Welcome to Koro's Garden! korokoro10.exblog.jp

美味しかったもの、楽しかったこと、旅の思い出などを徒然にご紹介します。


by forestkoro1015
プロフィールを見る
画像一覧

吉祥寺の元気イタリアン。──「トラットリアチッチョ」

大変ご無沙汰してしまいました(汗)。
遊びすぎ(食べ過ぎ?)たGWが終わって、リハビリ中の毎日です。
連休初日にチャリで転んで強打した頭のタンコブはまだ痛いし(爆)。


連休後半はお友だちがはるばると所用で吉祥寺まで遊びに来るというので待ち合わせ。
お初の「トラットリアチッチョ」さんに伺ってきました。
一昨年4月に東急デパート裏に登場した此方は、シンプルな炭火焼き料理をメインに、
美味しいイタリア料理が抜群のCPと気軽な雰囲気で楽しめるトラットリアです。
直前に電話したところ、すでに予約は満杯で、「19時までの2時間」という時間制限付きで
カウンターのお席を無事にゲットしました。


そんなに広くない店内は17時過ぎにはすでに満杯。人気のほどが窺えるお店です。

d0352022_13531574.jpg
スパークリング(500円)で乾杯!!久々の「すり切り」でいただきました(嬉)。下手に動かすとこぼれるので自分からお迎えにいきます。

d0352022_13532264.jpg
本日のオススメメニュー。。。いずれも美味しそうです!

d0352022_13532783.jpg
という訳で、播州(兵庫県)は室津産のオイスターをいただきます。
左からフレッシュ、エルベフリット、カルボナーラです(全種類制覇してるし・呆)。
白い容器にはリモンチェッロと赤ワインのソルトが添えられ、リモンチェッロにはお好みでレモンを搾ってさらに深い酸味を演出する趣向も。。。
これを生、もとい、フレッシュにふりかけていただくと口の中に爽やかさが広がっていきます。。。まいうーっ!!
「エルベフリット」の牡蠣には赤ワインのソルトを少々ふりかけて。。。これは内緒の話、お塩だけなめても十二分に美味しいです。
もちろん牡蠣の美味しさはいわずもがな。カルボナーラはベーコンの載ったグラタン牡蠣を想像していただくとわかりやすいかもしれません。
他の2種に比べるといささか濃厚テイストとなるのだけれど、これはこれで完成されたお味ですね。美味しい♪

d0352022_13533254.jpg
此方も本日のオススメから「明石の真鯛と高知カツオのカルパッチョ!」をいただきます。
プリプリッとした鯛の切り身は弾力があるし、カツオの表面のオリーブオイルがこれまた良い仕事をしています。
「お肉料理がお得意!」と伺っていたのだけれど、なかなかどうして。お魚も美味しいお店ですね。

d0352022_13534096.jpg
いただいたのはLimoux Peyre Jac 2013 Chateau Antugnac。南フランス・ラングドッグのワインです。
まろやかでバランスの良い口当たりは軽やかな味わい。。。ワインリストにはイタリアものが並んでいますが、ソムリエの方に相談すると
とっておきの隠し球がいくつも登場するようです。

d0352022_13534947.jpg
「焼きスカモルツァ」(500円)。チーズの燻製をじっくりと火で炙ったお料理です。こんがりとした焼き目とトロトロのチーズが絶妙の美味しさを
楽しませてくれます。クセになるお味!

d0352022_13535452.jpg
本日のオススメメニューから「鹿児島産グリンピースとボッタルガのリングイネ」(1,400円)です。はじめから二人分に分けてサーブされるのは
嬉しいですね。ボッタルガ(からすみ)もたっぷりからんでいて美味しいのですが、気持ち、もう少し熱々だともっと美味しかったような。。。
忙しいとは思うのですが、お皿を温めてから盛り付けてもらえるとさらにうれしかったです。

d0352022_13535974.jpg
パスタがいささか軽め(えーーーっ?)だったので、急遽、追加した「ゼッポリーネ」。通常は海藻が入るのですが、此方ではなんと!!
もずく入りのゼッポリーネが楽しめます。なんだか不思議な食感!一つで良いのに、頑張って二つ食べちゃいました(汗)。
結構、お腹にたまるので注意が必要です。

d0352022_13540511.jpg
本日のメインは「カリッと仕上げた鴨胸肉のキャラメリゼ バルサミコ 濃厚チーズリゾット 」(1,600円)です。実は此方、入店時にスタッフの方と
相談して一番最初に決めたお料理で、此方では人気のお品だそう。。。
お肉の焼き加減というか火入れがちょうど良い感じで、「さすが!」の美味しさです。そしてリゾットが信じられないぐらいに濃厚。。。
まさに名前の通りのお料理でした。が、散々、食べた後のメインなので、ちょっと苦しかったかな(笑)。

d0352022_13541154.jpg
「せっかくの鴨に合わせて、赤をちょっとだけ飲みたいね!」と話していた私たちの「心の声」がソムリエの方の耳に届いたらしく、
なんと!「グラスの赤」をサービスしていただきました(嬉)。このようなサービスはポイントが高いですよね。
モンテプルチアーノ・ダブルッツォの「Riparosso」はお値段の割に満足度が高い美味しいワインの一つです。
もちろん鴨さんとの相性もバッチリ!!

d0352022_13541735.jpg
ドルチェの一品目は一番人気という「ピスタチオ風味のクレマカタラーナ」(500円)。フレンチでいうところの「クレーム・ブリュレ」ですね。
焦がしキャラメリゼとクリームと牛乳、さらにピスタチオの風味が合わさって、華やかな雰囲気のドルチェに仕上がっています。
大きなスプーンでたっぷりすくっていただくとさらに美味しさ倍増(笑)。

d0352022_13542330.jpg
此方は二番人気の「ティラミス」(450円)。フルフル&ホワホワのチーズ風味のクリームはたっぷりココアパウダーと合わさって
夢の世界へと誘ってくれます。お腹はいっぱいのはずなのに、甘いものは別腹(笑)!!ペロリと平らげてしまいました。


これだけ食べて(飲んで?)お会計は二人で約1.4万円。
店内があまり広くないので、頭の上を飛び交うイタリア語のオーダーと厨房内のお皿やお鍋がぶつかりあう音さえ気にしなければ、
なかなか使い勝手のよろしいお店ではないでしょうか。
ソムリエさんをはじめとしたスタッフの方々のサービスもフレンドリーで好印象。わずか2時間弱の滞在でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。


吉祥寺エリアはお味も良くてコスパも良いイタリアンがいくつか頑張っているのですが、此方も人気・実力共にすごいお店であることを
今回、初訪問ながら思い知った次第です。
ランチがあればもっと早く来ることができたと思うのですが。。。是非、ランチタイムの営業をお願いしたいものです。
また利用させてもらいたいと思います。ごちそうさまでした☆



トラットリアチッチョ (Trattoria Ciccio)
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-9 ルミナス吉祥寺 1F
0422-27-6393
17:00~翌3:00 (L.O2:00)
不定休
サービス料・チャージ等なし







トラットリアチッチョイタリアン / 吉祥寺駅
夜総合点★★★★ 4.0


by forestkoro1015 | 2016-05-10 01:26 | グルメ・吉祥寺 | Comments(0)