Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:旅行・神奈川( 5 )

鎌倉からだったら日帰りできるのですが、ゆっくり滞在して鎌倉巡りを楽しみたいという時に
オススメなのが、JR鎌倉駅のホームからも見える「ホテルニューカマクラ」です。
駅から徒歩数分の便利なロケーションも魅力です。
今回のお宿が此方でした。


大正ロマンあふれるこのホテルは、芥川龍之介と岡本かの子(岡本太郎の母親)が出合った
場所としても知られています。元々、この場所には京都の老舗料亭「平野屋」の支店があり、
避暑客の貸間として何棟かを使用していた時に、たまたま隣り合わせたのだそうです。
ホテルとしてのスタートは関東大震災の翌年の1924年(大正13年)。
様々な変遷を経て、現在の「ニューカマクラ」という名前に落ち着いたのは、今から20年ほど前の
ことと言われています。。


駐車場にある桜の木がこの時期は満開でした。樹齢80年〜90年とか。。。
此方は本館(全14室)。屋根の上の白いロゴがスタイリッシュです。窓は洋風建築の上げ下げ窓です。
d0352022_16273363.jpg
此方は新館(全10室)。
d0352022_16275020.jpg
此方はフロント。奥にはお部屋が。
d0352022_16263530.jpg

本館入り口(中から見たところ)。ドアは24時間オープン!!どんなに遅く帰ってきても門限なしです(笑)。
上に書かれている文字は映画で使われた時のものをそのまま使用とのこと(スウェーデン語)。
d0352022_16264171.jpg
レトロ感あふれるロビー。
d0352022_16264761.jpg

芥川龍之介と岡本かの子のなれ初めが解説されています。
d0352022_16271095.jpg

ロビーのシャンデリア。ステキですねぇ!
d0352022_16265614.jpg
2階客室へと続く階段。ちと急です(笑)。
d0352022_16270347.jpg
本館2階の洗面室とお手洗いは共用です。此方は洗面室のステンドグラス。
d0352022_16272549.jpg
今回は「小町」のお部屋に泊まりました。
d0352022_16271696.jpg
ツインのお部屋は広くてゆったりしています。
d0352022_16261043.jpg
此方の本館は2004年に鎌倉市景観重要建築物第27号に指定されたそうです。戦前のホテル建築としては
珍しいことでもあるのだそうです。
宿泊料金に関しては、土曜と祝前日は少しお高くなってしまうのですが、それでも他の宿泊施設に比べれば
圧倒的にリーズナブルに泊まることができるのが魅力!!
女性の宿泊客やバックパッカーの外国の方々が多いのも特徴の一つかもしれませんね。
洗面所とお手洗い、お風呂などが共用なので、今時のホテルに比べると使い勝手は今ひとつかもしれませんが
鎌倉駅至近で大正ロマンを堪能するのも楽しいかもしれません。


ちなみに私は今回で4度目の利用になるのかな。
夜遊びして帰ってきても、出入り自由なところが気に入っています(笑)。



鎌倉駅ホームから見える立派な桜の木。ホテルはこのすぐ右側となります。
d0352022_16275794.jpg




■ホテル ニューカマクラ
神奈川県鎌倉市御成町13-2
TEL:0467-22-2230
FAX:0467-22-0233
http://www.newkamakura.com/index.asp


by forestkoro1015 | 2017-04-22 17:19 | 旅行・神奈川 | Comments(0)
「曽我の梅林」は、別所、原、中河原の梅林があって、およそ35,000本の白梅が植えられています。
また、数多くの史跡がある他、富士山、箱根連山、丹沢の眺望も素晴らしいとのこと。。。
小田原からも近いということで足を伸ばしてみることにしました。


御殿場線の「下曽我」から徒歩で「中河原」→「原」→「別所」と歩いてくるのが
オススメコースらしいのですが、御殿場線は1時間におよそ1本。。。
軟弱い私たちは国府津駅からタクシーで最も近い「別所会場」をめざします。


タクシーからは雪を被った富士山の素晴らしい眺望が望めたのですが、
到着後、しばらくすると雲が出てきてしまったようです(残念!)。
d0352022_11290713.jpg
もっと「梅の香り」が立ちこめているのかと思いきや、あまり香りません(汗)。
少々拍子抜け。。。
今年は梅の開花が早くて、白梅はもうおしまい・・・とのことでした(残念!)。
d0352022_11283213.jpg
d0352022_11282410.jpg
d0352022_11283716.jpg
が、枝垂れ梅は今が盛りとのこと。。。
d0352022_11293231.jpg
d0352022_11285387.jpg
d0352022_11280928.jpg
d0352022_11281878.jpg
d0352022_11295182.jpg
d0352022_11294220.jpg
梅の下にある即席のベンチで、「梅見酒」(笑)と洒落込むことにしました。
あまり梅は香らないですが、快晴のお天気のもと、「春の気分」を味わうことはできます。
会場内には売店が設けられ、お蕎麦やラーメン、おでんや田楽などが売られているのも楽しいですね。
「ふろふき大根」を買ったら、梅味のペーストが横に添えられていました。
(食べられてしまったので、写真なしです・汗)。


本当だったら梅の木の向こう側に富士山が見えていたと思うのですが(涙)。。。
d0352022_11290196.jpg

帰りは梅林が連なる小さな川沿いの道を「国府津」駅まで歩くことにしました。
d0352022_11301688.jpg
これは「オカメザクラ」だそう。。。
向こう側を歩く親切なおじさんが教えてくれました。
d0352022_11300478.jpg
地元の人なのでしょうか?ミョーに人なつこく、「今、山をずっと歩いてきた!」とカラシナ、菜花などを
分けてくれただけでなく、「クレソンもってく?」と川の土手に下りていきます(驚)。
「せっかくだから駅まで案内するよ!」とおじさん。。。近道なのか遠回りなのか、里山の道を
30分ほどウォーキングしました(笑)。


ウォーキング途中の無人販売所には「みかん」が!
d0352022_11292386.jpg
さらに気になった「湘南クッキー」の自動販売機。
d0352022_11302381.jpg
駅員さんは「今の時間、バスがないんですよ!」と語っていましたが、たしかにないです!
d0352022_11303008.jpg
別所会場までは国府津駅から徒歩で20〜30分という感じでしょうか。。。
d0352022_11304577.jpg
「梅まつり」は3月5日(日)までだそうですが、今年は開花が早いそうなので大丈夫かしらん。。。
ご興味がある方は是非、お出かけになってみてください!!




□「第47回小田原梅まつり」
平成29年2月4日(土)〜3月5日(日)

●曽我梅まつり実行委員会
小田原市梅の里センター:0465-42-5321
開催期間中は別所本部 :0465-42-1965
小田原市観光協会   :0465-22-5002



by forestkoro1015 | 2017-02-23 12:06 | 旅行・神奈川 | Comments(0)
真鶴にある「和みの宿 たかうら」さんの夕食です。
一休.comはもちちろん、楽天トラベルでも「4.73」の高得点をキープしている絶景のお宿
の雰囲気は「その1」でご紹介したので、此方ではお料理を中心にアップすることにしましょう。
此方はお食事の評判も高いお宿のようです。
d0352022_16164737.jpg
お部屋で夕陽を眺めていると間もなく18時。。。夕食の時間です。
夕食は1階にあるお食事処(個室)でいただきます。
d0352022_16033192.jpg
如月献立のお品書き。翌朝の朝食にもお品書きが用意されています。
d0352022_16035484.jpg
とりビー(とりあえずビール!)で乾杯!!
d0352022_16033728.jpg
■先付:鮟肝雲子みぞれ餡
d0352022_16034796.jpg
■前菜:甘鯛西京 淡麩田楽 梅酢蛸串 柚子チーズ 菜の花 生ハムトマト
d0352022_16040826.jpg
■椀物:冬彩盛
d0352022_16042071.jpg
■造里:たかうら盛り
じゃーん!!これが噂の「舟盛り」です。実際、食べきれないぐらいのお造りがてんこ盛り状態で
盛られています。鯛、さざえ、鰺、帆立、貝等々、これだけでお腹がいっぱいになりそう。。。
d0352022_16042832.jpg
■あっぷ!
d0352022_16043722.jpg
■台物:ふく水炊き 野菜色々 ポン酢 薬味
■連れのお皿。顔がこわい(汗)!
d0352022_16045459.jpg
■中皿:ボイルタラバ蟹 蟹酢 わさび菜
d0352022_16050609.jpg
■日本酒いただきます。燗酒は地元・真鶴の「頼朝の船出」というお酒のようです。
あっさりとして優しい口当たりです。
d0352022_16051464.jpg
■煮えてきた「ふく」にはやはり日本酒でしょう!
d0352022_16052568.jpg
■焼物:和牛ステーキ 色野菜 シャンピニオンソース
まさかお肉まで登場するとはっ!!
d0352022_16053303.jpg
■酢物:なまこ酢 酢橘 薬味
d0352022_16060562.jpg
■蓋物:春子鯛酒蒸し 白髪葱 木の芽
うーむ、脂がのっていて美味しいのですが、もう限界かも(汗)。。。
d0352022_16055327.jpg
窓の外に客人が!!目つき悪いですが、おこぼれ頂戴にありついているらしく太っています(笑)。
何か献上品をもらうまで動かないという贅沢な猫です!!
d0352022_16061618.jpg
■止椀:お茶付け
最後はお茶付けです。ここにも「鯛」が!!舟盛りで食べきれなかった分かもしれないですが、
お茶付けにするとサラサラッといただけますね。お出汁も良い感じです。美味しい!! 

d0352022_16062259.jpg
■水菓子:いちごのデザート。
すでにお腹いっぱいなので、お部屋に持って帰っていただきました。
噂に聞いていた以上の「海の幸てんこ盛り!」のお夕食でした。
私たちのようによく食べる客には良いのでしょうが、少食の方々にはちと辛いかなぁ(笑)。
満腹のお腹をさすりながら、おやすみなさい!!

d0352022_16063371.jpg
お部屋からは対岸の熱海の街や湯河原の街の灯りが煌めいて見えます。
そして「月の光」の眩しいこと。。。当夜は満月だったのか、とても幻想的な夜でした。。。
d0352022_16064121.jpg
朝風呂に入っていると少しずつ夜が明けてきます。
d0352022_16025593.jpg
d0352022_16030518.jpg
夕陽は拝める宿ですが、残念ながら朝日は難しいですね。
対岸の建物に朝日が当たってオレンジ色に輝いています。。。
d0352022_16070823.jpg
朝食は8時から。昨日と同じ個室でいただきます。
d0352022_16075623.jpg
オレンジジュースかリンゴジュースのいずれかかが選べます。
d0352022_16080475.jpg
ご飯とお味噌汁は座ってからサービスされます。
d0352022_16065905.jpg
の大きいことっ!!焼きたてではないですが、これがとても美味しい鰺でした!
帰りに鰺を買って帰りましたが、駅前の道を少し入った場所に位置している「二藤商店」さん
(電話:0465-68-2151・水曜休)というお店の鰺とカマスがとても美味でした。
d0352022_16074670.jpg
出汁巻き卵、明太子、シラスおろし、蒲鉾にはわさび漬けが!!
d0352022_16072722.jpg
山かけ!
d0352022_16073887.jpg
サラダ。
d0352022_16081472.jpg
湯豆腐。飲みすぎた胃袋に優しいですね。
ご飯一杯では到底食べきれないおかずの量なので、連れはお代わりしていました(呆)。
d0352022_16082497.jpg
デザートはコーヒーとヨーグルト、そしてフルーツ。

お代わりこそしませんでしたが、朝から食べ過ぎました(笑)。胃が重たい。。。
この後、お昼になってもお腹は全然空きませんでした(笑)。朝食は大事ですね!!
d0352022_16083425.jpg
d0352022_16084397.jpg
チェックアウトは10時なので、また部屋に戻ってノンビリ海を眺めて過ごします。。。
今回はお天気にも恵まれて、素敵なお宿で素敵な時間を過ごすことができました。


あまりに静かなので「他にお客さんいるのかしら?」と思っていたのですが、
翌朝は何人かの客とすれ違い、帰りの駅までの送迎時も別のゲストと一緒でした。


お部屋は快適だったし、眺めは素晴らしいし、此方だったら東京からそんなに遠くないし

リピートはありかなぁ。。。参考までに、週末と夏の時期は混み合うそうです。

雰囲気としては、海と山の違いはありますが、湯河原の「エルルカン・ビス」

彷彿とさせるような感じです(あそこまでモダンではないですが・笑)。

エレベーターの設備がないので、足が悪い母を連れて行くのはちと難しいかなぁ。。。

今後、リニューアルされるとのことで、エレベーターが完備されたら、母を連れて是非、再訪したいお宿です。

ごちそうさまでした & お世話になりました☆





●和みの宿 たかうら
〒259-0201
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1180-2
0465-68-0105
0465-68-1199(Fax)
チェックイン:15時(最終チェックイン17時)
チェックアウト:10時
総部屋数:7室
http://www.takaura.net/room.html


by forestkoro1015 | 2017-02-22 17:10 | 旅行・神奈川 | Comments(0)
真鶴のお宿は「和みの宿 たかうら」さんです。
一休.comはもちちろん、楽天トラベルでも「4.73」の高得点をキープしている絶景のお宿です。


真鶴駅からも送迎はありますが、「ケーブ真鶴」にいることを伝えると、快く迎えにきてくれました。
以前からある海沿いのお宿に手を加えてリニューアルされたのでしょう。
お玄関などは「ショーワな佇まい」を感じさせますが、ロビーに通されるとその絶景に心を奪われます。
d0352022_22484640.jpg
d0352022_22490573.jpg
目の前には海しか有りません。。。
d0352022_22485535.jpg
広々としたロビー。
d0352022_22492510.jpg
マッサージチェアは我が家のと兄弟でした(笑)。
d0352022_22491508.jpg
ウェルカムドリンクをいただき。。。
d0352022_23034751.jpg
2階にあるお部屋へ。。。
ラッキーなことに、アップグレードしていただいたようです。
d0352022_22474598.jpg
d0352022_22473716.jpg
ロビーの上に位置する角部屋の此方からも真鶴の素晴らしい景色が望めます。

d0352022_22462938.jpg
お部屋は和モダンの雰囲気が漂う洋室。。。
d0352022_22463874.jpg
窓の外の「絶景独り占め」の椅子席の一つは前日に入ったばかりというマッサージチェアが!!
マッサージしながら海を眺めて物思いに耽るというのは、まさにこの世の最高の贅沢の一つです!!
という訳で、連れと奪い合うことに(笑)。。。

d0352022_22464779.jpg
窓側から見た室内。。。奥にはWCLが!!
d0352022_22472054.jpg
バスルームからも海が眺められます。
温泉ではないのが非常に惜しいのですが、伊豆石を用いた遠赤効果で身体はポカポカに。。。
また、地下1階に24時間入浴できる家族風呂があって便利です。
d0352022_22472866.jpg
洗面室。
d0352022_22465761.jpg
お部屋のエントランスも和モダンな雰囲気!
d0352022_22494525.jpg
お部屋の鍵。。。
d0352022_22470560.jpg
エントランスに冷蔵庫とお茶セットが!
d0352022_22493655.jpg
お茶菓子は冷蔵庫に入っていました。
d0352022_22500879.jpg
こんなところに日本酒が(爆)!!
沈む夕陽とくれなずむ海をながめながらの宴会もまた楽しいものです(笑)。
残念ながら、雲が出てきてしまって、「絶景という夕陽」は拝むことができなかったのですが。。。
d0352022_22495554.jpg
d0352022_22475166.jpg
d0352022_22480164.jpg
d0352022_22480980.jpg
d0352022_22482193.jpg
d0352022_22482945.jpg
d0352022_22483784.jpg
日が暮れてくると、対岸の街に灯が灯ってキラキラと輝きます。
右のキラキラが湯河原の街、左のキラキラが熱海の街なのだそう。。。
対岸から眺める「熱海の花火」も見事なものだそうです。

こんなにノンビリとした時間が過ごせるお宿とは知りませんでした。。。
しかも目の前はどこまでも「海」、そして「お酒」(笑)。。。
夕食は18時から、朝食は8時から。。。お食事会場も個室なので、他の客と顔を合わせることはほとんど
ありません。まさに「海沿いのプライベート空間」といっても良いでしょう。


さてさて、長くなってしまったので、お食事内容は後編でご紹介することにしましょう。
海沿いのお宿だけあって、お食事も豪華です。食べ過ぎました(笑)。。。




●和みの宿 たかうら
〒259-0201
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1180-2
0465-68-0105
0465-68-1199(Fax)
チェックイン:15時(最終チェックイン17時)
チェックアウト:10時
総部屋数:7室
http://www.takaura.net/room.html



by forestkoro1015 | 2017-02-20 23:45 | 旅行・神奈川 | Comments(0)
ソウルから戻ってきて数日後は「真鶴半島」へ。。。
なんだか遊んでばかりで忙しい2月です(汗)。
本当は車で出かけるつもりだったのですが、ソウルの疲れがあるので挫折(笑)。
のんびりと電車で真鶴をめざします。


真鶴駅からは「ケープ真鶴」まで「路線バスの旅」です。
途中でおじさんが一人乗ってましたが、それまでは貸切。。。
なんともノンビリとした場所です。

d0352022_15272512.jpg
「ケープ真鶴」は貝殻博物館などを擁する真鶴町営施設です。
売店や喫茶店もあって、近くにある展望台からは大島や伊豆半島などの絶景を眺めることができます。
左端が大島、手前の平べったいのが初島、とんがってみえるのが利島、さらにその右には式根島、
右側はずーーーっと伊豆半島を望むことができます。。。眩しいぐらいの美しい景色です


ここまでは来たことがあるのですが、今回は徒歩で数分という「三ツ石」まで下りてみることにしました。
d0352022_15270025.jpg
階段を下りていくと「小さなカフェ」があります。「見晴らし台」というお店のよう。。。
このような場所で一日中、海を眺めて過ごすことができたら素敵でしょうね。
d0352022_15265305.jpg
「寒桜」がすでに満開でした!
d0352022_15264610.jpg
「最南端」の前には「真鶴」という文字が入っています(切れちゃいました・失礼!)。
カフェはこの桜の少し下にあります。

d0352022_15270780.jpg
だいぶ下って海辺に到着しました。此方が「三ツ石」です。
真鶴半島の先端にある此方は、「初日の出」のスポットとしても知られ、岩の間からご来光を拝むことが
できる場所として、例年、多くのカメラマンや観光客で賑わうのだとか。。。
d0352022_15270985.jpg
d0352022_15271600.jpg
すごい岩場になっていますか゜、干潮時には「三ツ石」まで徒歩でアクセスできるのだそうです。

d0352022_15272084.jpg
残念ながら、潮は満ちていましたが、海辺を渡る潮風が心地よかったです。


美しい景色を満喫した帰りはケープ真鶴までの上り階段をせっせと上ります。ゼイゼイ(笑)。。。



by forestkoro1015 | 2017-02-20 15:53 | 旅行・神奈川 | Comments(0)