Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2017年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

渋谷駅周辺でまったりとした時間を過ごしたい時に、つい足が向いてしまうのが
「華泰茶荘 渋谷店」さんです。
1階と2階の茶葉と渋い茶器の販売コーナーを抜け、階段を上がっていくと、3階にそこだけ異空間という
感じの「螺鈿細工」のテーブルが置かれた落ち着いたスペースのお店があります。

d0352022_12511736.jpg
すでに夕方ということもあり、店内に客は数えるほどです。が、近くのテーブルにいたグループ客が
異様にうるさくてゲンナリ(汗)。。。アンラッキーな日でした(笑)。
もう少しTPOをわきまえてほしいかなぁ。。。


気を取り直して「飲茶セット」をいただきます。
此方は点心3種盛り合わせに、焼き菓子、デザート、中国茶(東方美人茶、中国緑茶、もう一種?からの選択)
がついて1,300円という、おやつタイムに適したメニューです。


お茶は「東方美人茶」をセレクト。
d0352022_12505093.jpg
この「東方美人茶」は、オレンジがかったお茶色がシャンパンに似ていることから「香檳烏龍茶」と呼ばれ、
その独特の華やかな風味が早くから世界に知られた歴史のある台湾烏龍茶としても有名なのだとか。。。
以前は「聞香」用の小さな器がついてきたのだけれど(何年前の話だ・笑)、今回は「茶こし」が
用意されていました。


少し濃くなってしまいました(汗)。
d0352022_12505730.jpg
点心セットが登場します。
d0352022_12510426.jpg
四川風ミニ肉まん、肉焼売、モチモチしたお肉が入った緑色の餃子の3種類です。
味がついているので何もつけずにいただきます。肉まんも良いですが、緑色の餃子が香辛料が
入った不思議な味わい。。。これはもう一つ食べてみたかったです(笑)。


焼き菓子はお茶の葉で作ったケーキお茶の葉の蜜をかけた杏仁豆腐
d0352022_12511160.jpg
このパウンドケーキが甘すぎずにさっぱりとしていて美味。しっとり感が何ともたまらない味わい!!
ついついお茶が進んでしまうのでした。。。トロトロのなめらかな杏仁豆腐との組み合わせも良いですね。


台北(博愛路)にも本店があるそうなので、機会があったら訪れてみたいと思います。
が、渋谷の駅チカで、本場台湾の雰囲気で様々な中国茶を楽しむことができる此方の存在
は実に貴重だと思います。


あまり人がいない平日の午後がオススメ。。。(この日はアンラッキーでしたが・笑)。
できれば静かな雰囲気の中で、じっくりと中国茶と飲茶の余韻に浸りたいお店です。


なお、平日のラストオーダーは17時、土日祝のラストオーダーは18時なのでご注意ください。
ごちそうまでした☆




※前回の訪問記事は




●華泰茶荘 渋谷店 (ファタイチャソウ)
東京都渋谷区道玄坂1-18-6 秀峰ビル 1F・2F
03-5728-2551
1・2階 茶葉・茶器の販売 10:30~19:30
3階 茶芸館平日11:00~17:30(L.O. 17:00)土日祝11:00~18:30(L.O. 18:00)
4階 個室(要予約)
火曜休、年末年始
http://www.chinatea.co.jp/






by forestkoro1015 | 2017-05-23 13:28 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
運が悪い日というのがたまにあります。
先週がそんな感じ。ふと思い立って「美味しいものでも食べよう!」と出かけたのですが
目当ての某店はすでに「満席」(以前はふらりと出かけても入店できたのに・汗)、
二軒目のお店は「夕方から貸切」(いつも空いているのに・汗)。
ノーアイデアで出かけてきたので代わりのお店も思いつきません(汗)。


思い出したのが、吉祥寺東急デパ食街にある此方「點心茶室 吉祥寺店」です。
何度か訪れたことがあるお店ですし、先日、京都伊勢丹にあるお店にも伺って
「春巻き」がなかなか美味しかったので、入店してみることにしました。


夕方の店内はなかなかの混み具合。。。今年で15周年を迎えるのだそうです。
コースの設定もありますが、この日はアラカルトでお願いします。


一番美味しかった「黒酢の酢豚」
d0352022_10550185.jpg
当日のお料理の中ではずば抜けていました。黒酢ともう一種類、お酢が選べますが、黒酢にしておいて
正解!!しっとりとしてなかなかの仕上がりです。


「海老チリ」
d0352022_10544056.jpg
海老が小さいことっ!!ソースの味は悪くないですが、なんだか物足りない感じも(汗)。なんだろう?


「春巻き」。
d0352022_10544722.jpg
先日の京都伊勢丹でもトライ済みですが、カリカリッと芳ばしく揚がっています。熱々感もあって美味!


「五目焼きそば」。
d0352022_10545496.jpg
固めんと柔らか麺のいずれかが選べるので後者をセレクト。お野菜はたっぷりでイカ、えび、豚肉などが
トッピングされていますが、油っこさが多くて閉口。。。もう少し脂分を抑えてほしいかなぁ。


「海老入り蒸し餃子」
d0352022_10550738.jpg
さすがに「点心系」は美味しいですね。ふっくらと優しく蒸し上がっています。


「焼き餃子」。
d0352022_10551324.jpg
と思ったら、焼き餃子はあまり熱くない上に、油っこいです。ついてくるタレは辛味があって
美味しいのにちょっと残念!!そういえば京都伊勢丹店の焼き餃子もあまり・・・(汗)。


デザートの「杏仁豆腐」。
d0352022_10551942.jpg
此方もプレーンとストロベリーソースが選べます。後者をセレクト。ブルーベリーが入った
ストロベリーソースでした。可もなく不可もないお味。

「胡麻団子」。
d0352022_10553201.jpg
「お時間がかかります!」と言われた割にはソッコーで登場しました(笑)。あまり熱くない(汗)。
これだったら頼まなくても良かったかなぁ。。。


「叉焼麺」。
d0352022_10552500.jpg
厚めの叉焼が5枚もトッピングされています。スープがなかなか美味しいとのこと。。。

ジャスミンティー。
d0352022_10543616.jpg

お値段は一人3,200円ぐらい相当でしょうか。。。
久しぶりに伺いましたが、あまり美味しいものに巡り合うことができなかったこともあって
なんだか消化不良(笑)。その割に値段はそこそこにするし(汗)。
という訳で帰りは東急地下でシュークリームなぞを購入(汗)。
調べないで出かけたのも失敗でしたが、これだったら近場の蕎麦店で「天ぷらそば」でも食べた方が
満足度は高かったねーー!!という話になりました。


最近は予約しないで出かけると「スカ」のことが多いように思います(汗)。
これもグルメサイトが普及してきているせいなのかもしれないですね。
ごちそうさまでした★





●點心茶室 吉祥寺店 (テンシンチャシツキチジョウジテン)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 9F
0422-22-3571
11:00~22:00(L.O.21:30)(コースL.O.21:00)
不定休,


by forestkoro1015 | 2017-05-22 11:34 | グルメ・吉祥寺 | Comments(0)
今年の「こどもの日」の柏餅は、地元にある「御菓子司 三陽」さんで購入しました。
1971年創業の地元ではかなり古い和菓子屋さんです。

「柏餅」は漉し餡、つぶ餡、みそ餡、白餡など、色々と選べます。
我が家は揃って「濃し餡」党なので、濃し餡ばかりを購入。
d0352022_12342334.jpg
サラリとしたのど越しのそんなに甘くない餡が上品な味わいの柏餅です。


ふと横をみると、たのしい顔をした鯉(上生菓子)が(笑)。
ふぐのような顔をした鯉が楽しいので、母へのお土産に購入して帰ることにしました。
d0352022_12344734.jpg
たぶん「鯉のぼり」をモチーフにしたお菓子なのでしょう。かわいいですよね。

上生菓子は4つセットで1,080円。良心的なお値段が嬉しいですね。
しかもこのようなアヤメのお飾りがついてくるらしいです。
d0352022_12343086.jpg
という訳で「ふじの花」
d0352022_12343744.jpg
「あやめ」を2つ
d0352022_12345494.jpg
お持ち帰りすることにしました。
此方の上生菓子はリーズナブルなプライスなのでよく購入するのですが、季節に応じて色々な
バージョンのお菓子が登場するので楽しいです。
今時、都内のデパートなどで買うと、一つ400円とかはザラですし。なんだかなーという感じは
否めません。


そうそう、今回は買わなかったですが、此方の一番有名なお菓子は「麩まんじゅう」です。
此方も漉し餡と粒餡が選べるのですが、此方の「麩まんじゅう」はモッチリとしてとても美味!!
少し前の話になりますが、2013年の「anan」による「夏のお取り寄せ大賞」という
企画もので堂々、満場一致の「グランプリ!!」を獲得したという自慢の一品です。


d0352022_12341795.jpg

お店はそんなに大きくはありませんが、お客さんが絶えない地元の人気店でもあります。
噂の「麩まんじゅう」(その他のお菓子も)、機会があったら、是非、食べてみてください。
ごちそうさまでした☆





●三陽 (さんよう)
東京都小金井市本町2-9-10
042-383-7400
9:00~21:00
月曜休
http://koganenosato.org/detail/shp/shp0297.html




by forestkoro1015 | 2017-05-15 13:29 | グルメ・都下 | Comments(0)
グアムに出かける前日に「前夜祭」ということで「傳」さんに伺ってきました。
少し時間が空いて4ヶ月ぶりの訪問となります。


この日もシュワシュワからのスタートです。
いただくのは「Zenato Spumante Metodo Classico Lugana Brut」
ヴェネト州のアマローネの有名生産者さんなのだそうです。比較的に上品な味わい。。。
d0352022_17123110.jpg

富士山の麓から届いたばかりの「タラの芽とコシアブラ」の天ぷら。ホロリとした苦味がよいですね。
d0352022_17112848.jpg

「ホワイトアスパラガスと温泉玉子」。
昨年も神保町のお店でいただいていますが、やはり美味しい!!
甘いホワイトアスパラガスが初夏の香りを運んできます。優しい風味のお出汁との相性もバッチリ!
d0352022_17113472.jpg


此方ではお馴染みの「72 Filara Inzolia Terre Siciliane」。シチリア発のすっきりとした飲み口!!
d0352022_17124526.jpg
本日の「傳タッキー」!!
d0352022_17123780.jpg
d0352022_17114033.jpg
d0352022_17114628.jpg
中は姐さんの故郷、長野県のおやきバージョン(中は高菜漬け)でした。


4日間熟成させた「かつお」(たしか・汗)。。。
d0352022_17115289.jpg
「Barbaresco Gaia Principe Roberto Sarotto 」
ネッビオーロを用いたピエモンテのワイン。優雅で 華やかな味わい。
d0352022_17125516.jpg
長谷川さんオリジナルの「蕗味噌」
やはり富士山の麓から届いた「蕗の薹」を使って仕上げた絶品です。
昨年もお代わりしたのですが、今年もお代わりしちゃいました(笑)。
d0352022_17115777.jpg
せっかくの美味しい蕗味噌なので、日本酒いただいちゃいました(笑)。
「宝剣 純米吟醸 愛山」。まさか「愛山」がいただけるとはっ!!
d0352022_17130297.jpg
分厚いローストビーフをたっぷりの山菜と共に。。。
ごっつい感じの厚切りカットですが、お肉は柔らかくてジューシーです。
お野菜がたっぷりといただけるのが良いですね。
d0352022_17120208.jpg
定番の「傳サラダ」
味もボリュームも少し青山ナイズされた感じもします(笑)。。。
d0352022_17120880.jpg
「San Martino Bolgheri Superiore DOC 2010」
どっしりとした重厚感の中にスパイシーさを感じさせるトスカーナのフルボディ。大変に美味しい!!
d0352022_17130925.jpg
「鴨肉と蕨、セリの治部煮」
此方、鴨肉にお出汁がじっとりと染みてとても美味しかったですね。
d0352022_17121454.jpg

「ホタルイカの炊き込みご飯」
d0352022_17131670.jpg
取り分けて。。。
d0352022_17132156.jpg
赤出汁。
d0352022_17132830.jpg
何故か、よそのお客さんのご飯をお相伴(笑)でいただきました。お肉たっぷりで美味しい!
d0352022_17133511.jpg

「うすい豆と黒みつの寒天、ラム酒のゼリー」
少しユニークな感じのデザートですが、此方も美味しい!!
d0352022_17122021.jpg


外苑前に移転したばかりの前回訪問時は、皆さんの動きがまだギクシャクとしてこなれていないような感じも
見受けられたのですが(汗)、移転後4ヶ月を経て、いよいよギアがトップに入って「絶好調!!」
という印象を受けました。いずれのお料理をいただいても美味しくて、ついつい飲みすぎてしまいました(笑)。
d0352022_17111423.jpg

そしてまた新しいステージに突入された傳さん、次回訪問時はどのようなサプライズで
私たちを楽しませてくれるのでしょう。。。
思い切り期待してしまいましょう。ごちそうさまでした☆



それにしてもグアムに出かける前に「美味しいもの」をいただくことができてラッキーでした!!




※前回訪問時の記事は

※神保町時代の「うら傳」の訪問記事は
※その前の「おもて傳」の訪問記事は



●傳
東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館 B1F
03−6455−5433
(ご予約受付 12:00−17:00)
定休日:日曜日


by forestkoro1015 | 2017-05-14 18:24 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)
あの、「銀座ウエスト」の焼き菓子とケーキ類がオールⅠ割引で購入できる直売所が
国立にあります(日野工場と山梨の一宮御坂工場に併設された直売所も1割引です)。
此方は正確には、「配送センター」に併設された「直売所」となります。


この日は母がお遣い物用の焼き菓子を購入したいということで国立までお出かけ。。。
世の中は連休でしたが、此方は年中無休で営業している便利なお店です。


焼き菓子のみでなく、生菓子も色々と売られているのが嬉しいですね!!
グアムで太って帰ってきたので、しばらく甘い物は控えるはずだったのですが
ガラスケースの向こう側から美味しそうなケーキたちが微笑んできます(笑)。
「モンブラン食べたーーい!」と思ったのですが、大きな「シュークリーム」をセレクト。
「カスタード」の他に、「ゴルゴンゾーラ」や生クリームがたっぷりの
「クリームパフ」(すべて411円)があるのですが、この日はすでに「クリームパフ」は
売り切れのようでした。。。実は食べ比べも楽しいのです(笑)。


帰宅してから早速のティータイムと洒落込みました。
d0352022_14343985.jpg
大きなシュークリームはよそのお店のシュークリームの2倍は超える大きさです。
中には「これでもかー!」とカスタードクリームがビッシリと詰まっています(嬉)。
「晩ご飯はこれで十分!!」と思ったのですが。。。


銀座本店や青山のお店の喫茶室で「シュークリーム」をいただくと、「ナイフとフォーク」が用意
されますが、おうちで食べる時には豪快に食べられるので良いですね(笑)。
しかも此方の直売所で購入するとⅠ割引きだし!!



そうそう、当日は3,000円以上購入すると、「オリジナルのマスキングテープ」プレゼントという
キャンペーンをやっていました。
「ウエスト ウエスト ウエスト・・・」というロゴがたくさん入ったテープかも!!
と母と笑っていたのですが、実物は此方。
d0352022_14344676.jpg
銀座ウエストの焼き菓子があれこれと印刷されたマスキングテープでした!!
今、流行っているテープのように、一枚ずつはがすことはできませんが、眺めているだけで
お腹が空いてくる美味しそうなテープです(笑)。ちなみに香りはしませんでした(笑)。



配送もできるようなので、来月あたりから混み合いそうです。
駅からは離れているので少し不便ですが、お近くの方にはオススメの直売所です。
ごちそうさまでした☆



なお、普段は無休なのですが、来たる5月14〜15日は日野工場直売所と共に「臨時休業」だそうです。






※以前の訪問記事は

※一宮御坂工場の訪問記事は

※銀座本店の訪問記事は




●洋菓子舗ウエスト 国立配送センター直売店
東京都国立市谷保7121
0425-73-5611
[月~土]
9:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00
無休
http://www.ginza-west.co.jp/index.html


by forestkoro1015 | 2017-05-12 15:14 | グルメ・都下 | Comments(0)
久しぶりに「賛否両論」のお弁当をいただく機会がありました。
「賛否両論」のお店はなかなか予約が取れないようですが、お弁当は色々と種類が豊富なようです。
こんなに色々とラインナップしているようです(https://gochikuru.com/1113/)。


私が選んだのは「笠原流 絶品!鳥めし重」(1,250円)です。
d0352022_14275770.jpg
鳥の照り焼きと柚子風味のつくねが玉子を載せた鳥めしの上にのっています。
全体的に山椒が効いていてとても美味しいです。右上野お漬け物のように見えるのは「茄子の煮浸し」。
その下の糸蒟蒻も絶妙な上に何とも上品なな味付けでした。
唯一惜しかったのは、まる十(さつまいも)。ちとかたかったようです(笑)。
が、これで1,250円だったら、かなりお得感は強いのではないでしょうか。。。
実際、↑のサイトのランキングでも堂々2位にランクインしているお品です。
ほんの少し、予約のとれない焼き鳥店「鳥しき」さんの「焼き鳥弁当」のお味に似ていたように思います。


一緒に買ってきたのは、やはり賛否両論の「懐石弁当 調〜SHIRABE〜」(1,350円)。
d0352022_14274604.jpg
上品な京風の俵型おむすび(玉子そぼろと菜めし)の他、笠原氏こだわりの8種のお品と共に
詰め合わされています。人参とお魚を挟んだ磯辺揚げが美味しい!!
が、玉子そぼろはいささか印象が薄い感じの味付け。。。私は「鳥めし重」の方が好きかなぁ。。。


此方は銀座歌舞伎座前にある「木挽町 辨松」の「懐石弁当・白」(1,200円)。
d0352022_14275182.jpg
やはり歌舞伎の幕間にいただくお弁当屋さんのお弁当ということで、何をいただいても安心できる味!!



此方は「神田明神下 みやび」の「八五郎弁当」(800円)。
d0352022_14273989.jpg
昆布入り白飯とじゃこ入り茶飯のおにぎり弁当です。
色々と入っているおかずが美味しいそう。お値段も手頃なのがうれしいですね。




「駅弁フェア」ではないですが、たまにはこのように色々なお弁当を食べ比べてみるのも
楽しいかもしれません♪





※前回の「お弁当」に関する記事は



●賛否両論 (さんぴりょうろん)
東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル 1F
03-3440-5572
18:00~翌1:00(L.O.23:00)
日曜日、祝日休
http://www.sanpi-ryoron.com/
2004年9月16日オープン


by forestkoro1015 | 2017-05-11 15:51 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
所用で出かけてお昼を食べ損ねたので、久しぶりに再訪。
あの、「神田まつや」の唯一の暖簾分けのお店、「神田まつや 吉祥寺店」さんです。


GWが終わった吉祥寺の街はいつもよりも人が少なめ?
東急デパートの店内もスカスカです。。。


いつもの「盛り合わせ天もり」(1,296円)をいただきます。
d0352022_15234191.jpg
熱々の天ぷらにのど越しの良いコシのあるおそばが美味しいですね。

お腹が空いていたこともあり、いつも以上に美味しく感じました(笑)。
d0352022_15235220.jpg
もう一枚食べられそうでしたが、ダイエット中(笑)ので一枚で打ち止め!
熱々の天ぷらは茄子、かぼちゃ、ししとう、きす、海老の5種類。
ダイエットしているのにーーーっ(汗)。。。
d0352022_15235818.jpg
此方はツユ。柚子と三つ葉が入っています。
d0352022_15240771.jpg

此方は母が注文した「そばとろ」。天地逆ですみません(汗)。
毎回、同じものを食べているようです(笑)。
d0352022_15233472.jpg
いつも同じ席で食べているような(笑)。
d0352022_15232715.jpg

通し営業のお店なので、いつ、何時に訪れても気軽においしいお蕎麦を手繰ることができるお店です。
ちなみに一杯やることも可能(笑)。いつの日か、此方で日本酒をいただくことが夢です(笑)。




※前回訪問時の記事は
前回も連休明けの頃に訪問して「衝動買い」してるし(呆)。。。





●神田まつや 吉祥寺店 (かんだまつや)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 9F
0422-22-1722
10:30~21:00(L.O.20:30)
不定休(東急に準じる)


by forestkoro1015 | 2017-05-10 15:52 | グルメ・吉祥寺 | Comments(2)

奄美布のバッグ。

「奄美布」をご存じでしょうか。
着物好きの人なら、誰もが一度は着てみたいと憧れる「大島紬」は、
奄美大島だけで行われている天然の染色方法である「「泥染め」を用いています。
「泥染め」は、絹糸に美しい独特の黒い光沢を与え、繊維にしっとりと柔らかな肌触りを
与えると共に、丈夫さをもたらすなど、さまざまな特徴を備えています。

およそ1,300年以上の歴史を誇る日本の伝統工芸品「大島紬」の着物をリメイクして再生。
古い生地を裂いたものをヨコ糸として新しい生地を織っていく「裂き織り」の技術を採用。
大島紬の織り機を使い、大島紬の細く裂いた生地をヨコ糸として使い、大島紬のタテ糸で
しっかりと織り上げられた「裂き織り」、これが「奄美布」の生地です。
材料となる着物生地によってできあがりの風合いは異なるようですが、
絹の持つ独特のしなやかさとツヤは、まさに世界に一つだけのオリジナルのお品!!


昨日、たまたま通りがかって見かけた「奄美布」のバッグに一目惚れ(爆)。
「一点もの!」という言葉にも惹かれ、またまた衝動買いをしてしまいました(反省!)。
私はタッパがあるのでお着物は着ないのですが、連れて帰ってきた子は
和装にも洋装にも似合いそうな感じのシックでかわいい子です(笑)。
d0352022_13171440.jpg
お店は某デパートの催事に出店されていた鹿児島の「はじめ商事」さんです。
本来は奄美大島紬のお店なのでしょう。「奄美布」の小物だけでなく、とてもステキな大島紬の生地が
いくつも店頭に並んでいました。


沖縄には何度か出かけていますが、その手前にある「奄美大島」は訪れたことがありません。
交通の便が不便なこともあるかもしれないですね。
どことなく東出昌大に似た感じもある(個人的見解ですが・笑)お店のご主人はとても親切で
「これ、持っていってください!」とオマケに島ザラメをつけてくれました。
d0352022_13165025.jpg
奄美大島の「観光PR係」も務めておられるようです。大変ですね!!
お店の紹介が書かれたミニパンフの他に、奄美大島の観光パンフレットもいただきました。
「遊びに来てくれたら、私が案内します!」とのこと(笑)。。。
ちなみにそこに書かれていた一番高い宿泊施設(ホテルでした)は、「2食付きで一泊一人8,000円〜」
でした。うーむ、あとはアクセスの問題ですかねぇ(笑)。



そして当日はお買い上げ金額に応じて「抽選」が行われていました。
ここのところ、くじ運は全然よくないのであまり期待しないでチャレンジしたのですが、
ティッシュ11個と「赤玉1個」をゲット!!
d0352022_13165681.jpg
ティッシュは3枚重ね!!肌触りが違うのだそうです。
「赤玉」が出ると、さらに「職人賞」の三角くじに進むことができます。

当たったのは、京都のお店が取り扱う麻の枕カバーでした。
d0352022_13170198.jpg
これからの季節、枕がヒンヤリとして快眠できそうです。
「母の日」プレゼントの一つということで、此方は母に進呈。



衝動買いのせいで、なんだかんだと楽しい一日となりました(笑)。
d0352022_13171977.jpg





●はじめ商事
〒894-0062 鹿児島県奄美市名瀬有屋町30-1
http://hajimeshoji.com


by forestkoro1015 | 2017-05-10 14:29 | お買い物 | Comments(0)

秘密のお店デビュー!!

「秘密のお店」というと、なんだか小難しいような感じもありますが、
電話番号や住所がネット非公開で、お料理の写真撮影禁止というお店に伺う機会を
得たのは先月のこと。。。今回も超常連さんの恩恵に預かったのですが、
限定10名さまの予約困難店の一つだそうです(多謝)。


撮影して良いのは、店主の方(かわいらしい女性です!)とその日、いただいた
日本酒のみ(笑)。あっ、外観もよろしいそうです。


お料理は牛肉が主体の和食となります。

一皿目は熟成させたタンがゴロゴロと入ったマッシュルームのスープ。

ほっこりとした優しい味わいです。

続いてはローストビーフとハツの刺身、馬肉握り、ミノの軍艦

蒸した鶏肉、牛肩肉のポン酢ホイル焼き、〆は稲庭うどん風中華そばでした。



そして当日の日本酒は香川の「川鶴」5種類の飲み比べ(!)でした。

d0352022_18521000.jpg

いただいたのは、左から(順不同ですが)
「川鶴 純米吟醸 〜Advance〜 原酒」


「川鶴 純米Advance 限定生原酒 」


「川鶴 純米 Wisdom(ウィズダム) 限定直汲み無濾過生原酒」


「川鶴 特別純米火入れ Wisdom」


「川鶴 新米新酒しぼりたて 28BY」

となります。



ラベルをご覧になればわかるように、四国・香川の蔵元である「川鶴酒造」さんは

製造責任者が女性杜氏さんに変わり、新たな体制でスタートを切られたそうです。

大きくて力強いロゴが入ったラベルのお酒は、長年にわたって地元手で栽培されている

香川県を代表する酒造米“オオセト”を用いたもの。

「Wisdom」という言葉の通り、今までのスタイルを継承した形のお酒なのだそうです。

この力強いロゴはどこかのお店でいただいたことがあります♪



そして左側の少し小さめの「川鶴」のロゴとモダンな感じのラベルの日本酒は、

↑に書いたように、製造責任者が変わり、新たな醸造体制でスタートした此方の

意気込みと挑戦する発想を示したものなのだそうです。



ブルーのラベルは先人たちの知識や経験、「川鶴」イズムを継承した「Wisdom」

そう、あの「オオセト」が使われているのだそうです。


そしてグリーンのラベルは「Advance」。。。なんでも川鶴酒造初の試みとして

「金沢酵母」で醸されたお酒なのだそうです。


黄色ラベルは「山田錦」純米吟醸の「Advance」

さらに新体制になってはじめてのしぼりたてという「新米新酒」をいただきました。



同じ蔵元のお酒を色々と飲み比べるというのも面白い趣向ですね。

お料理もそれぞれのお酒に合わせて用意され、また、店主の方の様々な解説に耳を傾けながら

最高のマリアージュを楽しむことができました。




此方はお店の外観。

杉玉が下がっています。

d0352022_18521821.jpg


たまにはこのような蔵の歴史を勉強しながら飲むのも楽しいですね。

また機会があったら是非、参加したいと思います。

ごちそうさまでした☆





■店名・電話番号・・・・共に非公開のお店です。




by forestkoro1015 | 2017-05-09 00:34 | グルメ・都内・日本料理 | Comments(0)

アスパラ祭り開幕!!

今年も恒例のアスパラ祭りの時期がやってきました。
札幌出身で北海道のあちこちに友達が暮らす母のもとに
今年もアスパラガスの第Ⅰ便が到着しました。

d0352022_14314186.jpg
白アスパラは皮をむかなければならないので手間がかかりますが
昨晩、早速オーブンで焼いてオリーブオイルと塩胡椒でアッサリといただきました。
「あまーーーい!!」。。。旬の旨みが全身に行き渡っていきますぅ。。。
日本人はやはり贅沢ですねぇ(笑)。
さて、あとはどうやって食べようかなぁ。。。パスタ、ベーコン巻、肉巻き、etc.と
楽しみは尽きません。。。


おまけ。。。
今年初(でもないですが)のスイカ。
d0352022_14314701.jpg
果物の中で一番好きなので、姿勢を正していただきます。
やはり美味しい!ですね!


by forestkoro1015 | 2017-05-08 14:38 | いただきもの | Comments(0)