Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

最寄りの駅(地下鉄丸の内線・東高円寺駅)からも少し歩くし、交通量が多い環七通り沿いに佇む
中華の名店、それが此方の「SEN YO」(川湯)さんです。
普段は滅多に通らないエリアなのですが、この日は近くに所用があったため、
ランチ目的で訪問してみることにしました。


事前情報によると「2016 ミシュラン ビブグルマン」で紹介されていたお店とのこと。。。
「ビブグルマン」とは、味も良い上に、特にコストパフォーマンスに優れたお店のことです

d0352022_16120277.jpg
すでに13時近い時間帯だったため、すぐに入店できましたが、私の後にも次から次へとお客さんが
訪れていました。さすがの人気店です。


ランチメニューは「麻婆豆腐」「担々麺」「海老入り炒飯」とあともう1種類の計4種類
そのすべてが「ALL900円!」という素晴らしいコストパフォーマンスのお店です。
本当は「麻婆豆腐」が食べてみたかったのですが、この後は予定が入っていたため
汗が出ることの少なさそうな「海老入り炒飯」「揚州炒飯」という正式名称があります)を
お願いしてみることにしました。


お水はセルフで、ポットの中にレモンが浮いている「レモンウォーター」です。

d0352022_16111367.jpg
すべてのメニューにサラダがつきます(ランチ)。
今の時期、巷のお野菜はとてもお高いのですが、訪問は10月初旬のことです。
ドレッシングが美味しい!!火元に近いカウンター席だったので、鍋をふるスタッフの方の
一挙手一投足が観察できて楽しいです。
「麻婆豆腐」「担々麺」ももう一種類のお料理も、非常にリズミカルに出来上がっていきます。

d0352022_16112344.jpg
やがて私の「揚州炒飯」も運ばれてきました。
プリプリの海老、たっぷりの叉焼、レタスが此方にも使われています。
卵の黄色もアクセントとして映える美しい仕上がりの炒飯です。


パラパラの炒飯のお味は思っていた以上にアッサリ系で繊細なお味。。。
最初の二口、三口はもう少し濃いめの味付けでも良いのかなーとも思うのですが、
食べ進むうちに、素材の旨みがヒタヒタと満ちてくる感じです。
細かくカットされた叉焼しかり、レタスのしなしな感しかり。。。
食べる段階の旨みの感じ方まで計算されているような、サラリとした上品な味わいが
食べ終えた後まで余韻を残してくれます
「まいうー!!」。。。心の中で何度も叫びながら、ボリュームたっぷりの炒飯を
完食してしまいました(爆)。美味しかったから良いことにしましょう。


大盛りは150円アップとのことですが、普通盛りでもたっぷりすぎて
デザートに食べようと思っていた「杏仁豆腐」までは手が回りませんでした(汗)。

d0352022_16113285.jpg
セットのスープ
此方はあっさり上品系の炒飯に比べると、いささかパンチが効いたお味。。。
もう少し薄めのお味でも良かったかもしれません。

d0352022_16114499.jpg
全体はこのような感じ。結構たっぷり感が伝わるでしょうか。。。

d0352022_16115201.jpg
アクセスはいささか不便なのですが、ディナータイムにも是非伺って、色々と食べてみたいお店
となったことは言うまでもありません。
メニューには色々といただいてみたいお料理が並んでいました。


後日、また界隈で所用があり、今度は「麻婆豆腐」を食べようと思っていたのですが、火曜日は定休日
また、金曜日はランチがお休みなのでご注意ください。
ごちそうさまでした☆




●SEN YO (川陽)
東京都杉並区和田3-18-9
03-6382-5320
ランチ
【月・水・木・土・日】
11:30~14:00
ディナー
【月・水~日】
17:30~21:00
火曜休(不定で連休あり)、金曜ランチ休み
http://www.chinese-senyou.jp/
2011年11月24日オープン



by forestkoro1015 | 2016-10-29 16:04 | グルメ・都内・中華 | Comments(0)
時々、ムショーに食べたくなるものに「ベトナムフォー」があります。
「フォー=PHO」とは、お米を主食とするベトナムから生まれた、お米の麺のことで、
アッサリとしたのど越しと比較的にさっぱり系のスープが特徴のベトナムのお料理のことです。


三鷹にはベトナム料理専門店が2軒あるのですが、ベトナム人スタッフが一人で切り盛りする
「ヒダリマキ」さんを久しぶりに訪問してみることにしました。
というのも、以前、もう一軒の方に伺って「撃沈」(爆)したことがあるもので(汗)。


此方はかつて吉祥寺の丸井近くにあったベトナム料理の人気店「ミス・サイゴン」
系列のお店なのだそうです。「ミス・サイゴン」はなくなってしまいましたが、
吉祥寺東急の裏手に「ヒダリマキ2」のお店が登場してすでに長いですよね。
そして知らなかったのですが、↑の以前、撃沈したお店も「姉妹店」なのだそうです。
うっそー!!知らなかったよっ(爆)。


入り口で食券を買うラーメン屋さんスタイル。
食券をベトナム人スタッフの方に渡し、奥に進みます。
が、テーブル席は満席なので、入り口に近いカウンター席へ。


色々な種類のフォーがラインナップしている中で、この日、選んだのは
「トマトスープのフォー」(650円)です。

d0352022_11583029.jpg
ほどなくして登場した「トマトスープのフォー」はこのような感じ。。。

d0352022_11583619.jpg
お盆の上にレモンが添えられています。これはベトナムスタイル。
ベトナムではどこのお店にいっても、必ずフォーにレモンが添えられています。


d0352022_11584205.jpg
ちょっとひいて。。。全体はこんな感じです。
パクチーたっぷり。トマトたっぷり。玉ねぎとマッシュルーム、、葱、にんにく(そんなに匂わない)が
2片トッピングされ、極めてアッサリとしたトマト野菜スープという印象。。。
米粉のフォーが結構、たっぷりと入っていて、お腹は結構、一杯になります。
スープがちょっと物足りない感じがしたので、テーブル上のチリソースとお酢を追加!!
ピリ辛系のパンチが効いたトマトスープフォーとなりました。

d0352022_11580261.jpg
d0352022_11575495.jpg
メニューが豊富ですね。以前はこんなにはなかったような。。。

d0352022_11574528.jpg
d0352022_11582125.jpg
「冷やしフォー」というのもあるらしいです。今度、いただいてみないと!!

d0352022_11581188.jpg
姉妹店のご紹介が貼られていて、のけぞった次第(笑)。
私が伺った時は日本人スタッフの方がお一人で調理を担当されていましたが、人生最悪の
あまり感心しないフォーでした。去年の今頃のことですが、あれから少しはお味も改善されたのかなぁ。。。
広くてゆったりとしたお店で、パーティーや会食などには適しているのですけれどもねぇ。。。
ちなみに隣は三鷹で人気ナンバーワンのラーメン店で、階段の上まで行列ができていました。。。


それにしてもベトナム人は勤勉でよく働きますね。
此方のスタッフの方もいつも楽しそうに仕事をされています。
花小金井駅近くのベトナム料理店「チャオエムカフェ」のお店の方も「年中無休」
営業されているようです。。。
あっ、あの店の「バインミー」、今度こそ食べてみないと。。。
ごちそうさまでした☆



文中に登場した姉妹店のお店の訪問記は
花小金井の駅ちかにある「チャオエムカフェ」の訪問記は




●ヒダリマキ (HIDARIMAKI)
東京都三鷹市下連雀3-26-9 サンシロービル1F
0422-42-5807
[月~金]
11:30~14:00 、18:00~24:00
[土]
11:30~15:00、18:00~24:00
[日]
11:30~15:00、18:00~23:00
無休




by forestkoro1015 | 2016-10-27 11:57 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)

クレーム対応。

今日は朝8時半から都内某所でお仕事でした。
中央線は8分の遅れでなんとか某オフィスに到着し、夕方には終了。
朝早くから働いて疲れたので都内某店でケーキを買って帰ることにしました。


帰宅後、お茶を入れてケーキを食べようとすると、中から「そこにあってはいけないものが!!」(驚)。
好物のケーキだし、いざ、食べようとしていたので、すんごいショックです。。。
どうするかなーと思ったのですが、一応、写真撮影。。。
もう帰宅した後だったし、クレームをつける気もなかったのですが
一応、お店に連絡してみることにしました。


と、別の部署からすぐに折り返しの電話がかかってきて、
「明日、事故品の回収と確認、代替え品のお届けに上がります」とのこと。。。
たかだかケーキごときで大げさな!とも思ったのですが、食べ損ねたショックは大きいので
「それじゃーお願いします!」ということになりました。


それにしても、「いつ、どこで買ったか」「レシートはあるか」「現物はそのまま手をつけずに
保管しておけ」など、被害者(っていうのかな?)は此方なのに、
まるで、加害者扱いの現場検証のような先方の言い分に「なんだかなー?」という気持ちも少々。。。
物腰は柔らかなのですが、気分はあまり良い物ではありませんよね。


でも、電話を切ってからハタと気づきました。
結構、世の中にはクレーマーという人はいるらしく(巷でもよく耳にしますし)、
飲食店などでも食べ物に自分で用意してきた何かを入れて、店側の責任にして騒ぎ立てる人が
いるのだそうです。こと、食品に関してはクレームをつけやすい領域なのでしょう。
だから、↑のように、根掘り葉掘り質問してきたのかもしれません。
が、そんな人が少なくない世の中だからといって、実際に、尋問のような取扱いを受けるのは
あまり気持ちがよいものではありませんよね。ちょっと、いや、だいぶ不快!!
企業サイド、店サイドとしては致し方ないことなのでしょうが、
もう少し何とかならないものでしょうか。。。


あっ、いま、事故品は冷蔵庫の中に入っています(笑)。
どうせ廃棄処分になるのでしょうが。。。


ケーキを食べ損ねた悲しみは深いです。。。


どこのお店かは、お店の名誉のために伏せておくことにします。






by forestkoro1015 | 2016-10-26 23:48 | 雑感 | Comments(0)
「ヴィノスやまざき」で お昼から良い気分となった後は
丸の内線で四谷三丁目をめざします。
本当の目的は大阪鮨の別のお店だったのですが、せっかくなので「デザート」目的も兼ねて
「フルーツパーラーフクナガ」さんを訪れてみることにしました。


すでに10月なので季節のパフェは「ぶどう」でしょうか。。。
と思ったら「ピンポン!」でした。

d0352022_22471822.jpg
こんな感じで大粒のブドウが鈴なりになっています。
1,100円とお値段は普段に比べるとお高いのですが、ちょっとずつ色々とトライできるのは
嬉しいですよね。


トッピングされているのは、種無し巨峰、シャインマスカット、長野パープル、ピオーネ、安芸クイーン
5種の他、中にもピオーネがあしらわれています。
まさに「秋の収穫祭」という感じのぶどう尽くしのパフェです。
そしてパフェグラスの中のぶどうのシャーベットがとても濃厚です。
このシャーベットは「ベリーA」と「キャンベル」から作られた「自家製」とのこと。
やはりパフェグラスに入っているアイスクリームとの相性もバッチリです。


何故、こんなに細かく覚えているかというと、

d0352022_22472657.jpg
このような「あんちょこ」がドアのところに貼ってありました。
「私たちも忘れちゃうから・・・」とは奥様の言葉。。。たしかに色々盛りだくさんで覚えられない
ですよね(笑)。このようにアットホームなところが、また此方の雰囲気にあっていると思います。


さてさてデザートもいただいたことだし、茶巾でも買って帰りましょう。
今、四谷三丁目の駅は一つの入り口が工事中だとかでとても不便になっています。
早く工事が終わりますように。
ごちそうさまでした☆






※前回訪問時の記事は

 前々回訪問時の写真と記事は
 此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/5408978/)でご紹介しています。





●フルーツパーラーフクナガ
東京都新宿区四谷3-4 fビル 2F
03-3357-6526
営業時間
[月・火・木・金]
11:30~20:00(L.O.19:30)
[水]
15:00~20:00(L.O.19:30)
[土]
11:30~18:00(L.O.17:30)
日曜日・祝日休 (年末年始、お盆休みあり)


by forestkoro1015 | 2016-10-25 22:45 | グルメ・都内・喫茶店/カフェ | Comments(0)
先週は二日続けて大森へ。。。
家からは遠いのであまり嬉しくはないのですが、この日のお昼はフリーだったので
以前から訪れてみたいと思っていたお店の一つを突撃してみることにしました。
大正13年(1924年)創業という老舗お座敷洋食店の「洋食入舟」さんです。

d0352022_22292346.jpg
d0352022_22293193.jpg
大森の駅からは少し離れているのですが、住宅街の一角にお店を発見。
看板やサインが出ていなければ、そのまま通過してしまいそうな普通のお宅の感じです。
d0352022_22290786.jpg
d0352022_22285778.jpg
d0352022_22291433.jpg
店前のメニューを眺めて「天使の海老フライ」「牡蠣フライ」「オムライス」
頭の中で色々と悩むわけですが、実はこの前日が「合同お誕生会イベント」の
大宴会だったため、お腹にはまだそんなに余裕がありません(汗)。
しかもちょっとだけ「二日酔い」だったり(汗)(汗)(汗)。
それでも午前中のお仕事はなんとかクリアーしてきました(汗)。
たいしたもんです(爆)!!


という訳で、胃にも優しそうな「クリームコロッケライス」を食べようと入店を果たしました。
そんなに広くない店内は街の洋食屋さん風。。。お昼時ということもあって相席も仕方ありません。
私のすぐ後に入ってきた二人連れは「別の入り口からお二階席へ」
二階は個室席だそうで、ちょっと覗いてみたかったかも(笑)。
d0352022_22295109.jpg

1階を担当するのはまだ新人のパートスタッフさんらしく、あまり慣れていない様子。。。
途中から見かねたマダムがフロアに出てきて、テキパキと指示を出していました。
厨房から「お願いします!」と声は聞こえるのですが、お料理が出てくる気配がないのは
1階奥のお座敷席へ運ばれているよう。。。
あとで見えたら、奥にはたしかに広いお座敷席があったようです(驚)。


d0352022_22282442.jpg
さてさて、少し待って、最初に運ばれてくるのは「じゃがいものポタージュ」です。
ミニサイズですが、コックリとして美味しい!
これはお料理にも期待できそうです。


d0352022_22283203.jpg
そして「クリームコロッケライス」が登場します。
熱々のクリームコロッケが二つ、デミグラスソースの上で泳いでいます。
最近お野菜は高騰しているのに、付け合わせのお野菜もケチっていません。
お箸ではなく、ナイフとフォークでいただくのが此方スタイル。。。
「いざ・・・」と切り込んでいくと、トロトロのホワイトソースがジワワーンとはみ出てきます。
「まいうーーっ!!」。。。
肝心の「クリームコロッケ」はどこか懐かしいような郷愁をそそる味わい。。。
下のデミグラスとのコンビネーションがよく考えられているようで、コックリとして美味しいです。
d0352022_22284990.jpg
そしてまたご飯(ひとめぼれらしい)もちょうど良い炊き加減。。。
クリームコロッケもなのですが、地元の方々、あるいはこの界隈にお勤めの方々に
愛されているお店であることが伝わってくる美味しさです。
ランチメニューはもう少し絞られた方が、回転は速くなるのではないかなーとも
思ったのですが、やはりお客様の好みに合わせて色々と揃えたいと
いう考え方をおもちなのでしょう。
d0352022_22284049.jpg

コーヒー、紅茶が飲み放題(アイスもあって美味しいです)なのも嬉しいサービスですね。
d0352022_22281439.jpg

得意先の人の話によると、以前は大正生まれのおばあさまが接客に当たられていたのだとか。。。
代々、受け継がれてきた洋食屋さんなのでしょう。
と、常連さんに挨拶に出てきたシェフの方はマダムの息子さんでしょうか。。。
おせちもやるらしい(耳ダンボですみません・汗)ので、ご近所の方は是非!!
此方の洋食おせち、ちょっといただいてみたいかも。


次回は「天使の海老フライ」「オムライス」がいただいてみたいです。
「牡蠣フライ」「ビーフシチュー」も良いなぁ。。。
ごちそうさまでした☆





●洋食入舟 (ヨウショクイリフネ)
東京都品川区南大井3-18-5
03-3761-5891
11:30~14:00(LO 13:30)
17:00~21:00(LO 20:30)
日曜・祝日休
大正十三年創業




by forestkoro1015 | 2016-10-25 10:03 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
朝から冷たい雨が降るこの日は、今、話題の「豊洲」でお仕事です。

d0352022_16131931.jpg
d0352022_16132721.jpg
駅周辺には高層ビルがいくつも建築中で、すでに完成している建物の上層階は雲に隠れていました。
なんだか「人工的な街だなー」と思ったのは、街中に緑が少ないこと。。。
うーん、それは致し方ないことなのかしらん。。。


さて、久しぶりに有楽町線を利用したので、有楽町で途中下車!!
朝から中央線がダダ遅れで疲れたので、何かおいしいものを食べて帰ることにしましょう。
ということで思いついたのが、「ITOCiA」地下にある「ヴィノスやまざき 有楽町店」さんです。
此方はワインの販売がメインのお店なのですが、横にテイスティングができるワインバー(20席程度)を備え、
しかもランチ利用(うれしいことにワインつき❤️)もできるという実に有難いお店です。
使い勝手がよろしいので以前から何度か利用していますが、バーの入り口が段差になっているので
転びやすい方は特に注意が必要です(以前、こけかけました・汗)。



さて、すでに13時を回っているバーの店内に先客は一組のみ。
いただくのは「ランチプレート」のワイン(赤か白が選べます)付き(1,000円・税込み)です。

d0352022_16133720.jpg
この日の白ワインは、「Guglielmo Winery Emile's White Magnum」です。
フルーティーで軽やかな味わいのカリフォルニアワインですね。
ライトな感じで美味しいのですが、スッキリしすぎていてちと物足りないような(笑)。
お水のようにグイグイいけてしまいます(汗)。

d0352022_16143407.jpg
だいぶ経ってから「ランチプレート」が運ばれてきました。
トマトとチーズのホットサンド、チーズ3種、大ぶりのハムスライス、それにサラダがついて
お昼から「飲み飲みモード」気分満載のランチプレートです。
しかもチーズは濃厚系。ハムもこってり系(汗)。
眩しいぐらいの「赤ワインも飲め飲め光線」(爆)を放ってきます(笑)。

d0352022_16141489.jpg
全体はこんな感じです。
かなりスッキリ系の白なので、此方のプレートのチーズにはあまり合わないですねぇ。。。
テーブルの丸い穴はワインボトルを置く穴のようです。

d0352022_16145623.jpg
そんな訳で「赤」を追加でお願いしちゃいました(汗)。
d0352022_16150795.jpg
いただいたのは、上の「Chateau Les OLLIEUX -Excellence- 2014」
「シャトー・レゾリュー」の「青ラベル」です。
「シャトー・レゾリュー」の「赤ラベル」は「ヴィノス山崎」さんの直輸入ワイン第一号として
とても有名とのこと。
そして此方の「青ラベル」は「赤ラベル」の上のクラスのワインで、ブリュッセルのワインコンクールで
金賞ほ獲得し、このコルビエール村の中でもワイン誌ナンバーワンの実力を誇るワインなのだそう。。。
グラスは950円ですが、白と同じグラスを使うと50円引きの900円となります。
そんな訳でいただいた訳ですが、これがまた実に素晴らしい美味しさ!!
華やかで深いビロードのようにしなやかな味わい!!しかもランチプレートのチーズたちとの
相性もバッチリでした。これはどこかで見かけたら、買いかもしれません。

d0352022_16134723.jpg
d0352022_16135679.jpg
ランチプレートが登場するまで、メニューをチェック!!
日本酒などのテイスティングも行えるようです。

d0352022_16151597.jpg
此方は先日伺った品川店のスタッフさんも気合い入れまくりで勧めてくれたボジョレー・ヌーボー。
早めに予約しないとなくなってしまうのだそうです。


お昼からワインを2杯もいただいてすっかりと良い気分に。。。
と言いながら、この後はデザートということで四谷三丁目をめざします。
ごちそうさまでした☆




●ヴィノスやまざき 有楽町店
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア フードアベニュー B1F
03-5224-6391
11:00~23:00(L.O.22:00)
無休
http://www.v-yamazaki.co.jp/



by forestkoro1015 | 2016-10-24 16:50 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
仕事に、プライベートに、先週は久しぶりにハードな1週間を過ごしました。
水曜日は東銀座界隈に出没(お仕事)。。。
歌舞伎座近くでお昼ご飯といったら、イートインはできないのですが、
是非訪れてみたいのが、昭和2年創業という元祖コロッケのお店「チョウシ屋」さんです。

d0352022_00432815.jpg
雑誌やテレビで紹介されているのを見て、以前から一度訪れてみたいと常々思っていたお店なのですが
土日月に加え祝日もお休み。営業しているのは火〜金の11時〜14時、16時〜18時の
売り切れじまいという、ご近所にお勤めしている人でもない限り、
極めて難易度の高いお店です(汗)。


が、ついにチャンス到来(嬉)!!
仕事仲間とわかれてお店の前までやってくると、すでに10人ほどの行列ができていました。
店内では揚げ物担当のご主人と、注文をとっておかずを包装したり、サンドイッチを作る
女性の方(奥さんとお母さんでしょうか)が2名。。。
行列が進むのは結構、スムーズです。

d0352022_00433524.jpg
d0352022_00432171.jpg
「おかず」=お総菜コロッケ、ハムカツ(共に180円)、メンチ(190円)、
カツ(300円)、予約かつ(500円)のラインナップで、
「サンドイッチ」は、コロッケパン、ハムカツパン(共に300円)、メンチパン(310円)、
カツパン(420円)、ダブルコロッケ(480円)、ダブル(コロッケ&メンチ)(490円)
と極めてシンプルな構成。サンドイッチはコッペパンか食パンが選べます。
あと、「チョウシ屋ソース」というオリジナルソースのお取り扱いもあるようです
(小:100ml・・・220円、大:300ml・・・440円)。

d0352022_00434378.jpg
店内には古い写真も貼られています。此方はその一枚。
店名の「チョウシ屋」は、初代の方の故郷である銚子から命名したようですね。


だいぶ悩んで人気のお品らしい「コロッケパン」「ハムカツパン」を購入。
お母さんがフカフカの食パンに自家製ソースと芥子を塗り、手際よく揚げたてのコロッケと
ハムカツを挟み、さらに手際よくカットして包装するまでわずか数分。。。
ビニールの袋に収まった「サンドイッチ」は肉まんのようにホカホカ(笑)。
その場で頬張りたい衝動にかられたのですが、裏通りとはいえ、ここは銀座(爆)。。。
道の真ん中でかぶりつく訳にもいきません(汗)。

d0352022_00434733.jpg
d0352022_00435413.jpg
その後、所要を終えて帰宅したのは夕方。
早速に実食です。ちょっとおささったようで、フカフカの食パンにスジがついていました。
が、いただいた「ハムカツパン」はさすがの美味しさ♪
いささか懐かしい感じのする味わいの、厚みもちゃんとあるハムカツに、
自家製ソースとフカフカの食パンの優しい味わいが合わさって
「完璧な美味しさ」を醸し出しています。
d0352022_00435812.jpg
「まいうーー!!」。。。少し家族に分けてあげようと思っていたのに
気づいた時にはすべて食べきってしまっていました(汗)。
結構、お腹はいっぱいになります。
女性ならワンセット(8枚切りの食パン2枚分)で十分でしょう。。。

d0352022_00440593.jpg
どうしても「コロッケパン」までには手が回らず、此方は翌朝、半分はそのまま、
半分はオーブントースターで炙っていただきました。
もちろん当日中にいただいた方が美味しかったはずなのですが、
私の好みとしては、ハムカツパンの方がコロッケパンよりも美味しかったような。。。
というのもコロッケのミンチの部分がほんの少しだけ物足りなかったような(汗)。
もしかしたら「メンチパン」「カツパン」の方がより重厚な肉々しさを感じることが
できるかもしれません。でも、当日いただいたらもっと美味しかったかも!!


好みもありますが、此方の「ハムカツパン」はかなり絶品だと思います。
あっ、写真を眺めていたら、また食べたくなってきてしまいました(笑)。
という訳で、火曜〜金曜のお昼時に東銀座界隈で15分ほど時間がある時には
此方の「チョウシ屋」さんを、是非チェックしてみることをオススメします。
なお、どうしても食べてみたい場合は「予約」も受け付けてくれるそうです。
ごちそうさまでした☆





●チョウシ屋 (ちょうしや)
東京都中央区銀座3-11-6
[火~金]
11:00~14:00 16:00~18:00(売切れ仕舞い)
定休日
土日月祝
1927年オープン


by forestkoro1015 | 2016-10-24 00:39 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
昨日は北海道からクール宅急便が届きました。
その中身は時鮭とイクラ、もとい筋子の醤油漬けをはじめ、数種類の詰め合わせセットです。
このようないただきものは嬉しいですよね。


札幌・たぬき小路の近くにある下倉孝商店は、札幌や札幌近郊に暮らす母の古い友人たちのお気に入りのお店です。以前、北海道に遊びに行った時も、はるばるとお店まで出かけて色々購入してきました。
入店したことはないですが、すぐ近くに直営のお鮨屋さんもあるそうです。


さて、せっかくなので、夕飯に早速いただきました。




d0352022_13533691.jpg


イクラではなくて、自家製すじこの醤油漬けなのだそうです。
結構たっぷりしています。500グラムかな。

d0352022_13533799.jpg


こんな感じでトッピングしてみました。
口の中でプチプチっと弾ける感じが
たまらないですね。
美味しい💛


少しお醤油味が薄い感じもしますが、
美味しくいただきました。

d0352022_13533839.jpg


お代わりしたかったですが、尿酸値か高くなると
困るので控えめに一杯だけで(笑)。
ごちそうさまでした☆




●下倉孝商店
北海道札幌市中央区南3条西6 狸小路6丁目狸小路市場
011-231-4945
10:00~18:00
日曜日・祝日休
http://www.shimokura.jp/


by forestkoro1015 | 2016-10-19 13:34 | いただきもの | Comments(0)
このところ本業が忙しくてあまり記事がアップできていません(汗)。
しっかり飲み食いはしているのですが(笑)。


しかし、このところ毎日、中央線が「遅延」でいやんなっちゃいますよね。
昨日は人身に加え、荻窪で急病人が発生したのだとか。。。
最寄り駅から吉祥寺まで25分もかかって(匍匐前進していました・笑)
あせることあせること。。。
結局、井の頭線に乗り換えたものの、そちらも遅れていて結局、仕事には遅刻してしまいました(汗)。
飛び込みも急病人も荷物挟まりも、朝の忙しい時には勘弁してもらいたい物ですよね。。。
特に急病人などは具合が悪いときには出かけないで様子を見た方がよろしいと思うのですが。。。
まぁ、突然、具合が悪くなるから急病人なのでしょうが、貧血とかだったら勘弁してもらいたいです。


閑話休題。
今日はようやく先日の手術の「抜糸」となりました。
傷はだいぶ深かったようです。


車で出かけたらだいぶ早く着いてしまったのでお昼散策へ(呆)。。。
某ミシュラン掲載店へ行こうとしたら「火曜定休」ということで
この界隈では人気の高い此方のラーメン店「蘭鋳」さんへ伺ってみることにしました。
店名の蘭鋳とは、アノ、お高い金魚の「ランチュウ」のことらしいです。


d0352022_23092191.jpg
環七沿いに佇むお店はL字型のカウンター8席のみのお店です。
入り口から中をのぞき込むと店主の方と目が合っちゃいました(笑)。
仕方なく(えっ?)入店(笑)。
先客はカップルなどを含めて数名。メニューはラーメン2種(たまごなしとあり)、おつまみ、大盛り、
ビールと極めてシンプルです。
その下には「前金制」と書かれていて、それぞれの席前のカウンターに小さなお皿が!!
800円(たまごなし)の小銭をお皿に載せて良いのか良くないのか、わからなかったのですが
とりあえず載せてみます。次に入ってきた客は1,000円札が飛ばないように小皿を重しにしていました。


店主の方は限りなく寡黙。。。客たちも寡黙。。。
店内にはノンビリとしたBGMとズルズルとラーメンをすする音、麺がゆであがる時間を知らせる
時計の音(?)が流れていました。


待つこと数分。。。やがて麺が茹で上がり、お待ちかねのラーメン(味玉なし)がやってきました。
「デ、デカい。。。」。。。見まごうばかりの叉焼がデーンと丼の半分近くを占めています。

d0352022_23090902.jpg
澄んだスープは煮干し系
あまり煮干し系のラーメンはいただかないのでわからないのですが、以前、武蔵境だったかな。
のお店でいただいた煮干し系と比べると、かなりスッキリとした上品系のテイスト。。。
食べ進むうちに馴染んでくるというか、煮干し風味がそんなに気にならなくなってきます。
麺は中細のストレート麺。そしてチャーシューと呼ぶには立派すぎるお肉が「これでもかー!」と
存在感を主張してきます。このお肉、トロトロ系ではあるのですが、アタシの力、もとい、
インプラントでは少しかみ切るのに苦労しました(笑)。いや、美味しいのですが、ちと
しっかりしているかなぁ(汗)。でも、煮干し系のスープとはベストマッチのお味のチャーシューです。
やけに長いメンマと青ネギ、そして海苔がトッピングされていました。


スープが意外にあっさりしているようで、最初は卓上の胡椒、その後はやはり卓上の一味を追加。。。
一味の方が此方のスープに合うように感じたのは好みの問題でしょうか。。。


食べている時には感じなかったのですが、食べ終える頃には「煮干しの香り」が・・・。。。
と思ったら、店主の方がダシ用の煮干しを炙られていたようです(笑)。
道理で香りが充満していたはずです。


食べ終えたら丼とコップ(お水の)をカウンターに自分であげ、布巾でテーブルに飛び散った
雫を拭いて「終了」です。限りなく寡黙なお兄さんは「ありがとうございました!」と
声をかけてくれました。あと、丼を渡すときに「熱いですからお気をつけください!」と
言ってたような。。。


普段あまりお外でラーメンを食べることがないせいか、この後、ちょっとだけ
胸焼けしてしまいました(あの厚みのあるチャーシューのせいかと・笑)が、
美味しいラーメン店の一つだと思います。
パーキングも近くにいくつかあるらしいので、煮干し系ラーメンのお好きな方にはオススメ。
寡黙なお兄さんに是非会いにいってみてください。
あっ、前金制なのと、丼をカウンターに返した後、布巾でテーブルを拭くことを
お忘れなく!!
ごちそうさまでした☆



●蘭鋳
東京都杉並区堀ノ内2-13-13
03-6319-1045
[月〜金]
12:00~14:00
18:00~21:00(各、スープ切れ終了)
[土]
12:00~15:00
日曜・祝日休
2010年7月12日オープン








by forestkoro1015 | 2016-10-18 23:51 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
昨日はバースデー(いくつになったかは内緒!)ということで、ケーキを買いにお出かけです。
地元にもケーキ店は何軒もあるのですが、今回は以前から気になっていた国分寺のお店を
めざしてみることにしました。
駅前のバス通りに面したマンション(殿ヶ谷庭園のちょうど北側ですね)の地下1階にあるのが
此方の「洋菓子舗 茂右衛門」さんです。
昨年末の夕方にもアクセスを試みたのですが、見事にクローズしていました(涙)。
今回は無事にオープンしている様子。。。ラッキーです!


d0352022_19242381.jpg
一見、和菓子店を彷彿とさせる和モダンな店構えですが、れっきとした洋菓子店です。
引き戸を開けて中に入ると、掛け軸や茶釜などがレイアウトされ、これまた「和」な雰囲気。。。
が、ショーケースに並んでいるのは、まぎれもなくケーキや焼き菓子たちです。
それがまたとってもお洒落!!うっとりとして選ぶのに迷うほどです。。。。

d0352022_19242933.jpg
選んだのは此方の4種類。。。お買い上げ金額は2,220円でした。

d0352022_19245021.jpg
「ミントとラプサンスーション」(580円)。
素晴らしく美味しいミント風味のチョコレートケーキです。とっても濃厚な甘さがクセになりそう。。。
リキュールかな。お酒もかなり使われているようですが、これがまた美味しい。
正山小種(ラプサン・スーション)とは、紅茶(紅茶の茶葉を松葉で燻したフレーバーティーの一種)
とのこと。。。なんだかオリエンタルな芳香がほんのりと鼻腔をくすぐったのは、その香りでしょうか。。。


d0352022_19244048.jpg
「ペシェ・ミニョン」(580円)。
ビターアーモンドとレモン風味のチーズ、ショコラブラウン、オレンジ風味のお米のムースを
あしらったケーキだそうです。
これもトップの白い部分が特に美味。先ほどのショコラ=「濃厚」としたら、此方は「奥深さ」が
特徴でしょうか。私の拙いボキャブラリーでは伝えきれないほどの「豊かな味わい」があります。


d0352022_19244551.jpg
「キャフェ・ベネディクティン」。(580円)
コーヒーのババロアにリキュールブランデーのベネディクティンのサバイヨン、アーモンド生地を
合わせた大人味のケーキです。家人が「まるでコーヒーを食べているみたい!」とのこと。。。
上の二つのケーキとはまた異なる感じのビター風味のテイストでした。

d0352022_19243517.jpg
此方は「キャラメル味のタルト」(正式名称は失念・480円)。
トロトロのキャラメルがサクサクのタルト生地の上にのっています。
ほんのりと甘くて苦いキャラメル部分が好みのお味。。。
気づいた時にはペロリと平らげていました(笑)。

d0352022_19250403.jpg

個人的にはいささか甘さが強いかなーという印象もありましたが、いただいたケーキは
いずれもクオリティーが高く、他にはあまりいただいたことのないケーキばかりです。
その一方で、お酒が割と多めに使われていて、お飾りが少ないので、
あまりお子様向きのケーキではないような(笑)。
そう、此方は大人のための、大人のケーキ店なのです(きっと・笑)。


ケーキだけでなく、焼き菓子の類も美味しそうな品々が並んでいました。
これは是非、通い詰めてあれこれといただいてみなくてはいけないお店かもしれません。
人気店なので売り切れじまいの日もあるそうです。ご注意ください。
バースデーにステキなお店と出合えたことに感謝です。
明日の17日がオープン4周年なのですね。
お誕生日が近いのも何かのご縁かも!!
ごちそうさまでした☆


d0352022_19245520.jpg
店内にはこんな茶釜がディスプレイされていました。すみません。これは我が家の茶釜です(笑)。。。





●洋菓子舗 茂右衛門 (もえもん)
東京都国分寺市南町2-18-3 国分寺マンション B1F
042-323-8200
[水~日]
11:00~20:00(休日は売れ切れる場合が多いです。)
月・火休
https://ja-jp.facebook.com/moetmon
2012年10月17日オープン



by forestkoro1015 | 2016-10-16 20:17 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)