Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:グルメ・広島( 4 )

「鞆の浦」お昼を食べた後は、福山を経由して一路、広島空港をめざします。
山陽自動車道は生まれて初めて走りましたが、山々に囲まれていて景色はきれいだし、そんなに混んでいなくて走りやすいですね。
レンタカーを無事に返却し(広島空港近くのGSは「高い!」と聞いていたのですが、実際、とても高くてビックリ!!

レギュラーで159円/Lもしました(驚)。周囲にGSがないからでしょう。都内のハイオク価格よりも高かったです(汗)。

ちなみに福山市内ではスタンドのスタッフさんに入れてもらって、窓もキレイに拭いてもらって、ゴミも捨ててもらって136円/Lぐらいでした。

なので此方では1Lしか入れなかったですが。。。送迎バスで広島空港まで送ってもらってチェックイン!!


とりあえずは予めチェックしておいた「かなわ 広島空港店」をめざします。

広島の空の玄関口、広島空港で瀬戸内の味覚や四季折々の「旬のかき」が色々と楽しめるお店です。

実は東京・銀座にもお店があるらしいのですが、此方の空港店は、窓が大きくて離着陸する飛行機を眺めながら食事が楽しめるのが良いですね。

d0352022_12005952.jpg

車の運転から解放されたので、まずは「とりビー」(とりあえずのビール)!!

冷たい美味しさがノドに、全身に染み渡ります(笑)。

d0352022_12010572.jpg
d0352022_12011087.jpg

色々と美味しそうなメニューは並んでいるのですが、鞆の浦で「お刺身定食」を食べたのでまだそんなにお腹は空いていません。。。

d0352022_12011693.jpg

そんな訳で単品メニューから「牡蠣のバター炒め」をセレクト。ぷっくりとしたミルキーな味わいの牡蠣が、にんにくの芽と一緒に熱々で登場しました。

バターの香りがたっぷりで五感にしみる美味しさです。まいうーーっ!!

d0352022_12011976.jpg

そしてお約束の「牡蠣フライ」。ちと小ぶりなこのサイズの牡蠣が4つ。。。これで1,080円でしたが、この美味しさなら文句はないかな(笑)。

実は前日の夜にも尾道でテイクアウトの牡蠣フライをお夜食にいただいたのですが(笑)、そちらの方がだいぶ大きかったです。

まぁ、牡蠣も色々ということで。。。でも、牡蠣の本場で牡蠣が食べられたから良いことにしましょう。

d0352022_12012866.jpg

かなわオリジナルの「かきフライソース」が美味しかったので、此方をテイクアウト。

牡蠣フライだけでなく、とんかつや鶏の唐揚げなど、他のお料理にもオススメとのことでした。

が、先日、牡蠣フライを自宅で作ったのに、つい忘れてタルタルソースで食べちゃいました(汗)。次回こそ試してみないと。。。


「かきフライ弁当」(1,512円)、「かき飯弁当」(810円)「あなご飯弁当」(1,512円)などのお持ち帰りもできるのだそうです。

出張帰りのお土産としてのテイクアウトもよろしいかもしれないですね。

は8時から夜の20時まで営業している使い勝手の良い空港内のレストランです。

ごちそうさまでした☆


d0352022_12013563.jpg

満腹になった後は、同じフロアにあるデッキから離着陸する飛行機をぼんやりと眺めます。。。

実は私、飛行機が大好きなのです!!最近はあまり乗る機会がなくて寂しく思っています。。。

d0352022_12013922.jpg

雲の上からの眺めも最高でした!!

この時は左側のシートだったのですが、広島(福岡なども含めて)から羽田に戻ってくるときは、実は右側のシートの方ががオススメ。

お天気が良ければ、素晴らしい景色を眺めることができます。



●かなわ広島空港店

広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港ビル3F

0848-86-8330

8:00~20:00(LO)



かなわ 広島空港店魚介・海鮮料理 / 三原市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.8


by forestkoro1015 | 2015-11-11 20:39 | グルメ・広島 | Comments(0)
「鞆の浦」観光を楽しんだ後は、夕方の飛行機で帰京するため、お昼を食べてから高速に乗ることにしました。
が、この界隈は「水曜日」がお休みの飲食店が多いようで、めぼしいお店はあまねくお休み(汗)。
「どこかないかなー?」と某グルメサイトで検索をかけてヒットしたのが、此方の「お食事処 魚源」さんでした。
d0352022_02353492.jpg
d0352022_02345066.jpg
d0352022_02345232.jpg
お店はそんなに広くないながらも(2階にはお座敷席があるのかしら?)、地元の方々御用達のお店という雰囲気で、メニューの多さに圧倒されます(驚)。
最後に瀬戸内の新鮮なお刺身をもう一度食べようと、お刺身定食(1,200円ぐらいだったかと記憶)をお願いしました。
ふと横を見ると、おでんのお鍋が!!
d0352022_02344547.jpg
先客がいたので少し待たされましたが、やがてお料理が登場しました。
d0352022_02345588.jpg
d0352022_02352727.jpg
d0352022_02345848.jpg
鯛とひらめ(かな?)はさすがに美味しいです(いかも柔らかい)が、あとは普通だったかなぁ。。。
同じ瀬戸内海のお店でも生口島の方がお魚は美味しかったような。。。
d0352022_02351219.jpg
d0352022_02351611.jpg
d0352022_02351981.jpg
d0352022_02352516.jpg
でも、小鉢のタコは柔らかくて美味しかったからプラマイゼロかな。生口島のタコはかみ応えがあったし(笑)。

よく考えてみれば(みなくても)、この界隈の人たちは自宅で新鮮で美味しいお刺身がいくらでも食べられる訳ですから、お刺身定食などを注文する人は
いないのかもしれませんね(笑)。かつ丼とか天ぷら定食を食べた方が良かったかも。。。

でも、お店のお母さんは道を教えてくれたりしてとても親切でした。
界隈には観光客のお店もいくつかありますが(水曜日は避けた方が無難です・笑)、鞆の浦で水曜日に食事という時には覚えておくと便利なお店です。
ごちそうさまでした☆


●お食事処 魚源 (うおげん)
広島県福山市鞆町後地1159
084-982-2223
11:00~20:00
火曜日休 (祝日の場合は翌日)




お食事処 魚源魚介・海鮮料理 / 福山市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0


by forestkoro1015 | 2015-11-11 14:36 | グルメ・広島 | Comments(0)
尾道・二日目の夜。尾道ラーメンの「朱華園」がもう一歩のところで売り切れ仕舞いになってしまったので、海岸通りをウロウロ。。。
「尾道ラーメン?」「お好み焼き?」「かき料理?」「和食?」と散々悩んだ挙げ句、辿り着いたのが「鮨と海料理 保広」さんです。
夜は地元の常連さん方で賑わうお店でもあるようで、なかなか混んでいました。
カウンター内には親子なのでしょうか。職人さんが二人。そして店内を仕切るのは、テキパキとよく気がきく頼もしいお母さんです。
d0352022_19351228.jpg
カウンター席に座って、まずは久々の「とりビー」(とりあえずのビール)をいただきます。
車はホテルに置いてきているので気楽に飲めるのがうれしいですね。
お昼に生口島の「瀬戸田すいぐん丸」でお刺身はたっぷりといただいてきているので、夜は地穴子をいただくことにしました。
と言いながら、「生ちらし寿司」にしようか散々悩んだのですが(笑)。。。
d0352022_12564045.jpg

そして待つことしばし。。。登場したのが、此方の地穴子丼(1,650円)です。

芳ばしい山椒がたっぷりとかかった穴子は、地元の専属漁師さんが近海の浅瀬ではえ縄漁で捕まえた地物とのこと。

その穴子を直火で焼き上げてタレにくぐらせ、食べやすい大きさにカットしてあります。

濃厚なお味でありながら、意外にあっさりとして淡泊な穴子本来の奥深い美味しさが、やや甘めのタレと合わさってご飯の上で弾けます。

まいうーーっ!! もうたまらないお味です(笑)。ご飯と穴子の間に敷かれた刻みのりがまた良い仕事をしています。

関東でいただく江戸前穴子(千葉・富津でいただく「はかりめ」も含めて・というかあれも江戸前ではあるのでけれど)に比べると、

全体的にふっくらとしてより脂がのっているようなイメージ。鰻で喩えるなら、「特上」と「梅」ぐらいの違いがあるかもしれません。

欲を言わせてもらうとすれば、もう少しお高くてもかまわないので、もうちょっとだけたっぷり食べたかったです(笑)。

少食の私ではあるのだけれど、ちょっと物足りなさを感じてしまわないこともなかったです(汗)。

d0352022_19352763.jpg
自家製という白菜の塩漬けとなす、キュウリの味噌漬けも美味!!

d0352022_19353440.jpg

天然鯛のアラが入ったアラ汁がついて、1,650円はお得感たっぷり!!

ランチタイムには「ちらしずし定食」「刺身定食」「天ぷら定食」なども手頃なお値段で楽しめるのだそうです。

尾道散策の際には忘れずにチェックしたいお店です。 ごちそうさまでした☆


それにしても尾道のお店は月・火あたりのお休みが少なくないようです。お出かけの際には、週半ばからの方がおすすめかもしれません。



●「保広」

広島県尾道市土堂1-10-12

0848-22-5639

11.30-15.00 17.00-21.00

月曜定休(祝日の場合は翌日)



保広寿司 / 尾道駅
夜総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2015-11-11 01:40 | グルメ・広島 | Comments(0)
しまなみ海道・生口島の「平山郁夫美術館」で名画を鑑賞した後は車で5分ぐらい走って
ガイドブックで紹介されていた「瀬戸田すいぐん丸」というお店をめざします。
しまなみ海道唯一の「本格的ドライブイン」というだけあって、総席数300席(!)という広くて大きなお店です。
隣には各種地元名産品を取りそろえたお土産コーナーも併設。海鮮バーベキューなども楽しめるお店なのだそうです。
すでに観光バスが横付けされ、ワサワサと降りてきた観光客はお土産コーナーへ。
その中をかき分けてレストランへたどり着くと、広い店内では数名のスタッフさん方が忍者のようにスピーディーに走り回り、
テーブルの上に「手裏剣」のようにお料理が載ったお皿やお箸を並べていきます。
別のスタッフさんはカッチャマンを手に持ち、コンマ何秒のタイミングでお鍋の火をつけてるし(驚)。。。。
実はこれが「嵐の前の静けさ」だったのです(笑)。
d0352022_11125877.jpg
入り口のメニューが伏せられていたので、一般客は入店を断られるかと思いましたが、無事に入店(ほっ!!)。
「刺身御膳」(2,000円(税込み):たこ飯、お刺身盛り合わせ、天ぷら、小鉢2種、たこ焼売、たこの塩辛、お吸い物、お漬け物)と
ちょっと迷ったのですが「ウケ狙い」で「一番人気!」という「たこ桶会席」(1,880円(税込み):たこ飯、たこ足タタキ、天ぷら、
たこ焼売、たこの塩辛、お吸い物、お漬け物)をお願いしてみました。
d0352022_11440491.jpg
d0352022_11120358.jpg
鯛とたこ、ヒラメ、甘エビ、貝類などがドーンと盛られた「お刺身盛り合わせ」は冗談のような「大盛り」(爆)!!
どんぶりのような大きな器にミッシリと盛られています(これで一人分とは思えないボリューム!)。
そしてどれを食べても身がしまっていて、プリプリでとても美味しい!!
東京で食べるお刺身なんて比較にならないほどの新鮮さです。地元の漁師さんたちが獲ったばかりの新鮮なお刺身を使っているのでしょう。
サーモンといくらが載っていたのはご愛敬(笑)ということで。。。
今回の旅と時を同じくして「ぽちタマ」で「尾道特集」が放映されていましたが、生口島の民宿に泊まった彼らが自ら釣り上げた鯛を
「美味しい!」「美味しい!」と食べる姿は、まさにこの時のお刺身を食べた時の感動の記憶を呼び起こしてくれました。

d0352022_11125121.jpg
d0352022_11125593.jpg
一方の「たこ桶会席」は写真の通り、軽く炙ったタコの足をはさみでちょん切っていただきます。
名物ということでお願いしたのですが、ちょっと失敗(汗)。タコの足はプリプリで弾力があって美味しいのですが、このはさみが全然切れない(汗)。。。
かなり格闘(爆)。それと炙ってしまうからなのか、この日のタコはちょっとかみ応えがあったような。。。
が、たこ焼売とたこの塩辛は美味!!天ぷらもたこ飯もほんわりと炊かれていて美味しかったです。さすが名産品!!
たこの塩辛は隣の土産店で2つ購入(一つ500円)して帰京しましたが、お酒のお供に最高です。機会があれば是非っ!!

そうそう、たこ足と格闘している間に「5号車お着きですー!!」「4号車のお客様は此方のお席にどうぞーーっ!!」という感じで
あれよあれよという間に、先ほどのテーブル席が埋まっていきます(驚)。食べ終える頃にはほぼ満席で、その情景は圧巻です。
さらにその間をビールをもって走り回るスタッフの方々。。。いやー、お昼のかき入れ時とはいえ、観光バスが乗り入れるドライブインレストランの
忙しさとしては想像を絶するものがありました。スタッフの皆様方にはおつかれさまです。そしてお刺身は本当に美味しかった!!
機会があればまた是非伺ってみたいお店です(お刺身を食べに!)。

界隈には他のお店もあるようですが、一番賑わっていたお店でした。
という訳で、生口島にお出かけの際は覚えておいて損はないお店かもしれません。但し、お値段は観光地価格かもしれませんね。
ごちそうさまでした☆


 ●瀬戸田すいぐん丸

  〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田504-3

  電話:0845-27-3003

  営業時間:10:00~14:30(売店は~17:00)

  不定休




すいぐん丸魚介・海鮮料理 / 尾道市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5


by forestkoro1015 | 2015-11-10 23:18 | グルメ・広島 | Comments(0)