Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:台湾( 19 )

台北・松山空港からの帰国便は15時30分発です。
フライトは短くて正味2時間半ぐらい。。。「あっ!」という間についてしまいます。
ちなみに「MOZU映画版」を観ていたのですが、途中、機内アナウンス(日本語、英語、北京語が入ります)のお陰で
「尻切れトンボ」(爆)になってしまいました(汗)。


そしてお食事もかなりスピーディー(笑)。
お食事前の飲み物(当然、泡・笑)とおつまみ、お食事が同時に登場しました(驚)。
帰国便は親子共々、「和食」をチョイス。
d0352022_02352039.jpg
久しぶりの日本のお味はやはり感動物です(笑)。
d0352022_02353257.jpg
前菜の浅蜊時雨煮、姫竹がお気に入りのお味。小鉢は鰻ざく。口取は冬瓜煮でした。
d0352022_02353721.jpg
d0352022_02352649.jpg
そしてメインは鰆の塩麹煮 ご飯添え。鰆はともかくとして、この炊き込みご飯が美味しかったです。
また、お味噌汁はいささかぬるめ。。。時間がないのはわかるのですが、せめてお味噌汁は熱々で出していただけると
全体の美味しさも相当にアップすると思うのですが。。。
まぁ、2時間半のフライトなのでこのようなものなのでしょう。

d0352022_02354384.jpg
此方は「泡」。
「ドゥラモット・ブリュット」だそうです。

d0352022_02360170.jpg
デザートはまたまたハーゲンダッツ(バニラ)。

d0352022_02355624.jpg
食後酒として白ワインを追加(笑)。ハーゲンダッツとよく合います(笑)。


仮眠する間もなく、飛行機はもうすぐ羽田着陸に向けて降下を開始するとのこと。。。
その後、19時ピッタリに羽田に到着しました。ゲートは遠かったですが、台湾ステイは楽しかったから良いことにしましょう。
しかし東京は台北よりもだいぶ寒かったです。。。


これで今回の旅行記は終了となります。
長らくお付き合いいただいてどうも有難うございました。。。

by forestkoro1015 | 2016-03-26 10:55 | 旅行(海外) | Comments(0)
台北の最終日は朝から雨。足うらマッサージをして帰ってくると、ちょうどチェックアウトの時間です。
15時すぎの飛行機なのに、やけにお迎えが早いなーと思ったら、またあちこちのホテルを巡って
当日、帰国する客をピックアップしていきます(笑)。
松山空港は市内からも近いので、タクシーでアクセスした方が便利かもしれないですね。


マイクロバスはまたまたお土産屋さんを経て最後の免税品店へ(笑)。。。
とことんお金を使わせようとする見上げた根性です!!

d0352022_19221325.jpg
何も買わなかったのですが、故宮博物院になかった「白菜」が置いてありました(驚)。
もちろん偽物。。。かなり大きいオブジェですが、此方でも5千万円ぐらいするのだそうです(ひっえーーっ!!)。


そしてバスは松山空港へ無事に到着。。。
チェックインを済ませた後は此方の「VIP Lounge」へ。。。
此方のラウンジはすべての航空会社共通。JALもANAもチャイナエアもキャセイも関係ありません。
そして時間帯にもよるのでしょうが、結構、混み合っています。


そしてフードとドリンク類を置いてあるコーナーはかなり狭くて、すれ違うのもやっとという状況。。。
そんなにお腹は空いていなかったのですが、撮影用にあれこれと調達してみました(笑)。
さすがに点心系は充実しているようですが、なんちゃって和食は「?」というお味。。。
大根のスープはまあまあいけたかな(笑)。

d0352022_19223978.jpg
d0352022_19221957.jpg
美味しそうに見えたケーキは・・・。
d0352022_19224672.jpg
さやえんどうに関しては「スジ」付きでした(爆)。台湾ではスジを取らないでたべるのでしょうか(謎)。

d0352022_19225488.jpg
さらに残念だったのは飲み物の類い。ジュースと缶ビールはありましたが、ワインなどは置いてありませんでした。
時間帯によるのかしらん(謎)。此方は自分で抽出するカプチーノ。。。


ちょっと、いや、だいぶ期待外れという感じでしょうか。。。
まぁ、もう一つの桃園空港のラウンジはなかなか立派らしいのですが。。。


さてさて、いよいよ台北ともお別れです。なんだか名残惜しいなぁ。。。
ごちそうさまでした★



●Taipei International Airport VIP Lounge (國際線貴賓室服務/台北松山空港 VIPラウンジ)
台湾台北市敦化北路340-9号
(+886) 0287703566
5:30~18:30
無休
http://www.tsa.gov.tw/tsa/en/psg_viproom.aspx?sid=1041






Taipei International Airport VIP Loungeその他 / 行天宮周辺)
昼総合点★★★☆☆ 3.0


by forestkoro1015 | 2016-03-24 00:16 | 旅行(海外) | Comments(0)
足うらマッサージを終えて軽くなった足でホテルまで戻ってくると、何故かコーヒーが飲みたくなりました。
という訳で、リージェントホテル地下2階にある「CAFFE X classic」をめざしてみることにします。
すでにホテル内はチェック済みなので、どこに何があるかは大体把握できます(笑)。。。


「AMANO CAFFE」というお店がプロデュースするお店ということで、「日系のカフェかな?」と思っていたのですが、
よく見ると「A」ではなくて数字の「4」、つまり、「4MANO CAFFE」となっています(爆)。

d0352022_23492697.jpg
忠孝新生駅近くにある「4MANO CAFFE」は、イタリアのエスプレッソを美味しく煎れるために「4つのM」(MISCELA、
MACINAZIONE、MACCHINA、MANO)にこだわったお店だそうで、此方で働くバリスタは「ワールドバリスタ
チャンピオンシップ」台湾代表として参加するほどの腕前の持ち主なのだとか。。。

その支店である「CAFFE X classic」は、台北リージェントの地下2階(エスカレーター降りたところ:ちょうど
ロビーの下のあたり)にひっそりと位置しています。


本店は訪れたことがないので比較しようがないのですが、此方はかなり渋い雰囲気の割に、いくつかの丸いテーブルと椅子が
無造作に置かれたオープンスペース。周囲は高級ブランド店が林立しているのですが、そこだけ少し異質な空間を構成しています。


バリスタチャンピオンの流れを汲むお店ということで、コーヒー系をオーダーする人が多いようですが、お茶のメニューも多彩。
d0352022_23484800.jpg
さすがにお値段は「リージェント!」しているようです(笑)。
座っていただいても良かったのですが、眠かったので「キャラメルマキアート」(170元)のテイクアウトをお願いします。
お店は空いていたのでカウンターにへばりついて作り方を眺めていたのですが、一つひとつの工程がとても丁寧です。
「いい仕事してますね!」という感じでしょうか。。

その後、お部屋まで歩いて運んだので、ラテアートは少し揺らいでしまいましたが、かなり完璧な形を保っていました。
d0352022_23490012.jpg
そしてお味も熱くて香り高くて美味しい!!
1階にある「リージェント牛肉麺」を食べたカフェよりもコーヒーのお味は此方の方が好きかも!!
日本にあるカフェ系チェーン店はのコーヒー類は薄いし美味しくないのであまり積極的に利用することはないのですが、
このような美味しい「キャラメルマキアート」が楽しめるならいくらでも利用するのに。。。
個人的には日本にも進出してもらいたいお店です(笑)。

そうそう、テーブル席でPCを叩いていた方の脇に不思議な食べ物を発見。。。
d0352022_00231317.jpg
拾いものの写真で申し訳ない(滝汗)のですが、「お餅ワッフル」とのことで、中にカスタードクリームの入ったお餅が
入っているのだそうです。うーん、食べて見ればよかったです(残念!)。アイデア商品ですよね!!

d0352022_23492050.jpg
という訳で、全体的にお高いイメージが強いリージェントホテルではありますが、このような利用価値の高いカフェも存在するようです。
ごちそうさまでした☆



●CAFFE' X classic 麗晶精品門市
台北市中山區中山北路二段 39 巷 3 號(晶華酒店 B2)
(886)(02) 2521-8536





4MANO CAFFÉ X classic 麗晶精品門市コーヒー専門店 / 中山駅周辺)
夜総合点★★★☆☆ 3.7


by forestkoro1015 | 2016-03-23 15:33 | 旅行(海外) | Comments(0)
パイナップルケーキ中華菓子台湾茶なども良いのですが、台湾のお土産として有名なお品が「カラスミ」です。
お酒の肴としてもマストのアイテムの一つです。
という訳で、ホテルから最も近い「魚之屋」というお店をめざしてみることにしました。
近いといっても15分ぐらい歩いたでしょうか。。。
「魚之屋」というお店と、「京之都茶舗」というお茶屋さんが並んでいますが、お茶屋さんの方でも
「カラスミ」を扱ってるようです。

d0352022_18335922.jpg
「漁之屋」が魚介類一般(名前の通りに)を扱うのに対して、「京之都」は木をくりぬいたテーブルと椅子に腰掛けた
女主人がお茶を勧めながら「日本の大学院に数週間通っていた!」とフレンドリーに話しかけてきます。
見た感じもお茶やさんのカラスミの方が色が濃くて美味しそう。。。

d0352022_18331723.jpg

ちとお高い気もしたのですが、
お茶やさんの方で無事にゲット。これで1,500元ですから大体5,400円ぐらいでしょうか。。。

同じ台湾でも安い物は「天然」ではないし、輸入物とのことなので気をつけた方がよろしいでしょう。
同じ事は隣のお店のお兄さんも語っておりました。。。

d0352022_18331243.jpg
そしてやはりお味も美味しい!!
お酒が進む逸品です(笑)。
なんでもお酒を塗って少し弱火で炙って、大根と葱を挟んで食べるのが「正式な食べ方」なのだそう。。。
まだトライしていないのですが(汗)。もちろん、そのままでいただいてもバッチリのお味です。


翌朝、母がお友だちへのお土産にしたいということで、再びお店までタクシーで往復しました(片道80元)。
この時はお隣の「魚之屋」で購入したのですが、色は全体的に浅めだったように思います。
グラムによってお値段が変わっていくので予算に合わせて選ぶことができます。


この後はバスに乗って「台北駅」方面へ。。。
中山駅近くにも「新光三越」はあるのですが、台北駅近くの「三越」の方がお土産が色々揃えられて便利なのです。
パイナップルケーキもよりどりみどり(笑)。すべて試食していたら満腹になってしまいます。。。
フードコートには日本のお店も色々と進出しています。「ドンク」なども見かけました。

d0352022_19101859.jpg
此方はドンクではないのですが、お夜食用に購入した「エッグタルト」(一つ55元)。
日本でいただく「エッグタルト」よりもかなり濃厚でミッシリと詰まった感じの食感です。
カスタードクリームというよりも焼き上げられているせいか、かなりかため。。。
あまり味わったことのない不思議なお味でした。お夜食として食べるにはちょっとヘビーかも(笑)。。。


またまた両手に荷物をぶらさげて今度はMRTでホテルに戻ります。
でも、台湾最後の夜なのでもう少しブラブラ(笑)。。。
午後は暑いので靴下をはかずに素足でウロウロしていたので足の裏が疲れています。
という訳で、ホテル近くにある「台湾マッサージ」=「足道養生会館」のお店を覗いてみることにしました。

d0352022_18330940.jpg
メニューはこのような感じです。
24時間いつでもOK、しかも日本語OKというのも何となく親近感があります。

この日は結構歩いたので、「足裏マッサージ」の60分コース(990元)でゴー!!
靴を脱いでスリッパに履き替え、更衣室でハーフパンツに着替えます。
そして足湯につかりながら、まずは肩もみ3分(これはサービスとのこと)。
そして座椅子のような椅子に座って足を伸ばし、片足ずつ丁寧に「足裏を中心に」マッサージしてくれます。
足の裏はツボが集中している場所でもあるのですが、これが微妙に気持ちが良いのです。
もっと痛いのかと思っていたら、全然そんなことはなく。。。。
あまりの気持ちよさについウトウト(笑)。。。
隣の隣でマッサージしてもらっていたお兄さんもいびきをかいて寝ていました(爆)。


この気持ちよさで3,500円ぐらいですから、日本と比べるとお安いですよね。
終わった後は身体がかるくなった気分!!


この後、ホテルの部屋に戻り、「足裏マッサージがとても気持ちよかった!」と母に報告したら、「私も行きたい!」とのこと。
そして帰ってきた時の感想は、初日の全身マッサージよりも「此方の方が身体には効いた感じがする!」とのことでした。。。
ちなみにお値段は初日の方がだいぶお高かったそうです。


そんな訳で帰国する台湾最終日も親子で此方へ。。。
ホテルから徒歩5分くらいの場所にあるので便利です。


「誰か指名ありませんか?」と聞かれたので、母が「一番上手な人がよいわ!」とお願いしたところ、
なんと!!前日に私が担当してもらった中年のスタッフさんが母を担当!!
此方の方は「先生」と呼ばれていて、中では指名が多いのだそうです。
うーん、道理でウトウトしてしまったはずです(笑)。

ちなみに、この日、私が担当してもらった人は少し若手のおにいさんでしたが、たしかに前日ほどもみ方が柔らかくなかったようです。
母は合計で4回、マッサージを体験しましたが、この日、「先生」にやってもらったのが、「一番ナイス」で「一番上手」だったそうです。
帰るときに先生の名前を尋ねたところ、名前でなくて「番号」を書いてくれました。

d0352022_18330492.jpg
先生の番号は「69番」です。もしも此方をご利用になる方がいたら、だめ元で「69番」を指定してみてください。
空いていたら担当してくれるはずです。同じお金を払うのなら、上手い人にお願いした方が効き目はあると思います。
実に気持ちよかったです♥️ また台北にいきたくなりますね(笑)。
まさに「癒しの台北」を満喫することができました!!






by forestkoro1015 | 2016-03-22 22:43 | 旅行(海外) | Comments(0)
永康街の「思慕昔」を訪れたなら、是非、セットで訪問したいのが、「思慕昔」のトイ目にある「天津葱抓餅」です。

d0352022_11392309.jpg
d0352022_11391943.jpg
d0352022_11390967.jpg
d0352022_11391388.jpg
「天津葱抓餅」とは、小麦粉の生地に刻んだ葱を入れて焼き上げた「ネギ餅」のことで、フワフワのお好み焼きみたいな食感
クセになりそうな台湾の「B級グルメ」の一つです。何も入れないオリジナルは25元。中にトッピング(巻く)具材で
少しずつ料金が上がっていきます。


今回は4番のハムと卵(45元)をセレクト。
「辛いの大丈夫?」と聞かれ、OKと答えると「豆板醤」みたいなソースを加えてくれます。

d0352022_13311864.jpg
昨年、訪問した時は小さなおばちゃんがすごいスピードで焼き上げていたのですが、今回は若手のお兄さんが焼き方を担当。
おばちゃん、具合が悪いのかなぁ。。。心配です(汗)、が、気持ち、昨年訪問時よりも厚みが増したような(笑)。

d0352022_11394795.jpg
その場で頬張るが一番美味しいのですが、すでに満腹状態(笑)。
少しかじった後は、永康街散策を楽しみます。
ビーフジャーキー、もとい、猪味珍味(ポークジャーキー)の「千翔食品」、お茶屋さんの「𡸳陽茶行」をはじめ、
飲食店、食料品店、お土産ショップなどが色々と揃っているのが便利ですね。


色々な戦利品(爆)を抱えて、一度、タクシーでホテルへ。。。
d0352022_11393617.jpg
d0352022_11393165.jpg
d0352022_11394083.jpg
少し冷めてしまいましたが、お部屋でプチ宴会スタート(笑)。
この「天津葱抓餅」はビールととてもよく合うのです。
結構、ボリューミーで食べ応え感がありますね。
昨年、食べ歩いた時よりもやはり厚みが増しているように感じます。
作り手によって若干、誤差があるりかもしれないですね。
今回の方が、よりホットケーキに近くなったように感じました(厚さも含めて)。


さて、一服した後は、母をホテルに残して、市内散策に出かけることにします。。。
ごちそうさまでした☆


※昨年、訪問した時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/7833154/)で紹介しています。


●天津葱抓餅
台湾台北永康街6巷1号
+(886) 0223222765
11:00~22:30
無休




by forestkoro1015 | 2016-03-22 14:03 | 旅行(海外) | Comments(0)
龍山寺近くで「胡椒餅」を食べた後は、またまた市営バスに乗って「永康街」をめざします。
母のリクエストで「本場のマンゴーかき氷」を食べにいきたいとのこと。。。
本当は訪問したことのない「アイスモンスター」に行ってみたかったのですが、「忠孝強化駅」方面を通るバス停が
わからなかっただけの話(笑)。
「永康街」に近い「東門駅」のバス停なら、昨年訪れた「思慕昔」も近いし、前日に「鼎泰豊 信義店」
(http://korokoro10.exblog.jp/22986160/)を訪れたばかりなので道案内も楽です。


懐かしい「思慕昔 本館」発見(嬉)!!

d0352022_14310621.jpg
どれを注文しようか迷いますねぇ。。。
昨年訪問した時は7月とあって「長蛇の列」でしたが、今回はそれほどでもありませんでした。
およそ7〜8分でかき氷ゲットーーーっ!!

d0352022_14311550.jpg
マンゴーソルベがのった「マンゴーのかき氷」(190元)を選びました。
頭の上の日本語メニューには「スーパーフルーツミックス」とありますが、これは間違いではないかと(汗)。。。

d0352022_14321702.jpg
せっかくなのでアップ(笑)。
昨年いただいたお品よりもマンゴーがたっぷりのっているように感じます(嬉)。
トロトロに熟したマンゴーは柔らかいのですが、やや甘さが強いですかねぇ。
トッピングされているマンゴーソルベと合わせ、さらに練乳シロップかかかったかき氷と合わせていただくと
さっぱりとしたちょうど良いお味になります。


かき氷が大好きな母もたっぷりと食べられて大喜び(笑)。
マンゴーかき氷と美味しい小籠包とマッサージが楽しめるのなら、日本の寒い冬の間はあたたかな台北に暮らしても良いのだそう。。。
物価も安いし、市営バス無料(!)をはじめとした高齢者に優しい台湾の街が相当に気に入ったらしいです。


日本から来たという修学旅行の女の子たちが、此方の大きなかき氷を「一人ひとつ」注文して、皆でシェアしながら
食べていたのが印象的でした。若いってよいなぁ(笑)。
ごちそうさまでした☆


※前回訪問時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/7831779/)でご紹介しています。


●思慕昔 本館 (SMOOTHIE HOUSE)
台湾台北市大安區永康街15號
(+886) 223418555
10:00~23:00
http://www.smoothie.com.tw/index_j.php



by forestkoro1015 | 2016-03-19 17:37 | 旅行(海外) | Comments(0)
台北ステイ3日目。。。
この日は朝一ですぐ近くの「欣欣百貨」地下にある「スーパー頂好」でお土産をあれこれと物色。。。
と、母が「市営バスに乗ってみたい!!」と言い出しました。うーむ、MRTは前回、制覇した(笑)のですが、およそ200路線(!)あるという
台北市内のバスは乗ったことがありません。。。
まぁ、行き先を決めずに乗ってみるのも面白いかも!と中山駅近くのバス乗り場からちょうど来たバスに乗り込みます。
前払い、後払い、前乗り、真ん中乗りとバス(路線?)によって色々ですが、驚いたことに、65才以上のお年寄りは市営バスは「無料!!」とのこと(驚)。
ちなみにMRTは6割引で、高速バス、都市間バス、国内航空、国立博物館等は「半額」なのだそうです。
高齢者福祉に関しては、日本よりもだいぶ進んでいるようですね。。。母も「ただ!」と聞いて大喜びしています(笑)。
とはいっても20元(路線によっては15元)ぐらいのものなのですが。。。


そして皆さん、高齢者に対してとても親切です。バスで席を譲るのは当たり前!バスに乗っていると「いくつなのか?」「どこにいくのか?」と
身振り手振りを交えながら色々と話しかけてくれます。ただバスの話はこれぐらいにして、
そのバスは台北屈指のパワースポットとして有名な「龍山寺」を通るバスでした。
という訳で、「龍山寺」を一回りした後に、福州元祖胡椒餅」をめざしてみることにしました。

d0352022_16114119.jpg
d0352022_16115473.jpg
d0352022_16120153.jpg
d0352022_16121777.jpg
色々な神様が祀られている割に、日本人を乗せた観光バスはそれほど多くないのが特徴のお寺さんです。
「ご利益のデパート」でもあるらしいので、お願い事がたくさんある人にはお勧めのスポットでしょう。。。

が、はるばるとここまで来たのなら、私の第一目的は此方の「福州元祖胡椒餅」です(笑)。
d0352022_16122508.jpg
薄暗い路地の奥の方に人だかり発見!!そう、それが此方のお店です。

d0352022_16124088.jpg
「胡椒餅」とは大きな釜で表面をカリッと焼き上げる肉饅頭のこと。
特に此方の胡椒餅は、豚肉の赤身と脂身、香り高い三星ねぎ、胡椒もたっぷりで、かなりスパイシーな味わいの
B級グルメとして人気があるようです。

ラッキーなことにちょうど焼き上がりの時間だったようで、順番に番号が呼ばれ、5個、3個、1個、4個と
焼き上がったばかりの胡椒餅が飛ぶように売れていきます。
私たちは番号札は渡されることなく、無事にゲットできました。。。もちろん二人で一つです。

d0352022_16140751.jpg
こんな感じです(一つ45元)。レートで換算して一つ160円ぐらいでしょうか。
熱々でもてないぐらいです。

d0352022_16145986.jpg
食べかけで失礼をば(滝汗)。。。
昨年、食べた時よりも厚みが減って、お肉が細かくなっているような。。。
前回はもっと大きなお肉のかたまりがミシミシっと入っていました。。。
が、お味はやはり美味〜っ!!
某高級5つ星ホテルでいただいた朝食のどのお料理よりも確実に美味しい!!
と、食いしん坊親子の意見が一致したのでした(笑)。
やっぱり台北は、B級グルメも外せないですねぇ。。。

d0352022_16143991.jpg
お店のななめ前に駐めてあった原チャリのシートに座らせてもらい、「胡椒餅」を頬張る母。。。
到着した日のマッサージ店でネイル(生まれて初めてのペティキュアも!!)してもらったとのことで若く見えます。。。


食べていると、次々にお客さんが路地を歩いてきます。
と、お母さんが「1時間後に焼き上がりね!」と番号札を渡していました。。。うーん、超ラッキーだったかも!!
またお店のおにいさんは店横の水道で脂でデロデロになった手を洗わせてくれました。。。
やはり台北の人たちは皆、親切ですね。
ごちそうさまでした☆



※前回訪問時の記事と写真は此方(http://tabelog.com/rvwr/morikoro/rvwdtl/7826230/)でご紹介しています。
 参考になさってみてください。



●福州元祖胡椒餅
台湾台北市廣州街109
(+886) 0223083075
9:30~19:00
無休




by forestkoro1015 | 2016-03-18 17:05 | 旅行(海外) | Comments(0)
スパイシーすぎた「リージェント牛肉麺」を食べたおかげで「しつこい胸焼け」は治りません。
「フルーツかフレッシュジュースを買いにいこう!」と街に繰り出してみることにしました。
中山のホテル周辺はあまり食材の路面店はないのですが、ホテルすぐ近くにショッピングセンターの「欣欣百貨」があり、
その地下にお馴染みの「スーパー頂好」があり、台北ならではの細々とした食材が安く売られていてお土産探しには便利です。
また隣はフードコートになっている他、上の階には映画館が入っているようです。


d0352022_12422226.jpg
反対側から眺めた「台北リージェントホテル」。道路を挟んで向かい側が「欣欣百貨」です。

d0352022_13225366.jpg
d0352022_13224810.jpg
胃をさすりながらもビールコーナーを物色(笑)。日本のビール、炭酸や焼酎も色々売られています。
トマトジュースはなかったですが、ジュース、お土産用のビール、フルーツなどを購入。。。

袋をぶら下げて出てくると、目の前に「清玉好茶」のスタンドがあります。
台湾にはいくつかお茶のスタンドがありますが、此方のチェーンは結構、人気のお店らしく、緑色のカップを
持っている人を街中でよく見かけます。そしてお店も結構な人だかりがしています。。。
興味シンシンで近づいてみます(笑)。

d0352022_12424377.jpeg
メニューはこのような感じ。店頭メニューには日本語も併記してあって相当に悩みます。
「翡翠檸檬茶」(55元)が一番有名らしいです。が、ポピュラーな感じの「茉莉鮮緑茶」(早い話がアイスジャスミン茶)を注文。
「テイクアウト」でお願いすると透明の袋に入れてストローをつけてくれます。

部屋に戻って「ヘルシーな二次会」のスタートです(笑)。
d0352022_12423058.jpg
本日の戦利品。フルーツのリンゴは青森産(!)らしいです(笑)。
トマトが混ざっているのが台湾らしいですね。ジュースはオレンジ。相当に甘いです。

d0352022_12422513.jpg
そして「茉莉鮮緑茶」はジャスミンティーに何か入っている感じ(お砂糖と何か)で、ちょっと甘め。
母は一口飲んで「美味しくない!」とコメントしていましたが、ちょっと薬っぽいテイストもあってクセになる食感。。。
25元ですから、何か入っているという訳ではないと思いますが、中のアイス(氷)が溶けるに従って味が馴染んできます。


この日は、この私が一滴もアルコールをいただかなかった(正確には飲めなかった!)のですから、よほど「リージェント牛肉麺」の
破壊力はすさまじかったのだと思います(爆)。。。
胃薬を飲んで早寝・・・・したはずなのですが、「茉莉鮮緑茶」のせいなのか、はたまた「リージェント牛肉麺」のスパイス
せいなのか、この夜はとにかくトイレに起きる、起きる、起きる(汗)。。。
あっ、念のために書いておくと、大きい方でなくて小さい方の話です(笑)。
台湾のお茶の効能効果の一つに「利尿作用」があるそうですが、まさにそれではないかと。。。
若干、寝不足になりましたが、一晩に5〜6回もトイレに通ったのはおそらくはじめてかも(笑)。。。
「デトックス効果」と呼べるほどのものなのかはわからないですが、翌朝には胸焼けも収まってすっきり!!
気持ち、ウエストが細くなったように感じたのは、決して気のせいではないと思います。

もしかして「リージェント牛肉麺」(のスパイスと極秘調味料・笑)とセットでトライしたから良かったのでしょうか(笑)。
という訳で、「清玉好茶」、街中で見かけたら、ちょっとトライしてみるのもよろしいかも。
黄緑色の看板とカップが目印。。。ついつい「児玉清」さんのお名前と被りそうになるのですが(笑)。
台北市内には結構、お店があるようです。また、それぞれアイスとホットを選ぶことができるようです。
ごちそうさまでした☆


●清玉好茶 台北林森店
台湾台北市中山區林森北路261-5號
(+886) 0225638882
http://kingtea.pixnet.net/blog/post/49165650



清玉 台北林森店カフェ・喫茶(その他) / 中山駅周辺)
夜総合点★★★☆☆ 3.3


by forestkoro1015 | 2016-03-18 12:29 | 旅行(海外) | Comments(0)
ハードだった「台北市内観光ツアー」から帰ってくるともうクタクタです。。。
ホテル1階にある「Azie Grand Caf'e」でコーヒーを飲もうと入店してみることにしました。

d0352022_19341089.jpg
1階と2階フロア合わせて168席あるという此方は、壁際に小さな半個室をいくつか備え、世界各国のお料理が楽しめる
ゴージャスなカフェ・レストランです。ライブ演奏がある夜の時間帯が一番混んでいるようです。
ゲストが少ない半端な時間帯だったの壁際の半個室の一つに案内されます。
メニューをパラパラとめくって、「カプチーノ」をお願いすると、イケメンのスラッとしたスタッフの方が、
「夕飯には少し早いのですが、『リージェント牛肉麺』はいかがですか?」と勧めてきます。
なんでも此方の「清燉牛肉麵」は少し前の台北牛肉麺コンテストで第一位(3部門中2部門を制覇)に輝いたことがあるという、
「とても美味しくて有名な牛肉麺」なのだそうです。
ちなみに2015年4月にアメリカCNNの記者たちが選んだ台湾の牛肉麺の一位もその「清燉牛肉麵」とのことです。


メニューには「晶華紅焼牛肉麺」「2012年チャンピオン牛肉麺」があったのですが、チャンピオンを選んだはずが
「スパイシー」=「紅焼牛肉麺」を選んでいたようです。
一般に、牛肉麺は、あっさり系の「清燉(コンソメスープ)牛肉麺」とこってり系の「紅焼(辛い醤油スープ)牛肉麺」の二種類があります。
前者の「清燉」(コンソメ)の漢方薬で煮込んだスープは透明で、牛肉そのものの味が際立つのに対して、紅焼はトウバンジャン、
トウガラシ等のスパイスが加えられ、辛いのが特徴とされます。

d0352022_23340381.jpg
d0352022_23340848.jpg
やがてシズシズと運ばれてきた器は「おおっ!」と見まごうばかりに「背が高く」、ちと食べにくいフォルムです。
そして入っているスープはなんともドス黒く「牛肉はどこ?」と探し回ることに爆)。。。

「これはスープから味わえ!」ということなのかしらん。。。と、アーティスティックな形のレンゲでスープをいただきます。
「?」&「!」。。。「○▲◇♣▽♥□♠️」というような衝撃的なお味です。
山椒の香りがするのですが、和と洋と中華が器の中でフュージョンしているような不可思議なお味です。。。
どこかに書いてありましたが、5種類の調理法で仕上げた牛肉を4種類のスープと配合。ハーブと多彩なキノコ類をアレンジした牛肉麺
いうことらしく、麺をいただいていると、ホロホロのお箸で切れる柔らかな牛肉がスープと麺の間から顔を出します。
「骨」はなくて口の中に入れると驚くほどなめらかにとろけていきます。アメリカ牛とのことでしたが、まったくの別物!!
大きめのお肉が5〜6個入っていて、脂身もついていますが、この脂身がまたフルフルで美味しい!!
その他には緑の葉野菜(青梗菜に似ています)と煮卵(?)がのったシンプルなお品ですが、牛肉(とスープ)が主賓なので
これぐらいで十分でしょう。

「ユニークな味だなー!」と思いつつ、器に顔を突っ込んですべていただいてしまいました。
各種スパイスが効いているようで、食べ終える頃には汗だく。。。いやー、牛肉麺を食べるのも一苦労です(笑)。

d0352022_23341241.jpg
何故か箸休めの「ザーサイ」がついていました。

d0352022_23335941.jpg
此方は一番目的の「カプチーノ」

d0352022_23334506.jpg
セッティング。レンゲの形がユニークです。

d0352022_23333924.jpg
テーブルの情景。


お支払いはカプチーノと合わせてサービス料込みの928元。牛肉麺に限らず何でもお高いようです。

決して美味しくないことはなかったのですが、ハードスケジュールの後に「スパイシー」をいただくのは辛いかなぁ。。。
この後、ずっと胸焼け(!)で苦しむことに(汗)。
もう少しお腹を空かせてからチャレンジするか、牛肉を一つか二つ残せば良かったです。
もったいないのですべていただいてしまったのですが、それが敗因だったのかも。。。


そんな訳で、せっかくの「リージェン牛肉麺」をいただくなら「あっさり系の清燉(コンソメスープ)牛肉麺」の方が
おすすめかもしれません。もちろん「紅焼牛肉麺」も美味しいのですが、日本人には刺激が強すぎるかも(笑)。
この日は「リージェント牛肉麺」の辛さのお陰「胃をさすりながら」部屋に引き上げることになった次第です。
ごちそうさまでした★



●Azie Grand Caf'e
「Regent Taipei 台北晶華酒店」
台北市中山北路2段39巷3號 台北晶華酒店 1F
+(886 2)77017722
+(886 2)25215000 内線 3157
月曜日~木曜日- 12:00pm to 10:30pm
金曜日 - 12:00pm〜11:30pm
土曜日 - 11:00am〜11:30pm
日曜日 - 11:00am 〜0:30pm
ライブ演奏
火曜日~木曜日  7:45pm 〜 10:30pm
金曜日、土曜日   7:30pm 〜 11:15pm
日曜日 7:45pm 〜 10:30pm



Azie Grand Caf'e西洋各国料理(その他) / 中山駅周辺)
夜総合点★★★☆☆ 3.4


by forestkoro1015 | 2016-03-18 01:22 | 旅行(海外) | Comments(0)
  1. 2日目に利用した「台北市内観光ツアー」でランチに組み込まれていたのが、此方の「鼎泰豊 信義店」(本店)
小籠包コースです。
昨年夏の「鳥来と九份のツアー」の時も利用したことがあるので、想定はしていたのですが、
まるで同じメニューでした(笑)。

d0352022_18330155.jpg
違うことといったら、昨年は4階の個室利用だったのに、今年は2階奥にある円卓テーブル席だったことぐらいです。
お昼ちょっと前というのに、店内は相変わらず押すなへすなの大賑わい。狭い1階をかき分けて、階段で2階へ。


ビールをお願いする時間もなく、お茶が注がれ、前菜が運ばれてきます。暑かったのでビール飲みたかったよぉ。。。

d0352022_17501543.jpg
創業者の奥さんが考案したという春雨と昆布、もやしのお料理(おかあさん手作りの味)(取り分け後)。
昨年の夏に利用した時には、春雨と昆布、もやしなどがすべて混ぜ合わされていたのに、今年はもやしとセパレート
していました。どうしたのかしらん(謎)。お味も昨年の方が美味しかったような。。。

d0352022_17503520.jpg
お馴染みの「小籠包」。一人5つです。やはり前の晩にいただいた「金品茶楼」の小籠包よりもメリハリがあって
お味が際立っている感じがします。此方では酢醤油の酢を多めに醤油を少なめにした方が美味とのこと(スタッフさん談)。

d0352022_17504314.jpg
わーお!!肉汁が弾けますーーっ!!

d0352022_17510196.jpg
d0352022_17510931.jpg
具だくさんの「サンラータン」(=酸辣湯(辛くて酸味のあるスープ)。
好みもあるでしょうが、此方の「サンラータン」の方が酸味が抑えられていて、より日本人粉のみのテイストでしょうか。
が、ツアーの若い子たちには人気がなかったようで、余っていました。美味しいのにねぇ。。。

d0352022_17512779.jpg
此方もお馴染みの「パラパラ炒飯」。具がたっぷりで美味しい!!一人分ずつ登場するのも有難いですね。

d0352022_17513549.jpg
巾着型の「海老・豚肉入りシューマイ」(写真撮り忘れ)の後に登場した「野菜・豚肉入り蒸し餃子」(一人2個)。
出てくる順番がばらばらですが、細かいことは気にしない(笑)。お野菜の甘みがアクセントになっています。

d0352022_17514413.jpg
「魚入り蒸し餃子」(一人2個)。中に入っているお魚は「鯛」です。
「空心菜の炒め物」もたっぷりと登場しましたが、お料理の出てくるスピードが速すぎて写真が撮れませんでした(汗)。

d0352022_17515094.jpg
デザートは「豆沙小包」(あん入り小籠包)です。
d0352022_17515715.jpg
熱々の「小籠包」の中にはこしあんがたっぷり!!本日のカタチはチトいびつでしたが、満足度が高いデザートです。


滞在時間は45分程度でしょうか。サッと食べてスッと席を立つには十分なボリュームです。。。
台北の騒々しい本店でいただくからでしょうか。。。気持ち、東京の高島屋各店でいただく支店の小籠包よりも美味しく感じてしまいます(笑)。
きっとお値段も此方の方が相当お安いのではないかしらん(爆)。ツアー料金がコミコミの1,000円アップでは赤字になりそうです(汗)。
ごちそうさまでした☆


昨年、此方を訪問した際の細かい内容に関しては、此方の記事(http://tabelog.com/taiwan/A5403/A540307/54000003/dtlrvwlst/7850342/)でご紹介しています。
参考になさってみてください。



●鼎泰豊 信義店
台北市信義路二段194號
(+886) 0223218928
最寄駅は「信義永康街口(捷運東門站)」
[月~金]
10:00~21:00
[土・祝]
9:00~21:00
年中無休
サービス料10%
http://www.dintaifung.com.tw/jp/




by forestkoro1015 | 2016-03-17 18:31 | 台湾 | Comments(0)