Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:お買い物( 11 )

梅雨明け前なのに、うだるように暑い日々が続いています。
朝からピーカンのこの日もたまたま近くにいたこともあって、ふと思いついて
「築地場外市場」まで足を伸ばしてみることにしました。


本家の「築地市場」は豊洲への移転問題ですったもんだしていましたが、
結局、「築地」も「豊洲」も両方活かすという不思議な意見に今のところはなってしまったようです。
身体に有害なものがたくさんある場所に無理矢理引っ越すなどという無駄なことはしないで
長い歴史があり、老朽化が取りざたされている現在の築地市場に手を加えて作り替えていけばよいのに・・・
と思うのは素人の浅はかな考えなのでしょうか。。。

国立競技場の時もそうでしたが、日本人は古い歴史のあるものをなんでも簡単に壊して
すぐに新しいものを作りたがる傾向があるようですよね。
この時はまだ次のデザインも決まる前から、速攻で壊していたような(汗)。。。
まぁ、ゼネコンが儲かり、議員などのえらいさんたちにも利権が色々とあるからなのでしょうが。。。



さてさて「築地場外」の話です。
3時前なのに、なんか閑散としてお店のシャッターも閉まっているところが多いです。
なんとこの日は月に数日ある「自由営業日」の日だったようです(汗)。
やりたいお店はオープンしているし、休みたいお店はクローズしているという状況。。。
道理で人も少ないはずです。が、それでも、観光客らしき人々も含めてお客さんはいます。


オープンしているのは飲食店が多いですね。海鮮丼の店、お鮨の店等々、
色々あります。某ウニの有名店もオープン!!普段は4,500円ぐらいする「ウニ丼」
タイムサービスだかで「2,800円」で食べられる!!ということで、かなりそそられたのですが
店内に誰もいないのでタイミングを外してしまいました(汗)。


路地があったり、そのまま通り抜けできたりと、雰囲気的には吉祥寺のハモニカ横丁的な
感じもあるのかーと個人的な感想を抱きました。


ある路地ではマグロの試食をやっています。また別の路地では、マグロのセール
開催されていました。一軒目はあまり良くない(お安いですが)マグロでしたが
その隣のマグロがなかなかグッド!!
おじさんは「もうおしまいだからどれでも持っていって!!」といくつかのマグロを前に
色々と解説してくれます。
なんでも「みずが出ない冷凍マグロ!」なのだそう。「冷蔵庫で3日持つ!!」そう。
2,800円と1,000円の2つのマグロでしたが、「もうひと声!!」と粘ったところ(笑)、
「もういいや!!」と「二つで2,500円」にしてくれました(嬉)。
そうそう、築地では値切るのは野暮なのだそうです(すみません・あとで知りました・汗)。


これがホレボレするような立派なマグロです。
お店の名前はたしか「大興」さんだったかと。。。まぐろの専門店のようでした。


帰宅した後はもちろん「まぐろパーティー」(笑)。
d0352022_01523079.jpg
マジにお酒、もとい、ご飯が進むプリプリの美味なマグロだったのでした。
今年一番というか、お高いお店のお造りでいただいても、これほど脂ののったマグロには出合えないでしょう
という感じの逸品です。安く買えたと思うと、なお、美味しい(笑)。
皆がわざわざ築地に買いにいくというのも納得のお品です。


実際、切っても、おじさんのいう通り、全然、みずっぽくはなりませんでした。
此方は1,000円マグロのカット前。
d0352022_01522290.jpg
3日日持ちするというので、悩んだのですが、結局、食べちゃうことに(笑)。
美味しくいただきました♪


此方はお馴染みの「松露」の玉子焼き
d0352022_01523636.jpg
せっかくなので本店で購入してきました。美味しいですよね。やはり本店て購入すると、新鮮さが違うような(笑)。
横で売られていた「玉子サンド」もせっかくなので購入してみれば良かったです。



今回はたまたま自由営業日の訪問でしたが、何となく雰囲気はリサーチできたので、次回は楽勝かと。。。
次回は「まぐろ購入」はもちろんですが、「ウニ丼」か「海鮮丼」を食べに出かけたいものです。


飲食店関係者以外の人が訪問するのに適した時間は通常は9時〜14時ぐらいとのこと。
有料駐車場もあるようです。


ごちそうさまでした☆








by forestkoro1015 | 2017-07-13 02:47 | お買い物 | Comments(0)

奄美布のバッグ。

「奄美布」をご存じでしょうか。
着物好きの人なら、誰もが一度は着てみたいと憧れる「大島紬」は、
奄美大島だけで行われている天然の染色方法である「「泥染め」を用いています。
「泥染め」は、絹糸に美しい独特の黒い光沢を与え、繊維にしっとりと柔らかな肌触りを
与えると共に、丈夫さをもたらすなど、さまざまな特徴を備えています。

およそ1,300年以上の歴史を誇る日本の伝統工芸品「大島紬」の着物をリメイクして再生。
古い生地を裂いたものをヨコ糸として新しい生地を織っていく「裂き織り」の技術を採用。
大島紬の織り機を使い、大島紬の細く裂いた生地をヨコ糸として使い、大島紬のタテ糸で
しっかりと織り上げられた「裂き織り」、これが「奄美布」の生地です。
材料となる着物生地によってできあがりの風合いは異なるようですが、
絹の持つ独特のしなやかさとツヤは、まさに世界に一つだけのオリジナルのお品!!


昨日、たまたま通りがかって見かけた「奄美布」のバッグに一目惚れ(爆)。
「一点もの!」という言葉にも惹かれ、またまた衝動買いをしてしまいました(反省!)。
私はタッパがあるのでお着物は着ないのですが、連れて帰ってきた子は
和装にも洋装にも似合いそうな感じのシックでかわいい子です(笑)。
d0352022_13171440.jpg
お店は某デパートの催事に出店されていた鹿児島の「はじめ商事」さんです。
本来は奄美大島紬のお店なのでしょう。「奄美布」の小物だけでなく、とてもステキな大島紬の生地が
いくつも店頭に並んでいました。


沖縄には何度か出かけていますが、その手前にある「奄美大島」は訪れたことがありません。
交通の便が不便なこともあるかもしれないですね。
どことなく東出昌大に似た感じもある(個人的見解ですが・笑)お店のご主人はとても親切で
「これ、持っていってください!」とオマケに島ザラメをつけてくれました。
d0352022_13165025.jpg
奄美大島の「観光PR係」も務めておられるようです。大変ですね!!
お店の紹介が書かれたミニパンフの他に、奄美大島の観光パンフレットもいただきました。
「遊びに来てくれたら、私が案内します!」とのこと(笑)。。。
ちなみにそこに書かれていた一番高い宿泊施設(ホテルでした)は、「2食付きで一泊一人8,000円〜」
でした。うーむ、あとはアクセスの問題ですかねぇ(笑)。



そして当日はお買い上げ金額に応じて「抽選」が行われていました。
ここのところ、くじ運は全然よくないのであまり期待しないでチャレンジしたのですが、
ティッシュ11個と「赤玉1個」をゲット!!
d0352022_13165681.jpg
ティッシュは3枚重ね!!肌触りが違うのだそうです。
「赤玉」が出ると、さらに「職人賞」の三角くじに進むことができます。

当たったのは、京都のお店が取り扱う麻の枕カバーでした。
d0352022_13170198.jpg
これからの季節、枕がヒンヤリとして快眠できそうです。
「母の日」プレゼントの一つということで、此方は母に進呈。



衝動買いのせいで、なんだかんだと楽しい一日となりました(笑)。
d0352022_13171977.jpg





●はじめ商事
〒894-0062 鹿児島県奄美市名瀬有屋町30-1
http://hajimeshoji.com


by forestkoro1015 | 2017-05-10 14:29 | お買い物 | Comments(0)
本日2月3日は節分です。
我が家でも豆まきは昔からしていますが、鬼が嫌いとされる「柊鰯」などは飾ったことはありません。
そして近年、節分というと登場するのが「恵方巻き」です。
子供の頃は聞いたこともなかったし、元々は関西方面から始まった習わしらしいですが
最近はコマーシャリズムの影響なのか、全国で「節分は恵方巻きを食べる日」というのが
定着してきているようです。。。


「その年の方角(今年は北北西)を向いて、無言で一人一本、丸ごと食べる」というのが
本来の食べ方だそうですが、さすがにそこまでは無理かなぁ。。。一人一本は食べられないし。。。


今年は気合いを入れて「銀座久兵衛」の恵方巻き(ハーフで1本1,500円!を2本)と、
以前、タモリが美味しいと言っていた(らしい)「成城石井」の恵方巻きを予約してみる
ことにしました。
d0352022_00012653.jpg
此方は「成城石井」の恵方巻き
「たっぷり煮穴子と本ずわい蟹の特上恵方巻き」は1,390円、左の「自家製海老おぼろの七種具材恵方巻き」
は719円(共に税別)です。そして両方共に、京都・清水寺祈祷之海苔使用とのこと。。。
d0352022_00013616.jpg
断面はこのような感じです。右が特上いで蟹の他、魚卵が入っていましたです。
ご飯も美味しいし、中に入っている具もそこそこに美味しく、このお値段ならありかも!
と思った次第です。
d0352022_00014721.jpg
予約特典で豆まき用の豆と磁石(北北西がどちらか一発でわかります!)がついています!


「来年も成城石井でいいんじゃない?」(久兵衛は高いし!!というのは心の声・笑)と思ったのは
ここまでの話。。。さて、お高い「久兵衛」をいただいてみましょう。。。

d0352022_00015453.jpg
パッケージ。なんだか立派ですね。ちっこいですが(ハーフだし・笑)。
包みをといていきます。
d0352022_00020395.jpg
じゃーん!!海苔の色艶が全然違うのがおわかりいただけるでしょうか。。。
ちなみに此方の海苔は「深川成田山不動明王様ご祈祷のり使用」とのこと。。。
色艶だけでなくて海苔自体も香りが高くて美味しい♪!!しっとり&神々しい感じです。

d0352022_00021619.jpg
カットしてみたところ。。。お米はもちろん、蒸し穴子、たまご、車エビ、椎茸、きゅうり、芝エビ等々、
そのすべてが完璧なお味。。。「お高いのだから当たり前!」ではあるのですが、「さすがの美味しさ!」と
ミョーに納得してしまった次第です。トータルバランスと言いましょうか、どこをどう食べても美味しい!!
ハーフで1,500円(税別)ということは、1本(3,000円)(税別)という素晴らしいお値段になって
しまう訳ですが、それでも一度は食べてみる価値のある恵方巻きといえるでしょう。
さすがに一人1本というのは考えてしまいますが(笑)。。。
来年は「早々に此方を予約しよう!!」と家族の意見が一致した夜となった次第です。
でも、年に一回しか食べられないのは悲しいような(笑)。。。
ごちそうさまでした☆



by forestkoro1015 | 2017-02-04 00:37 | お買い物 | Comments(0)
某デパートで開催されていた「大九州展」「五島鬼鯖鮨」と「大村寿司盛り合わせ」
購入してきました。

d0352022_23432547.jpg
「鬼鯖」というと何だかおどろおどろしいネーミングですが、五島・福江島のシンボルである
「鬼岳」にちなんで名付けられたお品とのこと。
東シナ海より水揚げされた真鯖を使用し、通常の鯖鮨よりも、独自の旨酢に浅く漬け込むことにより
鯖の旨さを引き出しているのだそうです。使用しているお米も五島産の「ひのひかり」とのこと。。

d0352022_23433574.jpg
このような感じでツヤツヤしています。
d0352022_23434400.jpg
「ダブル」(2,913円)ということで、鯖が2枚(っていうのかな)オンしてます(驚)。
お米よりも鯖の方が大きい(笑)。
そして鯖はかなりレアレア感が保たれていて、〆たお鮨というよりも生っぽい印象。。。
「もう少し〆た方が好き!」という意見もありましたが、これはこれで美味しいですね。

ちなみに「三井楽水産」(https://onisaba.com)というお店の商品としてお取り寄せも可能です。



五島列島といえば、何年か前に訪れたことがあります。
「鬼鯖」はいただかなかったですが(汗)。

長崎の西方約100kmの東シナ海に浮かぶ大小140の島々から構成される五島列島。。。
主な島は南から福江、久賀、奈留、若松、中通の5島で、若松島以北を上五島、
奈留島以南を下五島と呼ぶそうです。
五島列島の主島である福江島には、美しいリアス式海岸や目に眩しいほどの紺碧の海、
そして江戸時代の弾圧下で隠れキリシタンとなって信仰を守り抜いたという多くの教会が点在しています。
映画「悪人」で重要なシーンが撮影された「大瀬崎断崖」は五島屈指の景勝地として知られています。
d0352022_00210281.jpg
長崎港からはジェットフォイルでおよそ90分、フェリーだと約4時間とアクセスはいささか
不便ではあるのですが、機会があったら是非また再訪してみたい魅力的な場所です。

d0352022_23435507.jpg
此方は「長崎・平野屋」の「大村寿司」(972円)。
大村寿司は、戦国時代に大村氏の軍勢が勝利をおさめた際、領民が兵に差し出した歓迎の料理が
起源とのこと。二段重ねの酢飯の間に具を挟み、具と錦糸卵を乗せたものが一般的なのだそう。
此方のは甘酢をふんだんに使い、具は、椎茸・かんぴょう・味海苔・削り節・小魚・ごま・昆布・
錦糸卵の8種類とのことで、全体的にボリュームもあります。


九州には美味しい物が色々ありますね!!





※ご参考:五島列島旅行記は

by forestkoro1015 | 2017-01-29 23:42 | お買い物 | Comments(0)

初売りバトル(笑)!!


お正月3ヶ日は自宅にいることが多い私が何故、早々に初もうでに出かけたかというと、
実は某大手量販店の「初売り」で買いたい物があったからに他なりません(笑)。

元旦の挟み込みチラシで、前から欲しかったロボットクリーナー「ルンバ」
限定5台で本日限りで安売りされているのを見つけてしまったのでした。。。
買うべきか、買わざるべきか。。。
お店は10時開店なので、9時すぎに駐車場に車を入れられれば「楽勝だろう・・・」と
思ったのですが、実際はとんでもなかったです(汗)。


広い駐車場には店舗入り口から整理用ロープが張られ、すでに外で待っているお客さんが
60名以上はいたでしょうか。。。店員さんも慣れたもので「おはようございます!
朝からご苦労さまです!」とホッカイロを一つくれました(嬉)。


それが9時5分。。。その後、延々と外で(正確には駐車場で)待つことになります。
車のラゲッジルームに折りたたみ用の椅子を入れておいてラッキーでした。
膝掛けもあります。
でも寒い。じっとしていると、とにかく寒い!!
それに前に並んでいる人たちが皆、「ルンバ」目当てだったら売り切れてしまうのです(汗)。
内心、ちょっと、いや、だいぶドキドキ・・・・。


本当は10時開店なのですが、あまりに列が長くなってきたのと、寒いため、親切なお店から
9時45分にオープンします!というアナウンスがあって、行列に安堵のため息が流れます。。。


そして9時45分に無事オープン。。。手袋はしていましたが、手がかじかんで寒いこと!!
入り口で欲しい商品の番号を告げます。
「ルンバ」は26番!!
5台あるうちの2台目を無事にゲットしましたーーーっ(喜)。
寒い中を延々と待った甲斐がありましたーーっ!!

やはり人気があるのが、パソコンとプリンタがセットになった福袋。。。たしか5万円だったかな。
早々に「売り切れコール!」が発表されていました。


以前、某量販店の仕事を担当したことがあるのですが、そこのお店では「限定5台」は永遠に「限定5台!」
なのだとか(笑)。裏に在庫が積まれているので、売り切れることはないのだとか(笑)。
「限定!」とか「990」「980」の数字がお得感を感じさせるなどという業界裏話なども学びましたが(汗)。
と、話がずれてしまって失礼しました。。。


意気揚々と「ルンバ」をゲットした後は、「たこ焼き器」などもゲット!!
この「オクトパス・プレート」、かなりお買い得ではなかったかなぁ。。。


d0352022_01052988.jpg
d0352022_01052115.jpg
本日の戦利品たち(笑)!!
d0352022_01053470.jpg
蓋オープン!割と重たいです。

d0352022_01054440.jpg
充電した後は早速に働いてもらうことに。。。
結構、スピードがあってキビキビと良く動いてくれます。すごいのはお掃除が終わると自分で充電用
ステーションに戻っていくこと(驚)。ドアを開け放しておくと、ホールから和室、洋間とどんどん
勝手に動いてくれます。唯一、階段を上り下りしてくれないのが、ちょっと残念ですが(笑)。
あと、玄関から落ちてしまわないように、バーチャルウォールをセットしておくと、そこから
先には行かないという賢い一面も。。。ロボットとはよくいったものです。ほんとにすごい!!


そして夜はたこ焼きにチャレンジしてみました。
d0352022_01054929.jpg
一度に24個焼けるので、結構、忙しいです(笑)。
でもたこ焼き返し(2本)とピッチャー、オイルブラシがセットになっていたのでお得感はあるかも!!
但し、焼き方にはまだまだ修行が必要なようです。丸くするにはもっとなみなみと(鉄板からこぼれる
ぐらい)具材を流し込み、90度ずつ返していかないといけないのだそうです(汗)。
鉄板のスジは何なのだろう?と思っていたのですが、謎も解明!!
次回からはもう少し上手に焼きたいと思います。



それにしても「初売り」参戦があんなに大変なものだったとは(爆)!!
来年はきっともう行かないと思います(笑)。
でも、ルンバを少しお得に買うことができてラッキーでした♪


by forestkoro1015 | 2017-01-03 01:05 | お買い物 | Comments(0)
先日、吉祥寺東急の地下をウロウロしている時に思わず目が合ってしまいました(笑)。
d0352022_22444685.jpg
「くまさん」♥️です。
ベーカリーの「アンデルセン」が毎月、童話をモチーフにしたパンを売り出していることは知っていたのですが、
まさか「くまさん」が登場するとは思っていませんでした。

「くまとこども」というこのお話は、アンデルセンの「絵のない絵本」の中の月が語る31番目に登場する童話です。
宿屋につながれていたくま(アンデルセンの解説によると熊使いに飼われていたくまだそうです)は、無邪気に遊ぶこどもたちの楽しそうな笑い声に誘われて
つながれていた鎖(ひも)を自分で外してこどもたちのもとへ。。。
こどもたちは驚いて部屋のすみに隠れますが、くまはクンクン匂いを嗅ぐだけ。。。
「これはきっと大きな犬だ!」とこどもたちはくまを撫で、一緒に楽しく遊びます。
太鼓を叩いたり、踊ったり、兵隊さんの真似をしたり。。。
そこにやってきたおかあさんは驚きのあまり、身動きがとれなくなってしまう・・・というお話です。

なんとなく楽しそうで夢がありますよね。。。くまさんもかわいいし(笑)。

d0352022_22443664.jpg
こんな感じでディスプレイされていたのですが、一番ハンサム(と思う)くまさんをセレクトしてきました(笑)。
ブリオッシュ生地をくまさんの形に焼き上げ、チョコカスタードクリームを絞ってあるそうです(260円)。
うーん、まだ食べられていません(汗)。そろそろタイムリミットのような(汗)。。。



●アンデルセン 東急吉祥寺店 (ANDERSEN)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 B1F
0422-21-5287
10:00~20:00
年中無休(東急百貨店吉祥寺店に順ずる)
http://www.andersen.co.jp/




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

アンデルセン 東急吉祥寺店パン / 吉祥寺駅井の頭公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


by forestkoro1015 | 2016-02-04 23:04 | お買い物 | Comments(0)

恵方巻。

2月3日は節分
数年前から関東でも「恵方巻」がブームとなっているようです。
元々は関西からはじまった習慣らしいですが、日本のお店は商魂たくましいですよねぇ。。。
そんなこんなで我が家でもここ数年はブームにのっかっています(呆)。
d0352022_00490829.jpg
今年は「恵方巻」のおまけでこのような「鬼のお面」をもらいました。
「緑の鬼」は珍しいかも!!
そして今年は地元スーパーで早めに予約すると10%引きということで、スタートダッシュで予約。本日取りにいってきました。
d0352022_00483554.jpg
左から「たん熊北店」(ハーフ)「なだ万 こうふく恵方巻」(ハーフ)「ゐざさ 特上恵方巻き」(ノーマルサイズ)です。
予約なので実物を見ないで買ったのですが、まさかこんなに小さいなんて(驚)。
ちなみにお値段は540円、702円、800円となります。

d0352022_00490018.jpg
「たん熊北店ハーフ」断面
d0352022_00485353.jpg
「なだ万ハーフ」断面
d0352022_00490435.jpg
「ゐざさ」断面

それぞれ味見してみましたが(意味ないし・笑)、個人的には真ん中の「なだ万」が一番好みだったかな。
「たん熊北店」も具が上等で美味しいのですが、ご飯のお酢がちょっと強めなのが気になります。
一方の「ゐざさ」は海老がたっぷり入っているのですが、もう少しキュウリがたっぷりしているともっとお味が引き立つかしらん。。。

やはり一人で1本の恵方巻きを南南東に向かって、「黙って」食べないと御利益がないのかしらん(汗)。
でも、ノーマル1本じゃ多すぎるし、ハーフサイズでは足らないし、恵方巻きにも困ったものです。

来年は「なだ万」の一本食いにチャレンジしようかしらん(爆)。
ちなみに「海の幸恵方巻」は1本2,160円で、「こうふく恵方巻」は「1,404円」とのこと。
あっ、事前割引を使えば、ここから10%引きとなります。
肝心なことはスーパーが来年、このキャンペーンをやるか否かということ。。。是非お願いしたいものです。
ごちそうさまでした☆


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
by forestkoro1015 | 2016-02-03 00:47 | お買い物 | Comments(0)

自然に近い状態で育てた無添加の「幸せたまご」と、その卵を用いたプリン、半熟カステラ、オムライス、そしてかき氷(暑い時期限定)のお店が、東京・小平の新小金井街道沿いに佇んでいます。それが此方の「えぐぅ~マルシェ 東京直営販売所」さんです。

プリンやオムライスも美味しいのですが、それはすべて「幸せたまご」そのものが美味しいから!!

特に炊きたてのご飯に「TKG」(たまごかけご飯・笑)でいただくと、「幸せ感」をかみしめることができる!と、友人たちの間ではなかなか評判です。

そんなにお高い訳ではないので、お遣い物にも最適です。


昨日も家の分がなくなったのと、お友だちへの手土産にしようと車で出かけました。

d0352022_23135492.jpg
新小金井街道沿いにあるお店は、冬の間はビニールカーテンがかけられ、中のイートインコーナーにはストーブがセットされていて暖かいです。

と、スタッフの方が「たまごのつみ放題、いかがですか?」とのこと。。。

なんでも1回500円で、直径12〜13センチほどの小さなボウルに「幸せたまご」を好きなだけ積み上げられるのだそうです。すでに地元のおじさんが必死になってトライの真っ最中です。。。

ポスターの告知期間は過ぎていたのですが、まだチャレンジさせてくれるとのこと。。。

これはもう「やるっきゃありません」(爆)。

というのも、実は私、詰め放題とかつみ放題、つかみどりが大好き(笑)。デパ地下などのフルーツや野菜の詰め放題のイベントなどでは「すごい!」と店員さんに感心されるほど「燃える人!」なのでした(笑)。
久々に「やったるでー!」、もとい、「たまご」の詰め放題はやったことがないかも。。。ということでチャレンジ!!

まわりにおがくずがひいてあるので、転がっても割れることはないのですが、慎重に少しずつ積み上げていきます。

しかし、これが結構、難しい。「ゆで」てあればまた違うのでしょうが、やはり「生」は侮れないですね。。。

内心、20個はいけるかと思ったのですが、18個目がどうしても転がってしまいます(汗)。。。

しかも18個目が転がると、すべてのバランスが崩れてゴロゴロと、今までの努力が水の泡に(涙)。。。

結局、ギブアップということで「17個」で「打ち止め」とすることにしました。相当に悔しいのですが。。。


d0352022_23132206.jpg
これが「17個のゲージツ」です(爆)。

もう2個ぐらいのりそうですが、これがのらないのです(笑)。

でも、おねえさんは親切にも1個おまけしてくれました(嬉)。500円で18個ならまあまあかなぁ。。。

なんでも隣で頑張っていたおじさんは、先日、18個ゲットに成功したのだとか(負けたっ!!)。。。

ちなみに今までの最高記録は「23個」なのだそうです。大小のたまごが選べるので、小さめのをコツコツと積み上げるのがポイントなのだとか。。。

でも、大きい方がうれしいですよね(負け惜しみ・笑!!)。


とりあえず17個獲れたから良いことにしましょう。

この後、お友だち用の「幸せたまご」を購入し、意気ようようと帰宅の途についたのでした。。。

次回は頑張るぞーーーっ!!




※前回訪問時の記事と写真は此方で紹介しております。



●えぐぅ~マルシェ 東京直営販売所 (eggg marche)

東京都小平市鈴木町1-466-16

042-321-6999

9:00~20:00

不定休

http://www.eggg.jp/




by forestkoro1015 | 2015-12-19 23:56 | お買い物 | Comments(0)

バイオレットクイン!

d0352022_14350727.jpg

地元の無人販売所で売られていた「バイオレットクイン」
なんと紫色のカリフラワーとのことです。
あまりの不思議な色合いに撮影だけして、すぐ隣で売られていたオレンジカリフラワーを買って帰ってきてしまったのですが、この紫色は茹でると緑色になると横に張り紙がされていました。
お味はどんななのかな?
お野菜も本当に色々ですね。
ちなみにどれも100円で購入できます。
by forestkoro1015 | 2015-12-01 14:29 | お買い物 | Comments(0)

お届け方法。

d0352022_02253869.jpg
家に帰ったら玄関に大きな段ボールが!!
なんと!!前日に某ヨドバシで注文した「キーボードカバー」が入っているらしい。
が、大きすぎる段ボールに唖然(爆)。
案の定、ビニールのポンポン袋をかき分けるとちょうど真ん中あたりにキーボードカバー発見!!
しかも一枚のみなのにたいそうな梱包で。。。
某ヨドバシの社長さんは徹底的な合理主義者で、無駄を嫌う方(よく存じ上げている!)なのに
こんなこと許されるのかしらん。。。などと余計な心配してしまったのでした(汗)。

by forestkoro1015 | 2015-11-20 00:25 | お買い物 | Comments(0)