Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:グルメ・静岡( 7 )


【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.10】


どこかで書きましたが、下田の最終日は朝から叩きつけるような。。。
d0352022_01483159.jpg
ベランダから見える景色も雨に煙っています。おまけに伊豆急は停まっているらしいし(汗)。
そのような中、預けておいた干物を受け取りに行きがてら、ちょっと下田の街を散策。。。

d0352022_01482200.jpg
此方は「唐人お吉」が営んだという小料理屋「安直楼」
外国人と一緒になっただけで「唐人」と呼ばれるのなら、今の世の中、そのような人は結構いますよねぇ。
さすがに当時は珍しかったのでしょうが。。。

d0352022_01482604.jpg
趣のある「ペリーロード」にも別れを告げて東京への帰途につきましょう。
電車もそろそろ動き出したらしいです。

d0352022_01483621.jpg
少し早めのバスに乗ったので、予定の列車までにはまだまだ時間があります。
そして目についたのが、此方のB級グルメ。そう、「キンメコロッケ」です。
ちょっと小腹が空いていたこともあり、すっかり味見してみる気になっています(呆)。
d0352022_01484098.jpg
そんな訳で250円を投資してみました(呆)。
思ったよりサイズは小さいですが、中にはキンメが結構、ゴロゴロと入っています。
美味しくないことはないのですが、ちょっとだけソースがあれば嬉しかったかなぁ。。。
そしてもっと熱々でいただいてみたかったです。びみょーにさめてしまっているので、その分、
3割ぐらい、美味しさがかすんでしまったようでちょっと残念でした。
もう少し欲をいえば、生地がもう少しだけクリーミーでも良いような。。。
いや、キンメとの相性もあるのでしょうが。。。少しだけボソボソしていました(汗)。

d0352022_01484435.jpg
口の中にボソボソ感とキンメ感が残ってしまったので、「しかビー」(=「仕方なくビール!」
いっちゃいました。ちなみにこの「しかビー」は、「とりビー」(=「とりあえずビール!」)からの
造語です(笑)。


スーパー○ライや○ガーなども並んでいたのですが、せっかく伊豆にいるので、選んだのは
「伊豆の国ビール ピルスナー」。330円もしましたが、さすがにのど越しが良くて美味しい!
ちょっと調べてみると「チェコ」(ビールの大国なんですって。知らなかったです・汗)産の
「ザーツホップ」をふんだんに試用したチェコ生まれのビールなのだそうです。
しなやかで力強い感じの味わいでした。キンメコロッケを味わうにはよろしいかも!!


「キンメコロッケ」を右手に、「伊豆の国ビール」を左手に、下田の駅で
ついつい「オヤヂモード」なってしまいました(汗)。。。


そうこうしているうちに、遅れていた東京からの「踊り子号」がそろそろ到着するとのアナウンスが!!

d0352022_01484874.jpg
来ました!!
清掃のためのほんの数分を経て、また東京にとんぼ返りしなければならない気の毒な列車です。


d0352022_01485258.jpg
途中の駅ですれちがった「黒船電車」。これはいつか乗ってみたいかも!!

d0352022_01485523.jpg
帰りの電車からもどんよりとした暗い海の景色しか望むことができませんでした。。。(残念!)。
まぁ、前日は好天に恵まれたので良いことにしましょう。


これで【初秋の伊豆下田・温泉ツアー シリーズ】は終了となります。
お付き合いいただいて有難うございました!!




●やまきち 下田店・開国屋
静岡県下田市東本郷1-6-23
0558-23-0504
9:00~17:00
無休
http://www.izukyubussan.com/shop_info/shop_izukyu.html


by forestkoro1015 | 2016-09-22 00:15 | グルメ・静岡 | Comments(0)

【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.9】


レンタカーを返却し、バスでホテルまで戻ったきた後はまたまた温泉三昧です!!
この日はお天気にも恵まれ、暑かったので温泉のお湯が五感にしみます。まさに極楽気分♪


そしてこの日の夕食は、朝食会場でもある「フェニックス」「フレンチディナー」(!)です。
一般のお客様向けには伊勢海老やアワビなど、地物の魚介類をふんだんにあしらった
ゴージャスなお料理が並ぶレストランではあるのですが、J○Bのツアー御一行さまの食事なので
そんなに期待してはいけません(前回もいただいているので、何となく想像できます・笑)。

d0352022_18412704.jpg
「フェニックス」窓際席からの夕景。。。
日の入りがだいぶ早くなりましたが、まだ6時前なので、紺碧の海と白い船とのコントラストが美しいです。
d0352022_18413227.jpg
手前はプール。南国の海を感じさせます。

d0352022_18413725.jpg
最後の夜なので「シュワシュワ」いっちゃいました。スパークリングです。

d0352022_18414188.jpg
アミューズは「ベーコンとポテトと玉ねぎのキッシュ風カナッペ」
熱々で芳ばしいです。

d0352022_18414509.jpg
前菜は「トラウトスモーク、赤カブのソース添え」
トッピングされている「太い春雨」のようなお品は「プチマリン」と呼ばれる海藻の一つだそう。。。

d0352022_18414937.jpg
「豆乳いりの南瓜のスープ」
南瓜が甘いですね。朝食バイキングに登場した「豆乳入りのコーンスープ」よりも此方の方が
格段に美味しいです。

d0352022_18415350.jpg
メインはお肉でした。「ロイヤルポークの粒マスタード添え」
人参、さやえんどう、玉ねぎの下にはじゃがいもがきれいに積み重ねられています。
お肉の焼き加減も少々レア風味で味付けもよろしいのですが、ほんの少し、オリーブオイルが
くどいイメージ(私にとっては・汗)。
もう、あと、ほんの少し、オイルを少なめにしていただければ、バッチリ!!のメインでした。

d0352022_18415777.jpg
デザートは「パンナコッタ」
フルーツたっぷり、甘さ控えめで好みのテイスト!連れの分まで美味しくいただきました。

d0352022_18420114.jpg
コーヒーをいただいて〆!!


前回訪問時と被っているメニューがほとんどなのですが、和食同様、前回よりも全体的にお味が
レベルアップしているような印象を受けました。たまたまということはないと思うのですが、
同じ食材を使って、こんなにも違うのかしらん・・・という印象。


まぁ、お肉とお魚の違いはありましたが、この内容だったら、また利用しても良いかしらん・・・
という感じです。


前回は周囲の景色も真っ暗で何も見えなかったし(利用した季節にもよるのでしょうが)、
煽られて食べた感(笑)が強いので、尚更、そのように思ってしまったのかもしれないのですが。。。

d0352022_18421352.jpg
来週の26日(月)から、全館休業して、およそ半年間のリニューアル工事に入るということらしいです。
リニューアル後はどのようなホテルになるのか、今からすでに楽しみです。
願わくは、J○Bさまの込み込みプランが、今のお値段のままで存続されていると良いなぁ(笑)。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/6242728/)で
 ご紹介しています。




●下田東急ホテル フェニックス
静岡県下田市5-12-1 下田東急ホテル
0558-22-2411
朝食    7:30~10:00(LO.10:00)
ランチ  12:00~14:00(LO.14:00)
ディナー 17:30~21:00(LO.20:30)
無休
http://www.shimoda-r.tokyuhotels.co.jp/index.html




by forestkoro1015 | 2016-09-21 18:10 | グルメ・静岡 | Comments(0)

【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.7】


伊豆・下田港は金目鯛の水揚げが日本一の港であることで知られています。
名物の一つでもある「下田バーガー」=「金目鯛バーガー」でも食べようかなーと
レンタカーで「道の駅 開国下田みなと」をめざしてみることにします。


下田駅から車で5分。海沿いに佇む「道の駅 開国下田みなと」はなんだか
細長くて、あまり「道の駅」っぽくない造り。もとは「教育施設」だったという建物を
利用しているのだそうです。


駐車場はとても広くて漁協(農協?)運営のお土産店もあれば、お目当てのバーガーショップ、
回転寿司店など、いささか地味ながらもあれこれとお店は揃っています。


と、お土産店の横に、セルフっぽいお店があり、そこでいくら丼を食べている姿が目に入りました。
「こんなところでいくら丼?」。。。もっと近づいていくと、ポツポツと金目鯛の定食を
食べている人も。。。それがミョーに美味しそうなのでした。


せっかく下田にいるのなら、やはり「バーガー」より「お魚ごはん」でしょう。。。
何の脈絡もないのですが、即決(爆)。
d0352022_08072737.jpg


d0352022_08075897.jpg
d0352022_08080411.jpg
d0352022_08080975.jpg
メニューは色々あって相当に悩みます。
私は「地金目定食」(1,700円)、連れは「うに丼」(1,700円)をセレクト。
レジでお金を払い、セルフでお茶を入れ、ベンチに腰掛けて名前のコールを待ちます。
待つこと数分。。。できあがったようです。

d0352022_08073287.jpg
最初に連れの「うに丼」。甘いうにがたっぷりとのって何とも言えない美味しさ!!
こんな美味しい「うに丼」は北海道・余市(ニッカウヰスキー工場内のレストラン)でいただいて以来かも!

d0352022_08073822.jpg
「地金目定食」は大きな金目の煮付けとお刺身の他、もずく、小松菜のお浸し、香の物が
セットになっています。
ご飯は山盛りだったので、少し減らしてもらいましたが、ホテルの白米よりも美味しい!!
減らしてもらわなくてもよかったかも(笑)。

d0352022_08074405.jpg
「地金目あっぷ」。前日の夕食の金目よりも相当に大きいです(笑)。
身はプリプリのホコホコ。皮も含めてどこを食べても美味しい!
下田の金目鯛は年間を通して水揚げされるそうですが、旬は冬と夏の産卵期前とのこと。
名前に「鯛」がつきますが、鯛の仲間ではないそうです。
ちなみに「脂金目鯛定食」(1,800円)というメニューもありました。
此方は普通の「地金目鯛」よりもさらに脂がのってフワフワなのだそう。。。
うーん、100円アップならトライしてみれば良かったです。

d0352022_08074867.jpg
お刺身あっぷ。少し小さめですがお味はよろしいです。

d0352022_08075300.jpg
何の下調べもなく入店したお店でしたが、おいしい「金目鯛」「うに丼」をいただいて
満足度はすこぶるアップしました。
スタッフさんの人数は割と多め(4〜5人以上いました)なのに、セルフなのは何故なのでしょう(謎)。
客たちがセルフでお盆を片付けた後、テーブルを拭きに出てくるスタッフさんもいます。
が、まるで「社食」のようにすべてがセルフです。
「美味しかった!ごちそうさま!」と声をかけても、ニコリともしないし(汗)。
美味しいお店なのだから、気持ち、もう少しだけ愛想を良くしていただけると、さらに美味しさが
アップするように思います。
ごちそうさまでした☆





●地魚食事処 さかなや
静岡県下田市外ヶ岡1-1 道の駅 開国下田みなと 1F
0558-23-0358
9:30~15:30(L.O15:00)
不定休
http://www.kaikokushimodaminato.co.jp/index.htm

地魚食事処 さかなや魚介・海鮮料理 / 伊豆急下田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2016-09-20 08:15 | グルメ・静岡 | Comments(0)

【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.5】


旅に出ると何故、早起きになれるのでしょう(謎)。。。
伊豆・下田の二日目は雨も上がって朝焼けがとてもキレイです。

d0352022_18415095.jpg
d0352022_18415792.jpg
ノンビリと朝風呂に浸かりながら海を眺めた後は、お待ちかねの朝ご飯です。
前日の夕食が早かったのでお腹はペコペコ。。。


朝食はロビーフロアにある「レストランフェニックス」でいただきます(和洋バイキングスタイル)。
d0352022_18420273.jpg
一日目の朝ご飯は洋食でゴー!!自家製ピクルスが美味しいのでたっぷりめにいただきます。
スクランブルエッグよりも温泉玉子の方が美味しいかも!!
この日は干物を買う予定なので、鰺もちゃんと試食しました(ん?)。

d0352022_18420641.jpg
和のお総菜もあれこれと味見。。。一度にたくさん作るせいか、いずれもお味は悪くないです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最終日は明け方から大雨。。。スタッフの方によると、朝から叩きつけるような雨が降っていたとのこと。。。
そして、伊豆高原以南の伊豆急が全面的にストップしているとの情報も(汗)。。。
伊豆高原のあたりは雨も多く、山も多いため、結構、雨が降ると危険なのだそうです。知らなかったし(汗。
停まっていたらどうやって帰りましょう(滝汗)と思っていたら、10時過ぎに何とか復旧したようです。
よかった!なんとか帰れそうです(嬉)!!

d0352022_18421454.jpg
雨だとこんなにどんよりした景色しか楽しめません。。。
でも、帰れそうなので元気になりました。


この日は少し遅めの朝食です。
d0352022_18421027.jpg
初日のご飯がいまいちだったので、この日はお粥を中心に和食でゴー!!
若布と三つ葉が入ったお味噌汁がとても美味しいです。特に若布の柔らかいことっ!!
先日、割とお高い「鳴門若布」をお取り寄せしたのですが、「ほとんど別物!」というぐらい、
下田の若布の方が香り高いし、柔らかくてとろけそうでした。
鳴門、全然、負けてるし!!


サラダにかかっているドレッシングは、「ホテルオリジナル」の「わさびドレッシング」とのこと。
これがピリッとほのかに辛くてクセになりそうなお味です。売店で聞いてみたところ、
やはりお客様からの問い合わせがとても多いドレッシングだそうですが、残念ながら、
商品としてのお取り扱いはないとのこと。。。
これは売れる(というか、よそにあまりないお味)と思うので、ホテルの関係者の方々には
是非、商品化をお願いしたいところです。難しいのかしらん?


残念だったのは、温泉玉子がゆで卵になっていたこと(笑)。お粥に温泉玉子を入れて食べたかったのに
それだけが心残りです(笑)。あとは煮豆ときんぴらがおいしかったかな?
朝食に関しても、前回利用時よりも格段にお味が良くなっているように感じました。
単なる気のせいではないと思うのですが。。。


d0352022_18435503.jpg
おまけ。ホテルから徒歩18分ぐらいの場所にある干物店の「小木曽本店」。。
ホテルの朝食に出る鰺の干物は此方オリジナルとのこと。。。
今回、購入した鰺はホテルの鰺よりやや大きめのものでしたが、干物の作り方などはたぶん共通でしょう。。。
下田駅近くにある駅前店よりもお店が広くて種類も豊富なので、本店の方がオススメ。
実際、本店の方がお味も良いとのことです(地元のお友だち情報)。
ネットやFaxでお取り寄せもできるので干物がお好きな方にはオススメしたいお店です。


此方のお店までは徒歩18分程度なのですが、ホテルが高台に位置しているため、
このお店に徒歩でアクセスすると、帰りが山登りとなって大変なことになります。
下り坂を駆け下りるのも大変ですが、マイクロバスの運転手さんに頼んでおけば、
途中で下ろしてもらうことができます。




が、帰りは登りとなるので勇気(と体力)が必要です。
最終日の朝もお店iに預けておいた干物を受け取って、「山登りはいやだなー!」と思っていたら、
トボトボと歩く私の後ろからホテルのマイクロバスが!!
まさにバスのドライバーさんに「後光がさして」いました(笑)。
というか、日頃の行い???
「あっ!」という間にホテルに着いちゃいました!!ラッキー!!

d0352022_18344098.jpg
ちなみに、こちらはホテルのマイクロバスの時刻表。
マイクロバスとは別に、「ホテル坂道間 送迎サービス」(9:00〜18:00)というのがあるそうです。
もしもの場合は此方を利用すれば良いみたいです。




※前回訪問時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/6204962/)
 をご参照ください。




●下田東急ホテル
静岡県下田市5-12-1
0558-22-2411
無休
http://www.shimoda-r.tokyuhotels.co.jp/


by forestkoro1015 | 2016-09-19 17:39 | グルメ・静岡 | Comments(0)

【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.4】


久しぶりの温泉に浸かって一服した後はお待ちかねの「夕食タイム」です。
J○Bの御一行さまの一日目の夕食は和食。。。
本来は1階にある「はまゆう」のお店でいただくのでしょうが、今回はロビー階にある
レストラン「フェニックス」にお席が用意されているとのこと。。。


「はまゆう」は、下田の海で獲れた地の物を中心に、一般のお客様方用には金目鯛や伊勢海老、
あわびなどをゴージャスにあしらった会席コース料理を出すお店ですが、
今回はJ○Bのツアー御一行さま仕様。
しかも二泊に4食込み込みで、都内までの特急券までセットになったプランです。
前回も利用しているのでお食事の大体のイメージはわかっています。

d0352022_11575433.jpg
セッティング。お皿数はいっぱいあります(笑)。金目のちっさいこと(笑)。。。
d0352022_11581531.jpg
先附は秋刀魚のお鮨と衣かつぎ、真ん中はお魚(失念!)のマリネでした。前回よりも美味しいっ!!
d0352022_11580759.jpg
あまりに小さくてぶブレてしまった金目鯛の煮付け。さすがにお味はよろしいですね。
もずくの酢の物は安定した美味しさ。
d0352022_11581142.jpg
お造り。まぐろと鯛といか。これはちょっと・・・ですかねぇ。せっかく下田にいるのですが・・・。
シケていたのかなぁ(謎)。

d0352022_11581852.jpg
炊き合わせ。高野豆腐のような柔らかい煮物にお野菜がのって餡がかかっています。
お味は悪くないのですが、あの高野豆腐のような煮物は何だったのでしょう(謎)。
飛龍頭のようでもあり、謎です。。。

d0352022_11575950.jpg
スタッフの方が火をつけてくれるので、「お椀」かと思ったら「うどん」でした。
お出汁も上品な感じでうどんもとても美味しい!!中に入っている赤いお品は梅干しです。
残念ながらご飯(白米)があまり美味しくなかったのですが、このうどんでずいぶん救われました(笑)。
これだったらお代わりしてもよいぐらいのお味です。

写真は撮影していないのですが、この他に茶碗蒸し(具だくさんで此方もなかなか美味しい!)がありました。


d0352022_11583098.jpg
デザートとして登場した「わらびもち」。あんこが美味しいですね。

d0352022_11582273.jpg
d0352022_11582624.jpg
いただいたお酒は「国盛」(愛知)。
伊豆半島(下田界隈)は残念ながら、あまり美味しいお酒がないような。。。
まぁ、好みにもよると思うのですが。。。


d0352022_11583569.jpg
おまけ。売店で売られていた「かに足のペン」
ウケ狙いで思わず購入してしまいました。が、自宅でしか使えないかな(笑)。


d0352022_11583871.jpg
メニュー内容は残念ながら、前回利用時よりもいささか貧弱になってしまいましたが(汗)、
お味的には逆にだいぶグレードアップしているような印象を受けました。
金目のサイズやお造りのクオリティーはツアー価格のこのお値段であれば仕方ないでしょう。


リニューアル後はどうなるのか、それも今からとても楽しみです。
ごちそうさまでした☆




※前回、訪問した時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/6251208/)を
ご参照ください。




●はまゆう
静岡県下田市5-12-1
0558-22-2411
18:00~20:00(L.O)
完全予約制
不定休
http://www.shimoda-r.tokyuhotels.co.jp/restaurant/hamayu.html


by forestkoro1015 | 2016-09-19 11:01 | グルメ・静岡 | Comments(0)

【初秋の伊豆下田・温泉ツアー vol.3】


伊豆急・下田駅
に到着すると、駅前に各ホテルのマイクロバスが停まっています。
下田東急ホテル行きのバスは満席。すべてJ○Bのお客さんのようです。
バスで5分ほどでホテルに到着します。

d0352022_06443613.jpg
d0352022_06474364.jpg
今回のお部屋は少し広めのバルコニーツイン
バルコニーに出て右側に海が望めるお部屋です。
ソウルの某ホテルに比べると「月とスッポン」!いや、「天国と地獄」(笑)。
比べるのが申し訳ないぐらいにコンフォタブルな空間です。


チェックインを済ませた後は再びバスに乗って下田の駅前に戻り、街中を少し散策。。。
と言っても雨だし、何度も来たことがある場所なので、あまり目新しいものもないのですが。。。

d0352022_06443122.jpg
下田駅は階段を上り下りすることなく、改札口を通れます。
d0352022_06534995.jpg
1週間ほど前に「レッドタートル ある島の物語」の試写会に出かけたこともあり、「カメ」がミョーに
気になります(笑)。この時の話はまた後日。。。

d0352022_06444194.jpg
下田駅改札脇にある某お土産店の店先にこのようなビールサーバーを発見!!
「静岡麦酒」。。。
あまり聞いたことがないと思ったら、サッポロビールの静岡限定ビールなのだそうです。
サッポロビールといえば、大好きな北海道限定ビールの「サッポロクラシック」です(笑)。


大手ビールメーカー4社の中で、唯一、静岡県内にビール工場(静岡工場(焼津市))を
持っているのがサッポロビールなのだそうです。全国に6つのビール工場がある中で、
静岡工場の生産量は年間約21万kl(350ml缶に換算して約6億本)で2番目の規模を誇っている他、
工場の隣接エリアに開発・研究部門も集結。ここから新商品が続々と誕生しているのだそうです。
そのような静岡との熱い絆から、県内で働くメンバーが集まり、静岡を想い、
愛するハートを結集して開発されたのが、この「静岡麦酒」なのだそうです。


d0352022_06444632.jpg
お土産屋さんの前で仁王立ちしていただいた「静岡麦酒」は一杯400円。
両手に荷物を持っていたために写真がうまく撮れませんでしたが、澄み切った黄金色とクリーミーな泡の
バランスがとても美しいですよね。

d0352022_06445063.jpg
お味的には「サッポロクラシック」同様、ビール特有の苦味が少なくて、スッキリとしたピュアな味わい。
口当たりはとても軽く、のど越しも爽やかなのですが、飲み応え感は結構あるかも(汗)。
イッキ飲みしたせいか(えっ?)、思っていた以上に「ホロッ」としてしまいました(笑)。
空きっ腹に飲んだのが効いたのでしょうか(笑)。


静岡県内の飲食店だけでしか飲むことのできないこのビール、静岡県を訪れる機会があったら、
是非一度、飲まれてみることをオススメします。




●やまきち下田店・開国屋
下田市東本郷1-6-23 
0558-23-0504
9:00〜17:00
無休


やまきち 下田店・開国屋レストラン(その他) / 伊豆急下田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2016-09-19 07:15 | グルメ・静岡 | Comments(0)

※食べログからの転載分です。

●春の伊豆下田・温泉ツアー vol.1


久々に伊豆下田までお出かけ♪

最近、旅行づいているのだけれど、下田東急ホテルに宿泊する格安プラン
(踊り子特急指定券付きの交通費+下田東急ホテル二泊+朝食2回+夕食2回付きで1人2.5万円也!)
のツアーを見つけてしまったのだ。。。


下田東急は何度か利用したことがあるし、運転しないで下田まで連れていってもらえるのは有難い。
そんな訳で参戦したのだけれど、当日の下田は「台風到来?」と思うほどの大嵐。。。
折りたたみ傘をさして匍匐前進するのだけれど何度も飛ばされそうになった。。。


そしてどうしても再訪したいと思っていた此方の「いず松陰」さんに到着。

下田に来た時はもちろん、伊豆に遊びにきた時にもわざわざ足を伸ばしていた
家族のお気に入りのお店だ。
前回は夜の営業時間には早すぎたので姉妹店の「なかがわ」にお邪魔したのだけれど、
今回はランチなので此方へ。。。


広いお座敷席の片隅に陣取って「煮魚とお刺身でお食事」(2,625円)をお願いすることにした。

d0352022_11350391.jpeg
「煮魚」「金目鯛!」、お刺身は「おまかせ」とのこと。。。
やがてテキパキとお料理がお膳の上に並びはじめる。。。
お天気が今いちなのでどうかなーと思っていたのだけれど、
想像していた以上にお刺身の色があまり(汗)。。。
d0352022_11351196.jpeg
そして以前は「お皿からはみだすほど大きかった」(!)印象がある伊豆名物の「金目鯛」
お皿の中にちんまりと収まるほどの大きさ。。。
お皿が大きくなったことはないと思うのだけれど(笑)。。。
ちょっと甘めのお出汁はおそらく継ぎ足して使われているのだろう。
お味は悪くなくて金目鯛に程よく染みこんで美味しいのだけれど、このサイズにいささかトーンダウン(笑)。
そして肝心のお刺身は正直いって全然おいしくない。。。

d0352022_11351796.jpeg
d0352022_11352104.jpeg
以前訪問した時には「おいしい!」「おいしい!」と奪い合うように食べていたお刺身とは雲泥の差だ。
もちろん生憎のお天気のせいもあると思うのだけれど、これだったらお刺身はオーダーしない方が
よかったかもしれない。

d0352022_11353298.jpeg
d0352022_11353557.jpeg
日によって出来・不出来があるのは仕方ないと思うけれど、お刺身を選ぼうとする客には
一言あって然るべきかもしれない。。。まぁ、一見の客ではあるのだけれど(笑)。


此方への再訪をとても楽しみにしていた魚好きの母も此方のお刺身(金目鯛にも!)には
相当にがっかりしていた模様。。。
お気に入りの折りたたみの傘が強風で壊れてしまったこともあり、
「この内容だったら、わざわざ訪れなくてもよかったね!」とシビアな感想を漏らしていた(汗)。。。


「魚料理」を店名に掲げる下田の老舗店の一つである此方には、もう少し頑張っていただきたいかな?

美味しかった頃の此方を知っているだけに、ちょっと残念な思いが残った。。。

ごちそうさまでした★


※2014年4月初旬訪問。


●魚料理 いず松陰 (さかなりょうり いずしょういん)
静岡県下田市1-22-7
0558-23-0020
11:00~21:00(L.O.20:30)
無休
駐車場有(店前に5台分)
http://www3.ocn.ne.jp/~izushoin/



by forestkoro1015 | 2014-04-28 20:28 | グルメ・静岡 | Comments(0)