Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

徳島への郷愁。(1704再訪)──畔家@鎌倉

「半田麺」という麺をご存じでしょうか?
四国は徳島名産の「そうめん」のことです。「そうめん」といっても、一般に考えるものとは異なり
「うどん」ほど太くはありませんが、そこそこに太く、きしめんのように平べったく、
そして「そうめん」のように「サラッ」といただけるのが特徴。。。
我が家でも時々ではあるのですが、徳島の「小野製麺」さんからお取り寄せをお願いしています。
(此方では「半田うどんのお取り扱いもあります」。)


さて、話は飛んでしまいましたが、鎌倉で半田麺(そうめん)が食べられるお店
此方の「畔家」さんです。そう、「湘南くいだおれツアー」の2軒目に伺ったお店が此方です。


鎌倉駅西口ロータリーに面して佇む此方は、ビルの3階。
日本酒を出すお店ですが、やはり「terra! terra! terra! カマクラでワインの会」
お料理部門の常連さんの一つです。この日は予約した上での訪問です。


最初はレモンサワーからゴー!
d0352022_23265383.jpg

黒板には迷ってしまいそうなほど美味しそうなメニューがいっぱい!!
d0352022_23410323.jpg

■スモークソーセージのポテサラ
d0352022_23270659.jpg
■会津産馬刺し
「風の森」と共にいただいたのですが、やはり馬刺しは美味しい!!
身体の内側からエネルギーが湧き出てくるようです(笑)。
d0352022_23271288.jpg
■富山ほたるいか沖漬け
d0352022_23271936.jpg
■鳥取県産大山地鶏 とり天
しっとりとして絶妙の揚げ加減の「とり天」。一つしかいただかないうちになくなってしまいました(笑)。
d0352022_23272642.jpg
■「滋賀 神開 純米」
滋賀・甲賀の藤本酒造さんのお酒です。口当たりの良いしなやかな感じのテイスト。
d0352022_23273703.jpg
■牡蠣ときのこの小鍋
酔っ払いの胃袋に牡蠣のお出汁が優しく染み渡っていきます!
d0352022_23274563.jpg

■徳島産半田麺にゅう麺 ノーマル
半田麺の色々な食べ方ができるのが此方スタイル。そしてお出汁が独特のお味でとても美味しいのです。
飲んだ後の〆に優しい一杯!!
d0352022_23275296.jpg

■徳島産半田麺 にゅう麺 梅干しときのこ
少々、食べ足りない時に食べてみたい絶妙の一杯。きのこのおいしさもさることながら
梅干しの爽やかさが全体を引き締めます。サッパリといただけて美味しい!
d0352022_23280580.jpg

■徳島産半田麺 ぶっかけ  しらすと梅干し
d0352022_23275866.jpg
さらにサッパリといただきたい時の春から夏への定番。
上品なおだしは冷たくすることによってキリッとした味わいに。梅干しと葱、そして湘南の定番のシラスで
アッサリとおいしく〆たい時におすすすめの一杯。


あーだこーだと言いながら、此方ではおつまみ系を中心に、日本酒とサワーをいただき
〆に半田麺までいただいてすっかり満腹になってしまったのでした(汗)。
お店の急な階段(3階なので)を注意して下ったことは言うまでもありません(笑)。

鎌倉駅西口至近で美味しい日本酒を飲みたいとき、ちょっと和食系のおつまみが恋しいとき、
そして小腹が空いている時にはおすすめの一軒。
〆には、徳島名産の「半田麺」を是非、味わってみてほしいお店です。
と言いながら、今回は二軒目だったのであまり食べられなかったのですが(汗)。


そういえば、徳島県は私が唯一、足を踏み入れたことがない県です。
いつか訪れてみたいなぁ。。。
その時までは、半田麺を食べて徳島への思いを募らせるのでした。
ごちそうさまでした☆


さて、鎌倉の夜はまだまだこれからですw
次はどこへ行きましょうかねぇ(笑)。。。





※前回訪問時の記事は



●畔家
神奈川県鎌倉市御成町11-3 ウィンズ駅前 3階
0467-24-0469
11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~22:00(L.O.21:45)
火曜・第3月曜休



by forestkoro1015 | 2017-04-21 00:14 | グルメ・神奈川 | Comments(0)