Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:グルメ・都下・中央線沿線( 53 )

の検査で日赤へ。午後までかかるということなので武蔵境近辺でお昼ご飯
少し前に「じゅん散歩」で紹介されていた「からしうどん」を食べようと
「大むら」をめざすことに。。。

d0352022_18275368.jpg
天文台通りの中央線ほど近くに佇む此方は、中央線の高架化に先駆けて2008年に
店舗をリニューアル。少しセットバックしてお洒落な建物に生まれ変わった。
余談だがこの先にある踏切はこの界隈では有名な「開かずの踏切」のひとつ。
かくいう私も旧店舗の前で50分近く(!)待たされたことがある(汗)。
そんな踏切エピソードも今は昔。今は車の流れもスムーズとなり、便利な時代となった。


さて本題。
「からしうどん」(独歩せいろも)があることは知っていたが、旧店舗時代は
「牡蠣そば」しかいただいたことがない。
「じゅん散歩」「からしうどん」が紹介されているのを観て、
ミーハー心が疼いてしまった(笑)。


そんな訳で「からしうどん」(950円)を注文。
d0352022_18273925.jpg
巷のカレー屋さんのように6段階の中からお好みの辛さが選べる。
「小から」「中から」「大から」「激から」「超から」「暴から=ハバネロ」、
さらにはそれ以上の辛さも別料金にて注文できるようだ。


「辛いのが平気な方は中からを選ばれます!」というおかみさんのアドバイスに従って
「中から」をチョイス。
そして「からしうどん」が運ばれてきた。
d0352022_18270969.jpg
お盆には麦茶と「さわやか吐息」が載っている!
d0352022_18271630.jpg
トロリとした餡かけ風のおだしにお豆腐などがトッピングされたうどんは「麻婆豆腐」
チックなイメージ!!「中から」なので油断していたが、食べ進んでいくと後から辛さが
「ジワッ」と染みてくる(汗)。

此方のおだしは豆板醤をベースに様々なスパイスとガーリック等を配合した和風だしを
完成させた「秘伝の味」なのだそうだ。たしかにこの味は今まで食べたことのない味だ。
トッピングは豆腐、豚肉、ウズラの卵、海老、筍、白菜、人参、ネギ、コーン、
もやし等々、具だくさんなのも特徴的!!

フーフーと冷ましながらいただく訳だが、全身から汗が噴き出してくる。冷たい麦茶が
なければ完食はできなさそうな感じだ(笑)。ちなみに麦茶はセルフでお代わり自由。


そうそう、肝心のうどんはこしが強くて弾力があり、力強さを感じるタイプ。此方では
武蔵野市の新名物とし「武蔵野地粉うどん」を自家製麺しているのだそう。
たっぷりの具をかき分けて麺と対面したが、辛味のあるおだしとの相性はバッチリだった。


2階にもお席があるらしいが、今回は1階席を利用。
d0352022_18272315.jpg
からしうどんの解説。
d0352022_18274530.jpg
横で「激から」を食べている人がいたが、「辛さはそれほどでもなく、次回はワンランク上
をめざす」のだそう。。。同行者が味見して「これなら自分でも大丈夫!」とのこと。
よし、私も次回は「大から」「激から」にチャレンジしてみよう!!
但し、暑い時は勘弁かなぁ(笑)。

ちなみに「暴からのハバネロ」はかなり危険!!
いつだったか家族がどこかで買ってきたハバネロを素手で調理して、火傷を負ったことがある。
まぁ、たしかにあの辛さは尋常ではない。


武蔵境の駅からは少し離れているけれど、わざわざ食べに訪れてみたい「隠れた名物」
だと思う。蕎麦やうどんだけでなく、お酒も楽しむことができるらしい。
なお、車の際は近隣のタイムズパーキングがオススメ。
1,000円以上の利用で1時間のサービスとなる。


なお、「爽やか吐息」でケアしても「ガーリック」の匂いはついてくる(笑)。
この後、診察時にはマスクをして「風邪気味」を装ったことはいうまでもない(笑)。
ごちそうさまでした☆




●大むら (おおむら)
東京都武蔵野市境南町4-9-2
0422-31-5019
11:00~15:00 17:00~21:00
[日・祝]11:00~15:00 17:00~21:00
木曜休
http://karasiudon.at.webry.info/


by forestkoro1015 | 2017-12-04 19:33 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「大黒屋」を出た後はムサコ北口界隈の居酒屋ロードを散策(呆)。
南口方面にある大島料理を出してくれる居酒屋をめざすはずが、「壱番館」というお店に入店。
もちろん初めての訪問となる。

間口はそんなに広くないが、奥に長いお店でテーブル席の他、お座敷席まである。
席によっては掘りごたつ式になっているらしく、足が長い私にはありがたかった(笑)。
というか、この日は朝から1万歩以上歩いたし(驚)。
バスツアーというのも上ったり下りたり、結構、くたびれる(笑)。


ビールや日本酒も揃っているが、なんと!焼酎のお得セールの文字を見つけてしまった。
芋の「紅はるか」(30度)が今だけプライスの3,000円(ボトル)なのだそうだ。
「多かったら持って帰る」、もとい「また来れば良いし!」ということで
お湯割りをオーダー。ポットに入ったお湯は150円だった。
d0352022_18010435.jpg
お通しは自家製豆腐に餡がかかったお品(写真撮り忘れ!)。

どこかのブランド豚(名前失念)のハラミ焼き(680円)。
d0352022_18012385.jpg
この塩が美味しい。豚肉もジューシー。

ノルウェー鯖の一夜干し(420円)。
d0352022_18013463.jpg
脂たっぷりの鯖だった。気づいた時にはすでになかったし(呆)。

ツナサラダ(ハーフ)(440円)。
d0352022_18011503.jpg
右手前のお豆腐のようなお品がツナ。ハーフサイズの割にたっぷりしている。


何故か仕上げのポテトフライ(300円)。
d0352022_18014156.jpg
これも撮影前に食べられている(怒)。塩が乱れているし。。。


一軒目のお店ほどではなかったが、此方も近場の方々なのだろうか。。。
会社帰りのリーマンの方々が何組か宴会仕様で盛り上がっていた。


そしてお座敷席だからだろうか。。。気づいた時には「紅はるか」が空になっていた(恥)。
まぁ、当日は寒かったし、疲れていたし、ということで(笑)。
最後の「ポテトフライ」も効いていたし。
まさに「いものチカラ」に圧倒された夜となってしまった(笑)。


ごちそうさまでした☆



●壱番館
東京都小金井市本町5-18-5
042-387-2358
17:00~0:00
年末年始休


by forestkoro1015 | 2017-11-24 18:28 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「箱入り松茸5本お持ち帰り!」というキャッチフレーズに誘われるままに(笑)
「松茸ざんまいミステリーツアー」なるものに参戦!!


「ミステリーツアー」なので、行き先も何もすべて「当日のお楽しみ!」という
不思議な旅だ。さて、どこに出かけたのか。。。旅の詳細は後日のお楽しみとして、
今回のツアーはムサコ(武蔵小金井)のヨーカドー前集合・解散という
ジモティ向けの楽なツアーだった。
といっても7時半前に集合して、6時過ぎに解散という強行軍だったけれど。。。


さて、せっかく6時過ぎにムサコに着いたので、以前から一度入店してみたいと
思っていた此方にデビューを果たした。
JR武蔵小金井北口の飲み屋街を抜けたマンションの1階部分に位置する「大黒屋」だ。
此方の創業は昭和30年。マンションに建て変わる前の旧店舗はかなり広いお店で
文字通り、ムサコ界隈のサラリーマンたちの人生を応援してきた老舗店としても
知られている。こぎれいになった新店舗だが、冷たい雨が降る当日は、18時過ぎから
地元の常連客、会社帰りのサラリーマン客ですでに満席だった。。。


此方の看板メニューは女将さんが一人で焼き上げるモツ焼き。他にも色々な
居酒屋メニューが並んでいる。
「とりビー」でノドを潤した後は「たる酒」
d0352022_19402130.jpg
枡の継ぎ目が少し緩くなっていたのはご愛敬(笑)。

モツ焼きは1本180円。
ハツ・塩焼きとモツ煮込み(たしか450円)、もろきゅう、エリンギ、こんにゃく刺し
などを注文。

「モツ煮込み」はじゃがいもが入っているのがユニーク。
d0352022_19402728.jpg
撮影前に少し食べられてしまった(失礼・汗)。女将さんが具を選びながらよそってくれる。
いわゆる居酒屋系のモツ煮というよりは、比較的優しい味わいのおふくろの味的なモツ煮だ。
眺めていると、このモツ煮込みと何本かの串をつまみに飲んでいる客が多い。


一方でその他のおつまみ系を作るスタッフは一人。フロア担当のスタッフ(バイト?)は
4〜5名と結構多いが、注文通りに順番で作っていくため、少し時間を要するようだ。
それでも「お通し」などは出さないという昔ながらのスタイルは貫いている。


このようなお洒落メニューも(笑)。「かいわれのハム巻」
d0352022_19403580.jpg
オーダーしたのを忘れてしまっていた頃に登場した(笑)。


お店の入口横には「今晩飲んで明日は仕事!」という標語が貼られている。
「今宵は思いきり楽しんで、明日から頑張って働こう!」ということだろうか。。。
何はともあれ、まさにこの時の気分そのままの標語だった(笑)。


ちなみに此方の閉店は22時。。。
電車がまだある時間帯に帰れるのもサラリーマンにとっては有難い存在のお店だ。


と言いつつ、ジモティーの私たちが一軒で帰るはずがなく、
二軒目へとハシゴしてしまったのだった(呆)。


ごちそうさまでした☆




●大黒屋
東京都小金井市本町5-17-20-101 1F
042-381-2600
17:00~22:00(閉店)
日曜・祝日休
全面喫煙可
1955年オープン


by forestkoro1015 | 2017-11-23 20:23 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
11月の連休は「ラストレシピ──麒麟の舌の記憶」からスタートした。
映画の感想はまた改めて書くとして、作品中には次々と美味しそうなものばかり登場するので参った(笑)。
映画を観終わった時にはお腹がペコペコ。。。空腹時にはオススメしない作品だ(笑)。


そんな時に思い出したのが、武蔵野市と小金井市のほぼ境目の「桜堤」にある
ベーグル専門店の「ホットベーグル」だ。
武蔵境からバスは出ているが、武蔵境と東小金井のちょうど中間に位置する此方までだと
最寄り駅から徒歩でおよそ19分という感じだろうか。。。
さらにオープンしているのは、水曜から土曜までの週4日のみ
極めてハードルの高いお店の一つだ。


この日は車でアクセス。お店のすぐ近くにコインパーキングがある。
「和ベーグル」(国産小麦粉と天然酵母など)と「洋ベーグル」(NYベーグル)
(アメリカ・北米の小麦粉と生イースト)の両方のお取り扱いがあるのが此方スタイル。
休日のお昼過ぎということもあるのか、品数はあまり多くない。


この日は「クリームチーズとサーモンの洋ベーグル」(340円)と、オリーブとチーズを
練り込んだ「和ベーグル」(240円)をお買い上げ。


「クリームチーズとサーモンの洋ベーグル」
d0352022_19341224.jpg
しっとりとしたベーグルの食感がクリームチーズ、サーモン、そしてたっぷりのアボカドと程よくマッチした
ダイナミックなベーグルサンドだ。アボカドがなかったら少々魚くさくなってしまったかもしれない組み合わせが
ヘルシーかつゴージャスな構成に!!
豪華な料理のオンパレードを観た空腹に美味しさが染みていく。。。これで340円なら決して惜しくない。


ラッピングはこのような感じ。
d0352022_19340578.jpg
此方はオリーブとチーズを練り込んだ「和ベーグル」
d0352022_19342012.jpg
此方の「和ベーグル」の特徴として、もっちり感が強くてズッシリとした食べ応え感がある。
お腹が「ベーグル腹」でいっぱいになってしまうので、二人でシェアしてちょうど良い感じだ。
オリーブとチーズがたっぷりしているのでワインにも合いそうなベーグルだ。
「温め方」の手引き書に書かれていた通り、レンジでチンして食べたらフンワリとして美味しかった。


最寄り駅から遠い上に、水曜から土曜までとオープンしている日は少ないけれど、
ベーグル好きの方には遠くからでもわざわざ訪れたいお店。。。


この界隈にはおだんごの美味しいお店もあるので、セットで訪れて小金井公園でランチと洒落込むのも
楽しいかもしれない(この季節は寒いのだけれど・・・)。



ごちそうさまでした☆




※以前、訪問した時の記事は



●ホットベーグル (HOT BAGELS)
武蔵野市桜堤2-3-12 チェリービュウハイツビル 102
10:00~17:00
月曜・火曜・日曜休
https://www.facebook.com/pages/Hot-Bagels/345653525567230
2013年8月8日オープン
※交通手段
JR中央線武蔵境駅北口から小田急バス境21系統 団地上水端行きで約12分。西一番通りバス停下車徒歩1分。






by forestkoro1015 | 2017-11-11 20:11 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「神楽坂五十番」といったら、大きな肉まんとあんまんで知られる神楽坂にある有名な饅頭のお店だが、
その中華まんが「武蔵境」の駅ビルでゲットできることをご存じだろうか。。。


d0352022_12022351.jpg
一番人気の「大きな肉まん」は一つ393円。
ズッシリと重たそうであまりに大きいので、カロリーを考えて「ミニ肉まん」(216円)を3個購入(笑)。
一つ90グラムと、それでも巷の肉まんの一つ分はあるだろう。。。


せっかくなので蒸し器で湯気が上がってから15分。。。
電子レンジではやはり名店の味に対して失礼だろう。。。
d0352022_12022981.jpg
熱々でもてないぐらいだ(当たり前!)。
d0352022_12023624.jpg
中にはお肉とお野菜がミッシリ!!ラードが溶け出して、その脂分が皮に染みこんでまた美味しい!
そして皮がふっくらとしてとても美味しいのだ。
久しぶりにいただいたけれど、やはり名店の流れを汲む肉まんは美味しい!!


今度はカシューナッツや銀杏の入った肉まんやあんまんを買ってみよう。
武蔵境に出かける楽しみがまた一つ増えてしまった(笑)。
でも、駅ビルだからパーキングがないのが悩みの種だ。。。


ごちそうさまでした☆




●神楽坂五十番 エミオ武蔵境店
東京都武蔵野市境南町2-1-12 エミオ武蔵境 1F
0422-30-5688
10:00~21:00
不定休(エミオ武蔵境に準ずる)
https://www.50ban.jp/
2016年5月16日オープン


by forestkoro1015 | 2017-11-01 12:21 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
入院している家族のリクエストでケーニッヒ@小金井「レバーヴルスト」
買いに出かけた。
久しぶりの訪問なので気づかなかったのだけれど、週末限定!ということで
「ローストポーク」が焼き上がっている(驚)。


その横には美味しそうな「スペアリブ」なども見かけた。
クリスマスチキンだけだと思っていたら、こんなに美味しそうなお品も取り扱っていたのね!!
という訳で、ローストポークを購入。。。

d0352022_23132988.jpg
これで大体100グラム相当だろうか。。。200グラムで1,200円ぐらいだったので
100グラムで600円弱という感じだろうか。。。

いささか脂身が多いようにも感じるが、肝心のローストポークのお味は脂分も
ジンワリと感じられて美味。。。焼き豚とはやはりちょっと違った食感がある。
脂肪がたっぷりしているせいか、3分の2ぐらいを食べたところでお腹は一杯に
なってしまった。


思ったのは、このローストポークをペリカンのパンと合わせたら美味しいだろうなー!
ということ。。。実はしばらく経ってから思いついたのだけれど(汗)。


今度はスペアリブにもトライしてみなければなるまい。。。
でも美味しかったらやみつきになりそうな気も(汗)。


まだ10月というのに、すでにクリスマスチキンの予約がスタートしていた。
ご予約はお早めに。。。レバーヴルストも美味しいので是非一緒の購入をオススメしたい。


ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事は


※前々回の訪問記事は


※その前の訪問記事は




●ケーニッヒ 本店
東京都小金井市緑町5-3-18
042-381-4186
10:00〜19:00



by forestkoro1015 | 2017-10-22 23:31 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
誕生日は毎年のようにやってくる。
家族の入院やら、自分の足の病気やら、仕事のドタバタやらで
危うく忘れるところだった(んなこたぁない・笑)が、今年のケーキは久しぶりに
ムサコのイトーヨーカドー内にある「Quatre-Quarts 武蔵小金井駅前店」で購入。。。
小金井にはいくつかケーキ店があるが、変にお気取り系でもなく、
焼き菓子も含めてバリエーションも多彩で、そこそこに華やかで、なかなか美味しいお店だ。


以前は新小金井街道沿いにある「Quatre-Quarts 武蔵小金井店」まで
車を飛ばして買いにいっていたのだけれど、本店は小平の鈴木町
移転されたらしい。
よく新鮮たまごを買いにいく「えぐ〜〜」近くに立派なケーキ店ができたが、
そこが此方の本店となっていたのだった(驚)。
閉店したお店は外国にあるパティスリーのようで好きだったんだけどなぁ。。。


さて今回購入したのは下記の4点。
d0352022_19050664.jpg
○シャインマスカットのタルト(490円)
d0352022_19051386.jpg
シャインマスカットの爽やかな酸味がバニラビーンズ入りのカスタードクリームと
程よくマッチ。すみれ色のクリームとマスカットの鮮やかな彩りも楽しい。
が、タルト生地がちょっとパサパサしていたかな。。。
もう少しだけ全体のバランスが取れているともっと高評価だったと思う。


○ナポレオンパイ(500円)
d0352022_19053278.jpg
某店のナポレオンパイを彷彿とさせるフォルムに一目惚れして即買いを決めた一品。
お値段もなかなか強気だが、たっぷりのいちごとサンドされたカスタード、そしてサクサクの
パイ生地、トッピングのアーモンドが組み合わさって、感動的なお味を楽しませてくれる。
唯一の難点は崩れてきて食べにくいこと。。。ナイフとフォークで押し頂くことに(笑)。


○キャラメル・オランジェ(380円)
d0352022_19051990.jpg
キャラメルとオレンジのムースの中に、ゲランドの塩をきかせたババロアを合わせたという
お洒落な一品。。。味見し損ねたのだけれど、食べた本人によると、爽やかな風味で
とても美味しかったとのこと。。。うーむ、一口、味見してみたかった(汗)。


○焼きチーズケーキ(340円)
d0352022_19052627.jpg
基本に忠実なチーズケーキという感じで、ほんのりとレモンの風味も効いてかなり美味しいお品。
ホールで一気食いしたい感じのあっさりした食感も好印象。。。


この日はすでに売り切れで買えなかったのだけれど、以前は「シュー・ア・ラ・クレーム」
一つ100円(税別)で売られていた。最近はどうなのだろう。。。


久しぶりにケーキを抱えてニコニコしながら帰ってくると、宅急便で「ねんりん家」
「バームクーヘン」が届いていた(嬉)。
d0352022_19045286.jpg
カードには「花より団子!!ギフトの方が嬉しいでしょう!!」という楽しい添え書きも(爆)。
d0352022_19045944.jpg
そんな訳で、せっかく少し痩せていたのに、またまた「甘いもの三昧!!」の日々を過ごしている。


ごちそうさまでした☆



※以前、新小金井街道沿いにお店があった時の記事は




●Quatre-Quarts 武蔵小金井駅前店 (キャトルキャール )
東京都小金井市本町6-14-9 イトーヨーカドー武蔵小金井店 1F
042-401-1884
10:00~22:00
不定休(イトーヨーカドー武蔵小金井店に準ずる)
http://www.quatre-quarts.net/
※テイクアウト専門

by forestkoro1015 | 2017-10-22 19:49 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
突如として食べたくなる甘いもの。。。
最近、少し痩せているし(外食とアルコールを控えているせいか3キロほど減・嬉!)
こってりしたシュークリームが食べたい!!
という訳で、ヒガコ南口の「サイのツノ」並びにある「ガトー シュクレ」さんへ。


2012年春にオープンした此方は、店舗とケーキ工房が隣り合った小さなパティスリーだ。
ショーケースの中には色とりどりの美味しそうなケーキたちが並んでいる。


まずは一つだけ残っていた「シュクレ・シュークリーム」(300円)をゲット!!
d0352022_15512419.jpg
そんなに大きくはないけれど高さがあるビスキュイタイプ。
中はカスタードクリームと生クリームの二段重ね構造。
しかもミッシリとクリームが詰まっているのが嬉しい。
ナイフとフォークで「いざ!」と切り込んでいくと、2種のクリームが横からジワーーッと
はみ出してくる。そしてお味は濃厚で美味。。。「これこれ、この味・・・!!」。。。
久しぶりの甘美な甘さについついウットリ(笑)。。。


此方は「洋梨のタルト」(380円)。
d0352022_15512950.jpg
こちらもサイズは小ぶりだけれど、サックリとしたタルト生地に洋梨のサッパリとした甘さが
組み合わさって美味しい。


巷で話題の「エメラルドマウンテン」@コロンビアと共にいただくと、
シュークリームの美味しさがさらに増すような(笑)。
d0352022_15513541.jpg


そういえば人気商品という「プリン」は見当たらなかったけれど、すでに売り切れだったのだろうか。


相変わらず地味なヒガコ界隈にいくつかあったケーキ店はどんどん閉店してしまって
寂しい思いをしていたが、此方のケーキはいつ食べても期待を裏切らないお味だ。
と言いつつ、駅の向こう側なのでちょっとアクセスはしづらいのだけれど(汗)。


写真を整理していたら、前回訪問時の写真を見つけたので一緒にアップ。
d0352022_15515005.jpg
d0352022_15514284.jpg
d0352022_15515980.jpg
なぜか断面カット写真まで(笑)。
d0352022_15520555.jpg
ちなみにこの時のシュークリームのお値段は280円だった。
街の小さなケーキ屋さんの此方にはこれからもずっと頑張ってほしいと思う。。。


ごちそうさまでした☆





●ガトーシュクレ (Gateaux Sucre)
東京都小金井市東町4-37-21
042-381-1677
10:00~20:00
火・水休



by forestkoro1015 | 2017-10-10 16:26 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
「本格派のナポリピザがヒガコで食べられる!」という夢のような話を
可能にしたのが、今年1月に東小金井にオープンした「PIZZERIA TARTARUGA」だ。


連休最終日に久しぶりの訪問(何度かフラれていたのは「火曜定休」のため)。
連休中ということもあるのか、店内はお子様づれのファミリーで大賑わいの様子。。。


久しぶりなので「ディアボラ」(980円)と「プッタネスカ」(1,400円)をシェア。



「ディアボラ」「マルゲリータ」にサラミと唐辛子をトッピングしたお品。
d0352022_02145242.jpg
「プッタネスカ」は、モッツァレラチーズ、ミニトマト、オリーブ、アンチョビ、ケッパーをトッピング
したピッツァだ。
d0352022_02145912.jpg


トマトソースメインとチーズメインのピッツァを半分ずつシェアすることに。。。

この後、車で出かける予定があったので、おとなしくジンジャーエールなぞをいただく。
d0352022_02144671.jpg

辛味をお願いすると、タバスコではなくて、唐辛子(鷹の爪)が登場するのが此方スタイル。
「ディアボラ」には最初から唐辛子がオンしているので必要なかった(笑)。


食べるタイミングを見計らって、一枚ずつ焼き上げてくれるのも嬉しい。
「ディアボラ」を食べ終えた頃に、「プッタネスカ」がサーブされる。
少々焦げ感があるピッツァはピザ窯で芳ばしく焼き上がっていて、相変わらず美味しい!
チーズのトロトロ加減、生地の厚み、そしてほんわりとしたコンガリ加減は
おうちでは味わうことのできない「プロの味」だ。


友人共々少食なので(えっ?)、二枚目の「プッタネスカ」を3分の2まで食べたところで
お腹はいっぱい(汗)。
たしか前回は残った分をテイクアウトした記憶があるのだけれど、夏の間はテイクアウトは
できないのだとか(友人情報)。。。
この日は特に暑い日だったし、テイクアウトはあきらめて頑張って食べきることにした(呆)。

体重も胃袋もズッシリと重たくなったことは言うまでもない(笑)。


常連客もついてお店も安定してきているようだ。
1枚が割と大きめのサイズなので、できるだけお腹を空かせた上での訪問がよろしいだろう。


イタリアの街角にあるお店のように、ピッツァのカット売りがされていたら良いのになぁ。。。
と思っても無理な話なので、4〜5名で訪れて、色々とシェアして食べるのが良いかもしれない。
ごちそうさまでした☆



ID:cuqi8f



※前回の訪問記事は






●PIZZERIA TARTARUGA
042-301-0422
〒184-0002
小金井市梶野町5-6-15
11:30〜15:00
17:30〜22:00
火曜休





by forestkoro1015 | 2017-09-20 08:36 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(0)
夏が終わる前に必ず食べておきたいのが美味しい「冷麺」
という訳で8月の下旬に出かけたのは、三鷹にあるオークラ系列の「チャイニーズガーデン桃亭」
出かける前から「五目冷麺」を食べる!と心に決めていた(笑)。


お醤油か胡麻の二種類のタレが選べるので、今回も「胡麻」をセレクト。
d0352022_14131353.jpg
此方の「五目冷麺」は1,860円(税込み)。
ちょっとお高い気ような気もするが、美味しいし、彩りも良いので許せてしまう。


具材は、海老、くらげ、胡瓜、金糸たまご、鶏肉、叉焼、しいたけ
d0352022_14131868.jpg
麺は少しかためのシコシコ系。胡麻がトッピングされている。
d0352022_14133174.jpg

胡麻だれ。
d0352022_14132506.jpg
自分でトッピングするのも楽しい時間。。。
d0352022_14133719.jpg
年に一度は食べたくなるちょっと上品でお洒落な感じの五目冷麺でもある。
昨年も同じ頃に同じものを食べにきていたようだ。来年も忘れないで食べに来ないと(笑)。


家人が追加でオーダーした「酢豚」(2,480円)。
d0352022_14130711.jpg
いつ食べてもこの酢豚に関しては、「あまり・・・」という感想を述べるのに学習しない(呆)。
お肉が少しかたいかな。そしてラッキョウが付け合わせで入っているのがユニーク。
そしてトマトの味付けが少々濃いめ。。。「家の酢豚」の方が好みに合う!と妙な感じで褒められた(笑)。


平日限定ランチセット(10食限定・1,500円)のサラダ。
d0352022_14125380.jpg
大根餅。
d0352022_14130050.jpg
他に三種点心、二種の揚げ物、中華粥、プチ杏仁豆腐がついてこのプライスはお得だし、お味も悪くない。
但し、酢豚は好みがあるのであまりオススメしないかな(笑)。


この日はせっかく印刷しておいたクーポンを忘れて出かけてしまった。
杏仁豆腐か紹興酒、ウーロン茶などのいずれかがサービスでつけられるので、できればプリントアウト
してから出かけたい。


ごちそうさまでした☆



※前回の訪問記事は


※前々回の訪問記事は


※その前の訪問記事は



●「ホテルオークラレストラン三鷹 チャイニーズガーデン桃亭」
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ 2F
050-5868-6470 (予約専用番号)
0422-40-1233 (お問い合わせ専用番号)
JR中央線三鷹駅南口 徒歩5分
11:30~22:00
不定休
http://r.gnavi.co.jp/g172212/






by forestkoro1015 | 2017-09-14 14:36 | グルメ・都下・中央線沿線 | Comments(2)