Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:グルメ・都内・その他( 31 )

「食べてみたい!」と思いつつ、なかなかチャンスに巡り合えないお菓子がある。
巷で話題となっている「切腹最中」(!)もその一つだ。


とうとうチャンス到来!!仕事の打ち合わせが「新橋!」と聞いた時から
「切腹最中についに会える!!」と期待度はMAXに(笑)。


新橋から徒歩10分ぐらいの場所にある「御菓子司 新正堂」で販売されているのが
その「切腹最中」だ。
店頭には大きな「切腹最中」のディスプレイが(驚)。
d0352022_19243780.jpg
すでに17時をまわっているのに、列が途絶えることはない(そんなに長い訳ではない)。
他に豆大福や生どら焼き、義士ようかんなどの御菓子が色々と売られているが
一番売れているのが、「切腹最中」(一つ200円)だ。

普通、最中というと、うすい皮がピタリと合わさって中に餡が詰まっているが、
此方の「切腹最中」は中の餡が多すぎて、皮が「パックリ!」と口を開き、
いまにもはみ出しそうな様相を呈している。
文字通り、「切腹」している「最中」なのだ(笑)。
商売柄、うまいネーミングだなーと以前から感心していたが、実物を眺めると、
ついつい笑いがこみ上げてくる(爆)。

d0352022_19245729.jpg
d0352022_19250310.jpg
そしてツヤツヤとしたテリもあるこの「餡」が、変にしつこくないサッパリとした甘さの
上品な美味しさの最中なのだ。はみ出しそうに詰まっている「餡」だけれど、
お代わりして食べたいぐらいの程よい甘さがクセになりそうな(笑)。


新橋という場所柄、お詫びの手土産として買い求めるサラリーマンの方々が少なくないそうだが
たしかにこの最中をもらったら、笑える上に美味しいので許してしまうお客さんもいるかも!
そのような意味でもなかなかのアイデア商品だと感心してしまう。


なんでも、此方のお店は、あの「忠臣蔵」の浅野内匠頭が3月14日にお預けの上、
即日切腹を言い渡された田村家屋敷跡にあり、特に12月14日の「討ち入り」の日
近づいてくると、一日に7,000個も売り上げることもあるのだそうだ(驚)。

d0352022_19244905.jpg
9時から20時までの営業らしいが、暗くなってきても結構な盛況ぶり。。。
d0352022_19244369.jpg

この日は、某店との「最中コラボ」(爆)も実現(爆)。
「切腹最中」のおかげで、大いに盛り上がった夜となったことはいうまでもない(笑)。
d0352022_19580517.jpg

「お詫びの手土産」として、また、盛り上がり用グッズとして
お味も良いので、先方には喜ばれるお品であることは間違いない。


ごちそうさまでした☆



●新正堂 (しんしょうどう)
東京都港区新橋4-27-2
03-3431-2512
[月~金]
9:00~20:00
[土]
9:00~17:00
日曜・祝日休(8月は土曜・日曜・祝日)
http://www.shinshodoh.co.jp/
1912年オープン


by forestkoro1015 | 2017-11-19 20:04 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
最近、江戸川区方面に出没することが多い(お仕事)。
この日も新小岩からバスでアクセス。知らない街を散策するのは楽しい。
お昼は某ログで探しておいた「キッチンこば」さんをめざしてみることにした。


首都高速の小松川ランプが近いらしいこのあたりには、「松江通り商店街」という
かなりレトロな雰囲気の商店街がある。
まるで映画の中のショーワな雰囲気を残す街に紛れ込んでしまったような感じだ。
そしてその商店街からさらに路地の奥へ。。。。
目的のお店発見!!「キッチンこば」さんだ。
d0352022_12035255.jpg
しばらくぶりの晴天だったこの日は洗濯日より。看板上のお布団が渋いお店だ。


店内の雰囲気も限りなくレトロ。飾り気がないというか、朴訥とした感じのお店だ。
お値段も良心的なものが揃っている。
d0352022_12033326.jpg
定食(700円)はクリームコロッケやフライの小さなもの、目玉焼きなどが細々とのった
お品とのこと。ここで食べるべきは「オムライス」(700円)でしょう!ということで注文。
d0352022_12034519.jpg
やがて登場したオムライスは相当に大きい。そして「これぞオムライス!」という感じで
チキンライスの中にはピーマンと玉ねぎ、そしてカットしたウインナ。。。
それがたぶん玉子3個分の中に熱々&ミッシリと詰まっている。。。
このオムライスがかなり美味しいのだ。まいうー!!
たて一文字にかかっているトマトケチャップも潔い(笑)。
何よりも700円というお値段がすごい!!さすがに江戸川価格だ!!


全体はこんな感じでお味噌汁がつく。このお味噌汁が熱々でまた美味しいのだ。
d0352022_12033998.jpg
一人分ずつお盆にのってサーブされるので、少々、社食チックなところもまた良い。


店内はテーブルが4つ。お昼のテレビ番組が延々と流れている。
近くの工員さんがいたり、OLさんがいたりと客層もさまざま。
メニューも豊富で界隈の方々にはなかなか使い勝手が良さそうなお店だ。


街の活性化も兼ねて、「孤独のグルメ」の五郎さんに、是非、訪ねてもらいたいお店だ。
レトロなのにどこか懐かしい美味しさがある、こんな雰囲気のお店、好きそうだし。
五郎さんだったら、定食とオムライス、カレーライスの3つはいけるだろう(笑)。


ごちそうさまでした☆



大きなオムライスを食したあとは腹ごなしも兼ねて街中を散策。。。
ご近所にいたシェルティ。。。
d0352022_12032752.jpg
船堀街道脇に続く遊歩道。
d0352022_12035958.jpg
都営新宿線「船堀」駅前にあるタワーホール船堀。
d0352022_12042641.jpg

高さ115mのタワー展望室からの眺め。晴れていれば富士山や筑波山などをはじめ、
都内全域が360度の大パノラマで楽しめるのだそう。。。
d0352022_12042011.jpg
d0352022_12041511.jpg
ディズニーランド方面。
d0352022_12041196.jpg
d0352022_12040441.jpg
展望台は無料!!わずかな時間だったけど、結構、楽しかった。




●キッチンこば
東京都江戸川区松江4-12-13
03-3654-1986
11:00~14:00
17:00~20:00
日曜・祝日休
全面喫煙可



by forestkoro1015 | 2017-10-26 13:01 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
東京には「どら焼き御三家」と呼ばれるお店があるのだそうだ。
上野の「うさぎや」、浅草の「亀十」、東十条の「草月」
この3つのどら焼きがその御三家に当たるらしい。
「うさぎや」のどら焼きは食べたことがあるけれど、他の二つは未食だ。
という訳で、先日、浅草へ出かけたついでに御三家の一つ、「亀十」さんに
立ち寄ってみることに。。。


お店は観光客でごった返す「雷門」のトイメに位置している。
d0352022_22564349.jpg
どら焼き目的の客は道路に沿って一列に並び、数人ずつ店内へ案内される。
この日の待ち客は数名。。。これなら楽勝だ(笑)。
店内に入ってからが少し長く感じたが、無事にどら焼きゲット!!
一つ360円(!)と少々お高めだが、結構、大きくてズッシリと重たい。
黒あんと白あんを選ぶことができるので黒あんをセレクト。
d0352022_22565484.jpg
ついでに二番人気という「松風」も購入。此方は一つ290円。試供品が置いてあって
「おしてみてください!」と書かれている。おすとフンワリと弾力があって柔らかい。
d0352022_22570979.jpg
美味しそうに見えた「かりんとう」も購入。平たいおせんべいのようなかりんとうだ。
d0352022_22570285.jpg

この後、どら焼きたちは浅草寺にお詣りし、パンのペリカン、ペリカンカフェなどに立ち寄って
帰宅。早速にお茶を煎れていただいてみる。

d0352022_22571731.jpg
とにかく一つが大きくてあんこがミッシリと詰まっている。
そして皮の部分がフカフカ(フワフワというのかな?)の柔らかいパンケーキのような
芳ばしくて美味しい皮で、中のあんことの相性がこれまたたまらない独特の風味を醸し出す。

いささか焦げ感がある焼き方の無骨さもたまらない!!
d0352022_22572420.jpg
ご飯前なので「半分だけ食べよう!」と思っていたのに、美味しいのでペロリと一つを
平らげてしまった(汗)。
360円するけれど、ちっこいケーキ一つよりも相当に満足度は高いと思う。
なるほど!「東京御三家」と呼ぶにふさわしい美味しいどら焼きだ。
うさぎやよりも此方の方が「江戸っぽい味」=「下町テイスト」っていうのかな?
がして好きかもしれない。

これは、東十条の「草月」のどら焼きもいつの日か食べてみて、御三家の味を
食べ比べてみなければなるまい!!


此方は「松風」
d0352022_22573071.jpg
黒糖の柔らかなスポンジ生地が少量のあんこを包んだ御菓子だ。
フンワリと柔らかくて上品な御菓子なのだけれど、「御三家のどら焼き」を食べてしまうと
いささかインパクトに欠けるかなぁ。。。
まぁ、好みもあると思うが、此方は比較的にあっさりといただくことができる。
サイズも小さめだし。。。


雷門のお店では15分ぐらい並んだのだけれど、購入した後、新宿に寄って帰宅したところ、
小田急デパートの地下で全く同じ「亀十のどら焼き」が「並ばないで」売られていた(爆)。
ちょうど催事の開催中だったらしい。悔しいけれど、浅草観光も楽しめたので
良いことにしよう。。。


雷門界隈に出かけたら、忘れずにチェックしたい美味しい東京土産だ。
ごちそうさまでした☆




●亀十 (かめじゅう)
東京都台東区雷門2-18-11
03-3841-2210
10:00~20:30
不定休
http://osietesite.com/gourmet/tokyo/sweet/kamejyu




by forestkoro1015 | 2017-10-21 23:32 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
名前は知っていてもなかなか食べるチャンスに恵まれないお品がある。
此方の「ペリカンのパン」もその一つ。。。
今回「74歳のペリカンはパンを売る。」という映画作品のプロモーションを見かけ、
「どうしても食べてみたい!」と思い、仕事ついでに予約した上での訪問購入を果たした。
d0352022_22231922.jpg

お店があるのは浅草のはずれの方。。。アクセスするには蔵前の方が近いかもしれない。
d0352022_22231108.jpg
浅草橋での仕事ついでに訪問したので、予約の時間は11時30分。
ノコノコとアクセスすると、店内は大混雑だ。棚には予約したお客さんのパンたちが所狭しと
並んでいる。その様子はさながらロジスティックスの拠点の棚のようだ(驚)。
店頭で名前を告げると、予約したパンが「あっ!」という間に出てくる。


今回は普通のパンの1.5斤(570円)と
d0352022_22233112.jpg
山型半(480円)を購入。
d0352022_22232679.jpg

いずれもミッシリと身(っていうのかな?)が詰まっていて、ズッシリと重たい(驚)。


購入後、近くにある「ペリカンカフェ」にも寄ったのだけれど(この時の話はまた後日)、
サンドイッチの美味しさには驚かされた。


さて帰宅後、せっかくなので新しいうちに色々な食べ方にトライしてみる。

d0352022_22233848.jpg
d0352022_22240355.jpg
上手にカットできなくて申し訳ない(汗)。
が、此方のパンはカットして形が崩れてもすぐに元の形に戻る形状記憶合金型(爆)のパンだ。
というか、それだけ身の部分(?)がズッシリとしている。


まずはトースト。
d0352022_22241283.jpg
少し焦がしてしまった(汗)のだけれど、たしかにカリカリっと芳ばしく焼き上がっていて美味しい。
マーガリンではなく、本バターで試食。ほんのりと甘く、そして何ともいえない優しい美味しさが
口の中に広がっていく。
「これが74年の歴史なのねーー!!」とつくづくと美味しさを噛みしめる幸せのひととき。。。
今まで色々とお高い系のパンも食べてきたけれど、それらとはたしかに一線を画する美味しさ
というか主張する何かがある(ような気がした)。
果たしてそれは何かはうまく表現できないのだけれど。。。さすがに予約で完売するだけのことはある
パンだ。この日も訪問した時には、すでにその日の分のパンは完売だった。


1枚トーストした後はサンドイッチに。。。
この日、カフェで「フルーツサンド」をいただいたのだけれど、あまりの美味しさに感服した
のだった、そんな訳で帰宅したら「サンドイッチを作る!」と心に決めていた。
玉子サンド、ツナサンド、そしてカツサンドにチャレンジ。。。


写真は撮らなかったのだけれど、いずれもメチャクチャに美味しい。
今までのサンドイッチの概念が覆されるぐらいだ。
具材に関してはいつもと同じ作り方なので、やはりパン自体の美味しさが秀でていると
いうことの証しなのだろう。


そして「身が詰まっている」からだと思うが、2枚のサンドイッチを一つ食べただけで
相当にズッシリと食べ応え感がある。他メーカーのパンだったらありえないような話だ。
それでも玉子サンドとカツサンドのハーフにトライ。。。
この日はかつてない幸せな美味しさを味わったことは言うまでもない。
いやー、恐るべし、74年の歴史。。。もっと早く出会いたい美味しさだった。。。
そしてこの美味しさに再度出会うためには、はるばると浅草方面まででかけなければ
ならないのがツラい。


ごちそうさまでした☆




●パンのペリカン (Pelican)
東京都台東区寿4-7-4
03-3841-4686
8:00~17:00 
日曜日・祭日・特別休業日(夏季・年始)休  ※他、HPに営業日カレンダーあり
http://www.bakerpelican.com/
1942年オープン


by forestkoro1015 | 2017-10-17 22:56 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
この日は一之江まで遠征(お仕事)。
普段、多摩エリアに暮らす自分にとってはあまり馴染みがないエリアだ。
が、せっかく訪れるのであれば、地元の名物か美味しい物を食べてみたい(笑)。
そんな訳でめざしたのが、都営新宿線・一之江駅至近にある
「リヨンスイーツ」。


お洒落なネーミングの此方は、スイーツのお店ではなく、
常時80種類以上のパンを店内の工房で焼き上げるという街中のパン屋さんだ。
なんでも江戸川区内に3店舗を展開する地元では人気のお店らしい。


目に付いたのは此方の看板。
d0352022_12414994.jpg
そう、私がはるばると訪れたのは、「人気ナンバー1」という此方の「ミニコロッケコッペ」
(税込み145円)をいただくことにある(笑)。


さまざまなパンの香りが漂う店内に飛び込み、まっしぐらに「ミニコロッケコッペ」の棚へ。
入口横にコーヒーとお茶(?)のセットが用意され、飲みたい人はレジで申告して紙コップをもらう。
千葉や多摩の郊外型店舗ではよく見かける情景だ。


お洒落な店舗の前にはオープンエアのテラス席が!!
d0352022_12415746.jpg
人通りがあるので少し恥ずかしいのだけれど、実食開始!
d0352022_12421259.jpg
全体はこんな感じ。
d0352022_12421888.jpg
コロッケとパン、そしてキャベツのコンビネーションが実に素晴らしい!!
そして秘伝のソース(!)というのが、ほんわりとした甘みがあって、コロッケ、キャベツ、
パンととてもよく合う。コロッケ自体が大きいのも嬉しい!!
これで145円(しかもコーヒーまでついて!)とは、人気があるのも大いに頷けるお品だ。


ちなみに地元にいくつか展開している某ベーカリーの「コロッケコッペ」が好物で、結構、
リピートしていたのだけれど、最近、少々、味が変わってしまって(値段もお高くなって)
寂しい思いをしていた。。。


やはり人気の定番商品は、味を変えたり、値段を変えたりしては、ダメなのだ。
いつまでも食べたいあの味!、たまに食べたくなるあの味を求めて
客はリピートを重ねるのだから。。。
そんな訳で、近くにあったら是非、通いたいお店となった次第だけれど、
いかんせん遠い(笑)。


ところで、とても目立つ注意書き!
d0352022_12420580.jpg
たしかに鳩が異様に人なつこい(笑)。横で首をかしげて待っている(呆)。
d0352022_12422586.jpg
d0352022_12423255.jpg

ごちそうさまでした☆





●リヨンスイーツ
東京都江戸川区一之江7-37-2
03-3654-0141
[月~土・祝]
7:00~20:00
[日]
8:00~18:00
無休
http://pluspan.com/







by forestkoro1015 | 2017-10-03 13:26 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
仕事で訪れる機会は多い浜松町界隈だが、飲食系のお店についてはほとんどアウェーのエリアだ。
しかも0次会のお店など見当もつかない(汗)。


「お洒落なノミホ・ナイト」の前に界隈のオフィスに勤務する友人に連れていってもらったのが
「Wine and Dine IGREK」だ。


待ち合わせ客でごった返す浜松町の駅から徒歩数分。ビルの2階にあるお店は18時オープンのよう。。。
まだ開店したばかりのところに飛び込んで、お約束のシュワシュワをいただく。

d0352022_00593295.jpg
オープン直後に入店したから仕方がないのだけれど、あともう少しだけ冷やしてからグラスに注いでくれたら
もっと美味しかった・・・と思う。
少々、残念ではあったのだけれど、この後は「オサレなノミホ」だ(笑)。
キンキンに冷えていたら絶対にお代わりしていた(私でなくて友が・えっ?)と思うので、
これぐらいで十分だったのかもしれない(笑)。


お通しのチーズトースト
d0352022_00594138.jpg
チーズがトローンとしていて、思わず赤ワインが欲しくなるが我慢(笑)。


「Wine and Dine」を店名に冠する通り、ちょっとしたアテも酒飲みマインドを刺激する。。。
黒板に書かれていた本日のメニューもワインに合わせて色々と試してみたいような品々が並んでいる。


この日は0次会なのでそそくさと引き上げたのだけれど。。。
お会計はシュワシュワ一杯とお通しで1,800円。
シュワシュワが気持ち、冷たくなかったのが、少し、いや、だいぶもったいないように感じた。
「とりビー」をお願いすればよかったのかな?


ごちそうさまでした*





●Wine and Dine IGREK  (ワイン アンド ダイン イグレック)
東京都港区浜松町1-24-5 ロマネビルディング 2F
090-3215-1909
[月~木] 18:00~24:00 [金] 18:00~翌1:00
[土] 18:00~23:00
日曜・祝日、第2、第4土曜休
完全禁煙
http://www.igrekigrek.com


by forestkoro1015 | 2017-10-03 01:29 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
「TABEALS品川」クラフトビールを飲んだ後は、渋谷の東急東横店で夕飯のお買い物です。
「ちょっと小腹が空いたなー!!」と思う私の目の前に飛び込んできたのは
色とりどりの美味しそうなケーキたちです(笑)。


いずれも美味しそうではあるのですが、どれも立派(サイズもお値段も・笑)で
カロリーも気になります。。。
ケーキ売り場を1.5周(!)して見つけたのが、「La Terre saison」
「キャラメルナッツのエクレア」(303円)と「大地のシュー」(216円)です。
これならサイズもそんなに大きくないし、お値段も手頃です。
本当は「マンゴーケーキ」(500円)にとてもそそられたのですが(笑)。


此方は池尻大橋(三宿)に本店があり、吉祥寺などにもお店を出している
「ラ・テール」というブーランジェリーの洋菓子のお店です。


特に「キャラメルナッツのエクレア」は此方の東横店と二子玉川店のみの限定品
これは是非、食べてみなければなりません。


●キャラメルナッツのエクレア
d0352022_01303430.jpg
シュー生地に芳ばしいナッツとキャラメルを合わせ、クッキー生地をのせて焼き上げてあります。
中はキャラメルと生クリームの2層仕立て。そんなに甘すぎることがなくて、ほんのりとしたビター感が
好みの感じです。若干、トップのクッキー生地がかたすぎるような印象もありますが、許容範囲内。
美味しいエクレアだと思います。コスパもよろしいですね。


●大地のシュー
d0352022_01304259.jpg
クリームのところにキズが(汗)。持ち運び方が悪かったようです。
此方のカスタードは割としっかりしたタイプ。かためのパリっとしたシュー生地と合わせた感じも
ありますが、もうちょっと柔らかい方が好みです。
生クリームも心なかしっかり系。。。生クリームが入っていないタイプもあるそうですが。。。


どちらかというと、「キャラメルナッツのエクレア」の方が好きかも❤️
さすがに限定品だけのことはあるお味です。これだったら一度に二つは食べられそうです。
食べないですが(笑)。
ごちそうさまでした☆






●La Terre saison 東急東横店 (ラ テール セゾン)
東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横店 横店 B1F
03-3477-4662
10:00~21:00
不定休(東急に準ずる)
http://www.laterre.com/


by forestkoro1015 | 2017-07-17 01:55 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
コンビニの普及で最近は数も減り、「ドリンクバー」などが主体になって
あまり利用することもなくなった「ファミレス」ですが、先日、所用で阿佐ヶ谷周辺に
出かけていた時に、「マンゴーデザート」に吸い寄せられるように
「デニーズ南阿佐ヶ谷店」に入店してみました(笑)。
本当は飲み屋さんが開くまでの時間調整ではあったのですが(汗)。。。


4月から提供が始まったという「マンゴーデザート」は6種類。
「フレッシュマンゴーのミニパルフェ」(484円)を注文してみました。
d0352022_18483332.jpg
思っていた以上にマンゴーがたっぷり!!パルフェの下に「ミルクチョコクリーム」がサンドされていて
この甘さがマンゴー独特のねっとりとした甘さと酸味を引き立てます。コーンフレークは入っていましたが、
そんなにたくさんではなかったし、このチョコクリームのアイデアに感心したので、まぁ、許そう(笑)。


今の時期、あちこちのパフェのお店(某Sとか某Tとか)でお高い「マンゴーパフェ」を見かけるのですが、
デニーズの「マンゴーパルフェ」もなかなか健闘している(!)と思った次第です。
何よりもワンコインで食べられるというのが、なんだかとてもトクした気分(笑)!!


「コーヒーのお代わりいかがですか?」と、ドリンクバーではないところも好感がもてます。
マンゴー好きな方にオススメ!!ごちそうさまでした☆





●デニーズ 南阿佐谷店 (Denny's)
東京都杉並区阿佐谷南3-1-33 1F
03-3392-0621
24時間営業
年中無休
http://www.dennys.jp/dny/


by forestkoro1015 | 2017-05-25 19:03 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
久しぶりに「賛否両論」のお弁当をいただく機会がありました。
「賛否両論」のお店はなかなか予約が取れないようですが、お弁当は色々と種類が豊富なようです。
こんなに色々とラインナップしているようです(https://gochikuru.com/1113/)。


私が選んだのは「笠原流 絶品!鳥めし重」(1,250円)です。
d0352022_14275770.jpg
鳥の照り焼きと柚子風味のつくねが玉子を載せた鳥めしの上にのっています。
全体的に山椒が効いていてとても美味しいです。右上野お漬け物のように見えるのは「茄子の煮浸し」。
その下の糸蒟蒻も絶妙な上に何とも上品なな味付けでした。
唯一惜しかったのは、まる十(さつまいも)。ちとかたかったようです(笑)。
が、これで1,250円だったら、かなりお得感は強いのではないでしょうか。。。
実際、↑のサイトのランキングでも堂々2位にランクインしているお品です。
ほんの少し、予約のとれない焼き鳥店「鳥しき」さんの「焼き鳥弁当」のお味に似ていたように思います。


一緒に買ってきたのは、やはり賛否両論の「懐石弁当 調〜SHIRABE〜」(1,350円)。
d0352022_14274604.jpg
上品な京風の俵型おむすび(玉子そぼろと菜めし)の他、笠原氏こだわりの8種のお品と共に
詰め合わされています。人参とお魚を挟んだ磯辺揚げが美味しい!!
が、玉子そぼろはいささか印象が薄い感じの味付け。。。私は「鳥めし重」の方が好きかなぁ。。。


此方は銀座歌舞伎座前にある「木挽町 辨松」の「懐石弁当・白」(1,200円)。
d0352022_14275182.jpg
やはり歌舞伎の幕間にいただくお弁当屋さんのお弁当ということで、何をいただいても安心できる味!!



此方は「神田明神下 みやび」の「八五郎弁当」(800円)。
d0352022_14273989.jpg
昆布入り白飯とじゃこ入り茶飯のおにぎり弁当です。
色々と入っているおかずが美味しいそう。お値段も手頃なのがうれしいですね。




「駅弁フェア」ではないですが、たまにはこのように色々なお弁当を食べ比べてみるのも
楽しいかもしれません♪





※前回の「お弁当」に関する記事は



●賛否両論 (さんぴりょうろん)
東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル 1F
03-3440-5572
18:00~翌1:00(L.O.23:00)
日曜日、祝日休
http://www.sanpi-ryoron.com/
2004年9月16日オープン


by forestkoro1015 | 2017-05-11 15:51 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)
先日はまたまた「恵比寿ガーデンプレイス」へ。。。
某パン屋さんの「1,000円の食パン」はとっくに売り切れでした(笑)。
別に買う気もないですが。。。


そしてまたまた向かってしまったのは「ヱビスビール記念館」(汗)。
平日の昼間だから空いているだろうと思ったら大正解!!
ノンビリと「昼ビール」を楽しむことができます。



今回もお気に入りの「華みやび」をいただきます。
此方の「華みやび」は「樽生」だそう。。。美味しいはずですよね。
d0352022_10445450.jpg
今回は空いていたのでこぼすことなくお席へ。。。これでワンコイン(400円)です。
昼からいただくビールというのはなんでこんなに美味しいのでしょう(謎)。


お昼を過ぎていたのでヱビスプレート」(2コイン・800円)もいただきます。
d0352022_10451106.jpg
ポテサラ、生ハム、クリームチーズ、ピクルスなどがワンプレートに盛られています。
ビールに合いますが、このままワインのおつまみとしてもいけそう(笑)。
ベタベタしすぎていないポテトサラダもコックリとして美味しいです。
が、個人的なヒットは胡瓜のピクルス。。。
ピクルスというよりは、どことなく「ぬか漬け」チックな感じがして結構、いけました。
まぁ、お漬け物ではあるのですが。。。
これは単体でもっとたくさん食べてみたいかも(笑)。


壁のオブジェ。。。温度計でしょうか。。。
d0352022_10451942.jpg
この中で泳ぎたい(笑)!
d0352022_10452978.jpg
前回は日曜日でメチャ混みでしたが、やはり平日の方が空いていてノンビリできますね。
美味しいビールが一杯400円で楽しめるのはうれしいかも!!
近くに来たときにはオススメです。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は


※前々回訪問時の記事は





●ヱビスビール記念館 (【旧店名:恵比寿麦酒記念館】)
渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
03-5423-7255
11:00~19:00
(ヱビスツアー最終回17:10、テイスティングサロン ラストオーダー 18:30)
月曜休(祝日の場合は翌日)・年末年始
http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/


by forestkoro1015 | 2017-04-06 11:11 | グルメ・都内・その他 | Comments(0)