Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

初めての八高線。

今週は(も)あちこちに出没(お仕事です・汗)。
月曜が錦糸町、火曜が三鷹、水曜のAMが都内でPMが「北八王子」での打ち合わせでした。
「北八王子」は八王子からJR八高線で一駅目の駅です。
八高線は八王子と群馬県の高崎を結ぶ電車だそうですが、実は利用するのは初めて。
AMの打ち合わせがおしてしまい、お昼抜きで新宿から八王子へ。。。


電車は川越行きでした。しかもドアボタンを押して自分で開閉するタイプです(驚)。
d0352022_19012178.jpg
高尾以西の中央線普通列車では時々見かけるタイプ(主に冬季ですね)ですが
都内では久々に見たかも!!
2月に余呉に出かけた時に利用た北陸本線も自分でドアを開閉するタイプでしたねぇ。。。


30分に1本の八高線が出発するまでは10分ほどあるので、改札前にあるベッカーズでサンドイッチなどを
いただきます。
d0352022_19011056.jpg
このサンドイッチ、300円もしました(高っ!!)。コーヒーは230円。こっちは普通かな。


さて、記念すべき八高線に一駅乗って「北八王子」駅へ。。。
d0352022_19015971.jpg
工業団地があるみたいですね。そういえば中央高速からよく見えるエリアです。
「西八王子」に比べると、駅前はかなり地味め!!それでもロータリーは立派です。
d0352022_19020859.jpg
駅前にはセブン・イレブンなどのコンビニもあり、何軒か定食屋さんや飲み屋さんもあります。
やはり工場や研究所に勤務する方々が利用する駅なのでしょう。


住宅街を抜けて歩いていくと、目の前に不思議なお店発見!!
d0352022_19021883.jpg
「酒まんじゅう」のお店のようですが、すでに「売り切れ!」
看板がかかっています。かなり残念!!


店構えと煙突、さらに「売り切れ」の文字が気になったので、帰宅してから調べてみたところ、
「内田」さんという「酒まんじゅう専門店」であるようです。


なんでも「八王子」は昔はあまりお米が獲れないで、畑作中心だったそうです。
それでも江戸に近くて農作物の流通などもあったため、割と裕福な農家も多かったのだそうです。
その副業として造り酒屋がいくつかあって、その関係で現在でも、
あきるの、青梅から八王子にかけては「酒まんじゅうのお店」が残っているのだそうです。
そういえば、あきるの界隈でも何軒か見かけた記憶が!!


此方のお店はなんと!!あの、食べログも未掲載(驚)!!
久々の未掲載店発見に嬉しくて小躍りしてしまいました(笑)。
「八王子の酒まんじゅう」といえば、「内田の酒まんじゅう」というほど
地元では有名なお店らしいです(知らなかったです・汗)。

自家発酵の麹を使って手造りでつくる「酒まんじゅう」の中には
「粒あん」が!!
見た目も非常に美味しそうです。
が、午前中でほぼ売り切れてしまうという「幻の酒まんじゅう」のようです。
まさに「知る人ぞ知る」地元の方々のためのお店なのでしょうね。


うーむ、そうなると一度は食べてみたいかも!!
また「北八王子」に出かける用事を作らなければ!!
あっ、午前中限定でですよね!!



お店の場所は八王子一中の近くのようです。
頑張って探してみて下さいね!!



仕事を終えた後は八王子駅までバスで出ることに。。。
此方の方が全然便利で近いように感じました。
八高線乗るほどのことはなかったかも!!
でも、北八王子の駅から歩かなければ、酒まんじゅうのお店にも出合えなかった訳で(笑)。
それにしても、八王子は寒かったです(汗)。


by forestkoro1015 | 2017-03-31 19:48 | お散歩 | Comments(0)

解せない話。

スピード違反や追い越し禁止違反、飲酒運転なら、違反した自分が悪いのはわかるのですが
「なんだかなー?」という取り締まりでつかまった経験はありませんか?


例えば、一時停止で「停まった・停まらない」での取り締まり。。。
此方は停まっているのに、物陰に隠れていたおまわりさんは「停まっていない!」
「私はずっと見ていました!」という主張。。。
だったら、一時停止の違反をさせないように、「存在を主張して」その場にいれば良いと思うのですが。
おまわりさんがいれば、誰でもキッチリと「法令」を十分すぎるほどに守って
その場所では違反検挙者はキッチリと減ることでしょう。
物陰に隠れて見ているなんて「卑怯」ですよね。
あんたのことだよ!!○蔵野警察っ!!


今回の青切符も「違反」と言われればそうなのですが、なんだかしっくりこない話でした。
あまり通ったことがない道で、某スーパーの駐車場に「右折」で入ろうとしたところ、
そのスーパーの駐車場は「右折進入禁止」だったそうです。

何故、気づかなかったかというと、
目の前に10トンの大型トラックがいて前を塞いでいた!
からなのでした(標識も何も前は全く見えませんでした)
当時、雨が降っていて視界はあまり良いとは言えない状況です。
で、右折したら駐車場におまわりさんがいて、青切符を切られたという次第です。


「トラックがいて前が見えなかった」と話したところ、
「車間距離を十分にとっていれば、前は見えたはず。
車間距離を取らなかったあなたが悪い!」と向こうは聞く耳を持ちません。
というか、車間距離をとるも何も、ずーーーっと渋滞していた訳ですから
その言い分は無理があると思うのですが。。。


若い方のおまわりさんは気の毒がってくれましたが、もう一人の中年のおまわりさんは
人のことをにらみつけて、とても感じが悪かったです。
まさに虎の威を借る狐という感じ(爆)。


結果、6,000円の罰金ということでしたが、どうしても腑に落ちません。
ネットで検索してみると、交通違反の罰金の支払いは義務ではないという話も見かけたので
しばらく放置(!)してみることにしました。
が、今回、2回目の督促状が来てしまいました(汗)。
d0352022_15044076.jpg
結構、過激な内容ですよね。
ネットでは「ひたすらガン無視する!」と書いてありましたが、
これを過ぎると今度は「検察庁」から呼び出しがかかるのだそうです。
呼び出された場合の傾向と対策も書かれていました(別に前科がつくわけでもないらしいです)。
そして大半の場合が「おとがめなし」「反則金も払わなくて済む!」
のだとか。。。結構、そのような人たちは少なくないのかもしれないですね。。。


が、まぁ、3月まで粘った自分を「良し!」とすることにして、誠に不本意ながら先日、払ってきました。
なんか権力の「言いがかり」に負けたようでとても悔しいのですが。。。


交通課がメインなのでしょうが、税金で働くおまわりさん方もこんなチマチマした一般庶民イジメではなく、
もっと大きな不正や犯罪をキッチリと取り締まっていただきたいと思います。



もう退出したのですが、うちの貸家に入っていた店子(某警察署の交通課のご一家でしたw)は
家賃の滞納が4ヶ月以上(その後、毎月取り立てても必ず遅れる!あるいは分割払!ひどい時は
家賃の1割しか入ってない時も!!)というトンデモない人たちでした。


今回の違反とはあまり関係ない話ですが、たかだか6,000円の支払いの督促に国民の尊い税金を
湯水のように使うのであれば、お家賃もキッチリと毎月支払っていただきたかったです(怒)!!


あっ、ちなみに6,000円に882円分(督促状の郵便料金らしいです)が上乗せされての支払いとなりました。




by forestkoro1015 | 2017-03-30 15:42 | 雑感 | Comments(0)
ヱビスビール記念館で華みやび」ちゃんをいただいてもまだ時間はあります(汗)。
という訳で再び「恵比寿三越」の食品売り場へ。。。
そんなに広くはないですが、様々なショップのお手軽なイートインコーナーが
充実しているようです。
カフェ、ベトナム料理、お蕎麦屋さん、うどん店、ワインショップ。。。
インド料理店が一番混んでいたかな。
ベーカリーの「ジョアン」の隣に小さなコーヒーショップがあって、
そのカウンターでケーキを頬張っているお客さんと眼が合ってしまいました(笑)。


そんな訳で入店。「CLAVIS」というお店で、キーコーヒーの直営ショップのようです。
店頭では恵比寿三越限定の「エビスブレンド」をはじめ24種類のコーヒー豆がラインナップ。
煎れたて、挽き立てのコーヒー豆やコーヒーをテイクアウトするお客さんがひっきりなしに
訪れる人気店のようでもあります。


カウンター席は5〜6席。そんなに広くはありません。
ブレンド(エビスブレンド)400円とチーズケーキをお願いします。
ケーキは3種類ぐらいから選べるようです。
隣のジョアンで購入したパンを持ち込んで食べることもできるらしいです。


此方は「エビスブレンド」
d0352022_11070365.jpg
ネルドリップで煎れてくれます。入れ方が少し忙しないかな。コーヒーはいささかぬるめ。
350円だからこんなものかなぁ。。。熱々だともっと美味しいと思います。

此方はチーズケーキ(370円)。とても美味しい!
d0352022_10473502.jpg
まったりとした柔らかなクリームがとろけるような味わいです。
しみじみと味わっちゃいました(笑)。

全体はこんな感じです。
d0352022_10472503.jpg
お会計はセットで777円(税込み)。
コーヒーはいささかぬるめでしたが、ケーキが美味しかったのでプラマイゼロかなぁ。


キーコーヒーといえば、イタリアントマトアマンドもグループ傘下に入っているのですよね。
ケーキの美味しさはそのようなことも関係しているのかしら。。。


とりあえず小腹を満たした上で、映画鑑賞へと向かったのでした。
ごちそうさまでした☆





●クラビス (CLAVIS)
渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス 恵比寿三越 B2F
03-3443-1966
11:00~20:00
定休日:恵比寿三越に準じる





by forestkoro1015 | 2017-03-30 11:22 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
東京都写真美術館でだいぶ時間をかけてじっくり鑑賞し、三越をウロウロしても
まだ時間はたっぷりあります(汗)。
こうなったらもう訪れるべき場所は「あそこ」しかありません(笑)。
そう、「ヱビスビール記念館」です(爆)。


昨年、訪れた時は平日の夕方ということもあって空いていたのですが、
さすがに日曜日。。。大盛況です。
飲んでみたかったのは、3月7日に新発売になったばかりの「華みやび」です。
ヱビス100年あまりの歴史の中で、初めて上面酵母を使用
1,000株以上の酵母バンクの中から、約2年半の歳月をかけてヱビスにふさわしい
酵母を厳選して完成させた「ヱビス初のホワイトビール!!」なのだそうです。


参考までに、日本のビールの大半は下面酵母で造られる「ラガータイプ」
なのだそうです。その違いはあまりよくわからないのですが(汗)。


さてさて、自動販売機でコインをゲットし、列に並びます。
じゃーん!!これが「上面酵母」を使用したヱビス初のホワイトビール「華みやび」です。
d0352022_00454829.jpg
お席に運ぶまでに少しこぼれてしまいました(汗)。
角度をかえて。。。
d0352022_00455690.jpg
春らしい爽やかなテイストと柔らかなコクが特徴でしょうか。。。
後ろにいた女子二人連れが「華みやびちゃん、おいしいーーっ!!」と絶賛していましたが、
全体的なフンワリとマイルドな感じなので、もしかしたら女子受けするビールかもしれませな。
これからの季節、お花見の席にはピッタリのような。。。
此方でいただいた生と缶では若干違ってくるかもしれないですが。。。


タップがズラリと並んでいました。
ビールをグラスに注いでくれるスタッフの方々の手つきも慣れたものですね。
d0352022_00454141.jpg
おまけ。。。
お土産コーナーに展示されていた「ラッキーヱビス」。。。
数百本に1本の割合で見つかることがあるそう。通常、恵比寿さまは一尾の鯛を抱えていますが
ビクに鯛がもう一尾いることから、この名前がついたそうです。
何でもラベルの中にランダムに混ざっているのだとか。。。見つけてみたいものです。
d0352022_00460428.jpg




※以前の「ヱビスビール記念館」の記事は





●ヱビスビール記念館 (【旧店名:恵比寿麦酒記念館】)
渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
03-5423-7255
11:00~19:00
(ヱビスツアー最終回17:10、テイスティングサロン ラストオーダー 18:30)
月曜休(祝日の場合は翌日)・年末年始
http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/


by forestkoro1015 | 2017-03-29 02:04 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
「イタリアネオ+クラシッコ映画祭」@恵比寿ガーデンシネマへ出かけてきたものの
観たかったソレンティーノ監督の「もうひとりの男」は満席。。。
およそ3時間ちょっと、時間が空いてしまいました(汗)。
PCは持ってきてないし、外は雨だし、日曜日だし、最悪です。


ふと思いついて「東京都写真美術館」へ行ってみることにしました。
「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編」と、25日から始まったばかりの
「フォトジャーナリスト 長倉洋海の眼 地を這い、未来へ駆ける」展
鑑賞することに。。。

d0352022_10243175.jpg
作り物の広告写真や美しい風景写真ではなく、世界各地の紛争地や辺境の地、貧しい国々で
ひたむきに生きようとする人々の姿や表情を生々しくリアルに捉えたその映像
(37年間のドキュメントだそうです)は、観る者たちを圧倒させるほどです。
しばし無言でその作品の前に立ち尽くすという感じでしょうか。
それほどまでに一つ一つがインパクトのある写真ばかりでした.
戦争の悲惨さ,地球のあちこちで現在起こっている事実をリアルに突きつけ、
平和ボケして暮らしている私たちに強烈なメッセージを与えてくれます。
色々と考えさせられる写真が多かった中で,唯一の救いは,
世界の戦場や貧困にあえぐ街の子供たちの笑顔でしょうか。。。
この子たちの未来は平和で豊かであってほしい・・・。
切実に願うことしかできない写真展でした。
当日はご本人もいらしてトークショーも開催されていたらしいです。
この写真展は5月14日までだそうです。ご興味がある方は是非!!





●東京都写真美術館
「フォトジャーナリスト
 長倉洋海の眼 
 地を這い、未来へ駆ける」
開催期間:2017年3月25日(土)~5月14日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし5月1日(月)は開館)
料金:一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円 
※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/
小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/
第3水曜日は65歳以上無料
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3
恵比寿ガーデンプレイス内
TEL 03-3280-0099


by forestkoro1015 | 2017-03-29 01:28 | 美術館・展覧会・LIVE | Comments(0)
昨日は寒い雨の中、「イタリアネオ+クラシッコ映画祭」@恵比寿ガーデンシネマへ
出かけてきました。
d0352022_10242176.jpg
お目当ては「グレート・ビューティー/追憶のローマ」「グランドフィナーレ」などで
知られるイタリア現代映画の巨匠「パオロ・ソレンティーノ」監督による日本の劇場未公開作品
「もうひとりの男」と「愛の果てへの旅」だったのですが、
残念ながら前者は満席打ち止め(涙)。。。やはり日曜日は混みますねぇ。。。


開演時には此方も満席打ち止めになっていた「愛の果てへの旅」のみ鑑賞してきました。
此方は2005年の「イタリア映画祭」で話題になった作品の一つのようです。
スイスのあるホテルで過ごす謎めいた男、ディ・ジローラモ(トニ・セルヴィッロ)を軸に
物語は展開していきます。スタイリッシュで寡黙で、しかも何の仕事をしているかも謎。。。
別れた家族に電話をしてみてもほとんど相手にされず。。。
毎週水曜日には必ずヘロインを打ち。。。
と思うとスーツケースに詰め込まれた大金を銀行に運び込んだり。。。
そんな彼も孤独に耐えかねたのか、ホテルのカフェで働く美しい若い女性に恋をします。
このあたりから彼の孤独なプロフィールが明らかになっていく訳ですが。。。


無機質なオープニング、クローゼットにかけられた何組もの上質なスーツ、
美しすぎるカフェの女性(目が吸い込まれそうなほどにキレイ!上の写真の右下の写真の人です。
なんでも有名女優さんのお孫さんだそう)とのやり取り、裏社会に生きる人たちとの関わり、
そして対決、etc.、etc.、まるでパズルのように全体に散りばめられたそれぞれのカケラが、
ストーリーが進むに従って徐々に交わって組み合わされ、話がつながっていきます。
難解な部分もあるのですが、観終わった後、フラッシュバックのように、それぞれのシーンが
断片的かつ鮮明に思い出される不思議。。。


ジローラモが寡黙すぎるからこそ、全体の映像美が際立つのかもしれません。
細部にまでこだわったカメラワークもお見事!!
後半はサスペンスタッチの展開となるのですが、何故か怖さはなく、観終わった後は
「哀愁」という言葉をかみしめたくなるような作品でした。

d0352022_10241544.jpg
ソレンティーノ監督も好きですが、トニ・セルヴィッロも色々な表情を魅せる役者さんですね。
目のきれいな女優さんはオリヴィア・マニャーニという方だそうです。



by forestkoro1015 | 2017-03-27 10:54 | 映画作品 | Comments(0)
久しぶりに奥多摩方面を訪れたので、帰りは「牧場ソフト」を食べて帰ることにしました。
日の出町(最寄り駅は武蔵増戸)にある「福嶋牧場ソフト売店」さんです。
「JAあきがわ日の出農産物販売所」に併設する形でチョコンと位置しています。
d0352022_13261540.jpg
d0352022_13260965.jpg
ほぼ2年ぶりの訪問となってしまったのですが、お店のお母さんもお元気そうで何よりです。。。


トッピングはこの時期ならではの「いちご」でゴー!!
d0352022_13254973.jpg
この日のいちごは「紅ほっぺ」とのこと。
相変わらずたっぷりのアイスクリームとたっぷりのいちごソースが嬉しいです!!
そしてお味はやはり牧場ソフトというだけあって、「濃厚&フレッシュ!!」
瑞々しくてまろやかな舌触りのソフトクリームはとろけるような美味しさがあります。

お値段は410円と少々アップしてしまったのですが(トッピングがないともう少し安くなります)
このお味であれば満足度は高いと思われます。
コーンとカップが選べますが、個人的にはカップの方がオススメ!!


イートインコーナーでいただいたのですが、外気はまだ寒いですかねぇ。
すっかり冷えてしまいました(笑)。
ふと横を見ると、牧場の牛さんたちの写真がパネルに入って飾られています。
d0352022_13255798.jpg
右下には例の「食べログ」ステッカーが!!
d0352022_13260227.jpg
すごい健闘していますよね。此方のファンの一人としては嬉しい限りです。



ところで、此方への初訪問は2011年3月初旬のこと。。。
なんと!東日本大震災の起きるちょうど1週間前のことでした。
だからどうということもないのですが、震災前と同じソフトクリームがごく普通に食べられることに
感謝したいと思うのでした。
ごちそうさまでした☆




※以前の訪問記事は




●福嶋牧場ソフト売店
東京都西多摩郡日の出町大久野17-2 JAあきがわ日の出農産物販売所
042-597-0010
西東京バス福生駅前発日の出折り返し場行き(あるいは五日市行き)で
日の出折り返し場下車すぐ。
10:45~16:30 (昼休み12:30~13:30)
日曜営業
不定休
http://www.ja-akigawa.or.jp/farmers4.html
※牧場は日の出町町役場の裏、川対岸の平井1900番地にあります。



by forestkoro1015 | 2017-03-24 15:16 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
昨日は昭島方面で打ち合わせだったのですが、その後、ちょいと足を伸ばして
「もえぎの湯」@奥多摩まで遠征してきました。
「ちょいと」というにはかなり遠かったですねぇ。すぐ先はもう奥多摩湖ですし(汗)。。。


梅で有名な青梅の吉野郷を過ぎ、御岳山のロープウェイを過ぎ、道はどんどん山の中へ。。。
トンネルをいくつか過ぎ、何個目かのトンネルを出てすぐを左折。。。
そこが「奥多摩温泉・もえぎの湯」です。
何故にこんなに詳しいのかというと、以前、一度来て、「クローズ」(定休日!)
していたことがあるからです(汗)。
ちなみに電車でアクセスするには、JR奥多摩駅から「徒歩10分」だそうです。


駐車場からのアプローチ。かなり山の中です。
d0352022_01145974.jpg
左側は足湯。100円かかるのだそうです。
d0352022_01144918.jpg
ちなみにエリアとしてはこんな感じです。山奥ですよねっ!!
d0352022_01152748.jpg
案内看板。ついに来たぜいっ!!
d0352022_01150964.jpg
靴を脱いでロッカーに。ロッカーキーをフロントに預けて入館料(入湯税込みで2時間780円)
支払います。この日は1時間サービスで3時間まで利用可とのこと。。。


駐車場に車は数える程度。「空いてるかも!!」と期待は高まります。
脱衣場は広くてゆったりとした造り。。。誰もいないから当然です(帰る時はそれなりに賑わっていました)。
そして気泡風呂がブクブクと勢いのよい、此方も広めの「内湯」には誰もいません。
誰もいない温泉というのもちょっと不思議な感じがします。

この「奥多摩温泉」は、奥多摩の地下深くにある日本最古の地層と言われる古生層から
悠久の時を経て湧き出るお湯を使用しているのだそうです。
お湯はさらっとしていますが、身体に触れるとヌルッとした感じ。。。
近く(でもないですが)にある「瀬音の湯」「つるつる温泉」
お湯と似た感じもあります。


さて露天へ。。。階段を何段も下りていきます。ちと寒いかなぁ。。。
此方には先客が2名いました(なんだかホッとしました・笑)。
この露天風呂は割と大きめの長方形で、まさに「森林浴」しているような
「極上の気分」が味わえます。但し、温度は40度ちょいの設定。。。
頬をそよぐ奥多摩の風が心地よい。。。
はずなのですが、今は花粉の季節。。。
お湯に浸かっている時はそうでもなかったのですが、出てから目が痒い鼻がつらい
もう大変です(爆)。
まぁ、自分から好き好んで出かけた訳ですが(汗)。


温泉に浸かった後は「お食事処」をのぞいてみることに。。。
お風呂の後は「コーヒー牛乳」、もとい、「ソフトクリーム」の文字が目に飛び込んできます。
d0352022_01154544.jpg
が、「券売機で食券をお求め下さい!」とスタッフの方。
と、「根っ辛そば(うどん)」という面白そうな文字が!!
一体、どれだけ辛いのか、気になります。
急遽、変更!!「おそば」でお願いしてみました(これで700円です)。
d0352022_01155620.jpg
山葵のすり下ろしと山葵の茎がお蕎麦の上にトッピングされています。
山葵はかなり辛いです。香りは・・・・すみません!鼻が詰まっていてちょっと・・・。
が、詰まっている鼻にもツーンときました(笑)。
お蕎麦が美味しいですね。ここまでの道すがらも、お蕎麦やさんをよく見かけました。
が、お出汁がしょっぱくて閉口!!もう少し塩気を抑えてくれると嬉しいかも!

全体はこんな感じです。お茶もお水もセルフ。もちろん食器は自分で返却します。
d0352022_01160480.jpg
食べ物のメニュー。
d0352022_01153554.jpg
色々とメニューは揃っているようです。「川魚の塩焼き定食」が人気だとか。
以前はロッカーキーを見せる後払いシステムだったようですが、時代の流れなのか変わったようですね。


お食事処からの風景。露天からも似たような景色を望むことができます。
d0352022_01161221.jpg
タオルやバスタオルなども販売されているので、手ぶらで立ち寄ることもできそうです。
実際、ハイキング帰りに立ち寄る方々もいるらしいです。

d0352022_02571833.jpg


好みもありますが、「瀬音の湯」の方が宿泊施設もあるし、サービスが行き届いている感じでしょうか。
此方よりもアクセスが便利な分、客の数は多いですが。。。
個人的には身も心もツルツルになれる「つるつる温泉」が一番好きかなぁ(笑)。
3つとも奥多摩の雰囲気に浸ることができるオススメの温泉です。




●奥多摩温泉 もえぎの湯
東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
0428-82-7770
4月〜6月 9:30~20:00 (受付19:00まで)
7月〜9月 9:30~21:30 (受付20:30まで)
10月〜11月 9:30~20:00 (受付19:00まで)
12月〜3月   9:30~19:00 (受付18:00まで)
月曜休(月曜日が祝祭日の場合翌日火曜休)。
http://www.okutamas.co.jp/moegi/info.htm




※ご参考
●「瀬音の湯」の訪問記事は●「つるつる温泉」の訪問記事は
●さらに

by forestkoro1015 | 2017-03-24 02:44 | 日帰り温泉 | Comments(0)
先週末はちょいと用事があって鶯谷まで遠征。。。
あまりご縁がないエリアですが、人生で二度目に利用する駅です。
上野駅まですぐのこの界隈は、ラブホテルがやたらに目立つエリアでもありますが
ちょいと歩けば、正岡子規が終の棲家にした「子規庵」があったり、
「書道博物館」があったりと、なかなか文化的な地区でもあるようです。
線路の向こうは「上野公園」ですものねぇ。。。
私の好きな洋食の「香味屋」さんもたしかこのあたりだったかと。。。


さてお友だちとの待ち合わせは、鶯谷の駅前に昨年12月11日にオープンしたばかりという
期待の新店舗「Var Bar Kitchen」さんです。
南口改札を出て線路を渡って階段を下りてすぐの左側に位置しています。
駅から徒歩1分ぐらいでしょうか。
d0352022_16234476.jpg
d0352022_16235181.jpg
お店は2階と3階にわかれ、3階はパーティースペースのようです。
お友だちは外階段が見えるカウンター席に座っておりました。


駆けつけの白ワイン(400円)。
d0352022_16233673.jpg
なんと!!17時〜19時は「ハッピーアワー」ということで、
ファーストドリンクは「半額!」
200円でいただけちゃいます。さすが「鶯谷」っ!!


ちょいと小腹が空いたので軽くおつまみなぞをお願いします。
自信作のパスタ類をはじめ、ラクレットチーズをはじめとしたおいしそうなお料理類が
色々とラインナップしていました。あまり食べられなくて残念(汗)。


「鮮魚のカルパッチョ」(680円)。
d0352022_16232785.jpg
当日の鮮魚は「サーモン」でした。
ワインのアテとしてはよく合います。お値段の割に結構たっぷりしているようです。
マッタリと脂のあるサーモンです。


「海老のシュリンプ」(380円)。
d0352022_16231869.jpg
お値段がお安いので、正直、あまり期待していなかったのですが、これが大誤算!!
プリッとした海老は好みの美味しさ!!個人的にはサーモンよりも此方の方が好みかも!!


海老もサーモンもまだ残っているので、調子にのって「赤ワイン」もいただきます。
d0352022_16231007.jpg
銘柄をチェックした訳ではありませんが、グラスワインというと「ええーーーっ!!」というような
美味しくないワインを出すお店も少なくない中で、此方のグラスワインのクオリティはなかなか
よろしいように感じました。これで400円(ハッピーアワーの1杯目は200円)というのですから
かなり健闘しているお店ではないでしょうか。。。

d0352022_16230470.jpg
本当はもっと色々といただいてみたかったのですが、時間が迫ってきたのでお会計。
二人で2杯ずついただいて、一人1,400円ぐらいのお支払いでした。
駅からも近いし、階段からはすぐだし、たぶんこれから人気がどんどんアップしていくお店でしょう。
すでに店内はそこそこに混んでいましたが。。。
帰る時にはスタッフの方がわざわざ階段を下りてきてドアの外まで見送ってくれました。
お料理のテイクアウトも可能とのこと。。。
機会があれば、是非、1次会利用で伺ってみたいお店となりました。
ごちそうさまでした☆




●ヴァル バル キッチン (Var Bar Kitchen)
台東区根岸1-3-21 リフレビル 2F/3F
050-5593-4895(予約専用番号)
03-5808-7861(お問い合わせ専用番号)
[火〜日]
11:30~14:00
17:00~24:00
※金曜日は深夜延長営業
月曜休
http://varbarkitchen.com/
2016年12月11日オープン


by forestkoro1015 | 2017-03-21 16:50 | グルメ・都内・居酒屋 | Comments(0)
東京でもついに「桜」の開花宣言が出されたようです。
と言いつつも本日は朝から冷たい雨が降って寒いのですが。。。
お彼岸の三連休は暖かかったですよね。
近所にある辛夷の木も「満開!」になっていました。
d0352022_13535103.jpg
ご近所では一番立派で一番最初に花が咲く「辛夷」です。
春ですねぇ!!と言いながらも、花粉で目と鼻はボロボロなのですが(汗)。


お彼岸といえば「おはぎ」
春のお彼岸は「ぼた餅」と呼びますよね。秋は「おはぎ」なのですが。
同じ「おはぎ」なのに不思議な話です。


という訳で自転車を走らせて買いに出かけてきました。
d0352022_13535775.jpg

武蔵小金井南口にある「亀屋本店」さんはこの界隈では老舗のお菓子屋さんの一軒です。
「おはぎ」、もとい「」ぼたもちは漉し餡、粒あん、胡麻あん、きなこあんの4種類の設定。
やはり「漉し餡」が好きなのでついつい買ってしまいますね。
甘さ控えめで上品な後口のあんこです。


「道明寺」はちっこいですねぇ。
d0352022_13540365.jpg
ピンク色のもち米が、此方もあんこと合わさって美味しい!!
普段は「みたらし団子」が好きな私ですが、お彼岸のこの時期ばかりはにわかに「あんこ党」
なってしまうのでした。


ごちそうさまでした☆





●亀屋本店
小金井市本町6-14-28 アクウェルモール 1F
042-385-8181
9:00~20:00
無休(元日のみ休業)
http://koganenosato.org/detail/shp/shp0115.html
1949年オープン


by forestkoro1015 | 2017-03-21 14:06 | お散歩 | Comments(0)