Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:1702・冬のソウル( 17 )

帰りは金浦空港を20:30に出るANA便です。
オンラインチェックインは済ませているものの、19時20分頃までには空港に着きたかったのですが(汗)。
その頃はまだ市内で渋滞に嵌まっていました(滝汗)。。。
ありえない話(!)です。


というのも、友人が爆買いしすぎたせいもあるのですが、それ以前に荷物のパッキングが遅いのです。
海外に出ても、買い物はいつも彼女で、パッキングはいつもご主人にお任せとのこと!!
そんなことを言われても、今回はご主人はいません。。。
あーだこーだと格闘しつつ、何とかフタが閉まったのがすでに19時前!!
完全な私の時間の読み間違えです(滝汗)。


コンシェルジュの中でも日本語が最も流ちょうな偉い(たぶん)人が出てきて、
タクシーが到着するまで付きっきりで面倒を見てくれました(感謝!)。
そしてドライバーに韓国語でまくし立てています。
たぶんどんな手段を使ってもこの客たちを20時30分の
飛行機に乗せろ!!と伝えていたのでしょう。


まさか20時30分の飛行機に乗るのに、19時頃にホテルを出発する客などいない訳で(汗・汗・汗)。。。


仕事で訪れていた福岡や大阪では空港までタクシーを飛ばしたことは何度もありますが、
あれは国内線ですし、最終便でない限り、乗り遅れてもなんとかなります。
が、ここは韓国。。。地理もわからないし、今、自分がどこの場所を走っているかも
まるで把握できない訳で。。。ジリジリと時間だけが過ぎていきます。
それでもドライバーのおにいさんは相当に飛ばしてくれて、金浦空港に着いたのは19時58分(爆)。
本当だったらチップを渡さなければいけないところですが、友人はカードで払ったとのこと(呆)。


彼女の分も荷物を抱えて先にANAのカウンターへ走ります。
ANAのスタッフさんたちはとても親切でした。
なんと!!通常はありえない話ですが、「ビジネスクラス」にアップグレードしてくれるとのこと(嬉)。
友人も私も「ANAカード会員」ということもあるのかもしれないし、機内への荷物の積み込みが
「ビジネスクラス」の客の分まで終わってしまっていたからかもしれません。
「プライオリティ」のタグがついたファーストやビジネスクラスの客の荷物は最後に積み込まれ、
到着地では最初にターンテーブルに出てきます。
まぁ、ビジネスクラスのシートに空きがあってラッキー!!だったということで。。。
そういえば、前回のソウルに出かけた時のANA便もプレミアムエコノミーシートでした(往きだけ!)。


しかも私たち以外にも、ギリギリで駆け込んできた親子が!!
二人では心細いですが、4人いれば少し元気も出ます。。。


税関もほとんどフリーパス(というか、他に客がいません・汗)。
が、ロッテ免税店で購入したバッグを受け取り、TAX Refundの書類を提出しなければなりません。
二兎を追うもの一兎も得ず!!ではありませんが、バッグを選びました(笑)。
こんな時に限って、私が友人の購入した「iPad mini」のレシートを持ち、
向こうが私のバッグのレシートを持っていた模様(汗)。。。
すでに私たちの名前を呼ぶアナウンスが聞こえます(呼び出されてしまいました・恥)。
ロッテのおねえさんは「仕方なく手元の機械」を操作して、パスポートだけで処理を行い、
大事なバッグ(!)を渡してくれました(汗)。


その後はまた走って機内へ。。。
たぶん一番最後と最後から2番目の搭乗客だったと思います。
が、定刻通りに離陸したので、なんとか間に合ったのだと思いたいです。。。

d0352022_15421025.jpg
ちゃっかり「泡」などいただいているし(呆)。
「Champagne Canard Duchêne Cuvée Léonie Brut」だそう。。。
タクシーでメチャクチャ緊張したのでノドも乾きました(笑)。
という訳で、思わずお代わりいただいちゃいました!!
d0352022_15424076.jpg
機内食はこのような感じです。

■アペタイザー
小海老とコールスローのサラダ カクテルソース
椎茸のラタトゥイユ詰め
鴨のスモーク オレンジ添え
■メインディッシュ
ビーフのブロシェット バーベキューオイスターソース
■ブレッド
大豆とアカゴマのパン
小菓子



ふと気づくと、買い物してばかりで、朝、広蔵市場でビビンバを食べてからは
「Gong cha」でお茶を飲んだだけでした。もう少し早く空港に着いていれば何か食べられたのに。。。

久しぶりの日本茶がとても美味しく感じました。


d0352022_15424608.jpg
食後のコーヒー。


d0352022_15425207.jpg
食べ終えると間もなく、飛行機は降下体制に入ります。
やはり韓国は近いですねぇ。。。


22時25分、予定より少し早く、飛行機は羽田に到着。。。
荷物も早く出てきたお陰で(最後に積み込まれたので・笑)、間に合わないと思っていたリムジンバスに
乗ることができました。
終わりよければすべてよし!ではないですが、無事に帰ってくることができて良かったです。


ビジネスへのアップグレードもあったし!!
でも、こんなにハラハラ&ドキドキした旅は本当に久しぶりでした。血圧が上がってしまいました!!
友人との旅行は楽しいものですが、「爆買い」と「時間の観念がルーズな人」との旅行には
十分に気をつけて「早め」「早めの行動」を心がけましょう!!


また彼女と旅行したいか???。。。うーん、悩むところです。
国内なら良いですが、韓流スターの追っかけと爆買いの韓国はもうパスかなぁ(笑)。




「2017・冬のソウル・爆買いの旅」の旅行記は今回で終了となります。
お付き合いいただいて有難うございました!!






by forestkoro1015 | 2017-02-19 16:34 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
「爆買いツアー」も追い込みモードに入ります(爆)。
まずは「バラマキ用土産を買いたい!」ということで、「ハーモニーマート明洞」へ。
あまり広くないお店ながらも、バラマキ用に最適なお土産があれこれと揃っています。
「そんなにお土産をあげる人がいるの?」と思うほどのお土産を購入(呆)。


さらに「Gong cha」で、この日新発売という「ストロベリー・ラテ」を飲み。。。
「ハーモニーマートではお目当てのお土産が買えなかった!!」ということで、
ソウル駅前にある「ロッテマート」へとタクシーを飛ばします。
d0352022_14562126.jpg
d0352022_14565480.jpg
スタイリッシュなソウル駅「ロッテアウトレット」
「ロッテマート」が隣接する形でそびえています。
d0352022_14561178.jpg
d0352022_14563174.jpg
駅側から眺める風景もお洒落!!
d0352022_14564817.jpg
此方は「ロッテマート」の前に佇む「文化駅ソウル204」(旧ソウル駅舎)です。
「東京駅」を彷彿とさせる」素敵な雰囲気の建物ですよね。
私はどちらかというと「ロッテマート」よりもダンゼン「此方派」!!
1925年に建てられた、赤レンガの壁とドーム形の屋根を特徴とするルネサンス様式の此方は、
2004年までソウル駅として使われた韓国最古の駅舎だそうです。
2011年8月に「文化駅ソウル284」として建築当初の姿に復元され、
各種文化イベントが開催されているそう。
豪華な貴賓室や広々とした大食堂が見所だそうで、この日は「ダヴィンチ・コデックス展」が開催され、
レオナルド・ダヴィンチの方式を活用した幅広いジャンルの作品が展示されていました(4月半ばまで)。
どうせだったら、此方を見学してみたかったですぅ(涙)。。。


が、フライトの時間は刻々と迫っています(汗)。


それにしても「ロッテマート」、信じられないぐらいに広いです。
そして品物もたくさんあります。さすが「ロッテワールド!」という感じですねぇ。。。


友人がどうしても欲しかったのは、やはり、あの、パク・ポゴムがイメージキャラクターを
務める「ロッテのマグボトル」です(呆)。
もう時間があまりないので、スタッフさんに尋ねると、
「ロッテのお菓子を30,000w以上(3,000円以上)」
購入した人はもれなくもらえるとのこと。。。


そんな訳で彼女は最後の「爆買い」(爆)。
そしてついに念願の「マグボトル」をゲットしたのでした(呆)。
d0352022_14564089.jpg
それにしても3,000円分のお菓子というのは、結構な量があります。
そして重たい(汗)。。。
こんなに山のようなお菓子はもう絶対スーツケースには入らないし、どうやって日本まで持って帰る
つもりなのでしょう。。。



とにかくホテルへ戻ってパッキングしないと間に合いません。。。
この時点で17時前です。急いでホテルに戻れば18時すぎにはパッキングを終えて
タクシーで空港に迎える(金浦です)と私は算段していたのですが・・・(滝汗)。。。



 実は、とんでもない結末(!)が待っていました。。。







by forestkoro1015 | 2017-02-19 15:29 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
広蔵市場で爆買いをした後は、一度、ホテルに戻って預ける荷物を追加します(呆)。
コンシェルジュデスクのスタッフは「まだ預けるのか!」とあきれ顔(笑)。
たしかに多いわっ(友人の荷物が・汗)。


その後は「ソウルタワー」まで足を伸ばしてみるとこにしました。
夜の方がキレイだし、別に行かなくても良かったのですが、どこか一箇所ぐらい
観光名所を訪れないと、本当の「爆買いツアー」になってしまいます(汗)。

d0352022_14061642.jpg
標高243mの南山の頂上に立つ「「ソウルタワー」は1969年の設立。2005年のリニューアルを経て
「Nソウルタワー」として生まれ変わった、ソウルのランドマーク的存在の場所です。

タワーの高さが236.7mあるので、タワー展望台からの高さは海抜479.7m!!

この展望台からはソウルの街が360度全方位を見渡せるだけでなく、天気の良い日は仁川(インチョン)や、

北朝鮮・開城(ケソン)にある松岳山まで見通すことができるのだそうです。

d0352022_14065552.jpg
とりあえずケーブルカーを利用してでタワー前の広場をめざします。。。
ケーブルカーを降りると階段がーー!!
ここまでは徒歩でも上がってこられるようですね。


d0352022_14070244.jpg
d0352022_14070969.jpg
d0352022_14071632.jpg
d0352022_14072217.jpg
ここからでも景色は十分に堪能できます。それにしても寒い!!
標高は少し高いから当然なのですが、あたりには残雪が!!
マイナス8度か、それ以下でなかったのではないかと。。。
d0352022_14080547.jpg
地図には日本語の文字も!!


タワーの下まで行ってみると、さらに入場料がかかるようです!!
「上まで行ってみる?」と友人に尋ねると、「買い物の方が良い!」と即答(爆)。
まぁ、とりあえず麓までは制覇したので、再び、ケーブルカーで明洞の街をめざすことにします。。。

d0352022_14073162.jpg
ケーブルカーに向かう広場はすごい鍵(南京錠)の数です(驚)!!
d0352022_14073743.jpg
d0352022_14075417.jpg
こんな感じです(驚)。
恋人たちが永遠の愛を誓い合う場所としても有名なのだそう。。。
d0352022_14074583.jpg
小さな鍵から大きな鍵まで色々と売られていました。。。


夜景の方がたぶんキレイだとは思いますが、いかんせん、観光地価格ですかね。。。
ケーブルカーとタワーの入場料を合わせるとおよそ1,700円。。。
まぁ、景色は美しいですが、麓までで良いかなぁ(笑)。
いってしまえは、スカイツリーと高尾山を足して2で割ったような場所と考えると
よろしいかもしれません。ソウルの方が晴れている分、遠くまで見渡せましたが。。。


さてさて、すでに15時です。
今夜20時すぎのフライトに合わせて、「爆買い」にも追い込みをかけなければなりません。
急がないとっ!!



by forestkoro1015 | 2017-02-19 14:43 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
ケジャンを購入すると俄然、お腹が空いてきました。
朝から何も食べてないし・・・ということで、広蔵市場内を歩きつつ、美味しそうなものを探します。
と、目についたのが「ビビンバ」。お野菜たっぷりで美味しそう。。。
ということで、某屋台に潜り込んでみます。

オーダーはビビンバ。
d0352022_23073769.jpg
d0352022_23074702.jpg
お野菜たっぷり!味噌スープがつきます。
d0352022_23081576.jpg
トッピングはお野菜色々。。。お願いすればさらに持ってくれそうな気も。。。
d0352022_23075712.jpg
此方の餃子は紅いのがキムチ、青いのは大根キムチ(前回、学習済み・笑)。
d0352022_23080563.jpg
お代わり自由のキムチは何だか水っぽいです。どうして?


野菜たっぷりのヘルシービビンバ、美味しくないことはないのですが、なんだかウサギさんの気分(笑)。
せっかく韓国にいるのだから、もう少し韓国っぽいテイストが欲しいかなぁ。。。
もちろんヘルシーなことはよくわかるのですが、韓国にまで来てダイエットはしたくないし(笑)。
こんなこといってるから痩せないのでしょうが。。。
あっ、このビビンバは5.000w(500円)です。野菜中心だから当たり前だとは思うのですが。。。
もう一回食べたいかと聞かれれば、一度で良いかなぁ。。。
昨年食べた冷麺の方が美味しく感じたのは、寒さで冷めるのが早かったからかも。。。


d0352022_23082453.jpg
お店の位置はよくわからないのですが、またまた42番の周辺でした。。。
ごちそうさまでした☆



この後は今回唯一の観光地「ソウルタワー」をめざします。




by forestkoro1015 | 2017-02-18 23:21 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
ソウル3日目。。。快晴ですが、外の気温はマイナス6度。。。凍りそうです(笑)。
d0352022_17305564.jpg
d0352022_17304985.jpg
10時チェックアウトなので、9時半には下に降ります。
1階のコンシェルジュでスーツケースを預けて「広蔵市場」へと繰り出します。
「鐘路5街」の駅からはすぐですが、東大門駅方面からは、一日目の「タッカンマリ横丁」を抜け
大きな道路を渡ってアクセスします。
この大きな道路を渡る際に利用するのが地下通路です。
階段を上り下りするのは面倒ですが、韓国では地下通路にもお店がたくさん並んでいます。
d0352022_17310850.jpg
d0352022_17310296.jpg
と、あるお店の前で友人が立ち止まります(汗)。
オモニが自分で作る布団店のようです。その色とりどりの布を利用して作った小物入れや風呂敷、
コースターなどが売られています。しかも市内のお土産店よりも相当に安い!!
私も前回、購入して帰りましたが、此方では小さい巾着袋が一枚1,000w(100円)、
大きい巾着袋が2,000w(200円)だったかな。風呂敷の類もとても洒落ています。


「しまった!」と思った時には友人が朝一番の「爆買いモード」に(笑)。。。
日本円で1.5万分ぐらい購入していたでしょうか。。。
「コピ」「コピ」・・・とオモニが手招きします。「なんだろう?」と思ったら、なんと!
「コーヒーとお菓子」をごちそうしてくれました(嬉)。

d0352022_17311413.jpg
私たちが「コピ」をいただいている間、オモニは計算。。。
「お菓子が美味しい!どこで売っていますか?」と尋ねたら、そこにあったすべてのお菓子を袋に入れて
お土産にくれました。荷物は少し重たくなったようですが、素敵な旅の思い出ですね!

d0352022_17312282.jpg
d0352022_17312984.jpg
さて、階段を上って「広蔵市場」へ。
1905年に誕生し、100年以上の歴史を誇る「広蔵市場」は、食材から衣料に至るまで幅広い商品を
取り扱う巨大マーケットです。特に、屋台フードが集まる「うまいもん通り」は圧巻!!
常に熱気に溢れています。

d0352022_17321480.jpg
まずはお土産の「カンジャンケジャン」ということで、此方の「洪林」さんへ。。。
1952年創業の此方は老舗の韓国のお総菜やさんです。目立つ場所にあるのと、常に賑わっているので
すぐにわかります。
d0352022_17320872.jpg
朗らかなオモニが流ちょうな日本語を操りながら試食をさせてくれます。
「カンジャンケジャン」がメチャクチャ美味しい!!「タコ」「イカ」「ノリ」「タラ」等々
試食の嵐(爆)。。。皆、辛いですが、そのいずれもが美味しい!!

d0352022_17320043.jpg
d0352022_17314454.jpg
醤油だれにケジャン(蟹)をつけたものが「カンジャンケジャン」
唐辛子味噌のコチュジャンタレにつけたものは「ヤンニョムケジャン」と呼ぶのだそうです。
生の渡り蟹を熟成させてタレにつけたものということで、この時期だけの珍味でもあります。

ヤンニョムケジャンは1キロで25,000w(2,500円)、カンジャンケジャンは1キロで40,000w(4,000円)、
タコの塩辛は1キロで20,000w(2,000円)、イカの塩辛は1キロで14,000w(1,400円)。。。
500グラムでも購入できるし、おたくさんおまけで入れてくれた上にパックにつめ、テープでグルグル巻きにして
梱包してくれるので、スーツケースに入れれば日本にも持ち帰りOKです。
(注:機内持ち込みは禁止されているのでご注意下さい!!)。


此方では「日本円OK!!」ということで、ふと横を見ると、友人がここでも爆買いパワー全開(笑)!!
「あれも、これも、それも!」ととんでもない量のお総菜(というかキムチ系魚介類)を購入しています。
本当にすべて日本に持って帰れるのかい???(私の心の声!!)。。。
まぁ、その話はまた改めて(乞ご期待・笑)!!

d0352022_17322108.jpg
翌日、自宅でトライした「ヤンニョムケジャン」。全身から汗が噴き出してきそうに辛いです。
一度にたくさんは食べられません。

d0352022_17322832.jpg
d0352022_17323856.jpg
此方は「洪林」さんの斜め向かいにある小さなお店で購入してきた白菜キムチ
1キロ10,000w(1,000円)というお品を1.5キロ購入してきました。
此方もグルグル巻きにパックされています。


キムチにはそれぞれの家の作り方があるそうですが、辛味の感じは此方の方が「洪林」さんよりも
ややマイルドで、それでいて深い辛みがあるとのこと。。。
我が家では此方の辛さの方が評判が良かったです。
キムチも色々ですねぇ。。。でも、前回、購入してきたビニールパック入りの商品化されたキムチよりも
此方の手造り感あふれるキムチの方が圧倒的に美味しかったです。キムチを買うなら市場で!!
鉄則のようです。



さて、キムチもケジャンも購入したし、屋台で朝ご飯をいただきましょう!!




●洪林
ソウル市 鍾路区(チョンノグ)礼智洞(イェジドン)6-1 広蔵市場内64-2号
02-2267-1751
02-2271-2037(Fax)
8:00~20:30
休業日:日曜、旧正月、旧正月の次の日、秋夕
クレジットカードOK
日本語OK




by forestkoro1015 | 2017-02-18 18:34 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
爆買いした二日目の夜は少し疲れたので、ホテルの近くにある「doota」フードコート
めざしてみることにしました。
d0352022_18200915.jpg
お洒落な雰囲気の「doota」。地下1階にあるフードコートには、ホテルからほぼ屋内を歩いて
アクセスできます。寒い外に出なくて良いので楽ちんです(笑)。


そしてフードコートも相当に広いです(驚)。韓国料理、屋台風、チゲ、韓国式うどん、タイ料理、和食、
ハンバーガー等々、まさによりどりみどりという感じで楽しいです。。。
東大門エリアは「不夜城」かと思うほど賑わっているエリアですが、フードコートは22時ぐらいにクローズ
するお店もあるようです。パフェが食べたかったのに閉まっていました(汗)。

d0352022_18161037.jpg
ビビンバのお店がなんだか美味しそうな感じです。
d0352022_18161955.jpg
日本語メニューも併記されています。
d0352022_18155989.jpg
という訳で、私は此方の「豚肉辛炒め・サム・ビビンバ」をセレクト(950円)。
d0352022_18150348.jpg
友人は「全州ビビンバ定食」(1,280円)を注文。
ビビンバにチヂミ、ムクサバル、その他色々がついた豪華版ですね。

d0352022_18144666.jpg
注文したお品ができると、このチカチカで呼ばれます。
d0352022_18151385.jpg
ここにご飯と辛味を投入。自分で混ぜ混ぜしてビビンバを完成させます。
d0352022_18152195.jpg
味噌スープ。可もなく不可もないお味でした。
d0352022_18152907.jpg
非常に辛い「豚肉辛炒め」。飛び上がりそうに辛いです。
d0352022_18154620.jpg
「サム」=「包む」ためのお野菜。これで辛い豚肉を包みます。
d0352022_18153820.jpg
何故か「黒豆」と「カクテキ」(もどき)がついていました。
かたい黒豆でしたが、お肉が辛いので、箸休めとしては有難かったです。


先ほどまでの寒気も、ホテルで温かいお茶を飲んで少し眠ったらすっかりと回復!!
さて、前日、頼んでおいた品々を引き取りに「東大門市場」の「チーム204」
をめざします(呆)。


そしてまた色々と買い物(呆)。最後に甘い物が食べたくなって、「ダンキンドーナツ」でお夜食も購入!!
翌日は10時にチェックアウトなのでスーツケースの荷物を整理します。。。
爆買いしすぎた友人がやけに時間がかかっていたのですが、
「明日、機内持ち込み用の小さなスーツケースを買って何とかする!」とのこと。。。
この一言がとんでもないエンディングの幕開けとは誰が予想したでしょう(汗)。。。
まだ、この時は彼女の言葉を信じていた私が馬鹿だったのかも(汗)。。。
とにかく、このような感じでソウル二日目の夜は暮れていったのでした。。。





●dootaフードコート
ソウル市 中区乙支路6街 18-12 斗山(ドゥサン)タワー 地下1F 
02-3398-2386
営業時間
10:30~23:00(ラストオーダー22:30)
休業日
正月、旧正月、秋夕(韓国の旧盆)、夏季休業
日本語不可
日本語 Menuあり
www.doota.com/ (韓国語、英語、日本語、中国語)


by forestkoro1015 | 2017-02-17 22:46 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
「クルタレ」という韓国の伝統的なお菓子を知っていますか?
その昔、韓国の王様が食したという宮廷菓子の「クルタレ」は、絹糸を巻いたようなイメージで
作られるお菓子です。クルは「蜂蜜」タレは「糸状のものを巻きつける」という意味を
持つそうで、目の前でお店の人が数を数えながら実演販売を見せてくれます。


最初は手のひらサイズの蜂蜜飴のかたまり。。。それを手打ち麺や素麺をつくる要領でドンドン伸ばし、
2本が4本、4本が8本、8本が16本・・・32、64、128、256・・・・と続いていって、
最後は16,000本余りの非常に細い絹糸のような仕上がりに。。。
そしてその細い絹のような糸でアーモンドや木の実、きなこなどを包み、蚕(!)のような形
したら完成となります。
「どうぞ!」というので一つ食べてみると、まだほんのりと暖かくて、なんとも不思議な味わい。。。
一箱が5,000ウォン(500円)というので、早速、買い求めて日本へのお土産にすることにしました。

d0352022_17104443.jpg
見かけはちょっとアレですが、お味はなかなかよろしいです。韓国の王様はこんなお菓子を食べて
いたのですね。うらやましいっ!!
d0352022_17105458.jpg
こんな箱に入っています(一つ10個入り)。1年持つとのこと。冷やして食べると美味しいのだとか。


此方は南大門市場にある小さなお店です。前回、訪れた時は気づかなかったのですが、
友人が「これ、美味しいんだよ!」と見つけてくれました(嬉)。


ロッテ本店から南大門市場までは徒歩で12〜3分という感じでしょうか。。。
高麗人参茶と韓国海苔、キムチなどのソウルフードを買いに出かけてきました。
東大門市場よりもコンパクトにまとまっている分、お土産は買いやすいかな。。。
但し、怪しいお店も多いですが(笑)。
昨年は秋口だったので、松茸のオンパレードでしたが、さすがにこの時期に松茸はなかったような。。。


なんとなく歩き回っているうちに、昨年、韓国海苔を購入したお店を発見。。。
日本語がぺらぺらなおにいさんが面白いお店です(店名は失念!)。
「昨年もここで買って、好評だったからまた来たよーー!」と話しかけると
「会員制サービス、安くするから買ってって!」と相変わらず軽口モード(笑)。。。

d0352022_17103510.jpg
高麗人参には「紅人参」「白人参」があって、「紅人参」の方が少し高い分、身体には
効くのだそうです(これは昨年、購入した専門店のお兄さんもおなじことを言っていました)。
100包で30,000w(3,000円)だったかと記憶。。。母とその友人たちへのお土産です。

d0352022_17101961.jpg
そして韓国海苔。此方の海苔は「エゴマ」がたくさん使われているのだそう。韓国海苔の違いはあまり
よくわからないのですが、新製品として「キムチ味」、お蕎麦を食べる時に「一つで二つの役割をする!」
という「山葵味」が登場していました(笑)。この海苔を使うと、山葵がいらないのだそう
(本当かよっ!!)。
d0352022_17102891.jpg
リピート「会員」だから(笑)、おまけも山ほどつけてくれました。。。
嬉しいのですがかさばります(汗)。


買い物ついでに「ゆず茶」などもいただき、店内は温かかったはずなのですが、何故か、急な寒気が(汗)!!
寒い中をあちこちと駆けずり回ったから疲れが出たのでしょうか。。。


本来はキムチも南大門市場で探す予定でしたが、とりあえずホテルに戻って休むことにします。
両手に抱えきれないほどの荷物を抱えて、タクシーでホテルへ。。。
爆買いショッピングも結構、疲れるものです(笑)。。。






by forestkoro1015 | 2017-02-17 17:45 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
「サムゴリプジュッカン」で満腹になった後は、ショッピングです(笑)。
まずは明洞にある「ロッテ免税店 本店」へ。
d0352022_16444827.jpg
近くのお店のショーウインドー。日本製の古いミシンがダーーーーっとディスプレイされています。
d0352022_16275297.jpg
近づいてみたところ、すべて本物だったらしく。。。


さて、市内にはいくつかの免税店があるのですが、友人が此方を選んだのは
「スターアベニュー」お目当てだったようです(呆)。


昨年9月にリニューアルした此方は「ALL ABOUT STAR(オールアバウト・スター)」
というコンセプトのもと、ロッテ免税店韓流イメージモデル関連のコンテンツが楽しめる場所なのだそう。。。
大型メディアウォール「スタートラック」には、韓流スターの映像ギャラリーが
ズラーーーっと並んでいます。


私のように興味がない人にとっては、全くどうでも良いエリアです(笑)。
さて、免税品の売り場をめざします。とにかく広くて、お店のラインナップがすごいですね。
9階〜12階が免税品の売り場となります。
9階と12階は化粧品がメイン。。。10階が時計、宝飾品、サングラス、お土産品、
11階がバッグや靴などのブランド街といった感じでしょうか。。。


すごいと思ったのはヴィトン。。。一番広いですね。10階(レディース)と11階(メンズ)に売り場があり、
ショップ内の階段でつながっています。お客さんも一番多いような。。。


某ブランド店でバッグとお財布を購入。。。最近、買い物してなかったから良いことにします(笑)。
やはり「爆買い病」は確実に伝染しているような(汗)。
d0352022_16280799.jpg
共に今年のニューカラーだそう。。。赤というか、えんじ色に近い感じの大バッグと、前日に買った
お財布と合わせてピンクの小バッグ。お財布も含めて、すべて空港引渡しとなります。


友人は最後の一台という「iPad mini」のタイプ4を5.7万ぐらいで購入していました。



さて、免税店をあとにして南大門市場へと移動します。


by forestkoro1015 | 2017-02-17 16:50 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
「弘益大学校」と呼ばれる美大があることもあり、個性的で洒落たお店が多いのが、
「弘大」エリアです。
d0352022_18540709.jpg
弘大の正門前。
「デジタルメディアシティ」からはタクシーですぐですね。。。
そして友人が訪れてみたかったのが、ここから歩いて数分の場所にある
「サムゴリプジュッカン」という豚肉焼き肉店です。
d0352022_18582764.jpg
d0352022_18541781.jpg
d0352022_18542621.jpg
日本でも大人気の韓国のアイドルグループが所属する「YGエンターテインメント」
プロデュースするお店とのことで、2015年6月のオープン以来、多くの韓流スターや
アイドルが訪れているお店でもあるのだそうです。
と言われても、私はほとんど興味がないのですが(汗)。
彼女の大好きな「イ・ジョンソク」くんも訪れたことがあるそうで、店内のあちこちにある
白い豚さん人形のお腹には色々な人たちのサインが書かれています。
d0352022_18562063.jpg
左手ソファ席がジョンソクくんが座ったお席とのこと。
d0352022_18581825.jpg
とりあえずアップ(爆)。
d0352022_18564100.jpg
店内は広々としています。
お昼過ぎというのに店内はそんなに混んでいません。やはりお高いからなのかしらん。。。
d0352022_18580998.jpg
このようなファミリーメニューをお願いしてみました。ビールが2本ついて、二人で54,000ウォン
(約5,400円)です。

d0352022_18555867.jpg
とりあえずビール!焼き肉にはやはりこれです。2本も飲めるかなぁ(彼女はビールは飲みません)。
d0352022_19230682.jpg
セッティング。左上はお肉をまいて食べるお野菜。真ん中は辛味(プレートで温めます)、
右下はやはり辛味(冷たいまま)と刻んだにんにくで準備は万端です。
d0352022_18543821.jpg
野菜サラダ。
d0352022_18553063.jpg
カクテキ。此方もキムチではなかったですね。
d0352022_18555002.jpg
お肉登場!なんだか渋い演出です。
d0352022_18561107.jpg
包みを開けると中身はこのような漢字です。
上の丸いのはじゃがいも、横にエノキが添えられています。
d0352022_18564946.jpg
スタッフのお兄さん(この方もイケメン!さすが芸能事務所ですね!)がプレートにお肉を並べて
くれます。豚の肩肉、背肉、腹肉という感じの3種類の部位です。
d0352022_18565764.jpg
あっぷ。
d0352022_18570609.jpg
角度をかえて。
d0352022_18571619.jpg
ビールを飲みながら焼き上がりを待ちます。
d0352022_18572623.jpg
だいぶ焼けてきたような。。。
d0352022_18573632.jpg
おにいさんが再度登場。トングとはさみでお肉を食べやすい大きさにカットしてくれます。
d0352022_18574641.jpg
お芋もお餅もちょうど良い感じに焼き上がってきました。さて、いただきましょう。
火加減の賜物なのでしょうか。。。表面はカリッと、中身はジューシーな感じで
程よい焼け具合です。お好みでニンニクをつけたり、辛味をつけたり、野菜を巻いたりして
いただきます。さすがに美味しいですね。
韓国焼き肉はチェジュ島の「黒豚」以来ですが、此方の方が上品なテイストというのかな。
豚の旨みが堪能できる感じでビールが進みます(笑)。

d0352022_18575932.jpg
小さな肉片が混ざった炒飯もどきも登場!!プレートの上で辛味やニンニクを添えていただくと
また美味しさが増します。


じゃがいももお餅もすべて食べきってごちそうさま!!
この日も二人で完食してしまいました(呆)。まぁ、朝から何も食べていなかったから良いかな。。。


他の焼き肉店はあまり伺ったことがないですが、此方は有名人税という感じでいささかお高めですね。
去年の夏に訪れた南大門近くの焼き肉店のすこぶるチープだったこと(笑)。
韓流スターのファンでない限り、はるばると訪れるのはあまりオススメしないかな。
最近は明洞にもお店があるようですが、ソウル市内にはもっとお安くて美味しいお店がたくさんあると思います。
ごちそうさまでした☆





●サムゴリプジュッカン
ソウル特別市 麻浦区 西橋洞 361-10
電話番号02-337-3892
日~木:11:30~翌1:00、金・土:11:30~翌2:00
年中無休
日本語:不可
その他外国語:英語
支払方法:ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
・地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 9番出口 徒歩10分
・地下鉄6号線上水(サンス、Sangsu)駅 2番出口 徒歩5分
facebook.com/3geori.butchers?fref










by forestkoro1015 | 2017-02-16 22:41 | 1702・冬のソウル | Comments(0)
ソウルの旅2日目。。。この日も快晴ですが、外の温度は「マイナス6度」(汗)。。。
顔がキレそうな感じに寒いです。この日もカイロ漬けになって出動です。
この日の朝は明洞まで換金に。。。空港で両替したお金はすでに使い果たしてしまった
とのこと(友人が・呆)。
ホテルのコンシェルジに尋ねると明洞の「中央郵便局」近くにレートが良い両替店があるとのこと。
「東大門歴史文化公園」の駅から地下鉄で移動します。
d0352022_17375644.jpg
「東大門歴史文化公園」の駅は「東大門デザインプラザ」から徒歩ですぐです。
なんか巨大な競技場という雰囲気の場所ですね。
d0352022_17380491.jpg
オブジェも色々あります。。。


明洞で両替し、「Gong cha」に寄り道した後は、中洞の「ワールドカップ競技場」の横を
通って、友人がどうしても行きたい!と熱望していた「デジタルメディアシティ」
をめざします。方向としては「漢江」を挟んでいますが、金浦空港に近いかな。。。


ソウルの中心街から少し離れた場所にあるこの「デジタルメディアシティ」は、
「MBC」「SBS」など韓国を代表する放送局や最先端のIT企業が300社以上集まる
巨大メディアシティです。
d0352022_17382257.jpg
敷地内で最も大きいMBC本社社屋。右がMBCホールで、左がMBCの放送センター
センターの通路は「スターパーク」と呼ばれ、韓国のスターたちの手形が埋め込まれています。
d0352022_17384126.jpg
此方は飲食店が充実した「MBCモールパーク」
d0352022_17390816.jpg
右の楕円形の建物は「MBCモールプラザ」。レストランやカフェなど、一般人も利用できます。
その前にはスケートリンクが!!
d0352022_17381408.jpg
d0352022_17383274.jpg
巨大な青い人が!!何の意味があるのかは未確認(汗)。。。

d0352022_17391923.jpg
新社屋に入ってみましょう。1階には「MBCブランドストア」があります。
部外者も1階までは入場することができます。このストアにはドラマや韓流スターの関連グッズは
置いていないということでしたが、どうしても訪れてみたかった友人はあるドラマの関連グッズ(?)を
いくつ購入して大満足の様子(呆)。ポスターまで購入してすでに荷物が山のようです(呆)。


d0352022_17392973.jpg
d0352022_17393862.jpg
韓流グッズに全く興味がない私は(「冬のソナタ」「チャングムの誓い」は大好きでしたが・笑)、
ロビーにある壁面に埋め込まれた世界の映像をチェック。。。
海外のテレビ局などは訪れたことがないので、1階のみでしたが、これはこれで楽しかったです。


d0352022_17374576.jpg
韓流ドラマのファンの方々には物足らないかもしれないですが、手形が揃った「スターパーク」なども
あるので、空港までの帰り道に足を伸ばしてみるのも楽しいかもしれません。。。


さて、そろそろお腹が空いてきました。この日のお昼は彼女がどうしても行きたいと言っていた
「サムゴリブジュッカン」ヘ。。。
さて、どのようなものがいただけるのでしょう。。。




by forestkoro1015 | 2017-02-16 18:21 | 1702・冬のソウル | Comments(0)