Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:グルメ・神奈川( 19 )

日本橋高島屋の千疋屋総本店「ピーチパフェ」を食べた後は、そのまま地下へ降ります。。。
なにか美味しそうなものはないかなーーーと眺めていると、
入口近くの催事コーナーでケーキが売られています。


なんと「タイムセール」ということで、4つで1,080円(!)なのだそうです。
「手創りパイ ラ・サール」というお店の出店で、オリジナルの特製折り込みパイ生地を
用いた手創りパイ、中でも「アップルパイ」がオススメとのこと。。。


そんな訳でアップルパイを最初に選びました。一つ290円だったかな。
d0352022_17191731.jpg
当日のお買い上げはこんな感じです(同じ種類は選べないそう・・・)。
d0352022_17190926.jpg
「アップルパイ」は、レーズン、ニッキ、ラム酒゛風味付けしたリンゴを、そのオリジナルの特製パイ生地で
包んて焼き上げてあります。全体的に素朴な味わい。。。が、大きくてボリュームはあります。
そしてパイ部分がサクサクッとして軽い食感です。バターの風味も良いですね。


個人的に感動したのが、此方の「ミルフィーユ」です。たしか330円だったかな。
d0352022_17194370.jpg
此方の方が「自家製折り込みパイ生地」の食感をよりダイレクトに味わえるようです。
パイ生地の間に挟まれているカスタードも美味しい!!トップのお粉もフンワリしています。
が、若干、食べにくいかなーー???

食べ終えてから気づいたのですが(笑)、箱の横に「ミルフィーユ」の食べ方が書かれていました。
横に倒して、ナイフとフォークでいただくのが「正統派の食べ方」なのだそうです。
早くいってよーーっ(汗)。
まぁ、美味しかったから良いことにしましょう。この「ミルフィーユ」をアレンジしたお品が
「コルネ」になるのでしょうか(今回は買わなかったですが)。。。


此方は「ショコラ」(300円ぐらいだったかと)。。。
d0352022_17192330.jpg
優しい甘さのチョコレート(ココアパウダー?)ケーキです。此方も朴訥とした美味しさ。。。
フワフワっとした食感でスルスルッと食べられてしまいます。カロリーも控えめ?


「マンゴーケーキ」は食べ損ねたのですが、爽やかな食感で美味しかったそうです。


4つで1,080円なんて、なんだか申し訳ないようお値段です。
まぁ、他のケーキが高すぎるから、尚更、そのように思ってしまう訳で。。。


此方のお店、「ラ・サール」は、大阪のカステラ専門店「銀装」
というお店の藤沢工場の直営店なのだそうです。
お店はほとんど関西にあるのですが、何故か此方に一軒だけ工場と直営店があるとのこと。。。


お店は湘南・辻堂なので少々遠いのですが(アウトレット商品が色々あるそうですよ!)
日本橋高島屋のウィークリー催事会場では、ケーキやパイが時々登場することもあるようです。
パイ好きな方々は是非、チェックしてみてください。
特に「ミルフィーユ」「アップルパイ」はオススメです。


ごちそうさまでした☆





●カステラの銀装 カフェ ラ・サール 湘南藤沢工場直営店
神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目2番12号
0466-34-4261
10:30~17:30
無休
駐車場:15台有り
http://www.ginso.co.jp/
※カレーパンは、平日開店30分くらいで売り切れてしまうことが多いそうです。



by forestkoro1015 | 2017-07-27 17:57 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
よく飲み、よく食べた「湘南くいだおれツアー」のトリを飾るのは、やはり此方。
橫浜にある「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」さんです。
この日はオープンと同時に突撃。昼間から大酒盛り、もとい、優雅なイタリアンタイムです。
お友だちの一人は久しぶりの訪問。さてさて今回はどのようなお料理が登場するのでしょうか?


一皿目は「紫にんじんのポタージュとパルミジャーノのセミフレッド」
小さめのカップに盛られた熱々のポタージュにはオレンジオイルが!
そして冷たいパルミジャーノをサンドしたセミフレッド(アイスケーキ)はドルチェのような美味しさ!!
d0352022_15291834.jpg
この日もシュワシュワからのスタートです。
いただくのは「Avide Nutaru Spumante Brut」
シチリア・ラグーサのフラッパート100%のメドクラシコ。フルーティーで上品な味わいのスプマンテです。
d0352022_15304770.jpg

二皿目は「鯖のカルパッチョ レモンのソース グレープフルーツ添え」
d0352022_15293544.jpg
鮮やかな香草と爽やかな柑橘系の組み合わせが春の訪れを感じさせる上品で優雅な味わい。
お皿のまわりをチョウチョが飛び交うような、そんな華やかな気分にさせてくれます(笑)。


「穴子とポレンタ、ホワイトアスパラガス」
d0352022_15294060.jpg
アスパラガスに添えられているのは、スナップえんどうの新芽だそう。。。
穴子とポレンタの組み合わせもユニークですが、添えられているソースがまた美味しい!!
アスパラガスはイタリアのものだそうです。柔らかな早春の味わい!!


続いては「Fontefico Cerasuolo Superiore 2015」
アブルッツォ州産の辛口ロゼワイン。モンテプルチアーノのブドウが原料に用いられているのだそうです。
華やかな色合いかつ軽やかな味わい。時間と共に開いていくようで微妙な変化を楽しむことができます。
d0352022_15305647.jpg

パスタ一皿目は「ホタルいかとフレッシュトマトのスパゲッティ」
d0352022_15294533.jpg
思わず「うーむ!」と唸ってしまうほどの美味しさ。たっぷり用いられたトマトの絶妙な味わいが
ホタルイカと合わさってたまらない旨さを醸し出します。これはもっと食べたかったです(笑)。


二皿目は「ホロホロ鶏のポロネーゼ」
麺はタリアテッレです。
d0352022_15295100.jpg
此方は柔らかな風味のホロホロ鶏がしっかりとした存在感を主張する力強い味わい。。。
時間差攻撃で全くタイプの異なるレアなパスタを楽しむことができるのも、佐藤シェフの実力の賜物でしょう。
しかもボリュームもたっぷりしているし(笑)。


ホロホロ鶏のパスタと共にいただくのは「Iselis Bianco Argiolas 2014」
d0352022_15310356.jpg
イタリア・サルデーニャ島のワインです。サルデーニャの土着品種ナスコ主体のワインということで
ミネラル感たっぷりの芳醇な味わい。。。ホロホロ鶏との相性もバッチリです!


メインは「鴨さん ヤングコーンとエスプレッソのソースがけ」でした。
d0352022_15295641.jpg
前日も鴨を食べましたが、エスプレッソのソースでいただく鴨の味わいはまた別格。
添えられたヤングコーンも、そしてフルフルの味わい深い椎茸もすべて美味しくいただいたのでした。


「Poggio Ridente Vesuvio Lacryma Christi Rosso」
鴨さんと合わせていただくのは、ご存じ「キリストの涙」。カンパーニャ州のヴェスヴィーオ火山の
麓で造られる柔らかな飲み心地の上質なワインです。


この後はデザートワイン5種類を飲み比べ(呆)。
d0352022_15311680.jpg
やはりシチリアの「Ben Rye」が美味しいですねぇ。。。


ドルチェは「アンテナすいかとメロン、ココナツのブラマンジェ」
d0352022_15300134.jpg
果物の中で一番好きなのが「すいか」!!まさに私のハートをピンポイントで刺激する素晴らしく
美味しいドルチェでした。メロンのスープがまたとても美味しい!!感動しました!!


カプチーノをいただいて〆!!
d0352022_15300740.jpg
「くまさん」をリクエストしたのに、残念ながら登場したのは「♥️」のラテアートでした(涙)。
お店のスタッフさんは「言ってくれればお出ししたのに・・・」とのこと。。。
次回は立派な「くまさんアート」が登場することでしょう。という訳で次回に期待!!

d0352022_15301376.jpg
d0352022_15302127.jpg
今回も完璧!と言ってよいほどに素晴らしいお料理を楽しませていただくことができました。
まさに「湘南くいだおれツアー」を締めくくるにふさわしいお料理だったと思います。
東京方面から訪れる私たちは、帰りのことも考えて、ランチタイムに夜のお料理を出していただくのですが、
いつ訪れても外すことがないお店の一つだと思います。
一緒に訪れたお友だちも大感激!!結構、嗜んだ割には、帰りの電車の中で爆睡することもなく、
楽しくおしゃべりしながら帰京したのでした。
次回は夏かなぁ。。。「くまさんカプチーノ」も含めて再訪が楽しみです。
ごちそうさまでした☆




※前回訪問時の記事は

※前々回訪問時の記事は


※その前の訪問記事は




●トラットリア ビコローレ ヨコハマ
神奈川県横浜市西区平沼1-40-17 モンテベルデ横浜 101
045-312-0553
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.21:30)
月曜休(祝日にあたる場合は火曜日)
http://bicolore.jp/





by forestkoro1015 | 2017-04-30 16:59 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
ランチの時間に合わせて、少し早いですが橫浜に移動します。
25分ぐらいあるので、お茶を飲みながら時間を潰すことに。。。
うすいコーヒーは好きじゃないので、仕事の打ち合わせとか待ち合わせ等、滅多なことがない限り
ス○バとタ○ー○などには入店しないのですが(しかも高いしw)、この日は軽い気持ちで入店!


先に入ったお友だちはそんなに待たなかったそうですが、ちょっと寄り道して
後から入った私は、待つ、待つ、待つ。。。
「何をそんなに?」と思うほどレジの列が前に進みません(汗)。
待っているのは7人ぐらい。。。オペレーションが悪いのか、人が足りないのか、何なのでしょう?
レジは1.5つしかあいていませんでした。0.5というのは、時々、あいたり、しまったり(呆)。
10分ぐらい並んで、やっと注文したと思ったら、今度は注文したお品ができるまで待たされます(w)。


まだそんなに混んでいない時間帯でしたが、これがもっと混んでくる時間帯だったら、
一体、どうなるのかしらん。。。と思いながら、ようやくアイスティーをゲット!!

d0352022_07001353.jpg
お友だちはもう半分ぐらいを飲み終えていました。結局、トータルで15分ぐらいは待ったような!!
しかもアイスティーは信じられないぐらいに「うすい!」し(爆)。
「水に色がついている」ような・・・という感覚でしょうか。。。うーむ。。。


結局、別のお友だちとのお店での待ち合わせには少し遅れてしまうことに(汗)。
気軽な時間調整のつもりが、とんでもない結果になってしまいました(汗)。
サクッと注文して、サクッと飲み終える。それが使命のチェーン店でも
とんでもなく待たされるケースはあるようです。
やはりチェーン店は好きじゃないかも!
注意して利用するようにしましょう。
ごちそうさまでした★



●タリーズコーヒー 横浜ポルタ店
神奈川県横浜市西区高島2-16-B1
045-444-2460
8:00~23:00
http://www.tullys.co.jp/index.html





by forestkoro1015 | 2017-04-25 07:19 | グルメ・神奈川 | Comments(2)
前の晩、あんなに食べた(飲んだ?)のに、朝になるとお腹が空いてきます。
鎌倉の浜辺をお散歩したせいかもしれないですが(笑)。
由比ヶ浜から江ノ電で鎌倉まで戻ってきて、めざしたのが、
御成通り沿いに佇む「パンダバル」です。

d0352022_06174586.jpg
本来はスペインワインやシェリー、ビール、タパスなどが楽しめる「スペインパル」
らしいのですが、朝はなんと!!8時から営業!!
「朝パンダ」の名前の通り、10:30まではホットサンドとコーヒーなどから構成される
「スペインの朝ご飯」が楽しめる実に有難いお店なのです。


メニューは此方。パンダのイラストがかわいいですね!
d0352022_06175223.jpg
そして「朝パンダ」のマスターは小町通りにある、あの「ドルチェ・ファール・ニエンテ」のマスター
でもあるのです。道理で「どこかでお会いしたことあるなー!」と思ったのですが(笑)。
お友だち情報によると「朝だけ担当」ということらしいです。。。


さて、本来なら「スペインの朝ゴハンセット」(680円というお値段も魅力!!)をいただいてみたかった
のですが、この日はお昼がまたまた宴会予定(爆)のため、コーヒーのみで失礼することに(汗)。
マスターによると、ホットサンドは8枚切りのパンを2枚使って、中にフィリングを挟み、
ホットサンドに仕上げるのだそうです。うーん、食べてみたかったですぅ(涙)!!


「ドルチェ・ファール・ニエンテ」のコーヒーが此方でいただけるとは嬉しいですよね。
そんな訳でカプチーノをお願いします。ココアパウダーのありとなしが選べるのでありで!
d0352022_06180057.jpg
美しいラテアートにほれぼれします。
お味もバッチリ!(当然といえば、当然なのですが・笑)。これで370円というのですから、
世の中のカプチーノがいかにお高いかがよくわかりますよね。


此方はお友だちの「マキアート」
d0352022_06180718.jpg
此方は270円だったかな。
イタリアやスペインなどのバルでは、美味しいコーヒーが気軽に美味しく楽しめます。
小町通りの「ドルチェ・ファール・ニエンテ」も御成通りの此方も、まさにヨーロッパのバルを
意識した店。その美味しさ、そして気軽さは折り紙付きです。
この日も外国からの観光客が訪れて気軽にカフェタイムを楽しんでいました。
次回は「スペインの朝ゴハンセット」を是非、いただいてみないと!!


ごちそうさまでした☆




※ご参考:「ドルチェ・ファール・ニエンテ」の訪問記事は



●パンダバル (Panda Bar)
神奈川県鎌倉市御成町5-41
0467-67-3693
[火~金]
8:00~10:30 15:00~24:00
[土]
8:00~10:30 11:30~14:00 15:00~23:30
[日]
8:00~10:30 11:30~14:00 15:00~23:00
月曜休(祝日は翌日火曜)
https://www.facebook.com/pandabarpanda
2012年9月27日オーブン







by forestkoro1015 | 2017-04-25 06:55 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
好きだったお店の変貌ぶりに少しがっかりして訪れた鎌倉の4軒目
小町通りにほどちかい場所のビル2階にある「BAR THE TIPPLE」さんです。


此方のオーナーでもある杉本さんは、私が好きだった頃の「THE BANK」
長きにわたって活躍されていた方です。
あの、独特の雰囲気のある空間で、味・サーヴィス・テクニックなど
「すべてに完璧」を追求されていた杉本さんを今でも慕う地元ファンは多く、
いつも賑わっているお店です。


口直しのドライマティーニをいただきます。
d0352022_13385666.jpg
何故か写真が斜めになっていますが、相変わらずキリッとした味わいのあるテイスト。
久しぶりにいただきましたが、やはり美味しいですね。安心していただける一杯です。


2杯目はオレンジを使ったカクテルをお願いしました。
d0352022_13390845.jpg
此方ではオレンジが品切れということもなく、「オレンジブロッサム」をいただきます。
お店に対する安心感(信頼感というのかな)というのがあるとしたら、まさにその通りの感じのカクテルです。
同じジンベースなのに、先ほどのグレープフルーツよりも此方の方が美味しいように感じられました。
もちろん個人の好みもあるとは思うのですが。。。


お店のロゴはこのような感じです。
d0352022_13385041.jpg
なんだかお洒落ですよね。


二杯ずついただいてお会計は2,150円。先ほどよりも安いし!!
やはり鎌倉でいただく杉本さんのカクテルは格別です。
ハコは違っても、味とサーヴィスとテクニックは以前のままのものがそのまま楽しめる、貴重な空間です。
いやー、鎌倉ってやっぱり良い街ですね!!
ごちそうさまでした☆




※前回訪問した時の記事は





●バー ザ ティップル (BAR THE TIPPLE)
神奈川県鎌倉市小町2-10-7 ストロール鎌倉 2F
0467-24-6688
[火~金]:18:00~翌2:00 1:30L.O 
[土]:15:00~翌2:00 1:30L.O
[日&祝]:15:00~翌0:00 11:30L.O
月曜 第1,第3火曜 休 
2014年9月18日オープン




by forestkoro1015 | 2017-04-22 14:02 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
鎌倉の夜3軒目に訪れたのは、お約束の「ザ・バンク」です。
d0352022_02314815.jpg
由比ヶ浜通りに佇む此方は、名前の通り、元は旧橫浜銀行だった建物なのだそうです。
外からだと到底Barとは思えないような不思議な空間構成のお店です。
大理石の高いカウンター、壁のレリーフ、アンティークな照明、開閉式のドアなど、
そこかしこに銀行時代の重厚な雰囲気を感じ取ることができます。


そのバンクが閉店するらしいという噂を耳にしたのは一昨年の今頃の話だったでしょうか。
一度クローズしたようですが、昨年の秋口に再オープンされ、かつての賑わいが戻ってきたようです。


という訳で、久々(なんと3年半ぶり!)の訪問を果たしました(汗)。
バーマンの方も変わり、女性スタッフも増え、とても賑やかで、以前とは別のお店の雰囲気(汗)。


此方の照明や壁のレリーフ
d0352022_02320168.jpg
ロゴ入りの此方も以前のままなのに。。。
d0352022_02315420.jpg
どこか違う。何かが違う。。。そういうことってありますよね。


いただいたのはグレープフルーツのジンベースのカクテルでした。
d0352022_02320637.jpg
詳細は省きますが、ここに至るまでの私のがっかり感といったら(笑)!!
なんというのでしょう。スタッフさん同士の連携があまりうまくいっていない印象。。。
以前はどのバーマンの方々も皆さん、お一人で切り盛りされていたので、余計、歯がゆさを感じて
しまうのかもしれません。


ロングだから仕方ないのですが、以前のようなグラスへのこだわりもあまり感じられなかったし。
しかもこの一杯で1,300円もしました(笑)。
満足度が低いと、お値段も高く感じてしまいますよね。。。

d0352022_03274634.jpg
ハコも内装も小物類もすべてが以前のままなのに、味もサーヴィスもテクニックも違う。。。
ちと寂しい気持ちになって、思い出のお店におわかれを告げたのでした。。。
とても良いお店だったのに、なんだかとてももったいないような。。。
これも時代の流れということなのでしょうか。残念な気持ちは否めません。
ごちそうさまでした★



当然、これで終わるはずがなく、4軒目へと繰り出すのでした(呆)。
鎌倉の夜はまだまだ終わりません。。。



※前回訪問時の記事は






●ザ・バンク (THE BANK)
神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-1-1
0467-40-5090
火〜金:17:00~翌1:00
土日:15:00~翌1:00
月曜&第3・4火曜 休









by forestkoro1015 | 2017-04-22 02:28 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
「半田麺」という麺をご存じでしょうか?
四国は徳島名産の「そうめん」のことです。「そうめん」といっても、一般に考えるものとは異なり
「うどん」ほど太くはありませんが、そこそこに太く、きしめんのように平べったく、
そして「そうめん」のように「サラッ」といただけるのが特徴。。。
我が家でも時々ではあるのですが、徳島の「小野製麺」さんからお取り寄せをお願いしています。
(此方では「半田うどんのお取り扱いもあります」。)


さて、話は飛んでしまいましたが、鎌倉で半田麺(そうめん)が食べられるお店
此方の「畔家」さんです。そう、「湘南くいだおれツアー」の2軒目に伺ったお店が此方です。


鎌倉駅西口ロータリーに面して佇む此方は、ビルの3階。
日本酒を出すお店ですが、やはり「terra! terra! terra! カマクラでワインの会」
お料理部門の常連さんの一つです。この日は予約した上での訪問です。


最初はレモンサワーからゴー!
d0352022_23265383.jpg

黒板には迷ってしまいそうなほど美味しそうなメニューがいっぱい!!
d0352022_23410323.jpg

■スモークソーセージのポテサラ
d0352022_23270659.jpg
■会津産馬刺し
「風の森」と共にいただいたのですが、やはり馬刺しは美味しい!!
身体の内側からエネルギーが湧き出てくるようです(笑)。
d0352022_23271288.jpg
■富山ほたるいか沖漬け
d0352022_23271936.jpg
■鳥取県産大山地鶏 とり天
しっとりとして絶妙の揚げ加減の「とり天」。一つしかいただかないうちになくなってしまいました(笑)。
d0352022_23272642.jpg
■「滋賀 神開 純米」
滋賀・甲賀の藤本酒造さんのお酒です。口当たりの良いしなやかな感じのテイスト。
d0352022_23273703.jpg
■牡蠣ときのこの小鍋
酔っ払いの胃袋に牡蠣のお出汁が優しく染み渡っていきます!
d0352022_23274563.jpg

■徳島産半田麺にゅう麺 ノーマル
半田麺の色々な食べ方ができるのが此方スタイル。そしてお出汁が独特のお味でとても美味しいのです。
飲んだ後の〆に優しい一杯!!
d0352022_23275296.jpg

■徳島産半田麺 にゅう麺 梅干しときのこ
少々、食べ足りない時に食べてみたい絶妙の一杯。きのこのおいしさもさることながら
梅干しの爽やかさが全体を引き締めます。サッパリといただけて美味しい!
d0352022_23280580.jpg

■徳島産半田麺 ぶっかけ  しらすと梅干し
d0352022_23275866.jpg
さらにサッパリといただきたい時の春から夏への定番。
上品なおだしは冷たくすることによってキリッとした味わいに。梅干しと葱、そして湘南の定番のシラスで
アッサリとおいしく〆たい時におすすすめの一杯。


あーだこーだと言いながら、此方ではおつまみ系を中心に、日本酒とサワーをいただき
〆に半田麺までいただいてすっかり満腹になってしまったのでした(汗)。
お店の急な階段(3階なので)を注意して下ったことは言うまでもありません(笑)。

鎌倉駅西口至近で美味しい日本酒を飲みたいとき、ちょっと和食系のおつまみが恋しいとき、
そして小腹が空いている時にはおすすめの一軒。
〆には、徳島名産の「半田麺」を是非、味わってみてほしいお店です。
と言いながら、今回は二軒目だったのであまり食べられなかったのですが(汗)。


そういえば、徳島県は私が唯一、足を踏み入れたことがない県です。
いつか訪れてみたいなぁ。。。
その時までは、半田麺を食べて徳島への思いを募らせるのでした。
ごちそうさまでした☆


さて、鎌倉の夜はまだまだこれからですw
次はどこへ行きましょうかねぇ(笑)。。。





※前回訪問時の記事は



●畔家
神奈川県鎌倉市御成町11-3 ウィンズ駅前 3階
0467-24-0469
11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~22:00(L.O.21:45)
火曜・第3月曜休



by forestkoro1015 | 2017-04-21 00:14 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
久々に「湘南くいだおれツアー」に出かけてきました。
「湘南」といっても、私は仕事の都合で一軒目の「Laosi」@ 江ノ島をパスしたので、
巡ったお店は合計7軒(呆)。それにしても、よく飲み、よく食べた二日間となりました。


「Loasi」では前回訪問時にいただいて私たちが大絶賛したワイン(Rosato)を
「今度来店された時のために!」となんと約2年もお取り置きしておいてくれたとのこと。。。
うーん、逃した魚、もとい、ワインは大きすぎるかも(涙)。。。


そして友人たちと合流したのが、鎌倉駅西口からほど近い場所に佇むかわいいビストロ
「オシノ」さんです。赤をアクセントカラーに用いた、カウンターとテーブル席のお店です。
此方のお料理は、「terra! terra! terra! カマクラでワインの会」のイベントでは
何度かいただいたことがあるのですが、お店を訪問するのは実ははじめて。
さてさて、何をいただきましょう???


この日は(も)シュワシュワからのスタートです。
いただくのは「Bardinet XALOC CAVA Brut Nature NV」
d0352022_18153719.jpg
スペインはカタルーニャの辛口スパークリングです。
きれいな泡立ち、そして繊細な香り。。。バラのラベルもお洒落ですね。


グラスワインも様々にラインナップしています。
d0352022_18160017.jpg
お料理はコース設定もありますが、食べたいお料理を黒板から自由に選ぶのも、またビストロの醍醐味!
d0352022_18154767.jpg
d0352022_18155494.jpg
私以外のメンバーはお昼も「Loas」iでお腹いっぱい食べてきている(?)ので、少しライトな感じでお願いします。


■わかさぎ・桜海老のフリット(800円)
d0352022_18160906.jpg
湘南を訪れたら、桜海老(とシラス)はマストアイテムですよね。
サックリと揚がっていて芳ばしいです。レモンを絞っていただくと笑顔が弾けます。


■パテ・ド・カンパーニュ(1,100円)
d0352022_18152463.jpg
分厚いパテに目が「・」状態(笑)。相当に肉々しいパテです。胡椒が効いていて美味なり!
思わず赤ワインが欲しくなります。キャロットラベもまいうーっ!!


■パン
d0352022_18161569.jpg
カリカリに焼き上がっていて、おいしいです。鎌倉のなんとか(名前は失念!)というお店のパンだそう。



■ポロ葱のキッシュ(550円)
d0352022_18162316.jpg
新鮮なお魚類と共においしいのが、此方の地元で獲れた鎌倉野菜たち。
そのポロ葱をふんだんに使ったあっさり系のキッシュはお持ち帰りしたいぐい♪ ワインも進みます!


続いていただくのは、「Kumpf et Meyer Pinot Noir Rosé 2015」
アルザスの自然派ロゼワインです。繊細で優しい口当たりが特徴でしょうか。色も春らしい感じ。
d0352022_18163662.jpg
■ツブ貝のガーリックバター焼き(700円)
d0352022_18164388.jpg
待っていました!エスカルゴバターの芳ばしさがたまらないですね!此方のお魚類は三崎や佐島の漁港で
仕入れてきたものばかり。歯ごたえ感あるつぶ貝に舌鼓を打ち、パンにつけてバターソースを味わいます。


■タケノコのソテー、あさり、サフランのソース(1,600円)
d0352022_18165038.jpg
タケノコにアサリ、さらにサフランソースを組み合わせるとは渋いですねぇ!
バターの風味が効いたサフランソースは独特のテイスト。こってりと濃厚な感じのタケノコを味わいます。


■鴨もも肉のコンフィ(1,700円)
d0352022_18170227.jpg
コンフィもおいしいのですが、付け合わせのおいもがカリッと揚がっていて何ともいえないおいしさ!!
「たかがいも、されどいも!」という感じの感動的なテイストです(どこに行っても芋好きなので・笑)。
このおいもだったらお代わりしてもっと食べたかったかも(笑)。あっ、鴨もおいしいのですよ!!
でも、おいもの絶妙な揚げ加減に感動してしまった私なのでした(笑)。まぁ、鴨は皆でシェアしたし!!


お水のボトルには「オシノ」のラベルが!!
d0352022_18171003.jpg


d0352022_18153021.jpg
鎌倉はおいしいお店の激戦区で、フレンチもイタリアンも実力店がしのぎを削るエリアの一つですが
此方はコスパも含めて、かなり上位に入るお店の一つではないでしょうか。
この日は土曜の夜ということもあるのか、カウンターも含めて店内は満席!!
何組ものフリの客が入店できなくて、残念そうに帰っていきました。
という訳で、来店の際には必ず予約を!!
カウンター席もあるので、たぶん空いていれば、一人でも入店することができるのではないでしょうか。
ちなみにこの日の幹事であるお友だちは、いつも一人でフラッと来ているのだとか。。。
自宅近くにこのような佳店があるとは、実にうらやましい限りです!!



鎌倉でリピートしたいお店がまた一つ増えてしまいました(笑)。
また連れていってね♥️
ごちそうさまでした☆



さて、一行は次のお店へと向かいます。実は次があるから、ここでは軽くしたという噂も
(えーーーっ)!!





●オシノ (OSHINO)
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-6 小黒ビルB1
0467-55-5327
11:30~14:00(LO)
18:00~22:00(LO)
不定休
http://www.bistro-oshino.com/






※ご参考:「Loasi」@江ノ島の前回訪問記事は

by forestkoro1015 | 2017-04-18 19:36 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
この日は橫浜方面へ遠征(お仕事です!)。
橫浜シーサイドラインの「並木中央」いう駅を利用してみました。
シーサイドラインは利用したことがあるのですが
沿線の駅で降りるのは初めて。。。駅の周囲に何もないことに驚きました。
少し歩けば、イオンなどもあったのですが。。。


さてさて仕事を終わらせて向かったのは橫浜。。。
海風にさらされて寒かったので「熱燗で温まりたい!!」(心の叫び)。。。
という訳で連れていってもらったのが、平沼橋に近い「まるう商店」さんです。
「橫浜ビコローレ」さんに割と近いのかな。途中まで道は一緒でした。


以前から名前は聞いたことがありましたが、聞くと見るでは大違い(汗)。
外側のお席がビニールで覆われ、店内には丸椅子が並ぶ居酒屋さんでした。
しかも店員さん方は「いらっしゃいませー!」と大声を張り上げる体育会系。。。
火曜日の18時前なのに、すでに混み始めている人気店です。


とりあえず「熱燗」。。。
ワンカップが豊富にラインナップしています。
選んだのは「花垣」「奥播磨」。。。程よいぬる燗が染みます。あったかい!!
d0352022_02061545.jpg
此方はお通し
d0352022_02062544.jpg
しばらく経ってから隣に座った人たちのお通しは全く異なるものでした(笑)。


そして此方の一番のウリの「どっさり盛り」
d0352022_02064427.jpg
これでもかー!!というばかりに、9種類かな。大ぶりのお刺身がドーンと盛られています。
メジマグロ、ぶり、さごち、真鯛、マアジ、わらさ等、それぞれが分厚く、また
新鮮で美味しいのが特徴でしょうか。。。お酒が進みます(えっ?)。
たしかこれで1900円ぐらいというのですから、驚きのコストパフォーマンスですよね。


2杯目は面白いネーミングの「死神」でゴー。色も少々濃い感じでかなりクセのある
お酒でした。
d0352022_02065206.jpg
最初の一口目は「なんじゃこりゃー!」という印象ですが、少しずつ飲み進むうちに
慣れてくるようです。「樽酒」とテレコで飲んでいたのですが、だんだん「樽酒」が
物足りなく思えてきます(汗)。取り憑かれてしまったのかしらん。。。

d0352022_02070128.jpg
お酒が少なくなってくると、スタッフのお兄さんが「そろそろ次、温めましょうか?」
尋ねてくれるのがよいですね。ついつい調子にのって飲みすぎました(笑)。


何故かリフトの写真まで撮影しているし(呆)。酔っ払いの行動はいつも謎です(笑)。
たぶん美味しかったからだと思うのですが。。。
d0352022_02071090.jpg
アルコールのメニューは此方。
d0352022_02063485.jpg
このようにして眺めると、ワンカップ地酒は割とお高めかなぁ。。。
ノンアルコールの欄に「あら汁」(180円)が並んでいるのが泣かせます。
気づいていたら食べていたのに!!

d0352022_14090865.jpg
なんでも横須賀で水産卸売業を営む会社が経営する居酒屋さんなのだそうです。
だから新鮮で美味しいお魚がリーズナブルなプライスで提供できるのでしょう。
それにしても橫浜には色々とバラエティに富んだ美味しいお店がありますね。
機会があったらまた伺ってみても良いかな。
但し、全席喫煙可なので、コート類は丸めておいた方が無難でしょう。
ごちそうさまでした☆



●まるう商店 (マルウショウテン)
神奈川県横浜市西区高島2-5-14
045-441-0804
17:00~24:00
無休
http://www.uretano.co.jp/index.html



by forestkoro1015 | 2017-03-15 14:32 | グルメ・神奈川 | Comments(0)
真鶴から3つめの小田原で途中下車。「美味しい珈琲」を飲もうと駅の周囲をウロウロ。。。
「おしゃれ横丁」というちと怪しげな路地に人がどんどんと吸い込まれていきます。
私たちも後をついていくと看板に「珈琲店」という文字を発見しました(嬉)。


「横丁」というよりは普通の小さな道という感じです。
d0352022_00250412.jpg
「北条氏政・氏照の墓所」のちょうど向かい側あたりでしょうか。
d0352022_00245315.jpg
鈴が鈴なりに結びつけられています。なんでも「幸せの鈴」としての御利益がある鈴なのだそうです。


その前に佇むブルーの海色のお店が、おしゃれ横丁にある「呉地珈琲」さんです。
店内には大きな焙煎機がドーンと鎮座し、黄色い椅子のカウンター席がいくつか。
テーブル席もいくつかのこじんまりとしたお店です。


ブレンドは500円からの設定。
いずれもデミタス、ハード、ミディアム、ライトと「濃さ」が選べるようです。
私は「ミディアム」、連れは「ハード」でお願いしてみました。
ケーキやホットドッグの類も揃っているようですが、宿の朝食がたっぷりしていたこともあり
全然お腹が空きそうにありません。
d0352022_00243596.jpg
ブルーの海のようなテーブルに黄色いコースターが映えます。
d0352022_00244447.jpg
ミディアムコーヒー。
香り高いというよりも、ふわわんと口の中に漂う味わいがある珈琲ですね。
スーーっと飲める柔らかな味わいで、後口も軽やかなタイプ。。。
ハードタイプも味見させてもらいましたが、キリッとしたシャープな味わいを感じるテイストでした。


最初はあまり喋らなかったマスターも珈琲についてのこだわりをポツポツと語り始めると
結構、饒舌になるタイプのよう。。。連れとの珈琲談義に花を咲かせていたようです。



小田原城は一昨年、箱根の帰りに立ち寄ったので、この後は「曽我梅林」を散策して帰ることにします。
d0352022_00325207.jpg
小田原駅の二宮尊徳の像。訪れたことはないですが、小田原には生家があるのだそうです。



美味しい珈琲をいただいて元気いっぱい!梅にパワーをいただきに参りましょう!
ごちそうさまでした☆





●呉地珈琲 (kurechi coffee)
神奈川県小田原市栄町2-1-18
0465-46-9779
9:00~19:00
無休
全面喫煙可


by forestkoro1015 | 2017-02-23 01:01 | グルメ・神奈川 | Comments(0)