は特に空いていたようです。

また、個室居酒屋なのに、板さんが厨房前で調理をしているのを見せるのも此方スタイル。
そんなにお高い料理が登場する訳ではありませんが、新宿の個室居酒屋としてはなかなか使い勝手の良い
お店のようにも思います。

週末は宴会が多くなることがあるようなのでご注意ください。
ごちそうさまでした。



●香家 新宿本店 (こうや)
東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKAN-BLD
050-5868-3371
月~土・祝前 17:00~23:30(L.O22:50)
日・祝日   17:00~23:00(L.O22:20)
http://www.sunroyalgroup.co.jp/




by forestkoro1015 | 2017-07-19 01:52 | グルメ・都内・居酒屋 | Comments(0)
「TABEALS品川」クラフトビールを飲んだ後は、渋谷の東急東横店で夕飯のお買い物です。
「ちょっと小腹が空いたなー!!」と思う私の目の前に飛び込んできたのは
色とりどりの美味しそうなケーキたちです(笑)。


いずれも美味しそうではあるのですが、どれも立派(サイズもお値段も・笑)で
カロリーも気になります。。。
ケーキ売り場を1.5周(!)して見つけたのが、「La Terre saison」
「キャラメルナッツのエクレア」(303円)と「大地のシュー」(216円)です。
これならサイズもそんなに大きくないし、お値段も手頃です。
本当は「マンゴーケーキ」(500円)にとてもそそられたのですが(笑)。


此方は池尻大橋(三宿)に本店があり、吉祥寺などにもお店を出している
「ラ・テール」というブーランジェリーの洋菓子のお店です。


特に「キャラメルナッツのエクレア」は此方の東横店と二子玉川店のみの限定品
これは是非、食べてみなければなりません。


●キャラメルナッツのエクレア
d0352022_01303430.jpg
シュー生地に芳ばしいナッツとキャラメルを合わせ、クッキー生地をのせて焼き上げてあります。
中はキャラメルと生クリームの2層仕立て。そんなに甘すぎることがなくて、ほんのりとしたビター感が
好みの感じです。若干、トップのクッキー生地がかたすぎるような印象もありますが、許容範囲内。
美味しいエクレアだと思います。コスパもよろしいですね。


●大地のシュー
d0352022_01304259.jpg
クリームのところにキズが(汗)。持ち運び方が悪かったようです。
此方のカスタードは割としっかりしたタイプ。かためのパリっとしたシュー生地と合わせた感じも
ありますが、もうちょっと柔らかい方が好みです。
生クリームも心なかしっかり系。。。生クリームが入っていないタイプもあるそうですが。。。


どちらかというと、「キャラメルナッツのエクレア」の方が好きかも❤️
さすがに限定品だけのことはあるお味です。これだったら一度に二つは食べられそうです。
食べないですが(笑)。
ごちそうさまでした☆






●La Terre saison 東急東横店 (ラ テール セゾン)
東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横店 横店 B1F
03-3477-4662
10:00~21:00
不定休(東急に準ずる)
http://www.laterre.com/


by forestkoro1015 | 2017-07-17 01:55 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
この日は品川駅近くの某オフィスで打ち合わせです。
暑い中、出かけてきたので、やる気のなさ120パーセント(笑)。
こんなに暑い日は「帰りにシュワシュワでクールダウンして帰ろう!!」
などと、仕事中からついつい飲みのみモードになってしまいます(汗)。


無事にお仕事終了!!スキップしながらエキナカにある「マルシェコダマ」さんをめざします。
が、しかし、なんとしたことか、まだ16時半すぎというのに、店内は満席!!
「テラス席なら開いております!」とスタッフの方。。。
この暑いのに、テラス席なぞに座っていたら熱中症で倒れてしまいそうです。


シュワシュワはあきらめて、次にめざしたのが、今年3月にリニューアルオープンした
「TABEALS品川」です。
エキナカにしては珍しいガラス張りの渋いお店は、一見、カフェ風。。。
が、店内に一歩入ると、カウンターのすぐ横に大きな冷蔵庫とタップが6TAPも!!
そう、此方はヨーロッパのターミナルをイメージした「カフェ&バー」で、
朝から夜までを様々に楽しみながら過ごすことができるお店なのだそうです。
「エキナカ」で「クラフトビール」が楽しめるって、なんか嬉しいですよね。
これからの季節は特に・・・!!
お試しセット(テイスティングセット)なども用意されているようです。


この日はおとなしく「白穂乃香」などをハーフでお願いします(まだ明るいし!)。
d0352022_01342211.jpg
ハーフは650円、パイントは950円です。
「白穂乃香」といえば、生きた酵母をそのまま用いたサッポロの無濾過ビールです。
フルーティーで華やかな香りとまろやかな味わいが特徴。。。まさに女性好みの一杯ですね。。。
シュワシュワには振られましたが、「至福の時間」をゆっくりと味わいます。


やはり日本は北欧ノルウェーと違って、いつでも好きな時にビールが味わえる有難い国であることを
実感するのでした(笑)。


が、周囲を見回すと、ビールタイムにはまだ少し早かったようです(汗)。
いや、こーしーも美味しそうでしたが(笑)。


そうそう、「ブルドポーク」を自家製全粒粉パンズに挟んだ「ハンバーガー」
(ポテト、ピクルス、ドリンク付きで1,000円程度)もオススメなのだそうです。
バーガー好きとしては今度トライしてみないと!!


モーニングもやっているし、テイクアウトもできるので品川から新幹線を利用する際には
重宝しそうですね。
ごちそうさまでした☆





●タミルズ (Tameals)
東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川サウス
03-5421-8011
[平日・土]
07:00~23:00
[日・祝]
07:00~22:00
http://classic-inc.jp/
2017年3月7日オープン





by forestkoro1015 | 2017-07-16 02:36 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
梅雨明け前なのに、うだるように暑い日々が続いています。
朝からピーカンのこの日もたまたま近くにいたこともあって、ふと思いついて
「築地場外市場」まで足を伸ばしてみることにしました。


本家の「築地市場」は豊洲への移転問題ですったもんだしていましたが、
結局、「築地」も「豊洲」も両方活かすという不思議な意見に今のところはなってしまったようです。
身体に有害なものがたくさんある場所に無理矢理引っ越すなどという無駄なことはしないで
長い歴史があり、老朽化が取りざたされている現在の築地市場に手を加えて作り替えていけばよいのに・・・
と思うのは素人の浅はかな考えなのでしょうか。。。

国立競技場の時もそうでしたが、日本人は古い歴史のあるものをなんでも簡単に壊して
すぐに新しいものを作りたがる傾向があるようですよね。
この時はまだ次のデザインも決まる前から、速攻で壊していたような(汗)。。。
まぁ、ゼネコンが儲かり、議員などのえらいさんたちにも利権が色々とあるからなのでしょうが。。。



さてさて「築地場外」の話です。
3時前なのに、なんか閑散としてお店のシャッターも閉まっているところが多いです。
なんとこの日は月に数日ある「自由営業日」の日だったようです(汗)。
やりたいお店はオープンしているし、休みたいお店はクローズしているという状況。。。
道理で人も少ないはずです。が、それでも、観光客らしき人々も含めてお客さんはいます。


オープンしているのは飲食店が多いですね。海鮮丼の店、お鮨の店等々、
色々あります。某ウニの有名店もオープン!!普段は4,500円ぐらいする「ウニ丼」
タイムサービスだかで「2,800円」で食べられる!!ということで、かなりそそられたのですが
店内に誰もいないのでタイミングを外してしまいました(汗)。


路地があったり、そのまま通り抜けできたりと、雰囲気的には吉祥寺のハモニカ横丁的な
感じもあるのかーと個人的な感想を抱きました。


ある路地ではマグロの試食をやっています。また別の路地では、マグロのセール
開催されていました。一軒目はあまり良くない(お安いですが)マグロでしたが
その隣のマグロがなかなかグッド!!
おじさんは「もうおしまいだからどれでも持っていって!!」といくつかのマグロを前に
色々と解説してくれます。
なんでも「みずが出ない冷凍マグロ!」なのだそう。「冷蔵庫で3日持つ!!」そう。
2,800円と1,000円の2つのマグロでしたが、「もうひと声!!」と粘ったところ(笑)、
「もういいや!!」と「二つで2,500円」にしてくれました(嬉)。
そうそう、築地では値切るのは野暮なのだそうです(すみません・あとで知りました・汗)。


これがホレボレするような立派なマグロです。
お店の名前はたしか「大興」さんだったかと。。。まぐろの専門店のようでした。


帰宅した後はもちろん「まぐろパーティー」(笑)。
d0352022_01523079.jpg
マジにお酒、もとい、ご飯が進むプリプリの美味なマグロだったのでした。
今年一番というか、お高いお店のお造りでいただいても、これほど脂ののったマグロには出合えないでしょう
という感じの逸品です。安く買えたと思うと、なお、美味しい(笑)。
皆がわざわざ築地に買いにいくというのも納得のお品です。


実際、切っても、おじさんのいう通り、全然、みずっぽくはなりませんでした。
此方は1,000円マグロのカット前。
d0352022_01522290.jpg
3日日持ちするというので、悩んだのですが、結局、食べちゃうことに(笑)。
美味しくいただきました♪


此方はお馴染みの「松露」の玉子焼き
d0352022_01523636.jpg
せっかくなので本店で購入してきました。美味しいですよね。やはり本店て購入すると、新鮮さが違うような(笑)。
横で売られていた「玉子サンド」もせっかくなので購入してみれば良かったです。



今回はたまたま自由営業日の訪問でしたが、何となく雰囲気はリサーチできたので、次回は楽勝かと。。。
次回は「まぐろ購入」はもちろんですが、「ウニ丼」か「海鮮丼」を食べに出かけたいものです。


飲食店関係者以外の人が訪問するのに適した時間は通常は9時〜14時ぐらいとのこと。
有料駐車場もあるようです。


ごちそうさまでした☆








by forestkoro1015 | 2017-07-13 02:47 | お買い物 | Comments(0)