Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

カテゴリ:旅行・沖縄( 6 )

沖縄ステイ4日目。
最終日のこの日はお昼過ぎの飛行機で帰京しなければなりません。

d0352022_18352728.jpg
朝の6時半には快晴真っ青な空と濃紺の海が眩しすぎます(汗)。

d0352022_18353400.jpg
恩納のテラスからの風景ともこれでおわかれです(悲)。でも最後だけ晴れて良かった!!

ジリジリと照りつける太陽の下、那覇方面をめざします。暑くてエアコンの効きがわるいぐらいです(汗)。


レンタカーを返却にいくと、スタッフのお兄さんが「今日の午後には『梅雨明け』きますよー!」
とのこと。。。うーん、帰る日に梅雨明けとは、日頃の行いの何物以外でもないでしょう(汗)。


d0352022_18354012.jpg
やはりこの日は11時すぎに今年の「梅雨明け宣言」が出たのだそうです。。。
写真は快晴の那覇空港。。。めちゃ悔しい!!
窓に張り付いて空と飛行機を眺めます(笑)。


d0352022_18354517.jpg
d0352022_18355587.jpg
最後に味わう「オリオンビール」(笑)。。。
今度飲めるのはいつかしらん。。。


d0352022_18355766.jpg
梅雨明け記念日のANA東京便はめっちゃ空いていました。。。
そして空港の名残惜しい情景。。。
離陸するときのこの風景がとても好きです。今まであちこちの空港を巡ってきましたが、
このシーンは世界共通。。。旅ってよいなーと、いつ、どこで見ても胸がジーンとしてしまうのです。。。

d0352022_18360384.jpg
この日は数分おきに次々と着陸してくる飛行機が。。。
うらやましすぎるぜいっ!!


この後、飛行機は東京に向けて無事に離陸したのでした。。。
という訳で、今回の沖縄旅行記はこれで終了となります。
お付き合いいただいて有難うございました!!




by forestkoro1015 | 2016-06-26 17:34 | 旅行・沖縄 | Comments(0)
国際通りの路地「かき氷」を食べた後は那覇市内を少し巡って、また恩納方面をめざします。
ちょうどラッシュと重なって道は混んでいるし、行きと同じ道ではつまらないので
ビーチ巡りをしながら帰ることにしました。
d0352022_01364935.jpg
d0352022_01365355.jpg
d0352022_01364448.jpg
此方は「ぎのわん海浜公園」にある「ぎのわんトロピカルビーチ」
青い海と白い砂浜が沖縄ですよねぇ。。。
なんと!4月下旬から10月末まで泳ぐことができるのだそうです。
時折、雨がぱらつく生憎のお天気にも拘わらず、バーベキューを楽しむグループも。。。
その後、順々に海に回転飛び込み(!)していました。若いってよいなぁ(笑)。うらやましい!!


d0352022_01365910.jpg
d0352022_01370482.jpg
此方は「北谷公園サンセットビーチ」です。
お天気が良ければ素晴らしい「サンセット」が楽しめるらしいビーチでしたが、
この時は土砂降りのスコールが!!
そんな中、傘の柄を落として探し回ることに(汗)。。。
見つかったから良かったですが。。。
此方も生憎のお天気に拘わらず、テントの下には何組ものグループ連れがバーベキューをしていました。


d0352022_01363930.jpg
沖縄最後の夜の恩納村ホテルベランダからの夕景。。。
梅雨はこの日までで翌日には梅雨明け宣言が出されました。
それにしても沖縄の梅雨は、突然、ザーーーっとスコールのように降ります。
車のワイパーを最大にしても前が見えないぐらいの雨にビックリ!!
貴重な体験でした(笑)。




by forestkoro1015 | 2016-06-26 00:28 | 旅行・沖縄 | Comments(0)
沖縄ステイ3日目は、R58を通って那覇方面へドライブ。。。
途中、嘉手納基地や普天間基地の横を通るのですが、いわゆるF15という戦闘機の飛行訓練でしょうか。。。
頭の上をビューンとものすごい勢いで飛んでいって、メチャクチャ怖かったです。
沖縄の人たちにはこのような情景が当たり前の日常になってしまっているなんて
なんとも言えない話ですよね。。。
「沖縄の中に基地があるのではなくて、基地の中に沖縄がある。。。」
まさにその通りのように感じてしまいました。
先日の元アメリカ兵による20才の女性殺人遺棄事件、その後のアメリカ兵による飲酒運転事件なども
含めて、沖縄の人たちだけが背負わされてきた苦しみや悲しみの深さは計り知れません。
沖縄が返還されてだいぶ経つというのに、どうにかならないものでしょうか。。。
いや、どうにかしていかないといけないのは、私たち日本人の今後の課題だと思います。


さて車は那覇市内へ。。。
恩納村や本部町と比べると、景色はだいぶ都会的なイメージとなり、道も混んできます。
この日のお目当ては、幕末までの450年間にわたって琉球王国の都として栄えた首里であり、
海洋王国として栄えた時代を物語る意匠を凝らした建造物が見られる「首里城公園」です。
前回はミホウなので、実は初めての訪問となります。

d0352022_18091085.jpg
「守礼門」。二千円札の図柄になった赤瓦屋根の門。
扁額に書かれた「守禮之邦」とは「琉球は礼節を重んじる国」の意味だそう。
16世紀前半に創設された門は沖縄戦で破損し、現在の門は1958年に再建されたものです。

d0352022_18093306.jpg
d0352022_18092147.jpg
世界遺産の「園比屋武御嶽石門」
琉球の石造建築の代表的なもので、1972年に国の重要指定文化財に指定。
背後にある「御嶽」(うたき)と呼ばれる聖域を拝礼するためにつくられたもので、琉球国王が外出の際、
この場所で安全祈願を行ったのだそうです。

d0352022_18094070.jpg
歓会門」。首里城へ入る第一の門。外郭と内郭の二重の城郭に囲まれています。別名「あまへ御門」。

d0352022_18094689.jpg
迫力あります。

d0352022_18095276.jpg

階段を上って「瑞泉門」をめざします。門の前にある湧き水「龍樋」にちなんでつけられた名前だそう。
別名「ひかわ御門」。

d0352022_18101216.jpg

市内を一望できる高台に位置しています。風が心地よいです。

d0352022_18083705.jpg
d0352022_18084277.jpg
「首里城正殿」琉球王国の「美」が詰まった最大の木造建築だそうです。
原型は中国の紫禁城をモデルに造られたといわれ、現在の形は戦前まで残っていた正殿をもとに、
1992年に復元されたものです。
見所は上部センターの「唐破風妻飾」(からはふつまかざり)と石段横の「大龍柱」(だいりゅうちゅう)。
前者は日本独特の建築様式で、金の龍や雲の彫刻などが施された華やかなデザインです。
後者の高さは4.1メートルもあります。

d0352022_18084828.jpg
此方は中にある「御差床」(うさすか)。国王はこの玉座に座って執務を行います。2階にある此方は
琉球彫刻の粋を集めた造り。。。

d0352022_18085469.jpg

このような王冠を被っていたそうです。華やかでキレイですが、重そうですよね。


d0352022_18085969.jpg
此方は1階部分の「下庫理」。1階部分は101本もの柱が支えています。
奥は国王専用の階段「おちょくい」。この階段を使って2階から出御したそうです。

d0352022_18102082.jpg
サイドからも撮影。

d0352022_18090535.jpg
弁財天堂の近くにかわいらしい親子を発見!!

d0352022_18103148.jpg
この後は青空が出てきて、午後には「熱中症注意報」が発令されました。とても暑かったです(汗)。
でも夕方には土砂降りのスコールが。。。沖縄の梅雨というのは、東京の梅雨とはちょっと違うようです。


約18haの広さを誇る「首里城公園」は毎日(メンテナンス日を除いて)日没から深夜12時まで
城郭と周辺施設がライトアップされています。
所要時間はゆっくり廻って約2時間。入場料は820円でした。
「美ら海水族館」よりは安いですが、駐車料金はかかるのでご注意ください。




●首里城公園管理センター
沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地
TEL:098-886-2020  FAX:098-886-2022

開館時間(有料区域)
対象区域: 正殿・奉神門・南殿・番所・書院・鎖之間・黄金御殿・寄満・近習詰所・奥書院・北殿
開館時間(入館券販売締切)
4月~6月  8:30~19:00(18:30)
7月~9月  8:30~20:00(19:30)
10月~11月8:30~19:00(18:30)
12月~3月 8:30~18:00(17:30()
休館日について
首里城公園施設の一部休館日: 7月の第1水曜日とその翌日
休館対象施設
1.有料区域内施設
(正殿、御庭、南殿・番所、書院・鎖之間、黄金御殿・寄満・近習詰所・奥書院、北殿)
※対象施設以外は、通常どおりご見学いただけます。
2.首里杜館
(レストラン、売店、地下駐車場を含む)
※地下駐車場はご利用になれません。ご来園の際はバス・モノレール等の交通機関をご利用下さい。
http://oki-park.jp/shurijo/event/1317

by forestkoro1015 | 2016-06-22 19:19 | 旅行・沖縄 | Comments(0)
今回の沖縄の旅の宿泊は、恩納村の少し高台にある「恩納マリンビューパレス」でした。

d0352022_00105662.jpg
建物は少し古いですが、地下に無料駐車場はあるし(雨に濡れないで乗り降りできます)、
部屋数は152室15階建てのコンドミニアムタイプのホテルです。
一番上はレストランとバンケットルーム、さらに居酒屋、1階には4月から泳げるプールがあります。

d0352022_00194210.jpg
d0352022_23503206.jpg
お部屋は6畳の和室がついた和洋室。定員5名のファミリーユースに適した感じです。また、キッチンには
IHのコンロがあって簡単なものであれば作れそうです。お鍋やフライパン、お皿は装備されていません。
以前はリゾートマンションだったのかなー・・・・というような雰囲気。。。
ちょっと気になってぐぐってみたら、ピンポンだったようです。
全く同じタイプ(1LDK)のお部屋が690万円、和室がない1DKのお部屋が600万円(管理費・修繕積立
金別途)で売りに出されていました。
そんなに高くないので別荘にしても良いですが、やはり沖縄は遠いなぁ(笑)。。。

d0352022_23522657.jpg
お部屋は9階でしたが、ベランダも広く、窓からは東シナ海を眺めることができます(少し離れていますが)。
写真は梅雨明けした日の朝の情景。。。今頃は毎日、すっきりとした青空が広がっていることでしょう(悔)。


そうそう、今回は連泊プランということで、「ディナーバイキング」の無料券(1日分)がついていました。
「和洋中」ではなく、「和洋琉」を織り交ぜたバイキングということで、一人2,700円のチケットです。
15階にある展望レストラン「宴」からの夕景は素晴らしいらしいのですが、18時頃に出かけたら
大混雑(爆)。20時頃に出直したら、辺りは真っ暗で何も見えませんでした(汗)。

d0352022_23512389.jpg
d0352022_23575526.jpg
メニューはなかなか頑張っています。圧巻は此方の沖縄豚のしゃぶしゃぶ。。。
自分でしゃぶしゃぶしてお野菜を添えていただきます。


d0352022_23572236.jpg
d0352022_23511853.jpg
ポン酢よりも胡麻だれの方が沖縄豚に合うような。。。と言いつつ、何度かお代わり(爆)。

d0352022_00051826.jpg
テビチゴーヤーチャンプルーなども少しずつ味見。。。

d0352022_00052405.jpg
自分でゆでる沖縄そばも楽しいです(笑)。

d0352022_00051397.jpg
お鮨ローストビーフなども。。。

d0352022_23510250.jpg
d0352022_23510961.jpg
こんな感じでちょっと食べ過ぎました(笑)。しゃぶしゃぶをお代わりしたのが敗因かも(汗)。

d0352022_23564189.jpg
さらに欲張ってデザートまで(呆)。
ビスタチオ(グリーン)とマンゴー(オレンジ)のアイスが美味しかったです。
しっかり「チョコレートファウンテン」にもチャレンジしてきました(呆)。今週はドックなのに(滝汗)。


品揃えは悪くなかったし、お味も格安ツアーのホテルにしては美味しい方ではないかと思います。
ちなみに朝食バイキングは一人1,620円となります。


梅雨の時期の格安ツアーだったので、そんなに期待していなかったのですが、飛行機はANAだったし、
ホテルは古いけど居心地は悪くなかったし、レンタカーはヴィッツだったし、この内容であれば
リピは大ありでしょう(バイキングの無料券もついたし・笑)。


温泉とまでは言いませんが、館内に大浴場があればもっと嬉しかったような。。。
リゾートマンション仕様だから仕方ないのですが、ユニットバスは少々味気なかったです(笑)。


梅雨明け前だからまだ空いていましたが、これから夏のシーズンにかけてはかき入れ時となるのでしょう。
7階か8階以上の上層階でないと、ベランダからの景色は違ってくるかもしれないのでご注意ください。



●恩納マリンビューパレス
〒904-0414 沖縄県恩納村字前兼久497-3
098-965-6111(代表)
mvp@kanehide.co.jp
http://www.onna-marineviewpalace.jp

恩納マリンビューパレスその他 / 恩納村)
夜総合点★★★☆☆ 3.1


by forestkoro1015 | 2016-06-22 00:21 | 旅行・沖縄 | Comments(0)
「チャンプルー食堂」で遅いお昼を食べた後は、再び海洋博公園に戻り、水族館以外のスポットを
散策します。
「マナティー館」「ウミガメ館」「イルカラグーン」「海洋文化館(プラネタリウム)」
「おきなわ郷土村」「熱帯ドリームセンター」など、様々な施設があるのですが、全部まわって
いたらとても時間が足りません。

「マナティー館」と「ウミガメ館」は前回、制覇したので、今回は「海洋文化館」を見学して
みることにしました。入場料は別途170円かかります。

「沖縄を含めた太平洋地域における海洋民族の歴史や文化を紹介する施設」ということで、
1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の際にハコは作られたものだそうですが、中身は
最近リニューアルされたそうで、1970年代のアジア・南太平洋地域の海洋文化が紹介されています。


うーん、お金(私たちの税金ですね!)がたっぷりとかけられているのはわかるのですが、
なんで漫画(イラストというよりも子供向けアニメ)で紹介される必要があるのでしょう?
子供向けを狙ったのかなぁ(謎)。
「広大な海を越えた歴史と文化を伝える」という施設の割に、少々、中途半端なような(汗)。
展示内容は悪くないのですが。。。
そしてせっかくのプラネタリウムもアニメーション主体。。。観なかったですが、これでは
集客できないですよねぇ(ため息)。。

そんな訳で「とても空いている施設!」でした(汗)。

まぁ、大きな声では言えないですが、一度いけば十分かなぁ。。。
公園内の個人的なオススメは「熱帯ドリームセンター」です。
入園料はかかりますが(690円)、前回、訪れた時は「ラン展」が開催されていて、
それはもう素晴らしい世界でした。
お花がそんなに好きでない人も、たぶん楽しめると思います。
d0352022_16370354.jpg
以前、訪れた時の「熱帯ドリームセンター」。
d0352022_16372453.jpg
d0352022_16371874.jpg
d0352022_16371102.jpg
前回訪問時のガーデニング。。。お花がきれいでした。。。

d0352022_16375050.jpg
d0352022_16375632.jpg
今回はお花が終わってしまっていたようです。ちょっと寂しい。。。(笑)。

d0352022_16374258.jpg
水の移動が楽しい「シーサー噴水」。



by forestkoro1015 | 2016-06-19 15:14 | 旅行・沖縄 | Comments(0)

沖縄美ら海水族館。

沖縄ステイ二日目。朝の空は何となく晴れそうなのですが、時間と共にドンヨリと曇ってきます。
d0352022_13205141.jpg
天気予報は曇り時々雨。ということで、本部町にある「沖縄美ら海水族館」をめざすことにします。
那覇からだと高速の方が早いのですが、恩納村からは下の道を通って1時間ちょっとで到着できます。

本当は開館直後の8時30分すぎに訪れた方が、水槽内の水もきれいで、人も少ないのですが、
この日はちょっと出遅れ。。。しかも入場券は前回の1,800円→1,850円にアップしています。
もちろん、あちこちで割引券が売られています。ホテルでは1枚1,660円で売られていました。
ちなみに「許田の道の駅」で購入すると一番お安いという噂も。。。
沖縄の水族館にしては少しお高い感じもしますが、駐車料金は含まれています。

d0352022_13211004.jpg
d0352022_13210110.jpg
d0352022_13205716.jpg
d0352022_13211466.jpg
いました!「コウイカ」!!大きいですねぇ。。。
d0352022_13202041.jpg
ちなみに子供の「コウイカ」はこんな可愛らしいサイズなのだそうです。

d0352022_13195950.jpg
d0352022_13211865.jpg
d0352022_13212322.jpg
d0352022_13200604.jpg
ふと下を見ると「チンアナゴ」がいます。
d0352022_13201443.jpg
これは小さな水槽。じっと眺めていると、長くなって隣のチンアナゴにちょっかいをだしにいったり、
急に短くなって砂の中に隠れたり。。。飽きないです(笑)。
d0352022_13201133.jpg
迫力ある海老の水槽。。。

d0352022_13202636.jpg
ミズクラゲもいっぱい!
d0352022_13203249.jpg
やってきました。大水槽。。。世界初の繁殖に成功したマンタ。。。
d0352022_13213450.jpg
d0352022_13213996.jpg
d0352022_13212832.jpg
d0352022_13203791.jpg
d0352022_13204178.jpg
ジンベエザメは3頭いて、長期飼育記録世界一を更新中なのだそう。。。一番大きいジンベエザメは
8.6mもあるそうです(驚)。

d0352022_13214358.jpg
上から(水上デッキ)も眺められます。大きいですね!
d0352022_13220138.jpg
こちらは下からみたところ。。。なんか不気味ですが、迫力あります。
d0352022_13214818.jpg
d0352022_13220728.jpg
7,500立方メートルの水量を誇る「黒潮の海」大水槽は幅35m、深さ10m、奥行27mあるそうです。
スケールが違いますね!!
どうせ出かけるのなら、水槽解説がある11:30、13:30、給餌解説がある15時、17時がオススメ。
また、午後4時以降は入館料が割引になるお得な夕方割引チケットも設定されているようです。

水族館の鑑賞時間は大体2時間ぐらいを見ておくとよいでしょう。

d0352022_13221200.jpg
d0352022_13221656.jpg
お天気が良いと素晴らしい景色を楽しむことができます。今回は・・・・(汗)。。。


●沖縄美ら海水族館
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
0980-48-3748
https://churaumi.okinawa
10月~2月
8:30〜18:30(17:30)
夏期
3月~9月
8:30〜20:00(19:00)
休園日
12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
※上記以外の日(年末・年始等)は通常通り開館(台風等による臨時休館を除く)。



by forestkoro1015 | 2016-06-19 10:18 | 旅行・沖縄 | Comments(0)