Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

余呉の恵み。(徳山鮓 その1)

今年のG.W.は琵琶湖の北に位置するとても小さな湖「余呉湖」まで出かけてきました。
お目当ては余呉湖のほとりの高台に佇むオーベルジュ「徳山鮓」さんです。
此方は、日本古来の鮓の原点「熟鮓」(なれずし)を現代風にアレンジし、ジビエ、山菜、湖魚を用いた
この地方に伝わる伝統食を基本に和食のコース仕立てでいただくことができるお店です。


今回は超常連のお友だちのお陰で総勢10名による全館貸切という超ゴージャスなプランに
便乗させてもらいました(心から多謝です♪)。

d0352022_19150464.jpg
久しぶりの「ひかり」で米原まで。。。連休中ということもあって満席でした。
d0352022_19150960.jpg
米原駅で北陸本線に乗り換えます。駅のホームにある「井筒屋 在来線 ホーム売店」。近江牛の駅弁と
うどんが美味しいというこのお店、某○ベログでは人気店らしいのですが、
ちと恥ずかしくて食べる勇気が出ませんでした。。。

d0352022_19151390.jpg
こんなレアな名前の駅を通って
d0352022_19151874.jpg
余呉駅に到着しました。駅前は広い駐車場があってちょっと寂しい感じ。。。
電車も1時間に1本、しかもボタンを押してドアを開けるタイプです。
d0352022_19152228.jpg
d0352022_19154459.jpg
当日のメンバーたちより少し早い新幹線に乗ったので、散策がてら、徒歩でアクセスすることにしました。
当日は強風。。。風に飛ばされそうになりながら頑張ってめざします。
休日のせいか、すれ違う車もありません。田んぼからは蛙の鳴き声が!!
「迷ったら遭難するなー!」と思いつつ、グーグルマップのお陰で何とかお店発見(喜)。。。

d0352022_19155159.jpg
d0352022_19155727.jpg
夢にまで見た「徳山鮓」さんに到着です。

d0352022_19160325.jpg
玄関のオブジェ。。。ちと怖い(汗)。。。
d0352022_19160943.jpg
テラス席からの眺め。どこまでも静かです。風の音しかしません。。。余呉湖はこの後、雨になりました。
d0352022_19161431.jpg
展望露天風呂「望鏡亭」から余呉湖を望む。。。

この後、当日のメンバーたちが続々と到着。。。
私たち女性陣のお部屋は一番奥にあるバス・トイレ付きの広いお部屋です。
少し前にリニューアルされたばかりということで、食堂もリビングも、どのお部屋も木の質感を活かした
ゆったりと落ち着く空間です。このような場所で日がな一日、美しい景色を眺め、読書して過ごせたら
幸せでしょうねぇ。



さて、夕食タイム。ビールの後はシャンパンで乾杯です(写真撮り忘れ・恥)。

d0352022_19122889.jpg
●余呉の天然スッポンの茶碗蒸し。
その、繊細で柔らかな美味しさに圧倒されました。いわゆる「スッポン」のイメージでいただくと
大きく裏切られるというかあの、独特の臭みや食感は一切なく、どこまでも透明で純度が高い印象。。。
余呉湖の水が育てたということなのでしょうか。
特有の旨みはあるのですが、パンチ一発ダウン!という感じのとても美味しい茶碗蒸しでした。

d0352022_23212778.jpg
日本酒は隣町の木之本にある冨田酒造さんの「七本槍」ですべて統一されています。
此方は「紫霞の湖」(しがのうみ)。此方と大変ご縁が深い小泉先生(以前、インタビューしたことが
あります!)が開発された酵母を用いて作ったお酒だそう。。。
これ以外にも美味しいお酒をいただいたので、翌日、蔵元まで買いにいっちゃいました(呆)。

d0352022_19123411.jpg
●ふなの子まぶし。
余呉湖で獲れたふなのお刺身に塩水で茹でたふなの卵をまぶしたものだそうです。
滋賀の郷土料理として有名な「鮒鮓」(熟れ鮓)と少し似たところがありますが、ふなのお刺身を
いただくのは初めてかも。
一般的な「ふな」という感じは全くなくて、あっさりとした別のお魚の印象(個人的な感想ですが・汗)。
お大根やわさびと共にいただくので、「珍味」という感じでお酒との相性もバッチリです。

d0352022_19162011.jpg
●さばの熟れ鮓 トマトソース カチョカバロチーズ。
此方は、徳山鮓さんのスペシャリテの一つ。「カチョカバロ」は岡山・吉田牧場のチーズです。
不思議な組み合わせだなーと思いつつ、いただく訳ですが、「さば」なのに「さば」を感じさせない
不思議な味わい。。。発酵させた「さば」ということで、さばの概念を超えているように感じました。
単体で食べて、トマトソースで、カチョカバロと、すべて合わせて・・・というように、
色々な食べ方でいただくとまた趣向が違って複雑な味わいに。。。
「お代わり!!」したいほどに感動した一皿でした。

d0352022_19162681.jpg
「七本槍 特別純米 限定醸造」。これも美味しい!!
d0352022_19163177.jpg
ラングドックの「PIC SAINT LOUP Le Rollier 2011 / mas FOULAQUIER」が登場しました。

d0352022_19123865.jpg
●ジビエと山菜の盛り合わせ。
イノシシの身と脂の部位、くま、イノシシ、しかの テリーヌ、イノシシの生ハム、ねまがり茸、ワラビ、
コシアブラ、エゴマのソース、鮒鮓の飯(いい)のソース。
わおっ!ジビエの登場です。イノシシとしかはいただいたことがありますが、くまさんは実は初めて!
神妙な顔をして味わう訳ですが、そのすべてに山の動物たちの旨みが凝縮されています。
そして此方の「飯」(いい)がとても優しい味わい。。。
「飯」(いい)とは、熟れ鮓の周りについている麹(の発酵したもの)のことです。
過去に食したことのある「鮒鮨」の「飯」とは味も香りも食感も全くの別物でした(当たり前!)。
お魚も美味しいけどお肉も実に美味しいのでした。。。

d0352022_19124163.jpg
●稚鮎の酢の物。
添えられているのは、「飯」(いい)の発酵ソース、蕗の薹、もみじがさ、花山椒、蕗の薹のお粉です。
可愛らしいサイズの割に、余呉湖の恵みを全身に浴びて美味しく育った稚鮎です。
フルフルに柔らかくて超美味。蕗の薹の苦味と花山椒の香りがアクセントです。

d0352022_19163718.jpg
●山菜の天ぷら。
余呉湖のフォルムをしたお皿にのって提供される一皿目は、コシアブラ、イタドリ、イワタバコ、
もう1種は失念(汗)。

d0352022_19124533.jpg
二皿目は、ぶどうの新芽、タラの芽。

d0352022_19124803.jpg
ユキノシタ、コゴミ。
揚げたての山菜を熱々で食べられるのは美味しさが倍増しますね。
イワタバコは初めていただきましたが、新鮮な味わいでした。。。
d0352022_19130145.jpg
サービスを担当される徳山さんのお嬢さんが大きなお鍋をセットしてくれます。

d0352022_19125216.jpg
続いて香り高い花山椒の山

d0352022_19125609.jpg
なんと!!くまさんのお肉(!)がデーンと用意されます。此方で5人分です。
いただくのは「ツキノワグマ」さんなのだそう。

d0352022_19130590.jpg
くまさんのお肉は「脂」が美味しいので、脂が溶け出てしまわないように、弱火でいただくのがポイント!
お出汁はお醤油と昆布だそうです。
d0352022_19130915.jpg
さらにくまさん投入!!
d0352022_19131352.jpg
花山椒もたっぷりと!!
d0352022_19131821.jpg
煮すぎないことがポイントです!
いやー、「くまなべ」、初めていただきましたが、意外にあっさりとした味わいの中に濃厚な旨みがあって
実に奥の深いお味。。。この時期ならではの香り高い花山椒と共にいただくと、まろやかさが増すようです。
まいうーっ!!
くまさんのお肉をすべて平らげた後のお出汁は、あとでお雑炊で登場します。ワクワクですよね!!

d0352022_19132280.jpg
●鮒鮓、鮒鮓サンド、発酵からすみ。
じゃーん!!いよいよ真打ちの「鮒鮓」の登場となります。先に「さばの熟れ鮓」をいただいているので、
予想はしていたのですが此方の「鮒鮓」はかなり洗練された上品系のテイスト
いわゆる独特の臭みのようなものは一切なくて、究極の発酵食品としての素晴らしいお味と威厳を誇っています
カラスミも実に美味しいし、鮒鮓サンドはモダンささえ感じさせるオシャレな味わい。。。
まさにこれだけで3合は飲めそうな感じの、お酒のアテにはピッタリの一皿です。
「くま鍋」もですが、全国にその名前をとどろかせる徳山鮓さんの実力を改めて思い知らされたのでした。

d0352022_19132645.jpg
●香の物
パブリカ、人参の白味噌和え、「飯」(いい)の和え

d0352022_19164266.jpg
d0352022_19164809.jpg
●くま鍋のお雑炊。
くま肉のお出汁スープとくまさんの脂と花山椒の香りが合わさって、何ともいえない美味しさです。
実に美味しい!!お腹はすでにいっぱいなのですが、思わずお代わりしてしまう美味しさ!!
他では絶対食べられませんし!!
d0352022_19133433.jpg
●「飯」(いい)のアイス。
此方もスペシャリテの「飯」(いい)を練り込んで仕上げたアイスだそうです。幹事さんの解説によると、
このアイスを作るためにアイスクリームの製造資格を取得されたのこと。そのような熱い想いが込められた
「飯アイス」は限りなく爽やかで優しい味わい。以前、奈良ホテルでいただいた古代のチーズ「蘇」
似ているような印象も受けました。まぁ、両方とも発酵食品ですし。。。

d0352022_19165491.jpg
お食事の後は、お隣のリビングルームに場所を移して「二次会」です。
鴨の燻製、くまさんのサラミ、チーズの燻製、さばの燻製、へしこ(?)など、酒飲み(私以外の・笑)
にはたまらないおつまみが美しく並んでいます。
此方からは徳山さんも加わって、皆で楽しく酒盛り。。。お酒はやはり「七本槍」です。
そして、余呉の夜はゆったりと更けていったのでした。。。



長くなってしまったので、翌日の朝食の情景は後編http://korokoro10.exblog.jp/23200899/
ご紹介することにしたいと思います。





●徳山鮓 (とくやまずし)
滋賀県長浜市余呉町川並1408
0749-86-4045
12:00~14:30
18:00~21:00
不定休
http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi



徳山鮓郷土料理(その他) / 余呉駅
夜総合点★★★★ 4.8


by forestkoro1015 | 2016-06-06 12:49 | グルメ・滋賀 | Comments(0)